「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 教員を辞めたい。退職の切り出し方や転職のポイントを解説
仕事辞めたい

教員を辞めたい。退職の切り出し方や転職のポイントを解説

教員を辞めたくなるほど大変な理由は?

教員の仕事は体力的にも精神的にも大変な部分が多くあります。ここでは、現在教員として働いている人が、どのような理由で仕事を辞めたいと思っているのかご紹介します。

合わせて読みたい

辞めたらどうなる?どうする?転職市場における自分の価値をチェックしてみよう

教員は資格職であり、大変だけれど収入面では安定した公務員です。それでも辞めようと思った場合、いままで教員以外の世界を知らないと、民間企業への転職には尻込みしてしまいますよね。そんなときはまず、「ミイダス」で転職市場における自分の価値を診断してみましょう。

ミイダスでは、年齢や学歴などの簡単な質問に答えていくだけで、自分のいまの市場価値=想定年収がわかります。しかも、診断後はそのまま「待っているだけの転職活動」もできてしまいます。

チェックポイント
  • あなたの登録情報を見た企業からスカウトオファーが届く
  • オファーが届いたら書類選考は免除。あなたの意思さえあればすぐに面接に進める
  • 「doda」を運営する転職大手パーソルキャリア社のサービスなので、安心して使える

教員は忙しいので、転職活動の時間もないでしょう。しかしミイダスなら、待っているだけで向こうからチャンスがやってきます。ぜひチェックしてみてください。

職員や生徒、保護者など人間関係が複雑

教員は、生徒に教えるだけが仕事ではありません。職場では、生徒以外にも様々な人間関係に対応しなくてはならないため、人との関わりが大変多い仕事と言えます。関わるのは生徒だけではありません。学年主任や校長も含めた他の職員、そして保護者とも上手にコミュニケーションをとる必要があります。

教えるのが得意だし好きだという場合でも、人とのコミュニケーションが苦手な人には、大きなストレスになる仕事です。教えるのが好きだという気持ちだけで教員になった場合は、仕事上での人間関係の複雑さに嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

合わせて読みたい

部活顧問だと残業や休日出勤がある

学校によっては部活に力を入れています。そのような学校では、教員は顧問になることが義務づけられている場合があります。スポーツや吹奏楽部など、試合やコンクールに出場するような部活の顧問になると、教員も熱心に指導しなければなりません。

毎日の部活指導だけでなく、休日練習や試合に参加したりと、意外と休みをとられてしまうこともあります。また、夏休み中も練習に励む部活もあるため、決して簡単な仕事ではありません。教えるという熱意がないと、続けるのが厳しい仕事です。

合わせて読みたい

生徒に教えることの責任が重い

子供が好きだからという理由で教員になると、後になって教員という仕事の責任の重さに圧倒されてしまうかもしれません。生徒に教えるのはとても大きな責任と、プレッシャーがあります。生徒の成績が悪いのは教員のせいだと、思う親もいるかもしれません。

学年主任や校長からも、生徒に教える責任の重さを指導されることでしょう。人は一人ひとり個性があり、学び方も異なります。1クラス30人を指導するのは大変なことです。成績の悪い生徒がいたら、自分でも責任を感じてしまいますよね

合わせて読みたい

プライベートでも生徒や保護者と出くわす可能性がある

都心であれば、プライベートで生徒や保護者に道でばったり出くわすことは少ないと思いますが、行くところが限られた地方の町では、生徒や保護者にばったり会ってしまうことはありませんか?プライベートの時間なので誰とも話したくないし、誰にも会いたくないと思っている時に限って会ってしまうものですよね。

特に保護者に出くわす場合を考えて、服装なども教員らしくしないといけないと考える人もいます。どこに行っても自分は教員らしく行動しなければならないことを、面倒だと感じる時もありますよね。

合わせて読みたい

同じ学校の教員同士で結婚すると学校を異動しなければならない

教員には、同じ学校の教員と結婚すると次年度の4月にどちらかが異動しなければならないという決まりがあります。その理由は、保護者や子供への影響を考えてということです。

せっかく務めた仕事で、学校も家から近くて気に入っているのに、異動させられるのは少しフェアではないと思ってしまいますよね。教員という仕事柄、子供のことを考えたら仕方ないかもしれませんが、このような規則が嫌で仕事を辞めようかと思う人もいる気持ちはわかります。

合わせて読みたい

髪型や服装の制限が厳しい

一般企業でも、髪形や服装の規則はありますが、教員は特に生徒や保護者から見て問題のない服装を求められます。教員は髪形や服装も規則があるのが一般的です。女性教員ならば、厚化粧はだめ、髪の毛を染めてはだめ、短いスカートはだめなどが一般的です。男性教員は、襟のあるシャツやスーツを着るのが普通でしょう。

教員以外の仕事は服装や髪形の規則が厳しくないことも多いので、ときにはそういう自由な仕事が羨ましくなるかもしれません。教員だからこの格好というイメージを保つのに疲れてしまうという人はいるでしょう。

教員を辞めたいと思ったあるあるエピソード

もう仕事を辞めてしまいたいと思った経験を持つ教員は、どのような状況でそう思ってしまったのでしょうか?ここでは、教員を辞めたいと思ったエピソードをご紹介します。

合わせて読みたい

モンスターペアレントなど保護者の対応に疲れた

何か問題が起こるたびに学校に抗議をしにくる親、いわゆるモンスターペアレントの対応は仕事を辞めてしまいたいと思うきっかけになってしまいます。保護者には強く出られない部分もあり、微妙なやり取りが求められるからです。

子供は好きだし、教えるのが好きでも、このように保護者への対応に嫌気を感じることは仕方ありませんよね。保護者からの抗議や相談が続くときは、精神的に疲れてしまい辞めたくなってしまいます

職員同士の人間関係が悪い

職員同士の人間関係が悪く、仕事を辞めたいと思う教員もいます。教員同士がお互いをライバル視していたり、お互いの悪口を言っていたりすると職場の雰囲気がとても悪くなります。また、新任の場合は、初任者指導の職員との人間関係もあります。

指導の仕方がきつい、自信を失くすような指導の仕方だ、またはただ単に性格が合わないなど理由は多くありますが、逃れられない相手と毎日関わらなければいけないのはとても辛いですよね。

合わせて読みたい

生徒から慕われない

教員として、最も信頼関係を築きたい相手は、職員でも保護者でもなく生徒です。毎日関わる生徒に嫌われてしまうと、かなり仕事がやりにくくなります。小学生はまだしも、中学生は先生の悪口を言いたくなる年頃です。皆が教師のあだ名をつけたり、生徒があいさつをしなかったりすると、悲しくなります。

生徒とはいえ、一番いい関係を築きたい人から慕われないのは、とても辛いですよね。教えることに情熱を持っていたはずが、生徒との関係によってその熱意さえ、どこかにいってしまう恐れもあります。

合わせて読みたい

小学校の場合は特に社会のルールや言葉遣いなど生活指導が大変

小学校教員の場合は、学業以外の生活指導にもかなりの労力が要ります。社会のルールや言葉遣いなど基本的なことを教える必要があります。まだ知らないことがたくさんある小学生には、辛抱強く何度も、悪い事は悪いと教えないとならないこともあるでしょう。すぐに覚えない子や直らない子供もいるからです。

そのような場面が多いと、大変で仕事を辞めたくなると思ってしまいますよね。人を育てるのは一筋縄ではいきません。

中学校・高校の場合受験へのプレッシャーがある

中学生や高校生の場合、社会的なことは知っていても反抗期などの時期を迎えると指導も難しくなります。また、中学3年生の担任になれば高校受験があり、高校3年生の担任は大学受験が控えているため、生徒を合格させないとならないとても大きなプレッシャーもあるでしょう。

生徒のやる気を保ち、精神的にも支えないといけないため3年生の担当は大きなストレスとプレッシャーがかかりますよね。このような時に辛くなったり仕事を辞めたくなったりするわけです。

合わせて読みたい

中学校・高校の場合放課後や土日も部活の指導がある

教員は、学校によっては、放課後に部活の指導にあたらないとならない場合もよくあります。力を入れている部活で県大会や全国大会などを目指している部活は、週末も生徒は部活動があります。そのため、部活の顧問になった場合は、休日に休むのもままならないことになります。

「教えるのが好きで得意だ」、その理由だけで教師になっても、勤務時間の長さには体力的に疲れてしまいます。

合わせて読みたい

大学教員の場合自分の研究を進める時間をとれない

大学教員の場合も、仕事を辞めたいと思う理由はあります。自分の研究ができると信じて大学教員になったものの、現実は学生の教育以外に、学生の就職相談や悩みの相談を受けるなど仕事量が多いからです。また、事務的なことや会議などもあり、結局自分の研究の時間をほとんどとれないのが現実のようです。

教員は、一度年度が始まればすぐには辞められません。仕事環境が自分の理想と異なっていても、すぐに辞められない環境のせいで、辞めたい思いがより強くなってしまうのでしょう。

専門学校の場合教育だけでなく広報や営業もしなければならない

教員でも専門学校の場合は、生徒の指導だけでなく、時には広報や営業など総合的に学校に関わらないとなりません。生徒に教えるのが好きでも、営業関係の仕事が嫌ということはありませんか?この場合は、自分は教員なのになぜ他の業務をする責任もあるのか、わからなくなりますよね。

専門学校の場合、よりビジネス的に組織がつくられているため経営にかかわる業務が加わるのも仕方がないかもしれません。しかし、生徒の指導とは全く異なる分野の仕事も任せられることに、抵抗を感じる人もいるということです。

教員を辞めたいけど言い出せない。適切なタイミングや伝え方は?

教員を辞めたいけれど、なかなか言い出せないことはありますよね。また、退職する時は時期的なことを考慮する必要もあります。こちらでは、退職願いを出すタイミングや伝え方をご紹介します。

合わせて読みたい

年度途中の退職は迷惑がかかるので年度の終わりで伝える

教員は、仕事が嫌になったからといって、いつでも辞められるわけではありません。年度の途中での退職は生徒や保護者に戸惑いをもたらすだけでなく、職場の多くの人に迷惑をかけます。そのため、年度末まで待ってから退職するのが望まれます。

仕事を辞めることを決めたら、年度末までは長く感じるかもしれませんが、教員として責任を持ち最後までやりとげることが望まれます。高校や大学ならまだしも、クラス担任との関わりが密接な小中学生にとっては、年度の途中で担任が代わるのはとても大きな衝撃です。

年度末の退職の場合、遅くても12月までに退職の意思を伝える

年度末での退職を決めたら、人事異動や人員配置を考えて遅くても12月までには退職の意思を伝えるべきです。退職する時は、まわりに迷惑をかけけないのが理想です。自分でもそのほうが気持ちよく職場を去ることができます。

12月に退職の意思を伝えれば、年度末の3月までには後任は見つかるでしょう。仕事を辞める時は退職意思を伝えるタイミングも大事です。

合わせて読みたい

指導してくれた上司に辞めたい意思を伝える

仕事を辞めることを決めたら、職場で指導を担当してくれた上司にその意思を伝えてみましょう。退職に関して相談したいことなどを打ち明けてもいいでしょう。退職を決めたら、まず自分に深く関わってくれた上司に伝えるのが順番としては理想です。

せっかく指導してくれたのに申し訳ないという気持ちや、感謝の気持ちも伝えましょう。一般企業と異なり、直属の上司がわかりにくいこともありますが、まずは各学年の学年主任にお世話になることが多いですよね。担任を受け持つ教員であれば、まずは学年主任に退職の意思を伝えましょう

合わせて読みたい

退職が決まったらお世話になった先生に先に伝える

退職が決まったら、正式に発表される前にお世話になった先生に退職のことを伝えましょう。職場でよくしてくれた先生、指導してくれた先生、またはお互いに助けあっている先生など、特別に関わりあった先生には、先に退職を知らせておくのが理想です。

これは教員に限らずどの職業にも言えることです。お世話になった人達に先に報告すると、報告された側も先に伝えてくれたことを有り難く感じるでしょう。伝える時は、あなたのお陰でここまでやってくることができたと感謝の気持ちも伝えるといいですね。

合わせて読みたい

生徒や授業の情報など後任への引継ぎを行う

後任が決まったら、責任を持って引き継ぎを行いましょう。生徒の状況や情報を伝える、授業を進める上での必要事項を教えるなど、教員としての引き継ぎ事項は多くあります。特に小中学校の担任の場合は、年度内に起きた出来事と一緒に、それぞれの生徒についてよく伝えることは大事です。

大学や専門学校の場合は、生徒の進路や弱点など交えて引き継ぐと、後任は生徒のことをよく把握できて、仕事がしやすくなるでしょう。自分が気持ちよく退職できるように、しっかりと引き継ぎを終えましょう。

離任式や送別会へ参加する

仕事の退職手続きが全て終了したら、気持ち的にもすでに前を向いている状態です。しかし、退職にあたってもう一つすることがあります。あなたのために送別会を開いてもらえたなら、送別会に参加することです。

人間関係が問題で退職を決めた場合でなければ、お世話になった職員たちと最後に楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。送別会の場を借りて、職員皆に感謝の気持ちを伝えることもできます。人間関係が原因で退職を決めた人も、せっかく開いてくれた送別会ですので、最後は楽しく過ごしましょう

退職理由は当たり障りのないものを伝える

職場の人に退職理由を聞かれたら、当たり障りのない理由を伝えましょう。当然のことですが、人間関係がうまくいかなかったなど職員の悪口となることは言えません。教員の場合、同じ地域で異動が生じることもあるため、意外と人間関係が狭い世界になります。

信頼できる仲の良い先生には本当の退職理由を伝えてもいいかもしれませんが、後々のことを考え他の職員には、「環境を変えたくて」または「主人の転勤で引っ越すので」などの当たり障りのない理由を伝えるのが賢明です。

合わせて読みたい

教員からは異業種で働く?教員の経験を活かして働く?

教員の仕事を辞めると決めたら、次は何の仕事に就くか考えてしまいますね。同じ教員の仕事を続けるか、全く別の業種を探すか。こちらでは、同業種・異業種でどのような仕事の選択肢があるかをご紹介します。

合わせて読みたい

公立から私立など、同じ教員でも職場環境を変える

仕事を辞めても、やはり自分は教えることが好きだと思う気持ちがあるのならば、職場の環境を変えてみることができます。例えば、公立の学校で教えていたのであれば、私立の学校にしてみる。または、小学校と中学校両方の免許を持っているのであれば、小学校教員から中学校教員へ、チャレンジしてみてもいいでしょう。

教える仕事を変えなくても、環境を変えるだけでよい方向に向かっていくこともあります。また、教員としてのキャリアの点から、異なる環境で働いてみることは、自分が教員として成長するだけでなく、のちに経験として役立つでしょう。

塾講師やインストラクターなど人に教える仕事

学校などの大きな組織で働くのが疲れてしまったと思ってはいませんか?それでも人に教える仕事がしたいのであれば、塾講師やインストラクターとして教える選択肢があります。学習塾は学校よりも規模が小さいため、学校ほどの複雑な人間関係は少ないと思われます。

大きなクラスで教えるのは嫌だという人は、個人レッスンの塾講師やインストラクターとして教えてもいいでしょう。教員は、学校以外にも多くの場所で求められている職業です。転職サービスを利用して専任のエージェントに相談すれば、自分に合った職場を見つけられるでしょう。

マイナビエージェントに相談してみよう

初めて転職エージェントを使うなら、コンサルタントと対面でじっくり話ができて、サポートの手厚いマイナビエージェントがおすすめです。転職業界では大手で実績があるので、教員からの転職についても、役立つノウハウがあるはずです。まずは登録して、自分が今なにが嫌でなにがしたいのか、どんな仕事なら得意で楽しいと思えるのか、面談でなんでも話してみましょう。

マイナビエージェントをチェックしてみる

事務処理能力が生かせる事務職

教員の仕事は、事務作業が求められる仕事です。事務作業が得意な人はそのスキルを活かして、転職先は事務職をねらってもいいかもしれません。教員の仕事はもうしたくないと思った時、他業種への転職は自分の持っているスキルを活かした仕事が見つかりやすいでしょう。

事務職であれば、直接関わる人は意外と少ない職場もあります。また、事務系の仕事は豊富にあるのも利点です。

コミュニケーション能力が生かせる営業

教員は高いコミュニケーション能力が求められます。職員だけでなく生徒や保護者とも上手に対応できていたのなら、コミュニケーションスキルが活かせる営業職に転職してもいいかもしれません。

営業職では、単に人と関わるだけでなく礼儀正しさや、説得力、人の話をきちんと聞けるかどうかも大切です。これらのスキルを持っていて、人と関わるのが好きだ、話し上手だという人は営業職への転職も一つの選択肢として考えていいでしょう。

リクナビNEXTで営業の仕事を探してみよう

リクナビNEXTは、転職しようと思った人がまず登録すると言われている、日本最大級の転職サイトです。求人の数も種類も豊富で、少し検索してみただけでも、世の中にはこんなに幅広い仕事があるのだと実感できます。営業の仕事と一口で言っても、なにを売るかは多岐にわたるので、まずはリクナビNEXTで情報収集をし、自分に向いている進路を考えてみましょう。

リクナビNEXTをチェックしてみる

特別支援学校の教員の場合は医療・福祉関係の仕事についてみる

特別支援学校で教えていた教員は、退職後の転職先として医療や福祉関係の仕事が挙げられます。特別支援学校で働いていたのなら福祉系の知識や専門資格を持っているでしょう。

そのような資格や知識が活かせる場所は医療や福祉関係の仕事ではないでしょうか。職場環境が異なるため、また新たな挑戦になりますが、生徒に指導するわけではないので、自分に合う仕事を見つけられるかもしれませんよ。

子供とかかわる学童保育で働く

子供が好きだから教員になったという人は、転職後は学童保育で働くのも一つの選択肢になります。学童保育は主に小学校低学年の子供が放課後にとるクラスの指導をする仕事です。一緒に遊ぶだけでなく、宿題を見たりする学習サポートもあります。

教員としては、複雑な人間関係や仕事量についていけなかったという人は、学童保育なら人間関係がそこまで複雑にならなくてすむでしょう。子供と関わることを仕事にしたい人なら、いい選択肢になるかもしれません。

教員からの転職を成功させるためのポイントは?

教員からの転職。仕事を辞めるからには転職は成功させたいものです。こちらでは、教員からの転職で気をつけるポイントや、あらかじめ知っておいたほうがよいことをご紹介します。

真面目なイメージがあるため好印象

教員から企業へに転職する場合、真面目さという点では良い印象を与えられます。そのため、書類選考で判断される職務経歴書には、業務に真面目に取り組んだアピールをすることが大切です。また、部活動の顧問をしていたなら、さらにアピールできますね。

部活動の指導生徒が、スポーツや吹奏楽などで県大会や全国大会へ進んだのであれば熱心に指導したことをアピールできます。

PCスキルを今一度見直しておく

教員の仕事は、事務職などよりはPCを使用する機会が少ないです。いまだに紙ベースで作業を行っている学校もあるのではないでしょうか。一般企業への転職は、PCのスキルが求められることが多いです。

PCスキルがここ最近上達していない、自信がないという場合は、ワード・エクセル・パワーポイントなどの基本的な操作を、転職活動中にもう一度見直しておくといいでしょう。特に事務職への転職の場合は、高いPCスキルを求められる場合もあります。

公務員の場合は今より給料が減ることもある

公務員の場合は残業代が出ないため、給料が高めに払われています。そのため、一概には言えないものの転職先によっては今の給料よりも少なくなる可能性も考えていたほうがいいでしょう。

教員が仕事を辞めたい理由は、精神的な理由や人間関係、または労働時間の長さが多いです。そのため、転職を考えている教員は、給料アップを狙っての転職は少ないかもしれませんが、給料は今より期待できないかもしれないと認識しておくことは大切です。

有給がとりづらくなる可能性もある

教員は、学校によっては有給がとりやすいこともあります。しかし、一般企業に転職したら、有給がとりづらくなることも頭に置いておかないとなりません。教員という仕事は、待遇面では悪くない点が多いものです。

そのため、転職先に様々な条件や待遇を期待してしまうのはよくないでしょう。会社によっては、有給のとれる時期が決まっていたり、なかなか有給がとれる雰囲気でない場合はあります。これらのことも考慮して転職活動をしましょう。

他業種に転職するのであれば若手のうちが有利

これは、教員に限って言えることではありませんが、他業種に転職を考えているなら、若いほうが有利です。それは、その分野の専門知識や実務経験がなくても、20代なら将来的な可能性を考慮して、採用してもらえる可能性は高いからです。また、教員として得たスキルを高く評価してくれる企業もあるかもしれません。

教員としてもう働きたくない場合は、なるべく若いうちに決断し別のキャリアで経験を積んでいくのもいいかもしれません。

転職エージェントを活用する

転職を考えた時に、人材紹介会社を利用するのはとてもいい方法です。通常は、専任のエージェントがあなたの就職をサポートしてくれます。エージェントはあなたさえも気がついていないあなたの可能性を見出してくれることもあります。

他業種への転職を希望する場合は、どのような業種で可能性があるか相談してみるといいでしょう。また、教員として異なる職場環境での転職を希望する場合も、どのような選択肢があるか聞いてみましょう。

リクルートエージェントを利用してみる

リクルートエージェントは、転職大手リクルートによる信頼のエージェントサービスです。大手ならではの豊富なノウハウで、教員からの転職をサポートしてくれます。また、リクルートの保有する求人には、未経験可のものが多いのが特長。まったく違う業界への転職でも、リクルート経由なら実現しやすいのです。登録してコンサルタントに相談し、新たな可能性を切り開いてみましょう。

リクルートエージェントをチェックしてみる

自分の給与や休日といった待遇面の希望を明確にする

転職を考えたら、まず待遇面の希望をリストにしてみましょう。リストにしたら、優先順位をつけることも大切です。例えば給料を優先してもいいし、労働時間や有給休暇のとりやすさを優先してもいいでしょう。

自分の希望や条件を明確にしていると、自分に合う仕事が見つけやすくなります。特に人材紹介会社を利用して転職活動をする際は、担当のエージェントにあなたの希望と条件をできるだけ明確に伝えましょう。

合わせて読みたい

自分の働きやすい仕事を見つけよう

教員の仕事は、労働時間が長いことや、週末勤務さえあることから体力的に厳しい仕事です。学校では職員や生徒、保護者と関わるためコミュニケーション能力がないと、精神的にもまいってしまう仕事です。様々な理由から、転職を考えている人は、まずは同業種への転職か異業種への転職かを決めないとなりません。

同じ教えるという仕事でも、職場環境が変われば働きやすくなるので、様々な選択肢を考えてみるべきです。異なる業界への転職を考えている人は、自分の持っているスキルを利用して新しい業界でチャレンジしてみましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧