1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事がつまらない
  4. 仕事が暇でつまらないと感じている人必見。現状を変える6つの行動

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事がつまらない

仕事が暇でつまらないと感じている人必見。現状を変える6つの行動

仕事が暇でつまらないと感じた人がとるべき6つの行動

長時間残業が問題になっている現代ですが、一方で「暇でつまらない」という悩みを抱えている人もいます。たとえば、あなたにもこんなことはないでしょうか。

チェックポイント

  • 毎日単調な作業ばかりで、「自分でなくともできる仕事なのでは?」と思ってしまう
  • 定時を待たずに仕事が終わって、時間を持て余してしまう
  • 繁忙期はやりがいがあるが、閑散期はなんのために出勤しているのかわからない
  • 自分が暇なのは、「無能で仕事を任せられない」と思われているからかもしれない……
  • 手は空いているのに、指示や指導をしてくれる人が誰もいないので成長できない

「暇なのに給料がもらえてラッキー」と思えるのならよいのですが、少しでも向上心のある人は、暇でつまらない現状に疑問を感じているはずです。では、どうすればこの現状を打開できるのでしょうか?ここでは、仕事が暇でつまらないと感じている人がとるべき行動をご紹介します。

合わせて読みたい

仕事がつまらない時こそミイダスで自分の価値を測ってみる

仕事がつまらなくて暇だなと感じているまま過ごしてしまっていては、時間がもったいないですよね。そんな時に試してほしいのが、dodaなどでおなじみ転職大手パーソルキャリアの提供する自己診断ツール「ミイダス」です。通勤中などのスキマ時間に簡単に無料登録ができて、スマホアプリで自分の市場価値が分かります

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • あなたに興味がある企業からオファーが来るので、転職のチャンスが得られる
  • 登録しても電話がかかってきたりはしないので、仕事をしながら気軽に転職活動ができる

仕事が暇でつまらなくても、いざ転職活動をするには勇気がいりますよね。ミイダスはプロフィールを入力することで自分の市場価値がわかり、そのプロフィールを見た企業からオファーが来る仕組みです。オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、転職へのハードルも低くなります。まずはぜひ市場価値診断を試してみてください。

すぐ身近なまわりの人に相談する

職種によっては、仕事が毎日似たようなことの繰り返しで、ダラダラと非効率になってしまうこともあります。これは、仕事が暇でつまらないと感じる要因のひとつになります。

しかし、だからといってダラダラしたままでいるのは危険です。「今の仕事が暇でつまらない」→「ダラダラとやる気のない態度をとってしまう」→「評価が下がる」→「暇でつまらない仕事から抜け出せない」という悪循環に陥る可能性があります。

悪循環から抜け出すためには、周囲の人に相談してみるのも手です。相談するときには、「仕事がつまらない」ではなく、「仕事の効率を上げたい」「もっと発展的な仕事を任されるようになりたい」といった形で、積極性に成長したいという姿勢をアピールしましょう。

社外のプロフェッショナルに相談してみるのも一つの手

社内で周りの人に相談しにくいのであれば、さまざまな仕事を知っている転職のプロフェッショナルに相談してみましょう。利用は無料で、相談したからといって絶対に転職しなければいけないわけではありませんので安心です。

相談してみることで、自分の可能性が広がり転職を考えるようになった人もいれば、意外と今の仕事も悪くないと思えるようになった人もいます。ぜひ客観的な意見を聞いてみましょう。

なんでもいいから目標をたてて仕事をする

暇でつまらない仕事だと、悪い意味でだんだん慣れてくるものです。そして、「どうすればサボりながら楽にこなせるか」と思うようになってしまいます。しかし、裏を返せばそれは「目標」です。効率よく作業をし、予定より早く終わらせて、余った時間を休憩に充てられるようにするというのは、立派な目標になります。

目標があると思うと、メリハリがついて作業への意欲も出てくるものです。気持ちよく早く作業を終了させようという考え方に変わるのです。

暇すぎる場合は辞めるべきなのか考える

暇すぎて自分の存在意義がわからない。あまりにやることがなくて眠気が襲ってくる。こんなに暇な社員を置いておく会社の将来に不安を感じる……。そう思うのであれば、環境を変えることを考えてみるのもひとつの方法です。

暇な仕事の長所は、転職活動がしやすいことです。余暇の時間で情報収集をし、希望の持てる新天地を探してみましょう。周りで暇そうに見える他の社員も、もしかしたら定時後にはどこかの会社に面接に行っているかもしれませんよ。

転職のための情報収集は、求人数が圧倒的に多いリクナビNEXTで

リクナビNEXTは、転職を考えている人の実に8割が登録するという大手転職サイトです。とにかく情報量が多く、求人件数は国内最大級。自分の居住地×希望の職種でちょっと検索しただけでも、幅広い可能性があることに気づけるはずです。あくまでも転職「サイト」なので、エージェントなどのサービスがないぶん、自分のペースで利用できるのもポイントです。まずは登録してみましょう。

無心で仕事をしてみる

仕事が暇でつまらないとはいっても、給料を得るためには出勤しなければいけません。それならば、「忙殺されるよりはマシだ」と思って、深く考えずにとりあえず働き続けてみましょう

働くことの意味や価値、楽しみを無理に見出す必要はありません。大人ですから、仕事に楽しみは必要ないと割り切って、余計なことを考えずにいればいいのではないでしょうか。そのうち何も気にならなくなるかもしれませんし、楽しみなら仕事以外で見つければいいのです。そのように開き直って仕事を淡々とこなしている大人は、意外とたくさんいます

ただ、無気力になって、仕事以外のプライベートな時間すらも楽しめなくなってしまうのはよくない兆候です。うつの可能性もあるので、一度診察を受けてみましょう。

合わせて読みたい

仕事とは関係ない何かを始めてみる

仕事が暇でつまらないのなら、逆に今をチャンスだと思って、仕事以外の新しいことを始めてみてはどうでしょうか。資格の勉強や、スポーツジム通いなど、定時で帰れるからこそできることはたくさんあります。暇でつまらないというのは、つまり仕事に慣れきって心の余裕があるということです。そんな今だからこそ、新しいことにもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

つまらないからといって不用意に転職してしまうと、きっとしばらくは新しい環境に馴染もうとして大変な日々が続きます。ふたたび時間と心に余裕ができるまでには、しばらくかかるでしょう。それなら、今の状況を利用するほうが得だといえます。

合わせて読みたい

自分の役割について考え直してみる

特に新卒やアルバイト採用の場合は、どうしても雑用などが多くなります。誰でもできそうな仕事ばかりで、しかも人の指示を仰がないと何もできないので、暇でつまらなくなってきます。しかし、簡単な作業でも、それは重要なプロジェクトの一部かもしれません。「ただやらされている」ではなく「重要な仕事の一部を任されている」と思うだけで仕事は変わってきます。

たとえばコピー取りひとつにしても、なんのためにそれをするのか考えてみましょう。わからなければ尋ねてみましょう。誰が使うのか?何に使うのか?どういう形になっていれば見やすいのか?「両面コピー」なのか「ホッチキス止め」にするのかといったとこまで考え行動することによって、周りがあなたを見る目が変わります。それが評価につながり、給料アップにもなれば最高ですね。

合わせて読みたい

暇でつまらない職場で働くデメリットとは?

「暇でつまらないけれど、過労死するくらい残業のある職場よりはマシ」……それも一つの考え方です。しかし、仕事というのは人生の多くの時間を費やすものです。仕事に対してポジティブな考え方を持てないまま働き続けることには、相応のデメリットもあります

合わせて読みたい

学生時代の同級生が先に出世してしまいストレスを感じる

盆正月の地元での飲み会や、同窓会などは、違う道を歩んできた同級生との差を見せつけられる場です。メリハリとやりがいのある会社で順調に出世している同級生と、暇でつまらない会社でダラダラと過ごしてきた自分……。「本当は自分だってもっと仕事ができるのに、会社の体制が悪いせいでくすぶっているのだ」と後ろ向きな気持ちになってしまうかもしれません。

人生でついた差はそうそうすぐには埋まりません。きっと同級生に対するコンプレックスは根深いものになっていくでしょう。気にせずにいられればいいのですが、気にしてしまう場合はだんだん人付き合いも悪くなって、友達が減ってしまいます。

合わせて読みたい
転職を考えてみる

スキルアップができない

暇でつまらない仕事でも、長年続ければなんらかの達人になれるかもしれませんが、残念ながらたいていの暇な仕事はスキルアップにつながりません。「長年続けてきたから、もう少し頑張れば給料が上がるだろう」「つまらない仕事だけれど、自分が辞めたらきっと誰かが困るだろう」と思ったとしても、客観的に見るとそれほど価値はないのです。シビアですがこれが真実です。

暇でつまらない会社が、そこそこの給料をくれて一生養ってくれるのならよいのですが、将来どうなるかはわかりません。少しでも自分のスキルに危機感を感じるなら、暇でつまらない職場からは脱出したほうがよいでしょう。

スキルアップできる会社を探してみる

会社に何かあった場合リストラ候補にされる

日本の法律では、会社が社員を解雇するには非常に厳しい条件があります。使えない社員がいても「使えない」というだけの理由ではなかなかクビにできないので、自分から辞めてもらうように仕向けるのが日本の会社の一般的なやり方です。辛い話ですが、「暇でつまらない仕事をずっとやらされている」というのは、会社からの「辞めてほしい」のサインかもしれません。

そのサインに気づかず、あるいは気づいていても開き直って、暇でつまらない仕事を毎日こなして定時で帰る会社員はたくさんいます。しかし、それが許されるのも会社に余裕があるうちです。会社の経営状況が悪くなれば、「辞めてほしい」のサインはより強い圧力に変わるでしょう。あからさまに孤立させられたり、本当にまったく仕事を回してもらえなくなるかもしれません。

合わせて読みたい

今のうちから「転職」を頭の片隅に置いておこう

仕事が暇でつまらない場合にとるべき行動として、「気にせず開き直って現状を維持する」か「向上心を持って仕事に取り組む」という、大きく2つのことを提案しました。しかし、暇な社員をいつまでも置いておく会社は少ないので、現状維持がいつまでできるかはわかりません。また、向上心を持って仕事に取り組んでも、その向上心を会社が受け止めて評価してくれるとは限りません。社員に暇でつまらない思いを抱かせる会社は、きっとどこか欠点があるのです。

そこで、今すぐではなくとも、「いつかは転職」という気持ちでいることをおすすめします。とりあえず転職サイトに登録して、いつでも情報収集ができる状態にしておくとよいでしょう。同時に、企業からスカウトメールの受け取れる転職サービスにも登録しておくとよいでしょう。積極的に自分から行動しなくとも、「この会社の他には新天地が広がっているんだ」と前向きな気持ちになれるはずです。

転職を考えてみる

ランキング

記事一覧