1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事がつまらない
  4. 仕事がつまらないのは当たり前?4つ対処法を紹介
仕事がつまらない

仕事がつまらないのは当たり前?4つ対処法を紹介

仕事がつまらないと感じる理由

優れた企業に勤務していても、給料が良くて金銭的には安泰でも何か満たされない思いを抱えていませんか。

勤務先が安定していても、やる気が出ない、楽しみを感じない、つまらないなど仕事に関する悩みはつきないです。休日が嬉しくてエンジョイしていても、日曜日の夜から仕事に行きたくないとブルーになった経験は誰でも一度は経験しているはずです。自己啓発本に頼ったりしてその場ではなるほど、と感じても実際にモチベーションをあげたりするのはなかなか難しいものです。

仕事に対するモチベーションが保てない。なぜ仕事に対してつまらないと感じてしまうのでしょうか。このような状況を打破したいと思っている人も多いはずです。まずは、客観的にどこに不満を抱いているかを改めて自分の心と向き合ってみる事からスタートしましょう。ここでは、そのモチベーションの上がらないモヤモヤしている理由を紹介します。

仕事をする場所に拘束されるから

中には独自のオフィスを持っていない会社、例えば、個人事業主の人が1人で運営しているような会社ではオフィスらしいオフィスを持たない会社も少なくはありませんが、その他の企業はほとんどがオフィスを持っています。

そのため大半の企業で働く人々は毎日そのオフィスに出社しなければなりません。仕事とは常に個人プレイではなく社員同士での連携プレイです。なので一つの場所に社員が集まり一緒に仕事をする事は大変重要な事なのです。

ですが、人生の限られた時間の中の貴重な時間を通勤時間に割くというのは、当たり前といえば当たり前のことなのですが、なんだか面白くありません。自宅で仕事ができるような、自分の好きなところで働くことができる人は大変恵まれていますが、そのような人ばかりではありません。時間に拘束され、場所を限定されるような働き方を、おもしろい、たのしいと感じられる訳がありません。

コミュニケーションがうまく取れないから

仕事を始めた時、よく言われるのが、報告、連絡、相談。いわゆる、ほうれんそうというものですが、この報告、連絡、相談、どれか一つでも怠ってしまっては、仕事に支障をきたしてしまいます。インターネットやスマホの普及で現代の日本人はコミュニケーション能力に乏しいと言われています。昔では考えられませんでしたが、今ではLINEで上司に欠勤の連絡をするような新入社員もいると聞いたことがあります。

仕事をする上では、上司も部下も関係なく、ときには部署の垣根も越えて常にお互い密にコミュニケーションを取っていかなければ、必ずどこかでそのしわ寄せがきてしまいます。当然、そのようなコミュニケーション不足の環境下では仕事も円滑には進まず、人間関係もギクシャクし兼ねません。上司も部下も皆んなが気持ちよく仕事ができるように、少しでも楽しくオフィスで過ごせるようにするには、お互いのコミュニケーションがとても大切です。

仕事をする時間を拘束される

会社には基本的に就業規則があり、働く時間を決められています。朝9時に出社し、定時は18時など会社によって様々ですが、ほとんどの企業では1日8時間となっているのではないでしょうか。

会社員として働いている限り、その会社の就業規則に従う必要があり、勤務時間中は自由に行動できません。どんなに好きな仕事でも会社に来る事を強制されて、拘束時間まで決められてしまっては、どうしても「やらされている感」が出てしまいます。そんな仕事を楽しいと思うことができるでしょうか。

例え前日飲みすぎて2日酔いでも、寝不足で眠くても出社しなければなりません。好きな時に休んで、好きな時に出社できる会社など存在しません。

職場の嫌いな人とも上手く接する必要がある

仕事をする上での人間関係はとても重要なものになります。良い人間関係を築くにはコミュニケーションがとても大事になり、仕事を進めていくためにも欠かせません。では仕事でどのようなコミュニケーションが必要かというと報告、連絡、相談がメインとなり、わからないことは質問したり、できない仕事があれば頼むなどしていかなければなりません。

仕事のパートナーや上司や後輩は、自分の好き嫌いで選ぶことができません。ですが、コミュニケーションにより良い人間関係を築くことによって信頼関係が生まれ、困った時には助けてくれるようにもなります。また、上司とも良好な関係を築くことによって出世にも繋がり、給料面にも影響してきます。

苦手な人とも無理して付き合っていかなければいけないのが社会ですが、仕事を楽しめるようにするためにもコミュニケーションを取り良い人間関係を築くのもコツです。

仕事がつまらないと感じた時どうすればいいか?

ここでは仕事がつまらないんだけど仕事をやめたいわけではないんだよなぁ…と感じている人のために、仕事がつまらない時の対処法をご紹介します。

仕事はつまらないけど仕事をやめたいわけではないんだよなぁという気持ちがエスカレートしていくと、仕事のやる気が全くでなくて、毎日の仕事がしんどいけど周りの人に気がつかれないようにするために普段どおり振舞っている人もいるでしょう。

ここで紹介する対処法を試すことによってあなたの毎日が少しでも良いものになり、仕事に対してもポジティブシンキングができるようになることでしょう。それでは、ご覧ください。

転職を考えてみる

ノマド・フリーランスという働き方もある

パソコン一つとインターネット環境があれば、ブロガーやアフィリエイターは世界中のどこにいても仕事ができます。会社に通勤する必要もなく、疲れた顔して重い身体を引きずるように歩くことも必要ありません。フリーランスのような個人で活動し仕事を受注して働いて報酬を受け取ることと同じようなことでしょう。引き受ける仕事の内容によりますが、基本的に仕事を自分自身で選ぶこともできて、働く時間や場所の指定がなければ会社に拘束されることはありません。

そのような働き方をするにはスキルが高くなければいけません。それでも会社からの解放されるには最適な手段になります。「フリーランスになれるのは、特別なスキル、人脈を持っている人だけ」そう思っているのなら、それは間違った考え方です。

今はインターネット上のサービスが充実していて、個人のスキルや知識をお金にできる事を知っていますか?例えば、エクセルやパワポなどのオフィスが得意な人が1時間2000円で教えます!など自分の得意とする分野を人に教えたり、またはロゴの作成やチラシのデザインなど、個人でできる仕事が増えています。

始めのうちは独立は難しいので、まずは副業からはじめてみてはどうでしょうか。

何をやるかよりも誰とやるかを重要視する

ある人は弁護士になりたいと考え、大学在学中にすでに司法試験にも合格していました。にもかかわらず弁護士になる道を選ばなかったのは、法律事務所を訪ねてみて考えが変わったからです。そこで仕事をしている弁護士さんの多くが疲れ切った表情で、活き活きとして仕事をしている様子が見受けられず、人間味が感じられなかったのです。

弁護士という仕事が自分の理想とはかけ離れた印象を持ち、起業を始めようと決心しました。そして現在はネット保険事業に取り組んでいますが、これは決して保険事業に興味があったからではありません。影響力のある投資家の方と縁あって新しいことに挑戦してみようと言われたことがきっかけです。

仕事というのは何であれ信頼関係で結ばれた仲間たちと行うものであり、何をやるかはそのあとについてくるものだと感じています。どんな仕事であっても信頼できる仲間となら可能であり、そういう仲間との出会いが大切だと思います。

社会に爪痕を残す気持ちで仕事をしてみる

若い時には色々な事で悩んだりするものです。「自分は何故生きているのだろう」と哲学的な疑問を持った人も少なくないはずです。友人に訊ねてみたら「そんなの、死ぬ為に生きていると思えばいいんだよ。」と返されました。確かにそうかもしれません。

しかし、死ぬために生きるのはなんだか悲しくありませんか?誰でも一度は死ぬまでに世の中に何か爪痕を残したいと感じた事はありませんか?

世の中に爪痕を残すのはそう簡単な事ではありません。しかし、爪痕を残すつもりで常に目の前の仕事に全力で取り組めば、仕事がつまらないなんて感じないはずです。今の仕事では世の中に爪痕なんて残せないなんて人は、自分の仕事についてもう一度ゆっくり考えてみてはどうでしょうか。

自分にしか出せない「価値」を探し続ける

自分にあった仕事、それは天職とも言いますがそう簡単になれるものではありません。自分の特技は何なのかまたそれを仕事に活かせる事が出来るのか最初に考えなければなりません。自分よりも優れた人間は数えきれないほど存在しますが自分なりの考えをもちどう仕事に活かすかによって見方は大分変わってくると思います。

仕事につくならは大手人気会社に就職したいという気持ちも出てくるかと思います。収入でも大手会社の方が何倍も良いと思います。大企業では雇い人数も多いので自分の特技をあまり使う事もなければ自分よりも何倍も凄い人はたくさんいます。ですが小企業では働いてる人もそれなりに少なく自分の特技が活かせる場所だと思います。やり甲斐があり仕事に対する向上心も身につき頼れる存在へと這い上がれるのが小企業の特徴とも言えます。

転職を考えてみる

ランキング

記事一覧