「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 人間関係
  4. 仕事の人間関係が辛い。気持ちを楽にする方法と辞めたい時の対策
人間関係

仕事の人間関係が辛い。気持ちを楽にする方法と辞めたい時の対策

辛い人間関係をどうすればいい?

人間関係が辛すぎてどうしたらいいかわからない…。そう思う時はありませんか?

社会に出て仕事をする上で、どんな職場でも人間関係は必ずと言っていいほどついてまわります。人間が何人も集まれば、自分とは合わない人や苦手な人は少なからずいるものです。とはいえ、あまりにも自分とは合わなさ過ぎて悩んでしまうケースも多くありますよね。

この記事では、職場での人間関係とどう向き合っていけばいいのかを考えていきます。

辛いときの気分転換に、希望の見える自己診断ツール「ミイダス」

「ミイダス」とは、転職エージェント「doda」などでおなじみのパーソルキャリアが提供する、診断&転職支援アプリです。

ミイダスでできることは2つ。まず転職市場における自分の価値を、「転職後の想定年収」という形で算出し、さらに自分の市場価値を認めてくれた企業から、スカウトメールがもらえるという仕組みです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

スカウトメールをもらうには、ただ待っているだけで大丈夫です。いま仕事の人間関係が辛くて気力のない人にとって、自分からなにかしなくとも転職のチャンスがめぐってくるのはうれしいですよね。

しかもスカウトが来た時点で書類審査は通過になるので、興味があればいきなり面接からスタートできます。まずはぜひ診断を試してみてください。

合わせて読みたい

こんな人間関係に悩んでいませんか?

一口に人間関係の悩みと言っても、原因は様々です。また、人によって悩みの感じ方や限度も様々です。自分がどんな人間関係で悩んでいるのかを知ることで、解決策も考えやすくなります。

ここでは、主にどんな人間関係で悩むことが多いかを見ていきましょう。

合わせて読みたい

上司と合わない

仕事をするとなると上司との関わりはとても重要になります。上司は指示や指導をしてくれる存在でありながら、仕事ぶりを監視・評価する厳しい面もあります

そんな上司と気が合わず、うまくコミュニケーションがとれなければ、仕事はやりにくくなります。また、上司に管理職としての力量が足りず、部下から見て尊敬することができない仕事ぶりであれば、やはりやりにくいでしょう。

「指示がわかりにくくていつも聞き返して確認するはめになる」「怒りのツボがわからない」「部下の仕事をちゃんと見てくれていない」「いつも違うことを言われるので混乱する」など、上司に不満があって辛くなる人は多いのです。

合わせて読みたい

同僚や先輩と合わない

同僚や先輩は、上司のように自分を評価・査定する立場ではなく、近い目線でともに仕事をしていける頼もしい仲間のはずです。しかしそんな仲間と気が合わなかったり、信用できなかったりすると、職場環境が辛いものになっていきます

また、同時期に入社した同僚がいる場合、同僚が自分より仕事ができたり信頼されていたりすると、どうしても比較対象として意識してしまい気まずい関係になってしまう場合もあります。

気が合わないと感じるならば無理に親しくする必要もありませんが、そう簡単に割り切れない場合は辛くなってしまいますよね。

合わせて読みたい

強制参加の飲み会や行事が多い

勤務時間外にまで職場の人と会いたくないと思う時もありますよね。さらに自分のプライベートな時間を削ってまで仕事関係の行事に参加するのは納得できないこともあるのではないでしょうか。

しかし多くの会社では、仕事終わりの飲み会や勤務時間外の勉強会などがあり、「飲み会に行かないと協調性がないと思われる」や「新人だから勉強会に出るのは当たり前だと言われる」などほぼ強制参加という場合も多いです。

勤務時間外にまであなたを拘束する権利は会社にはありません。もしも本当につらいと悩んでいるならば、「予定がある」と一言言って断りましょう。

派閥が固定化している

人間が多く集まるとどうしても派閥ができてしまいますよね。なんとなく固まっている程度の派閥ならあまり問題ではありませんが、完全に固定化してしまっているとかなり人間関係がややこしくなります。

派閥に属せば、固定のメンバーで悪口を言ったり、自分とは合わない意見でも無理して共感したりと派閥内でも人間関係を気にしなければいけません。だからと言ってどこの派閥にも属さないでいると、社内で孤立してしまう可能性もあり、そうなると仕事がとてもやりにくくなってしまいます。

派閥のある職場に、自分が新入社員として入ってしまった場合は、身の振り方にかなり気を遣うことになり、対応を間違うと辛い思いをするはめになります。

合わせて読みたい

いじめやハラスメントがある

職場でいじめや各種ハラスメントがあり、解決されずに放置されているような場合、たとえ自分が当事者ではなくとも、そんな会社にいるのが嫌になってきてしまうのは当然です。

もちろん自分が当事者として巻き込まれていて、適切な相談窓口などもなければ、辞めたくなってしまいますよね。

特に、コンプライアンス研修などを実施する余裕のない中小企業では、何がいじめやハラスメントに相当するのかがわかっていない社員が多いため、このような問題が生じがちです。

コンプラ意識の低いブラック企業を脱出するならJAICに相談してみよう

せっかく就職したものの、企業体質がブラックだった……。そんなとき、もしあなたが20代であれば、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)に就職をやり直すサポートをしてもらえます。

JAICは、フリーター・既卒・第二新卒を、若さに可能性を感じてくれる企業とマッチングさせてくれる無料の支援サービスです。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICは、若者を一人前のビジネスマンに育てる支援プログラムを行う一方で、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」といった企業との連携を進めています。

そのため、職歴・経歴に自信がない20代のうちでも、ホワイト企業の正社員として就職のチャンスがあるのです。ぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい

生理的に受け付けない人が近くにいる

これは女性の場合によくある悩みです。女性社員への執着心が強い男性社員が職場にいる場合、女性としては、セクハラというほどのことをされたわけではないけれど、なんとなく生理的に不快になり、その人と仕事をするのが辛くなってきます。

かといって、「あの人に狙われている気がして仕事がやりにくい」なんて周りの男性に言ってしまうと、自意識過剰のように思われてしまいます。若い女性が少ない職場では、なおさら理解されなくて苦しむことになります。

気にせずにいられるのなら問題ないですが、どうしても気にしてしまう時はあるものです。その相手に清潔感がなかったり、病的に太っていたり、体臭があったりすると、さらに辛いものです。

合わせて読みたい

社内恋愛が面倒

社内恋愛と聞くと一見幸せそうな印象がありますよね。しかし、恋愛はどうしてもプライベートなものです。職場で仕事とプライベートを混同させるというのは、とてもややこしいことです。

社内恋愛をしている人が周りにいると、このマイナス面ばかりが目についてしまうことがあります。そのカップル本人はよくとも、周りが振り回されます。狭い職場内でくっついたり離れたりをされると、困るのは周囲の人間です。

もしも自分が社内恋愛の当事者なら、このようなことにならないよう、職場ではきちんと仕事に専念して仕事が終わってから恋愛に切り替えるようにしましょう。相手のほうから言い寄ってくる場合は、曖昧な態度はとらずにきちんと言葉に出して対応しましょう。

合わせて読みたい

辛さを和らげるためにできること

一度人間関係に悩んでしまうと、仕事の業務内容に関係なく、職場に行くのが億劫になってしまいますよね。つらい状況のまま我慢していてはストレスは溜まる一方で、心身共によくありません。

どんな悩みでも小さくなるに越したことはありません。しかし、悩みの原因やその人の性格によってストレスの対処法は違ってきます。そのため、自分に合った対処法を見つけることも今後の社会人生活では重要となってきます。

ここでは、そんな人間関係のつらさを和らげるためにできることをご紹介します。

合わせて読みたい

誰かに相談してみる

今の現状がつらくて苦痛ならば、一人で悩みを抱え込まずにまずは誰かに相談してみましょう。一人で悩んでしまうと、ネガティブな考えばかりが浮かんできてしまいマイナス方面に偏りやすくなります。

仕事仲間の同僚や信頼できる友人など身近な人に相談し愚痴を吐き出すだけでも、心のもやもやがスッキリします。

人間関係に悩んでいるのはあなただけではありません。仕事仲間や友人に相談することにより共感やアドバイスを得られる場合もあります。「悩んでいたのは自分だけではない」や「自分が知らなかった解決方法がある」など前向きに物事を考えられるようになります。

合わせて読みたい

異動や転勤を願い出てみる

今の人間関係がどうしてもつらく耐えられそうにない場合は、関係の改善を考えるのではなく早期に「相手と関わらない環境に移る」という選択肢も考えてみましょう。

大人になってからの人間の性格はそう簡単に変わるものではありません。一度こじれた人間関係を修復するにもかなりの時間と労力を使います。そこまでするよりも環境を新しくしたほうが早く解決できます。

そのため、上司に相談して異動願いを出すなど行動してみるのも一つの手です。

ですが、時期や部署によっては人員配置を簡単にできない場合もあります。そういった場合は、自分のほうから休職や転職も視野に入れてみましょう。

合わせて読みたい

相手本人と一度話してみる

荒療治にはなりますが、一度原因となる張本人と腹を割って話してみるという方法もあります。もしも誤解や勘違いなどで関係がこじれてしまった場合は、本人と直接話すことで誤解が解けて人間関係を修復できる場合があります。

しかし、原因不明でなんとなく人間関係がこじれているなどの場合はこの方法はおすすめしません。

さらに、気まずい相手と話し合いの場を設けること自体がかなりの労力を要し、それで解決できなかったとしたらさらに関係が悪化してしまう恐れもあります。

選択肢としてこういった方法もあるということを考えてみましょう。

合わせて読みたい

まともに相手にしない

もしも自分に対して嫌みを言ってきたり嫌がらせをしてくる場合は、まともに相手にしないようにしましょう。そのような人のために悩んでしまい、自分の貴重な時間を無駄にしてしまってはとてももったいないです。

また、存在そのものが苦痛だという場合も、その人とは極力関わらないようにしたり仕事中だけと思って割り切るように考え方を変えてみましょう。

そうすることで、その人のことを考える時間が少なくなり結果的に悩む時間も少なくなっていきます。

仕事だけの関係の人に深く悩むのは損です。相手がしつこく関わろうとしてきても、自分は全く気にしていないという態度で接しましょう。

そういうキャラクターだと思って接する

人間関係の問題は、相手を「苦手な○○さん」という一個の人間だと思うから悩んでしまうのです。相手を馬鹿にするようで少々気の引ける方法ではありますが、「職場にいるゆるキャラの○○ちゃん」というふうに自分の頭の中で認識を変えてしまいましょう。

ゆるキャラかなにかだと思えば、多少変なことをしていても、不快な言動をされても、一段階上からクールに観察していられるので、少し気が楽になるはずです。

もちろん本人に直接そのように接することはいけませんが、頭の中身は誰にも見られることはありません。

人間関係を理由に辞めたいならどうすればいい?

職場はあくまでも仕事をするところです。それなのに人間関係の悩みで仕事を辞めてしまってもいいのか戸惑ってしまいますよね。しかも人間関係が退職理由となると次の転職先の目も気になりますよね。

しかし、あまりにも悩みすぎてストレスが溜まる一方ならば退職も視野に入れる必要があります。

ここでは、人間関係の悩みと仕事を辞めることについて考えていきましょう。

合わせて読みたい

人間関係で退職する人は多いので気楽に考える

一般的に退職の理由を考えると、「病気の治療に専念」や「結婚・出産」、「スキルアップのため」などもっともらしい理由がないとダメだと感じたことはありませんか?

しかし大手転職サイトで転職経験者100人に退職理由を調査したところ、上位3位の中に人間関係の不満が2つもランクインする結果となりました。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

このように、人間関係の悩みは立派な退職理由となりうるのです。逆に言うと人間関係が良好であれば、それだけで仕事が長続きするケースもあります。それほど働く上で人間関係は重要なのです。

そのため、人間関係の悩みでどうしていいかわからないという場合は、退職も視野に入れてみましょう。
可能性が広がります。

参考:リクナビNEXT

合わせて読みたい

心身に不調が出ているなら退職を考えていい

ここ最近、頭痛や胃腸の調子が悪かったり、仕事のことが頭から離れずに夜眠れないなど感じたことはありませんか?あまりにもストレスを溜めすぎると、心身共にダイレクトに悪い影響を受けます。

また、体だけでなく心の面でも「趣味や楽しいことをしていても全然楽しめなくなった」「休日はベッドから動けないほど活気がなくなった」というふうに以前に比べて落ち込む時間が長くなっている場合は危険信号です。

無理をしてつらい人間関係に耐える必要はありません。一度体調を崩してしまうと、治すのにかなりの時間がかかってしまう場合もあります。まだ動けるうちに適切な判断をし、環境を変えるようにしましょう。

環境を変えるなら親身な転職エージェントに頼ろう

転職エージェントは、悩み相談・仕事紹介・応募書類の添削や面接対策・内定後の条件交渉など、転職に必要なことをすべて代行してくれる便利なサービスです。日々の仕事に追われがちな営業職なら、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

中でもマイナビエージェントは大手老舗サービスであり、全国対応で地方にも拠点を持ち、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。
マイナビエージェントをチェックしてみる

合わせて読みたい

辞めるなら上司にはきっぱりと伝える

つらくて一刻も早く退職を考えたとしても、まずは上司を通して退職の手続きとなります。その際には必ず退職に至った理由を聞かれます。

その時に素直に「人間関係が原因」と言うと、結婚や病気のようにどうしても辞めなければいけない理由ではないため、まずは引き止められる可能性があります。「仕事に集中してなんとか我慢できないか」や「部署異動やチームの変更で改善しないか」など、様々な案を出される可能性もあります。

もしもその解決案で解決するならいいですが、退職の決心が固い場合は「別の仕事に興味を持った」や、「スキルアップのため」など、もっともらしい理由を伝えましょう。伝え方も、迷っているような態度はとらずにはっきりと伝えましょう。

合わせて読みたい

辞めるなら円満退職を心がける

退職が決まったとしても、辞めるからとヤケになって態度を悪くするのはNGです。たとえ今まで苦痛で仕方がなかった職場でも、学んだこともあるはずです。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、去る時は何事もなく去ることが望ましいです。

また、辞めると決まってもしばらくはその職場で働くことになります。働き終えるまではまだまだ人との関わり方を学ぶことができます。そこで得た経験は次の職場でも必ず活きてきます。

逆に、辞めるからといって態度を悪くし最悪の印象で職場を去ったとしたら、退職後もその職場は自分の中で悪い印象として強く残ってしまい、長く引きずってしまう可能性もあります。

早く忘れて心機一転するためにも、何事もなく円満退社しましょう。

合わせて読みたい

次の職場で人間関係をスムーズにするためには?

仕事の人とはいえ、誰もが人間です。自分が不快だと思えばその人と距離をとりたくなり、逆に自分にとって有益であれば自分から近づいて親しくなりたいと感じるものです。結局人間関係は自分自身でどうとでもなる部分もあります。

もし転職したとしても、転職ですべて解決するとは限りません。これを機に自分自信も見つめ直してみるのもいいでしょう。

合わせて読みたい

転職先の雰囲気は事前にリサーチしておこう

もし転職すると決まった時に、次の職場の人間関係はとても気になりますよね。新しい職場でも人間関係でトラブルがあれば転職した意味がなくなってしまいます。しかし、職場の人間関係は実際に働いてみなければわからないことも多いです。

ですが、転職サイトを使用し転職エージェントに職場の雰囲気を尋ねてみたり、見学や下見ができそうなら実際に行ってみることによりある程度の職場環境を知ることができます。

また、口コミサイトで、その企業で働いたことのある人の生の声を見てみるのもおすすめです。

転職先の雰囲気を知るにはキャリコネを活用しよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。

さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。キャリコネのサイトを通して、大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。

合わせて読みたい

コミュニケーションスキルを伸ばそう

コミュニケーションは、良い人間関係を築く上でとても重要です。コミュニケーションスキルが高ければ、それだけ人間関係が円滑になり仕事もしやすくなります。

社内だけでなく、外でやっている研修会やセミナーに積極的に参加するのもおすすめです。いろんな分野の人と接することで知識も豊富になり、会話の引き出しも増えます。その結果、今以上にコミュニケーションがしやすくなることにつながります。

どうしても人と話すことが苦手であったり会話を長く続けることができないと言う人でも、顔の表情を常に笑顔であるように気をつけたり、誰に対しても明るい挨拶をするように心がけましょう。それだけで、明るく良い印象を持たれやすいです。

今からでも簡単に改善できるため、こういったことからコミュニケーションスキルを伸ばしていきましょう。

合わせて読みたい

気の持ちようで悩みは減ると考えよう

何事も自分の気の持ちようで悩みを小さくすることも可能です。どれだけ過酷な状況でも自分さえ気にしなければ悩みはとても小さくなります。しかし、一人で悩んでばかりではどんどんマイナス方向に考えてしまい余計に悩みを大きくしてしまう可能性もあります。

そんな時は親しい友人や信頼できる同僚などに相談し、様々な体験談を聞いてみましょう。意外にも自分と似たような悩みを抱えていたり、自分の悩みよりもひどいケースがある場合もあります。

いろいろな体験談を聞くことで、自分の悩みがちっぽけに感じる場合もあります。そうすることで少しでも前向きに物事を考えることができるようになります。

合わせて読みたい

人間関係の悩みとうまくつきあおう

感情を持った一人の人間である以上、どんな環境にいてもどんな地位にいても必ず人間関係はついてまわります。そして誰もが、人間関係で悩むことなく楽しく仕事をしたいと考えています。

そのため、自分がされて嫌なことはしない・自分がされてうれしいことは積極的にすることを常に心がけましょう。そこで、いかに自分が他の人と円滑に関係を築いていけるかがとても重要です。しかし、時にはうまくいかない時もあります。

自分に合った解決方法を見つけることで、これから先も円滑に仕事を進められるようになります。この機会に自分を見つめ直して、自分に合った解決方法を見つけていきましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧