1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 既卒で就職するのは難しい?厳しい理由や就職するポイントとは

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

既卒で就職するのは難しい?厳しい理由や就職するポイントとは

既卒でも今から就活して就職はできる?

就職の際に、「既卒」という言葉を聞く機会が多いですよね。しかし、「既卒」の意味を知らないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、既卒の意味や既卒での就活が厳しいと言われる理由、既卒のことを企業はどう思っているのか、既卒で就職する方法、転職エージェント「ウズキャリ既卒」についてご紹介します。

既卒の方で正社員として働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「既卒」とはどういうもの?

既卒という言葉をよく見かけていても、具体的な意味は知らないという人も多いでしょう。では、既卒とはどういうものなのでしょうか。

そこで、ここでは既卒の意味についてご紹介します。既卒という言葉には明確な定義はありませんが、一般的には大学や高校などを卒業した後に、正社員として働いたことのない人のことを指します。

一般的には正社員として勤務したことのない人を指す

「既卒」という言葉はもともと日本語にある言葉ではなく、就職の採用市場で生まれた言葉でした。採用市場の中で特定層を定義するために使われるようになった言葉なのです。

しかし、一般的には「高校・大学・専門学校・短大などを卒業して、正規職員としての職歴がない求職者」のことを言います。

つまり、簡単に言えば「学校を卒業した後に正社員として働いた経験のない人」です。

既卒と第二新卒は違う

既卒と混同されやすい言葉に「第二新卒」という言葉があるでしょう。第二新卒とは、「大学を卒業して正社員として就業したけれど、3年以内に離職した求職者」のことを指します。

つまり、既卒とは「学校を卒業した後、正社員として働いたことのない人」ことで、第二新卒は「学校を卒業した後に正社員として就業したけれど、短期間で退職した人」のことです。

フリーターも既卒に含まれる

卒業した後フリーターとして働いていた場合は、既卒なのか疑問に思っている人も多いでしょう。また、フリーターとして働く人で、正社員として就職したいと思っている人は、自分が既卒として求人情報を探せばいいのか、それとも第二新卒になるのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

既卒とは、学校を卒業した後に正社員としての職歴がない人のことなので、フリーターとして働いていた人も既卒に含まれます

既卒での就活が厳しいと言われる理由は?

既卒で就活をする場合は、新卒や第二新卒で就活するよりも苦戦することが多いです。では、なぜ既卒だと就活が厳しいのでしょうか。

そこで、ここでは既卒での就活が厳しいと言われる理由についてご紹介します。既卒の就職率は45%と言われているので、低い就職率と言えるでしょう。

しかし、既卒者の60%はあまり就活を行なっていなかったり、行動量が少なかったりするため低くなっているとも言えます。

60%の既卒者はあまり就活を行なっていない

既卒者の人は、積極的に就活を行なっていない傾向があります。60%の既卒者はあまり就活を行なっていないと言われているため、既卒者の就職率が低くなってしまい、既卒での就活は難しいと思われることがあるでしょう。

就職したいという意思はあっても、アルバイトをしながら就活をする人が多かったりアルバイトの仕事が充実していたりして、なかなか就活が進まないことがあるため積極的に就活ができないことがあります。

既卒の就職率は45%

既卒での就活が厳しいと言われていますが、既卒の就職率はどのくらいなのでしょうか。既卒の就職率は、45%と言われています。

一方で、新卒の内定率は83%程度となっているため、新卒と比べると既卒の就職率は約半分となるでしょう。この数字だけ見ると既卒で就職をすることは難しいと感じる人が多いです。

しかし、既卒を採用する企業が増えているので、既卒だと就職ができないというわけではありません。

行動量の少なさが一番の原因

既卒の人が、学校に在学していた時の就活よりも増えた人の割合は全体の40%前後と言われています。多くの人が、在学中に行なっていた就活よりも、卒業後の就活が減っているのです。

つまり、既卒で就職の条件が厳しくなっているにも関わらず、在学中よりも就活などの行動量が同じだったり減ったりしているため、既卒の就職率が低くなっているのでしょう。

そのため、既卒なので就職は難しいと悲観的になる必要はありません。

人気企業は新卒の対応で手がいっぱい

誰もが名前を知っているような人気企業でも既卒を中途枠として採用しているところも多いです。しかし、人気企業や大企業では新卒者に応募が殺到します。

つまり、人気のある企業は人手不足ではないということでしょう。企業側からすれば、新卒者ではなくあえて既卒者を受け付ける必要性はあまりありません。

そのため、新卒の対応で手がいっぱいになってしまう企業は、既卒者までに手を広げる余裕がないことがあります。

既卒に偏見を持つ企業もある

企業によっては、「既卒」というだけで「在学中に就活をしなかった人」「働く気がない人」など偏見を持っている企業もあります。

新卒求人では、卒業や中退してから3年以内の人も新卒として募集対象に含まれることがあるでしょう。しかし、企業によっては既卒に悪いレッテルを張るため、内定をもらえないことがあります

そのため、既卒で就職をすることは難しいと言われる理由になるでしょう。

企業側は既卒者の就職をどう思っている?

既卒として就活をする方は、企業側がどう思っているのか気になるのではないでしょうか。企業側が何を知りたいのか分かれば、就活の対策をとることができますよね。

そこで、ここでは企業側が既卒者の就職をどう思っているのかについてご紹介します。既卒で就活をした場合は「既卒になった理由」について、ほとんどの企業で聞かれるでしょう。

また、空白期間で行なっていたことについて聞かれることも多いです。

既卒になった理由を知りたい

既卒を採用する企業側は、ほとんどの場合で「既卒になった理由」について聞くでしょう。既卒になった理由は、大きく分けると「新卒での就活がうまくいかなかった」という場合と、「在学中にあえて就活をしなかった」の2つに分けられます。

在学中に就活がうまくいかなかった人は、なぜうまくいかなかったのかを自己分析すると良いです。また、就活をしなかった人は、きちんと説明をして今後に期待させるような話し方をしましょう。

空白期間で取り組んでいたことはあるのか知りたい

卒業後の空白期間(正社員として就業していない期間)に、どんなことをしていたのかという質問も、高い頻度で聞かれるでしょう。

企業としては、空白期間にきちんと目的を持って行動していたのかを知りたいのです。そのため、自分の目的や取り組みや行なったこと、そしてその経験で得たことについて話すと良いでしょう。

空白期間をただ、ダラダラ過ごしたわけではなく、結果的に学びを得たということをアピールすることが大切です。

既卒から正社員になろうとした理由を知りたい

既卒の方は、卒業後フリーターとして働いている人も多いでしょう。そこで、なぜフリーターではなく正社員として働きたいと思ったのかを聞かれることもあります。

例えば、「親から正社員として働けと言われたから」「周りの人たちが正社員として働き始めたから」などの理由は仕方なく働くという印象を持たれるのでNGです。

「正社員として責任のある仕事をしたいと思ったから」などのプラスの理由になるようにしましょう。

社会人としての基礎が身についていれば問題ない

新卒であれば、社会人の基礎が身についていなくても問題はなく、入社してから育てようと考えている企業が多いでしょう。

しかし、既卒の場合はそうではありません。既卒の人を採用する時は、すでに社会人としての基礎が身についている人を選びます

アルバイトの経験がある人は良いですが、アルバイト経験のない人は今から短期でのアルバイトを始めて、一度働いて給料をもらうという経験をすると良いです。

今まで就職のための準備をしてきたのか知りたい

既卒となってから、就職のために何か準備をしてきたのか知りたいと思う企業も多いです。もし、今まで就職のための準備をしてきたかについて聞かれた際に、「特に何もしていません」と答えてしまうとマイナスの印象を持たれてしまいます。

そこで、面接を受けている会社と結びつくような回答をすることがポイントです。例えば、関連する資格の勉強をしていて、目標の達成予定も伝えると良いでしょう。

既卒で就職するにはどうすればいい?

既卒で就職をするには、新卒や第二新卒と同じように就活をしてもうまくいかないことがあります。では、既卒で就職するにはどうすればいいのでしょうか。

そこで、ここでは既卒で就職するポイントについてご紹介します。求人情報に既卒歓迎と記載されている求人を狙うことが大切です。

また、面接では「既卒になった理由」などネガティブな質問をされることがあるので、慌てずに答えられるように備えておくと良いでしょう。

既卒歓迎の求人を受ける

就活をする際は、就職サイトを利用することになります。例えば、リクナビやマイナビで「既卒可」と記載されている求人は「既卒でも応募して良い」というだけで、基本的には全て新卒向けです。

そのため、新卒向けの求人に応募しても、既卒の場合はどうしても不利になってしまうでしょう。そこで、既卒向けの就活サイトを利用することがおすすめです。

ネガティブな質問に備えておく

既卒で就活をする場合は、企業から「なぜ既卒になったのか」「在学中に就活は行わなかったのか」という質問をほとんどの場合に聞かれるでしょう。

これらの質問をされて焦ってうまく答えることができなければ、内定は遠のいてしまいます。そこで、ネガティブな質問にもうまく質問に答えることができるように、自分なりの答えを考えておくと良いでしょう。

とにかく行動量を増やす

就活において、受けている会社の数は内定率と大きな相関関係があります。つまり、受ける会社が多ければ多いほど、内定できるチャンスが増えるということでしょう。

とにかく行動量を増やして就活をすることで既卒でも就職できる可能性は高くなります。既卒可の求人は、新卒に比べると少ないため、探すことは難しいですが、最低でも20社にエントリーして、20社以上にエントリーシート・履歴書を提出するくらいが良いでしょう。

編集部おすすめ!転職エージェント「ウズキャリ既卒」とは?

既卒で就活をする際は、就職サイトを使うことになるでしょう。しかし、就職サイトはたくさんの種類がある上に、既卒では応募できない求人が多いこともあるため、どの転職サイトを使えばいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、「ウズキャリ既卒」という転職エージェントがおすすめです。ここでは、ウズキャリ既卒についてご紹介するので、既卒の方で就活をする方はぜひ参考にしてみてください。

既卒専門で実績とノウハウがある

ウズキャリ既卒は、既卒で就活をしている人の支援に特化している就活サイトです。ウズキャリ既卒を利用している人たちの内定率は86%で、既卒就活サイトの中でも一番と言える実績を持っています。

新卒向けの就職サイトでも既卒が応募して良い求人はありますが、ウズキャリ既卒は全て応募することができ、既卒の採用意欲が高い企業の求人を紹介してくれるので安心でしょう。

就活サポートは他社の10倍時間をかける

ウズキャリ既卒では、他者と比べて10倍の時間をかけてサポートします。圧倒的に親身な就活サポートが特徴と言えるでしょう。

具体的には、1時間かけて自己分析のサポートをして、次に2時間かけて選考を受ける企業選びをサポートします。

そして、企業の面接前には毎回2時間以上かけて模擬面接トレーニングをしてくれます。このようにウズキャリ既卒でサポートを受ければ、内定できる可能性を大きく伸ばせるでしょう。

厳しい基準でブラック企業を除外

既卒で就職をする場合は、ブラック企業に当たらないかという不安な気持ちがあるでしょう。しかし、ウズキャリ既卒では厳しい基準でブラック企業を除外するため、離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

そのため、ウズキャリ既卒では入社した人の定着率は93%を超えています。ウズキャリ既卒を利用すれば、ホワイトな求人のみに出会えるので安心です。

扱う企業は大手からベンチャーまで幅広い

ウズキャリ既卒で扱っている企業は大手からベンチャーまで幅広いです。そのため、自分に合った企業を見つけやすいでしょう。

また、ウズキャリのアドバイザーにより、企業ごとに模擬面接トレーニングや履歴書・ESの添削を行なってくれます。

未経験で就職することは大変なので、一人で就活を行うよりも内定できる確率が圧倒的に高くなるでしょう。

既卒からの就職成功は決して無理なことではない

ここでは、既卒の意味や既卒での就活が厳しいと言われる理由、既卒のことを企業はどう思っているのか、既卒で就職する方法、転職エージェント「ウズキャリ既卒」についてご紹介しました。

既卒での就職は難しいと言われており、苦戦する人が多いでしょう。しかし、既卒で就職をすることは不可能という訳ではありませんので、計画的に就活を進めることが大切です。

ランキング

記事一覧