「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 人間関係
  4. 仕事の人間関係が辛い。気持ちを楽にする方法と辞めたい時の対策
人間関係

仕事の人間関係が辛い。気持ちを楽にする方法と辞めたい時の対策

辛い人間関係をどうにかするために

人間関係が辛すぎてどうしたらいいかわからない…。そう思う時はありませんか?

社会に出て仕事をする上で、どんな職場でも人間関係は必ずと言っていいほどついてまわります。人間が何人も集まれば、自分とは合わない人や苦手な人は少なからずいるものです。とはいえ、あまりにも自分とは合わなさ過ぎて悩んでしまうケースも多くありますよね。

この記事では、職場での人間関係とどう向き合っていけばいいのかを考えていきます。

合わせて読みたい

こんな人間関係に悩んでいませんか?

一口に人間関係の悩みと言っても、原因は様々です。また、人によって悩みの感じ方や限度も様々です。自分がどんな人間関係で悩んでいるのかを知ることで、解決策も考えやすくなります。

ここでは、主にどんな人間関係で悩むことが多いかを見ていきましょう。

合わせて読みたい

同僚と気が合わない

同僚は、同じ職場で働く上で仕事上の悩みを相談し合ったり、お互いに助け合ったりなど、共に同じ土俵で同じ目標に向かって仕事をする大切な存在です。

同僚と気が合わなければ、コミュニケーションが上手く図れません。その結果、同じ立場として相談し合ったり協力し合うことが難しくなるため、人によってはストレスとなる場合があります。また、同僚のほうが自分より仕事ができたり信頼されていたりすると、どうしても比較対象となり余計に気まずい関係になってしまう場合もあります。

関係は良いに越したことはありませんが、気が合わないと感じるならば無理に親しくする必要もありません。あくまでも仕事だけの関係と割り切ってしまうのも一つの解決方法です。

合わせて読みたい

上司や先輩と気が合わない

仕事をするとなると上司や先輩との関わりはとても重要になります。上司や先輩とうまくコミュニケーションをとれることにより、仕事の情報の伝達や困ったときに気軽に相談できるなど、とても仕事がスムーズに進みます。

逆に上司や先輩と気が合わずにコミュニケーションがあまりうまくとれない場合、仕事で不明点があっても聞きにくい仕事の情報が回ってこないなどかなりの不具合が生じます。そうなると、とても仕事がやりにくくなりストレスも溜まりますよね。

上司や先輩全員とうまく付き合おうとしても難しいものがあります。一人でもいいので、信頼できる人を見つけてみましょう。それだけでも気が楽になります。

合わせて読みたい

強制参加の飲み会や行事が多い

勤務時間外にまで職場の人と会いたくないと思う時もありますよね。さらに自分のプライベートな時間を削ってまで仕事関係の行事に参加するのは納得できないこともあるのではないでしょうか。

しかし多くの会社では、仕事終わりの飲み会や勤務時間外の勉強会などがあり、「飲み会に行かないと協調性がないと思われる」や「新人だから勉強会に出るのは当たり前だと言われる」などほぼ強制参加という場合も多いです。

勤務時間外にまであなたを拘束する権利は会社にはありません。もしも本当につらいと悩んでいるならば、「予定がある」と一言言って断りましょう。

生理的に受け付けない人が近くにいる

何かされたわけでもなく特に原因も思い当たらないけれど、生理的に受け付けない人というのは少なからずいますよね。気にしないほどの心を持っているなら問題ないですが、どうしても気にしてしまう時はあるものです。

一度気にしだすとその人の声や姿までもが気になってしまい、苦痛で仕事どころではなくなってしまいます。さらに、その人自身に決定的な問題があるわけではない場合は解決のしようがないため、余計にもやもやしてしまいます。

仕事である以上関わりをもたなければいけない時もありますが、それ以外は深く関わらないなどして頭を仕事に集中させましょう。

合わせて読みたい

派閥が固定化している

人間が多く集まるとどうしても派閥ができてしまいますよね。なんとなく固まっている程度の派閥ならあまり問題ではありませんが、完全に固定化してしまっているとかなり人間関係がややこしくなります。

派閥に属せば、固定のメンバーで悪口を言ったり、自分とは合わない意見でも無理して共感したりと派閥内でも人間関係を気にしなければいけません。だからと言ってどこの派閥にも属さないでいると、社内で孤立してしまう可能性もあり、そうなると仕事がとてもやりにくくなってしまいます。

固定の派閥で親しくするよりも、どんな人ともコミュニケーションをとりましょう。そうすれば、小さな人間関係で悩まなくなり仕事もより円滑に進めることができます。

合わせて読みたい

いじめがある

大人社会でもいじめはありますよね。嫌みを言われるなどの小さな嫌がらせから、無視をされるなどの明らかないじめまで実に様々です。

なぜ大人になってまでそんな幼稚なことをするのか・なぜ人を平気で傷つけられるのかと疑問が浮かびますよね。ですが悲しいことに、人を傷つけて見下し自分が優位に立つことで幸せを感じる人もいるのです。

もしも、今までにもどんなところでもいじめられてきたという場合であれば、もしかすると自分自身にも少なからず原因がある場合もあります。普段の態度や言動を見直してみましょう。

ですが今の職場でのみ急にいじめの対象になってしまったという場合は相手側にも非があります。無理して我慢するのではなく信頼できる上司や先輩に相談してみましょう。

合わせて読みたい

社内恋愛が面倒

社内恋愛と聞くと一見幸せな印象がありますよね。しかし、恋愛はどうしてもプライベートなものです。職場で仕事とプライベートを混同させるというのは、とてもややこしいことであり仕事に身が入らない原因にもなります。

社内恋愛をしている人が周りにいると、このマイナス面ばかりが目についてしまうことがあります。そのカップル本人はよくとも、周りの雰囲気が悪くなるのです。

もしも自分が社内恋愛の当事者なら、このようなことにならないよう、職場ではきちんと仕事に専念して仕事が終わってから恋愛に切り替えるようにしましょう。相手のほうから言い寄ってくる場合は、曖昧な態度はとらずにきちんと言葉に出して対応しましょう。

合わせて読みたい

辛さを和らげるためにできること

一度人間関係に悩んでしまうと、仕事の業務内容に関係なく、職場に行くのが億劫になってしまいますよね。つらい状況のまま我慢していてはストレスは溜まる一方で、心身共によくありません。

どんな悩みでも小さくなるに越したことはありません。しかし、悩みの原因やその人の性格によってストレスの対処法は違ってきます。そのため、自分に合った対処法を見つけることも今後の社会人生活では重要となってきます。

ここでは、そんな人間関係のつらさを和らげるためにできることをご紹介します。

合わせて読みたい

誰かに相談してみる

今の現状がつらくて苦痛ならば、一人で悩みを抱え込まずにまずは誰かに相談してみましょう。一人で悩んでしまうと、ネガティブな考えばかりが浮かんできてしまいマイナス方面に偏りやすくなります。

仕事仲間の同僚や信頼できる友人など身近な人に相談し愚痴を吐き出すだけでも、心のもやもやがスッキリします。

人間関係に悩んでいるのはあなただけではありません。仕事仲間や友人に相談することにより共感やアドバイスを得られる場合もあります。「悩んでいたのは自分だけではない」や「自分が知らなかった解決方法がある」など前向きに物事を考えられるようになります。

合わせて読みたい

相手と関わらない環境に移る

今の人間関係がどうしてもつらく耐えられそうにない場合は、関係の改善を考えるのではなく早期に「相手と関わらない環境に移る」という選択肢も考えてみましょう。

大人になってからの人間の性格はそう簡単に変わるものではありません。一度こじれた人間関係を修復するにもかなりの時間と労力を使います。そこまでするよりも環境を新しくしたほうが早く解決できます。そのため、上司に相談したり異動願いを出すなど行動してみるのも一つの手です。

ですが、時期や部署によっては人員配置を簡単にできない場合もあります。そういった場合は、自分のほうから休職や転職も視野に入れてみましょう。決して自分からその場を去る選択は逃げではありません。自分の心としっかり向き合って自分に合った解決方法を考えましょう。

合わせて読みたい

相手本人と一度話してみる

荒療治にはなりますが、一度原因となる張本人と腹を割って話してみるという方法もあります。もしも誤解や勘違いなどで関係がこじれてしまった場合は、本人と直接話すことで誤解が解けて人間関係を修復できる場合があります。

しかし、原因不明でなんとなく人間関係がこじれているなどの場合はこの方法はおすすめしません。さらに、気まずい相手と話し合いの場を設けること自体がかなりの労力を要し、それで解決できなかったとしたらさらに関係が悪化してしまう恐れもあります。

方法の選択肢としてこういった方法もあるということを考えてみましょう。

合わせて読みたい

まともに相手にしない

もしも自分に対して嫌みを言ってきたり嫌がらせをしてくる場合は、まともに相手にしないようにしましょう。そのような人のために悩んでしまい、自分の貴重な時間を無駄にしてしまってはとてももったいないです。

また、存在そのものが苦痛だという場合も、その人とは極力関わらないようにしたり仕事中だけと思って割り切るように考え方を変えてみましょう。そうすることで、その人のことを考える時間が少なくなり結果的に悩む時間も少なくなっていきます。

仕事が終われば関わりをもつことはありません。仕事だけの関係の人にそこまで深く悩まなくてもいいのです。相手がしつこく関わろうとしてきても、自分は全く気にしていないという態度で接しましょう。

そういうキャラクターだと思って接する

特殊な考え方ですが、その人を一人の現実世界の人間ではなく、自分の頭の中で作り上げた現実離れしたキャラクターだと思い込むのも一つの手です。イメージとして、「苦手な○○さん」ではなく「空想したキャラクターの○○ちゃん」というふうに自分の頭の中で作ってしまうことです。

もちろん本人に直接そのように接することはいけませんが、頭の中身は誰にも見られることはありません。自分の納得のいく空想キャラクターを作りましょう。

人間関係を理由に辞めるのはあり?

職場はあくまでも仕事をするところです。それなのに人間関係の悩みで仕事を辞めてしまってもいいのか戸惑ってしまいますよね。しかも人間関係が退職理由となると次の転職先の目も気になりますよね。
しかし、あまりにも悩みすぎてストレスが溜まる一方ならば退職も視野に入れる必要があります。

ここでは、人間関係の悩みと仕事を辞めることについて考えていきましょう。

合わせて読みたい

人間関係は、実はメジャーな退職理由

一般的に退職の理由を考えると、「病気の治療に専念」や「結婚・出産」、「スキルアップのため」などもっともらしい理由がないとダメだと感じたことはありませんか?しかし大手転職サイトで転職経験者100人に退職理由を調査したところ、上位3位の中に人間関係の不満が2つもランクインする結果となりました。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

このように、人間関係の悩みは立派な退職理由となりうるのです。逆に言うと人間関係が良好であれば、それだけで仕事が長続きするケースもあります。それほど働く上で人間関係は重要なのです。

そのため、人間関係の悩みでどうしていいかわからないという場合は、退職も視野に入れてみましょう。
可能性が広がります。

参考:リクナビNEXT

合わせて読みたい

ここまできたら退職のサイン

ここ最近、頭痛や胃腸の調子が悪かったり、仕事のことが頭から離れずに夜眠れないなど感じたことはありませんか?あまりにもストレスを溜めすぎると、心身共にダイレクトに悪い影響を受けます。

また、体だけでなく心の面でも「趣味や楽しいことをしていても全然楽しめなくなった」や「休日はベッドから動けないほど活気がなくなった」というふうに以前に比べて落ち込む時間が長くなっている場合は危険信号です。

無理をしてつらい人間関係に耐える必要はありません。一度体調を崩してしまうと、治すのにかなりの時間がかかってしまう場合もあります。心をゆっくりと休めるためにも退職や休職を考えてみましょう。

合わせて読みたい

上司にはこう伝えておきたい

つらくて一刻も早く退職を考えたとしても、まずは上司を通して退職の手続きとなります。その際には必ず退職に至った理由を聞かれます。

その時に素直に「人間関係が原因」と言うと、結婚や病気のようにどうしても辞めなければいけない理由ではないため、まずは引き止められる可能性があります。「仕事に集中してなんとか我慢できないか」や「部署異動やチームの変更で改善しないか」など、様々な案を出される可能性もあります。

もしもその解決案で解決するならいいですが、退職の決心が固い場合は「別の仕事に興味を持った」や、「スキルアップのため」など、もっともらしい理由を伝えましょう。伝え方も、迷っているような態度はとらずにはっきりと伝えましょう。

合わせて読みたい

これ以上雰囲気が悪くならないように気を配る

退職が決まったとしても、辞めるからとヤケになって態度を悪くするのはNGです。たとえ今まで苦痛で仕方がなかった職場でも、学んだこともあるはずです。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、去る時は何事もなく去ることが望ましいです。

また、辞めると決まってもしばらくはその職場で働くことになります。働き終えるまではまだまだ人との関わり方を学ぶことができます。そこで得た経験は次の職場でも必ず活きてきます。

逆に、辞めるからといって態度を悪くし最悪の印象で職場を去ったとしたら、退職後もその職場は自分の中で悪い印象として強く残ってしまい、長く引きずってしまう可能性もあります。早く忘れて心機一転するためにも、何事もなく円満退社しましょう。

合わせて読みたい

次の仕事で気をつけること

もし転職すると決まった時に、次の職場の人間関係はとても気になりますよね。新しい職場でも人間関係でトラブルがあれば転職した意味がなくなってしまいます。しかし、職場の人間関係は実際に働いてみなければわからないことも多いです。

ですが、転職サイトを使用し転職エージェントに職場の雰囲気を尋ねてみたり、実際に見学や下見に行ってみることによりある程度の職場環境を知ることができます。給料や勤務条件も大事ですが、一度は職場の雰囲気を掴むために実際に見学などの行動をしてみるのがおすすめです。

合わせて読みたい

人間関係は自分次第

仕事の人とはいえ、誰もが人間です。自分が不快だと思えばその人と距離をとりたくなり、逆に自分にとって有益であれば自分から近づいて親しくなりたいと感じるものです。結局人間関係は自分自身でどうとでもなる部分もあります。

もし転職したとしても、転職ですべて解決するとは限りません。これを機に自分自信も見つめ直してみるのもいいでしょう。

合わせて読みたい

コミュニケーションスキルを伸ばそう

コミュニケーションは、良い人間関係を築く上でとても重要です。コミュニケーションスキルが高ければ、それだけ人間関係が円滑になり仕事もしやすくなります。

社内だけでなく、外でやっている研修会やセミナーに積極的に参加するのもおすすめです。いろんな分野の人と接することで知識も豊富になり、会話の引き出しも増えます。その結果、今以上にコミュニケーションがしやすくなることにつながります。

どうしても人と話すことが苦手であったり会話を長く続けることができないと言う人でも、顔の表情を常に笑顔であるように気をつけたり、誰に対しても明るい挨拶をするように心がけましょう。それだけで、明るく良い印象を持たれやすいです。

今からでも簡単に改善できるため、こういったことからコミュニケーションスキルを伸ばしていきましょう。

合わせて読みたい

気の持ちようで悩みは減る

何事も自分の気の持ちようで悩みを小さくすることも可能です。どれだけ過酷な状況でも自分さえ気にしなければ悩みはとても小さくなります。しかし、一人で悩んでばかりではどんどんマイナス方向に考えてしまい余計に悩みを大きくしてしまう可能性もあります。

そんな時は親しい友人や信頼できる同僚などに相談し、様々な体験談を聞いてみましょう。意外にも自分と似たような悩みを抱えていたり、自分の悩みよりもひどいケースがある場合もあります。

いろいろな体験談を聞くことで、自分の悩みがちっぽけに感じる場合もあります。そうすることで少しでも前向きに物事を考えることができるようになります。

合わせて読みたい

人間関係の悩みとうまくつきあおう

感情を持った一人の人間である以上、どんな環境にいてもどんな地位にいても必ず人間関係はついてまわります。そして誰もが、人間関係で悩むことなく楽しく仕事をしたいと考えています。

そのため、自分がされて嫌なことはしない・自分がされてうれしいことは積極的にすることを常に心がけましょう。そこで、いかに自分が他の人と円滑に関係を築いていけるかがとても重要です。しかし、時にはうまくいかない時もあります。

自分に合った解決方法を見つけることで、これから先も円滑に仕事を進められるようになります。この機会に自分を見つめ直して、自分に合った解決方法を見つけていきましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧