「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 人間関係
  4. ダメな上司の特徴や対策は?どう付き合っていけばいいの?
人間関係

ダメな上司の特徴や対策は?どう付き合っていけばいいの?

上司がダメだと部下はストレスが溜まる

社会人として働き始めた時に、多くの人が悩まされるのが人間関係です。一般的に上司というと仕事ができて頼りになるというイメージがありますが、全ての人が優秀なわけではなく上司に悩まされるケースもあります。

上司のタイプとして、尊敬できる上司やダメな上司など様々なタイプが存在するのですが、自分の上司がダメなタイプだった場合には部下としてストレスを抱えることになるでしょう。ここではダメな上司の特徴や部下にできる対策、ダメな上司の元でも楽しく働く方法、付き合い方でやってはいけないことを紹介していきます。

合わせて読みたい

ダメな上司の特徴

ダメな上司と部下から言われてしまうのには原因があります。実際、ダメな上司だと言われてしまう人は多く存在しているのですが、どのような特徴を持っているのでしょうか。そしてどのような時に、部下は上司のことをダメな上司だと認識しているのか紹介していきます。いくつか特徴はありますが、あなたの上司はこれらの特徴に当てはまっていないでしょうか。

合わせて読みたい

部下を育てる気がない

上司としての役割として、自分の部下にあたる人材を育てる必要があるのですが、ダメな上司は部下を育てる気がないです。部下が仕事上利益になる意見や新しい取り組みを考えたとしても、その意見や提案を認めない場合があり、部下にとっては非常にやりにくくなります。正しい意見であっても認められなければ、部下のモチベーションも下がってしまうでしょう。新入社員には特に失敗がつきものですが、そんな時でも次につながるような適切な指導やアドバイスをくれないので失敗を活かして成長することができなくなってしまいます。

部下が勝手に育つのを待っていたり、誰かほかの人が育てると勝手に思い込んでいる人もいます。自分が指導することを避けたがり、自分に責任が降りかからないように逃げているのかもしれません。

部下によって対応を変える

上司にも優秀な人とダメな人がいるように、同じように部下にも優秀な部下とあまり仕事ができない部下がいるでしょう。新入社員や経験の浅い部下であれば、仕事ができなくても仕方がない部分もあります。しかし、上司からして扱いやすく仕事を任せられるのは優秀な部下になり、部下の出来によって対応を変える人もいます。また、男性と女性で任せる仕事や指導方法を変えるなど、分かりやすい差別をする上司は信頼されません。

また従順で人付き合いの上手な部下だけが可愛がられて、正当な評価を受けられないこともあります。仕事上の評価が適切でないと、部下のモチベーションは下がってしまいます。

部下に言った内容を覚えていない

言動に一貫性がなく部下に言った内容を覚えていないのも、部下からダメな上司だと思われる特徴です。シチュエーションによって言うことが違っていたり、前回と今回とで指導内容が違っていたりすると、部下はどう行動したらいいのか迷ってしまうことになります。毎回いちいち上司に確認を仰ぐのも非効率的です。

また、自分が言ったことを覚えていなかったり、一貫性がない思い付きで行動するタイプであったりすると、言われたとおりに行動しても結局叱られるケースもあります。理不尽だと思われ、こういったダメな上司には指示を仰ぎにくくなるでしょう

部下の感情に配慮してくれない

仕事をしていく上で、大きな仕事を成し遂げたり目標を達成したりしたときには自分を評価してもらいたいという感情が働きます。しかし、ダメな上司の場合は部下が何かを達成しても褒めないことが多いです。素直に部下の成功を喜ばず、もしかしたら部下の方が優秀であることを認めたくないと思っている場合もあります。

不安を感じていることを相談しても何も対策を練ってくれなかったり、何かあった時部下の事情を組んでくれなかったりする人もいます。部下の気持ちに寄り添った対応をしてくれないので、こういったダメな上司からは自然と部下が離れていきます。

アンガーマネジメントができていない

人間なので優秀な人であってもミスをしてしまうことはあるでしょう。上司として部下のミスはきちんと指摘して指導する責任があり、その指導の仕方も重要なポイントです。中にはミスにイライラして「叱る」のではなく、感情的になって「怒る」「怒鳴る」「脅す」などの行動をとる人もいます。感情的にミスを責められると、部下は委縮してしまい通常の力が発揮できなくなってしまいます。

さらに、こういった上司は部下のミスに対して感情的に攻めるだけで、次からはこうした方がいいなどの指導やアドバイスをくれない場合が多いです。結局どう行動したら良かったのか分からないままになってしまい、同じミスを繰り返すことにもつながる恐れがあります。

社会人として尊敬できない

どれだけ仕事が出来る上司であっても、同じ社会人として尊敬できないような行動をとる人にはついていきたくなくなるでしょう。例えば社会人の基本であるビジネスマナーがなっていなかったり、服装や髪形など身だしなみが整っていなかったり、モラルがないなどという人は敬遠されがちです。

仕事はできて頼れる上司であっても、社会人としてだらしない部分があると素直に尊敬できません。部下が上司になった時にこういう上司になりたいと思われるような人が優秀であると言えるでしょう。

自分本位で部下を振り回す

自分の気分によって仕事のやり方を変えたり急な提案をしたりと、気分屋な面があるとダメな上司と思われてしまいます。冷静に仕事上の問題を分析して意見するのならともかく、自分本位で次々と発言をして振り回されたら困りものです。

また、仕事の手が空いて暇なときは普段は注意しないような細かい部分を指導するが、忙しい時には完全に無視して放っておくなど、その時々で態度を変えるのもダメな上司の特徴です。指導に関してはどんな時でも一貫して行うのが優秀な上司としての務めでしょう。

合わせて読みたい

部下を守る気がない

何かあった時には責任を取るのが上司の役割ですが、ダメな上司は部下を守る気がなく責任を取る覚悟がありません。優秀な上司であれば、職場内で何か問題が起きた時に責任を取る立場であることをわきまえていて、部下のミスをかばい自分が後始末をするという責任の取り方をします。このような上司であれば部下も上司のために頑張ろうと努力するでしょう。

反対にダメな上司は、職場内で問題やトラブルが発生したら責任を取る気がなく、全ての責任を自分以外の社員になすりつけたりミスの後始末から逃れようとしたりします。もしこれが仮に上司が犯したミスから起きたトラブルであったとしても、同様に責任逃れをする場合もあります。

前時代の働き方をひきずっている

時代の移り変わりとともに、社会人としての働き方や同僚上司などの職場の仲間との付き合い方も変化しています。しかし自分の常識や働き方、付き合い方を変えていくことができずに、前時代の働き方をひきずっている人もいます。

世代が離れていても優秀な上司であれば、若い世代の感覚や働き方を察知してくれるでしょう。反対にダメな上司の場合には、前時代の感覚のまま無理な残業をさせたり飲み会に強制的に参加させたり、パワハラやセクハラの基準が部下と違っていて部下がやりにくく感じてしまいます。

ダメな上司に対して部下ができる対策

自分の上司が使えないタイプだった場合、仕事のモチベーションが下がってしまい上司に対してストレスを感じてしまいます。しかし、自分で上司を選ぶことはできず、仕事をしていく上で上司との関係は切りたくても切ることができません。ここでは、そんなダメな上司を持ってしまった時に、どのように対策すればできるだけストレスなく仕事を円滑に進められるかを紹介していきます。

積極的にコミュニケーションをとる

ダメな上司と仕事をすることはストレスをためることにつながってしまう恐れもありますが、逆に積極的にコミュニケーションを取って歩み寄ってみると良いです。どういう思いがあって仕事をしているのかを理解することができて上司の特徴をつかむことで、今後やりやすくなるかもしれません。

積極的にコミュニケーションを取ることで、関係性が良くなり信頼関係が芽生える可能性もあります。仕事をしていく上で相手との信頼関係はとても大事なポイントなので、コミュニケーションを取って損はないでしょう。

合わせて読みたい

自分がいまどんな状況にあるのか他部署の上司にも知ってもらう

ダメな上司のもとで仕事をすることは、様々なトラブルを引き起こす要因にもなります。さらに自分の仕事を円滑に進めることが難しくなる可能性もあります。現状のまま仕事を続けていくことは得策ではないと思うのであれば、自分の今の状況を他の部署の上司に話してみるのも一つの手です。

他部署の上司とよく話すようにして、自分が今上司からどんな指示をされているのかを把握してもらえれば、トラブル時に助けてもらえたりダメな上司に何かアドバイスしてくれたりといった可能性もあります。しかし他部署の上司から直属の上司にアドバイスがいっても、聞き入れてもらえないなど具体的な解決につながらない場合もあります。

上司のさらに上の人と仲良くなる

上司との関係がうまくいかないまま仕事を続けていくと、自分の仕事に対する正当な評価が受けられないままになってしまうこともあり得ます。上司との関係が築けないのであれば、さらに上の人と仲良くなり信頼関係を築くのが良いでしょう。

ダメな上司から批判されるようなことがあったとしても、上司よりさらに上の人との関係を作っておけば守られることも考えられます。また、ダメな上司にさらに上の人から指導してもらえるかもしれません。

上司との会話には誰かを巻き込むようにする

ダメな上司には、言ったことを覚えていなかったり仕事ができなかったりといった特徴がありました。そんな特徴を持っている場合には、上司と会話をするときに誰かを巻き込むことで、発言した内容を証言してもらう役割を持たせましょう。後からそんな指示は出していないと言われても、複数人が聞いていれば自分の記憶が間違いだと気づくでしょう。

さらに上司との会話の中でおかしな指示を出された時にも、複数人いればやんわりと軌道修正していくことも出来ます。一対一だと上司が自分の意見が絶対的に正しいと感じてしまいがちですが、複数人いることによって様々な意見を聞くことができて自分の意見を修正してくれるかもしれません。

明らかにモラルに反する言動があれば指摘していい

社会人や人としておかしいと思えるような明らかにモラルに反する言動をする上司もいることでしょう。現代の社会で問題になっているパワハラやモラハラなどを行う上司もいて、上司であることをかさにして精神的に追い詰めてくることも考えられます。

我慢することも人間関係において大切かもしれませんが、自分ばかりが我慢していてはストレスが溜まってしまいます。こういった場合は指摘しても良いでしょう。直接指摘するのは難しいので、上司よりさらに上の立場にいる人や人事、職場の窓口などに相談すると伝えやすいです。

合わせて読みたい

ダメな上司の下でも楽しく働く方法

残念ながらどこの職場に行っても、ダメな上司というのは存在します。完璧に優れている上司というのはあまりおらず、上司といえど一人の人なのでここは尊敬できるけどここは受け入れられないといった部分もあるでしょう。ダメな上司のもとで働くのは働きにくさを感じてしまいますが、そんな環境の中でも楽しく働いていくにはどうしたらいいのか紹介していきます。

合わせて読みたい

仕事内容が好きならモチベーションは自分で維持する

ダメな上司のもとで働くことは様々なデメリットがあり、働きにくさから仕事に対する意欲まで下がってしまうという人も多いです。モチベーションが下がった状態で仕事に励んでも、当然楽しくありません。

仕事内容に関しては楽しさを感じていたり憧れていてやっと入れた会社だったりといった場合には、自分でモチベーションを維持していくのがポイントです。仕事のやりがいは自分で見つけて、ダメな上司に振り回されないようにしましょう。

合わせて読みたい

同僚と協力し合えば仕事は楽しくなる

ダメな上司がいるだけで仕事がやりづらくなってしまいますが、上司に関する悩みを抱えているのは自分だけではない場合が多いです。仕事を一緒に行う同僚も、上司に対して同じような感想を持っているかもしれません。同僚と協力し合って仕事を行えば、お互いに認め合い成長しあっていけるのでダメな上司の元でも楽しく働けるでしょう。

また、お互いにダメな上司について相談しあえることでストレスも軽減できます。ですが、上司の話題を口にするときには会社など他の人が聞いているかもしれない場所では注意が必要です。知らぬ間に上司への不満が本人に伝わってしまうかもしれません。

合わせて読みたい

他部署と仲良くなって異動を狙うのもあり

ダメな上司からは離れたいけど、今の会社を辞めるのは嫌だと感じている人も多いのではないでしょうか。手っ取り早く今の上司から離れるためには、自分が異動するのが一番です。

他部署の上司と仲良くなることで信頼関係を築き、今の上司に関する悩みを相談したり異動を希望していることを伝えたりして異動を狙うのも一つの策です。他部署の上司との関わりを持つことで、目標にしたい理想の上司を見つけることができたら仕事に対するモチベーションも上がります

合わせて読みたい

ダメな上司も人間的には魅力があるかもしれない

仕事はできないダメな上司であったとしても、関わる中で人間的には魅力があるかもしれません。仕事をしていく上でどうしても関わりを持たなければいけない存在であるので、相手にネガティブな印象ばかりを持たずに、長所を見つける努力をしましょう

上司に対して「この人はダメな上司だ。一緒に働きたくない」と批判的に接していると、意外と相手にその感情が伝わっているかもしれません。仕事をする中で上司との関係が悪化すると、非常に仕事がしづらくなってしまうので要注意です。

合わせて読みたい

良い反面教師が身近にいると思えばいい

ダメな上司の姿を見ながら一緒に働いていると、上司として尊敬できない部分や問題点が目に付くでしょう。一緒に働くのは確かに働きづらい存在ですが、いつか自分が部下を持った時に同じようにならないために反面教師が身近にいると思えば良いです。

上司の立場からの指導方法や言動でこうした方がいいのではないか、と部下として思うことをしっかり覚えておきましょう。ダメな上司のもとで働いた経験が、いつか近い将来役に立つかもしれません。間違っても自分がダメな上司にならないように注意が必要です。

合わせて読みたい

自分が上司のポジションを狙って頑張ればいい

部下からしてダメな上司と思われてしまうような人は、大抵仕事の出来が悪く自身の評価も低いことが多いです。そんな上司が部下の上に立っていると、連携がうまくいかないことからトラブルも起こりやすく部署全体の士気が下がってしまう要因にもなります。

こうなったら自分が仕事を頑張って認めてもらい、上司のポジションを狙うのも手です。自分が上司の地位に立てば、現在ストレスを感じていてうまくいっていない仕事も、効率よく進めていけるでしょう。

合わせて読みたい

ダメな上司との付き合い方でやってはいけないこと

ダメな上司と仕事をしていくことは、仕事のやりづらさを感じてストレスもたまりやすいでしょう。ですが、ダメな上司だからといって一切関わらないわけにはいかず、うまく付き合っていかなければいけません。ダメな上司の付き合い方は神経を使わなければならず特に難しいのですが、付き合い方の中でやってはいけないこともあります。こちらがどれだけ正しくても、自分が損をしてしまうことになるので注意が必要です。

合わせて読みたい

対立しない

ダメな上司であるからといって対立するのは良くないです。仕事ができなかったり社会人として尊敬できなかったりと、様々な問題を抱えていたとしても上司は上司です。

直属の上司は自分の評価を決める立場にあるので、ボーナス査定などで仕事内容に見合った正当な評価を受けることが難しくなってしまいます。せっかく仕事を頑張っても個人的に嫌われているからという理由から正しく評価されなければ、自分だけが損をすることになってしまいます。

一人で立ち向かわない

いくら理不尽と思えるようなことがあっても、一人で上司に立ち向かわないようにしましょう。場合によっては立ち向かっていったあなたに賛同してついてきてくれる同僚もいるかもしれませんが、通常であれば下克上は実際の社会では好まれません。

また、どれだけ正しい意見を述べたとしても、あなたに賛同してくれる人がいなければ孤立してしまう恐れがあります。今以上に働きにくい環境を自分で作り出してしまう可能性があるので、決して一人では立ち向かわず冷静に対応するのが良いです。

ダメな上司とうまく付き合おう

どの業種、どの会社であっても、残念ながらダメな上司というものは存在します。中には尊敬できる理想の上司と出会える人もいますが、ダメな上司のもとで働くことになる場合も多く、仕事に対するモチベーションが上がらなかったり仕事そのものが楽しくなくなってしまったりします。ですが、人間関係の悩みは仕事する上でどうしても出てくるもの。ダメな上司に振り回されるのではなく、自分で仕事に対するモチベーションをあげて楽しく感じられるような働きやすい環境を作り出しましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧