1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 臨床検査技師を辞めたいときは?辞めないほうが良い4つの理由

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

臨床検査技師を辞めたいときは?辞めないほうが良い4つの理由

臨床検査技師を辞めたいと思ったらどうすればいい?

臨床検査技師は他の医療関係の仕事同様に医療業界に不可欠で、社会的地位の高い国家資格です。しかし、やはり他の仕事と同様に大変なことも多く、仕事を辞めたいと感じている人も多いようです。

そこで、現在臨床検査技師をしている人や、将来臨床検査技師になりたいと考えている人のために、臨床検査技師の仕事を辞めたくなった場合の対処法についてご紹介していきます。

臨床検査技師を辞めたくなる理由とは?

安定しており、給料の面でも不足が少なさそうな臨床検査技師の仕事ですが、実際に就いている人には様々な悩みがあります。

その悩みの内容として真っ先に挙げられるのが、ご多分に漏れず「人間関係の悩み」です。他も、国家資格であるがゆえに「勉強を続けないといけない」などの点も挙げられます。それでは詳しく説明していきます。

人間関係が良くないから

「職場の人間関係」はどんな仕事にも付き物ですが、臨床検査技師の場合は「生理機能検査」と「検体検査」に大別され、それぞれに人間関係が異なるのです。

「生理機能検査」は患者さんや他職種の人々で、「検体検査」では同僚です。患者さんや他職種の人よりも「同僚のほうが厄介」と言う人も多くいます。しかしこの点はやはり、他の仕事同様に避けがたいと言わざるを得ません。

勉強することが多すぎるから

医療業界の技術は日進月歩、日々飛躍していきます。その度に臨床検査技師も、最新の情報や知識を更新していく必要があるのです。

知識は、独学ではなく講習会の聴講や症例検討会などに出席することで会得します。人命に関わることなので仕方がないのですが、覚えることが多すぎてへこたれてしまうこともあるようです。

残業が多くて仕事が過酷だから

臨床検査技師の仕事はほとんどが日勤ですが、24時間体制で臨床検査を行う救急指定病院などの大病院もあります。そのため夜勤も必要になります。検査業務が続くと、定時で帰宅するのも難しいようです。

また、勉強会は大抵が休日に開催されます。自分の休みを削ってまでも「病気で悩んでいる人のために勉強したい」という気持ちが無いと、仕事を続ける気持ちを維持するのが厳しいようです。

同時にする仕事が多いから

臨床検査技師は一つの仕事に集中できるように思えますが、病院の規模によっては決してそんなことは無いようです。

例えば、検体を機械にかけながら顕微鏡を覗く作業、データチェックをしながらの電話応対、緊急の輸血検査と血液検査を同時進行でこなす必要があります。

このように臨床検査技師には複数の仕事を同時にこなす処理能力が求められるのです。

自分の努力で昇給しないから

当然のことですが、臨床検査技師だけではなく医療系の仕事は自分の努力次第で給料が上がるわけではありません。どんなに頑張って作業をこなしても給料が上がるわけではないのです。

もちろん年に一度の定期昇給があるので安定している仕事ではありますが、最近は診療報酬の改定もあり経営が不安定になってきている病院も見受けられます。一概に安定的な仕事とも言えなくなってきているのが現状です。

臨床検査技師を辞めたほうがいい場合とは?

臨書検査技師は一般的には待遇面が良くて安定的な仕事ですが、反対にいろいろな課題も抱えています。

臨床検査技師に限ったことではない事例もありますが、身体に支障をきたすようなことがあれば、仕事を辞めたほうが良い場合もあります。

ここでは臨床検査技師を辞めたほうが良い場合について紹介します。

健康面で不安を抱えている人

当たり前のことですが、医療系の仕事に就いている人が不健康なのは本末転倒です。他人の健康を心配する前に自分の健康不安を取り除くことが先決です。

また、病気をしていないことだけが不健康なのではありません。規則的な生活と適度な運動をすることで健康不安は払しょくされます。これができない人は医療系全般の仕事は辞めたほうが良いでしょう。

コミュニケーションを取るのが苦手な人

臨床検査技師は、患者さんと他職種の人、そして同僚との円滑な人間観を築くことが求められます。

そのため独りよがりな自己中心的な性格では、どんなに優秀でも臨床検査技師としては不適格と言わざるを得ません。他人の気持ちを推し量れない人は、人命に関わる重大なミスを引き起こす可能性が高いからです。

コミュニケーションを取るのが苦手な人は、臨床検査技師は辞めたほうが良いでしょう。

手先が器用ではない人

臨床検査技師は様々な医療器械の操作もします。医療器械は繊細なため、手先を器用に使う必要があります。不適切な言葉かもしれませんが、“不器用”な人には臨床検査技師は向いているとは言えません。機械を壊してしまう可能性が高いからです。

また、そそっかしい人も同様に臨床検査技師は向いていないと言えます。臨床検査技師には慎重さと丁寧さが求められるからです。

細かいことに気を使えない人

臨床検査技師は、血液や尿、髄液、便、痰などの状態を細かく検査する仕事で、少しの見逃しも許されません。細かい数値の変化を発見し、患者さんの身体の異常に気づかなければいけません。標本づくりもあります。

そのため大雑把な、細かいことに気を使えない人には臨床検査技師の仕事は務まりません。神経質すぎるくらいの性格が丁度よいくらいです。そうではない場合は辞めたほうが良いでしょう。

向学心のない人

医学は日進月歩の世界です。常に技術や情報が更新されていきます。そのため臨床検査技師も知識をどんどん吸収していかなければなりません。

勉強会は休日に行われることもあるため、これを「休みだから面倒くさい」と感じる人は向学心のない人だと言わざるを得ません。

患者さんのことを考えて知識を習得するモチベーションのある人でなければ、臨床検査技師は辞めたほうが良いでしょう。

臨床検査技師を辞めてよかった人のエピソード

臨床検査技師の仕事は社会的意義のある大切な仕事ですが、人には向き不向きがありますし、仕事よりも大切にしなければいけないこともあります。自分の身体を壊したり、家族との関係にも亀裂が生じたりするようでは本末転倒です。

ここでは、臨床検査技師を辞めて良かったという人のエピソードを紹介します。

家族と過ごす時間が取れるようになった

最も多い臨床検査技師を辞めて良かったエピソードは、「残業が減ったので家族と過ごす時間が増えた」という内容です。

40代の男性は、臨床検査技師時代は朝早くに出かけて帰宅は深夜近く、休日も勉強会に参加することが多く、家にいる時間が少なかったと言います。

しかし転職したことで子供の夏休みなどに合わせて一緒に出掛けることができ、家族との大切な時間を過ごせるので転職して良かったと述べています。

パワハラから解放された

臨床検査技師になって一年足らずで退職した20代の女性はパワハラに悩まされていました。人格を否定するような発言もあったそうです。

先輩たちはうまくかわすコツを知っていたため、直接の被害はなかったそうです。“言いやすい”女性に当たっていたのです。

現在はアパレル関係の仕事に就いているそうですが、パワハラから解放されたこともあり、資格を無駄にしたことは後悔していないそうです。

人間関係の大変さから解放された

職場で孤立感を深めた30代の女性は、苦手なコミュニケーションから解放されたことを辞めて良かった理由に挙げています。

病院によってはチーム体制の強化のためコミュニケーションを重要視しているところもあります。そのため上手にコミュニケーションが取れないと孤立してしまうようです。

この女性は現在ヘルパーとして働いており、高度なコミュニケーション力が不要なことに安堵しています。

臨床検査技師を辞めないほうがいい場合とは?

臨床検査技師を辞めたほうがいい場合がある一方で、辞めないほうが良い場合もあります。

その人自身の性格や、その人が置かれている状況によって辞めることの良し悪しは異なるので一概には言えませんが、ここでは、国家資格である臨床検査技師を辞めないほうが良い場合について紹介していきます。

社会的地位が安定しているから

臨床検査技師は医療業界に必要不可欠な仕事です。就職は、専門学校などの養成機関で単位を修了し、国家試験を受験します。国家試験の合格率は80%ほどですが、学校の難易度によって異なります。

決して誰でも就ける仕事ではないので、社会的地域が安定しているのです。給与も決して低いわけではありません。多少の不満に目をつぶれるのでしたら、簡単に辞めてしまうのは得策ではありません。

人間関係は職場を変えれば良いから

人間関係の悩み、そしてモラハラやパワハラ、セクハラなどは臨床検査技師の世界だけに起こることではありません。どんな業種の職場でもあり得ます。

そのため、臨床検査技師の仕事が嫌いではないのでしたら、臨床検査技師を辞めるのではなく、現在の職場を変えてみましょう。

相性の合う上司や先輩、同僚に出会い、人間関係の悩みが解決するかもしれません。

時間が解決してくれるから

新卒者が陥りがちなのが「自分にこの仕事は向いていない」という思考です。これは臨床検査技師だけではなく、どのような仕事にも当てはまります。仕事の面白みが実感できていないためです。

仕事ができないことで上司や先輩から叱責されるのは仕方がありません。慣れてくれば叱責されることもなくなるでしょう。

パワハラなどの嫌がらせを受けているのでなければ、少し時間をおいて様子を見てみましょう。

やりがいを感じているから

臨床検査技師自体の仕事に魅力ややりがいを感じているのでしたら、もちろん辞める必要はありません。残業の多さや過酷な仕事内容、コミュニケーションの難しさなどの課題はありますが、多かれ少なかれこう言った課題はどんな仕事にも付き物です。

志を抱いて臨床検査技師になったのですから、途中で諦めることなく全うする覚悟で頑張りましょう。きっと満足のいく結果を得られるはずです。

臨床検査技師を辞めずに続けてよかった人のエピソード

現在、臨床検査技師の職に就いている人々は、色々な悩みながらも働いています。辞める選択をした人がいる一方で、辞めない選択をした人もいます。

人間の思考は偏ると周りが見えなくなってしまい、後悔することもあります。そのため様々な意見を聞いて確実な判断をしましょう。

ここでは「辞めなくて良かった」という人のエピソードについて紹介します。

勉強したことが役立ったとき

臨床検査技師の仕事も日々の勉強が求められます。難しくて膨大な量の勉強が必要になりますが、「学んだことが生かされて良かった」という人もいます。

30代男性は、勉強会で学んだ直後後に症例の患者さんを担当することになり、知識が役立って嬉しかったと述べています。こういったことがやりがいにつながっていくので、前向きに取り組むのは素晴らしいことなのです。

不況でも安定感を実感できたとき

診療報酬の改定で病院の経営難が言われていますが、それでも安定した職業に変わりはありません。「高給とは言えませんが、不況に左右されずに安定した生活を送れます」とは30代の男性です。

臨床検査技師の平均年収は、全国平均値ですが470万円前後と言われています。新卒者の初任給は20万円前後ですが、決して悪いわけではありません。経験を積んで50歳くらいになると700万円近くになる人もいます。

病気の早期発見ができたとき

次は、仕事の根幹にかかわる直接的なことです。やはり患者さんの病気の早期発見につながり「命を助けることができたときは良かった」と勤めて18年の40代女性は述べています。

一人の命を救うことで、その知識やスキルが他の患者さんに応用できることの証明にもなります。大変な苦労があったけど、長年臨床検査技師をしてきて良かったと思えた瞬間だそうです。

臨床検査技師を辞めた人はどこに転職している?

臨床検査技師を辞めることになった場合は、次の就職先も考えておかなければいけません。ただし、せっかく勉強して得た医療系の知識です。「医療業界はもう嫌だ」というのでしたら別ですが、そうでないならば転職に活かさない手はありません。

ここでは臨床検査技師の資格や知識を活かせる転職先についてご紹介します。

治験コーディネーターに転職する

臨床検査技師の転職先として最も多いのが、治験コーディネーターです。治験コーディネーターの仕事内容は、新薬開発の臨床試験のスケジュール立案や被検者への説明や指導を行います。

資格がないためMRからの転職者も多く、競争が激しい職種とも言えます。しかし、臨床試験の結果を読める臨床検査技師のほうがかなり有利に運びます。土日休みもあり有休も取りやすいので、私生活を充実させることもできます。

臨床工学士の資格を取得して転職する

臨床工学士の仕事は、人工心肺装置などの医療機器を扱います。給与面では臨床検査技師よりも良いとされています。臨床工学士の養成学校で単位を修了し、国家資格を取得します。

臨床検査技師の資格と勉強内容が重複している部分も多いと言われており、合わせて取得する人も多い資格です。臨床検査技師の知識や経験、スキルを存分に活かすことができます。

看護師の資格を取って転職する

臨床検査技師の経験とスキル、そして医療業界での知識を活かすならば、看護師に転職するのもアリでしょう。看護師の専門学校等で勉強し直し、看護師の国家資格を取得する必要がありますが、やりがいのある仕事なので、チャレンジするのは良いことです。

現在看護師養成学校では30代~40代の人も多く、気後れをする必要はありません。むしろ良い仲間ができる可能性が高いでしょう。

医療事務に転職する

臨床検査技師は細かい点に気を付けて地道に取り組む仕事ですが、医療事務も同様の性質です。必要以上の人間関係を煩わしく感じる人にもおすすめです。臨床検査技師であるがゆえの病院独特の人間関係に悩むこともありません。臨床検査技師ほど多忙でもありません。

給与面での不満はあるかもしれませんが、全てが希望通りになる仕事はありません。仕事の優先順位が「気楽さ」にあるのでしたら検討してみましょう。

一般医薬品の販売者に転職する

一般の医薬品を販売するためには、登録販売者の資格が必要となります。薬剤師不足を解消するために2009年に誕生しました。試験に合格した後は、2年間の実務経験が必要です。

臨床検査技師の分野からは少し逸れますが、医学の知識が必要なため、臨床検査技師であればそれほど難しい勉強ではありません独立して働くことができるので、上司や医師の顔色をうかがう必要もありません。

臨床検査技師は働いてみないと分からない問題も多い

臨床検査技師の仕事も、他の医療系の仕事と同様に過酷な面もあります。しかし、病院によっては勤務形態や仕事内容が異なります。また、人間関係も働いてみないと分かりません。

一つ言えるのは、臨床検査技師は医療業界において不可欠な仕事だということです。他の業種に転職するのも良いですが、色々な人の話も参考にしてからにしましょう。

ランキング

記事一覧