1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事がつまらない
  4. 仕事が暇でつまらないと感じている人必見!現状を変える6つの行動
仕事がつまらない

仕事が暇でつまらないと感じている人必見!現状を変える6つの行動

仕事が暇でつまらないと感じた人がとるべき6つ行動

仕事が暇でやることがなく、つまらないと感じている人は意外と多いのではないでしょうか。毎日単調な作業ばかりだし、定時までには確実に仕事が終わってしまい、時間を持て余す人が実は存在します。

比較的大きな会社で働いている人や、ホワイト企業と呼ばれる会社で働いている人、競合がすくなく昔から市場を独占している会社など、様々な場合があります。毎日忙しく働いている人には怒られそうですが、「バリバリやりがいのある仕事をしてみたい」「忙しく働いてみたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

または仕事が暇でつまらないと感じている現状をなんとかしたいと思っているはずです。そんな人のために、仕事が暇でつまらないと感じている人がとるべき行動をご紹介します。

すぐ身近なまわりの人に相談する

「仕事がつまらない」と感じる原因は人によって様々ですが、「毎日似たような事の繰り返し」というのも大きな要因の1つではないでしょうか。「つまらない」と感じたままダラダラと続け効率は上がらず、周囲の評価は下がり仕事を任せてもらえなくなる可能性も出てきます。悪循環から抜け出すために、周囲の人に相談してみるのも手です。1つの仕事に長く従事すればする程、今までの経験による自負も強く、今になって別のやり方や新しい方法を取り入れる事は難しいかもしれません。

しかし、ここは「仕事の効率を上げたい」といった積極性をアピールする機会にも繋がりますので、自分の気持ちを整理して臨みましょう。相談内容としては、「仕事がつまらないのでどうしたらいいか」という本音を出し過ぎない事が大切です。「何を言ってるんだ」と思われては元も子もありません。また、相談相手も慎重に選びましょう。「この仕事での成功体験」を持つ先輩など最適なのではないでしょうか。「いずれは自分も」というモチベーションアップに直結し、仕事への姿勢の大きな変化が期待できます。

なんでもいいから目標をたてて仕事をする

何か作業のスケジュールを立てる場合、時間を区切ってより具体性をもった作業計画を立てて行うことが大切です。例えば10時から12時の間でお客様の提案資料の作成を終える、といった具合です。しかも作業計画は実際の想定よりも少し短めに終了させるように目標立てて作成することが大変重要なポイントです。2時間かかりそうな作業の場合、1時間半で終了さるというように設定します。

予定より早く終了させることで余った時間を、短時間にできる作業予定であればお茶や一服などの休憩に充てる、あるいは長期のスパンの作業予定であれば休日をとるなどといった、ご褒美に充てることができます。そのためメリハリがついて作業への意欲も出てくるものです。つまりダラダラとなりがちな作業もテンポよく行って、気持ちよく早く作業を終了させようという考え方に変わるのです。

転職を考えてみる

暇すぎる場合は辞めるべきなのか考える

今仕事にやり甲斐が感じられず辞めたいと考えている方。仕事が暇になると眠気が襲ってきますよね?その後もう家に帰りたいなどいつもより時計を見る回数が増えると思います。以前は暇も感じない一流会社に勤めていたのになん仕事が辛くなり辞めてしまい、安定を求めて転職したところ前の会社とは逆転してやり甲斐がが感じられない、など人によって状況は違います。

つまらないと感じる時があっても、ずっと暇ではないと思います。たまに人間関係が上手くいかなかったり失敗が重なったりなど辛い事があったりそれを耐え抜いて楽しさが生まれたり給料をいただいたときには頑張って良かったと思えるとおもいます。辛い事5、楽しい事5の割合で仕事をするのが一番続く秘訣だと思います。自分を変えたいという気持ちで転職を試みているなら良いかもしれませんが辛い事で逃げ出し次の仕事も辛い事があれば直ぐに辞めてしまう癖のようなものがついてしまうでしょう。もう少しよく考え耐えてみるのも1つの手だとおもいます。

転職を考えてみる

無心で仕事をしてみる

毎日の生活のためにはお金が必要です。お金を得るためには、働かなくてはなりません。どんなに行きたくない仕事でも行かなくてはなりません。つまらない、この仕事に何の意味があるのだろうなどと考えていても仕方ありません。生きていかなきゃならないのですから。深く考えるのはやめましょう。

無理やり働くことの意味や価値、楽しみを見出す必要はありません。大人ですから、仕事に楽しいは必要ない、仕事は仕事と割り切って、余計なことを考えず、日々淡々とこなしていけばいいのではないでしょうか。そのうち何も気にならなくなるかもしれませんし、楽しみなら他に見つければいいのです。

ただ、仕事以外のプライベートな時間を楽しむことが出来なくなってしまったら、気をつけてくださいね。もしかしたら、うつ病になりかけているかもしれないので、一度お医者さんに見てもらいましょう。

仕事とは関係ない何かを始めてみる

仕事がつまらないという理由で仕事を変えてしまう人がいるが、それはもったいないことです。仕事がつまらない時こそ、スポーツクラブに通ったり資格取得の勉強をするなど、これまでやりたいと思いつつ始められなかった仕事以外の新しいことを始めるチャンスなのではないでしょうか。

仕事が忙しいと、大変さが勝ってつまらないと感じる余裕がないため、仕事をつまらないと感じるのは今の仕事に慣れきているために手が空いたり余裕ができてしまう状況になるのだと思います。慣れきって余裕がある仕事を辞めてしまうと、新しい仕事や環境に慣れるまでしばらくの間はまた新しいことを始める余裕がなくなってしまったり、余裕を持て余しているうちに「余裕があるのなら…」と新しい仕事を任されてしまうことで再び余裕がなくなり、新しいことを始めるチャンスを逃してしまうかもしれません。つまらないと感じる気持ちに余裕がある今こそ新たな事に挑戦してみましょう。

1つの仕事に対する考え方を変える

新卒の時やアルバイトなどの仕事をしていると雑用ばかりで仕事がつまらなくなりがちです。しかし、心の持ち方一つでただの雑用から仕事仲間から信頼され自分も成長出来る仕事に変わるのです。例えば、単なるコピー取りでもそれは重要なプロジェクトの一部をしているかもしれません。「ただやらされている」ではなく「重要な仕事の一部を任されている」と思うだけで仕事に張り合いが変わります。

更に仕事の質を上げる為には、仕事の完成度を上げることを目標することです。例えば、資料の準備を頼まれたのなら、ただ準備するだけでなく依頼者の事を考え、関連資料を率先して集めたり、コピー一つ取っても「両面コピー」なのか「ホッチキス止め」にするのかといったとこまで考え行動することによって仕事の完成度がぐんっと上がります。些細な仕事も全力で取り組むことで、今の仕事がつまらないものからやりがいに変わり、周りからの評価も確実に上がります。

仕事がなくて暇な職場で働く人のリスクとは?

世の中で言われる過労死問題に於いて毎日始発から終電までの労働や家にすら帰れないような劣悪な労働条件ががこの世には存在します。しかし、メディアで過剰報道されているために多いように見えますが、そんな会社はごく一部です。業界や企業の規模にもよりますが、世の中にたくさんはありません。しかし、その様な条件下で働かざるを得ない環境を国が実感をもって知る必要があるでしょう。

一方、逆に劣悪な環境下ではない場合でも、「自分は恵まれている」「そんな環境では生きていけない」など安心するだけではいけません。ゆるい環境にはそれなりのリスクが存在します。ここでは仕事が暇でつまらないと感じている人のリスクをご紹介します。

学生時代の友達など同期が先に出世してしまいストレスを感じる

自分は仕事が早くできるのに、なぜ他の人間が出世するのか。そう感じたことがある人は多いのではないでしょうか。自分の仕事に満足し勤務時間内に終わらせる努力をしていると考えていると思います。果たして本当にそうでしょうか。

いつまでも仕事を続け残業ばかりしている人間はダメな人間ばかりだと言い切れません。もしかしたら仕事の量だけでいったらあなたより多いかもしれません。仕事ができるから、より沢山の仕事を任せられている有能な人物かも知れません。自分の目では要領の悪い人間だと見えている人は、実は他の人の目には努力家で沢山の仕事を残業してでも仕上げてくれる人間だと見えているかも知れません。自分のできる範囲でしか仕事ができない人は出世しません。自分よりも忙しそうにしている人は、最も出世に近い人物として認識をしていないと、自分はいつまでも出世できない期待されない人間となってしまう恐れがあります。

スキルアップができない

自分を客観視する・・・会社の中でとなると、簡単にできることではありません。

時間に囚われない、激務からかけ離れた部署でも、誰にでもできる仕事ばかりとは限らないし、いろいろな経験ができる部署もあります。ですが、「経験値」ということに視点を集中してみると、激務部署に比べ比較的身につくものが少ないのでは?と考えられます。時間に余裕のある部署ということは、それだけ自分の時間があるということですから、遊びを楽しむのに忙しく、資格取得や、専門知識を磨く事に時間を使う人は少ないのではないでしょうか。資格試験や、経験を積む為に学びの場に出るのは良い事ですが、そうでないとなれば時間を有効活用していることにはなりません。

それに、楽な部署での仕事というのは誰でもこなせる仕事である場合が多く、特殊技術を身につける機会は少ないでしょう。「自分以外の人間が、一体どのくらいの時間で自分と同じレベルの仕事をできるのか」を考えてみて、1〜2か月でこなせるようであれば転職を考えてみてはいかがでしょう。

スキルアップできる企業を探してみる

会社に何かあった場合何かあったらリストラ候補にされる

大手の企業ほど「仕事が出来ず使いずらい」人間を集めた部署がそれとは分からないように存在します。解雇させるのも規制が厳しい国なので簡単にクビにはできません。そういった人達にはクビではなく自分から辞めてもらうのが一番なのですがもちろん簡単に辞めてはくれません。なので会社にあまりに影響が無い仕事を大切な仕事の様にさせますが、当然そのような部署は忙しい訳は絶対に有りません。なぜなら仕事が出来ない人達に残業代を払うのはもったいないからです。しかしそのような仕事でも良いと思っている人は多いです。努力する気持ちが無く、転職もめんどくさい、この会社にこのまま居ればいいと考え、たいした仕事では無くても文句を言わずに働き、決まった時間で帰る人達が多いのです。

そういう人達には経営が良い時は最高の環境ですが、経営が悪くなった時には最悪の環境に変わるでしょう。やる気がなく、向上心も低いので能力も身に付いておらず転職先も紹介して貰えてもなかなか決まらない、やっと転職しても働く時の条件がすごく悪くなったり、転職先でも邪魔者扱いされてしまいます。

少しでもいいから転職を考える

「働いている人達も特に正社員などは自分の意思が弱く仕事に活かすことが出来ないでいる」「会社自体も向上心に欠けていて働いている人の事を大事にしようとしない」

自分を活かせないでいる人達がリストラにあい転職も出来ないそこまでの人間となってしまう可能性は大きいです。今の若者は転職したいという気持ちもあまりないように見受けられます。少し見方を変え新しい第一歩を踏み出してもらいたいです。すると今まで見えなかった自分のスキル、会社の自分の役割など勉強になるはずです。時間はかかりますが将来にきっと役立つはずです。今からでも遅くはないので少しでも転職を考えている方、就職を考えている方はエージェントに会い相談してみましょう。きっとそれだけではあなたの未来は輝くでしょう。

転職を考えてみる

ランキング

記事一覧