1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事がつまらない
  4. 仕事がつまらない人に送るとっておきの対処法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事がつまらない

仕事がつまらない人に送るとっておきの対処法

なぜ仕事がつまらないのか考えてみる

今の仕事がつまらないけど辞める勇気や転職活動をする気力はないと感じている人が多くいます。楽しくないからだらだら仕事をして、周りから「社内ニート」などと呼ばれてしまった日にはどんどん負の連鎖になってしまいます。表には出さなくても、モチベーションが失われていき毎日が辛いという人もいるかもしれません。

一度、仕事がつまらないと感じてしまったら、自分ひとりの力ではやる気を取り戻すことは困難です。そこで、「外部からの力を借りて活用をする」という方法があります。自分ではできないなら、外に頼るのです。脳の仕組みとして、人は無意識に楽な方を選択しようとしてしまいます。そこでひとつ、周りの環境をかえてみることで、それが刺激となり気持ちを切り替えるきっかけとなります。まずは仕事がなぜつまらないのか理由を考えてみましょう。以下考えられる理由を紹介しますので、参考にしてください。

合わせて読みたい

とりあえずで決めた仕事だからつまらない

「とりあえず仕事を始めよう。」

今の仕事がつまらないと感じるのは、このように始めたからなのでしょう。例えば、就職活動が上手くいかずあまり入社したいと思っていなかった会社にやむを得ず入ってしまったなどが考えられます。また、就職活動や転職活動であまり深く会社の事を調べず、なんとなく就職したからなども挙げられます。

つまらないと感じるのは、自分がやりたい仕事内容ではないからです。やりたいと希望した仕事をしている場合、やりがいを感じ、つまらないと感じる事は少ないでしょう。しかし、やりたくない仕事だけど給与が良いからなどという理由で選ぶと、楽しいなどと思うわけがないのです。なぜなら生計を立てるために働いているとしか思うことができないのです。

自分のスキルが不足しているためつまらない

自分のスキルが不足しているから仕事がつまらないと感じる事はよくあります。仕事を始めたばかりのころは、右も左もわからず、先輩や上司のフォローがあったとしてもストレスを感じることが多いでしょう。プライドの高い人や弱気な人であればなおさらです。辞めたいと思うこともあるでしょう。このスキルの問題は、通常は経験を積んでいくことで解消していくのですが、未成熟な企業では、理想的な社員教育を行うことができない場合も多く、適切な経験を積まないうちに出来ない仕事を無理矢理押し付けられたり、さらには、追う必要のない責任を負わされる場合さえあります。

ひどい会社だと、社内の必要な人材が辞めないように守るため、新人を盾にすることもあるくらいです。もし、このような場合に当てはまるようでしたら、精神的に追い込まれる前に早めの転職をお勧めします。そうでない場合は相当強い精神力と中長期的な目標を持って、行動していくことが必要でしょう。

合わせて読みたい

評価されないからつまらない

好きで始めた仕事でも、やりたい事も言えず、提案しても経験が浅いからと真剣に聞き入れてもらえないなど、認めてもらえなければ誰だってやりがいを感じられません

また、後輩や経験の浅い人の出世を目の当たりにした途端、どんなに努力をしても報われないと思うようになり、嫉妬の毎日になると思います。そうすると負の連鎖が起き、ますますやる気が失われて、せっかくのチャンスもモノに出来ず、どんなに頑張っても努力すら出来ません。

自分よりも周りの方が認められているのは、自分だけが上司に嫌われているのかと思ってしまうのも、無理はないでしょう。まさか上司に直接原因を聞くわけにもいきませんから、自分ではどうしようもできず、ただただ考えるしかありません。努力は身になると言葉がありますが、何でもかんでもそう上手くはいかないものだと思わされます。

転職を考えてみる

仕事がマンネリ化してつまらない

マンネリ化してしまった日常を打破出来るのは転職かもしれません。若いうちはもしも転職で失敗してもすぐに取り戻せます。そして、その経験が自分の糧となり更なる成長を遂げるでしょう。

生活の中で、最も多くの時間を費やすのが仕事です。そんな中で、長期に渡って同じ仕事についていると、どうしてもルーチンワークとなってしまいがちです。毎日が同じ事の繰り返し。特に、古くからある仕事ならば、それは顕著に感じてしまうと思います。新たな技術が生まれたり、どんどんやり方を刷新出来るような前衛的な会社であればそんな事は思う暇も無いかもしれません。しかし、そうはいかない会社も数多く存在しています。

人間とは常に新しい何かを求める生き物です。それが人類の文化や技術発展の基本となり、我々の現在の生活を支えています。そんな人間の基本欲求を満たすためにも、転職というのは良い選択の一つだと思います。もちろん、転職というのは人生の中でも大きな選択の一つです。中には転職を〈逃げ〉と捉える人も居ると思いますが、そうではないのです。自身のキャリアアップやスキルアップがより良い人生を作ります。

仕事がつまらないと思いながら働くのも忍耐が鍛えられて良いですが、せっかくの人生をもっと楽しみながら過ごす方が何倍も素晴らしいのではないでしょうか。例えば、他の仕事につく事で視野が広がり、色々な側面から物事を捉えられるようになる可能性もあります。自分自身のキャリアアップにもつながります。可能性や自分を信じて、大きな一歩を踏み出してみるのも素敵な事だとおもいます。

転職を考えてみる

仕事内容がつまらない

仕事内容をよく確認せず入社し、仕事内容が楽しくないというという人もいます。例えば、自動車に興味がなく持ってすらない人が、車を扱う会社、または車の部品を扱う会社に入社しても仕事が面白く感じないでしょう。「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、好きなこと・好きなものでなければ仕事についても上達しません。

仕事は愛がなければ楽しくない、という格言がありますが、その通りで自分の携わっている業界や人々に少しでも興味を持っていなければ、仕事はつまらないものになってしまうのです。もし今の仕事がつまらないと感じていて、業界や会社に興味がないのであれば、転職してはいかがでしょうか。

仕事はつまらないけど生計を立てるためにしているなど考えているなら、考え方を変えましょう。仕事をするには、将来につながる理由が必要です。人生で長い時間を費やす仕事についてつまらないと感じているのはもったいないです。仕事に対して充実感を求めることをやめてはいけません。タイミングを見て、自分の仕事を楽しくするために一歩踏み出してみましょう。転職をして環境や仕事を変えることは大きなチャレンジになりますが、今が最悪なら少なくともプラスにはなります。最悪という状況の中で妥協をするのが、一番やってはいけないことです。

自分の仕事に興味が持てず、つまらないと思っている人は仕事との付き合い方について真剣に考えてみましょう。

転職を考えてみる

社会から見て自分のした事が何の役に立っているのか不明

大企業で働いている人は、業務が細分化されているため自分の仕事が世の中から見てどのように役に立っているのかわからない事もあるでしょう。この部分を理解しているとしていないでは仕事に対してのモチベーションの持ち方が変わってきます。自分の仕事の先にはお客様がいることを理解して取り組んだ仕事と、誰のためにやっているかわからない仕事では質もかわってしまうでしょう。

今している仕事が世の中のどんな場面で役に立っているかわからない人は、すぐに上司に聞きましょう。また上司に効くのが難しい場合は自分で調べてみましょう。驚くほど状況は改善さるはずです。世の中の役に立たない仕事など存在しないので、安心してください。

合わせて読みたい

人間関係が上手く行ってないからつまらない

仕事がつまらないと感じる悩みの中で、最も深刻なもののひとつが人間関係の悩みです。

生また環境も育った環境も全く違う人が職場には集まっています。当然、自分と価値観が違う人はたくさんいます。学校であれば、気が合わない人とは関わらないことができますが、仕事である以上そうはいきません。これが関わりが多い先輩や上司などあれば、反発することもできず、ストレスを抱え込んでしまいます。そのため、仕事そのものに不満はなくとも、人間関係によって強いストレスを受けて、楽しさよりも辛さが勝ってしまい限界に達してしまいます

人間関係の問題は、転職する理由としてあげる人が最も多いです。他人を変えようとする事は難しく、労力がかかる上に自分の都合の良いように変わる事などありえません。つまり、自分の努力だけでは現状は変わりません。人間関係の問題が深刻な場合は、すぐに転職をおすすめします。個々人の職歴やキャリアも考えなければいけませんから、タイミングは考えなければいけません。しかし、人間関係のストレスは想像以上に早く私達の心を蝕んでいきます。

対処法は、転職をして環境を変えましょう。自分の今の感情をよく考えて、少しでも「無理だな」と思ったら転職の準備を始めて下さい。まだ入社したばかりだから。今辞めたら短期離職になって不利になるから。など関係ありません。自分の限界を知り、限界が来る前に行動を起こしましょう。

合わせて読みたい

プライベートが上手くいってない

仕事のことばかり考えて自分の時間無駄にしていませんか?生きていく中で、働くということも大事ですが、私生活やプライベートもすごく大事なのです。プライベートで、楽しいことうれしい事 生き甲斐を見つけてこそ、毎日の仕事にも頑張ろうという気持ちになるのです。逆にプライベートで嫌な事があったり、うまくいっていないと感じている時は、仕事すらつまらなく感じてしまった事が誰にでもあると思います。

プライベートであった嫌な事を仕事中に思い出して、何も考える事ができなくなったり、手が止まってしまったりしてしまします。その影響で仕事が思うように進まず、先輩に怒られたりしたらさらに仕事に対するやる気も失ってつまらないと感じてしまうでしょう。

仕事のやる気を支えるのはプライベートです。プライベートが上手くいっていないと仕事に確実に影響が出てしまいます。その影響でつまらないと感じてしまう事があります。

合わせて読みたい

働く意味が明確にない

あなたは働く事について何を大切にしていますか。現在の仕事の環境に不満を抱えている人も多いはずです。自分はなぜこの環境にいるのだろう。何のために仕事をしているのだろう。などと不満が溜まり悩んだりしているかもしれません。

そこで大事になるのが将来のビジョンです。「自分が将来どんな仕事をしていたいのか」がポイントになります。具体的には思いつかなくても将来の夢や希望、理想像などは誰でも持っているでしょう。現在の仕事でそれに繋がるスキルを身に付けられているか。自分にとってこの仕事や職場はメリットがあるのか。ここに焦点を当てて考えることが今の仕事の悩みへの対処に繋がります。視点を変えて、客観的に自分の置かれた現状について考えてみることが必要です。自分の働く意味について今一度考えることをおすすめします。

合わせて読みたい

仕事がつまらない時の対処法

就職後、本来の計画では、都市部でバリバリと仕事をしたかったのに。地方や、はたまた国外へと異動なんて人もいるかと思います。キラキラしていると思っていた仕事も、ルーチンワークが中心で、自分が思い描いていたものとは程遠かったり、やりたい企画が通らず表立った仕事につけなかったりと、やきもきすることもあります。企画書を作成し、自らの足で地道にお客様を訪問したり、未開発な地方を一から地ならしをしたり、コツコツと地味に行なう仕事が多かったりもします。

思いもしていなかった異動も、社会人としての経験値を稼がせ、スキルを磨かせ、幹部候補育成のためということもあるのです。コツコツと頑張っていたことが下積みとなり、やがて大きな表舞台へ。そのための、大切な時間だったりもします。物事が上手くいっていないとき、希望通りにいかない時などはどうしても視野が狭くなりがちです。それでは、見えるものも見えなくなってしまいます。最近、仕事にやりがいを感じなかったり、ルーチンワークに嫌気がさしてきてつまらなくなってしまうのは、今、この時しか見ることができず、先が見えていないからかもしれません

仕事を続けていくうえで、その「仕事がつまらない」を解消する、対処法をご紹介します。コツコツと頑張ってきた時間を無駄にしないためにも、「仕事がつまらない」と感じている人は試してみる価値ありです。

合わせて読みたい

周囲の信頼できる人に相談してみる

集中することなく、受け身の姿勢で仕事に取り組んでいても、自分自身も周りにとっても心地よい空間は作れないでしょう。周りを見回して『効率のいい仕事への取組み」を実行している人はいませんか?長年同じ仕事に取り組んでいると、今までと同じように処理をする習慣がついていると思いますが、それでは仕事も楽しくないと感じてしまいます。今までのやり方を変えのは労力がかかると、何年も同じ進め方で仕事をしている人はたくさんいます。

「仕事が最近つまらない」と感じたら仕事を効率よく進めている人の意見に耳を傾けてみましょう。話を聞くときに、「もっと楽しく効率のいい手段を見つけて仕事に取り組みたい」という姿勢をみせることが、職場の人との関係を円滑にしていくためにも効果的です。今の自分に何が足りないのかを周りから教えてもらい、その人たちの取り組みへの姿勢や成功への道などヒントをもらうことも出来るでしょう。積極的な姿勢を見せるとドンドン仕事の幅も広がっていくと思います。

合わせて読みたい

モチベーションは低いが仕事を続けている人の話を聞く

仕事に対して前向きで、常に活力に満ちた人といると、自分のやる気も上昇する!・・・そんなことはあるでしょうか?そういった人も中にはいるのかもしれません。逆に楽しそうに仕事をしている同僚や上司の側で、かえって自分のやる気はどんどん衰えるばかりという人もいます。

「仕事を続けているのは、生活があるから。趣味や休日を充実させるために、仕方のないこと」
「仕事は嫌いだしできれば辞めたいけれど、お金は必要だし・・・将来を考えて貯金もしなくちゃ」

こういった意見、知人友人の愚痴などで、普段耳にする機会があるかと思います。自分のように、つまらない仕事を頑張っている人もたくさんいるんだな、同じような思いを抱えた人がいるんだと、共感することも大切です。共感できる同僚や知人と時に愚痴を言い合いながらモチベーションを維持する方法もあります。

合わせて読みたい

人間関係が原因の人は「人に期待しない」

人間関係を円滑にするには、相手に対して過度な「期待」をしないことがストレスをためないコツになります。言わなくても分かるだろう、やってくれるだろう、これは常識だからと相手に無意識に「期待」すると、期待通りにならなかったときにストレスとして自分に返ってくるのです。

そして、そのストレスが相手に対しての怒りやイライラとしてあらわれ、ギスギスした人間関係となってしまいます。仕事関係で出会う人たちは、様々な年齢や立場を持ち、それぞれの「個性」や「価値観」「常識」が違います。このことを念頭に置き、自分の常識の中だけで過度な期待をしないことが、心を楽にする秘訣になります。期待をしないことでストレスフリーになり、人間関係も良好になり仕事も楽しんですることができます。

合わせて読みたい

能動的に考え動いてみる

自主的に仕事をするとはどういうことなのか。上司や会社に指示に従って働いているだけでは、仕事が面白くはなりません。

以前に上司から「仕事は自分でつくるものだ」と言われたことがあります。この言葉通り自分で仕事を作ろうとしても仕事が面白くなることはありません。何故なら「仕事を自分でつくれ」と命令され、その通りに動いているだけからです。これは自主的に仕事をしているとは言えません。自主的に動くとは、他に依存しないで自らの意志で進んで仕事をすることです。今目の前にある仕事をなるべく早く終わらせ、空いた時間で自分の出来る仕事をやってみるなどです。

自主的に仕事をすることで面白いと感じると、やる気が生まれます。自分で「やろう!」と思ったことは、例外なく面白いものです。仕事に対する価値観が「面白くないもの」から「面白いもの」に変わると自然と自主的に仕事がしたくなるものです。

仕事が単純作業だけ

毎日同じ事ばかり、単純な作業を繰り返しているとだんだんとつまらなくなってくるのが仕事です。結構こう思っている人は多いのではないでしょうか。もちろん、外面的には出さないにしても内心では意外と少なくないと思います。しかし、そんな仕事を楽しむように考え方を変えてみましょう。人生の1/3を費やすと言われる仕事は、楽しむ事が一番です。

そのためにはまず、家を出る前に小さな目標を決めてしまう事が第一歩となります。例えば、昨日は出来なかったアレを絶対に今日中に仕上げる、だとか、今日のあの作業は一時間以内に終わらせようなどです。このような簡単なもので良いのです。目標を考える事に疲れては、本末転倒ですからね。

それに、その目標をクリアしたらちょっとしたご褒美を設定しておくのも良いと思います。達成感を感じる事は、仕事をこなしていく上で一番の楽しみになっていく事です。小さな目標で、毎日の生活を楽しくハリのあるものにしていきましょう。

自分がやりたい仕事やポジションを洗い出してみる

今されているお仕事はあなたが自身が本当にやりたかった事ですか。仕事とは自分が望んだ道に100%行く事が出来、望んだ自分の姿で今立っていますと言う人は中々いないのではないでしょうか。そんな時に転職をお考えになられる方もいらしゃいますが、今度もあなたが望んだ仕事に付けるとは限りませんよね。どうしたら今の自分のままで仕事にやりがいを見出したり、やりがいなどを持てば良いのでしょうか。

まず、ご自身が好きな事や興味が持てる事やりたかった事はなんなのか考えて見ましょう。そうする事であなたの才能が開花したり社内や仕事で、なりたい自分に近づく事も可能となるかもしれません。仮にあなたが好きな事が文章を書く事だと想定した場合に、社内報と言った物などにかかわって見てはいかがでしょうか。そうする事で貴方の好きな文章を自分らしく表現する事で、周りからも評価が上がりますし何より自分が好きな事をしているので充実感を得られます。この様な事は絵を描く事を趣味とされている方などにも言える事だと思います。その他にも物事のイベント企画などに興味が有る方や、人と接する事が大好きな方など様々な事が有りますよね。

ご自身が何をなさりたいのか考えた後、会社に希望とする部署などが有った場合は移動願を出してみると言うのも一つの手ではないでしょうか。

合わせて読みたい

会社や仕事の全体像を理解する

多くの企業において、1人が仕事として関われる業務は仕事全体の一部にすぎません。自分が行っている業務が、会社全体の中でどんなポジションに位置付けられており、それがどう社会に役立っているのか、それを理解することで今までと違った視点から、目的を持って仕事に取り組めるようになるでしょう。目的がある状態で仕事をすると、1つ1つの業務の細部に目的を意識したアクションをとることができます

逆に、自分の行っている仕事の範囲があまりに狭いと 、仕事の目的やゴール、全体像が全く見えずに、やる気を損なうことにもなりかねません。つまり、自分の行っている日々の仕事が、会社全体の利益へと繋がっていく過程を知り、それがどう実際の社会に役立っているのかをはっきりと知ることが、多くの人において、モチベーションを上げ、より積極的に業務に取り組む意欲を育むことになるのではないでしょうか。

自分の仕事の価値を理解する

アルバイトや新入社員のときは仕事がつまらなくなりがちです。新入社員の時は、任される仕事はコピー取りなどの雑務になりがちです。そのような時には、自分の行う仕事の重要性を意識したり、仕事への完成度を上げることを目標にしてみましょう。そうすることによって、仕事への張り合いが変わってきます。例えば単なるコピー取りの仕事でも「やらされている」と思うのではなく「このコピーがなければ商談には成功しない」と思うようにします。

また、資料の準備を頼まれた時には、関連する資料も率先して集めておいたり、コピーであれば両面コピーにするのかホチキス止めにするのかを事前に確認するなど、依頼者にとって最良のものを提供するように心がけます。些細な仕事にも全力で取り組むことによって、まわりからの評価も確実に上がりますし、何より自分の成長につながります。

自分への投資をしてみる

あなたには趣味や、仕事以外にやりがいのあるものはありますか?趣味を持つことによってプライベートが充実したり、幸せホルモンが分泌されるなど私たちが暮らしていく中でメリットがたくさんあります。

仕事にやりがいが持てず、つまらないと感じるときはありませんか?そんな人には転職するための資格の勉強や、趣味を始めることをおすすめします。目標を持つことによって資格取得に向け頑張ろうという意欲が強く湧いてきたり、仕事は面白くないけど、こっちが楽しいからまあいいか!という前向きな気持ちになることができます。自分へ時間やお金を投資することで、前向きになりましょう。

会社の人間関係がうまくいっていなくても資格取得や趣味などを通じて気の合う人と知り合いになれる可能性もあります。職場の人間関係は複雑だったりもします。ですがそこから少し離れてみることによって新しい考え方や新しい世界が見えてくるかも知れません。自分にあったストレス解消法も知っておくことも重要です。

合わせて読みたい

どんなに些細な事でもいいから目標をたてる

つまらない仕事や集中できないとついだらだら仕事をしてしまい、提出期限や業務時間が迫っているなんてことがよくあります。集中して仕事することで、時間にも心にも余裕も持てますね。集中して仕事をする為にも、いつ・どこで・何も・何時までといったような細かく具体的な計画を立てることがおすすめです。

計画を立てる際には、気分的にも前向きに仕事が出来るように、仕事が計画通りに終了した時のご褒美も考えて計画を立てましょう。長い時間や長い期間かけて行うプロジェクトなどの仕事であれば、この仕事が一息ついたら長期休暇をとって旅行にいくことをご褒美に仕事に励むのもよいです。2〜3時間集中して書類を仕上げなくてはいけないというような短時間の集中が必要な仕事の時は、予定時間より早く終わった時には自分の好きなことをするご褒美の時間にすることを目標に仕事するのもやる気につながるものです。

自分の仕事に意義をみつけてモチベーションをあげる

あなたは「仕事がつまらない」と「仕事が辛い」を同じように見てはいませんか?似ているようでまったく違います。辛いという事は時間が限られて仕事が終わらない、また職場の友人関係などが挙げられるかと思います。堪え難いほどストレスがあるのなら転職や休暇が必要です。

一方、つまらないというのは本当につまらないとは思っていますか?もしかしたらあなたが思っているだけであって、見方を変えれば仕事に対する意識や姿勢が変わるかもしれません。日々仕事の中であなたの変化のきっかけがあるかもしれません。考え方次第で様々なことが変わっていきます。失敗することもあります。逆にチャンスになることもあります。周りのアドバイスを聞くことができます。よって、周囲との人間関係を築くきっかけになります。スムーズに過ごすためにはいい人間関係は必要です。周りの方はあなたの頑張りをみていますし、よく見ている方はあなたのチカラになってくれるでしょう。

仕事がつまらないのは当たり前なのか

楽しさが仕事と無関係であれば、楽しい仕事も楽しくない仕事もあるといえます。ただ、好きこそものの上手なれ、という言葉があるように、楽しい仕事の方が、より成果につながるでしょう。また、人生を楽しむためにも、したくない仕事をするというのは良くないでしょう。今の仕事がつまらないと感じているなら、仕事が楽しいと思える工夫をする、新しく楽しいと思えるような仕事を探す等、方法を探すべきです。

仕事が楽しくなる工夫の一つとして、やりがいを見つけるということが考えられます。中には給料をやりがいの一つとする人もいますが楽しいかどうかとお金がもらえるかどうかは違う話ではないでしょうか。多くの人は、お金がもらえるから「楽しい」のではなく、「いやなことを我慢できる」と感じています。

成長するという意味でも、人生を楽しむという意味でも仕事のやりがいを給料と考えるのは良くないでしょう。実は、給料を仕事のやりがいとしている人はかなり多いようです。働く人の8割近くがやりがいを感じるところは「給料がもらえること」を挙げていました。確かに、お金は大事です。自給自足でもしない限り、生きていくうえで絶対に必要なものです。「給料がもらえること」が仕事のモチベーションになるのは、「給料がなくては生きていけない」という恐れが心の奥底にあるからではないかと思います。多くの人が、仕事はつまらないけれど給料をもらわなくては生きていけないから我慢しよう、と考えて仕事をしている。これが、仕事がつまらないのは当たり前という考えにつながっているのではないかと思います。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧