「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 銀行を辞めたい。仕事の辛さを解決するヒントや退職時のポイント
仕事辞めたい

銀行を辞めたい。仕事の辛さを解決するヒントや退職時のポイント

銀行員を辞めたいと思っている人は多い

銀行員が大変な仕事であるというのは、銀行職に関連のない方でもなんとなく知っているくらい有名な事実です。実際に銀行に勤めた人は、堅実で高収入そうなイメージが覆るくらい、ストレスを感じているのではないでしょうか。

この記事では、銀行員が辞めたくなる理由と、いざ辞めるときにはどうすればいいのかをまとめました。

辞める決断をする前に。ミイダスで自分の市場価値を調べてみよう

銀行員は一般企業とはまた違う特殊な世界。安易に辞めて民間企業に転職する前に、まずは情報収集や自己分析が大事です。そこで、転職志望者に向けた自己診断サービス「ミイダス」を試してみましょう。

ミイダスでは、質問に答えていくと自分のいまの市場価値=想定年収がわかります。さらに、自分の価値を認めてくれる企業からのスカウトを待つこともできます。つまり、転職への心構えをしながらも、チャンスがあれば逃さずに済むのです。

チェックポイント

  • 診断後は、登録して待っているだけで企業からスカウトが届く
  • スカウトが届いたら書類選考は免除なので、すぐに面接に進める
  • 運営元は「doda」で有名な転職大手パーソルキャリア

これなら忙しい銀行員でも、自分の価値を知りながら効率の良い転職準備ができます。ぜひチェックしてみてください。

銀行員が仕事を辞めたくなる理由とは?

銀行員はどんなときに辞めたいと思うのでしょうか。銀行の種類や、銀行内で就いている部署にもよりますが、ストレスを感じるポイントは実にさまざまなところにあるものです。

地元企業の融資など外回りの営業が大変

資産運用や、法人融資の開拓などで銀行員の業務として外回りの営業が課されます。特に相手先を持った企業に対して自社との契約に差し替えるような提案をするなど、ハードルの高い交渉が非常に多く課されます

それに対してノルマの設定もシビアな業種なので、なかなか結果を取れない現状に対して上司からの指摘が厳しいなどの、八方塞がりな状況を感じることも珍しくはありません。

どういったアプローチで件数を取得していくかをしっかりと考えていく必要がありますし、プレッシャーをかけられる状況も大変ですよね

生命保険や投資信託などのリテール営業がある

リテール営業は、他営業とは違ったつらさがあります。ほとんどが新規開拓の営業となるので相手先に繰り返し足を運び、近しい間柄になってようやく契約をとれるというパターンも多いでしょう。

時間をかけた割に結果が出なかったという状態にも繋がりやすく、かといって他営業と変わりなくノルマは用意されています。

また、営業職でなく窓口担当だからといって、営業活動をしなくていいわけではありません。忙しい中で預金などの用事で窓口に来たお客さんに、売れそうもない金融商品の案内をするのは、大きなストレスになります。

お金を扱う仕事なので間違いが許されない

銀行員といえば当然お金を扱う仕事ですね。個人のお客様から企業まで、信用によって預けられているお金を扱います。ですから、かい単位まで誤差は許されずシビアな世界です。信用を失えば、企業の存続にも関わります。

大金を扱うことも当然ながらありますので、大きなプレッシャーもかかってきます。そういった圧力によるストレスが多いという点もあります。そういったプレッシャーに弱い方は銀行員という仕事は向いていないかもしれません。

お金や個人情報・機密情報の管理がプレッシャーになる

扱ってプレッシャーになるのはお金だけではありません。銀行では個人情報や機密情報の管理についてもプレッシャーがかかります。情報漏洩などのリテラシー問題も重要になっている中、非常に厳格な管理が求められます

書類などの保管についても、可能な場所には施錠、ダブルロック制度が敷いてあったり、書類を扱うプリンターのネットワーク環境に制限がかかっているなど、アナログからデジタルまで情報の行き来には非常に敏感です。

このような管理の仕組みからも、情報がいかに厳重に扱われているかが伺えます。

資産形成や住宅ローンなど金融に関する知識が必要

多種手続きの業務もありますので、専門的な知識を有していることが銀行員にとっては非常に重要です。新卒から入って2、3年の間は金融関係のあらゆる資格の取得に追われてしまいます。

業務の合間を縫って勉強しなければならず、プライベートの時間がなかなか取りづらいという状況があります。慣れない職場で過ごすだけでも大変だというのに、自分の時間が取れないこともストレスになってしまいますよね。

ストレスを発散する時間もないとう状況に、疲労感も溜まっていきます。

異動や転勤が多い

銀行員は多くの場合長くても2、3年の間に異動や転勤を強いられます。癒着防止ともいわれていますが、新しい環境に慣れた時期にはまた新しい環境に入らなければならず、それによるストレスで苦痛を感じる方も多いでしょう。

落ち着く暇もなく人間関係もほとんど一から構築しなければなりませんので、タフなメンタルが非常に求められます。外部の人間関係に気を遣う営業という業務だけでなく、内部の人間関係についても気を回すことが必要なのです。

異動の内示が急に出る

ただでさえ異動がつきものの銀行員。しかも、異動の内示はある日突然言い渡されます。引っ越しを伴うような異動でも、1週間前に急に決まるということはざらです。

不正を隠す時間を取らせないようにという意図もあるので、ある意味仕方のないことではありますが、誰もが荷物の少ない単身者というわけではありません。仕方なく家族を置いて単身赴任を決めたり、新幹線通勤をすることにしたという体験談も多いです。

異動に伴う歓送迎会が多い

異動に関して、その度に歓迎会が行われています。銀行員には、大学で体育会系のサークルに属していた方も多く、飲み会の席では体育会系的な無理を強いられる場面も多くあります。無理な飲酒を続けていれば、当然疲労や体の不調に繋がります。

ばか騒ぎや飲み会が苦手な方にとっては、歓迎会に高頻度で参加しなくてはならず自分のペースで飲めない状況が、苦痛となって重なってきます。

社風が古いので若手には居心地が悪い

銀行は信用が非常に重要な組織であることから、古くから続いているところが多いです。したがって、社風が古いという難点もあります。

厳しい教育も多かった昔ながらの企業では、上司が厳しく独善的であったり、自分のしてきた苦労をそのまま伝統として強いてくるため、若手にはストレスが重くのしかかります。

セクハラ・パワハラなど現代ではコンプライアンス違反になりそうなことに誰も気がつかず、「昔からそういうものだ」と放置されがちです。飲み会での一発芸強制などもいまだによくあります。

苦痛に感じていることを一人で抱え込むことはせずに、話を聞いてもらえる同僚や先輩を大切にするといいでしょう。

地元密着のイベントに強制的に駆り出される

特に地銀の場合、地元とのつながりが非常に大切になってきます。地域の祭りなどでは、スポンサーとして提灯や山車に地銀の名前が大きく書かれているのを誰もが見たことがあるでしょう。

それだけならよいのですが、土日のイベントに無給で強制的に駆り出されることが多いと、銀行員でいて損だと思ってしまいます。

全国的に有名な、華やかなお祭りなどであれば、お祭りに参加できるという特権で少しは楽しめるかもしれません。しかし、楽しいことばかりではないのが現実です。

女性が多い後方事務員は人間関係の問題が多い

後方事務員は女性が集まる職種です。もちろん、それぞれの人間性にもよりますが、感情的に仕事をしてしまう女性や、うわさ話が大好きな女性、キャリアの長い御局様がいる、などの女性特有の人間関係で悩む方も多いでしょう。

女性が多い場所での人間関係の構築にはコツがいります。上手くやっていくためにはどのような処世術が必要なのかを調べてみるというのも大切かもしれません。

銀行員を辞めたくなったあるあるエピソード

実際働かれている方が辞めたくなったよくあるエピソードについてもご紹介します。

新人時代は雑務に追われてろくに仕事ができなかった

元銀行員

雑務をしている暇もなかったのに

★★★★★★★★★★2.0

銀行員一年目のことはもうあまり覚えていません。とにかく勉強しなければいけない金融商品が多すぎて、ずっと講習会などに出ていた記憶があります。その合間に雑務といった感じです。就職前にイメージしていた銀行員らしい仕事は特にできませんでした。

一般職でも下積みが必要な仕事もありますが、それは銀行員にとっても共通しています。

資格の取得に追われながらも実際の業務では雑務を与えられて、せっかく銀行員という職についたというのにそれらしい仕事ができないという状況が続き、ストレスになったことで辞めたいと思ってしまったパターンです。

雑務といっても関連のある仕事ができればいいのですが、どうも般的な雑務(ゴミ捨てや資材の運搬)も新人に課せられている企業も多いのが難点です。

営業ノルマが達成できず上司に詰められた

元銀行員

こんなに豹変すると思わなかった

★★★★★★★★★★2.0

普段の仕事のときは穏やかで、飲み会でも気のいい上司という印象の人だったのですが、ノルマ未達のときはすごい勢いで人前で怒鳴られました。正直、21世紀になってもこんな人がいるのかと驚いたくらいです。他の人に聞くと、昔からみんなそうやって怒鳴られてきたから、そういうものだということでした。

銀行員の主な業務内容として営業があげられますが、ノルマの達成が思うようにできず、上司に厳しい指摘を受けたことで退職が頭に浮かんだ、というエピソードも銀行員にとってはよくあります。

場合によっては上司からの日頃の当たりが強くなったり、周囲から冷たく接されるようになったり。ノルマを達成できなかったために、周囲の人間関係がうまくいかなくなるようなこともあります。

簡単な契約ではないため不調な時期もあるというのに、それらが決して許されない環境にストレスがたまってしまいます。

付き合いの飲み会が多く健康を損なった

元銀行員

飲みの付き合いが苦痛だった

★★★★★★★★★★2.0

融資先の社長に絡まれて、飲み会とあらば必ず呼ばれてしまうのが苦痛でした。お客様なので断るわけにもいかず……。それに加えて銀行内での飲み会も多いので、すっかりお酒が嫌いになってしまいました。

銀行勤めは非常に飲み会が多いです。イベントや打ち上げだけでなく、異動や転勤に際しても送別飲み会、歓迎飲み会などに、一週間のうちに何回も招かれます。

顧客とのお付き合いの中でお酒の席に誘われたときには、断るのも難しいので、いっそう飲み会の機会が増えていきます。

いわゆる飲みニケーションが横行している業界なので、飲まされることも多くあります。自分のペースで飲めない飲み会が続いていけば、当たり前のことながら体調を崩してしまいます

ボロボロになった体を目の当たりにして、辞めたほうがいいのではないかと思い至るパターンです。

結婚や住宅購入をしたとたん単身赴任になった

元銀行員

子供が小さいうちに一緒にいられなかった

★★★★★★★★★★2.0

子供が生まれたとたんに単身赴任。子供が4歳のときには、自宅から早朝出発の新幹線通勤でどうにか通える支店。子供が小学校に上がったらまた単身赴任。それでも、地方銀行で県内か隣県への赴任ばかりだったので、全国転勤よりはましだったと思います。

就職し、結婚や将来を考えて住宅を購入したとしても、転勤は容赦なくやってきます。せっかくパートナーと結ばれても、単身赴任が必要な距離の場所への転勤を強いられることもあります。

物理的な距離は、心の距離とどうしても通じてしまいます。家庭を大切に思っていても、仕事柄の転勤や異動の多さが家族関係を悪化させるのもよくあることです。

家庭を支えるためにハードな仕事でも頑張ってきたという方にとっては、会社のせいで家庭が上手く回らないだなんて、頭を抱えたくなる問題でしょう。そのような場面で、辞めたいと思う方も多いのです。

無給のイベント参加で体調を崩した

元銀行員

裸参りが本当に苦痛だった

★★★★★★★★★★2.0

私の勤めていた銀行では、行員総出で真冬の裸参りに毎年参加することになっていました。男性はふんどし一丁です。女性はさすがに少しは厚着ですが、見たくもない上司や同僚のふんどし姿を見ながら雪の中を歩くのは完全に罰ゲームでした。

地域とのつきあいのために、地元の祭りには毎年参加することになっている銀行は非常に多いです。そのため、時には伝統の踊りを覚えなければいけなかったり、寒中行列をしなければいけなかったり……。

もちろん、そのせいで翌日に風邪をひいても、休めるほど暇ではないので出勤しなければいけません。

地域の伝統行事が大事なのもわかりますが、地銀に勤めているというだけでこういう目には遭いたくないですよね。

銀行の仕事を続けるには?仕事の辛さを和らげる方法

ストレスが多いとはいえ、銀行員を続けていれば、下手に中小企業を渡り歩くよりはずっと厚遇を受けられます。銀行員であるというだけでも社会からの信頼は厚いですし、給料も良く、安定した職種でもあります。

少しでも「辞めてはもったいない」と思うなら、ストレスを軽減させながら銀行の仕事を続けていくことを考えましょう。

事務センターなど人と接する機会の少ない部署に異動希望する

職場内での人間関係や、お得意先との人間関係にストレスを感じている場合は、事務センター等の人と関わりが少ない部署に異動願いを出すというのも、ひとつのストレス軽減の方法です。

情報やデータの管理としてシビアな面は引き続きありますが、淡々とした情報処理が主立った仕事となるため、人間関係に関しての疲弊感は段違いです。

営業のような仕事をしているときよりも、付き合いの飲み会も減るでしょうから、飲み会が苦手な方にもおすすめできます。

パートや派遣に就業形態を変更する

正社員であるから非常に責任が重い仕事を与えられ、プレッシャーがかけられてしまうという点もあります。パートや派遣に就業形態を変更することで、日頃の業務の責任が軽減されるケースもあります。

給料形態や雇用保険などの厚生処遇などについては下調べが必要ですし、給料が正社員の現状よりも落ちてしまうのは免れません。ですが、ストレスによって身体を壊してまで働くくらいならば、こういった選択肢にも目を向けてみるのがいいでしょう。

窓口業務は、子供を持つなどしてパートで復帰した元正社員の女性が行っていることも多いです。

他業種と比べてどれだけスキルアップになるか考える

大変な仕事ではありますが、ここで得た銀行員ならではの知識を分のスキルアップと考えて、前向きな気持ちで進めていくことで現状が変えられます。

営業ならコミュニケーション能力がつく、事務職なら大切な商品や書類についての管理が学べる等、仕事をする上で基礎的な能力も向上が見込めます。

もし一般の会社員をしていたら、こんなに金融知識がつくことがあったでしょうか?銀行員だからこそお金に詳しくなり、実際に自分で外貨や株などの資産運用をうまくやっている人も多いです。

銀行員としての給料や厚遇を手放すことはどうしてもできないのであれば、考え方や見方を変えるだけで、仕事への意欲も上がり、それによる結果にも繋がるかもしれません。

やっぱり銀行を辞めたい。退職するにはどうすればいい?

銀行員で居続けることへのストレスがパンク状態で、体調を崩しかねないなど、これからも銀行員として長期的に働く自身がない方は、思い切って退職を選ぶのも大切です。退職する場合のタイミングや伝え方について紹介します。

退職の意思は1ヶ月~2ヶ月前に余裕をもって伝える

余裕をもって退職の意思を伝えるのは大切なことですよね。銀行でもそれは変わりません。企業はあなたの戦力を含めたスケジュールで、1ヶ月、2ヶ月先までの予測を立てていることもあります。

突然の退職は周囲の迷惑にもなりますし、業務に支障をきたしかねません。自分が握っている情報がある場合などは、引き継ぎの期間も見越して考えなくてはなりません。

遅くても1ヶ月前には意思を伝えましょう。社会人として最低限のマナーです。

伝えるタイミングは繁忙期を避け、業務に余裕のある時間帯に

繁忙期に退職の意思を伝えてしまうと、忙しいのに辞められたら困るという意識で引き止めをされてしまったり、「それどころではない」と話を流されてしまうことがあります。

意を決して伝えたのに流されてしまえば、退職への決意も揺らぎかねませんし、かといって続けていく意欲にも繋がりません。

しっかりと裕を持って、話を聞いてもらえる時期や時間帯を選んで明確に自分の意思を伝えましょう。このとき本気度を伝えるためにも、正々堂々と上司に説明できる理由をきちんと用意しておくと良いでしょう。

後任への引継ぎのための資料を用意しておく

引継ぎをスムーズにするために、後任に対して資料を用意しておくのもいいでしょう。辞めるからといって引継ぎをおざなりにするなど、業務に支障をきたす行動を自らとってしまうと、辞めるまでの期間、居心地が悪くなってしまいます。

辞めるというだけでも白い目で見られるのを予測して、文句を言わせない行動をとっていくように心がけましょう。

引継ぎだけでなく、辞めると申告した後の職場内での立ち振る舞いにも、十分注意が必要です。

銀行員の知識を活かせるおすすめの転職先とは

転職する際、銀行員としての能力を活かせる場所を選択すると、転職先にも受け入れられやすく、自分も新しいことをすべて一から覚えずに済むので、慣れるまでのストレスを抑えられます

では銀行員にとっておすすめの転職先とはどのような場所でしょうか。

同じ業界でも職場を変えるだけで働きやすくなる

銀行員の仕事自体には魅力を感じているというのなら、業界を変えるのではなく、今よりホワイトな金融機関をリサーチして転職するのも一つの方法です。口コミサイトなどで、勤務実態のリサーチはできるでしょう。

自分がどのような点に不満やストレスを感じていたかを良く確認した上で、どのような会社であればストレス少なくして働けるかを吟味してみましょう。

ただし、同じ業種で働くということは、現在の職場と接点があり気まずくなってしまうこともあります。その点においての下調べや、身の振り方については、辞める前の段階から重々注意しておいた方がいいでしょう。

他行のリサーチにはキャリコネを活用しよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。

さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。キャリコネのサイトを通して、大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。

企業の管理部門は元銀行員が重宝される

一般企業の管理部門で、経理関係の業務にあたる銀行員も多くいます。お金を扱ってきた経験や、融資のためにさまざまな企業を見てきた経験はダイレクトに役立ちます。特にスタートアップ企業など、未上場の企業は狙い目です。

スタートアップは多少のリスクがあるため、堅実で歴史ある銀行から移るには抵抗があるかもしれませんが、元銀行員の経験があれば「自分の会社を上場させる」といった大きなプロジェクトに携わるチャンスもあります。

元銀行員から、若い企業の役員になるパターンも多いです。キャリアアップを第一に考える場合はこういう道もあると覚えておきましょう。

管理部門の経理系求人はジャスネットキャリアで探そう

ジャスネットキャリアは、会計、税務、経理・財務分野に特化した転職エージェントです。税理士や公認会計士の有資格者が主に利用していますが、元銀行員の転職でも相談してみる価値はあります。

求人はほとんどが非公開。業界に詳しい経験豊富なコンサルタントが、これまでのキャリアや希望条件を聞いたうえで、ぴったりの仕事を紹介してくれます。

外資系で年収アップを狙うのもあり

外資系の金融機関・証券・保険会社も、銀行員の転職先として人気です。外資系ならではの、成果重視のシビアな社風はありますが、日本の古い体質の銀行のようなハラスメントはなく、尊敬できるメンバーとともに働けているという人が多いです。

給与も上がることが多いので、今までと業界を大幅に変えずにキャリアアップを狙うのであれば、外資系を視野に入れてみましょう。

外資系企業を目指すならJACリクルートメントに相談してみよう

JACリクルートメントは、外資系企業語学力が必要な仕事に強い転職エージェントです。元銀行の転職先として受け入れられやすい、金融機関や証券・保険会社の案件も多数あります。

WEBサイトだと30〜50代向けというように見えますが、ある程度の語学力やキャリアがあれば、20代でも紹介してもらえる仕事はあります。

コンサルタントの対応が誠実で、キャリアカウンセリングもとても頼もしいと評価が高いので、ぜひチェックしてみてください。

20代での転職ではWEB関係を選ぶ人もいる

20代のうちに転職する方は、銀行業務にあまり未練がなく、WEB関係の仕事を選ぶ方もいます。WEBマーケティングやWEBデザインといった分野は常に募集があり、続ければそれなりのスキルも付き、激務でもないのでおすすめです。

もちろん、銀行員業務で鍛えられた基本的な情報処理能力やコミュニケーション能力は、このような一般企業でも有利に働きます。

20代の転職なら「JAIC」という選択がある

まだ若いうちに別業界での再出発を目指すのであれば、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。JAICでは社会人経験の少ない若者にビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。ぜひ気軽に相談してみましょう。

銀行員から公務員への転職も人気

銀行員で得たシビアな金銭管理能力、情報管理能力、的確な情報処理能力というのは公務員でも求められるものです。銀行員が社会的信用に厚い職業であるということもあって、公務員への転職は人気です

銀行職で時間を奪われていた状況を考えると、公務員の業務時間を選ぶ方が多いのは納得できますね。銀行員として働くのと同様に、安定感のある職場でもあります。しっかりと自分の時間を確保できる業務形態に、生活の楽しみの幅が広がるかもしれません。

合わせて読みたい

銀行員からの転職で覚えておいたほうがよいこととは?

銀行員は、ある面では公務員と同じように、一般的な会社員とは違う目で見られます。どういうことに気をつければ転職活動がうまくいくか、ポイントをおさえておきましょう。

社会的信用の高さはぜひアピールしたい

シビアな金銭管理のプレッシャーがある中で働いてきたということについて、前職が銀行員であると社会的に高く信用されるという利点があります。

営業ノルマがあるなどの厳しい環境でもまれていることも予想できますし、継続年数もあればタフな人間性も評価されるでしょう。

転職先がどのような業種であっても、これらは元銀行員に対する共通の認識として理解されているはずです。どれだけシビアな環境でもまれてきたかをアピールして、信頼感を獲得しましょう。

数字に強いことは営業職や経理職でアピールできる

銀行員はお金に関して、時間がない中で丁寧な仕事を求められる職場です。繁忙期で鍛えられた事務処理能力に関しても、信用が厚いでしょう。これらの能力は、日々売上を追う営業職や、経理事務への転職でも有利になります。

どれだけの桁の金額を、どのように扱ってきたか、他業界の人にも理解してもらいやすいような方法で自己アピールを組み立てましょう。

PCスキルはあまり期待されないことが多い

銀行は外部から、古い体質の業界だと思われています。確かにそういう点はありますし、一般企業がMicrosoft Officeを使っている間、銀行は独自のシステムを限界まで使い続けていたりします

自社専用システムはそつなく使えても、 転職後にPowerPointの使い方はまったくわからなかった、という元銀行員もいます。

もし、銀行員でも自分はPCに強いという自信があるなら、それは忘れずにアピールしておきましょう。銀行以外でも通じるスキルをどれだけ持っているかが勝負どころです。

銀行での働き方を自分なりに考えてみよう

銀行で働いている方にはこのような大変さがのしかかっているはずです。ハードな仕事環境により身体を壊したり、家庭に支障をきたすなど、業務と天秤にかけられないものを失う結果となってしまうこともあります。

続けるのなら、周囲の状況や自分の体のサインは見逃さないように気をつけていく必要があります。

それだけでなく、人間関係やプレッシャーなど、あなたを悩ませる問題点について思い当たることがあるのなら、どう対処していくか改めて考える機会にしてください。退職することも、自分の人生を過ごす上で立派な選択肢です。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧