1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたいけど辞められない人の理由と対処法
仕事辞めたい

仕事を辞めたいけど辞められない人の理由と対処法

会社側の問題で辞めれない人

会社側の「仕事を辞めさせない」という圧力を感じたことはありませんか。会社側としては、社員が一人いなくなることで、その穴埋めをしなければならなくなり、何かしら会社の運営に不都合が生じることが多いからです。この会社の都合によって、社員の「仕事を辞めたい」という気持ちよりも、会社の圧力が勝ってしまうことも多いのです。

また、社員には公表しませんが、「仕事を辞めさせない」ための制度や仕組みを作っている会社もあるのが現状です。例をあげると、退職希望者の上司のボーナスを減らすという仕組みがある場合もあるそうです。自分のボーナスに響くのであれば、上司は部下を辞めさせないために何かしら働きかけるでしょう。

会社側の都合による「仕事を辞めさせない」仕組みに打ち勝つにはどうすればよいのでしょうか。それは、辞める側は退職をするという固い意志を持つことです。自分の意志を貫くことで、退職への突破口が開けるでしょう。ここでは会社の問題でやめられない人がどんな境遇にいるかをご紹介します。

ブラック企業で働いている人

大抵の会社は、社員が退職をすると言えば拒否をする事はしませんが、今社会問題となってる「ブラック企業」では、社員をいかに低賃金で会社に縛り付けておくかを考えているため、とても退職をする事が難しいです。何故なら、育てた人材を他の会社に行かせたくないと思っている会社があるからです。

もし、退職しようと思ったら、転職では無く、他の何かを理由につけて「辞めます」とはっきり言いましょう。退職する事を伝えてから、嫌がらせを受けるかもしれません。しかし、退職までの短い期間を乗り越えれば辞めれるのです。それまで頑張りましょう。

退職届を受け取らない会社もありますが、その時は内容証明で退職届を送りつけましょう。それでも受け取らない場合は、代理人を立てる事を伝えます。法的な手段を取ると思わせれば、ブラック企業と言えども大抵は引き下がる事でしょう。

転職を考えてみる

常に人手が足りていない企業で働いている人

今の会社を辞めたくて転職活動をしているけれど、どうしても今の職場が常に人手不足で、退職を言い出せる環境ではないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。もちろん会社側からも退職の意思を伝えても引き止められるでしょう。すでにギリギリの人数で運営してますから、穴ができれば会社として採用活動が必要になります。採用活動はタダではありませんから、会社としても損害が大きいことになります。

また常に人が足りない会社という時点で問題を抱えています。採用した人が定着しない、採用費がない、退職者が多い、仕事を選ばずにとってくる、など状況は様々ですが、何かしら問題があります。それに今まで共に働いてきた同僚に、自分が辞めることで更に負担をかけてしまうといった心配から、退職をためらう人もいます。

しかし、この根本の原因には、会社の経営側にあります。それゆえ、あなたが個人でどうこうしようとしても、出来ないのが現状です。またあなたが転職したいという理由にも、おそらく根本には慢性的な人員不足にあると思います。だとすれば、何も思い悩み、留まる必要はありません。転職を決意し、固い意思で退職を伝えましょう。

転職を考えてみる

本人の問題で辞めれない人

「周囲への迷惑を考えると仕事を辞められない」
「仕事を辞めたいけれど決心がつかない」
「家族に仕事を辞めると伝え余計な心配をかけたくない」

これは、20代の社会人の仕事に悩みを持った人の中で特に多いものです。仕事を辞めたくても辞められないという悩みが多い傾向にあります。上記の悩みのように、周囲からの視線や仕事への責任感、転職への不安は、これまで挫折経験がない場合や責任感が強い人ほど強く感じます。これを理由に、辞めたくても辞められないというケースを引き起こしていることが多いのです。また、このような人の多くは、自分のことを周囲の人から良く思われたい「かっこつけ」や「お人よし」といった特性があります。

このような、社会人経験や挫折経験が少ない人ほど退職に対して不安感を覚えます。また、このようなタイプは最もうつ病の発症率が高いと言われています。潰れる新入社員、過労死予備軍と呼ばれるタイプもこのような特徴のある人であると言えます。

辞めたいという意思はあるが行動できてない人

辞めたい辞めたいと言っている人に限って、ずっと会社にい続ける人が多いですよね。常に今ある自分の立場に不満を持ち、どこに行っても「辞めたい」とか、辞めるにしても「次の仕事が決まらない」など、なんだかんだ理由を付けては文句を言いながらも働き続けている人がいます。

ではどうしたいのか、今あるところから去りたい気持ちを持ってはいるが、何がしたいのかを真剣に考えていないだけです。もしくは自分に自信がないため、今の場所から動くことが出来ないのかもしれません。今の仕事を辞めたい思う前に、自分はこの先どうなりたいのか、そうなるためにはどうして行くべきなのかを考えて、まずは働きながらも転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。インターネット時代でなんでもできてしまう今、簡単に自分の活躍できる場や転職先情報を入手することが出来ます。

思い切って転職先を探してみる

家庭の状況や経済的な理由がある人

今の会社を辞めたい、新しいことにチャレンジしたいと思いながらも、なかなかそうはいかない。
「現在の経済状況から転職に不安があって出来ない」「家庭の事情で、今住んでいる家や地域から離れる事が出来ない」など理由は様々あります。

実はこれには共通点があるんです。「現在の生活を何も変えられない」という共通点です。結局は、将来を考えて行動するのが不安で現状を維持しようとしまっています。しかし、これが悪いというわけではありません。転職はメリットだけでなく、デメリットももちろんありますので、リスクがつきまといます。リスク管理を意識する事は人生の選択においてとても大切です。

このような人は今の職場で働きながら、転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。転職サイトの登録はたいてい無料なので心配ありません。望む条件は、収入、勤務地、休日や就業時間、すでに頭の中にはハッキリ浮かんでいるハズです。この条件を登録しておけばいいんです。情報のアンテナを張っておいてもマイナスにはなりません。逆に「知らないこと」が最もリスキーかもしれません。行動の始めの一歩は、ほんの小さな一歩で良いと思います。

退職の決断チェックリスト

仕事は楽しかったり辛かったり色々な事がありますが、上司からの理不尽な叱責や責任の押し付け、はたまたそれが原因での残業などはストレスになります。しかし、だからといって直ぐに転職しようとするのは時期尚早です。社員の半分以上が1年以内に辞めるような会社なら見切っても当然ですが、何十年も続けているベテランさんや上司がいるのなら一概にブラック企業とは言えません。かといって、ストレスで体や心の健康を壊してから転職活動を始めても遅いですから、まずはストレスチェックをしてみましょう。

当てはまるのなら辞めた方が良いストレスのチェックリストを用意しました。辞めた方が良いのかを考える前にまずは一度試してみて下さい。以下の項目に当て嵌まればチェックをして下さい。集計した数で判断されます。

●疲れた顔をしていると感じることがある
●帰宅してもすぐに明日の仕事の事を考えてしまう
●上司の中に、顔を合わせたくない人がいる
●大災害や大事故が起きて大騒ぎになれば良い
●やらなければいけない事を良く忘れる
●弁当は一人きりで食べたい
●9時間以上眠ってしまう、または5時間しか眠れない
●電話が怖いので誰かに取ってもらいたい
●自分の時間が欲しいから睡眠時間を削りたい
●家の中でも明日の仕事の段取りを考えてしまう
●明日が来るのが憂鬱だ
●朝、風邪を引いて熱が出れば良いと思っている
●友人の仕事の話題に入りたくない
●決まった時間に眠くならない
●何もかもを捨て、誰もいない遠くへ逃げ出したいと思った事がある
●帰宅時以外、いつも仕事のことを考えている
●どうでもいい小さなことでも泣きたくなる

チェックリストの説明

あてはまったものが3~5つある場合ー退職を考えた方が良いです。
あてはまったものが6つ以上ある場合ー退職をしたほうが良いいです。

職場には必ず合う合わないがあります。そして自分にぴったりの職場は存在しないということは覚えておかなければいけません。特に職場の人間関係や社風はある程度変える事もできますが、ベースを変える事が難しいです。そのため、自分に合わない仕事を無理に続けていても精神的にも身体的にも負担になりやめてしまう事をおすすめします。生活をしていくためにも働かなければいけないので、自分にあった職場環境を探すことが大切でしょう。

会社を上手に辞める4つの方法

人が会社で働くとき、その人は会社と仕事についての契約をします。その契約では、会社と働く人は同じ立場であると決まっています。いつもは、上司の指示に従って仕事をします。なので会社を辞めたいと伝えても、上に辞めないでほしいと言われてはなかなか辞められません。しかし先ほど言った通り、会社と働く人は同等なので、本来なら辞めたいと思えば辞められるのです。

上司が引き止める理由が、その人の人望や仕事への見込みがあるというのならまだ良いでしょう。しかしそれでも絶対に辞めさせないと言ったり、無理やり理由をこじつけて文句を言ったりする上司もいます。そのような上司は自分の部下が辞めることで自分に落ち度があると責められることが嫌なだけなので、聞き入れる必要はありません。

それでは会社を辞める決心がついた人は続けて読んでください。もう一度言いますが辞めるのはあなたの自由です。多少心を痛めるかもしれませんが、辞めるという固い意思を持ちましょう。

先に内定をもらってしまう

これが一番と言えるでしょう。特に会社に引き留められなかなか辞めさせてもらえない時には最も効果的です。なぜならば、転職は転職活動を経て決まり、転職先が決まればおのずと「何月から内定をもらった会社で働きはじめる」という先のスケジュールが決まり、会社は口出しできなくなります。この時、新しい会社の名前は伏せておきましょう。

そうすれば、どんな会社でも人が足りないなど何かと理由をつけて引き留めたりということができなくなるでしょう。「転職が決まり何月何日から新しい職場で働くので、何月何日に退職させて下さい」とちゃんとした意思を持って伝えるだけでいいんです。

しかし、いろんなしがらみやこの先の不安から転職したい、仕事を辞めたいと思っていてもなかなか決心できず前に進めませんが、転職先さえ決まってしまえば思っているよりも簡単に決心できます。

転職を考えてみる

悩んでる時間を転職活動をする時間に変える

転職経験がある方はお分かりでしょうが、退職や転職について考える時間と実際行動に移す時間は全く違います。転職する、職場を変えるというゴールがあるのですからスタートさえ切ってさえしまえば、必ずゴールにたどり着きます。就職活動を始める決心が最大の難関と言えるでしょう。

在職のままの転職活動を始める事をおすすめするので転職サイトを利用しましょう。サイトや会社によりやり方は多少異なりますが、転職サイトへの登録を終え、返信メールをもらった後、職歴入力、面談の予約をすれば転職までのほとんど終わったも同然です。転職活動を始めるまでは、様々な理由で会社を辞められなかったハズですが、活動を始めると、今より高給だったり、休みが増えたり、好きな業務だったりと、今の仕事より魅力的な情報が具体的に沢山入ってきます。ですので、今の職場より新しい職場に対する意識に変わってきます。

転職を考えてみる

申し入れから法律上は14日で辞められると知る

民法の627条1項は下記のように規定しています。

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

つまり、有期雇用でない会社員は、好きな時に辞める申し入れが可能であり、申し入れ後14日が経過すれば、会社をやめることが出来るのです。法律的には、申し入れに対する会社の承認や同意は必要なく、また会社側が申し入れの時期を制限できる根拠はありません。

ただし、就業規則により、ほとんどの会社が退職時には1ヶ月前や2ヶ月前など、2週間以上前に予告することを定めています。とはいえ、就業規則より法律の方が重視されるため、2週間以上前からの退職予告を必要とする就業規則の規定には、法律上の強制力はないのです。

退職届と退職願の違いを理解し、退職届を提出する

仕事を離れるときに、その意思表示として、上司のもとに直接行き、「お仕事を辞めさせていただきます」と伝えるのも一つの手ではあります。しかし、この場合には後々厄介ごとを抱えてしまうこともあるため、形に残る書面で辞意を表したほうが、より安心して退職することができるでしょう。その際、退職届と退職願の違いをしっかりと理解していくことは大切です。

「退職届」は「この仕事を辞める」という宣言です。この宣言は会社の承認や同意を必要とすることなく、本人の意思によって退職を決めることができるため、会社側には撤回ができません。

「退職願」は「この仕事をやっめてもいいでしょうか?」と会社側にお願いするものです。この場合は本人の意志だけでなく、会社側の返事を待つ必要があります。

この二つは名前は似ていますが、全く違うものです。本人の意思が確実に反映されるかどうかの違いがあります。どうしてもやめさせてくれない会社には「退職届」が有効でしょう。会社側が受け取りを拒否することは法律上認められていませんし、仮に受け取らない場合でも内容証明郵便で送るという手段をとることもできます。内容証明郵便は、後のもめごとを避けるために、意思表示をした日を証明できるという点でも効果があります。

退職の時に注意する事は?

会社に退職する旨を伝える際、後のトラブルを防ぐためにも書面として形に残して提出するべきです。書面に必要な情報としては、提出する日付と氏名と、会社の就業規則で定められた退職の予告すべき期間を考慮した上で、いつ退職するかを決め、『◯月◯日をもって退職致します』と明記する必要があります。この書面について、”どのようなものを提出したのか”がわかるようにコピーを取り、無事に退職するまで大切に保管しておくことが大切です。

もし、会社が退職を認めない態度をとっている場合は、単に退職について会社の承諾を求める『退職願』にすぎないと扱われることのないように、会社の承諾に関わらず退職する意思があることをしっかり明記しておきましょう。

退職が決定しましたら、会社から誓約書の記入を求められる可能性があります。誓約書の中には、退職後に会社が不利にならぬよう一方的な物がある場合もありますので、少しでも不安が感じられる場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

ランキング

記事一覧