1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 第二新卒と言えるのはいつまで?無職が長くなると危険な理由

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

第二新卒と言えるのはいつまで?無職が長くなると危険な理由

第二新卒で就活ができるのはいつまで?

第二新卒や既卒などは、就活業界でカテゴリー分けのために使われている用語ですが、実ははっきりした線引きはなく企業や転職サイトによって、その定義は変わってしまいます。また、退職した後いつまでが第二新卒と言っていいのか、いくつまでが第二新卒なのかという定義もはっきりとしていません。

ここでは、一般的な第二新卒の定義を見てみましょう。あなたが第二新卒に該当するのか理解しておくことは、就活をスムーズに進める上で重要なことです。

「第二新卒」とはどういうもの?

第二新卒の定義ははっきりと決まっていないものの、一般的な考え方には共通してものがあります。まずは、一般的に第二新卒と言われる人の特徴を見てみましょう。但し、ここで該当しなくても企業によっては第二新卒とカテゴライズされることもあるので、大まかに理解して就活に活かしてください。

あなたが該当するか曖昧な場合は、事前に就活サイトやエージェントなどに登録して、アドバイスをもらいましょう。一人で考えるより効率的に就活に取り組めます。

新卒で就職してすぐ退職した人

第二新卒の大きな特徴は、一度就職しているという点です。大学や専門学校を卒業するとき、新卒として企業に就職し1〜3年ほどで退職して再就職を希望する人は第二新卒になります。また、退職していないものの転職活動をしている人も第二新卒に該当します。

新卒で入社した会社を数ヶ月で辞めた場合は、新卒になる場合と第二新卒になる場合があり、カテゴライズが曖昧になるので、求人をしっかりチェックするか転職エージェントなどからアドバイスをもらうと安心です。

既卒とは異なる

第二新卒は、稀に既卒と混同されることがありますが、正社員として社会に出たかどうかという大きな違いがあります。新卒で就職先が決まらず、アルバイトなどをしている人は既卒になるので、第二新卒として就活すると企業とマッチングせず辛い思いをすることがあります。

また、第二新卒より既卒の方が就職は厳しい傾向にあるので、あなたが第二新卒であるにも関わらず既卒だと思って就活すると損をするので注意してください。

最低限のビジネスマナーが備わっている

第二新卒に対して企業が期待することは、最低限のビジネスマナーやスキルが身についていると考える点です。業界でも必要なマナーやスキルは変わりますが、第二新卒として就活するなら、電話応対や基本的なパソコン操作、社会人として守るべきマナーは理解しておく必要があります。

前職でビジネススキルがあまり身についていない人は、就活と並行して勉強しておくと安心です。また、転職エージェントやサイトでは、それらを指導してくれるサービスもあるので上手く活用してみましょう。

第二新卒とされるのはいつまで?

第二新卒の一般的な定義がわかったところで、いつまでを第二新卒というのかもチェックしておきましょう。卒業して何年も経ってしまった人や、退職後ブランクが長くなってしまった人は自分が該当するのか不安なはずです。

第二新卒というのは、近年企業が積極的に採用しようとしているので、どこかブランド化している傾向もみられます。いつまでが第二新卒というのか理解しておくと、今後の就活への向き合い方も変わるので、あなたがいつまで第二新卒と言えるのかチェックしてください。

卒業後1〜3年を主に第二新卒という

第二新卒は、大学や専門学校を卒業して1〜3年の人のことを言います。ただ、3年を過ぎた瞬間に第二新卒でなくなるのかといえば、そうでもありません。企業によっては、3年以上経っていても20代半ばくらいまでは第二新卒とカテゴライズするところもあります。

あなたが希望している企業や業界によるので、第二新卒かわからない場合は直接問い合わせるか転職エージェントなどを頼りましょう。勤続が3年以上経っていると、経験者として他の可能性も出てくるので、あなたの今後のキャリア希望によっても変化します。

卒業後1年未満は新卒扱いになることもある

新卒で入社した会社を数ヶ月で辞めた場合は、新卒になるケースもあります。また場合によっては既卒として扱われることもあるので、就活が厳しくなることも考えられます。現在働いている会社を数ヶ月で辞めて転職しようと考えているなら、できるだけ1年以上働いて行動に移す方がおすすめです。

辞めてしまった場合は、転職サイトなどで第二新卒に該当するか聞き、第二新卒枠で応募する方が有利になります。その場合は、最低限のビジネスマナーは身につけておきましょう。

基本的に20代までを指す

第二新卒に明確な年齢の基準はありませんが、就活業界では基本的に20代の若い人材のことを指していることが多いです。大学を留年するなどして卒業が遅れ、就職して2〜3年経っていれば30歳手前になっている人もいるでしょう。

企業によっては、25歳までを第二新卒というところもあるので、気になる人は求人に応募する前に年齢についての記載がないかチェックするといいでしょう。どちらにせよ、第二新卒は若さが最大の武器になるので、就活は早めに始めるようにしてください。

第二新卒がスムーズに再就職するには?

第二新卒で就活する場合、新卒や経験者とは違ったコツが必要です。企業は第二新卒に熱い期待をしていますが、反面不安視している面もあります。その両面を理解して、就活に活かすことで短期間でスムーズに好条件の企業に就職することができます。

あなたがこれ方就活する上で、注意すべきことや準備しておくことをいくつかご紹介します。これらを知っていると知らないとでは、就活のスピードがかなり変わります。

とにかく早く行動を起こす

第二新卒の大きな魅力のひとつに、若さがあります。企業が第二新卒を雇いたいと思うのは、若さに対するポテンシャルに期待しているからでもあるのです。少しでも希望に近い会社に就職したいと思うなら、1歳でも若い方がいいので早く動き出すようにしましょう。

今の会社をやめて、第二新卒として転職しようか悩んでいる場合も、続けていく自信がなければ早めに決断することをおすすめします。いつかは辞めたいと思いながら、会社や周囲の人に気兼ねして転職できずにいるのなら、後悔することにもなりかねません。

辞めた理由を前向きに捉える

どんなことにもポジティブな面とネガティブな面があるように、あなたが会社を辞めたり転職を考えたりしていることにも両方の面があります。これから就活するのであれば、あなた自身が第二新卒になったことを前向きに捉え、それを面接などでどんどんアピールしていきましょう。

例えば、前職の仕事が嫌になったというのではなく、もっと他の仕事に挑戦したかったと言った方が前向きで、聞いている方も前向きな意欲を汲みやすくなります。あなたが会社を辞めた理由の、ポジティブな面に光を当てて面接などでスラスラと話せるようにしておくと安心です。

専門の転職エージェントに相談する

第二新卒になると、最新の就活情報が入り辛くなりますし、一度就職していると考え方の柔軟性がなくなっている可能性もあります。これらは、あなたの就活にマイナスになってしまうので、就活に詳しい第三者のアドバイスをもらうのが一番です。

そこで、第二新卒の就活に長けている転職エージェントを活用して、スムーズに就活を進めましょう。エージェントに登録すると、求人の幅も広がりますし書類作成や面接のアドバイスまでしてくれます。

新しい会社で何をしたいのか明確にする

企業が第二新卒者を不安視する理由は、すぐに辞めてしまうのではないかという印象を与えるからです。そこで必要なのが、入社後あなたがどんな働き方や企業への貢献をしたいのか明確にすることです。前職とは違う、前向きな就職を望んでいることをはっきり伝えることで、企業に将来性があることを提示できます。

どう伝えていいのか分からなければ、転職エージェントなど登録しアドバイスをもらいましょう。多くの転職や再就職者の成功例を理解しているエージェントが、あなたをしっかりサポートしてくれます。

企業が第二新卒に期待することを把握する

企業が第二新卒を採用するのには、どんなメリットがあるのかを理解することで就活はグンとスムーズになります。企業側が第二新卒に期待することには、次のようなものがあります。

チェックポイント

  • 内定を出したらすぐ働ける
  • 一度就職に失敗しているのでハングリー精神がある
  • 基本的なビジネススキルやマナーが身についている
  • 他の企業のカラーに染まっていない

他にも、あなたなりの会社に貢献できることがあるはずなので、企業側に立って考えてみてください。それはそのままあなたのアピールポイントになるので、面接などでは積極的に伝えるようにしてください。

無職が長引かないうちに再就職を決めよう

第二新卒は、再就職するには他の転職者に比べて比較的有利です。しかし、ゆっくり就活して無職の期間が長くなると、企業も採用を控えてしまうことが考えられるので、できるだけ早く行動しあなたに合った企業に再就職しましょう。

あなた自身も、無職の期間が長くなるとモチベーションが下がって、就活への気力が低下することがあります。そうなると、フリーターなどに落ち着いてしまい正社員として働くきっかけを失い、不安定な生活を送ることになりかねません。思い立ったら早めに就活をスタートして、社会人としてイキイキとして生活を再スタートしましょう。

ランキング

記事一覧