「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 人間関係
  4. 仕事の人間関係をストレスと感じてしまう原因と10の解消法
人間関係

仕事の人間関係をストレスと感じてしまう原因と10の解消法

仕事の人間関係をストレスに感じる原因は?

仕事をするうえで、何をストレスとして感じるかは人それぞれ違います。しかしそんな中でも、退職・転職を考える人が悩むストレスとして大きいのは「人間関係」です。

転職会社などが実施する「仕事を辞めた理由はなんですか?」というアンケートでも、「人間関係」という回答は常に上位に入っています。

では、仕事でいま人間関係のストレスに悩まされている場合、どのような対処ができるのでしょうか。また、退職・転職を決断した場合は、どうすればよりよい環境に移れるのでしょうか。本記事でご紹介します。

ストレスに潰されそうならミイダスで自分の市場価値を診断してみよう

仕事でストレスが溜まっていると、「転職したい」とは思っても、一歩を踏み出す気力がわかないものです。そんなときに使えるのが、「doda」などでおなじみパーソルキャリア社の提供する無料サービス「ミイダス」。

ミイダスでできることは2つ。まずは簡単なプロフィール入力で「自分の市場価値=想定年収」が診断できます。さらにそのまま待っていると、あなたの市場価値を認めてくれた企業から、書類選考免除の転職オファーメールが届きます

MIIDASをおすすめするポイント
  • 登録は3分で完了。無料で自分の市場価値から転職活動までスマホで簡単にできる
  • 登録後すぐに、あなたを求めている企業からオファーが届く
  • 7万人の転職事例を見られるので、あなたと同じ悩みを持った人の事例もきっとある

自分のスキルが本当に足りていないのか?自分と同じ境遇の人はどれくらい転職をしているのか?そしてどれくらい年収が増えて転職をしているのか?が、無料ですぐにわかります。スキマ時間ですぐできる診断なので、ぜひ試してみてください。

対人関係のストレスにはどんなものがある?

職場の対人関係というと、大きく分けて上司・同僚・部下があります。それぞれの立場の違いのせいで、また相手との性格の不一致のせいで、ストレスの溜まるような場面もあるでしょう。ここではそんないくつかの例を見ていきます。

上司とそりが合わない

誰しもそりが合わない人はいますよね。それが職場の上司だとすると関係を絶つわけにはいかないため、ストレスの原因になってしまいます。

そりが合わないと仕事上で必要以上に反発してしまったり指摘を受けたときには、過剰に悪意を感じたりしてしまいます。その為、業務に支障が出てきます。そうなってしまうと、どんどんお互いにストレスを感じて関係は悪化していきます

合わせて読みたい

上司が使えないと感じてしまう

年功序列式に出世して実力の伴っていない上司には、下記のようないらだちを感じて、使えないと思ってしまうことがあるでしょう。

チェックポイント

  • 仕事の効率が悪い
  • 単純なミスが多い
  • 具体的な指示をしてくれない
  • 理不尽に叱られる

しかしこのような上司は、自分のことを仕事ができると思っていることが多いので、改善を求めても変わらない傾向にあります。部下として働く人は相当なストレスを感じてしまいます。

合わせて読みたい

同僚との出世争いにストレスを感じてしまう

ただ真面目に仕事をしていても、評価されることは少ないでしょう。やはり上司に対して上手くアピールしないと出世の道は開けません。

そんな中でもし出世に貪欲な同僚がいた場合、手柄を横取りされたり、あなたの評価を下げるようなことを陰で言っていたり、手段を選ばずに蹴落とそうとしてくることもあるでしょう。このような言動をされていると分かったらストレスを感じざるを得ません。

同僚と良い関係が築けない

同僚と仕事で関わる時間は、上司以上に長く密接です。良い関係が築けず、殺伐とした雰囲気のまま一緒に仕事をするのは、かなりのストレスですよね。

さらに相手が自分勝手な行動をして業務が滞ることもあるでしょう。そうなると連帯責任で叱られてしまいます。そんなときには、「自分の責任ではないのに」と怒りがこみ上げてきてしまいます。

部下の指導がうまくいかない

社会人2年目以上になると部下もついてきます。しかし部下には、あなたの言ったことが伝わらない場合もあります。

さらに性格の不一致で、反発してくるかもしれません。何度も同じことを言っているのに一向に覚えてくれない、いちいち反論してきて言うことを聞かないなどイライラする場面は多いですよね。

しかも部下の失敗は上司であるあなたの責任でもありますので、叱られるときは連帯責任です。これでは部下にストレスを感じるのも仕方のないことです。

モチベーションの低い人に悪影響を受ける

モチベーションの低い人がひとりでもいると職場に悪影響を出してしまいます。モチベーションの低い人は、作業スピードが遅かったり、効率が悪かったり、細かいミスが多かったりと職場の足を引っ張ってしまいます。それを補うために、周りの人が本来しなくて良い仕事をすることになります。

さらに、モチベーションの低い人は、周りのモチベーションの低くなかった人のモチベーションまで下げてしまうことがあります。

人間関係のストレスを溜めやすい人の特徴とは?

仕事に人間関係のストレスはつきものです。しかし、それを軽く受け流せたり、笑い飛ばしたりできる人と、「辞めたい」と思うほどに悩んでしまう人がいます。

これは個々人の性格や人生経験によるところが大きいので、すぐに変わることは難しいです。それでも、「自分はこういうタイプなのか」と客観的に自覚しておくと、少しはストレスが和らぐかもしれません。

人間関係での失敗体験が多い

もともとコミュニケーションが苦手だったり、「小中学校の時、二人一組を作る活動でよくあぶれた」「大学に入ったら友達が作れなかった」「LINEでブロックされたことがある」など、ネガティブな思い出がある場合、人間関係への苦手意識が募っていきます。

そのため、ちょっとした嫌なことにも敏感になり、ストレスが溜まっていく傾向にあります。

そのうえ、自分にも原因があるとわかっているからこそ、かえってコミュニケーション力の強い人に目が行って嫉妬してしまったりして、余計にストレスになるのです。

前向きな話をしてくれる相手がいない

仕事の愚痴で盛り上がってストレス解消をするのもひとつの方法です。しかし、愚痴しか話せない相手や、愚痴を言うと愚痴が返ってくる相手というのは問題です

友人などに仕事の悩みを話した時、共感してもらえたり、なぜそんなに悩んでしまうのか一緒に考えてもらえたり、励ましてもらえるのはありがたいですよね。辞めたほうがいいという場合でも、建設的なアドバイスをしてもらえたなら、説得力があります。

問題なのは、仕事の悩みに対して、すぐ「辞めたらいい」「会社なんてどこもそういうもの」と、いわば本質を見ようとせずにやさぐれた態度を取る人です。このような人ばかりのコミュニティにいると、「自分の職場はダメだ」と強く思い込むようになってしまいます。

プライドが高すぎる

極端にいうと「自分のやり方が一番正しい」「自分以外は全員間違っている」と思っているような人は、他人に対してストレスしか感じません。

また、少し不満があったくらいで「他人は自分をもっと丁重に扱うべき」「自分は基本的人権を侵害されている」と思ってしまうような人も同様です。

誰でも、自分の意見は通したいものですし、他人に尊重してもらいたいと思うものですが、少しその気持が行き過ぎてはいないでしょうか。ときには自分の未熟さを認めて謙虚になることで、周りの人の見え方も変わってくるはずです。

職場全体の雰囲気もストレスに関わる?

ストレスの原因になるのは、特定の相手と合わない場合だけではありません。

特に誰か一人のせいというわけでなくとも、会社全体として雰囲気が悪かったり、各種ハラスメント(嫌がらせ)など雰囲気が悪くなる原因を放置する傾向にあれば、働く社員のストレスは溜まっていくでしょう。

雰囲気というのは、一人ひとりが集まってできているものだからです。

パワハラやセクハラ・社内のいじめがある

厚生労働省によると、パワハラは3人に1人が感じている問題です。

従業員調査の結果をみると、過去3年間にパワーハラスメントを受けた経験があると回答した比率は 32.5%(およそ3人に1人)と、平成24年度実態調査の 25.3%(およそ4人に1人)よりも増加している。企業の取組が進みパワーハラスメントに対する関心が高まったことが増加の理由のひとつと考えられる。

引用:厚生労働省「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」

加害者はもちろん、パワハラを認識して放置していた企業にも、法律上の罰則があります。それくらい重大なことので、パワハラが原因でメンタルが不調になるのも当然です。

セクハラも同様に法律で規定がされていて、違反すると罰則があります。いじめについても、暴行罪、恐喝罪などに問われる可能性は大いにあります。それくらい重度のストレスを与える原因になのです。

参考:厚生労働省「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言取りまとめ」

新卒入社した企業がブラックだったらJAICでやり直そう

せっかく就職活動をして入った会社が、ハラスメントの横行するブラック企業だった……。そんなとき、もしあなたが20代であれば、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)にサポートをしてもらえるチャンスがあります。

JAICは、フリーター・既卒・第二新卒を、若さに可能性を感じてくれる企業とマッチングさせてくれる無料の支援サービスです。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICは、若者を一人前のビジネスマンに育てる支援プログラムを行う一方で、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」といった企業との連携を進めています。

そのため、職歴・経歴に自信がない20代のうちでも、ホワイト企業の正社員として就職のチャンスがあるのです。ぜひチェックしてみてください。

職場に派閥がある

職場の派閥というとおおげさかも知れませんが、職場内で何となく一緒にいるグループは見かけますよね。特に女性が多い職場でよくあるようです。

このグループ間での争いに巻き込まれると気苦労が絶えず、ストレスを感じてしまうでしょう。巻き込まれないように中立な立場をとっていても、「どっちつかずの対応で気に食わない」など、とばっちりで矢面に立たされることもあります。

妊娠出産や子育てに理解がない

マタハラ(マタニティハラスメント)については男女雇用機会均等法の第9条に記載があり、不当な扱いをすることは禁止されています。

しかし職場内には、未だにマタハラは存在しているのが現状です。男性にとっては未知の領域ですので「つわりくらいで休むな」など、心ない言葉をかけてしまうこともあるようです。女性からも嫉妬などから「身体に負担のかかる作業をあえてやらせてくる」や「無視をされる」など、嫌がらせをされることもあるようです。

女性差別がある

性別を理由にした差別的な扱いは、男女雇用機会均等法で禁止されていますが、女性差別は習慣として残ってしまっています。「女なのだから…」という取れる発言をしてしまう男性社員はまだまだ多いです。また女性だからといって過度に優しい対応をされるのを、逆差別と感じる人もいます。

女性の昇進が遅かったり、男性に比べて女性の賃金が安い会社もあるのが現状です。このような風潮は、女性にとってストレスになります。

行きたくなくても飲み会に付き合わされる

社会人として働いていると、付き合いでの飲み会は断りにくいものです。お酒が苦手な場合でも、苦手なことを理由には断りにくいです。

付き合いでの飲み会の最中に、酔っ払った上司にパワハラまがいのお酒の強要や、セクハラ発言をされることもあります。また苦手なお酒を飲んで気分が悪くなってしまったりもします。このような飲み会が続くと、楽しいはずのお酒の席がつまらなくなってストレスを感じてしまいます。

仕事が忙しく会社全体が殺伐としている

仕事に追われるほど忙しいと、同僚や上司と話している時間ももったいないと感じてしまい、普段より接し方が雑になります。すると相手の気分を害してしまうこともあります。

このようなストレスが蓄積していくと、会社全体が殺伐とした雰囲気になり、コミュニケーションの頻度が下がります。連携が上手くできなくなり、仕事の質も下がるという悪循環に陥ります。

最悪の場合、経営を脅かすような問題が起きてしまう可能性もあります。

周りに嫌な顔をされてしまうので休みにくい

有給休暇を取得することに対して、協力的ではない職場が多いです。私用で取得する場合、繁忙期を避けるなどの配慮をしたにも関わらず、嫌な顔でしぶしぶ許可たらイライラしてしまいますよね。また忌引きや親族の結婚式など、有休をどうしても取らないといけないときにでさえ嫌な顔をされると、かなりのストレスを感じてしまいます。

取引先からのクレームが多い

自分の受けたクレームがもし、会社の落ち度や、あなた自身のミスで取引先に迷惑や損害を出してしまったことに関してなら、真摯に謝れるはずです。

しかし、取引先のワガママを断ったことでクレームになる場合もあります。例えば、「今日は荷物を受け取れなくなったのに送ってくるとは何事か」「来週の予定を今日にしてくれないのは我々を軽視しているのか」など、道理の通っていない理由で責められると、ストレスを感じてしまいます。

人間関係のストレスを解消するにはどうすればいい?

人間関係というのは、「自分と相手」の関係が寄り集まってできています。そのため、相手に改善を求めるだけでなく、自分のほうでできる対策をするのも重要です。自分の考え方を変えるだけでも、ストレスがぐっと減ることはあります。ここでは、自分を変え、相手も変わるように促すための、ヒントになりそうな10の項目を挙げていきます。

まずは自分の言動を振り返る

あなた自身のストレスを解消する前に、まずあなたが周りの人に嫌な思いをさせていないか振り返りましょう。もし思い当たることがあったとしたら、しっかりと反省して、二度と同じことをしないように心がけましょう。

今、あなたが誰かに嫌な思いをさせられているのは、あなたがしたことに対する仕返しかも知れません。あなた自身が変わることで、仕返しがなくなる可能性が高いです。

他人は他人・自分は自分と割り切る

今一緒に働いている人たちは、たまたま同じ職場を選んだだけの単なる他人です。価値観も人それぞれです。しかもそれは、大人になるまでの長い時間をかけて形成されるものなので、すぐには変わりません。変えられないと言っても過言ではありません

そのため、他人は自分と同じではないという認識を持つことで、イライラし怒りを覚える回数を減らせます。また違いを認識することで、「違うだけなのだから仕方ない」というふうに心に余裕が出てきます。

仕事だけの関係だと割り切る

職場の人とは一生の付き合いになるわけではありません。会社では、配置換えやあなた自身の出世などにより、周りの環境が変わっていくものです。この先、どのくらい一緒にいるのか分からない人たちのために、あなたの貴重な時間を使ってしまうのはもったいないと考えましょう。

併せて、ポジティブチェック(周りの人の良いところを見つけようとする行動)も大事です。今まで単なる嫌な人だった上司や同僚が、少しはいい人に見えてくるでしょう。

ハラスメントやいじめは適切に報告する

もしあなた自身がパワハラやセクハラ、いじめを受けているのであれば、すぐに報告しましょう。一般的には、人事労務部門に相談窓口があります。大きな会社であれば、専属の産業医やカウンセラーが常駐しているので、そこに相談しましょう。

このような問題に直面していても、無理をして我慢をしてしまうと、重大な精神疾患を発症してしまうリスクがあります。最悪の場合、自殺まで追い詰められてしまいます。

忙しい中でも挨拶は欠かさない

誰しも忙しくなってくると、心に余裕がなくなり、周りへの対応が疎かになってしまいます。しかし忙しいときにこそ、挨拶を怠ってはいけません

会社の中であなた一人だけが忙しいわけではありません。同じ職場で働いているならば、みんな忙しいはずです。挨拶もなく仕事をはじめ、時間になったら帰る人には好感は持てません。挨拶の他、片付けや整理整頓も忘れずに行いましょう。忙しいことを言い訳にせず、人としての基本を忘れないでください。

誰に対してもお礼と謝罪は忘れない

感謝と謝罪は人にとって基本的なことです。日常生活では言える人は多いでしょう。しかし仕事になると、仕事なのだから感謝されなくともやるのが当たり前という風潮になります。

一度初心に帰って、「部下に頼んだ仕事が出来上がったときにお礼が言えているか」「同僚に迷惑をかけたときには謝罪ができているか」など自分の仕事ぶりを振り返ってみましょう。もしできていないことがあったら、すぐに相手に感謝や謝罪の言葉を伝えてください。

時には嫌われる勇気も必要

人間関係を良くしようとして、誰にでも合わせるお人好しになっているばかりでは、状況は好転しません。一見、良好な関係が築けているように見えますが、それは言いたいことを必死で抑えて、我慢をしているだけです。

はっきりと物を言うことで最初は嫌われてしまうかもしれませんが、次第に組織全体の風通しが良くなり、業務が円滑に回るようになります。あなたの仕事もやりやすくなり、ストレスは減るでしょう。

行きたくない飲み会でも参加してみる

今まで避けていた飲み会にも参加してみると、意外な話題で人との共通点が見つかるかもしれません。そうなると、「相手へ好意を抱く」「相手を認めやすくなる」などプラスの効果が期待できます。

そのため職場の人間関係でも、上手くいっていない場合には、自分と相手の似ているところを探すと改善する可能性が高まります。人との類似性を探すために飲み会に参加してみるのも、一つの手段です。

終業後の楽しみや趣味を持つ

ジムに通ったり、行きつけのカフェで読書をしたりと、仕事のことを考えなくて済む趣味の時間があると、嫌な思いをしてもリフレッシュできます

自分に対してのご褒美を作るのもおすすめです。「これが終わったら、あのお店で食事する」「プレゼンが上手くできたら、欲しかった洋服を買う」などです。普段よりも難易度の高い仕事をするときには、やり遂げるためのモチベーションになります。モチベーションを高く持てると、ストレス耐性も高まります

仕事に関係のない人と過ごす

同僚や上司と話していると、どうしても仕事の話になってしまいます。特に男性同士の場合はその傾向が強いです。せっかく飲みに行ったとしても、結局仕事の話になることも多いです。

そこで、全く仕事に関係のない人と休日や仕事終わりを過ごして、他愛のない話に華を咲かせてみましょう。このときには、仕事の話題は避けて、おもしろかった映画の話などポジティブな話題を選ぶとさらに効果的です。また相手もポジティブな人を選ぶようにしましょう。

人間関係の良い職場に転職するためのポイント

ストレスの解消法を実践しても、職場の環境そのものが改善するのには時間がかかります。そんな場合、環境が良くなるまで待つ必要はありません。自分が耐えきれない苦しさを感じているなら、それ以上に心身が悲鳴をあげないうちに会社を去るのもひとつの手段です。

ここでは、転職を考えているあなたへ、人間関係が良い職場の特徴や、選ぶときのポイントを紹介していきます。

親身に相談に乗ってくれるエージェントを選ぼう

転職を考えた時に使える転職支援サービスには、自分のペースで情報収集ができる転職サイトと、プロのトータルサポートを受けられる転職エージェントがあります。

転職エージェントといっても、直接面談だったり電話面談だったり、「○○業界専門」のように分野が分かれていたり、さまざまな種類のサービスが存在します。

もし「信頼できるプロに相談してこの先のことを決めたい」と目的が固まっているのなら、エージェントに直接会って面談できるサービスを選びましょう。

マイナビエージェントは全国対応で地方にも拠点があり、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。
マイナビエージェントをチェックしてみる

会社の雰囲気を尋ねて社内見学をする

近頃では、中途向けの会社説明会や社内見学を実施している企業が増えてきています。求人誌や求人サイトに書いてある内容も大切ですが、実際に体験するのも同じく重要です。

会社説明会は、実際に働いている方と話をするチャンスです。今の職場の雰囲気や仕事の進め方など、あなたにとってストレスに感じやすい部分を重点的に質問してみて、転職活動の参考にすると良いでしょう。

社内見学の見るべきポイント

社内見学は、一部にはなりますが、実際に会社の中を見られます。そのときに見るべきポイントはこの4つです。

チェックポイント

  • 仕事場全体はきれいか
  • 個人のデスクは片付けられているか
  • トイレや給湯スペースはきれいか
  • 見学者に挨拶があるか

仕事場のきれいさでは、仕事の忙しさや職場の人同士が連携して働いているかを測れます。個人のデスクについては、個人の仕事の忙しさ、その個人のモチベーションの高さを測れます。トイレや給湯スペースからは、業務の忙しさ、会社の社員への配慮の度合いが測れます。見学者に挨拶があるかについては、仲間に対しての扱い方が現れます。

40・50代が活躍する職場を選ぶ

若手が多い会社は、何らかの理由で退職者が多く、中堅が育っていない可能性があります。理想的な会社なら、若手が順調に経験を積み、40代、50代になっても働き続けているはずです。

多様な世代が活躍していることは、会社としての実績を意味します。大人の余裕のようなものもあり、若手もそれに影響されて落ち着いた雰囲気になることが多いです。ストレスを感じて悩んだ場合にも、人生経験の豊富な先輩に相談できることでしょう。

年中求人の出ている会社は注意が必要

転職しようと思い求人を見ていると、いつ見ても、どのサイトでも募集をしているような会社があります。こういった会社には注意が必要です。退職者が多く、人員が足りていない可能性が高いです。退職者が多くて新入社員ばかりになると教育が疎かになり、新人がすぐに辞めてしまうという悪循環が起こります。

しかし一概に良くない会社という判断をしてはいけません。会社自身が急成長をしていて、人員が足りていない場合もあります。

家族・一族経営の会社も注意が必要

幹部が家族や一族に占有されている会社は、ワンマン経営である傾向が強いです。ワンマン経営の特徴は、完全にトップダウンで、幹部の言うことは絶対遵守という封建的なところです。

また家族経営の会社は、出世しにくいのも特徴の一つです。優先して息子や親戚に役職を与え、一般社員はなかなか出世できません。「自分の方が仕事はできるのに」と不満を募らせてしまうでしょう。

男女比に偏りがない会社を選ぶ

会社の男女比も重要なポイントです。男性優位だと、男性特有の下ネタや女性蔑視のような発言が横行し、産休や育休にも配慮してもらえないことがあります。逆に女性優位だと男性の影響力が小さくなり、力仕事を全て押し付けられて冷遇される傾向にあります。

そのため、業界にもよりますが、特に男女どちらかに特化した業種でないのなら、性別に偏りの少ない会社を選ぶのがおすすめです。

良い職場で働くには自分の努力も大切

人間関係が悪くなるのは、全ての原因が相手にあるわけではありません。あなたにも少なからず原因はあると思いましょう。転職を期に自分の仕事での振る舞いを振り返って、次の職場では同じ失敗をしないように努力することが大切です。

仮に今よりいい職場に転職できても、あなたが同じ失敗を繰り返してしまったら、全て台無しになってしまいます。自分の性格を変えるのは、かなりの労力を使いますが、諦めずに続ける気持ちが大切です。

人間関係をスムーズにして働きやすい職場を見つけよう

人間関係でストレスを感じているのは、あなただけではないということを忘れないでください。世の中には同じ悩みを持つ人がたくさんいて、解決のためのノウハウや体験談もたくさん見つかります。

転職を考えているとしたら、開き直って新しい自分を始めましょう。そのためには、今までを振り返り、良くない部分は改めて、良い部分はさらに伸ばせるように心がけてください。

人間関係が良好な会社で、自分も努力を怠らないことが大切です。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧