1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 退職をしつこく引き止められる人へ。対策方法とポイントを徹底解説
仕事の悩み

退職をしつこく引き止められる人へ。対策方法とポイントを徹底解説

退職のしつこい引き止めに対応するのは最後の大仕事

退職をするときに避けては通れないのが、上司に退職することを伝えることです。できることなら、すんなりと退職したいですよね。ですが退職をしようとすると、ほとんどの上司が引き止めてくると思って良いでしょう。

では、なぜ上司は退職しようとする人を引き止めるのでしょうか。今回は、「上司があなたを引き止めてくる理由と、その対策法」について紹介していきます。

合わせて読みたい

退職のしつこい引き止めには応じたほうがいい?

退職をしようとすると、上司はあの手この手で、あなたを引き止めにかかってきます。まずは、あなたが「なぜ退職をしようと思ったのか」を思い返してみましょう。

特に急いで辞める必要がないのであれば、給与面で心配しなくて済むので、そのまま働き続ける方が良いでしょう。自己都合の退職は、失業保険の給付も遅いため、給付までの約3ヶ月間は無給となってしまい注意が必要です。

辞めると決めたのなら辞めるべき

引き止めてくる上司は、簡単には退職を許可してくれません。退職を引き止めることは、上司にとっても、あなたにとっても余計なエネルギーを使うために、良いことはありません。上司は様々な引き止め工作をしてくるので、長引かせるほど退職しづらくなってしまうこともあります。

辞めると決めたのであれば、だらだらと先延ばしをせずに、スパッと辞めた方が良いでしょう。

合わせて読みたい

同僚との関係を優先するか、自分を優先するか

あなたが辞めることで、同僚に大きな負担がかかるときは注意が必要です。常に人員不足のような職場では、あなたが先に辞めてしまうことで、「裏切り者」のように扱われてしまう可能性があることは覚悟しましょう。

退職後も元同僚と友好的な関係を続けたいのであれば、退職するタイミングは十分に見極める必要があります。

待遇改善を要求できる

引き止めにあうときは、待遇改善を要求できる絶好のチャンスです。もし提案された内容が、あなたの納得のいくものであるなら、退職を思い留まるのも選択肢の1つでしょう。

ただの口約束になってしまわないよう、書面に残したり、ボイスレコーダーに録音したりして証拠を残すことも大切です。

よくある引き止めのパターンとは?

退職を引き止められると、必要とされているようで嬉しいものですよね。ですが、ほとんどの場合が形だけで、心の底から言っていないことが多いので注意が必要です。どんなにあなたの良いところを褒めてきたとしても、本心は「自分や会社が困るから」という一言に尽きます。

ここでは、よくある引き止めのパターンを紹介します。事前に知っておくことで気持ちを揺らすことなく、きっぱりと断れるようにしましょう。

合わせて読みたい

会社に必要な存在だと言われる

そもそも会社は、不要な人間を雇いません。よほど仕事ができなく、毎日足を引っ張ってしまうような人材でなければ、本来すべての社員が会社に必要な存在であるはずなのです。

上司はあなたのことを、いかにも特別な存在であるかのように言うでしょうが、辞めようとする全員に対して、同じ事を言っていると思って良いでしょう。

繁忙期や人員不足を理由にする

繁忙期を理由に引き止めてくる場合は、それ以外の時期に退職する旨を伝えれば問題ありません。ですが、人員不足を理由にされる場合は少々厄介です。特に、常に人員不足でギリギリ仕事を回しているような職場では、新しい人材が入ってくる時期がいつになるか分かりません。

上司も、本気で代わりの人材を探さないことも多く、ずるずると先延ばしになる恐れがあるので、最初にしっかりと辞める期日を明確にする必要があります。

合わせて読みたい

待遇改善を提案してくる

待遇改善を提案してくる上司はまだ良い方です。ですが、上司から提案してくる場合は、「その場の勢いで言っているだけ」ということもあるので注意が必要です。「待遇改善を約束しても、実際には変わることがなかった」などという話は、よくあることなのす。

「最善を尽くす」などという無責任な言葉を、信じすぎないよう気を付けましょう。

キャリアのアドバイスをしてくる

表現の仕方は、人によって変わってくるかと思いますが、たとえば以下のように言ってくる上司もいます。「今のままでは、他の会社に行っても通用しないから、あと1年くらいは今の会社で、スキルを高めた方がいい」

本当にあなたのことを思って言ってくれている場合もありますが、ただ引き止める口実に言っている場合も多いので気を付けましょう。

脅迫まがいなことを言ってくる

「他の社員のことを考えろ」や「辞めたことで損害が出たらどうするんだ」などと、脅迫めいたことを言ってくる上司もいます。こんなことを言ってくる上司には屈してはいけません。

民法では「14日前までに退職する旨を伝えれば、会社の許可がなくても自由に辞められる」と定められています。あなたには働く会社を選ぶ権利があります意思を強く持ちましょう。

合わせて読みたい

上司が退職をしつこく引き止めてくる理由とは?

上司があなたを引き止める根本的な理由は、基本的には会社の不利益になるからです。社員が一人減ると、それを誰かが補わなければなりません。これはどんなに社員が充実している会社であっても、少しずつあなたがしていた仕事を分担することになります。

ですが、これはすべての会社にも共通することなので、あなたが気にする必要はないでしょう。

合わせて読みたい

社員の育成にコストがかかる

社員を一人を育成するには、膨大な時間とコストが掛かります。あなたの後任者を育てるには、新たに最初から教育しなければならず、独り立ちするまでは指導者の人件費もかかることになります。

後任者が、あなたと同じレベルの仕事ができるようになるまで、会社の業務は遅れることになるため、会社はあなたに辞めてもらっては困るのです。

人員不足で仕事が回らなくなること防ぎたい

ぎりぎりの人数で仕事をしている会社では、一人が抜けることで仕事が回らなくなる可能性があります。社員一人一人の負担が増えるため、あなたを引き止めてくるのです。

また、あなたが抜けたことで、会社の業務スケジュールを組み直す必要があります。他にも上司が人事を兼任している場合は、新たに後任者の面接など、通常業務以外の仕事が増えるので、退職者を出したくないのです。

社内の士気が下がると考える

社員が一人辞めることは、その部署の空気に影響を及ぼします。あなたが優秀で、部署の中心となって働いていたのであれば尚更です。

また、あなたが他の社員達の間に入って、人間関係を取り持っていたのだとしたら、あなたが抜けることで、部署内の人間関係が崩れてしまう可能性もあります。そんなあなたに上司が頼っていた場合、あなたを必死に引き止めようとすることでしょう。

連鎖的に退職者が増えるのを防ぎたい

もし待遇に不満を持つ社員が多い職場なのであれば、あなたが辞めることで連鎖的に辞める人が出てくる可能性があります。一人辞めただけでも他の社員の負担は増えるのに、二人辞めてしまったらどうなるでしょうか。

社員が辞めれば辞めるほど、他の社員の負担が増え、最終的にはすべて上司の責任となるため、退職者が出ることを防ぎたいのです。

自分の評価が下がることを恐れる

部署内で起きたことの責任は、すべて上司がとることになります。あなたという人材が去ってしまうことは、会社にとって不利益です。その不利益の責任は上司にあり、悪い評価に繋がってしまうと考えるため、あなたを必死に引き止めるのです。

特に、上司がみずから面接をして、あなたを採用したのであれば、その傾向は強くなるでしょう。

合わせて読みたい

社長や役員が退職をしつこく引き止めてくる理由とは?

社員の育成にコストが掛かることを恐れるのは、直属の上司よりも社長や役員の方が顕著です。しかし、社内のことだけを気にしていれば良い管理職とは違い、社長や役員といった経営陣は、社外のことにも気を回さなくてはなりません。

経営陣が、あなたを引き止めてくるようなときは、会社の存在自体を心配して引き止めてくるのです。

有能な社員を流出させたくない

あなたの仕事ぶりが優秀であったのならば、そんな人材を手放したくないと思っていることでしょう。ゆくゆくは管理職や役員になってもらうことを、期待していたのであれば、全力で引き止めにかかるはずです。

また、あなたが「ライバル会社に行ってしまうのではないか」という心配をしていることがあります。いずれにせよ、あなたが辞めることは、会社にとって大きな損失なのです。

悪い評判が広がることを恐れる

あなたの退職理由が、職場環境に対する不満だった場合は特に、強く引き止めにあう可能性があります。

悪い噂というものは、あっという間に広がってしまいます。悪い噂のある会社には入りたくないですよね。今は会社の評判をネットで見れる時代です。経営陣は、「悪い噂を流されると、新入社員が減ってしまう」と考えるのです。

合わせて読みたい

離職率を上げたくないと考える

離職率は、多くの就職活動をする人が参考にしているデータの一つです。求人票にどんなに良いことが書かれていたとしても、年間に何人も辞めているような会社は入社したくないですよね。

離職率が高い会社は、新入社員の数も減るので、経営陣は自社の悪い情報が増えることを恐れるのです。

合わせて読みたい

しつこい引き止めに有効な断り方とは?

上司はあの手この手を使って、退職を考え直すように要求してきます。たとえば、残業が多いなど、会社の待遇に問題があることを理由にすると、「改善するから待ってくれ」と言ってくるでしょう。そして、そのままうやむやにされてしまい、いつまで経っても退職できないなんてことにもなりかねません。

大切なのは「上司が反論できる余地を残さない」ことなのです。

きっぱりと断る強い意志を持つ

大前提として、退職する理由を明確にし、きっぱりと断ることが大切です。中途半端な退職理由では、上司から見透かされてしまいます。上司に伝える前に、なぜ「退職したいのか」を、しっかりと自分を見つめ直すと良いでしょう。

あなたの意思が固く、説得をしても無駄だと思わせることができれば、上司もあなたの退職を認めてくれるでしょう。

今の会社にやりたいことがないと伝える

「今の仕事とは違う仕事がしたい」と伝えるのはNGです。違う仕事がしたいと伝えると、違う部署への転属を勧められる可能性があります。どうにかして退職だけは避けようとしてくるわけですね。

もしすぐに退職をしたいのであれば、その会社自体にやりたいことがないと伝える必要があります。まったく違う業種の仕事をしたいと伝えるのも有効な手段でしょう。

持病の悪化を理由にする

病気を理由に退職することも有効な手段です。これは本当に病気でなくても問題はありません。上司は、「何の病気なのか、仕事が続けられないほどなのか」と聞いてくると思いますが、病気は非常にデリケートな問題です。あなたが「病名について話したくない」と言えば、詳しくは追求されることはないでしょう。

ですが、もし退職後も職場の人達との関係を続けるのであれば、バレやすい嘘をつくのは控えた方が良いでしょう。

家族の介護を理由にする

「家族の介護よりも仕事を優先しろ」などと言う人間はいません。これも病気を理由に辞めることと同様に、嘘であっても問題ありません。あなたが嘘をついているかどうか確認することは、基本的には難しいです。

注意点としては、嘘をつくのであれば徹底する必要があります。矛盾点を指摘されないように、「親の介護をする自分」という設定をしっかり作り上げましょう。

家業を継ぐことを理由にする

上司や同僚に、両親の仕事について話していないことが前提となりますが、「親が仕事を引退するから、家業を継ぐ必要がある」と伝えるのも良いでしょう。こちらも会社からは確認することが難しく、退職するには十分な理由です。

仕事内容を聞かれることもありますが、ボロが出ないように必要以上に細かいことを伝えないようにしましょう。

次の職場が決まっていると伝える

次の職場が決まっていると伝えることも、スムーズに退職ができる手段の1つです。もちろん上司からは「なぜ事前に相談しなかったのか」と問われることになりますが、決まってしまっているものは仕方がありません。

始業開始日を決めてしまうことで、会社の都合は関係なく、その日までに辞めざるをえない状況を作り出せるのです。

心の病気になりかけていると伝える

「職場環境が理由で、鬱などの心の病気になりかけている」と伝えることも、有効な手段です。職場に理由があって心の病気になった場合、退職理由が「会社都合の退職」になることがあります。

会社都合の退職者が出ると、会社は国や自治体から助成金を、受けることができなくなる場合があるため、「そのような状態になる前に、辞めてもらった方が良い」と考えるのです。

合わせて読みたい

内容証明で退職届を送ると伝える

これはかなり強引な手段となりますが、あまりにも退職を認めてもらえないのであれば、「内容証明で退職届を会社に送る」と伝えるのも良いでしょう。上司を通さずに、会社に退職届が届くということは、「上司が部下から信頼されていない」という証明になります。

自分の評価が下がることを気にする上司は、あなたの退職を認めざるをえないのです。退職まで、職場での人間関係を気にしないのであれば、有効な手段と言えます。

合わせて読みたい

引き止めを断って立場が悪くなったらどうする?

あなたが辞めなくてはならない理由をしっかりと伝えれば、気まずい雰囲気になることはあっても、立場が悪くなることは稀です。それでも世の中には、腹いせに、あなたへの嫌がらせをしてくる上司もいるので注意しましょう。

滅多にあることではありませんが、もし退職までに不当な扱いを受けるのであれば、適切な処置をとる必要があります。

労務部や人事部に相談する

あなたが上司から、嫌がらせを受けるようになったのであれば、まずは労務部や人部に相談しましょう。これらの部署は、社内の職場環境を整え、社員が気持ちよく仕事ができるようにするための部署です。

パワハラは訴訟問題にも繋がるため、会社側もしっかりと対応してくれるでしょう。

合わせて読みたい

不当な人事とは断固として戦うべき

引き留めを断ったことで、違う部署に飛ばされたり、降格させられたりする場合は会社に屈してはいけません。このような場合も、まずは労務部や上司よりも上の立場の人に相談しましょう。

ですが、給料や人事に関係することは、会社ぐるみであなたへの嫌がらせをしている可能性があります。会社があてにならない時は、労働基準監督署に相談する必要があります。

合わせて読みたい

会社に行かないという方法もある

退職が決まったことで、嫌がらせをしてくるような上司は、あなたが反撃をすることで、火に油を注ぐ結果となる可能性があるので注意が必要です。もし嫌がらせがひどく、とても仕事ができる状態でなくなるのであれば、最終手段に出るのも良いでしょう。

「有給をすべて使い切り、14日後に退職する」という旨を記載した退職届を内容証明で送り、会社を休んでしまっても法律上は何の問題もないのです。

合わせて読みたい

退職には自分で納得のいく決断をしよう

退職をするときは、できるかぎりトラブルを避けたいですよね。ですが、トラブルを避けていても、なかなか退職ができないことがあります。退職を長引かせては、あなたの心も疲れてしまい、人生の貴重な時間を潰してしまうでしょう。

退職は人生の大きな転機です。自分でしっかりと納得して、新しい人生を踏み出しましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧