1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 退職時に引き止められない人とは。スムーズに退職する方法
仕事辞めたい

退職時に引き止められない人とは。スムーズに退職する方法

退職は必ずしも引き止められるものではない

多くの人が仕事を辞めるとき、しつこい引き止めにあっています。できることなら「しつこい引き止めにあう」ことは避けたいものですが、まったく引き止められないのも、自分は必要とされていないように感じてしまって、不安になりますよね。

ですが、もしあなたが引き止められなかっとしても、それはあなたが会社に要らない人間だからというわけではないのです。

「引き止められない人」=「辞めていい人」ではない?

会社の秩序を乱したり、不利益を与えたりする人でなければ、会社にとって不要な人というのは存在しません。全ての社員が、会社にとって財産なのです。では、会社があなたに辞めてほしくないと思っていても、引き止めてこないのは何故なのでしょうか。

様々なケースが考えられますが、基本的にあなたの意見を尊重しているため、会社はあなたを引き止めないのです。

お互いに円満な状態である

あなたの周りに退職しようとしている人がいたとします。その時、あなたはどう考えますか?勤務態度も良く、周りに迷惑を掛けずに辞めるのであれば、無理に引き止めようとは思わないのではないでしょうか?

もしあなたが円満退職できる状態にあるのであれば、惜しまれることはあったとしても、引き止められるということはないはずです。

合わせて読みたい

あなたのキャリアアップを願っている

あなたが新しいことに挑戦する強い意志を見せていたのであれば、会社はあなたを止めることができません。本当であれば会社に残ってもらいたいと思っていても、あなたの今後の人生を考えると、会社に残らない方が良いと考えてくれていることもあるのです。

このように思われているのだとしたら、あなたはとても優秀な社員である証拠です。

引き止めることはお互いのためにならないと考えている

上司が社員を引き止めようとするとき、待遇改善を提案するなど様々な方法で引き止めてきます。辞めると決めた方は、どんな提案をされても断るしかありません。話をする度に説得をしていたのでは、あなたも上司も心身共に疲れてしまいますよね。

説得を続けることは時間も労力もかかり無駄」だと考えるため、引き止めることをしないのです。

退職を引き止められる場合とは?

退職をするときには、驚くほどしつこい引き止めをしてくる場合があります。酷い場合になると、「既に退職している元上司を使ってまで引き止められた」という話もあるくらいです。では、なぜ上司はそこまでして社員を引き止めるのでしょうか。

様々な理由が考えられますが、「あなたがいなくなることで、会社や上司になんらかの不利益がある」ので、退職を引き止めるのです。

合わせて読みたい

新人の育成にコストがかかる場合

会社は社員に辞められてしまうと、新しい社員を最初から教育しなくてはなりません。それにはコストも時間もかかるため、「できることなら辞めてほしくない」というのが本音なのです。育成に時間を掛けると、それだけ通常の業務も遅れてしまいます。

そのため、辞めようとする人に対して、辞めないように説得をしてくるのです。

優秀な社員を手放したくないと考えている場合

あなたが優秀な社員だったのであれば、退職されてしまうと会社にとっては大きな損失です。経営陣からは「将来会社を背負ってくれる人材である」と思われているため、必死に説得されるでしょう。

特に、優秀な社員がライバル会社に行ってしまうことを経営陣は恐れます。このような時、会社は待遇改善を提案してくるでしょう。

人員不足で仕事が回らなくなる場合

人手不足の職場では、あなたが辞めることで、仕事が回らなくなる可能性があります。一人一人の負担も増えるため、あなたに辞めてもらっては困るのです。すぐに代わりの人材を見つけたとしても、あなたと同じくらい仕事ができるようになるまでは、時間が掛かります。

特に繁忙期であれば、その傾向は顕著でしょう。

合わせて読みたい

あなたが職場の中心人物になっている場合

仕事ぶりが普通であっても、いつも明るく笑顔で接してくれるような人は、職場でも重宝されるものです。また、あなたが他の社員達の間に入り、関係を取り持っていたとしたら、あなたがいなくなることで職場の人間関係が壊れてしまう可能性があります。

そのようなことにならないよう、あなたの退職を引き止めるのです。

上司が自分の評価を気にしている場合

あなたが辞めることは会社にとって損失です。その損失の責任は上司がとることになります。部下が退職するということは、上司の管理が行き届いていないということになります。このように会社に判断されると、自分の評価が下がるとは考えるわけですね。

特にあなたを採用したのが、上司なのであれば、その傾向は強くなるでしょう。

合わせて読みたい

退職を引き止められない場合とは?

退職をしようとすると、多くの場合、会社は引き止めようとするものです。では、どのような場合であれば、辞めるようとする人を引き止めないのでしょうか。

会社や上司がどのように考えていようと、会社に不利益があると判断すれば、会社はあなたを引き止めることはしないものです。また、引き止めても無駄であると考えている場合が挙げられます。

やむを得ない事情で引き止めることができない場合

あなたが何らかの病気を理由に退職しようとするのであれば、会社は引き止めることはできません。働けないという人間を引き止めても、良いことはありませんよね。会社側も無理に引き止めて、裁判などを起こされると面倒だという思いもあるため、引き止めることをしないのです。

病気の他にも、家族の介護や育児などが挙げられます。

入れ替わりの激しい業界の場合

飲食業や介護業など、入れ替わりの激しい業種の場合、会社側も最初から引き止めることを、諦めてしまっていることがあります。このような場合は、無理に引き止めても、長続きせずに結局辞めてしまうことがほとんどです。

「説得しても、どうせ辞められるのであれば、そのたびに説得をするのは無駄な労力」だと、会社側は考えるのです。

合わせて読みたい

会社や上司の信条で引き止めない場合

上司が、一人の社員に頭を下げて残ってもらうのは、他の社員に示しが付かないと考えている場合があります。たとえば、辞めようとする社員に、会社に残ってもらうために一人だけ給料を上げたら、どうなるでしょうか?当然、他の社員は良い気分はしないでしょう。

社内の雰囲気も悪くなり、業務に支障をきたす可能性があると考えるため、無理に引き止めずに送り出すのです。

辞めることを薄々感じていた場合

上司はあなたのことを常に見ています。あなたの仕事ぶりが、以前に比べて前向きではなく、消極的になっていたとすると、あなたの仕事に対するモチベーションが下がっていることを察知するでしょう。

優秀な経営者なのであれば、あなたが辞めることを見越して、既に新しい人材の確保に移っていることもあります。このようにあなたが退職しても問題ないように準備ができているのであれば、引き止められることはないでしょう。

退職を引き止められないタイプの人もいる?

仕事ができない人であれば、会社に不利益があるため、当然引き止められることはないでしょう。ですが、そうでない人であっても引き止められないことがあります。では、どのような人が退職を引き止められないのでしょうか。

それは「引き止める必要のない人」と「引き止めることができない人」の大きく種類に分けることができます。

向上心がないタイプの人

勤務態度も真面目で、問題なく仕事をしている人であっても、向上心がない場合は経営者からは嫌われる可能性があります。会社は成長を求めるものです。勤務態度に問題がない社員を解雇することはできません。ですが、「同じ人数を雇うのであれば、どうせなら優秀な人の方が良い」と会社は考えるのです。

会社が有能な社員を求めている場合は、向上心のない人を引き止めることはないでしょう。

有能過ぎるタイプの人

仕事ができすぎる人も引き止められないことがあります。もちろん会社としては有能な社員を手放したくないと考えていますが、あまりにも優秀すぎると「うちの会社に留めていいような人材ではない」と判断されることがあるのです。

また、有能すぎる部下を嫌う上司もいます。「いつか自分よりも上の役職になってしまうのではないか」と上司が恐れている場合、むしろ喜んで送り出すことだってありえるのです。

自分を曲げない信念の強いタイプの人

何でも自分の意見を押し通す信念の強いタイプの人は、引き止められない可能性が高いです。もしあなたがそのようなタイプの人間なのだとしたら、退職を思い留まるように説得されても、首を縦には振らないのではないでしょうか。

上司も、一度決めたことを決して曲げないタイプの人には、何を言っても無駄だと思うため、引き止めることをしないのです。

「引き止められない人」になるために今からできることは?

退職時に引き止められないようにするために、できることはたくさんありますが、大前提として、円満退職を目指す必要があります。そのためにできることは、どんなことがあるでしょうか。

どれだけ対策をしていても、あの手この手でしつこい引き止めをしてくる上司もいますが、基本的にはしっかりと準備をしておけば、引き止められずにスムーズに退職が可能です。

普段から仕事を熱心に取り組む

毎日の仕事をしっかりとこなし、職場で良好な人間関係を築くことが一番大切です。社員が一人辞めると、その分を周りが負担しなくてはなりません。本音を言えば、自分の負担が増えるから辞めないでもらいたいはずですが、ここであなたの日頃の仕事ぶりが活きてくるのです。

あなたが周りから慕われる、人徳のある人なのであれば、気持ちよく送り出してくれるでしょう。

合わせて読みたい

早い段階で伝えておく

退職の意思が固まったら、上司に早い段階で伝えておく必要があります。会社側も急に辞めると言われても、代わりの人材を用意することができません。特に人手が足りない職場なのであれば、あなたが抜けることで仕事が回らなくなる可能性もあるのです。

早い段階で退職することを伝えるのは、社会人としてのマナーと言えるでしょう。

合わせて読みたい

引き継ぎ業務をしっかりやる

引き継ぎの業務はしっかりとやるようにしましょう。あなたが退職しても問題ない状態にしておくことで、上司も退職を許可しやすくなるのです。

もしあなたが退職を希望する日までに、業務を引き継げる人がいなかったとしても、誰が見ても分かるようなマニュアルを作成しておくことで、上司を説得する材料にすることができます。

引き止めにくい退職理由を考えておく

引き止めにくい退職理由を考えておくことも大切です。会社の労働環境など、待遇に不満があるという理由で退職を申し出ると、絶好の引き止め理由になってしまうので注意が必要です。

退職する理由は嘘であっても問題ありません。会社は嘘かどうか見破ることはできないものです。以下は代表的な「引き止めにくい退職理由」になります。

チェックポイント

  • 家族の介護や育児
  • 今の会社にやりたいことがない
  • 遠方へ引っ越す
  • 次の仕事が決まっている
  • 家業を継ぐ

合わせて読みたい

将来のビジョンを伝えておく

退職する理由はネガティブなものである必要はありません。普段から、あなたの将来のビジョンを伝えておくのも良いでしょう。あなたの将来やりたいことが、今の会社ではできないものなのであれば、上司や同僚も「いつか辞めるだろう」と心の準備をすることができます。

また、ポジティブな退職理由なので、周りも応援したいと思えるでしょう。

上司が反論できないようにしておく

しつこく引き止めてくるような上司は、重箱の隅をつつくような理由を持ち出してまで、あなたの退職を認めようとしません。なので可能な限り上司から反論されないようにしておく必要があります。まずは服務規程の退職に関する要項を確認しましょう。それらを満たした上で、繁忙期を避けるなどの対策をとることをおすすめします。

また、同僚に根回しをしておき、退職の後押しをしてくれるよう頼むことも有効な手段です。

しつこく引き止められてしまったらどうすればいい?

どんなに円満に退職を目指しても、退職を認めてもらえないことがあります。大切なのは「あなたが何故辞めようと思っているのか」をしっかりと確認することです。曖昧な理由で辞めようと思っても、上司には見透かされてしまいます。

まずは「自分は必ず退職する」という意思を、明確に上司に伝えることが、前提となることを忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

労務部や人事部などに相談する

上司からしつこい引き止めにあうようであれば、まずは上司よりも上の役職の人に相談するようにしましょう。ですが、この場合、直属の上司を通さないと話を聞いてもらえない可能性があるので注意が必要です。

そのようなことになるのであれば、社内の労務部や人事部に相談しましょう。社内に労働組合があるのであれば、そちらに相談するという方法もあります。

合わせて読みたい

労働基準監督署に相談する旨を伝える

社内の労務関係の部署に相談しても、埒が明かないようであれば、「労働基準監督署に通告する」と伝えるのも有効な手段です。会社は労働基準監督署の調査が入ることを嫌います。「労働基準監督署へ通告する」と伝えれば、コロッと態度を変える可能性もあります。

それでも、しつこく引き止められるのであれば、実際に通告してしまいましょう。

合わせて読みたい

仕事が原因で心の病気になったと伝える

心の病気になったことを伝えると、態度を軟化させる場合があります。職場に病気の原因がある場合、退職理由が自己都合の退職ではなく、会社都合の退職になることがあります。会社都合の退職者が出ると、会社は助成金を受け取ることができなくなります。

「そのようなことなる前に退職を認めてしまった方が良い」と思わせるのです。

合わせて読みたい

会社に行かないことで抗議をする

しつこく引き止められている時点で、円満に退職するのは難しいものです。あまり好ましい方法とは言えませんが、いつまでもしつこく引き止めてくるのであれば、あえて会社に行かないという手段をとるのも有効です。

仕事をしない人を引き止める理由はないですよね。あなたが引き止められる理由を無くしてしまうことで、退職を認めてもらうのです。

合わせて読みたい

退職届を提出してしまう

何度上司と話し合っても退職を認めてもらえず、しつこい引き止めにあうようであれば、退職届を提出してしまいましょう。もし退職届を受け取ってもらえないのであれば、内容証明で退職届を会社へ送るという方法もあります。法的には退職日の14日前までに提出すれば問題ありません。

ですが、あくまでも最終手段です。トラブルを避けるのであれば、しっかりと話し合ってから退職しましょう。

合わせて読みたい

わずらわしいやりとりを避けて気持ちよく退職しよう

会社に引き止められるということは、必要とされているということです。必要とされると、ついつい情に流されて残ってしまいがちですよね。ですが、いつまでも引き止められたままでは、あなたの人生が前に進みません。

退職は新たな人生の出発点です。辞めると決めたのであれば、すっぱり辞めてしまいましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧