「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事が終わらない。悩んでイライラしている人に知ってほしいこと
仕事辞めたい

仕事が終わらない。悩んでイライラしている人に知ってほしいこと

自分も周りもイライラ。仕事が終わらなくていい理由はない

仕事が忙しくてなかなか終わらない定時を過ぎているのに帰れない…。そう悩んだことはありませんか?

特に、自分も早く終わらせたいのに仕事が終わらなくて上司に怒られることや、飲み会やデートの約束があるのに仕事のせいで帰れなくて泣きそうになる日、またあまりにも悩み過ぎて休みの日にも仕事の夢を見てしまうなど、仕事が終わらないことはデメリットしかありません。

この記事では主に、仕事が終わらないことに悩んでいる人に知ってもらいたいことについてご紹介します。

合わせて読みたい

仕事が終わらない人の特徴

同じ勤務時間で同じ業務内容をしているはずなのに、きちんと時間通りにテキパキこなす人と、どれだけ時間を費やしても不出来な人がいますよね。

やはり誰だって、仕事はスムーズにこなして時間通りに帰れるほうがいいですよね。

しかしそう思ってはいても、なかなか仕事が思うように進まないという時はありませんか?

ここでは、仕事が終わらない人の特徴について見ていきましょう。

合わせて読みたい

段取りが悪い・作業の効率が悪い

仕事が終わらない原因として最も一般的に考えられるのが、単純に仕事を行う段取りが悪かったり、作業を進める効率が悪いという場合です。

優先すべき仕事や早く取り掛かるべき仕事などを何も考えずに業務に取り掛かっていたり、同時に行えばいいことをわざわざ分けて行っているなど、思い当たる点はありませんか?

やるべきことが整理できていなかったり、報告・連絡・相談がきちんとできていないなども作業効率を下げる原因です。

まずは身の回りの整理整頓をして仕事に優先順位をつけたり、どうすれば効率よく動けるかを考えるなどして段取りよくスムーズに仕事が行えるように工夫してみましょう。

合わせて読みたい

ひとりで仕事を抱え込んでいる

仕事でわからないことや困ったことがあるときに、誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまうことはありませんか?特に、わからないことを人に聞かない・人任せにできない性格であったり、人と話すのが苦手な人はそういう傾向がありますよね。

しかしそういう状況の時に誰にも相談しないとなると、仕事が終わらないことだけてはなく大きなミスや失敗につながる可能性もあります。

社会人として、報告・連絡・相談は必ずしなければいけません。一人で抱え込むような状況であれば、相談しやすい人でいいので誰かに協力を求めましょう。

合わせて読みたい

単に実力不足

仕事がなかなか終わらない原因として、単に実力不足の場合もあります。新卒入社で今までに社会人経験がなかったり、新卒でなくても入社したばかりの新人だと、どうしても仕事に不慣れで業務スピードが遅くなってしまいます。

入社したばかりなら、先輩方よりも仕事ができなくて当然です。しかしこれは、仕事に慣れてきたり自らスキルアップを目指すことで改善できます。

無理は禁物ですが、少しでも業務に慣れるように一日一日を大切に過ごしましょう。

合わせて読みたい

気づかないうちに心身に不調がでている

生きている以上ストレスはつきものです。しかしそのストレスをずっと抱えたままでいると、自分でも気づかないうちに心身に不調が出てくる可能性があります。

体が不調だと、どうしてもいつも通りの力は発揮できません。そういった理由で以前よりてきぱき仕事ができなくなってしまう場合があります。また、PC作業のしすぎで目が悪くなって作業スピードが落ちているなども原因としてあげられます。

休日や仕事帰りなど、休める時にはしっかりと休んで疲れをとりましょう。体をしっかりと休めることで、仕事も前向きに取り組めるようになります。

合わせて読みたい

「仕事が終わらない人」から脱却するために

誰でも自分が「仕事の終わらない人」であるのは嫌ですよね。現時点でそうならば、すぐにでもそのポジションから脱却したいものです。

きちんと改善すれば、仕事をスムーズに進められるようになります。ここでは、仕事が終わらない人から脱却する方法を見ていきましょう。

合わせて読みたい

できる人の仕事のやり方を盗む

どの職場にも必ず「仕事ができる人」というのは存在します。ただその人を憧れの眼差しで見るだけではなく、一度そういった人の仕事のやり方を見てみましょう。

仕事ができる人ならではのチェックリストの作り方やメモのとり方があったり、作業を早くするExcelのマクロなどがあるかもしれません。

もちろん人それぞれ作業しやすい方法というのはあります。自分に合った方法を見つけ出し、有効活用してみましょう。

部下や同僚・後輩に頼ることも大切

仕事の量が多く、一人で仕事を抱え込んでしまうときもありますよね。特に自分の会社での地位が上の方であると、気軽に部下や同僚・後輩に頼れないという気持ちもありますよね。

しかしこんな時こそ部下や同僚・後輩に仕事を頼ってみるのも、仕事を効率よく進めるための一つの手です。考え方によっては仕事を頼ることは、頼られた人にとっては自分の成長のチャンスとなります。

一人で抱え込まずに、周りにも頼ってみるなどして工夫していきましょう。

スキルアップのチャンスだと思ってひたすら頑張る

仕事が終わらないということは、それだけ自分の仕事処理能力が低いからだと考えがちです。ですがそれは、逆に考えると自分にとってスキルアップのチャンスにもなります。

今はまだ仕事に戸惑うことも多いかもしれませんが、自分の実力が追いついていないなら今は耐えるべき時期でもあります。この時期を乗り越えることで、仕事にも慣れて会社にとっての心強い戦力になれます。

そのため、自分はできないとネガティブに考えるのではなく「スキルアップしてやる」と前向きに取り組みましょう。

仕事が終わらない原因は会社や職種にあるかもしれない

仕事がなかなか終わらない原因は、全てが自分にあるわけではありません。もともと忙しい職種であったり、人が足りていなかったりなど会社側の原因である可能性もあります。

ここでは、自分自身以外の仕事が終わらない原因を見ていきましょう。

合わせて読みたい

人員に対して業務量が多すぎる

数少ない人員に対して明らかに業務量が多すぎる場合は、必然的に仕事も終わりません。特に常に人手不足の介護業界に携わる介護士やケアマネであったり、やることが多いコンビニのアルバイトなどは、ただでさえ業務量が多いのに加え24時間フル稼動のため仕事自体に終わりがありません

そのため、「これが終わったら終了」という区切りがないため仕事が終わらない原因になります。

こういった場合はダラダラと仕事をこなすのではなく、「ここまでやったら終わりにする」と自分で決めておくことで、ある程度のところで切り上げることができます。

サービス残業・休日出勤・徹夜が当然のような風潮がある

まだまだ日本では、サービス残業や休日出勤・徹夜など、自分のプライベート時間を気にせず会社に尽くすことが美しい・当然というような風潮がありますよね。

特に広告・メディア関係の業種やデザイナーなどは業界自体が夜型のため、どうしても仕事とプライベートのメリハリがつきにくい部分があります。そうなると、きちっと時間で終わる職種に比べて仕事に追われる時間が多くなりがちです。

仕事をするときには必ず時間を気にするようにして、仕事と休みのメリハリをきちんとつけるようにしましょう。そうすることで、ダラダラと仕事をすることもなくなります。

合わせて読みたい

残業できないせいで、定時で帰れるけれど仕事は溜まる

最近はブラック企業などが問題になり、残業はさせないという企業も増えてきています。そのため上記で紹介した例とは逆に、ある程度の残業が必要なのに「残業するな」と言われたり、「ノー残業デー」や「プレミアムフライデー」などが設けられたという企業も多いですよね。

そういった取り組みは残業がない分定時で帰れるため、一見良いことのようにも思えます。

しかし仕事量が減るわけではないので、今まで残業で行っていた業務は溜まる一方です。結果、仕事が追いつかないという事態になります。

会社の方針なら仕方がないですが、周りに業務分担を依頼したり上司に相談するなど解決策を見つけましょう。

不要なルールや制限事項が多い

会社が決めたルールは従わなければいけません。しかし、「このルールは本当に必要なのか」と疑問を抱いたことはありませんか?

あまり必要のないこともいちいち書類を書いたり、業務を行うのに必要な許可をとるために待つ時間が長いなど、無駄としか思えない不要なルールや制限事項があると当然業務の進行の妨げになります。

このようなことで悩んでいる場合は、一度上司や先輩に相談してみましょう。解決の方法を得られる場合もあります。

采配の下手な上司がいる

人それぞれ得意なことや苦手なことはあります。そのことを踏まえて役割分担をすることで、業務がスムーズに進められるようになります。

しかし上司の采配が下手な場合、それぞれの力が発揮できずに仕事が思うように進んでいかない原因にもなります。

自分一人の意見ではどうすることもできませんが、周りの人や先輩に相談してみて、一度上司に役割分担の再編成を頼んでみるなど、できることをしてみましょう。

合わせて読みたい

人の足をひっぱる同僚がいる

自分はきちんと仕事をこなしているのに、仕事仲間に足を引っ張られて業務がうまく進まないということはありませんか?

社会人にもなり、さらに同じ仕事仲間であるにも関わらず人の足を引っ張る人というのは悲しいですが存在します。特に看護師など女性が多くいる職場では人間関係で問題が起こりやすく、わざと仕事を滞らせるような行為をする人もいます。

このように理不尽なことをされた場合は、一人で抱え込まずに上司や先輩に相談しましょう。

仕事の終わらない会社から逃げたいと思ったら

会社が原因で仕事が終わらずに自分のプライベートな時間が持てないという場合は、その会社から逃げたくもなりますよね。

ここでは、そういった心情になった場合はどう行動すべきなのかを見ていきましょう。

まずは上司に相談

まず仕事が終わらずにつらくてどうしたらいいかわからないと感じた時は、一人で抱え込まずに一度上司に相談してみましょう。

一人で抱え込んでいても何も解決はしません。上司に相談することによって、仕事量を減らしてもらえたり、一時的に重要な仕事から外してもらえたりするなど改善策を考えてもらえる場合があります。

もしもいきなり上司に相談するのが難しい場合は頼れる先輩や同僚でもいいので、一度悩みを打ち明けてみましょう。一人で悩みを抱えてしまうと、ネガティブな意見が浮かびやすく良くありません。誰かに相談し、一緒に考えることで解決に近づく良い案が思いつく可能性もあります。

合わせて読みたい

業務改善の提案をしてみる

自分だけでなく会社全体が仕事に追われている場合、会社側のやり方に問題がある場合も考えられます。

そういった状況の場合、一度業務改善の提案をしてみるのも一つの手です。一人で案を提出するのは無謀かもしれませんが、同じ思いを抱えている仲間と一緒に解決策を考えて提案すれば、経営陣も動いてくれる可能性も大きくなります。

まずは周りと協力して、行動してみましょう。大人数で行動することで、その行動が解決への近道となります。

ワーキングマザーは時短勤務・パートの選択も

仕事も頑張っているけれど家では家事や育児にも追われている場合、残業や仕事に追われてクタクタではいられませんよね。

そんなワーキングマザーの方には、思い切って時短勤務やパート・派遣の選択肢も視野に入れることをおすすめします。

もちろん仕事をして収入を得ることは大事ですが、自分に合った働き方というのは必ずあります。一度仕事とプライベートの両立というテーマで働き方の選択肢を増やしてみるのも一つの手です。

合わせて読みたい

それでも解決できなくてつらいなら

様々な手をつくしても、仕事に追われる日々が変わらない場合もあります。しかし、変えられないからと言ってそのままの状況にしておくわけにはいきません。

ここでは、いろいろな手をつくしたけれど改善しない場合の対処法を見ていきましょう。

状況改善の見込みがあるならそれまで耐える

もしも今の状況が永遠に続かないとわかっていて、いつかは楽になる時がくる見込みがある場合はあえて耐えてみるのも一つの手です。

会社によっては、繁忙期とそうでないときの差が激しいところもあります。そのため、繁忙期が終わるまでは頑張ろうと前向きに考えてみましょう。

また会社の方針で人員補充が見込める場合はその時を待つ、国が働き方改革などの策を講じているというニュースもあるのでそれを信じて耐え凌ぐという方法もあります。

先のことを希望を持って見据えることで、前向きに仕事に取り組むことができます。

精神に関わるのほど不調がでたら休職の選択

仕事が忙しくなるにつれ、最近「朝会社に行きたくない」と感じたり「夜寝られない」などの症状が出た場合は、ストレスが溜まりすぎて体からのSOSのサインである可能性があります。

自分の健康より大切な仕事はありません。もしも体に不調が現れ始めたと感じたら、一度仕事を休むことも視野に入れましょう。

思い切って休職をし、ゆっくりと体を休めることがおすすめです。休職が無理でも有給をとるなど工夫して、疲れた体をリフレッシュさせましょう。

合わせて読みたい

最終手段として退職・転職を検討する

会社の方針が変わらない限り自分のプライベートな時間を確保できない、しかも方針がいつ変わるかもわからない…。そんな時には最終手段として退職・転職も検討してみましょう。

何をしても解決しないのなら、自分一人で悩んでいても何もどうしようもありません。また働き口は今の職場一つだけではなく、自分に合った職場も必ず存在します。

そのため、本当に今の状況を変えたいと考えるならば転職や退職の選択肢も考えて行動してみましょう。前向きに取り組むことで、良い結果につながります。

合わせて読みたい

転職を考え始めたらリクナビNEXTに登録してみよう

リクナビNEXTは、転職を考えている人の実に8割が登録しているという大手転職サイト。エージェントサービスではなく、あくまでも求人検索のための情報サイトなので、登録したら電話がかかってきて転職を急かされるようなことはありません。「辞めたいけれどどうしようかな…」という段階でも安心して使えます。大手だけあって、情報量は日本最大級なのもうれしいところ。転職したいと思ったらまずはリクナビNEXTで検討してみましょう。

リクナビNEXTをチェックしてみる

転職をして自分の働く意識を変えるためににできること

自分の働き方を変えるために転職を考えることは、とても良いことです。前向きに考えることで、今の自分よりもさらにスキルアップできる可能性もあります。

ここでは、よい転職をするために知ってもらいたいことを見ていきましょう。

エージェントを利用して転職先の情報を得る

転職を考える場合、自分一人で全てを考えるのではなく、転職サポートのプロであるエージェントを利用するのもおすすめです。

勤務時間を自分に合ったものにするために転職を希望する場合は、早く帰れるかどうかは気になるポイントですよね。しかし、直接企業には聞きにくいことでもあります。そんな時にエージェントを通せば転職先に直接聞きにくいことも聞いてもらえるため、とても心強い味方となります。

転職エージェントを利用して転職先の情報をより多く得ることが、自分の満足する転職ができる鍵となります。

初めてエージェントを使うならマイナビエージェント

もし転職が初めてなら、エージェントサービスの中でも特にサポートが手厚いと評判の、マイナビエージェントを利用してみましょう。エージェントとはいっても人対人のコミュニケーションなので、サービスの品質はその人の人柄や実力に応じたものになります。その点、大手でノウハウの蓄積があり、エージェントの人柄も評価が高いマイナビエージェントは安心です。

マイナビエージェントをチェックしてみる

気になる職場は下見をしてみる

気になる職場があった場合は、ぜひ一度下見に行きましょう。どれだけ企業のホームページや口コミ、文章だけの募集要項を見ても、その職場の実態までは見えてきません。

実際に自分の目で見て現場を把握することで、より具体的にその企業を知ることができます。

見学制度があるならもちろん利用し、そうでなくとも客として偵察してみるのも一つの手です。本来の会社の姿を見ることができます。自分の目で確かめて、転職の際の判断材料にしましょう。

現役社員や退職者の口コミをチェックする

転職先のより細かい情報が知りたい場合は、現在その職場で働いている現役社員や、以前まで勤めていたけれど退職した人などの口コミを参考にするのも良い案です。

会社側が入職希望者に説明するのは、どうしても良い点ばかりになります。実際に働いてみなければ、その会社の悪い点や不満な点が見えてきません。

そのため、一度その職場で働いたことのある人の意見はとても参考になります。良い点も悪い点もありのままの意見を聞くことで、より良い転職活動を行うことができます。

合わせて読みたい

辞めたい意志を今の会社に適切に伝える

転職活動も大事ですが、今の会社にも「辞める」という意志を伝えることは重要です。この部分をあやふやにしてしまうと、あの手この手で言いくるめられて退職させてくれない場合もあります。

それに社会人として、また今までお世話になったお礼としても、退職する際はきちんと理由を説明して意志表示をしましょう。

そうすることで、お互いもやもやすることなく円満退職することにつながります。自分の意見はきちんと伝えましょう。

合わせて読みたい

不安やストレスの溜めすぎは禁物

仕事が終わらなくてつらい、プライベートの時間が確保できなくてどうしたらいいかわからない。そんな状況が続くと、体にはとてもストレスが溜まります。ストレスを溜めすぎると心身ともに悪影響を及ぼし、体を壊してしまう原因にもなります。一度体を壊してしまえば治すのにはかなりの時間を要することもあります。

仕事というのは、人生の中でも長い時間付き合っていくものです。自分にあった働き方を見つけることで、ストレスから解放されて良い人生を送れるようになります。

そのため、無理に今のつらい状況に耐える必要はありません。ぜひ一度、自分の働き方を見直して自分に合った仕事選びについて考えてみましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧