「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたい人の理由ランキング!あなたの理由は何位?
仕事辞めたい

仕事を辞めたい人の理由ランキング!あなたの理由は何位?

仕事辞めたい理由ランキング

人が「仕事を辞めたい」と思う理由は様々です。人間関係がうまくいかず職場へ行くのが辛くてもう辞めてしまいたいと考えている人もいれば、仕事が忙し過ぎて時間通りに自宅へ帰れないことに不満を感じ退職を考えている人もいるでしょうし、単純作業や面白味のない仕事にやりがいを感じられずもっと他のやりがいを感じられる仕事に転職したいと考えている人もいるでしょう。

そういった個人的な悩みではなく、家族の介護のために仕事を辞めざるを得ないという差し迫った状況に置かれている人もいるかもしれません。また、中には早くにいい相手と巡り会って結婚して、寿退職をしたいと夢見ている女性もいるかもしれません。このように一口に「仕事を辞めたい理由」と言ってもその人が置かれている立場や状況は様々であり、「仕事を辞めたい」の一言だけからでは図りきれないそれぞれの事情を抱えているのです。ここでは仕事を辞めたいと感じる人が多い順にランキングにしてみました。仕事を辞めたいと感じている人は自分はどんな理由で辞めたいと思っているのか考えながら参考にしてください。

仕事をやめたいと考え始めた人に。転職支援ツール「ミイダス」

「ミイダス」は、dodaなどでおなじみのパーソルキャリア社が提供するサービスです。転職支援サービスの一種ですが、他と違うのは、自分からはなにもしなくとも転職のチャンスがやってくるので、まだ転職活動に本気でない人にとっても使えるということです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスでできることは二段階です。まずは会員登録を兼ねてプロフィールを入力すると、転職市場における自分の価値=想定年収が診断できます。そのあとは待っているだけで、自分の市場価値を認めてくれる優良企業からスカウトメールが届く仕組みです。

しかもスカウトがあった時点で書類選考は通過したことになるので、他の転職支援サービスよりも内定にたどりつきやすいのがメリットです。まずはぜひ診断をチェックしてみてください。

合わせて読みたい

1位:職場内の人間関係がよくない

仕事を辞めたいと考えた理由で最も多かったのは人間関係に関することです。人間関係において小さいことから大きいことまでが影響し精神的に負担になってしまうなど、気にしなければどうってことないのですが職場で毎日のように顔を合わせる相手の場合はコミュニケーションを疎かにするわけにもいかずどうにもできません。それぞれ育った環境が違うため、職場の人間関係は合う合わないが必ずあります。

日本の人は思ったことをストレートに伝える事が苦手なので、会社でのストレスも言えない、上の人との付き合いも断れないといった具合に精神的に溜め込んでしまい、次第に人と関わるのが嫌になってしまします。仕事の内容は問題なくやりがいを感じているのに職場に行くのが憂鬱で辞めたいと考えている場合は、職場の人間関係に関して悩みを持っているということになります。職場の人に対して嫌いというよりも苦手という理由で悩む事もあります。

人間関係に問題のある職場を脱出。「転職力診断」を試してみよう

職場の人間関係の問題は、自分一人で解決しようと思ってもなかなかどうにもできません。しかし、いざ見切りをつけて転職先を見つけようと思っても、慣れた職場を変えるのはハードルが高いですよね。そんなときは「転職力診断」で自分を客観的に見つめ、今後の計画を立ててみましょう。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断では、転職力や想定内定社数の他、「自己分析力」「タイミング把握力」などの6つの観点から、自分の強み・弱みがわかります。出た結果は、転職時の自己PRなどにぜひ活用してください。

2位:どんなにがんばっても評価されない

仕事をどんなに頑張っても正当に評価されない場合、辞めたいと考える人が多いようです。事務職などバックヤードの業務を担当している人は1度は考えた事があるのではないでしょうか。どんな会社でも欠かすことのできない経理処理や勤怠管理などの仕事を一手に引き受けている事務の人間は、本来なら皆から感謝されるのが当然です。でも実際には、正当な評価を受けられていないと感じることが多くあります。

社内でも嫌味や陰口や悪口を言われる事があり、捉え方によってはパワハラです。「事務仕事なんて誰でもできる」「替わりはいくらでもいる」「事務ならもっと仕事のスピードが早いと思った」など、評価されないだけでなく、下に見られ嫌味を言われる事がある職場は少なくありません。事務職はやって当たり前と考えられている事が多く、このような経験をした人は多くいます。

このように一生懸命取り組んできた仕事に対して正当な評価を受けられない体験が続いて意欲が低下してしまい、さらにはパワハラ・セクハラまがいの扱いまで受けるようになって自分の存在自体を否定されているような気分すら覚え、ついには仕事を辞めたいとまで考えるようになってしまいました。どんな仕事であっても自分に与えられた仕事を全うし、それが正当な評価を受ける。それが本来の職場のあるべき姿だと思うのですが、実際にはそうではない職場も多いようです。

仕事を辞めたいときマイナビエージェントに登録して転職を考えてみよう!

仕事を辞めたいと思っている人の中の理由は色々あると思います。
辞めたい時、次をどうするか・・・そこが一番気になるところですよね。そんなときコンサルタントに相談できるマイナビエージェントを使って転職活動をしてみませんか?

普通の転職サイトでしょ・・・と思ったあなたも編集部がお勧めするポイントを下記でお伝えします!
>マイナビエージェントをチェックしてみる!<

なぜマイナビエージェントがおすすめなの?

編集部がマイナビエージェントをおすすめする理由は3つです!

マイナビエージェントをおすすめする理由

  • コンサルタントがいるので職種や業界が決まっていない状態でも最適な提案をしてくれる
  • 他社に比べて20代向け・エンジニア向け・IT向けなど幅広い業種を扱っているのでマイナビ自体の転職のノウハウがたまっている
  • 職種や業界が決まればコンサルタントが業界選任制なので深いアドバイスをもらえる
  • あなたに合った仕事やあなたがやりたい仕事をしっかり見極めることができる

どんな職種や業界がいいか決まってない人でも、これから転職をしようか迷っている人マイナビに相談すれば何か新しい希望が見えてくるはずです!

>マイナビエージェントをチェックしてみよう!<

3位:給与など待遇が悪い

仕事に対するモチベーションを保つためにも、「給料」は非常に重要な要素です。仕事の量や質を考えた時に納得できる金額をもらっていればいいですが、「あれだけ働いてこれだけか」と1度思ってしまうと、モチベーションはどんどん下がっていきます。いくらやりがいがある仕事でも給料が低いと徐々にやる気は失われていきますよね。

給料に不満を感じている場合は、まず「仕事量」「売り上げ」「給料」の3つを見比べてから交渉することが重要です。

1.仕事量に対して給料が少ない場合

この場合は、上長や経営陣に対して仕事量についての交渉をすべきでしょう。こなしている仕事量に対してどれほどのお金が動いているかを把握して、それが見合っていないのであれば徒労であると言わざるを得ないでしょう。またはボーナスに反映してもらう、残業代を見直してもらうなど、給料面の見直しをしてみましょう。

2.売り上げに自分は貢献しているのに給料が少ない場合

この場合は、上長や経営陣に対して給料や待遇について話をする必要があるでしょう。「売り上げ」という数値としての結果が出ているのに、結果に貢献した社員をないがしろにするような会社であるとも判断されうる以上、他の社員のためにもしっかりと交渉するべきです。

合わせて読みたい

4位:休日出勤や残業など拘束時間が過度に長い

平日休日に関わらず朝から晩まで仕事に明け暮れ、友達の食事の誘いにもうまく乗れず今となっては友達もだいぶ減ってという人は少なからずいます。その分仕事の達成感は感じられますが、同時に体力の限界を感じ時々は辞めたいと思う事もあると思います。

また仕事以外の行事や勉強会などがプラスされればさらに大きな負担になり、独身であればまだなんとか我が身一つで乗り切れますが、既婚者に至っては最も大きなダメージです。もっと効率的に家事がうまく出来れば良いのですが、その前に体力の限界で疎かになりがちなため、パートナーとの喧嘩は耐えなく危うく離婚にもなりかねません。

平日休日問わず会社による拘束時間が長いのも、辞めたいと感じる理由では多いようです。

5位:会社独自の社風

会社に入社してから分かったその会社内のダークな部分や、会社の社風など一個人の力では変えられない難しい部分があります。入社前は知らなかったが体育会の風土が過ぎる、常にピリピリとした空気が漂っていてミスが許されない、など様々です。会社の社風やイメージが違うと、入社するべきではなかった、辞めたいなどの感情が大きくなっていきます。

毎月の部署の飲み会など、参加自由であれば問題ないのですが、強制参加が暗黙の了解である場合、嫌でも参加が強制されます。社内のイベントや飲み会など、多数の人とコミュニケーションがとれる場を楽しめる人は問題ありませんが、苦手な人もいます。その人にとっては社内イベントは地獄のようなものなのです。会社内の環境や、イベントなどは実際に入社してみなければ分からない事が多いのです。これがストレスとなり、辞めたいと感じる人も多いようです。

転職を考えてみる

6位:担当の仕事内容がつまらない

私達は24時間あるうちの約8時間を仕事に費やしています。残業等がある場合はもっと長い時間になります。そんな長い時間行っている仕事が好きではない、何らかの理由で苦痛であるというのは、自分自身で無駄な時間を過ごしていると思ってしまいます。お金を稼ぐためと割り切る事ができれば良いのですが、人間は不思議な生き物で一度無駄な時間と思ってしまったら辞めたいと強く思ってしまいます。

また上司が頼りにならないという事もあり得るので、業務内容改善の他に原因があるので降り出しに戻ってみましょう。上司のせいであなただけ面白みのない仕事をさせられている可能性もゼロではありません。業務内容によって辞めたいと思っているのなら、まず改善策がないか冷静に判断しましょう。

ただしやりたい事がある場合はすぐに仕事を辞めてもいいと思います。その場合はやりたい事へと向かい一刻も早く走り始めるべきです。

7位:家族など身近な人の介護

現代社会は少子高齢化が進み、介護が必要な人、介護をしなけれなならない状況にある人が増えてきています。自分以外に介護をする人がいない環境であればあるほど、仕事を辞めてでも介護をしなければと思う人が多いのではないでしょうか。介護をしなければならないという理由で会社を辞めるという選択をする人も少なくはないと思いますが、避けるべき選択肢です。

例を挙げると、親の介護をしている人で、定期収入として親の年金が使える場合は、今の仕事を辞めてしまっても良いと考えるかもしれません。しかし、もし親に不幸があった場合、年金の受給はなくなります。いざ復職しようとしても、数年にわたって仕事を離れていたことになり、結果的に再就職もなかなか決まり辛くなってしまうのです。また、介護期間分の仕事に対するブランクもあり、仕事の感覚も鈍ってしまうというデメリットがあります。

8位:妊娠した

今やっている仕事につらさを感じたり、これから続けていくのはなあ、と思う方もいるかと思います。そこでもし子供ができてしまったら、これを機に今の仕事から離れようという人もいるかもしれません。また、それとは逆に仕事が気に入っていて、これからもずっとこの仕事を続けていきたいなと思っていても、妊娠してしまったために職場で働き続けるのは難しい、という人もいるかもしれません。

どちら人の場合でも、お腹に子供を授かっているときに職場からはなられようとする場合に、どのように上司に切り出すのが良いのしょうか。子供を授かることはおめでたいことで、喜ぶ子べきことです。しかし、どうしても、子供がおなかにいる場合とそうでない場合では体調や健康状態に不安定さが出てきてしまうものです。そのために、妊娠をした場合には、仕事ととの付き合い方について考えていくことも大切かもしれません。体調の変化により、出社できない日が多くなるなど、チームのメンバーやまわりの関係者に迷惑をかけざるを得ません。妊娠した場合は速やかに上司に報告し、どうのような対応をすれば良いか相談しましょう。

合わせて読みたい

9位:仕事ができない上司の指示に従いたくない

どんな会社を見ても仕事ができない上司は必ずいます。もちろん、すべての上司が尊敬できないわけではありません。この人にはこれからもずっとついていきたいなと思えるような人もいます。しかし、自分より職場にいる年数が長いからと言って、みなが優秀な上司だとは限らないのです。

ある職場では、上司が女性の服装について常にコメントしてきます。例えば、「もっと脚の形にフィットしたパンツをはいたほうがいい」などと、「お前のためだ」と言わんばかりに、上から目線の話し方をする人もいます。しかし、明らかにその上司は脚フェチで、セクハラのように、毎日毎日気持ちの悪い事を言われ続けて女性社員はストレスを溜め込んでしまいます。身近な上司なので、きつく言うこともできず、ただただ耐える毎日です。

尊敬できない上司を、尊敬しろと言われてもそれは不可能な話です。これを解決するためには、どちらかが職場を離れなければなりません。そのまま仕事を続行しても、このような上司のために精神を病んでしまうこともありますので、職場を去るというのも、一つの対処法であるのです。

10位:上司や同僚によるセクハラ

これは飛び込み営業のアルバイトをしていた女性の話です。仕事の内容は大変でしたがやりがいもありましたし、お給料や仕事仲間の面でも環境が良かったのです。ただ一つ困っていたことがありました。それは室長による「セクハラ」です。飲み会では上司の指示もあり隣に座らせられ、やっとの思いで乗り気っても帰りのタクシーも相乗りさせられる始末。もちろんその車内では体を触る、タクシーをホテルに向かわせようとするなどのセクハラ三昧でした。

その度にかどが立たぬようにうまく断り続けてきましたが、回数を重ねるごとにエスカレートしていくセクハラ行為、仕事の面でも徐々に増えていくノルマ。そして唯一心の支えであった良き仕事の仲間達が次々と退職するなど、たくさんの要因が重なり結局我慢の限度を越えてしまったために退職することになりました。このように上司や先輩など目上の人のセクハラが原因で仕事を辞めたいと感じる人もいます。

合わせて読みたい

11位:肉体的につらすぎる

絵を描くことが大好きな少年がいました。絵を描く仕事をしたいと強い思いをもっていた少年は幼い頃からの夢が叶い、アニメ制作会社に絵を描くアニメーターとして就職することができました。夢を叶えるべくアニメーターになるための専門知識を学べる学校に通い、そこで学んだことを実践し、見る人を感動させられるような作品を作りたいという希望をいただて仕事を始めたはずでした。しかし、その強い思いは徐々に失われ、今ではアニメに対する思いはまったくなく、仕事から離れたいということだけを考えています。

会社に入って初めて行った仕事は、作業が大きく滞っている作品のアニメでした。初めて担当する仕事は少々きつくてもやり遂げて自分を成長させたいと、家に帰る時間を惜しみ、約1ヶ月会社に泊まり込み作業を続け作品を完成させることができました。この仕事で報酬を得るためには、いくつ作品を完成させたかによって決まります。そして、作業が早く仕上げよい絵を描かなければなりません。

報酬を得るために、多くの絵を描き作品を完成させようと休みをとることなく仕事を続けました。そんな生活を続けてしばらくたった頃、異変に気づきました。体が動かしづらくなっているのです。なんとか両手は動くのですが、以前はなんともなかった段差でつまづいたりと足がうまく動かないのです。仕上げた仕事によって報酬が支払われるため、月に6〜7万円程度しか収入がありませんでした。そのため栄養価の高い食事を満足に採れていませんでした。

そんな生活を続けていたため常に栄養失調の状態であり、それに加え多くの仕事に追われていたため重度のストレスをかかえ体が不調を訴えたのだと思います。夢をもって選んだ仕事なのに、今では現実から離れてしまいたいとそんなことばかり考えています。私の心はもう疲れきっているのでしょうか。

typeの転職力診断で自分の価値を知って転職活動を始めてみよう!

転職する前には自分の価値を知ることで転職先のある程度の目途を付ける事ができます。
無料でできる転職力診断テストで使って自分の想定年収や内定をもらえる数を把握してみませんか?

>typeをチェックする<

typeの転職力診断テストで何がわかるの?

typeの転職力診断は画像の通り、自分の転職力を採点してくれたり、予想内定社数、年収がわかるです!また、転職を成功するために必要な6分野を判定してくれアドバイスを受けることができます。
予想内定数や年収を知ることで自分の価値をこの診断でわかることができ、それがなんと無料でできます!

是非簡単にできるtypeの転職力診断で自分の価値を確認してみてください!

>typeの転職力診断をやってみよう!<

仕事辞めたい対処法の紹介

憧れていた職業の求人を探して、見ていた(保険会社経理/36歳男性)
自己啓発本を片っ端から読みあさって考え方を変えた(介護福祉士/25歳女性)
忙しすぎて転職先を探す時間さえなかったから、とりあえず仕事を辞めた(IT企業/28歳女性)
異動願を提出した(住宅販売会社営業/30歳女性)
どんな相手でも優れている面はある。その部分をリスペクトして、そのほかの部分には目をつぶった。(工場勤務/27歳男性)
頑張った分だけ評価される外資系企業に転職した(建設会社営業/34歳男性)
宝くじが当たるのを楽しみにしている(IT企業営業職/33歳男性)
上司も同僚もそれぞれ大変なんだろうな、と思うと、前よりストレスを感じなくなった(営業事務/24歳男性)
社内で恋をしてみたらしたら楽しくなった(広告代理店/27歳女性)
お寺に行き、座禅に参加した(公務員/24歳女性)
イヤなことから離れて、何も考えずにで毎日を過ごした(地方公務員/32歳男性)
今までなかった変化を起こした(通信会社営業/28歳男性)
上司に仕返しをした(IT企業技術職/26歳男性)

合わせて読みたい

会社をやめたい人の口実や会社に伝える6つの理由

この仕事から離れたいと思っても、実際にそれを伝えるのはかなり緊張するし、できればしたくないですよね。もしあなたが入社したてで期待されている時期ならば申し訳ないと思ってしまうこともあるだろうし、仕事を進めて行く上で重要な立場にいて、明らかに今辞めたらみなに迷惑をかけてしまうだろうと分かっているのならますますやめにくいはずです。

仕事が出来なかったり職場の同僚とよく馴染めてなかったりしているなら「やっぱりあの子は無理だったのね」と思われて悔しい想いをしてしまうでしょう。そして、さらにあなたはこの「仕事を辞める理由ランキング」を見てるほど、仕事に対してやめたいと思う気持ちが強いのですから、本当の理由は甘え的なものだったり、決して言えるような理由ではないのかもしれません。しかしせっかく働いてきた会社だからこそ、波風を立てることなく退社したいですよね。ここでは円満に会社を辞めるための理由を紹介します。

合わせて読みたい

転職すると伝える

これが、1番無難な理由だと思いますが、昇進したいという希望や、ほかの業種に勤めてみたいなどの理由で転職をするかたが多いと思います。相手の方に引き止められるということは、ほとんどないと考えられます。テンポよく話がまとまるケースが多いです。ですが、注意点としては次の就職先が決まっているかが大切です。

ハッキリと「もう来月から始める予定なんです。」と、日にちまで決めて伝えてしまえば完璧です。また、もし次の就職先が決まっていなくても、職場が自宅の近くでない限り、今何をしているのかを知られる心配もありません。辞める理由を考えすぎるのも分かりますが、逆効果になってしまう可能性もあります。ですので、ここはハッキリと「転職させてください。」とお伝えした方が、会社にもご自身にも良いことだとおもいます。

合わせて読みたい

何も言わずに立ち去る

社会人としてどうかとは思いますが、「何も言わずに立ち去る」という方法も人気があります。辞める理由を考えたり、辞めるのに時間がかかったりするのは面倒なのですぐに辞めるために無断で辞めることが一番楽だと考える人が多数います。確かに無断で辞めるのは一番楽かもしれませんが、今まで築いてきた人間関係も壊れ、また職場から家が近かった場合どこかで出くわしてしまう可能性もあります。

それに今ではネットで簡単に検索が出来てしまうためすぐにバレてしまう可能性もあります。出会わないかバレてしまわないかという恐怖感に悩まされるかもしれません。仕事を無断で辞めたことへの罪悪感などから心引きずる部分もでてくるでしょう。その時はめんどくさいことかもしれませんが後にまで引きずるよりかはきちんと理由を話退職するのが一番いいです。

合わせて読みたい

親の介護と伝える

仕事を休みたい時にも、理由に使われる奥の手が親ですよね。一度は親を理由に仕事を休んだという方も多いのではないでしょうか。

なぜ親を理由にしやすいのかというと、その理由が本当なのか判断が付きにくく疑わしくても、本当のことだという可能性も考えてなかなか「本当のことなの?」とは聞きづらいですよね。疑いをかける事自体が良くない事と見られてしまいます。

やはり両親に何かあった時は、心身ともに辛く仕事どころではなくなってしまうということは、理解が得やすくなかなか第3者の他人が口を出すのは難しいことです。両親に何かがあった場合は、どうしようもなく仕方のないこととして認識されていると言えます。しかし、何かをきっかけに嘘がばれた時、以前の職場で最低の人間として扱われるでしょう。また仕事を辞める口実をして、両親を理由にして嘘をつくのはやはり気が進まず、後ろめたさと罪悪感がついて回りますよね。

うつ病になったと言う

退職理由を病気だと理解してもらう伝え方です。

「精神的な限界を迎え、それが体調にも現れる様になってしまって」

と、聞き手に「うつ」を連想させるような言い方をします。根本的な原因が何かはっきり分かる理由では、退職せずともどうにかなると思われかねません。「うつ」だと思えば、どういう対応で改善するかは人それぞれ。決まった方法がないので止むを得ないと理解され易いのです。

確認もできないので、後日偶然笑っている姿で鉢合わせをしてしまっても、「うつ」が嘘だということにはなりません。突然のうつ宣言を怪しまれたくなければ、信憑性を持たせる雰囲気を、あくまで自然に出しておきましょう。自分がうつを理由に心配されたいだけの人が嫌いなだけに心苦しいですが、どうしても揉める事なくすんなり辞めたい時の最終手段に使うかもしれないです。

合わせて読みたい

夢を語ってみる

円満退社をしたいがために、仕事に対して自分を正当化する理由は大概は失敗するものです。言い訳ともとれる言葉を重ねても、分かる人にはバレています。上司に理由を深く問い詰められ、辻褄が合わなくなり、ウソがバレたという話を良く耳にします。最も良いと思われる退社理由には「今の仕事にそれほど不満は無いけど、自分には将来叶えたい夢があります」

これを言われれば退社を止める方も止めずらくなります。ネガティブな印象を待たれなくて済みます。そしてこれならば円満退社に近く、送迎会もあるでしょうし退社後の付き合いも苦ではありません。

しかし自問自答してみましょう。本当は退社の理由は仕事が辛いからなのか?これは逃げているのか?自分に明るい未来はあるのだりうか?新しく歩もうとする道は輝いているのか?希望に満ち溢れているのか?

退社というのはあなたにとってのスタートです。そのスタートラインに立ったご自分は、不安な表情ですか?それとも生き生きとした表情ですか?
あなたが後者であるならば周りは応援のエールをしてくれます。

スキルアップのため

現在勤めている会社を、更なるキャリアアップのためにに退職したいと考えている場合に大切にして欲しいことがあります。それは退職理由の伝え方です。退職したい旨を伝える際に、すでに転職先が決まっている場合も、退職してから現状より条件の良い企業に就職活動する場合も、人によって様々なパターンがありますが、いずれによっても大切になってきます。

どの場合も、退職予定の会社から見ればキャリアアップしたいくらいやる気があるのならなぜうちで頑張らないのか、やる気のある会社員にはうちには残って欲しい、と考えるはずですよね。今現在所属しているその会社が、どのような会社であったかは容易に想像できませんが、今まで自分を育ててくれた会社であることに違いはありません。退職理由の伝え方も書類と口頭でしっかり使い分け、誠意ある伝え方を心がけましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧