1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 人間関係
  4. 仕事の人間関係に疲れた人へ。良好な職場で働くための秘訣とは
人間関係

仕事の人間関係に疲れた人へ。良好な職場で働くための秘訣とは

人間関係の悩みがあると、仕事もうまくいきませんよね。どのように対処したら良いのでしょうか?ひとつ言えるのは、人間関係がうまくいかないからといって、今すぐ転職を決心するのは危険だということです。

ここでは、「仕事の人間関係が大変と感じる理由は何か」「魅力的な職場の特徴は何か」「会社を辞める前にできる準備として何があるか」をご紹介します。この記事を通して、今後に役立つノウハウを一緒に確認していきましょう。

仕事の人間関係が辛いと感じてしまう理由は?

職場に苦手な人がいる

会社には若い人も年配の人も、男性も女性もいます。人それぞれ考え方や言動が異なるので、自分にとって苦手な人もいるでしょう。例えば上司だったら、話しすぎる傾向があったり、すぐに大声で怒鳴ったり、威圧したりする場合には、苦手と感じてしまうことがあります。

また同僚でも、細かいことをネチネチと指摘する人がいると、同じ場所で働くのは辛いですね。

「この人は自分と気が合う」や「この人とは仕事がしたくない」という感情は誰にでもあります。体育会系のにぎやかな人もいれば、黙々と作業する人もいます。誰が自分にとって苦手かは異なりますが、職場に自分とそりが合わない人がいると会社に所属し続けるのは難しくなります

社内に派閥があり、いじめや陰口が多い

自分がいじめや陰口の対象となっている場合、働き続けるのは大変です。しかし、自分とは関係のないところで、いじめられている人、仲間外れにされている人を見るのも、辛く感じます。「今度は自分が攻撃の標的になる」と心配になります

いじめや陰口、派閥があると、社内全体が険悪な状態になります。陰口は多くの場合社歴の長いベテランがするでしょう。陰口やいじめがあると皆が働きづらくなるので、やめてほしいですね。

会社の規模が大きいほど、派閥が生まれやすいものです。一般的に「3人いれば派閥ができる」と言われます。排他的な集団が会社内にいると、当然人間関係はギスギスしたものとなります。誰もが「こんな会社で働き続けられない」と感じるでしょう。

自分の意見を発言しづらく、風通しが悪い

人間は皆考え方や能力が異なるので、コミュニケーションは欠かせません。「昨日話をしたから今日は不要」というわけにはいきません。密にコンタクトを取らないとスムーズに仕事ができないからです。

しかし、「相談できない」や「悩みを話せない」「アイデアを出せない」という職場環境の場合、仲間と協力して働くのは難しいです。

多くの場合、若者や新人から斬新なアイデアが出ます。しかし社内に「上司は意見を聞かない」「新人には意見を言わせない」という雰囲気があり、風通しの悪い会社だったとしたらどうでしょうか。自分の意見を発言しづらい会社は、衰退していくことでしょう。

風通しの悪い会社は、ホウレンソウという「報告・連絡・相談」が機能していないので会社内で不一致が生まれます。上司から指示は出ますが、部下から上司への意見は全く届きません。現場の声が上の立場の人に届けられないのは、会社として残念な状態です。

上司と意見が合わない

上司とは仕事の経験値や考え方が異なるので良いコミュニケーションが欠かせません。ですから、「意見が合わない」なら働き続けることは苦痛となります。「~だと思うのですが」と言い出すと、「それはダメだ」と一蹴されます。

会社員は雇われている身なので、上司の意見や指示を聞くべきです。大抵の場合、上司の発言は絶対ですから「意見が合わない」のは致命的です。避けることのできない状況ですが、意見が言えないと悩みや問題を抱え続けてしまいます

意見を伝えられたとしても考慮してもらえないと、上司の思い通りに作業するしかありません。毎日が苦痛になります。「不満を残して退職する」か「我慢しながら働き続ける」の二つしか選択肢がありませんから、辛いですね。

仕事のできない部下がいる・部下の失敗を毎回カバーしないといけない

上司との関係だけでなく、部下との関係も良好でないと、仕事は苦痛になります。部下がいるなら、仕事を少しずつ委ねたり、教えたりする必要があります。しかし指導は簡単ではありません。部下の訓練は、時間と体力が膨大にかかります。

何度も丁寧に教えたとしても上手にできない部下もいます。仕事をうまくできず、失敗するなら上司がミスの責任を負う必要があります。訓練し続けたにも関わらず、失敗がなくならないと、途方にくれますね。

部下自身が社会人としての自覚を持ち、責任感を持って働いてくれれば良いのですが、部下がすぐに変化することはありません。人材育成という一大プロジェクトは、辛抱強く取り組むものです。素晴らしい部下が自分のもとに来ればよいですが、人事の配置は多くの場合、自分でコントロールはできません

セクハラやパワハラがある

言葉であれ行動であれ攻撃を受けると耐え難い苦痛を味わいます。ひどくなると「うつ病」になります。時々いじめを受けるぐらいなら耐えられることがありますが、頻繁に迷惑や嫌がらせを受けると逃げたくなりますよね。

性的嫌がらせを毎日受けたり、精神的また身体的苦痛を受けたりする場合、たいてい、攻撃してくる相手には加害者意識がありません。事態が悪化してから問題が明らかになるので、それまでに蓄積される被害者へのダメージは大きいです。

会社内の他の人がセクハラやモラハラを受けているのを見るのも辛いですが、自分自身が攻撃の的となっている場合、出社するのも恐怖を覚えますよね。会社を辞めたくなるのも当然です。

人間関係が良好な職場のイメージや特徴は?

若手社員や年配の方など幅広い年代の人が働いている職場

同じ性別、同じ年齢の人しか働いていない職場の場合、いじめを受けたり、相談しにくい環境になったりします。しかし、若い人から年配の方まで、さまざまな年代の人が働いているなら、その職場は魅力的に映ります。

もちろん業界によってはどうしても偏ることはありますが、それでもさまざまな人がいて、誰もが生き生きと働いているのを見ると「自分もそこで働きたい」と思うものです。年配の方などが働いている場合、彼らは長い経験を持っているので、貴重な助言をもらえるでしょう。

幅広い年代の人が働いているなら、「自分にとって尊敬できる人」「相談できる人」が職場にいる可能性が高いので、助けになりますね。人間関係で問題が生じても必要な援助を受けられます。また年下の社員がいれば、指導をすることで自分も刺激を受けられますよね。

会議や打ち合わせでみんなの笑顔が飛び交っている職場

社員みんなの顔に笑顔が溢れている会議は、素晴らしいですね。この場合、皆が思ったことを包み隠さず話せているのです。意見を言いにくい雰囲気はありません。

会議や打ち合わせでは、新人も長年働いている人も、アイデアを出せます。あらゆるところで意見が飛び交っているので打ち合わせは活気があります。そのような会社は売り上げも伸びていますし、何よりも人間関係が良好です。

言いたいことを話せる間柄というのは、互いに尊敬しあっていることが明らかに見えます。上司に「部下たちすべての発言が大事」という考えがあるので、働き方に不満を持つ人が少ないです。上司と冗談も言える間柄なら、ギスギスした感じは全くありません。

上下関係関係なく、意見が言い合える職場

「私が上、あなたは下」という関係がはっきりしていると、下の立場の人は一方的に指示を受けたり、叱られたりするでしょう。意見などを言える状況ではありません。しかし、魅力的で働き手全てが居心地の良い職場は、これとは全く正反対です。

人間関係が良好な職場は、立場や地位が異なっても気持ちや考えといったものを躊躇せず話せます

「上司と部下」のように立場が異なっても、お互いに敬意を示す必要があります。根底に敬意があれば人間関係は良好になりますね。それは友人同士でも、上司部下の関係でも同じことが言えます。逆に言えば、敬意を持って接することで、上司部下の間柄でもまるで良い友人のように意見を言い合えるようになるのです

長く勤めている人も新人も、お互いに近しい関係であるため、問題が起きる前に対処できます。お互いにためらうことなく、意見を言い合える職場なら「働き続けたい」と思えるでしょう。

社内のコミュニケーションが活発な職場

隠し事のない社内は居心地が良いです。交流も情報交換も活発です。さまざまなことを知り、シェアできればお互い仲良くなりますし、会社の運営は良好となります。

同僚同士という「横の関係」も、上司と部下という「縦の関係」も良好なため、業務効率は上がり、生産性もアップします。お互いにコミュニケーションが取れないという「壁」はないのです。

信頼できる上司と勤勉で何事でも喜んで働く部下がいて会話が活発なら生き生きして働きがいのある会社になります。社内のコミュニケーションが活発なら、外部の人から見ても魅力的な会社なので、多くの人は「入社したい」と感じます。こんな会社なら、人手不足に悩まされません。

男女のバランスに偏りがない職場

会社に男性社員も女性社員もバランスよく働いていると、互いに助け合えたり悩みの相談ができたりします。たいていの場合、男性と女性は異なる問題を抱えています。それでも男女がバランスよく在籍していて、両者とも快適に働いているなら、お互いが働きやすいように考慮されているのだと言えます。

男性ばかりの会社の場合、女性が抱える子育てや妊娠といった分野の理解を得るのは、難しいです。逆に女性が多すぎる会社の場合、女性同士の争いが発生する可能性が高いです。女性ばかりの職場は、噂話が多く、いじめが起きる傾向にあります。

同性も異性もいると活気が会社にみなぎります。人間関係の問題を最小限にできるだけでなく、働きやすい環境が自然と成り立ちます。

人間関係が辛くて辞めたい人に考え直してもらいたい6つのこと

自分の行動が原因ではないか?一度考えて直してみる

会社の同僚や上司が原因で、会社の居心地が悪いと感じることはあります。しかし「自分自身の行動」が人間関係にヒビをもたらしている場合もあります

もしかしたら、あなた自身が会社の方針と異なるやり方をしているせいで、浮いている可能性があります。あなたが上司や同僚の話を聞かなかったり、または仕事が遅かったり、マイペースすぎるなら、人間関係はぎくしゃくしてしまいます。

「すぐに辞める」という行動を取る前に自分を変化させることを考えましょう。人間関係を修復するために自分から動くのです。

例えば、たまには「会社の人との付き合いに行く」というのも良いです。飲みニケーションは心の内を明かす良い手段です。

また「他の人の悪口や嫌味を言わない」のも重要です。同僚や上司を悪く言う人と一緒にいるのは、心地よくありません。むしろ「自分のことも嫌味を言っているのでは」と心配になります。むしろ、良い人間関係を築き上げる話をしましょう。

誰とも分け隔てなく会話するのも、欠かせません。「最近どうですか」と尋ねたり、会社での悩みを話したりしましょう。とりわけ自分のことを話すよりも聞き手になるのが、人間関係を良くする方法ですよ。

前職も人間関係で仕事を辞めたいと思ったことはないか考えてみる

このまま仕事を辞めると、再び人間関係で問題を抱えてしまう人が多いです。個人事業主ならともかく、会社というチームで働く場合、人と人の繋がりは欠かせません。ちょっとした人間関係が原因で会社を辞めたいのであれば、立ち止まってください。

まずは自分で努力してみましょう。努力しても事態が好転しなかったのなら仕方がありませんが、 それでも何日や何ヶ月など自分で目標を決めて、いったん考えてみることが重要です。

もし数日や数ヶ月で「社員みんな嫌な人だ」と思って簡単に退職すると、転職した後も、再び辞めたくなる可能性があります

元々コミュニケーションをとることが苦手ではないか考えてみる

コミュニケーションが下手な場合、これを克服しない限り、どこの会社で働いても人間関係は良くなりません。今やめても状況は良くならないので、むしろこの機にコミュニケーション能力を鍛えることを考えましょう。

例えば、会話はキャッチボールです。話過ぎるのを避けて良い聞き手になりましょう。同僚や上司に対して誠実な関心を持って質問するのも良いですね。話を聞きつつ、自分の意見も伝えるのです。

笑顔を欠かさない、というのも会話を続けるのに役立ちます。笑顔は最高の自己表現です。自分も相手もリラックスして話ができます。

自分なんて、といつも悲観的になっていないか考えてみる

自分だけを責めても、人生は辛くなるだけです。仕事はおろか、家庭も崩壊します。誰もがミスをしたり、他の人を傷つける発言や行為をしてしまいます。むしろ、自分や他の人に対して楽観的になりましょう

交流関係で問題を抱えている場合、全てが自分のせいと考えると、会社が辛くなり「辞める」という決定になるでしょう。そうではなくむしろ、自分と他の人に対する見方を変えましょう。

すべての人に長所と短所があるという真実を受け入れるなら、平衡を保って自分と他の人を見られます。「私はこの会社を辞める方が、他の社員にとって良い」といった自己嫌悪に陥る必要はありません。

いつも原因を人のせいにしがちではないか考えてみる

失敗すべてを他の人のせいにしてしまう人は珍しくありません。多くの人が仕事を辞める大きな理由は「他の人のせい」です。「誰々がいるから、私は退職する羽目になった」と言って、転職します。

しかし、少し考えてみてください。人のせいにして会社を辞めたなら、またすぐに人のせいで仕事を辞めるでしょう。悪循環に陥るだけです。むしろ、自分が変わる努力をしましょう。

相手の人格を変えることはできませんが自分は変化できます。人間関係を良くするための技術を身につけましょう。今よりももっと上司や部下とうまくやっていくスキルがあれば、同じ会社で働き続けるにせよ、転職するにせよ役立ちます。

ミスは誰でも犯します。ですから「全て他の人のせい」と決めつけず、みんなが失敗するのだという考え方で仕事をしましょう。

いじめやパワハラを受けている場合は人事に相談してみる

嫌がらせを受け続けている場合、会社を辞めるという決定をしても仕方がありません。しかし、辞めずに済む方法もあります。身近なところから助けを得られることもあるのです。それは、「会社の人事」や「信頼できる人」に自分の状況を伝える、という方法です。

彼らに相談すれば問題改善の可能性があります。ある特定の人から攻撃を受けているなら、相談すると働く場所を変えてくれる場合があります。また、いじめている人に直接指導してもらえるでしょう。

人事部や信頼できる人に相談するだけで気持ちが楽になります。長年の経験から、いじめやパワハラに対処する実際的な方法も教えてもらえるでしょう。

それでも人間関係が辛くて仕事を辞めたい場合は?

上司や産業医に相談して働き方について考えてみる

会社を辞める方向で動いているとしても、ちょっと待ってください。上司や産業医に相談すると、人間関係での悩みが解消することがあります。

まず、上司が人間関係で悩んでいる自分を知らない、という場合があります。なぜやめようと思っているのか、状況を伝えましょう。親身になって聞いてくれます。事細かに相談するだけで、大きな違いがあります。

人によっては子供が親に相談するように感じて、話すのを躊躇するでしょう。それでも、上司や産業医に助けを求めるのは賢いことです。産業医は労働者の健康管理等についての指導や助言をしてくれる専門医です。一人で悩まず、助けを求めましょう。

「人間関係が辛いので辞める」と簡単に考えるのは残念です。産業医に会って話し合えば、場合によってはシフトの変更や他部署への移動ができたり上司や同僚との接し方についての具体的なアドバイスがもらえたりします

転職を視野に入れながら少しずつ準備を進めてみる

いきなり仕事を辞めても、生活が苦しくなるだけです。退職手当をもらえる可能性がありますが、それでも精神的には楽ではありません。そこで、会社に勤めながら「転職のための準備」をします

求人情報を検索できる転職サイトや、自分で検索しなくとも求人情報を提案してくれる転職エージェントが利用できるので登録しましょう。

転職エージェントは、専任のキャリアパートナーがマンツーマンで転職の後押しをしてくれます。転職希望者の強みも考慮して、ぴったりの会社を紹介します。転職希望者は、エージェントに寄り添ってもらえて助けが得られます。

転職サイトの場合は、転職エージェントに比べて気軽に利用できます。たいていは求人広告が転職エージェントより多いです。転職活動期間も長く設定できます。しかし転職先をたくさん紹介してくれる反面、自分ですべき作業もそれだけ多くなります。エージェントがつかないのでそれは仕方がありません。

「転職する目的は何か」もはっきりとさせておきます。曖昧な理由で転職すると、後悔するだけです。また自分の長所や短所、やりたいことや好みを理解しておけば、転職先選びが楽になります。

人生プランを立てるのも良いですね。「何歳までこの会社で働くか」「どんなスキルを身につけて働くか」をはっきりさせると、やる気が出ると共に、転職先を見つけるのに助けとなります。

職場環境を一度見てから職場を決めてみる

転職先を探していく上で、気になった会社を見学をするのはおすすめです。職場環境がわかり、人間関係が良好な会社かどうか、理解できるからです。

仕事内容も確認する必要がありますが、職場の雰囲気も重要ですね。笑顔があふれているかどうか、男女のバランスに偏りがないか、幅広い年代の人が働いているかを確認しましょう。転職先は「給料が高ければ良い」というものではありませんね。

会社は毎日会う人たちが働く場所なので、職場環境は転職を決める前に必ず見ておきましょう。社員同士の仲が良くて、皆リラックスして働ける会社を辛抱強く探しましょう。

人間関係の悩みを解決して仕事をきちんとこなそう

誰とも会わず一人で働くならともかく、会社員として働くには人間関係から離れられません。「失敗をすべて人のせいにしない」や「消極的な話をしない」などを心がけて、できるだけ今の職場で働きつづけてみましょう。どうしても難しければ転職です。その場合、転職目的をはっきりさせたり職場環境を一度見学しておくと、失敗を避けられます。

それでもやはり、努力して人と仲良く働けるようになるのなら、その努力は諦めたくないですよね。コミュニケーションスキルを身につけ、自分にも他人にも平衡のとれた見方ができたら良いですね。皆が長所と短所を持っています。お互いを受け入れつつ敬意を示して、会社で仲良く働いていきましょう。

ランキング

記事一覧