「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めると言い出しにくい。円満に退職できる理由を徹底解説
仕事辞めたい

仕事を辞めると言い出しにくい。円満に退職できる理由を徹底解説

仕事を辞めると言い出しにくい人へアドバイスしたいこと

今のお仕事はあなたに合っていますか?
仕事探しで見つけた条件や、人事の雰囲気と実際の現場にギャップがあることってよくありますよね。

「飛び込んでみたら、思っていたのと違った……」
なんて思うと仕事に行くのも気が滅入ってしまいます。
そうなってしまうと頑張って仕事を続けていても体や気持ちに限界がやってきてしまいます。
限界を迎える前に、いっそ仕事を辞めてしまいませんか?

合わせて読みたい

辞めてはいけない理由などないと割り切る

仕事が辞めたというその気持ちの理由はなんでしょうか。
こればかりは人それぞれですよね。

チェックポイント

  • 人間関係がうまくいかない
  • 業務がつまらない
  • 残業が多い
  • 付き合いの飲み会が多くて自由に帰れない

この他にも人の数だけ理由があるでしょう。
ふと辞めたいという気持ちに行きあった時、「この程度で辞めていても、こんなのみんな我慢していることだしな」と自分の気持ちに蓋をしてしまっていませんか?

でも、「この程度で辞めてはいけない」なんて基準はどこにもありません

あなたが「辞めたい」と思ったならそれは辞めるに足る理由です。
辞めたいと思いながらずるずると仕事を続けるのではなく、「こんなのは嫌だから、さっさと辞めよう」と割り切ってしまいましょう。

仕事を辞めたい理由をハッキリさせてそれと向き合う

「なぜ辞めたいのか」をはっきりさせるのは重要です。
というのも、希望通り辞めたあとの行動の指針が立たなくなってしまいます。

チェックポイント

  • 今やっている業務がつまらない ⇒ 違う業種や職種を検討する
  • 人間関係がうまくいかない ⇒ 業務経験を武器に別の同業者に飛び込む
  • 仕事がどうしてもやりたくない ⇒ 仕事をやらないという選択肢を模索する

このように、辞めたあと適切な行動を取るためには「辞めたい理由」をはっきりさせることが不可欠なのです。
逆に言えば、今気が滅入っている理由が「彼氏と喧嘩していてなにもうまくいかない」というようにプライベートと密接に関わっている場合は、仕事を辞めることでは現状を打開できません。

まずは「どうして辞めたいと思っているのか」「なぜ辞めたいと思うほど仕事が嫌になってしまったのか」をはっきりと言葉にできるように向き合いましょう。

合わせて読みたい

迷惑をかけるのは仕方ないことだと割り切る

「ここで私が辞めると会社に迷惑をかけてしまう」
辞めたあとの会社のことを考えて思いとどまってしまうことってありますよね。
特に、少人数で回している現場や人が続かない現場の古株になってしまうと余計自責の念がこみ上げてきてしまうもの。

嫌になったとは言っても今まで生活の中心として過ごしていた職場ですから、できるだけ迷惑をかけたくないと思ってしまうのも仕方のないことです。
では、今度は「なぜ自分が辞めると職場の迷惑になってしまうのか」から考えてみましょう。

チェックポイント

  • 少人数で回しているから自分が抜けると業務が回らない
  • 人が続かないから新しい人が入ってきても誰も業務を教えられない

最初の例で行くと、こんな理由が挙げられますよね。
でも考えてみてください。

チェックポイント

  • 少人数で回さなければいけないのはあなたのせいでしょうか?
  • 人が続かないのはあなたに原因があるのでしょうか?
  • なぜあなたが「辞めたい」と思ってしまうような仕事場になっているのでしょうか?

これって、あなたじゃなくて会社の責任ではありませんか?
少なくとも、私はそう思います。少人数で動かしているのは会社の人事の都合ですし、人が続かないのは環境が劣悪だからです。

このように職場が悪いのになぜか自分のなかに責任を求めてしまう優しい人は、周りが辞め始めているのに最後まで残ってしまう、というパターンになってしまい大変危険です。

「私が辞めたいと思ったのは、会社にだって原因がある」そう思えば、「迷惑をかけるのは仕方がない」と割り切れる気がしませんか?

社内に信頼できる味方を作って相談に乗ってもらう

そうは言ってもやっぱりなんとなく気が引ける、というあなたは会社の先輩や同期に相談してみましょう。

闇雲に相談してはいけませんよ。
その人の口が軽かったり、あなたに悪い感情を持っていそうな人に相談すると、かえって仕事環境が劣悪になったりしてストレスが増えてしまいます。
必ず今あなたがきちんと信頼できる誰かを選ぶようにしてください。

「今辞めたいと思っているのだけど……」と思い切って話してみると、あなたとは違う切り口の意見を提供してくれるかもしれません。
気を許している人に「それは辞めたほうがいいよ」とアドバイスされると、辞めていいのかな、と気持ちに整理が付く場合もあります。

合わせて読みたい

仕事を辞めたいと思う本当の理由はどんなこと?

「仕事を辞めたい」と思いながら仕事をしているのはあなただけではありません。
仕事がつらくて辞めたい、または辞めてしまったという人は思いの外たくさん居ます。

それでは、ここからは「仕事を辞める」ことにした人が挙げる「本音の理由」として代表的なものをランキング形式でご紹介します。

5位:職場の人間関係がよくない・うまくいかない

よくきかれる理由のひとつですね。

私の周りにも居ますが上司と価値観が合わなくて段々ストレスが積み重なっていく、という場合も結構あります。20歳も違うと生まれた時代の問題などで仕事への考えが全く違う、ということは多いです。
価値観が合わないだけならまだしも、「お局様に気に入られなかったがために業務上必要な情報すら回ってこない」なんてイジメみたいな関係が出来上がってしまっていることも。

仕事場は一日の大半を過ごす場所なので、人と合わないとそれだけでストレスは段違いになってしまいます。
いよいよ身体が受け付けなくなる、となる前に辞めることを考えましょう。

合わせて読みたい

4位:給与が仕事に見合わない・給与が低い

やはり多くの人の悩みになっているのが給与です。

仕事が給与の割に合わない、と感じてしまうと、どうしても仕事への意欲は下がってしまいますよね。
実際の労働時間はそれほどではなくても、責任が重くて「この給料でこんなことまでさせるの?」と感じてしまうと仕事が億劫になってしまいます。

また、給与が極端に低くて、生活がやっていけないというのも問題です。
現代は住むにも食べるにも服を着るのにもお金がかかる時代ですから、その最低限の生活が維持できないような仕事では本末転倒。
きちんと自分にとって守らなければいけない生活ラインに合わせた仕事を探したいですね。

3位:労働時間が長いなど労働環境に問題がある

お金の問題と同じ、またはそれ以上に問題になるのが労働時間や労働環境
生活のために仕事をしているのに、仕事のために生活している、と逆転現象が起こってしまうようなひどい労働環境は実際あります。

ある人の話では、年俸制・みなし残業という雇用契約で、仕事場に1ヶ月ほぼ泊まり込み状態の缶詰、残業代は21時間分しか出ない……なんて話がありました。もちろんその人は仕事を辞めました。

パワハラやセクハラが横行しているような職場でも、働きたくないですよね。
毎日怒鳴り散らしている上司なんかは、同じフロアにいるだけでストレスになってしまいますから、気持ちよく仕事ができる場所を探して辞めてしまう人も多いです。

合わせて読みたい

2位:仕事内容がつまらない・やりがいがない

せっかく手や頭を動かしているのに、疲れるばかりでやりがいを感じられないというのはやはり気持ちが落ち込んでしまうものです。
やはり合うか合わないかという問題になりますが、単調作業が苦手な人にフルタイムで単調作業をさせ続けたら嫌気がさしてしまいますよね。
また、「これは自分がやらなくてもいいのでは?」と思ってしまうと、どことなくやりがいを感じることができなくなってしまいます。

完全に代わりが居ない仕事とは行かないまでも、「必要とされている」とくらいは思えるような仕事をやりたいですよね。

合わせて読みたい

1位:頑張っても正当に評価されない

やっぱり一番つらいのが「正当に評価されない」職場です。
上司の好き嫌いで評定が変わってしまうような職場ではやる気を持って仕事をするのは難しいですよね。先に心が折れてしまう、という声がやっぱり多いです。

真面目にコツコツと仕事をこなしているのに、成果は横取り、なんてことがあると疲れも倍増してしまいます。

「なんのために仕事をしているのだろう」
とふと考えてしまうと、仕事なんて嫌になってしまって当然です。

きちんと評価してくれない、と感じているのなら、会社の評価体制を変えようとするよりはきちんと評価してくれる会社に転職したほうが成功します。
それこそ、徒労に終わってしまってはまた負担がかかってしまいますからね。

スムーズに退職できる仕事を辞める理由の正しい伝え方

仕事を辞める時、正直に「やりがいがないので辞めます」なんて伝えるのは難しいですよね。
変に引き止められて結局退職が長引いたりすると職場でも気まずいですし、余計な負担が増えてしまいます。

それでは、退職する時どんな理由で辞めればスムーズなのでしょうか?

合わせて読みたい

キャリアアップ・やりたい仕事があるなどポジティブな理由を伝える

最もメジャーで角が立たない退職理由は「キャリアアップ」です。
近頃は転職に対する意識も変わりましたし、自分のキャリアのために転職を考える人は少なくありません。

キャリアアップややりたい仕事ができた、などの前向きな理由は「あくまでも私のキャリアのために私が考えたことなので」という線引にもなり、会社を納得させやすいでしょう。

結婚や妊娠といったライフスタイルの変化を伝える

昔は女性が寿退社をするのは一般的でした。
現在、日本での女性の寿退社は働いている女性の退職理由の3割程度で、「結婚で辞める」という人は少なくなりましたが、各家庭によって共働きか家庭に入るかなどは変わりますよね。
また、年齢が高くなればなるほど「女性は家庭に入るもの」という意識をどこかに持っている人も多いですから、申し出て不審がられることはないでしょう。

なので、結婚を理由にするのも戦略のひとつです。
育休取得率の低い会社であれば妊娠を理由に辞めてしまうのも選択肢に入れてください。

一身上の都合で押し通してしまうのもアリ

「一身上の都合により」というのはかなり便利な言葉です。
退職しようとすると必ず理由はきかれるものですが、法的には退職者が申し出れば基本的に会社は退職を妨げることはできません

ですので、どうしてもいい理由が浮かばないという場合は、「一身上の都合」で押し通してしまいましょう。

円満退社のために仕事を辞める理由を伝える際の注意点

どんな職場であっても辞める時揉めたくはないですよね。
揉めて問題になっても疲れるだけですから、無難に乗り切って円満退社が理想です。

それでは、円満退社をするためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

合わせて読みたい

嘘も方便?不平不満は封印して本音と建前をうまく使い分ける

間違っても会社への不満を理由に使うのはやめましょう。

会社の方針にもよりますが、基本的に会社は辞めさせたくないので、不満がわかりやすく出ている場合あちらから改善案を提案して流そうとします。(案を提示するだけで職場環境や人間関係の場合改善されるとは限りません)
本音を言うくらいなら「一身上の都合」のほうが無難です。

合わせて読みたい

まずは直属の上司に相談という体で話す

最初から「退職届を提出して出社拒否」では円満に済むものも円満に行きません。
まずは「辞めたい」ではなく、直属の上司に「相談があるのですが」と話を持っていきましょう。

「お世話になったのですが、〇〇という理由で、✕✕月の退職を考えています」

と丁寧に伝えればOKです。
この時理由を深くきかれると思いますが、絶対に会社に引き止められる隙を与えてはいけません。絶対に辞めるというスタンスは崩さず話をしましょう。
会社への不満が理由と気付かれてしまうと、引き止められると思ったら会社との話し合いが設けられ、最終的に退社時期が伸ばされてしまう恐れがあります。

転職先が決まっている場合は転職先を明言しない

やはり退職するとなると次の仕事までの生活費などが心配になりますよね。
なので、先に転職先を決めてから退職という順序を取る人も多いでしょう。

この際、転職先を上司に訊かれたとしても、転職先の会社は教えないほうが無難です。
もし競合他社への転職であった場合、会社は情報流出を懸念します。教えてしまった場合まず円満退社はできないと思ったほうがいいでしょう。

合わせて読みたい

退職の意思を伝えるのは1~2ヶ月前

退職について話を持っていくのは気が滅入ってしまいますよね。
できれば先延ばししたい……と思ってしまうのは仕方ありません。しかし、円満退社に持っていくには早めの申告が不可欠です。

退職の意思は1ヶ月~2ヶ月前くらいには伝えておきましょう。
退社については就業規則に書いてあることが多いので、自分の雇用契約書を今一度再確認するのもおすすめです。はっきりと期間が書いてあればそれよりも前に伝えるようにしましょう。
何も書いてない場合は1ヶ月前か2ヶ月前くらいが無難です。

合わせて読みたい

働きながら転職活動をしていることがわからないようにする

転職活動をしていることをおおっぴらにするほど摩擦が起こることはありません。

転職活動をしている場合は、絶対会社に見つからないようにしましょう。

有給を使って面接を行く場合でも、正直に「他社の面接があるので休みます」なんて書かないように、「私用」で通してくださいね。
もし会社に転職活動がわかってしまうと、転職先が決まる前に引き止め面接に行けないように業務を増やされるなど何かと邪魔をされてしまいます。
「私用」で有給取得が難しい場合は、冠婚葬祭を理由にするとまずもって邪魔はされないので、冠婚葬祭を理由にしましょう。

退職日までに計画的に引継ぎをする

あとに禍根を残さないために重要なのは自分の業務の引き継ぎです。

退職したあとで会社から業務のことで連絡があることほど気まずいことはありません。
後ろめたい気持ちで退職ということにならないためにも、業務の引き継ぎは早い段階から計画的にしておくことが理想です。

パートが円満に仕事を辞める理由の正しい伝え方

正社員に比べれば比較的気楽に退職できるイメージのパートタイムやアルバイト。
夫や妻が家計の大部分を担っていて自分は補助程度、という方は正社員よりはパートやアルバイトを選ぶことが多いですよね。
パートは正社員ほどきっちりしなければいけないイメージはありませんが、それでも辞める理由に困ってしまうことも多いです。

それでは、パートが円満に仕事を辞めるにはどのような理由を伝えればいいのでしょうか?

合わせて読みたい

配偶者の転勤による引っ越しなどを理由にする

一般的なのは配偶者の転勤についていく、という理由。
寿退社みたいなものですし、本人を引きとめてもどうにもならない理由なので、すんなりと受け入れてもらいやすいです。

ただ、実際転勤はしていなくて、しかも近所のスーパーに勤めていた……となると顔見知りの同僚からすぐにわかってしまう可能性があるので、自分の勤務状況とよく鑑みて使ってください。

親の介護や子供の受験など家庭の事情を理由にする

近所で勤務していた場合でも使える理由としては、「親の介護をしなければいけない」「子どもの受験をサポートしたい」などの家庭の事情があります。

やはり円満に辞めるには手の打ちようのない理由のほうがスムーズなので、外からは踏み込めない家庭の事情を理由にするのが無難ですね。
ただ、辞める前にわかってしまうような理由をつけると、嘘とわかってしまった時に円満退社どころではなくなるので、適当な理由を考えるなら勘付かれにくい理由を考えてみてください。

正社員を目指したいといった雇用形態の変更希望を理由にする

家庭の事情以外で伝えるのであれば、「パートという雇用形態をやめたい」ということを伝えるのも選択肢の1つです。

「正社員を目指したいので違う仕事を探します」と伝えれば、今よりも良い条件を提示しなければ引き止められないのですから、比較的スムーズに辞めることができるでしょう。会社によっては応援の言葉をかけてくれるかもしれませんね。
ただし、「じゃあ正社員に昇格するから残ってほしい」と言われる場合があるので、どうしても残りたくなければ別の理由を探したほうが良さそうです。

辞めたい理由は人それぞれなのできちんと伝えよう

仕事を辞める理由に良い悪いはありません。
前向きな理由でも、ネガティブな理由であっても、辞めたいと思ったなら辞めていいのです。
今回はあくまでも「円満に退社するには」どんな理由をつければいいのか、を重点的にご紹介しましたが、最初に紹介したように、辞めたい理由は人によって全然違います。
もちろん、今回「建前」として紹介したような理由が建前になるのは、その理由で大真面目に退職する人が居るからです。

仕事に対して求めることは千差万別です。
全く我慢しなくていい仕事というのは難しいかもしれませんが、自分に無理がくるほど我慢する必要はありません。

日本でも転職が当たり前の世の中になってきています。
気負いしたり自分を責めたりせず、すっぱりと辞める意思を伝えて、新たな人生に踏み出しましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧