「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事をしたくないから結婚を望む女性に考えてほしい5つの事
仕事辞めたい

仕事をしたくないから結婚を望む女性に考えてほしい5つの事

仕事をしたくないから結婚を望む女性に考えて貰いたい5つの事

就職後、長い間仕事を続けていると仕事をこなせる分責任も増えてきます。リーダーを任されたりと、ストレスは大変なものです。仕事は辛くなり、「結婚して退職したい」と考えるようになるでしょう。お友達の結婚の報告に焦って婚活サイトを覗いてみたことはありませんか。本格的に「婚活」を始める人もいるでしょう。または限界だと感じて辞職し、次の仕事を探しても思うように見つからない人もいると思います。

女性の中には「仕事をするべきなのか?」「働かないという選択もあるんじゃないか?」「もっとラクに生きてもいいんじゃないか?」と思う人もいるはずです。逆に言えば将来の希望が見えていないのかも知れません。でも、本当に「結婚退職」することで「ラク」に生きれるのでしょうか?

ここでは「仕事を辞められるならすぐにでも結婚したい」と考えているあなたに、押さえておいてもらいたいポイントをお伝えします。

合わせて読みたい

結婚退職はもったいないかも!? MIIDASで自分の市場価値をチェック

MIIDAS(ミイダス)は、dodaなどでおなじみ転職大手のパーソルキャリア社が提供する、「市場価値診断ツール」です。簡単な質問に答えていくだけで、あなたの市場価値=想定年収が算出されます。結婚して退職すれば、この年収が稼げなくなるということです。

もし結婚したくてするのではなく、「働きたくないから結婚に逃げる」という気持ちでいる場合は、少し考え直してみましょう。自分の価値を認めてくれる職場で、楽でワークライフバランスのとれた生活をすることはできるかもしれません。

ミイダスは登録しておくと、あなたのプロフィールに魅力を感じた企業がスカウトのオファーを送ってくれるので、まずは気軽に試してみてください。

働きたくない理由を明確にしておく

仕事をしたくない理由はさまざまあります。そして、女性が仕事を辞めて専業主婦になるのにもさまざまな理由があることは事実です。たとえば、「仕事を辞めて専業主婦になりたい」という理由から、新卒で入社後に3年もたたずに結婚し、退職して専業主婦になった女性がいます。仕事をしたくないから結婚して退職するのは悪いことではありません。しかし、仕事をしたくない理由を曖昧にしたまま辞めるのは危険です。仕事をしたくない理由を明確にした上で退職すれば、また仕事をしたくなった時に必ず活きてきます。

また、結婚する相手が一定ラインの生活ができる程度の安定した収入を得られる場合は「自分が働かなくても、ある程度の安定した生活はしていけるから」という理由で退職することもあります。「仕事を続けるのはつらい」「なかなか仕事が決まらない」などの仕事に対する不安や不満から、結婚という人生の転機をきっかけに退職することもあります。しかし、ただ「仕事をしたくないから」という理由で専業主婦になろうという衝動的な考えで仕事を辞めてしまうと、将来的に後悔する可能性があります

合わせて読みたい

一番賢い選択は、ずっと正社員でいること。転職力診断であなたの将来をチェック

実際、結婚して退職したあとに仕事に復帰したいといっても、結婚前と同じ水準の仕事に就くのはとても難しいことです。社会人としてブランクがある、年齢がいっている……さまざまな理由で、正社員ではなく非正規雇用になる人も多いです。

もしいつか仕事に復帰したいのなら、まずは「結婚」ではなく「無理なく働ける会社への転職」を目標にしてみてはどうでしょうか。今より楽な環境に移れば、「仕事を辞めたいから結婚したい」というネガティブな思いからも解放されるかもしれません。

まずは転職力診断で、あなたの「転職力」「想定内定社数」「想定年収」をチェックしてみましょう。10分ほどでできる無料の診断です。

将来再び働きたくなった時の事を考えておく

夫は仕事をしお金を稼ぎ、妻は家庭を守るという役割分担が再び注目されていますが、果たして今の時代でも通用するのでしょうか。実は60代後半の女性は、結婚後に専業主婦となるか、もし働いたとしてもパートなどで、自分でお金を稼いで安定した生活ができるという人はほとんどいません。

しかし、もし離婚や夫の死別で独り身となり、その時点ではもう生活できるほどのお金を得られる職につくことが難しく、貧困に陥ってしまうケースが出てきています。そんな状況ですから、専業主婦でも「働かなければならない」と考えることもあるでしょう。

ですが、いきなり正社員やフルタイムで働くことができたとしても、また「専業主婦に戻りたい」と思って仕事を辞めてしまっては意味がありません。始めは時短勤務やパートなど、働こうと思ったその時にできそうな働き方を見つけることが大切です。その後、正社員やフルタイムでも働けると思ったら徐々にステップアップしていくことができれば、生活していく上での基盤が守られていくことになるでしょう。

合わせて読みたい

結婚した後の事をしっかり考えておく

結婚後に仕事を辞めるとそれまで積み上げてきた仕事のスキルや、社会人として表舞台で活躍する姿を手放すことになります。その上、独身時代のようにお給料を自由に使えなくなります。夫の稼いだお金で生活するということは、1人の収入で家族全体の生活費を賄わなければならないのです。

もし子供がいたら巣立つまでの長い期間であることはもちろんですが、成長するにつれて大きな費用がかかる様になります。また、自分や夫の両親の介護もしなければならなくなるかもしれません。家族の病気や事故、もしかすると夫と死別する可能性もゼロではありません。

もし結婚後専業主婦になり、しばらく働かないならば、夫婦でしっかりと計画を立てることをおすすめします。お互いの夢や希望を尊重しながら、長期的なライフプランを立てるといいでしょう。ファイナンシャルプランナーなどの専門家にアドバイスをもらうと修正を加えながら希望に沿った生活が実現できると思います。

合わせて読みたい

結婚は仕事と違って1人で辞める決断をできない

仕事を辞める時は自らの意思で決断し、実行することができますが、離婚はそう簡単にはいきません。相手の意思と同意のもと、お互いが納得しない限り離婚は成立しません。離婚が成立するまでには、様々な話し合いや書面でのやり取りを必要とし、精神的にも肉体的にも負担がかかる場合もあります。

結婚という選択をした理由の一つとして、働かなくて良いということもあったのに、仕事を辞めるよりも大変な労力のいる離婚に至ってしまった、なんて元も子もありませんよね。働かなくて良いという理由だけで結婚を決めるのではなく、その人を見て、一生添い遂げたいと思う相手と結婚することが幸せへの第一歩です。離婚という選択肢を選ばなくて済むよう、結婚後の生活を思い描きながら、結婚相手のことをよく理解し、慎重な決断をしましょう。互いに相手を思いやり、一緒にいて幸せな相手との結婚が一番です。

結婚すれば必ず幸せになれるわけではない

結婚すれば幸せになれると断言することはできません。

働くということは、辛いことがたくさんあります。しかし結婚生活にストレスがない人もいません。結婚している女性は皆さん愚痴をもらします。家族を支えて家を守っていくということは大変なことなのです。その中で幸せを感じていきます。

子供のいる人は1日中子供から目は離せません。毎日子育てと1人で戦わなければいけません。仕事をやめて専業主婦になると、社会から隔離されたような感覚に陥ってしまい、育児ノイローゼになる人がいるくらいストレスは貯まります

働くことが嫌だから収入の多い人と結婚して養ってもらおうと思っている人は、結婚したほうが幸せで、楽できるという考えは改めましょう。

合わせて読みたい

仕事をしたくないから結婚したい人が失敗する3つの理由

結婚したい人の理由も様々で、単純に「好きでずっと一緒にいたいから」「好きな人の子供を産んで幸せな家庭を築きたいから」といったものから、「世間体を考えて」や「子供が出来てしまったから」「1人より2人の方が家事が分担できて楽だから」といったものまで様々です。それでも長く結婚生活が続く夫婦も沢山いるので、結婚に理由は余り必要ないのかもしれません。

しかし「仕事をしたくないから」という理由で結婚を望む女性は、結婚できなかったりすぐに離婚して幸福な家庭を築けなかったりします。なぜ、「仕事をしたくないから」という理由を持つ女性は失敗しやすいのでしょうか。その原因を探るためにも具体例を見てみましょう。

相手に求める理想が高すぎる

結婚を決めるにあたって相手に求める1番の条件は人それぞれです。性格や学歴、容姿などを挙げる人もいるでしょう。年収がそれなりに高い男性を条件に挙げる女性もいると思います。相手にそこそこの年収を求める女性の中には、仕事をしたくないから結婚したいと考えている人もいるでしょう。

働かずして年収の高い男性と結婚するには、相手に「一生養ってもいい」と思わせるだけの自身の価値が、それなりに必要です。性格の良さや主婦としての頭脳、家事のスキルやずば抜けた容姿など、相手に価値を見出されなければ選ばれることはありません。自分自身の価値を知らず高望みしている女性は、相手すら見つからずに年齢だけを重ねていくことになるかもしれません。

男性に選ばれるためには内面から輝いている魅力ある女性にならねばなりません。男性の収入に頼って生きていきたいという考えが、自身の魅力を半減させてしまっていることに気付くべきです。

相手の男性と価値観が合わない

非正規雇用が増えている現代では、経済的な理由で結婚後も共働きをしてほしいと思っている男性が増えています。女性の「結婚がゴール」という時代はすでに終わっていて、今は自分の価値観をしっかりと持たねばなりません。

確かに、「家族は男が養うもの、奥さんには家庭を守ってほしい」と考える男性もいます。そんな男性と結婚できれば確かに専業主婦として生活を送れますが、今の多くの男性とは、「仕事をしたくないから結婚する、自分が稼がなくても夫が稼いでくれる」などのわがままな考え方でいると、価値観が合わないので、共同生活を送るのは難しいのではないでしょうか。仮に結婚しても、いずれ破たんしてしまうかもしれません。

旦那さんが稼いできてくれるという考えは、つまり人に頼らないと生きていけないという考え方です。自分の人生を他人に委ねるのではなく、自分の意見を持って生きていく事が大事ではないでしょうか。

結婚する事に焦りを感じている

30歳前後の独身女性は、友人の結婚式への参加や、出産報告を聞くと、焦り悲観的になる人がほとんどでしょう。どんな女性も結婚しなければと悩みますが、その傾向は専業主婦希望の人に特に多く見受けられます。

相手のことを知らないまま、結婚のチャンスを逃したくないと考え、籍を入れる人が増えています。年収が高いので自分は働かずに専業主婦になれると結婚することが多いようです。働かずに済むのなら誰でも良いという価値観を否定はしませんが、DVを受けたり、借金がある男性と結ばれてしまう女性が少なくありません

結婚は別々の価値観を持った男女が一生を共に歩むということです。恋愛感情がなければ精神的に苦しい夫婦生活を送ることは言うまでもないでしょう。あなたは勢いだけで結婚しようとしていないでしょうか。結婚は自分の人生を左右する一大イベント。自分にとって幸せな結婚とはどういうものなのか、じっくり考えてみましょう。

まずはキャリアを優先的に考えよう

女性が輝く人生を送るために、必要なことは何でしょうか?結婚と仕事の2つだけが人生の選択肢ではありません。女性は結婚か仕事か、という縛られた考えでとらえてしまいがちですが、仕事と結婚について広い視野で考えてみることも大切です。

結婚を仕事からの逃げ道として考えるのではなく、仕事をしたくないのであればその理由をきちんと考えることも大事です。結婚は、1人のパートナーと共に人生を送る神聖なものですので、本当に心から愛することができたときにしたいものですね。女性として輝いて生きるためにどのような道を選ぶのか、開放的に考えていきましょう。会社から必要とされ、結婚生活もこなしていけるような素敵な女性になれば、いろんな困難も乗り越えてきっとしなやかにこなしていけるはずです。素敵な未来を築くのは自分自身です。理想の未来を描いてください。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧