「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事が向いてないと思った時の判断ポイントは?原因・理由を解明
仕事辞めたい

仕事が向いてないと思った時の判断ポイントは?原因・理由を解明

自分の仕事が向いていないと思う原因・理由は?

仕事をしていると、どうしても自分には向いていない、と感じてしまうことも良くあります。
しかし、どうしてそう思ってしまうのか原因や理由を明確に分かっている人はそう多くはいません。
今仕事が向いていない、と感じている人はどうしてそう思ってしまうのか原因や理由を探っていきましょう。

不得意な分野の仕事をしている

仕事に向いていないと感じる原因や理由の一つとして自分の得意なものではない、不得意な分野の仕事を行っているということも挙げられます。
不得意な分野で自分の得意なスキルや知識などが活かせないとなると、非常にやりにくさも感じられて仕事を終わらせるのに時間がかかってしまいます。

周りがスイスイ仕事を進めている中で、不得意な分野に四苦八苦しながら時間をかけて仕事をこなしている現状に嫌気を感じてしまうことも「自分はこの仕事に向いてない」と感じてしまう原因です。

仕事で失敗ばかりしてしまう

仕事をしていると失敗というのは付き物です。
誰だって失敗をしてそれを何とかリカバリーしながら仕事をしているわけですが、そうした失敗が連続してしまうと自分の仕事に対して自信が持てず仕事に向いていないのではと考えてしまうことがよくあります。

一回失敗してしまうと注意だけでも相当落ち込んでしまう気分が最低まで落ち込んでしまいますから、嫌なことばかり考える中で自分の向き不向きについても考えてしまうでしょう。
失敗ばかりの連続が、向いていないと考えさせてしまう原因です。

任された仕事がスムーズに進めることができない

仕事をスムーズに進めることができないと、自分の力不足などを実感してしまい向いていないと感じてしまうことがあります。
特に、それまでその仕事を任されていた前任者が非常にスムーズに仕事を進めている様などを見ていると自分は本当にこの仕事が向いているのか、というところに疑問を持ってしまいます。

仕事の失敗も自分が向いていないと考えてしまう原因でもありますが、仕事の進み具合も向いていないと考えてしまう原因の一つです。

淡々とした作業で仕事の楽しさがわからない

仕事というのは基本的に同じ作業の繰り返し、ということがほとんどです。
そのため淡々とした作業を延々と繰り返している場合、仕事に楽しみを見出すことができないままつまらない作業を繰り返すだけになります。

そうした楽しさを感じられないままの仕事だと、やる気も無くなってしまい「本当にこの仕事をしていていいのか」ということから向いていない可能性についても考えてしまいがちです。
特に他の人が楽しそうに作業をしている場合は、楽しさを見出せない自分は向いていないのではと考えてしまうでしょう。

毎日同じことの繰り返しだとネガティブになってしまう

仕事というのは基本的に同じようなことの繰り返しではありますが、自分の同期が新しい仕事などを任されていると自分にはどうして新しい業務が任されないのかというところで自分の仕事に対して不安や不満が出てきます。

同じことを毎日繰り返すことは更にネガティブな心境にもなってしまいますので、自分の向き不向きも深く考え込んでしまい、自分にはきっと向いていないのだと思い込んでしまうでしょう。

会社の企業文化が合わない

業務において全く文句はないものの、会社独自の企業文化というものが存在している場合、その文化が肌に合わないとどうしても自分に向いていないのでは、と感じてしまうことがあります。
企業文化には時間が経つことで慣れてくることもありますが、どうしても無理だと感じてしまうと向いていないと感じてしまう原因です。

向いてないな、と感じてしまう原因としては業務や仕事の内容に関してが一番多いはずなのに、こうした環境についても自分には向いてないな、と感じさせる原因や理由になってしまいます。

仕事が向いていないと思う人が判断する6つのチェックポイント

では、仕事が向いていないと思う人が実際に向いていないかを判断するためのチェックポイントを見て行きましょう。
チェックポイントは全部で6つ、自分が向いているかいないか迷っているのならそれを判断しながら見て行くのもおすすめです。

今の仕事が楽しいと思えるか?

実際に今仕事をしていて、楽しいと思えるかどうかというのは非常に大きなポイントの一つです。
仕事をしていて充実している、こなしていくのが楽しいという人は仕事に向いているともいえるでしょうが、非常につまらないという人は心境的に向いていない状態になりつつあります。

これからの仕事内容の変化や取り組み方次第でいくらでも改善することは可能ではありますが、心境的に向いていないと考えやすいでしょう。

やりがいや目標が達成された時の喜びはあるか?

仕事において向いていると強く感じるのは、目標を達成したことによる達成感と満足感を得た時です。

楽しく仕事をするのはもちろん重要ですが、それ以上にやりがいと満足感などの喜びを感じられない仕事ほど、向いていないと実感するものはありません。
今、何も充実感や満足感などを得られない場合は向いていない仕事である可能性が十分にあるでしょう。

自分のための成長につながっているか?

仕事というのは満足感ややりがいを感じるだけでなく、自分のスキルをより充実させるためにも行う人は大勢います。
そうした人たちはより自分が理想としている状態に成長したいために仕事に取り組んでいますが、そうした成長につながっているという実感や役立つスキルなどが必要な仕事であるという確信が無いと、何のために仕事をしているのかという考えを持ってしまいます。

自分の成長のために仕事をしていきたいと考えている場合、自分の成長につながらない仕事に向いていないと判断することは多いです。
その仕事を通じて、自分はどんな成長をすることができているのかを一度確認してみると良いでしょう。

尊敬できる上司や先輩がいて目指せる場所があるか?

仕事をするにあたって、一番の目標となるのが上司や先輩などの尊敬できる先達です。
特に大きなプロジェクトに関わり成功している先輩などがいれば、より自分もそうなりたいという目標として目指す場所を定めることができますが、そうした上司や先輩がおらず、自分が目指したい場所も特にない場合は仕事に意味を見出せなくなります。

目標を持てない仕事ほど向いていない仕事だというものはありません。
自分の今の仕事環境や周囲にいる人間について考え、尊敬できる人やこうなりたいという目指す場所があるかを考えてみましょう。

常に仕事のことばかり考えていて苦しくなっていないか?

仕事とプライベートをそれぞれ充実させて楽しく過ごせている場合は非常に向いている仕事であるともいえますが、向いていない場合は仕事の進み具合などをどうすればいいのかということを常に考えてしまい、頭が痛くなってしまうこともあります。

せっかくのプライベートなのに仕事のことばかりで悩んでしまい、苦しい思いをしているのであればそれは向いていない仕事である可能性も十分に秘めているでしょう。
自分が仕事とプライベートをそれぞれ両立させ、充実しているかというのも判断ポイントの一つです。

自分の仕事が向いていないと思い込んでいないか?

きちんと仕事をこなすことは出来るけれども、自分の持っているスキルや知識などから「これは向いていない」と思い込んでいるかどうかも判断ポイントの一つです。

向いていない、と思っていても本当はとても向いている仕事であるということは十分に考えられます。
自分がどうしてこの仕事は向いていないと考えてしまったのか、その切欠について一度振り返ってみると良いでしょう。
実はそれほど重要ではないことだけで、勝手に判断している可能性もありますから、実は向いているということに気付けるチャンスである場合もあります。

仕事が向いていないと思ったらどんな人に相談すべき?

仕事が向いていないと判断ポイントなどから考え、思った時にはいきなり自分だけで転職や仕事の改善などを考えるのは少し戸惑ってしまいます。
そんな時には人に相談することが一番です。
どんな人に相談すればいいのか迷った時に、おすすめの人選についてまとめてみました。

彼や夫など身近な人に相談する

仕事について相談するのであれば、まずは自分がどういう人間なのかプライベートを含めて良く知っている恋人や家族などの身近な人に相談してみると良いでしょう。

特に同じく働いている人であればどういうところがその仕事に対して向いていない可能性があるのか、ということも考えてくれるはずです。
自分で判断することなく、客観的な意見を聞くことで自分がどういう人間でどうしてその仕事に向いていないのかを見つめなおしていきましょう。

上司や先輩に相談する

仕事のこと、ということなので身近な人ではなくもっと普段の仕事ぶりなどからもアドバイスが欲しいというのであれば上司や先輩など職場の人に相談してみるのもおすすめです。

特にその仕事を割り振った上司や先輩には、どうしてその仕事をあなたに任せたのか理由があるはずです。
どうして任されたのか、という理由から向いていない部分等も含めて普段の仕事ぶりを知る人から客観的な意見を聞いてみましょう。

自分のやりたいことを仕事にできている友人や知り合いに相談する

仕事に対しての向き不向きを考えるときに、相談しておいて損はないのがやりたいことを仕事にできている友人や知人です。
やりたいことを仕事にできていると、仕事がどれだけ苦しくても頑張ることができ自分の目標に向かって楽しく仕事を行うことができます。

やりたいことであっても、どうしても仕事は苦しいものです。
中には給料の面からも転職を考える場合もあります。
しかし、どれだけ苦しくても給料面に不満があっても頑張れる秘訣やそこまで頑張って達成したい目標はどういうものなのか、という前向きに仕事をするためのポイントについて聞いてみると非常に良いアドバイスをもらえることでしょう。

転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談する

より専門家の意見を聞きたい場合は転職エージェントなどに登録して、専任のキャリアアドバイザーに相談してみるというのも一つの方法です。
キャリアアドバイザーの人たちは転職することを決めた人たちの理由から向いている職業の相談にも乗っていますので、まさにうってつけの人材と言えます。

家族や知人はもちろん、会社の人たちにもあまり相談したくないという人も自分の現状や仕事への不満も含めて相談しやすいでしょう。
そのまま転職することも選択肢に含めているのなら、おすすめの相談者です。

それでも仕事が向いていないと思う人が行動すべきこと

向いていないかの判断ポイントや、誰かに相談してみることでやっぱり自分はこの仕事に向いていないと実感した人はどのように行動すべきなのでしょうか?
向いていないと思ったからこそやっておきたい行動について、それぞれ見て行きましょう。
自分が向いていない仕事に対してどうするべきかを纏めながら少しずつ実行していくのもおすすめです。

仕事に対して何を求めているかを整理する

仕事に向いていないと思った時、自分は仕事に対してどういったことを求めているのかをまずは整理しておきましょう。
自分のスキルを活かしたい自分が得意なことを仕事にしたいなど人によって違う求めるものをきちんと把握すると、自分が仕事に対して不満を抱いていることが良く分かります。

すると、分かった不満や求めるものを仕事で得られるようにするにはどうすればいいのかを考えることにもなりますので向いていない仕事を向いているものにするための方法にもつながるのです。

短期・中期での目標を設定する

満足感ややりがいを感じられないことで、仕事が向いていないと思ったのであれば仕事において短期と中期での目標を設定することがおすすめされます。
目標を一つ一つ達成することができればその目標ごとの達成感を実感できるため、これまで何も感じなかった仕事を頑張ってやっていこうという気持ちになります。

また、同じような仕事であれば一度クリアした目標をもっと難易度を上げることで作業効率仕事の質を少しずつ上げて、仕事自体を満足できる仕上がりにしていくことでやりがいを感じられるでしょう。

仕事の成果は出せているか・評価されているかをチェックする

仕事において重要視されるのが成果をきちんと出せているか、評価されているかということです。
成果が出せず、きちんと評価されていない場合はやる気も出ませんし、実らない努力に向いていないと判断してしまいかねません。

仕事をこなすことで、上司や先輩たちがどういった反応をするか評価をされているのかを少しチェックしてみると向いていないと思っていたのが実は思い込みである場合もあります。
仕事をしながらその成果について、そして評価について上司や先輩の反応などからもチェックしてみましょう。

自分の将来像を描いてみる

向いていない仕事をしていても、将来的に自分のためになるのであれば頑張れるものです。

しかし、その向いていない仕事の先に自分の将来像が見えないのであればそこまで頑張って行うべき仕事なのかも悩んでしまう状態になってしまいます。
自分の目指すべき目標がその仕事の先にあるのか、というのは向いていない仕事と判断した時に転職するかどうかを含めて一番に考えるべきポイントでもあるでしょう。

自分がこれから先どういった人間になりたいのか、将来像を考えて一度自分の状態を振り返ってみましょう。

可能であれば一度短期間でも仕事から離れてみる

向いていないと判断した時、自分の現状とこのまま続けていくことに関して冷静に考えるためにも、有給や連休などを利用して少し仕事から離れてみるのもおすすめの行動です。

仕事をしながら考えてみると、その日のミスや疲れなどからきちんと考えることができない場合もありますので、一度仕事から完全に離れるための期間を作るというのは大切です。
向いている向いていないをもう一度判断するため、そしてこれから転職するか頑張るかを考えるためにも、仕事から完全に離れた期間や時間はとても重要です。

理想を追い求めすぎていないか冷静に判断する

仕事から離れた期間や、休みの間に向いていないかを判断した後、仕事についても少し振り返ってみるのも必要です。
仕事に対してどういったことを求めていたのか、という疑問と一緒に向いていないと判断したのは仕事や将来に対して理想を追い求めすぎているのではないか、というのも判断してみましょう。

自分では何気ない理由で向いていない、と判断していても他人から見るとそれは理想を追い求めすぎている、という場合も十分に考えられます。
給料や職場環境・仕事の内容など高望みが過ぎていることはないかも考えてみましょう。

自己分析をして自分を見つめなおしてみる

自分の得意不得意というのは正確に把握している人はそういません。
仕事に対しての得意不得意というのは特に把握していない場合も多いので、向いていないと感じた時に、紙などに一度自分の得意なこと不得意なことをそれぞれ書き起こして見るのも良いでしょう。

自分のことを見つめなおすことで、仕事をどのように行うべきか、不得意なことをどうカバーするのかということも考えられるますので、向いていないからこそきちんと把握しておくべきポイントです。

自分を見つめ直そう

自分の得意不得意から、毎日行われる業務への感情なども含めて向いていないと感じてしまう要素はたくさんあります。
しかし、そんな時だからこそ自分を一度見つめなおすことが必要です。

仕事をどのようにこれから行っていくべきか、不得意なことやミスの多い部分をどうカバーするべきかということも含めて考えていくことができます。
他の人に相談して、自分に対する客観的な意見も取り入れながら自分のことを見つめなおして、これからの仕事のことに関して考えていきましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧