1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 人間関係
  4. 嫌いな上司への接し方。正しく対処して上司と良好な関係を築こう

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

人間関係

嫌いな上司への接し方。正しく対処して上司と良好な関係を築こう

職場のストレス源。嫌いな上司にどう接する?

「仕事自体は楽しいもの、上司が嫌いで仕事に行くのが辛くなってしまった…」「苦手な上司にはどう接したら良いのだろう?」と、悩んでいる方はたくさんいるのではないでしょうか?上司が苦手なタイプだと、それだけで強いストレスを感じてしまいますよね。そこで今回は仕事がやりにくい上司や攻撃してくる上司への対処法や、上司に耐えきれなくて仕事を辞めたいときの対策などをお伝えします。上司との関係にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい

どんな上司であってもまずこれだけは守ろう

嫌いな上司との接し方の前に、まずはどんな上司であってもこれだけは守っていただきたいことをいくつかお伝えします。

「上司が自分の苦手なタイプだから」「上司がプライベートに関わってきてやっかいだから」といった理由であからさまに無礼な態度をとっていると、まわりから「あの人は礼儀正しくない社員だから関わりたくない」「上司に対して失礼な態度をとるなんて最低だ」とネガティブな評価をされてしまう場合があります。

そのため嫌いな上司だからと何をしてもいいわけではなく、守るべきことはきちんと守ることが大切です。

一歩引いて冷静になり自分の心を守る

まずどんな上司であっても、一歩引いて冷静になることが守るべき項目として挙げられます。

というのは例えば上司が感情的になって攻撃的な言葉をぶつけてきたり、理不尽な要求をしてきたりしても、一歩引くことで自分の心を守れるからです。

また、こちらも上司のように冷静さを失い感情的になってしまうと、上司の発言や態度がさらにエスカレートする可能性があります。そしてエスカレートした上司の発言や態度に、こちらがさらに傷ついてしまうこともあるからです。

合わせて読みたい

部下として礼儀正しい言動を心掛ける

どんな上司であっても守るべき項目として、部下として礼儀正しい言動を心掛けるということも挙げられます。

「この上司は尊敬に値しないから、礼儀正しくする必要はないのではないか?」「言葉遣いが攻撃的な上司には、こちらの言葉遣いが攻撃的であって問題ないだろう」という気持ちになってしまうことがありますよね。

しかし部下として礼儀正しい言動を心掛けていないと、「社会人にもなって敬語も使えないなんて…」とまわりからの評価が下がります。そのため嫌いな上司であっても、言葉遣いには気をつける必要があります。

仕返ししようと思ってはいけない

仕返ししようと思わないことも、どんな上司であっても守っていただきたい項目のひとつです。

理由は上記と同じく、仕返ししようとしていることがまわりに知られると、自分自身の評価が下がってしまう可能性があるからです。事情はどうであれ何かあるにつけ上司の悪口ばかり言って、仕返しを目論んでいる社員には良い評価をする人はいないでしょう。

そのため仕返ししようという考えは一度捨てて、嫌いな上司には正しい方法で対処することが大切です。

仕事がやりにくい上司の場合

それでは本題に入りますが、はじめに仕事がやりにくい上司への対処法をお伝えします。
一緒に仕事がしづらい上司の特徴として、

  • 指示に一貫性がなく振り回してくる
  • 挨拶や質問をしても無視する
  • 部下の仕事を必要以上に干渉する
  • ワンマンで部下の意見を取り入れない
  • 否定的でネガティブな発言ばかりしている

などが挙げられます。

このようなタイプの上司に、悩まされている方は多いのではないでしょうか?下記に仕事がやりにくいタイプの上司に有効な対策をいくつかご紹介するので、ひとつずつチェックしていきましょう。

合わせて読みたい

上司に合わせたタイミングでこまめに報連相をする

仕事がやりにくい上司への対処法として、まず上司に合わせたタイミングでこまめに報連相をするということが挙げられます。

これは指示に一貫性がない上司や、過干渉の上司に対して有効です。理由はこまめに報連相すれば、上司の指示が変わったときにもきちんと対応できるからです。また報連相をすることで、「きちんと仕事をやっています」「分からないときは自分から質問するので大丈夫です」というアピールもできるため、心配であるがゆえ過干渉になってしまう上司の不安を取り除けます。

指示された内容は復唱とメモで再確認する

指示された内容は復唱とメモで再確認することも、仕事がやりにくい上司への対処法として挙げられます。

こちらがきちんと復唱してメモをとることで、上司の指示が変わった際も「あのときの指示は○○でしたよね?」「ではあのときとは指示が変わったということでよろしいですか?」と言い返せます。このようにプレッシャーをかけることで、上司に指示に一貫性を持たせられるでしょう。時間はかかるかもしれませんが、やってみる価値はありますよ。

休憩所や喫煙所で話してみる

意外かもしれませんが、休憩所や喫煙所で話してみるというのも仕事がやりにくい上司への対処法のひとつです。

上司が挨拶を無視する、もしくは質問しても投げやりに答えているのは、心に余裕がないからだと考えられます。上司も一人の人間であり立場上日々プレッシャーを感じて生きているため、部下に対して余裕のない態度をとってしまっているのかもしれません。

それゆえ上司が仕事のストレスから解放され、気持ちに余裕があるときにコミュニケーションをとれば、良好な関係が築けるでしょう。「嫌いな上司となんて休憩所でも喫煙所でも顔を合わせたくない」という方がほとんどだと考えられます。しかしいろいろ話しているうちに嫌いな上司の良い一面が見えることもあり、仕事がやりやすくなる場合もありますよ。

上司のさらに上の人を味方につける

上記のほか、上司のさらに上の人を味方につけるということも仕事がやりにくい上司への対処法として挙げられます。

あまりにもワンマンで無理な仕事を強要してくる上司や、ネガティブでパワハラともいえる嫌味や暴言を吐いてくる上司には、上司のさらに上の人に相談してみるのもひとつの手段です。

上司の部下という立場上、はっきりと「このような発言はやめていただきたいです」とは言えませんよね。しかし上司より上の役職についている人に代わりに注意してもらうことで、上司のワンマンな態度やネガティブな態度が改まるかもしれません。

攻撃してくる上司の場合

仕事がやりにくい上司の次は、攻撃してくる上司への対処法をお伝えします。
攻撃的な上司の特徴として、

  • 感情的に大声で怒鳴る
  • モラルに反した言動をする
  • 皆の前で罵声を浴びせる
  • 女性社員にセクハラとも捉えられる発言をする

などが挙げられます。

このようなハラスメント系の上司が上の立場になると、部下は相当なストレスを抱えます。最悪の場合、精神的なダメージを受けて日常生活に支障をきたすこともあります。それではそんなハラスメント系の上司に有効な対策はどんなものがあるのか見ていきましょう。

合わせて読みたい

二人きりにならないよう気をつける

攻撃してくる上司への対処法として、まず二人きりにならないよう気をつけるということが挙げられます。

これは二人きりになったとき、つまり他の社員がいないときに嫌味や暴言、セクハラ発言をしてくる上司に効果があります。裏で部下を攻撃するような上司には、「まわりに攻撃的な人と思われたくない」「自分の評価を下げたくない」という心理があります。この心理を利用して二人きりになるような状況を避けることで、上司からの攻撃を防げます。

合わせて読みたい

他部署の上司に現状を知ってもらう

他部署の上司に現状を伝えて事情を知ってもらうのも、攻撃してくる上司への対処法です。

現状を知った他部署の上司が、攻撃的な上司に発言や態度を改めるようにと代わりに注意してくれることがあります。また第三者の視点から、攻撃的な上司にはどう対応したらいいのか具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。

しかし誰かに真実を話すのは勇気がいりますよね。また「このまま自分が我慢すればいいのではないか?」という気持ちになってしまうときがあります。けれどもその我慢がいつの間にか大きなストレスになり、肉体的にも精神的にも疲弊してしまう場合があります。それゆえ勇気を出して、誰かに相談することをおすすめします。

合わせて読みたい

パワハラの証拠をとっておく

攻撃的な上司には、パワハラの証拠をとっておくのも有効な対処法です。

いき過ぎたパワハラを受けた場合、証拠を残しておけば上司より上の立場の社員に具体的に説明できるほか、法的に訴えることもできます。

パワハラの証拠をとっておく方法として

  • ボイスレコーダーやスマートフォンのアプリを使って上司の暴言を録音する
  • 日記を書いてその日に何を言われたのかまとめておく
  • 同僚に相談して証言を集めておく

などが挙げられます。

また、上司の暴力で怪我、もしくは暴言により精神疾患になり病院にかかったのなら、医師からもらった診断書や通院履歴もパワハラの証拠になります。

プライベートに関わりすぎる上司の場合

次にお伝えするのが、プライベートに関わり過ぎる上司への対処法です。
プライベートをあれこれ詮索してくる上司は、「仕事は仕事。プライベートはプライベート」と割り切っている方にとってはやっかいな存在となってしまいますよね。かといって自分より立場が上である上司である以上、ぞんざいな扱いはできません。

そんな上司も職場のストレスの原因となりますが、どのように対処すればいいのかお悩みの方は、ぜひこちらを参考にしてください。

合わせて読みたい

話したくないことへの質問は冗談で流す

プライベートに関わり過ぎる上司への対処法として、話したくないことへの質問は冗談で流すということが挙げられます。

例えば上司から恋人や家族、休日の過ごし方について聞かれたとしましょう。ある程度自分のプライベートを話すのは、上司とコミュニケーションをとるために必要だといえます。しかし答えたくない質問をされた場合は「さぁ、どうでしょう?」「それは秘密です」「これ以上言うとセクハラ発言になっちゃいますよ」と冗談っぽく言ってみることをおすすめします。

また、「そういう○○さんはどうなのですか?」と逆に質問して、話題を変えてみるのも有効な手段ですよ。

合わせて読みたい

こちらからは最低限のことしか話さない

こちらからは最低限のことしか話さないのも、プライベートに関わり過ぎる上司への対処法です。

上司も「この部下はプライベートを話さないから、質問しても意味がない」「プライベートを聞かれるのは嫌なタイプかもしれない」と気づき、あれこれ聞くのをやめるかもしれません。

ただしこちらが最低限のことしか話さないと、「もしかして緊張してるのか?」と勘違いする上司もいます。そこでなんとか心を開かせようと、躍起になって過剰に質問しはじめる場合もあります。このような上司は相手の気持ちを考えるのが苦手なタイプなので、上記の冗談っぽく流す対処法を実践することをおすすめします。

「飲みに誘いにくい人」だと印象づける

プライベートに関わり過ぎる上司には、「飲みに誘いにくい人」という印象を与えることも対処法として挙げられます。

上司と飲むのはたまにならいいもの、毎週末となってしまうと「また上司との飲み会で貴重な週末が潰れるのか…」「週末がくるのに、なんだか憂鬱な気持ちだ」というネガティブな感情が襲ってくるときがありますよね。

ではそんなプライベートを共有したい上司や飲み会好きな上司には、

  • 酒に弱くあまり飲めない
  • 終業後に趣味の用事がある
  • 家庭が円満なので帰るのが楽しみ

など日頃からアピールをしておくことをおすすめします。

上司に酒に弱い部下や家庭が円満な部下を飲みに誘っても、楽しい時間を過ごせないと思わせるのです。そうすることで、飲み会への誘いが徐々に減るはずです。

上司側の事情がわかると接し方が変わる

これまで嫌いな上司への対処法をお伝えしましたが、実は上司側にはどんな事情があるのか考えてみることも大切です。

嫌いな人の立場を考えるのは楽しいことではありません。しかし嫌いな上司はどんな心理状態なのか、どんな状況に置かれているのか考えてみることで、こちらも納得した上で接し方を変えられます。

下記に攻撃的な上司やプライベートを干渉してくる上司の心理や置かれている状況を推測でまとめましたので、ひとつずつ見ていきましょう。

合わせて読みたい

他にも多数の部下を抱えていて大変なのかもしれない

上司側の事情として、まず他にも多数の部下を抱えていて大変だということが挙げられます。

部下の数が増えれば増えるほど、その分責任も重くのしかかります。いつでも「あの部下の進捗状況はどうなっているのか?」「新人は大切な取引先の前で失敗しないだろうか?」と、常に不安や心配がつきまとっている可能性があります。

そのため部下ひとりひとりに余裕のない態度をとってしまい、挨拶が素っ気なかったり暴言を吐いたりと攻撃的になっているのかもしれません。

合わせて読みたい

部下よりずっと高い売上目標を課せられているのかもしれない

部下より高い売上目標を課せられているというのも、考えられる上司側の事情のひとつです。

「この目標を成し遂げなければ、社内の評価が下がってしまう…」「今の役職が不適任だと思われ、降格されないようにしなければ…」と日々プレッシャーを感じているのかもしれません。

このようなプレッシャーに押し潰されて、上司もいっぱいいっぱいになっているとも考えられます。自分のことで手一杯な人は、人に優しくできません。そのため上司は部下に対して、冷たい態度をとっている可能性があります。

合わせて読みたい

世代が違うから上司もギャップに困っているかもしれない

部下との世代が違うため、上司もジェネレーションギャップに困っているとも考えられます。

自分より年の離れた人と会話すると、「どんな話をすればいいのだろう?」「ジェネレーションギャップを感じてしまい、どう反応していいか分からない」と悩むことがありますよね。

上司も年の違う部下に対して「どんな話をすれば良好な関係が築けるのだろうか?」「世代が違うのでどうしてもギャップを感じてしまう」と、世代に違いがあるがゆえに生じる悩みを抱えていることがあります。

そのため世代の違う部下とのギャップを埋めて親睦を深めたいがために、プライベートなことを質問したり、飲み会に誘っているのかもしれません。

プライベートで問題があるのかもしれない

上司側の事情として、プライベートで問題があるということも挙げられます。

「配偶者や自分の家族と上手くいっていない」「子どもの育て方で悩んでいる」「借金があり不安を感じている」といったプライベートの悩みがあるため、部下に余裕のない態度をとっている可能性もあります。

このような場合こちらが聞き役となって、上司の不安を取り除くこともできますよ。人は誰かに悩みを聞いてもらうことで、ふっと心が軽くなります。上司も一人の人間だということを忘れず、上司の不安を解消してあげることで、攻撃的な態度が改善されるかもしれません。

それでも耐えきれなくて辞めたいときの対策

最後にお伝えするのが、それでも耐えきれなくて辞めたいときの対策です。

「嫌いな上司にはいろいろな方法を試してきたけど、もう関わりたくない…」と我慢の限界を感じてしまった方がたくさんいるのではないでしょうか?我慢して仕事をこなし続けると、想像以上に身体や精神面に負担がかかってしまいます。

このように嫌いな上司に耐えきれなくて仕事を辞めたくなったときは、どう対策すればいいのか知りたい方は、ぜひこちらを参考にしてください。

合わせて読みたい

上司は嫌いでも仕事が好きなら社内の相談窓口へ

上司は嫌いでも仕事が好きなら、社内の相談窓口を利用することをおすすめします。

というのは相談窓口にこれまでの事情を説明すれば、部署異動ということでその上司から離してくれることがあるからです。さらに部署は同じであるもの、上司との間にマネージャーを立てるなどして対策をとってくれるかもしれません。

また、実際に相談するとなると、感情的になり支離滅裂な説明になってしまう場合があります。そのため論理的にこれまで何が起こったのか、きちんと説明できるよう準備しておきましょう。

合わせて読みたい

利害関係のない会社外の人に思いっきり愚痴を言ってみる

社内の相談窓口を利用するのに抵抗がある方は、利害関係のない会社外の人に思いっきり愚痴を言ってみることをおすすめします。

人に話すと気持ちがすっきりするほか、同じような悩みが聞けて励まされることがあります。また誰かに話して頭の中を整理して、一歩引いて冷静になれることもありますよ。

このように冷静になった状態で、もう一度上司とはどう関わるべきか、転職するべきなのか考えてみましょう。感情的になって考えていたときとは、また違う答えが見つかるかもしれません。

合わせて読みたい

現実的に退職・転職を考えるなら専門エージェントに相談

上司が嫌で耐えきれず現実的に退職や転職を考えているなら、専門エージェントに一度相談するのもひとつの手段です。

専門エージェントの中には、まだ転職するか100%分からない方を対象に、悩み相談だけ受け付けているところもあります。今の状況で転職するべきかなのかどうか、転職のプロである専門エージェントに意見を聞いてみるのもいいかもしれません。このような専門エージェントを利用して、悩みを聞いてもらうことでも心が晴れやかになりますよ。

合わせて読みたい

上司とは適度な距離感で納得のいく付き合いをしよう

今回は嫌な上司への対処法をいくつかお伝えしましたが、上司が仕事がしづらいタイプなのか、攻撃的でパワハラ系のタイプなのか、はたまたプライベートに干渉する面倒なタイプなのかで、対処法が異なってきます。そのため上司のタイプに合わせて、適切な対処をしていきましょう。

また、上司はなぜ攻撃的なのか、なぜプライベートに干渉するのか、上司の立場になって考えることも大切です。というのは上司の立場を考えることで、こちらも納得して接し方を変えられるからです。

今回お伝えした上司への対処法を参考にして、苦手な上司とは適度な距離を置いて納得のいく付き合いをしてくださいね。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧