1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 失業手当の受給条件とは?より早く・長期間もらうための秘訣

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

失業手当の受給条件とは?より早く・長期間もらうための秘訣

失業手当は条件によって異なる部分が多い

失業手当は支給される金額や期間など、人によってそれぞれ異なります。その違いの原因は退職理由だと言うことができます。自己都合退職か会社都合退職かの違いだけで、3ヶ月の給付制限期間の違いが存在します。

この記事では、これから失業手当の申請を行う人に向けて失業手当を受け取る条件や仕組みを詳しく解説します。正しく条件を理解することで、失業手当を最大限に活用することができるようになります。

合わせて読みたい

失業手当がもらえる条件とは?

失業手当をもらうには、一定の条件を満たさなければなりません。例えば、雇用保険への一定期間の加入や失業状態であることなどが挙げられます。非正規雇用の場合も雇用保険に入っていれば、失業手当を受給することができます。

この章のポイント

妊娠や病気などですぐに働ける状態でない場合、失業手当の受給期間を延長することができます。全く受給できないわけではありません。

合わせて読みたい

雇用保険に一定期間加入している

失業手当を受け取るには、雇用保険に加入していることが大前提になります。会社都合退職の場合、退職日前の1年間に6ヶ月以上加入しておく必要があります。

一方、自己都合退職の場合は退職日前の2年間に12ヶ月以上加入しておかなければなりません。この算定期間中に転職した場合は、加入期間を合算して考えます。この条件を満たさない場合は受給資格がありません。

すぐに働ける状態にある

心身共にすぐに就職活動をして働くことができる状態であることが、失業手当の受給条件になります。加えて、就職して働く意思も必要になります。そのため、失業手当を受け取るには就職活動をしなければなりません。

妊娠・出産・病気・けがなどで働けなくなって退職した場合、失業手当を受け取ることはできません。その代わりに傷病手当を受給したり、失業手当の受給期間を延長してもらったりすることが可能です。

失業中である

失業中でないと、失業手当は支給されません。失業中とは、就職する気があるにもかかわらず定職に就いていないことを意味します。

失業手当の給付制限期間中や受給中にアルバイトをしてもOKですが、勤務日数や時間に気を付けなければなりません。

なぜなら、働き過ぎると就職したと見なされ、失業手当の支給が打ち切られてしまう恐れがあるからです。

非正規雇用でも条件を満たせば受給できる

失業手当は正社員しかもらえないと勘違いされがちです。パート・アルバイト・派遣社員などの非正規雇用の場合も条件を満たすことで失業手当をもらうことができます。

非正規雇用でも、雇用保険に加入しておく必要があります。加入するための条件は、1週間の労働時間が20時間以上かつ31日以上継続して雇用される見込みがあることです。この条件を満たすのであれば、雇用保険に加入したいと伝えてください。

合わせて読みたい

出産・けが・病気などの場合は延長できる

妊娠・出産・けが・病気などのやむを得ない理由で退職した場合、すぐに働ける状態とは言えません。そのため、すぐに失業手当を受け取るのは不可能です。その代わりに、傷病手当や失業手当の受給期間を延長する措置があります。

失業手当の受給期間は、最長で3年間延長可能です。期限内であれば、完治したり子育てが落ち着いたりしたときに就職活動をして失業手当を受給することができます。

合わせて読みたい

失業手当がより早くもらえる条件とは?

会社を退職すると収入がなくなるので、早めに失業手当をもらいたいと考えることもあります。失業手当が支給され始める時期は、退職理由によって大きく異なります。

この章のポイント

自分では自己都合退職だと思っていても、会社都合退職になることもあります。例えば、セクハラやパワハラ、残業が多すぎることが原因で退職した場合です。

自己都合より会社都合の方が早くもらえる

会社の人間関係に悩んでいたり仕事が嫌になって辞めたりした場合、自己都合退職になります。この場合は7日間の待機期間の後に3ヶ月の給付制限期間が設けられます。自己都合退職の場合は当面の生活費を貯金しておかなければなりません。

会社都合退職の場合は、7日間の待機期間が終わればすぐに失業手当を受け取ることができるようになります。会社都合の場合は予期できずに失業するので、救済措置が迅速になっています。

待機期間中はアルバイトをしない

ハローワークで失業手当の手続きを行った後、退職理由にかかわらず全員に7日間の待機期間が設けられています。この期間中は本当に失業状態にあるかを確認するためのものです。

そのため、この期間にアルバイトをすると働いた日数分だけ待機期間が延長されることになります。なかなか失業手当を受け取ることができなくなってしまうので、待機期間中はアルバイトをしない方が良いです。

職業訓練を受ける

自己都合退職の場合は3ヶ月の給付制限期間があり、すぐに失業手当を受け取ることができません。しかし、この決まりには例外があります。それは、失業者が職業訓練を受ける場合です。

職業訓練を受けることになると、その受講日から失業手当が支給されます。そのため、3ヶ月の給付制限期間中に職業訓練を受けることで、他の人と同じように失業手当を受けられるようになります。

特定受給資格者かどうかを確認

特定受給資格者とは、給料の支払いの遅れ・給料の大幅な減額・残業が多すぎる・パワハラやセクハラなどの理由によって退職した人のことを言います。このような場合は、退職の意思が無くても退職せざるをえないでしょう。

このような理由で退職すると、会社側に原因があると考えられます。そのため、自己都合退職とはなりません。自分の退職理由をきちんと確認することが大切です。

特定理由資格者かどうかを確認

特定理由資格者とは、契約期間満了後に更新されない・けがや病気・家庭の事情の急変(家族の介護が必要になった)などが原因で退職した人のことです。これは自己都合退職との線引きが微妙になります

自己都合退職であるが、やむを得ない事情があった場合は特定理由資格者に該当する可能性があります。ハローワークに相談に行くのがおすすめです。認められれば、給付制限期間なしで支給されることもあります。

合わせて読みたい

実際に失業手当をもらうための手続きとは?

実際に失業手当をもらうためには、ハローワークに行って手続きを行わなければなりません。基本的には、すべての手続きがハローワークで行われることになるので管轄のハローワークを確認しておきましょう。

この章のポイント

失業手当をもらうためには、いくつかの段階を踏む必要があります。重要なのは認定日なので、指定された日に忘れずに失業の認定を受けるようにしましょう。

ハローワークで求職の申込み

まずは、ハローワークに行って離職票などの必要書類を提出し、失業保険の受給資格の確認を行ってください。それと同時に、求職の申込みを行います。求職の申込み書はハローワークで渡されます。

このときに、雇用保険受給者説明会の場所と日時を指定されます。この説明会はハローワーク内で開催される場合と近くの会場で開催される場合の2パターンあります。

雇用保険受給者説明会に参加する

指定された日時に必ず雇用保険受給説明会を受けてください。ここでは、失業手当の正しい知識や就職活動について学びます。印鑑・筆記用具・雇用保険受給資格者のしおりを持参しましょう。

この説明会のときに、「雇用保険資格者証」と「失業認定申告書」を受け取ることができます。第1回目の失業認定日を指定されるので、その日に忘れないようにハローワークに行ってください。

失業の認定を受ける

説明会のときに指定された日にハローワークに行き、失業の認定を受けましょう。認定を受けることができれば、失業手当を受給することができます。認定日は1回ではなく、4週間に1度あります。

毎回指定された認定日にハローワークに行って失業の認定を受ける必要があります。そうしなければ、失業手当を受け取ることができなくなってしまいます。

失業手当をより長くもらい続けられる条件とは?

失業中は、できるだけ長く失業手当をもらった方がお得です。ただし、嘘をついてもらい続けるのはNGです。正しい方法で失業手当を活用するようにしましょう。

この章のポイント

失業中は、4週間に1度の認定日を忘れないことが大切です。外せない用事が入ってどうしても行けそうにない場合は、事前に変更の申請を行うことで対応してくれます。

合わせて読みたい

就職活動をして失業の認定を受ける

4週間に1度の認定日に失業の認定を受けることで、失業手当の支給が続行されます。失業の認定を受けるには失業状態であると同時に、きちんと就職活動をしてその実績を残すことが必要になります。

認定日には毎回「失業認定申告書」に就職活動の状況などを記載して提出します。認定を受けるには、2回以上の就職活動の実績が必要です。求人の応募やハローワークでの職業相談も就職活動に含まれます。

アルバイトをする場合は要注意

失業手当の受給中にアルバイトをすることもあるでしょう。アルバイトは禁止されていませんが、週に20時間以上働くと就職したと見なされ、失業手当の支給がストップする恐れがあります。

また、アルバイトをした場合は認定日にきちんと申告しなければなりません。申告をしなかった場合は不正受給と見なされ、支給がストップするだけではなくペナルティを課されることになります。

合わせて読みたい

退職理由を考える

自己都合退職よりも会社都合退職の場合の方が、給付制限期間が無い分長く失業手当をもらうことができます。そのため、自分の場合は本当に自己都合退職なのかどうかを慎重に考える必要があります。

倒産・経営不振によるリストラは会社都合だとはっきりと判断できますが、長時間残業やパワハラ、病気やけがの場合は判断がつきにくいことがあります。ハローワークに相談するのがおすすめです。

条件を理解して失業手当をうまく使おう

失業手当をもらうには、一定の条件を満たす必要があります。条件さえクリアしていれば、非正規雇用でも失業手当をもらう権利があるのです。

自分の状況や退職理由を正しく理解し、できるだけ早く・長期間もらえるように工夫することが大切です。そのためには、様々な条件を理解して一つ一つを確実にクリアしていきましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧