「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事がつまらない
  4. やりたくない仕事をする時の向き合い方や対処法について
仕事がつまらない

やりたくない仕事をする時の向き合い方や対処法について

やりたくない仕事を続けるとストレスはたまる

もし、職場でやりたくない仕事を割り振られたら、あなたはどうするでしょうか。「そんな仕事はやらないよ」と投げ出すこともできませんよね。特に、社会人になったばかりの新入社員の頃は、その業界の理想と現実のギャップに苦しめられることもあります。

だからといって、すぐに辞めるわけにもいかないでしょう。ここでは、やりたくない仕事をさせられる時の向き合い方や対処法などについてお伝えします。

やりたくない仕事があるときには「ミイダス」で気分転換

仕事をしたくない気分のときは、冷静な判断力がなくなります。衝動的に退職や転職を考えてしまったりと、今後の自分のことを考えた判断ができなくなります。そんなときには気分転換に、市場価値診断ツール「ミイダス」を試してみましょう。

ミイダスでは、簡単な質問に答えていくだけで自分のいまの市場価値=想定年収がわかります。しかも、診断結果を見た後は、そのまま転職活動をスタートできるのです。とはいってもミイダスの転職活動は「待つだけ」です。

チェックポイント

  • 診断後は、ただ待っているだけで企業からスカウトオファーが届く
  • オファーが届いた時点で面談確約。書類選考の結果を待つ必要はなし
  • 「doda」の運営会社であるパーソルキャリアが提供するサービスなので、安心して使える

待っているだけの転職活動ができるので、まだ積極的に動くほどでもないかも……という方には特におすすめです。ぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい

やりたくないと思われがちな仕事ランキング

世の中には、さまざまな職種がありますが、多くの人々が嫌になる仕事もあります。そういう業界は、辞めていく人々が多くて人員の入れ替わりが激しいこともあります。実は、一昔前は人気だった職業も、近年では多くの人にとってやりたくない仕事になっていたりします。

では、みんなが仕事をやりたくないと思う理由には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、それについてまとめてみました。

合わせて読みたい

1位:やることが多すぎるコンビニ店員

コンビニ店員は、高校生や外国人留学生にも間口が開かれている、就きやすい職業ですが、実際に働いてみるととても疲れます。

レジ業務だけでなく、商品管理、スナック類の調理、清掃、宅配便や公共料金の支払い対応、ATMやチケット発券機の管理など、業務が多岐にわたるからです。

また、地域の治安によっては客を選べず、コンビニ店員が大変な思いをすることもしばしばあります。駐車場で騒がれて警察沙汰になったり、酔っぱらいにトイレにこもられたり……。

コンビニ業界の問題はよくニュースでも取り上げられています。店長が本部に反旗を翻したり、24時間営業を辞めたりと、それだけ今まで大変な思いをしていたのが噴出しているということでしょう。

合わせて読みたい

2位:最低時給で働く飲食店スタッフ

飲食店の店員の給与は、たいてい自治体の最低時給か、それに近い金額が設定されています。

客単価500円程度のファストフード店でも、客単価4000円程度の居酒屋でも、店員の扱われ方はあまり変わりません。古くて汚い店でも、高級店に見えるところでも、ホールのアルバイトは最低時給で働いていることがよくあります。

まかないがあったり、働いていて自慢できるような雰囲気の良い店だったりと、メリットも多少はありますが、やはり手元に来る金額が少ないといつかはやりがいに疑問を感じてしまいます

合わせて読みたい

3位:土日祝が中心のサービス業

週休二日制の会社員が休みの日に利用することを見越した、サービス業やレジャー系の仕事は、人生の一時期ならまだしも、長年続けてやりたいと思える人は少ないようです。

土日や祝日、正月、GW、お盆……と、多くの人が休んでいるときに働くのは、どうしても損しているような気になりますよね。それでいて、デスクワークの会社員よりも平均給与は低いため、なおさら納得がいかなくなってしまいます。

その代わり平日に休めるので、同じように平日休みの友達が多かったり、空いている平日にこそ趣味を楽しめるという人は、あまりストレスを感じないかもしれません。

合わせて読みたい

4位:ハードで低賃金の介護職

介護職はいま社会で最も必要とされている職業といっても過言ではありません。しかし、必要なわりに賃金が安いのが問題で、「やりがいだけで頑張れる使命感の強い人」と「勤務地や時間の都合で介護職しか選べなかった人」が就いているという現状です。

勤務先の施設形態にもよりますが、仕事内容はおおむねハードで、夜勤や力仕事があります。利用者さんやその家族を相手にするだけでも大変なのに、職員どうしの人間関係に悩まされることも多いです。

また、よく介護職員の虐待や、介護疲れによる殺人などのニュースがありますが、介護職をしていると他人事ではありません。「あの利用者さん、来ないな」と思ったら、警察沙汰になっていたこともあるのです。

5位:責任が重いのに給与が安い保育士

保育士は、まだまだ目が離せない時期の、免疫力も低く病気になりやすい幼児を預かり、保護者とのやりとりにも気を遣うという、責任の重い職業です。

保育士を目指す若者は毎年一定数いますが、仕事の大変さのわりに給与が低く、離職率が高いので人手不足に陥っていることで有名です。「免許は持っているけれど、もう懲りたのでいまは別の仕事をしている」という潜在保育士が多数います。

少子化対策には必ず必要な職業なのに、国や自治体の対策もなかなか進展していないのが問題です。

こんな仕事やりたくなかった…みんなの体験談

職種にかかわらず、やりたくない仕事をやらなければいけないはめになった体験談をご紹介します。

横柄なお客さんに悩まされた

WEBデザイナー

社長の知り合いの仕事が地雷案件だった

★★★★★★★★★★1

営業さんが取ってきた案件ではなく、社長から直接「知り合いの会社だからWEBサイトを作ってやって」と頼まれたときは大変でした。社長自身がWEBに疎いので嫌な予感がしたのですが、予感的中。WEBでなにができてなにができないのかをまったく分かっていない横柄な相手から、何度も無茶を言われました。

こんなお客さんとは仕事をしたくない!けれど立場上、ぐっとこらえて丁寧に対応しなければいけない……。会社員として雇われていれば、そういう機会はよくあるものです。

しかも、その仕事をして利益が上がったり、自分の評価が上がったりする見込みがなさそうなら、なおさらいやになってしまいますよね。

だまし討ちのように営業ノルマを課せられた

ヨガインストラクター

実質、営業職だった

★★★★★★★★★★1

ヨガの資格を取って、インストラクターを募集している会社に契約社員として入りました。しかし、好きなヨガを仕事にできてうれしいと思ったのも一瞬で、実際はヨガのレッスンをしている時間よりも、生徒を増やすための営業活動をしている時間のほうがずっと多く、だんだん仕事に疑問が湧いてきました。

営業職というのはどうしてもノルマがつきもののため、あまり好まれません。そのため、別の職種として募集をかけ、採用された人材に実質的に営業活動をさせるというのが、どこの会社でもよくある手段になっています。

営業活動は会社の利益のために大切なことですが、会社に騙されたような形で営業をさせられると、仕事がいやになってしまいますよね。

合わせて読みたい

公務員はぜんぜん楽じゃなかった

市役所勤務

公務員は損

★★★★★★★★★★2

東京の大学を卒業してから、地元で公務員になりました。住み慣れた街の地方公務員で、市役所の窓口勤務というのは、周りの人には安泰なように思われています。しかし実際そんなことはなくて、毎日が理不尽なクレーム対応の連続です。地元に住んでいても聞いたことのないレベルの方言を話すお年寄りに、「手続きの仕方がわかりにくい」と一時間も拘束されて、私が話を聞き取れなくて怒鳴られるのです。

理想の仕事に就いたけれど実情は厳しかった、ということはよくあります。公務員はその最たるものかもしれません。「毎年勝手に給料が上がっていく」「ボーナスが必ず出る」「クビにならない」というメリット以上に、大変なことが多いのです。

少なくとも「楽そう」「残業がない」というイメージは、ごく一部の公務員にしか当てはまりません。たいていの仕事は、やりたくない仕事です。

合わせて読みたい

嫌な仕事をやらなければいけない時の対処法

とても嫌な仕事で、どうしてもこれをやりたくない、ということもありますよね。しかし、職場ではそんな仕事をしなければならないこともあります。そんな時には、上手に気持ちを切り替えることで何とかそれをやっていけることもあるのです。

嫌な仕事を我慢してするのはつらいことですが、考え方を変えることによってやる気も出てきます。ここでは、そんな気持ちの切り替え方についてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

最悪な状況を楽しむように心がける

最悪だと感じる状況でも、漫画の主人公にでもなった気分で、「逆に、面白くなってきた」と考えてみましょう。嫌な仕事を楽しんでいる自分に「なりきる」のもいいですね。

言葉に出して「面白いぞ」と言えば、脳の中にあるスイッチが自然とオンになります。

そのため、仕事に対する集中力も出てくるのです。「もうダメかもしれない」と思うような失敗をした時にも、この方法は有効です。

合わせて読みたい

机の上などを片付けるようにする

職場の机の上が散らかっていても、大した影響はないと思っていませんか。実は、大きく影響があるのです。人間の体は、目から入ってくる情報が多くなるほど、たくさんのエネルギーを消耗してしまうそうです。そのため、机の上を片付けるだけでも、集中力や決断力が増してきます。

できれば、パソコン上のデスクトップにあるファイルなども、定期的に整理しましょう。そのような習慣が付けば、嫌な仕事もサッと完了する自分になってきます。

合わせて読みたい

その仕事の恵まれた面を見る

やりたくないと思う仕事であっても、恵まれた面は必ずあるものです。たとえば、それが事務仕事なら、机に座ってできるだけでも肉体労働をしている人よりはラクな感じがあります。そう感じたら、「自分はとても恵まれている」と考えることで嬉しい気持ちになってきます。

どんな仕事でも、不満な点ばかり見ていては楽しくなりません。たとえ嫌な仕事であっても、恵まれた面を見つけられれば次第にやる気も出てきます。

合わせて読みたい

気分転換の仕方にこだわってみる

ストレスの溜まりやすい仕事なら、時間を区切って気分転換の機会を設け、少しでも気分をフラットに保つようにしながら続けましょう。

気分転換というと、お茶やコーヒーを淹れる、喫煙所に行く、社外に出られるならちょっとコンビニで買い物をする、屋上で体を動かす、などの方法があります。

仕事がイヤなときには、こういった気分転換にいつもよりこだわりを持ってみましょう。お茶やコーヒーをちょっといいブランドのものにしてみたり、喫煙所でちょっと話題になりそうな銘柄の煙草に替えてみたり……。

だんだんと、意識が「この仕事を終えたら休憩をどう楽しむか」にシフトしていき、仕事のつらさについて思い悩む比重が減っていくはずです。

合わせて読みたい

会話する時間を持つ

ただでさえやりたくない仕事を、黙々とやっていたら、気分は滅入ってきます。もし話しながらでもできる仕事なのであれば、周りに雑談を振りながら仕事をしてみましょう。日頃話さない人にでも話しかけてみると、思わぬ楽しみが見つかるかもしれません。

休憩ひとつするにも、休憩所にいる他の社員に挨拶プラスアルファの声がけをしてみることをおすすめします。

会話をすれば、脳内ホルモンのエンドルフィンと呼ばれる物質が分泌されるので、精神的にリラックスしてきます。沈んだ気持ちを切り替えるのにも、おすすめな方法です。

合わせて読みたい

ネガティブ思考の人と距離を置く

仕事が嫌だと思っているときには、同じように仕事にネガティブな態度を取る人とばかり付き合うのは避けるべきです。「こんな仕事を課せられる自分は不幸なんだ」という気持ちになってしまい、なんでも周りのせいにするような思考になっていきます。

こういう精神状態のときに付き合うべきは、仕事に対して適度な距離感を取れるクールな人や、何でも面白がれる人です。こういうタイプの人たちであれば、嫌な仕事への接し方についても勉強になることが多いでしょう。

合わせて読みたい

好きな仕事をしていくためにはどうすればいい?

このまま嫌な仕事を続けたくない、そう思うならあなたはどうしますか。結局は、転職するしかないのでしょうか。確かに、現在の職場では頭に思い描いている好きな仕事はできないかもしれませんね。

しかし、すぐにその仕事を辞めてしまうのは軽率です。実際には、転職しなくても好きな仕事をするチャンスはあります。ここでは、そのようなことについてまとめています。

合わせて読みたい

今の仕事を好きになれる余地を探す

大きな成功をつかむ人物は、必ずといっていいほど大好きなことを仕事にしています。Windowsを作り出したマイクロソフト社のビル・ゲイツは、若い頃からプログラミングが大好きでした。「ゲゲゲの鬼太郎」を描いた水木しげる先生は、漫画を描くことが大好きでした。

ひとたび経営者になれば、売上のためには個人的に好きでないことでも手を伸ばしていく必要もあるかもしれませんが、一社員の立場としては、やはり仕事になにかしら好きな部分があってこそです。

今の仕事は、果たして一から十まですべて嫌なことばかりでしょうか。少しでも好きなところを見つけられないでしょうか。過去にやりがいを感じた瞬間、楽しいと思えた瞬間がないか思い出してみましょう

合わせて読みたい

部署異動の相談をしてみる

好きな仕事をするには、転職するしかないと思っていませんか。しかし、実際には必ずしも転職が必要だとはいえません。あなたが現在勤めている会社の中で、自分の好きな仕事を探すという方法もあります。

部署異動をしたほうが自分にとってためになると思うのなら、上司に相談してみましょう。

また、異動願いを出さなくとも、「自分はこういう仕事が得意」「自分はこういう分野を伸ばしていきたい」と日頃からアピールしておけば、自分に合う仕事ができたときに声をかけてもらえるかもしれません。

仕事内容には嫌なところがあっても、会社の体制などに不満がないのであれば、今いる環境を最大限に活かすのが得策です。

合わせて読みたい

転職するなら自分の楽しめる仕事をリサーチしよう

やっぱり今の会社では仕事が嫌で仕方がない、と思うのなら、ストレスを溜め込んで心身の具合を崩さないうちに、転職を考えましょう。

そんなとき、「この仕事がやりたい」と職種決め打ちで転職活動を始めると、門戸も狭くて成功率が低くなります。世の中には自分が知っている以上にさまざまな仕事があるものです。興味の幅は広げておきましょう。

転職情報サイトで、自分の好きな業界にはどんな職種があるか、自分の就きたい職種の周辺には他にどんな似た仕事があるか、調べてみることをおすすめします。

興味を持てる仕事はリクナビNEXTで探そう

リクナビNEXTは、求職者の8割が登録しているという大手転職サイトです。求人情報の数は日本最大級で、全国のあらゆる職種・業種が揃っているといっても過言ではありません。やりたい仕事が決まっているなら、さっそく検索してみましょう。

登録しても電話がかかってきたりはしないので、まだ転職を現実的に考えていなくとも、気軽に登録して情報収集ができます。

合わせて読みたい

楽しく仕事のできる職場を見つけるポイント

もし、転職するなら今度は後悔せずにすむ職場を見つけたいですよね。あなたがやる気に満ちあふれて、楽しく働ける職場を探すことが何よりも大切です。そのためには、慎重になって次の会社を探す必要があります。

では、楽しく仕事のできる職場を見つけるには、どのような点に着目すれば良いのでしょうか。ここでは、そのことについてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

人間関係の問題がなく風通しの良い職場か

楽しく働きたいなら、やはり職場の人間関係が良い方がいいですね。そのため、転職するなら職場の雰囲気をチェックしておきたいものです。

しかし、ちょっと気になるという程度の会社を、部外者が見学できる機会はあまりありません。

そこで、会社の内部事情を知っている転職エージェントを頼ったり、口コミサイトで社員のリアルな声を調べてみることをおすすめします。

企業研究にはキャリコネを活用しよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。

さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。キャリコネのサイトを通して、大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。

合わせて読みたい

仕事内容に対して納得できる待遇か

いくら楽しめそうな仕事でも、給与が割りに合わないのでは、いつか嫌になってしまいます

たとえばアパレル業界などは、若者が憧れる業界なのをいいことに、多くの販売員を最低賃金で雇っています。美容業界も、修行が当然だという空気で、無給の残業が多いことが問題になっています。これでは長続きはしません。

好きな仕事を長く続けたいのなら、少しでも給与に納得のいかないところがあるときは、潔く別の求人を探しましょう

待遇面もやりがいの面も一緒に考えてくれるエージェントを選ぼう

転職エージェントは、悩み相談・仕事紹介・応募書類の添削や面接対策・内定後の条件交渉など、転職に必要なことをすべて代行してくれる便利なサービスです。日々の仕事に追われがちな営業職なら、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

中でもマイナビエージェントは大手老舗サービスであり、全国対応で地方にも拠点を持ち、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。
マイナビエージェントをチェックしてみる

合わせて読みたい

将来性のある業界や仕事内容であるか

楽しく働ける職場であるだけでなく、その業界の将来性にも着目しましょう。その職種は、10年経っても衰退していないと断言できますか。現在は、楽しく仕事ができる職場であっても、10年以上経てば危ういのであれば転職は控えるのが得策です。

できれば、将来ますます発展していくと考えられる業界に入りましょう。その方が、より安心して働けますよね。

業界だけでなく、会社の売上推移もぜひチェックしてみてください。右肩上がりの会社に入れるに越したことはありません。

合わせて読みたい

社会貢献にもつながる仕事であるか

自分にとってやりがいがあるだけでなく、その仕事でどのような社会貢献ができるのか考えておきましょう。できれば、自分だけでなく他人の幸せも向上するような仕事をするのがいいですね。そうすれば、社会に与えた良い影響がそのうち自分の喜びにもつながります。

仕事で大きな成果を上げる人は、そこまで考えて仕事をしていることが多いのです。

「自分は楽しいけれど、社会の役には立っていない」という仕事は、仕事自体がいずれ成り立たなくなる可能性もあるので、趣味にとどめておくことをおすすめします。

合わせて読みたい

やりたくない仕事との向き合い方を自分なりに見つけよう

とにかく、楽しくイキイキと働きたい、みんなそう考えていますよね。そのためには、嫌な仕事の中にも楽しみを見出したり、嫌な仕事を振られないような自分になる必要があります。

今の職場環境でそれが難しいなら、楽しい仕事のありそうなところを目指して、転職活動をしてみましょう。

転職をするにしてもしないにしても、嫌な仕事をきっかけに、自分と向き合う機会ができます。自分はどのような人間なのか、何をすることに喜びを感じるのかなど、自己分析をしてみると、この先の仕事にきっと役立ちます。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧