1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 銀行を辞めたい。仕事の辛さを解決するヒントや退職時のポイント
仕事辞めたい

銀行を辞めたい。仕事の辛さを解決するヒントや退職時のポイント

辞めたいほど辛い・・・銀行員が大変だと言われている理由

銀行員が大変な仕事であるというのは、銀行職に関連のない方でも誰もがなんとなく聞いたことがあるくらい知名度があります。ではどういった点に大変だといわれている理由があるのでしょうか。経験された方なら、何度も頷いてしまうような理由をまとめてみました。

地元企業の融資など外回りの営業が大変

資産運用や、法人融資の開拓などで銀行員の業務として外回りの営業が課されます。特に相手先を持った企業に対して自社との契約に差し替えるような提案をするなど、ハードルの高い交渉が非常に多く課されます。それに対してノルマの設定もシビアな業種なので、なかなか結果を取れない現状に対して上司からの指摘が厳しいなどの、八方塞がりな状況を感じることも珍しくはありません。

どういったアプローチで件数を取得していくかをしっかりと考えていく必要がありますし、プレッシャーをかけられる状況も大変ですよね

生命保険や投資信託などの金融商品の窓口でのリテール営業がある

リテール営業は、他営業とは違ったつらさがあります。ほとんどが新規開拓の営業となるので相手先に繰り返し足を運び、近しい間柄になってようやく契約をとれるというパターンも多いでしょう。時間をかけた割に結果が出なかったという状態にも繋がりやすく、かといって他営業と変わりなくノルマは用意されています。

玄関先で断られ続ける一日、一週間を続けるということも少なくはありません。断られ続けることがストレスになる場合もあります。

お金を扱う仕事なので失敗は許されずシビア

銀行員といえば当然お金を扱う仕事ですね。個人のお客様から企業まで、信用によって預けられているお金を扱います。ですから、かい単位まで誤差は許されずシビアな世界です。信用を失えば、企業の存続にも関わります。

大金を扱うことも当然ながらありますので、大きなプレッシャーもかかってきます。そういった圧力によるストレスが多いという点もあります。そういったプレッシャーに弱い方は銀行員という仕事は向いていないかもしれません。

資産形成や住宅ローンなど金融に関する知識が必要

多種手続きの業務もありますので、専門的な知識を有していることが銀行員にとっては非常に重要です。新卒から入って2、3年の間は金融関係のあらゆる資格の取得に追われてしまいます。

業務の合間を縫って勉強しなければならず、プライベートの時間がなかなか取りづらいという状況があります。慣れない職場で過ごすだけでも大変だというのに、自分の時間が取れないこともストレスになってしまいますよね。ストレスを発散する時間もないとう状況に、疲労感も溜まっていきます。

異動や転勤が多い

銀行員は多くの場合長くても2、3年の間に異動や転勤を強いられます。癒着防止ともいわれていますが、新しい環境に慣れた時期にはまた新しい環境に入らなければならず、それによるストレスで苦痛を感じる方も多いでしょう。

落ち着く暇もなく人間関係もほとんど一から構築しなければなりませんので、タフなメンタルが非常に求められます。外部の人間関係に気を遣う営業という業務だけでなく、内部の人間関係についても気を回すことが必要なのです。

異動に伴う歓送迎会が多い

異動に関して、その度に歓迎会が行われています。銀行員には、大学で体育会系のサークルに属していた方も多く、飲み会の席では体育会系的な無理を強いられる場面も多くあります。無理な飲酒を続けていれば、当然疲労や体の不調に繋がります。

ばか騒ぎや飲み会が苦手な方にとっては、歓迎会に高頻度で参加しなくてはならず自分のペースで飲めない状況が、苦痛となって重なってきます。

古くからある会社が多いので会社の風潮が古い

銀行は信用が非常に重要な組織であることから、古くから続いている会社が多いです。したがって、会社の風潮が古いという難点もあります。

厳しい教育も多かった昔ながらの企業では、上司が厳しく独善的であったり、上の立場の人間に自分の主張を理解してもらえないという環境で、ストレスが重くのしかかります。

苦痛に感じていることを一人で抱え込むことはせずに、話を聞いてもらえる同僚や先輩を大切にするといいでしょう。

銀行は女性が多い事務職。その中でも特に大変な理由は?

銀行の事務職には女性が就職することが多く、事務職ならではの大変な点も多くあります。では事務職にとって仕事が大変に感じられる理由とはなんなのでしょう。こちらについてもまとめてました。

窓口係(テラー)や後方事務員なのに営業ノルマがある

後方事務員であっても、営業店の窓口だからということで営業を課される場合がほとんどです。定期預金やカードなどの営業が主で、それらに対してのノルマももちろん存在します。

ノルマが達成できず、自主退社に追い込まれることや、給与に反映されることがあります。後方事務員と言っても営業業務の責任やプレッシャーなどの苦労は変わりません

しかし銀行の内情を知らない方は、まさか普段接することのある窓口の女性までが営業の仕事に追われていて、ストレスのある中で働いているだなんて想像がつきません。窓口事務だから楽そうだと思われるのもストレスですよね。

後方事務員は女性が集まる職種なので人間関係に悩む人もいる

後方事務員は女性が集まる職種です。もちろん、それぞれの人間性にもよりますが、感情的に仕事をしてしまう女性や、うわさ話が大好きな女性、キャリアの長い御局様がいる、などの女性特有の人間関係で悩む方も多いでしょう。

女性が多い場所での人間関係の構築にはコツがいります。上手くやっていくためにはどのような処世術が必要なのかを調べてみるというのも大切かもしれません。

お客さんを待たせてはならずミスも許されないプレッシャー

事務職のひとつの業務として、お客様の手続きを行ったりサポートするという仕事があります。しかしお客様側としては、たいてい仕事の合間や、時間がない中にいらっしゃっているという事情があり、手続きにかけられる時間も限られてきます

そのような環境下においても、重要な手続きに対してはミスが許されません。急いでいるのに丁寧に対応しなければならないという相反する状況の中での業務が、ストレスに感じられる方もいます。

銀行員を辞めたくなったあるあるエピソード

銀行員や銀行事務職の大変と言われている理由について説明しましたが、実際働かれている方が辞めたくなったよくあるエピソードについてもご紹介します。

新入社員の1年目は雑務に追われ、銀行らしい仕事ができない

一般職でも下積みが必要な仕事もありますが、それは銀行員にとっても共通しています。資格の取得に追われながらも実際の業務では雑務を与えられて、せっかく銀行員という職についたというのにそれらしい仕事ができないという状況が続き、ストレスになったことで辞めたいと思ってしまったパターンです。

雑務といっても関連のある仕事ができればいいのですが、どうも般的な雑務(ゴミ捨てや資材の運搬)も新人に課せられている企業も多いのが難点です。

営業ノルマが達成できず上司に詰められた

銀行員の主な業務内容として営業があげられますが、ノルマの達成が思うようにできず、上司に厳しい指摘を受けたことで退職が頭に浮かんだ、というエピソードも銀行員にとってはよくあります。

場合によっては上司からの日頃の当たりが強くなったり、周囲から冷たく接されるようになったり。ノルマを達成できなかったために、周囲の人間関係がうまくいかなくなるようなこともあります。

簡単な契約ではないため不調な時期もあるというのに、それらが決して許されない環境にストレスがたまってしまいます。

会社内や顧客との人間関係がストレスになった

職場の人間関係で言えば、銀行に勤めている方は自身が厳しいノルマをくぐり抜けてやってきた方なので、周囲に対する考えもシビアです。気のいい先輩であっても、自分の成績が落ちれば手のひらを返される可能性も否めません

また、社内や顧客とのお付き合いでの飲み会も多くあります。酒の席ではそれぞれの人間性が強く出ますので、嫌な酒の勧め方をする、絡み方がひどいなどの欠点が非常に目に付きやすい環境と言えるでしょう。

顧客や上司に対しては、日頃の付き合いが業務のポジションに関係するので、気の抜けない人間関係がストレスになって辞めるという選択肢が浮かぶというのもよくあることです。

付き合いの飲み会が多く健康を損なった

銀行勤めは非常に飲み会が多いです。イベントや打ち上げだけでなく、異動や転勤に際しても送別飲み会、歓迎飲み会などに、一週間のうちに何回も招かれます。顧客とのお付き合いの中でお酒の席に誘われたときには、断るのも難しいので、いっそう飲み会の機会が増えていきます。

いわゆる飲みニケーションが横行している業界なので、飲まされることも多くあります。自分のペースで飲めない飲み会が続いていけば、当たり前のことながら体調を崩してしまいます。ボロボロになった体を目の当たりにして、辞めたほうがいいのではないかと思い至るパターンです。

結婚や住宅購入をしたとたん転勤になり単身赴任になった

就職し、結婚や将来を考えて住宅を購入したとしても、転勤は容赦なくやってきます。せっかくパートナーと結ばれても、単身赴任が必要な距離の場所への転勤を強いられることもあります。物理的な距離は、心の距離とどうしても通じてしまいます。家庭を大切に思っていても、仕事柄の転勤や異動の多さが家族関係を悪化させるのもよくあることです。

家庭を支えるためにハードな仕事でも頑張ってきたという方にとっては、会社のせいで家庭が上手く回らないだなんて、頭を抱えたくなる問題でしょう。そのような場面で、辞めたいと思う方も多いのです。

出納での計算ミスが1円でもあると帰れない

信用があってお金を預かっているので、出納作業で計算ミスが1円でも出ると、解決するまで帰れないということもあります。

銀行員はお金を扱うプロとして見られます。厳密な取り扱いで信用を預かっていることもあり、仕方のないことと思える部分はあります。ですが、人がお金を扱っている時点で過ちがでないとは言い切れません。

そのような中、いつまでも帰れない状況が続くと、頭に退職が過ることもあるでしょう。

お金や個人情報・機密情報の管理がプレッシャーに感じる

扱ってプレッシャーになるのはお金だけではありません。銀行では個人情報や機密情報の管理についてもプレッシャーがかかります。情報漏洩などのリテラシー問題も重要になっている中、非常に厳格な管理が求められます

書類などの保管についても、可能な場所には施錠、ダブルロック制度が敷いてあったり、書類を扱うプリンターのネットワーク環境に制限がかかっているなど、アナログからデジタルまで情報の行き来には非常に敏感です。このような管理の仕組みからも、情報がいかに厳重に扱われているかが伺えます。

ノルマ達成のために休日出勤して営業をしなければならなかった

ノルマが達成できないプレッシャーによって、休日出勤を強いられることも少なくはありません。せっかくのプライベートの時間も大変な営業のために削られてしまえば、ストレスの解消の術もありません。かといって、ノルマを達成できない状況もストレスを生み出します。

八方塞がりになり、蓄積されたストレスによって退職を考えるのも、銀行員の間では少なくはありません。

銀行の仕事を続けるには?仕事の辛さを解決する方法

とはいえ、銀行員は非常に厚遇を受けられます。銀行員であるというだけでも社会からの信頼は厚いですし、給料も良く、安定した職種でもあります。ストレスを軽減させながら銀行の仕事を続けるための具体的な行動を紹介します。

事務センターなど人と接する機会の少ない部署に異動希望する

職場内での人間関係や、お得意先との人間関係にストレスを感じている場合は、事務センター等の人と関わりが少ない部署に異動願いを出すというのも、ひとつのストレス軽減の方法です。

情報やデータの管理としてシビアな面は引き続きありますが、淡々とした情報処理が主立った仕事となるため、人間関係に関しての疲弊感は段違いです。営業のような仕事をしているときよりも、付き合いの飲み会も減るでしょうから、飲み会が苦手な方にもおすすめできます。

パートや派遣に就業形態を変更する

正社員であるから非常に責任が重い仕事を与えられ、プレッシャーがかけられてしまうという点もあります。パートや派遣に就業形態を変更することで、日頃の業務の責任が軽減されるケースもあります。

給料形態や雇用保険などの厚生処遇などについては下調べが必要ですし、給料が正社員の現状よりも落ちてしまうのは免れません。ですが、ストレスによって身体を壊してまで働くくらいならば、こういった選択肢にも目を向けてみるのがいいでしょう。

銀行員ならではの知識が活かせるので自分のスキルアップと考える

大変な仕事ではありますが、ここで得た銀行員ならではの知識を分のスキルアップと考えて、前向きな気持ちで進めていくことで現状が変えられます。営業ならコミュニケーション能力がつく、事務職なら大切な商品や書類についての管理が学べる等、仕事をする上で基礎的な能力も向上が見込めます。

銀行員としての給料や厚遇を手放すことはどうしてもできないのであれば、考え方や見方を変えるだけで、仕事への意欲も上がり、それによる結果にも繋がるかもしれません。

銀行を辞めたい。退職する時の伝え方やタイミングは?

銀行員で居続けることへのストレスがパンク状態で、体調を崩しかねないなど、これからも銀行員として長期的に働く自身がない方は、思い切って退職を選ぶのも大切です。退職する場合のタイミングや伝え方について紹介します。

退職の意思は1ヶ月~2ヶ月前に余裕をもって伝える

余裕をもって退職の意思を伝えるのは大切なことですよね。銀行でもそれは変わりません。企業はあなたの戦力を含めたスケジュールで、1ヶ月、2ヶ月先までの予測を立てていることもあります。

突然の退職は周囲の迷惑にもなりますし、業務に支障をきたしかねません。自分が握っている情報がある場合などは、引き継ぎの期間も見越して考えなくてはなりません。

遅くても1ヶ月前には意思を伝えましょう。社会人として最低限のマナーです。

伝えるタイミングは繁忙期を避け、業務に余裕のある時間帯に

繁忙期に退職の意思を伝えてしまうと、忙しいのに辞められたら困るという意識で引き止めをされてしまったり、「それどころではない」と話を流されてしまうことがあります。

意を決して伝えたのに流されてしまえば、退職への決意も揺らぎかねませんし、かといって続けていく意欲にも繋がりません。

しっかりと裕を持って、話を聞いてもらえる時期や時間帯を選んで明確に自分の意思を伝えましょう。このとき本気度を伝えるためにも、正々堂々と上司に説明できる理由をきちんと用意しておくと良いでしょう。

後任への引継ぎのための資料を用意しておく

引継ぎをスムーズにするために、後任に対して資料を用意しておくのもいいでしょう。辞めるからといって引継ぎをおざなりにするなど、業務に支障をきたす行動を自らとってしまうと、辞めるまでの期間、居心地が悪くなってしまいます。辞めるというだけでも白い目で見られるのを予測して、文句を言わせない行動をとっていくように心がけましょう。

引継ぎだけでなく、辞めると申告した後の職場内での立ち振る舞いにも、十分注意が必要です。

銀行員の知識を活かせる?おすすめの転職先とは

転職する際、銀行員としての能力を活かせる場所を選択すると、転職先にも受け入れられやすく、自分も新しいことをすべて一から覚えずに済むので、慣れるまでのストレスを抑えられます。では銀行員にとっておすすめの転職先とはどのような場所でしょうか。

同じ業界でも会社を変えるだけで働きやすくなる

業界を変えるのではなく、リサーチをしっかりと進めていけば、会社を変えるだけで働きやすくなる場合もあります。自分がどのような点に不満やストレスを感じていたかを良く確認した上で、どのような会社であればストレス少なくして働けるかを吟味してみましょう。

ただし、同じ業種で働くということは、現在の職場と接点があり気まずくなってしまうこともあります。その点においての下調べや、身の振り方については、辞める前の段階から重々注意しておいた方がいいでしょう。

銀行員から公務員への転職も人気

銀行員で得たシビアな金銭管理能力、情報管理能力、的確な情報処理能力というのは公務員でも求められるものです。銀行員が社会的信用に厚い職業であるということもあって、公務員への転職は人気です

銀行職で時間を奪われていた状況を考えると、公務員の業務時間を選ぶ方が多いのは納得できますね。銀行員として働くのと同様に、安定感のある職場でもあります。しっかりと自分の時間を確保できる業務形態に、生活の楽しみの幅が広がるかもしれません。

20代での転職ではWEB関係や広告代理店を選ぶ人もいる

20代のうちに転職する方は、銀行員という堅苦しい仕事から離れて、WEB関係や広告代理店を選ぶ方もいます。こちらも会社によってはハードワークではありますが、好きな方にとっては、やりがいをもって充実した時間を過ごすことができます。広告やデザインに精通する世界というのは、それだけで華やかな印象がありますから、惹かれることもあるでしょう。

もちろん、銀行員業務で鍛えられた基本的な情報処理能力やコミュニケーション能力は、このような一般企業でも有利に働きます。

銀行員からの転職を成功させるコツは?

前職が銀行員であったということで信頼を得られるなど、転職が有利になる場合もあります。ポイントをしっかりおさえて、転職活動に役立てましょう。

銀行員は社会的信用が高く転職市場では有利

シビアな金銭管理のプレッシャーがある中で働いてきたということについて、前職が銀行員であると社会的に高く信用されるという利点があります。

営業ノルマがあるなどの厳しい環境でもまれていることも予想できますし、継続年数もあればタフな人間性も評価されるでしょう。

転職先がどのような業種であっても、これらは元銀行員に対する共通の認識として理解されているはずです。なにかを特にアピールしなくても、その信頼感というものは圧倒的です。

事務処理の能力を買ってもらえる

各種手続きや、書類の取り扱いについても、時間がない中で丁寧な仕事を求められる職場です。繁忙期で鍛えられた事務処理能力に関しても、信用が厚いでしょう。

これらの能力は競争率の高い一般事務への転職でも有利に働くので、転職後も今までのスキルを有効活用できます。今の大変な思いも意味があると思えれば、転職するまでの期間もより前向きに過ごせるのではないでしょうか。

事務職は残業が少なく、仕事とプライベートをしっかりと分けられるので、今までプライベートの時間を削られてきたぶん楽しむためにも、事務職を選んでみるのはよいかもしれませんね。

給与や休日など自分の希望の条件を明確にする

銀行員としての働く中、給与は安定していても、自分の時間は削られることが多くあったことでしょう。転職を見据えたこれからは、自分が理想とする生活では給与がどの程度必要か、そして休日がどの程度必要かについて、自分なりの条件を明確にしておくことが大切です。

そうすれば幅広い職種の中からでも、自分が理想としている生活を実現できる職が見つけられるでしょう。最低限の希望を定めることによって、多くの求人情報を絞り込むのに役に立つはずです。

家族や配偶者の意見を取り入れる

銀行員としての生活で家族へのサービスがおざなりになっていたという方は、配偶者を養ったり、共に子どもを育てていくうえでの、これからどうしたいかを見直してみましょう。共働きである場合、自分も率先して家事ができるような時間の使い方ができる職場探しも必要です。

あなたの意思でないにしろ、関係がギクシャクしていた場合、これを機に家族の気持ちにもしっかりと寄り添っていく態度を見せることが好ましいでしょう。溝の深まった家族関係にも、転職が一筋の光をさしてくれるかもしません。

銀行での働き方を自分なりに考えてみよう

銀行で働いている方にはこのような大変さがのしかかっているはずです。ハードな仕事環境により身体を壊したり、家庭に支障をきたすなど、業務と天秤にかけられないものを失う結果となってしまうこともあります。続けるのなら、周囲の状況や自分の体のサインは見逃さないように気をつけていく必要があります。

それだけでなく、人間関係やプレッシャーなど、あなたを悩ませる問題点について思い当たることがあるのなら、どう対処していくか改めて考える機会にしてください。退職することも、自分の人生を過ごす上で立派な選択肢です。

ランキング

記事一覧