「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事がつまらない
  4. やりたくない仕事をする時の向き合い方や対処法について
仕事がつまらない

やりたくない仕事をする時の向き合い方や対処法について

やりたくない仕事を続けるとストレスはたまる

もし、職場でやりたくない仕事を割り振られたら、あなたはどうするでしょうか。「そんな仕事はやらないよ」と投げ出すこともできませんよね。特に、社会人になったばかりの新入社員の頃は、その業界の理想と現実のギャップに苦しめられることもあります。

だからといって、すぐに辞めるわけにもいかないでしょう。ここでは、やりたくない仕事をさせられる時の向き合い方や対処法などについてお伝えします。

合わせて読みたい

やりたくない仕事とどう向き合う?

やりたくない仕事をしなければならない時、あなたはその仕事とどのように向き合いますか。その向き合い方によって、つらい気持ちが軽減されることもあります。誰でも苦手な仕事をするのは楽しくありませんが、少しでも楽しく感じられるように向き合うことはできるのです。

何でも、物事はあなたの考え方次第で感じ方が変わってきます。ここでは、そんな嫌な仕事に対する向き合い方についてまとめてみました。

合わせて読みたい

心の中で覚悟を決めながら向き合う

やりたくない仕事をやらされる場合は、覚悟を決めることでストレスに対する耐性を高めましょう。たとえば、嫌いな営業の仕事をしなければならないとします。サラリーマンなら、そんなこともあり得ます。

ノルマを達成できずに憂鬱なら、怒られることに対しても心の中で割り切るのです。たとえ無理やり押し付けられた仕事でも、覚悟を持って臨みましょう。

合わせて読みたい

その仕事を続ける目的を考えて向き合う

辞めたいような仕事であっても、それをやる目的があれば気持ちは安定します。あなたは、将来どうなりたいですか。つらい仕事を続ける先に見えてくるビジョンがあれば、やる意味を見い出せます。

あるいは、愛する恋人との結婚資金を貯めるためと考えるのもいいですね。会社の正社員や公務員として働き、恋人が喜ぶ盛大な結婚式や新婚旅行を実現するためのお金を稼ぐ、そうした目的意識があれば嫌な仕事であってもやる気が出ます。

合わせて読みたい

最初から苦手意識を持たないで向き合う

どのような仕事でも、最初から苦手意識を持たないのがおすすめです。できない仕事と思っていても、やってみたら案外で来たということもあります。それなのに、最初から逃げるような気持ちではもったいないです。

任される仕事を好きになれない場合、イライラした気持ちになることもありますよね。しかし、次第にキャリアを積んでいけば、途中から得意な仕事に変わることもありますよ。

合わせて読みたい

仕事の達成感を感じるようにして向き合う

好きではない仕事をする時には、ついダラダラとして時間がかかってしまうことがあります。その場合には、「この仕事を、大体○時までに終わらせよう」と自分で決めるのがおすすめです。時間内に仕事を終わらせることができれば、心地よい達成感も得られます。

周囲からも、仕事のスピードが速いと思ってもらえるでしょう。なるべく達成感を感じられるように工夫することによって、嫌な仕事も楽しくなることがあります。

合わせて読みたい

みんなが仕事をやりたくないと思う理由ランキング

世の中には、さまざまな職種がありますが、多くの人々が嫌になる仕事もあります。そういう業界は、辞めていく人々が多くて人員の入れ替わりが激しいこともあります。実は、一昔前は人気だった職業も、近年では多くの人にとってやりたくない仕事になっていたりします。

では、みんなが仕事をやりたくないと思う理由には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、それについてまとめてみました。

合わせて読みたい

1位:とにかく給料が低すぎるのでイヤ

就職して一生懸命に働いてきたのに、給料の金額が低いので退職したいという方は多いです。特に、介護などの業界は、そのような傾向があるようです。きつい仕事であっても、ある程度給与やボーナスが高ければ続けられる面があります。

たとえば、エンジニアやプログラマーの仕事は大変ですが、年収が高いので続けている人々は多いです。コールセンターの受付業務なども、時給が高めなのでバイトとしては人気があります。

合わせて読みたい

2位:長時間労働がきつすぎるのでイヤ

長時間労働をするのが嫌いな人は多いです。たとえば、飲食店やホテルなどでの接客業がそれに当たります。居酒屋は、大抵深夜まで営業していますし、ホテルや旅館にしても24時間お客様の世話をする体制があります。

お客様に対して気を遣うので、精神的に疲れるという面もあるでしょう。こうした業界は、人手不足の状態に陥っているため、労働時間が余計に長くなる傾向があり、そのわりには給料が安いというデメリットもあります。

合わせて読みたい

3位:日曜日や祝日などの休日に働くのがイヤ

エステティックサロンや美容院、冠婚葬祭やゴルフ場などでの仕事も、多くの人がやりたくない仕事となっています。その理由は、一般的な会社員なら休みとなる土曜や日曜、祝日なども休むことができないからです。近年は、ゴールデンウィークやお盆でも営業しているところがありますよね。

近年は、年中無休のお店や施設も増えてきています。こうした職種も、忙しくて体力や精神力が必要な割に稼げない仕事です。

合わせて読みたい

4位:達成感ややりがいが感じられないのでイヤ

これだけ頑張って働いているのに、まったく正当に評価されない、という場合にも、やりたくない仕事と感じるようです。特に、男性は仕事の比重が人生の中でもっとも大きいと感じている場合が多いので、頑張りがきちんと評価されないと嫌になります。

昇進や昇給がしっかりなされる会社なら良いのですが、そうでない会社もわりと多いですよね。

合わせて読みたい

5位:理想と現実のギャップがありすぎるのでイヤ

昔は人気の職業だった学校の先生も、近年ではやりたくない仕事の一つになっています。学生時代に、素敵な先生がいて憧れたという人もいるのではないでしょうか。実際には、教師の仕事には英語などの授業をするだけでなく、さまざまな業務があります。

それだけでも理想と現実のギャップに驚かされるわけですが、それに加えて生徒や保護者たちとの人間関係も大変です。なかには、モンスターペアレント的な保護者もいたりします。

合わせて読みたい

どうしても嫌な仕事をやらされる時の気持ちの切り替え方

とても嫌な仕事で、どうしてもこれをやりたくない、ということもありますよね。しかし、職場ではそんな仕事をしなければならないこともあります。そんな時には、上手に気持ちを切り替えることで何とかそれをやっていけることもあるのです。

嫌な仕事を我慢してするのはつらいことですが、考え方を変えることによってやる気も出てきます。ここでは、そんな気持ちの切り替え方についてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

最悪な状況を楽しむように心がける

最悪だと感じる状況でも、「逆に、面白くなってきた」と考えてみましょう。嫌な仕事を楽しんでいる自分に「なりきる」のもいいですね。言葉に出して「面白いぞ」と言えば、脳の中にあるスイッチが自然とオンになります。

そのため、仕事に対する集中力も出てくるのです。「もうダメかもしれない」と思うような失敗をした時にも、この方法は有効です。

合わせて読みたい

机の上などを片付けるようにする

職場の机の上が散らかっていても、大した影響はないと思っていませんか。実は、大きく影響があるのです。人間の体は、目から入ってくる情報が多くなるほど、たくさんのエネルギーを消耗してしまうそうです。そのため、机の上を片付けるだけでも、集中力や決断力が増してきます。

できれば、パソコン上のデスクトップにあるファイルなども、定期的に整理しましょう。そのような習慣が付けば、嫌な仕事もサッと完了する自分になってきます。

合わせて読みたい

不満を考えずその仕事の恵まれた面を見る

やりたくないと思う仕事であっても、恵まれた面は必ずあるものです。たとえば、それが事務仕事なら、机に座ってできるだけでも肉体労働をしている人よりはラクな感じがあります。そう感じたら、「自分はとても恵まれている」と考えることで嬉しい気持ちになってきます。

どんな仕事でも、不満な点ばかり見ていては楽しくなりません。たとえ嫌な仕事であっても、恵まれた面を見つけられれば次第にやる気も出てきます。

合わせて読みたい

青空を見上げるようにして心を癒やす

時間があるなら、窓際へ寄って青空を眺めてみましょう。青空を見上げれば、何となく気持ちが落ち着いてきて、気分が良くなります。実は、色彩心理学によれば、青空の色を見ると神経が落ち着く効果が期待できるそうなのです。

また、青空を見上げるためには、背筋をピンと伸ばす必要がありますよね。この姿勢は、自分に自信を付けられる効果もあるそうなのでおすすめです。

合わせて読みたい

なるべく気分転換できるように心がける

嫌な仕事をしている時は、休憩時間にリフレッシュできるように工夫しましょう。単に休んでゆっくりするだけでなく、何か楽しい気分になることを取り入れるのもおすすめです。たとえば、以前から飲みたいと思っていた新発売のジュースを飲むなどします。

あるいは、会社の庭を少し散歩したりして気分を変えるのもおすすめです。こうしたリラックスタイムを取ることは、決して時間の無駄にはなりません。

合わせて読みたい

好きな人と楽しく会話する時間を持つ

あなたには、会話すれば楽しくなる大好きな人がいるでしょうか。もし、いるなら休み時間に携帯で電話してみるのもいいですね。できれば、あなたを元気づけてくれるような前向きな姿勢を持つ人を選びましょう。

楽しく会話をすれば、脳内ホルモンのエンドルフィンと呼ばれる物質が分泌されるので、精神的にリラックスしてきます。沈んだ気持ちを切り替えるのにも、おすすめな方法です。

合わせて読みたい

ネガティブな思考に陥らないようにする

気の進まない仕事をするのは、誰だって嫌なものです。ところが、なかにはそれだけでうつに近い気持ちになってしまう人がいます。「逃げたい」「死にたい」などと思ってしまうのです。こうした感情は、仕事のできない新人にはありがちです。

スピリチュアルな観点から見ると、このようなタイプの人は要注意です。もし、気分が落ち込みがちだと感じたら、何か楽しいことを思い出して上手に気持ちを切り替えましょう。

合わせて読みたい

好きな仕事をしていくには転職しかない?

このまま嫌な仕事を続けたくない、そう思うならあなたはどうしますか。結局は、転職するしかないのでしょうか。確かに、現在の職場では頭に思い描いている好きな仕事はできないかもしれませんね。

しかし、すぐにその仕事を辞めてしまうのは軽率です。実際には、転職しなくても好きな仕事をするチャンスはあります。ここでは、そのようなことについてまとめています。

合わせて読みたい

大きく成功する人は大好きな仕事をしている

大きな成功をつかむ人物は、必ずといっていいほど大好きなことを仕事にしています。たとえば、Windowsを作り出したマイクロソフト社のビル・ゲイツは、若い頃からプログラミングが大好きでした。また、「ゲゲゲの鬼太郎」を描いた日本の漫画家である水木しげる先生は、漫画を描くことが大好きでした。

このように、大好きな仕事をすると成功する確率はかなり高くなるようです。

合わせて読みたい

あなたがやる気を出せる仕事を探そう

自分にはどんな仕事が向いているのか、あなたは分かっていますか。なかには、社会に出たばかりなのでよく分からないという人もいると思います。仕事の適性を知るには、その仕事に対してモチベーションがアップするかどうかをチェックするのがおすすめです。

つまり、興味がなくてやる気の起きないような仕事はあなたに向いていないのです。あなたが積極的にやる気を持てる仕事を一生懸命に探しましょう。

合わせて読みたい

できれば好きな仕事をするのがおすすめ

誰でも一度は、好きなことを仕事にしたいと思ったことがありますよね。あなたに何か好きなことがあるなら、それを仕事にするのがおすすめです。しかし、時にはそれがいばらの道に続いていることもあります。

好きなことを仕事にできれば幸せですが、それではなかなか生活費を稼げないこともあるのです。それでも、もし好きなことで生活費を稼げるようになるならとても幸せでしょう。

合わせて読みたい

転職は必ずしも必要でない場合もある

もしかしたら、あなたは好きな仕事をするには、転職するしかないと思っているかもしれませんね。しかし、実際には必ずしも転職が必要だとはいえません。あなたが現在勤めている会社の中で、自分の好きな仕事を探すという方法もあります。

仕事というものは、実際にやってみなければ向き不向きはなかなか分かりません。それを考えると、社会に出てさまざまな仕事を経験することにより、本当の適性が分かってくるところもあります。

合わせて読みたい

楽しく仕事のできる職場を見つけるポイント

もし、転職するなら今度は後悔せずにすむ職場を見つけたいですよね。あなたがやる気に満ちあふれて、楽しく働ける職場を探すことが何よりも大切です。そのためには、慎重になって次の会社を探す必要があります。

では、楽しく仕事のできる職場を見つけるには、どのような点に着目すれば良いのでしょうか。ここでは、そのことについてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

社員同士が仲良く楽しく働いているか

楽しく働きたいなら、やはり職場の人間関係が良い方がいいですね。そのため、転職するなら社員同士が仲の良い職場かどうかをチェックする必要があります。できれば、会社での面接の際に、職場の雰囲気も確かめるようにしてください。

辞める社員の多いブラックな職場でないかどうかは、きちんと入社前に確かめるようにしておきましょう。

合わせて読みたい

仕事内容と給与や待遇面が合っているか

なかには、仕事内容がとてもハードなのに、割に合わないような給料しかもらえない職場もあります。しかも、増える仕事を断ることもできないとなると、またすぐに転職したくなってしまう怖れがあります。

そうならないためには、入社前に仕事内容と給料や待遇面が釣り合っているのかどうかもチェックしておきたいですね。もし、フリーランスで働くつもりであっても、この点は重要です。

合わせて読みたい

将来性のある業界や仕事内容であるか

楽しく働ける職場であるだけでなく、その業界の将来性にも着目しましょう。その職種は、10年経っても衰退していないと断言できますか。現在は、楽しく仕事ができる職場であっても、10年以上経てば危ういのであれば転職は控えるのが得策です。

できれば、将来ますます発展していくと考えられる業界に入りましょう。その方が、より安心して働けますよね。

合わせて読みたい

モチベーションの上がる仕事であるか

楽しく働ける職場を探したいなら、自然とモチベーションがアップする仕事を選びましょう。これは、とても大切なことなのですね。いくら給与や待遇が良くても、やる気の出ない仕事に就いてはいけません。

興味のある分野が二つ以上あって、どの職種を選べばいいのか分からない場合もよりやる気を出せる職種を選ぶのがおすすめです。

合わせて読みたい

その仕事を楽しむ工夫ができるか

どのような仕事であっても、楽しく働けるように工夫することができます。たとえば、清掃の仕事であっても、「この施設を利用する人々が気持ちよくいられるように」という目標を持つことで案外楽しくなります。

工夫次第では、苦手な仕事でも楽しく働けるでしょう。楽しく働ける職場を探したいなら、その仕事は楽しくする工夫ができるかどうかも考えてみてください。

合わせて読みたい

社会貢献にもつながる仕事であるか

自分にとってやりがいがあるだけでなく、その仕事でどのような社会貢献ができるのか考えておきましょう。できれば、自分だけでなく他人の幸せも向上するような仕事をするのがいいですね。そうすれば、社会に与えた良い影響がそのうち自分の喜びにもつながります。

仕事で大きな成果を上げる人は、そこまで考えて仕事をしていることが多いのです。

合わせて読みたい

楽しく仕事ができるものを見つけるべき

とにかく、楽しくイキイキと働きたい、みんなそう考えていますよね。そのためには、苦手な仕事よりも楽しくできる仕事を探すようにするべきです。自分にとって最適な仕事は何なのか、自分探しを行っていくのもおすすめです。

それは、自分の内面を探っていく楽しい調査でもあります。自分はどのような人間なのか、何をすることに喜びを感じるのかなど、次第にはっきりと分かるようになりますよ。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧