1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたいと言えない。言えない理由と円満に辞める方法とは

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

仕事を辞めたいと言えない。言えない理由と円満に辞める方法とは

仕事を辞めたいけど言えない理由はなに?

仕事を辞めたいと思ってしまう瞬間は、誰にでもあります。一時的な感情で辞めてしまうのは、あなたの人生にとって避けるべき選択です。

しかし冷静に考えて、辞めるという判断をしたにも関わらず、言いにくいという理由で辞められないのも、避けなければなりません。

ここでは、辞めたいのに言えない理由を6つ紹介します。

合わせて読みたい

人手不足で周りに迷惑をかけてしまうから

帝国データバンクの2018年の調査によると、正社員が不足している割合は50%超になっています。業種別の内訳を見ていくと、「情報サービス」が70%超とワーストワンです。次いで「建設」「運輸・倉庫」「メンテナンス・警備・検査」などの8業種が、60%台になっています。

このように人手不足になっている業界では、長時間労働や過度の疲労によって辞めてしまう人が増えていき、悪循環に陥ることが多いようです。もちろんこれらの業界に限らず、職場そのものの問題として人手不足なこともあるでしょう。

そのため、辞めてしまうと周りの人たちに迷惑をかけてしまうと思って、言い出しにくくなります。このような状況が続いていくと、あなた自身が体調を崩して物理的に働けなくなってしまい、結果的に職場に迷惑をかけてしまいかねません。

参考:帝国データバンク

上司に怒られそうだから

仕事を辞めるときには、直属の上司に伝えなくてはなりません。そのときに、怒られることがあるようです。
上司が怒る理由として、

  • 自分の評価が下がるのを懸念している
  • 人手不足にならないようにしている
  • 後任を見つけるのが億劫と感じている

などが挙げられます。特に自分自身の評価を気にしている上司に退職を伝えると、怒られる傾向にあります。そのような人には退職を言い出しにくくなっていきます。また、日ごろから上司との人間関係が上手くいっていない場合には、さらに言いにくくなります

合わせて読みたい

引き止められそうだから

社員がひとりでも抜けてしまうのは、会社にとっては痛手です。その人が重要なポジションならもちろんのこと、サポート役のポジションでも、欠けてしまうのは望ましくありません。

会社へのデメリットとしては、主に労働力の低下による生産性の低下、新人教育にかかるコストの増加などがあります。また上司へのデメリットは、部下の退職による自身の評価への悪影響、組織計画の変更などがあります。このように社員が辞めてしまうと悪影響が出ます。

先に述べたように、人手不足になっている職場では、辞めないでほしいと常日頃から言われているケースが多いです。そのように釘を刺されている状態では、言い出しにくくなってしまいます。

他の社員と仲が良いから

厚生労働省の調査によると、仕事を辞める理由として「職場の人間関係が好ましくなかった」が男性6.7%、女性12.1%と男女共に上位4つ以内に入っているくらい、人間関係は重要です。人間関係が好ましくないのであれば、辞める理由にはしやすいかもしれません。

しかし人間関係が良好な場合には、

  • お世話になっている人を裏切ることになる
  • 仲の良い人と離れたくない
  • 引き継ぎなどで時間を取らせてしまう

など、良好な関係だからこそ他の社員の都合を考えて、辞めると言い出せなくなってしまいます。

参考:厚生労働省

辞めたあとの生活が不安だから

ここまで、職場で辞めると言いにくい理由について紹介してきました。しかし職場の関係以外にも言い出せないことはあります。それは、自分自身のその後の生活に計画がないときです。

例えば、転職先を決めずに辞めようと考えている場合、すぐに見つかるか分かりません。いつまで転職活動をするかに分からないので、どのくらいの資金が必要か判断できずに不安になっていきます。また転職先の勤務地によっては、引越しが必要になります。知らない土地で新生活を始めなければいけないのも、不安になりますよね。

このように自分自身の決心ができていないと言い出せなくなります。

合わせて読みたい

他の人が辞めたばかりで言いづらいから

あなたが職場環境が原因で辞めたいと思っているとしたら、他の人も辞めたいと思っている可能性が高いです。また直近で辞めた人がいる職場では、ひとりひとりの負担が増えていきます。そうなっていくと、疲労やストレスが溜まっていきます。そして不満が抑えきれなくなり、また辞める人が出てきます

このような状況になってしまうと、これ以上周りへの負担が増えてしまうのは申し訳ないという気持ちになったり、執拗に引き止められると思ってしまったりして、結果、辞めたいと言い出せなくなっていきます。

辞めたいこと言ったほうがいい4つのシーン

ここまでは、辞めたいと言い出せない理由について紹介してきました。この他にもたくさん理由はありますが、会社への遠慮や気遣いによって言い出せないことが多いでしょう。

一方ここからは、退職を言い出せないままでいるリスクを4つ紹介します。先延ばしにしてしまうとあなたの生活や人生を左右してしまう事態に繋がるのです。

体や心に悪影響が出てしまっている

辞めたいと思うほどのストレスは、体に大きな影響を及ぼします。なかなか辞めたいと言えずに溜め込んでしまうと、心身症やうつ病などの精神疾患を発病してしまう可能性が高まります。

心身症とは、胃潰瘍や偏頭痛、気管支喘息など身体的な症状が出ていて、その原因が精神的なものに由来する病気の総称です。このような症状が出るのは体からのSOSなので、すぐにでも環境を改善する必要があります。

精神疾患の中で最も発症しやすいのは、うつ病です。症状としては、慢性的に沈んだ気分になり、喜びの感情がなくなってしまうのが一般的です。このような状態になってしまったら、今の環境を離れて、休養が必要になります。特に真面目で誠実な性格の人が発症しやすい傾向にありますので、注意が必要です。

近年では、現代型うつ病と呼ばれる疾患もあります。これは気分の浮き沈みがあまり目立たず、周りの人どころか本人ですら発病に気づけない場合があるものです。気づいていないだけで、確実に精神は蝕まれていきます。もしストレスを我慢しているのでしたら、これにも注意が必要です。

合わせて読みたい

どうしても他にやりたい仕事がある

社会人として生活していると、さまざまな人との出会いや経験があります。そのときに今まで気づいていなかった自分の長所を発見できたり、今よりもやりたいと思える仕事を見つけられたりします。

やりたい仕事をするために、必要な資格や知識がある場合は、今の仕事を続けながら勉強するのも良いでしょう。しかし、勉強する時間を作れないほどの長時間労働などがある場合には、すぐに辞めるという選択肢も考慮した方が良いです。辞める前にどのくらい勉強や準備期間が必要か確認しておくと、辞める時期を決めるのに役立ちます。

このまま続けてもキャリアップが期待できない

キャリアアップを目指している人にとって、なかなか昇進ができなかったり、重要な仕事を任せてもらえなかったりするのは、とてもストレスですよね。社内で認められるように資格を取得したり、積極的に働きかけたりするのも、手段としてはあります。

しかし、何が何でも今の会社でキャリアアップしたいという意思がなければ、辞めて新たな職場を探した方が上手くいく可能性が高いです。転職活動をするときに、キャリアアップができるかどうかを条件に探してみましょう。また転職コンサルタントの方に、キャリアアップのチャンスが多い職場なのか調査をしてもらうのも良いでしょう。

正当な給料が支払われていない

毎年、労働基準局による指導で、賃金不払残業の是正がされています。平成29年度の結果を見てみると、前年より521社増の1870社も是正の対象になっています。そのうち1000万円以上の支払を命じられた会社は、前年より78社増の262社もありました。

対象人数で見てみると、前年より10万7,257人増の20万5,235人が、いわゆるサービス残業をしていました。こんなにもたくさんの会社が是正対象になっていますが、まだまだ氷山の一角なのが現状です。

もしあなたの会社が当てはまるようでしたら、辞めるという選択をするのをおすすめします。

またあなたの手柄を上司に横取りされたり、頑張りを評価されなかったりと働きに見合った給料を得られていないケースもあります。しかし、自己評価が高すぎる場合もありますので、客観的に見てどうかを常に意識して働いていくと良いでしょう。客観的に見て、正当な評価をされていないのであれば、辞めるのをおすすめします。

参考:厚生労働省

合わせて読みたい

スムーズに仕事を辞めるための正しい方法

仕事を辞めるときは、少なからず残された周りの人たちに迷惑をかけてしまいます。例えば引き継ぎにかかる時間や人員が補充できなかった場合の、負担の増加などがあります。それを少しでも減らすようにすると、スムーズに辞められるでしょう。

ここからは、その方法を5つ紹介します。

辞めなければいけない事実を作る

あなたが辞めたいと伝えても、先に述べたように引き止められるなど、様々な理由から認められない傾向にあります。

そのため、あなた個人の力では調整できない事実を作ってしまえば、スムーズに辞められる確率が上がります。例えば、「家庭の都合で引っ越す」「家族の介護をしなければならない」などやむを得ない事情があるとスムーズに辞められる可能性が高まります。しかし、嘘をついてまで理由を作るのはやめた方が良いでしょう。なぜなら詳細を聞かれたときに答えに困ってしまうからです。答えられなかったことで、嘘が発覚して辞めにくくなることになりかねません。

合わせて読みたい

先に退職日を決めてしまう

多くの人は、退職の申出をするときに、「退職日をこの日にしようと思うのですが、どうでしょうか」のように相談してしまう傾向にあります。

しかしあなたには仕事を辞める権利があるので、必要以上に会社の事情を考慮する必要はありません。退職の申出をするときは、はっきりと退職日を伝えて、引継ぎのスケジュールなどを相談しましょう。

また基本的に、退職の申出から実際に退職するまでの期間は規定が設けられています。その期間を必ず確認して、規定を守れる日付を退職日に設定するようにしましょう。

合わせて読みたい

きちんと仕事を引き継ぐ準備をしておく

辞めると決めたら、あなたのやっている仕事の引継ぎにどのくらいの時間がかかるのか確認しましょう。合わせて、引継ぎに必要な資料を作っておくのをおすすめします。先に考えておくと、いつ退職できそうかイメージできるので、自分自身のスケジュールを考えるのにも役に立ちます

また、辞めるのは周りの負担を一時的に増やしてしまうので、少しでもその負担を増やさないために、きちんと引継ぎができるように準備をするのも社会人としての常識です。準備ができていると、退職の申出が認められやすくもなるのでおすすめです

個人的で前向きな退職理由を伝える

仕事を辞める理由が、

  • 「仕事が嫌になった」
  • 「思っていた仕事と違った」
  • 「人間関係が上手く行っていない」
  • 「給料が安い」

などのネガティブなものだと、引き止められたり、受け入れてもらえなかったりとスムーズに行かない傾向にあります。

しかし、

  • 「どうしても挑戦したい仕事が見つかった」
  • 「自身のスキルアップをしたい」
  • 「自分のスキルを活かせる仕事が見つかった」
  • 「夢だった業種につける」

などのポジティブな理由を伝えると、比較的スムーズに進むでしょう。このような理由の場合、周りからの協力も得られやすくなります。

会社の批判はしない

辞めたいと思うときには、会社に対して不満を持っていることもあるでしょう。例えば、上司が理不尽に怒ってくる、同僚と上手くいっていないなどの人間関係や、給料が安い、先に述べた残業代の未払いなどの金銭関係があると思います。このようなことが一番の理由になっていたとしても、それを理由として伝えないようにしましょう。

このような不満を理由にしてしまうと、会社を批判していることになり、退職の受け入れをしてもらいにくくなります。また、不満な箇所を改善したら辞めなくてもいいじゃないか、と引き止める手段として利用されてしまうケースもあります。

そのため、辞めたい理由としては、先に述べたように個人的でポジティブな理由の方が向いています。

辞めるなら円満退職を。覚えておきたい4つの理由

辞めるとしても、険悪なムードになって辞めたくはないですよね。

ここからは、なぜ円満退職をした方が良いのか、その理由を4つ紹介します。

合わせて読みたい

辞めた後も以前の職場と連絡を取る機会があるから

今の仕事を辞めたら、二度と連絡を取らないと思っている方は多いと思います。しかし、意外と連絡を取る機会はあります。例えば新しい職場で年末調整をするときに、必要になる源泉徴収などの書類は、前の会社から出してもらわないといけません

また、退職をしてから転職活動を行おうとしている人は、失業保険を得るために必要な離職票は、前の会社から貰わないといけません。

そのため、喧嘩別れや無理やり退職していたりすると、連絡ができなくて必要書類をもらえなくなってしまいます。そうなると、新しい会社に提出できなくて迷惑をかけたり、あなた自身も失業保険をもらえなかったりとデメリットになってしまいます

転職後に元同僚と関わる可能性があるから

同じ業界に転職するつもりであれば、前の会社が取引先になる場合もあります。そうなると、仕事上の連絡を取る必要があります。場合によっては会社に訪問することもあります。このように辞めてからも前の会社と関わる可能性は多くあります。

そのため、遺恨を残して退職してしまうと、前の会社との仕事ができないことで転職先に迷惑をかけますし、何より信用されにくくなってしまい、その後の仕事に悪影響を与えてしまいます。遺恨を残さない形で退職ができるように努力しましょう

お世話になった人に対する恩返し

あなたが仕事を辞めると、多少なりとも迷惑をかけてしまいます。辞めるにあたっての引き継ぎでは、あなたと引き継がれる人の時間を、通常の業務とは別に確保する必要がありますので、負担が増えます。

そのため、お世話になった職場や人に対しての恩返しと思って、事前に資料をまとめておいたり、引き継ぎのためのマニュアルを作成しておいたりと、あなたが退職をしてからでも確認のできるようにしておきましょう。また実際に引き継ぎをするときにも、漏れの無いようにきちんと行いましょう。

前向きな気持ちで次の職場に行くため

転職をするのならば、心機一転、素晴らしい再スタートを切りたいですよね。

しかし、会社としては人員が減るのは避けたいです。あなたは転職を諦められないはずです。そのようなときには、意見が平行線になってしまって、険悪なムードになってしまうこともあります。このような状態で辞めてしまうと、罪悪感が残って、次の仕事に気持ちよく取り組めなくなってしまいます。

そのため、きちんと会社の規則や規定を満たした状態で、辞めることを伝えましょう。そうすれば、理解は得られなくても罪悪感は感じずに済みます。

辞めたいことをきちんと伝えよう

ここまで、辞めたいと言えない理由から、上手に伝えて円満に辞めるための方法までを紹介してきました。この記事で、紹介しきれていない理由や方法もたくさんあります。

しかし、どんな理由であれ、辞めたいと伝えることが最も大切です。あなたの意思をきちんと伝えなければ、悩んでいる間にライバルたちは行動をしていて、せっかく掴めたかもしれないチャンスを逃してしまう可能性もあります。あなたの決心が着いたらすぐに行動をするべきです。スムーズに円満な退職をして、新しい生活を手に入れましょう

ランキング

記事一覧