1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めるときにこういうことに注意 気を付けたいポイント

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

仕事を辞めるときにこういうことに注意 気を付けたいポイント

仕事を辞めると決めたら確認しておきたい3つのこと

毎日の仕事が辛い、心境的にも体調的にも不調になってしまって辞めてしまいたいと考えてしまうことがありますし、そうではなく自分のスキルややりたいことのために辞めて新しい職に就くことを考えることもあります。

しかし仕事を辞めるというのは自分のためとはいえ、かなり大きな決断と言えるものです。
後々になってやっぱり辞めなければよかった、もっと頑張ればよかったということを思う人も少なくはありません。

仕事を辞めるということを決めたのであれば、後悔しないように確認しておきたいこと3つとは一体どういうものか、後悔なく仕事を辞めたい人はぜひチェックしておきましょう。

仕事を辞めたい本当の理由

仕事を辞めるという一大決心を決めたら、辞表を出す前に「どうして自分が仕事を辞めたいのか」というのを一度振り返って考えてみることが実は重要になります。

仕事が辛いから、合っていないと思うからという理由でもあるでしょう。しかし自分が仕事を辞めたいと思った決め手となったものを一度振り返って、本当に辞めて後悔しないかどうかをしっかりと考えておかなければなりません。

自分が辞めたい、と思った時の理由が仕事の不手際などの改善可能なものであるのなら、辞めるのは少し勿体ないとどこかで考えている可能性もあります。
辞めることを決めた理由は本当に辞めて後悔しないものなのか、一度改めて確認してみましょう。

退職というのは、一度退職届を出してしまえば取り返しがつかないものになりますので、後々自分が新しい職場などで悔んだりしないためにも、自分の辞めようと思った本当の理由を確認しておくことはとても重要です。

退職しない場合とした場合のメリット・デメリット

辞めるとなると、退職することでのメリットやデメリットをきちんと把握しておくことも大切になります。
やり直しの効かないものですので、自分が退職した後に悔まないためにも退職する際のメリットとデメリットについてここで確認しておきましょう。

退職におけるメリット

退職をすることでのメリットというのは、主に3つです。

ある程度のゆっくりした時間を得られる

転職するための手続きや面接をすぐに受けられる

新しい職場のために、これまでの自分を振り返ることができる

最初に、退職することでこれまで得られなかった時間をある程度確保して、ゆっくりと過ごすことができます。
退職後に就職活動をするタイミングなどの問題もあるでしょうが、ゆっくりとした時間を得られるということは、自分のための時間が取れるということです。

その時間において、転職するための勉強や疲れてしまった体を休めるなどをしても良いですが、それと同時に転職のための手続きや面接のスケジュールをすぐに受けられるようになるというのも大きな2つ目のメリットです。
仕事をしている時に転職先を探す時にはどうしても現職のスケジュールが問題になりますが、そうした物に縛られることなく受けられるようになります。

そして最後に、会社に行かないことで自分の仕事中における悪いことなどの反省や、どのように改善していけばいいのかというのを考えることができます。
前の職場においてダメ出しをもらったところや、注意をされているところというのは、別の職場においても注意される可能性は高いものです。
どういうことを注意されていたのか、弱点は何かというのは振り返って確認しておくことが大きなメリットになってくれるでしょう。

では次に退職におけるデメリットについて見てみましょう。

退職におけるデメリット

退職をすることでのデメリットとは主に4つになります。

お金が減ることで生活のレベルが下がる

手続きが非常に面倒

仕事をしない時間がモヤモヤする

ローンやカードなどが申し込みにくくなる

退職をするということは、給料が発生しなくなるためその後の暮らしはお金が減っていくだけになっていきます。
そのため、何か欲しいものがあってもこれまでは給料が入って余裕があれば買えていたはずのものが買えなくなるなど、どうしても送っていた生活のレベルが下がってしまうようになるのです。

次に、退職後の手続きが非常に面倒であるということがデメリットの1つになります。
退職後は離職票などを持って近場のハローワークに行き失業手当をもらうようにする、会社の保険などから外れるため国民保険や年金の手続きをします。退職金をもらうための手続きするなど、退職した後もやらなくてはいけないことが多岐に渡り、あちこちに行ったり来たりと面倒くさいと感じることも多いです。

退職後にようやくゆっくりと過ごす時間を確保しつつ、次の職を探そうと思っていた人にとってはかなり面倒な手続きになってしまうでしょう。
しかし、諸々の手続きを終えてからは、気になる転職情報などをチェックして申し込みや履歴書、エントリーシートを送るようにしても、意外と時間が余ってしまうという人は多いです。

勉強などを行い、次の職に生かそうとする人もいますが、実は多くの人が働いていない時間になんだかモヤモヤとした感覚を覚えてしまいます。
いつもは働いていた時間帯なのに、自分はこうしてゆったりとしているのが凄く違和感を覚える自分だけ働いていないこと、無職であることに非常に焦りを覚えてしまうという人が特に多いようです。

そして最後にローンやカードの申し込みが非常に難しくなるというのがデメリットとして挙げられます。
ローンやカードの申し込みというのは、職に就いているかいないかで審査の通りやすさが格段に違います
退職後というのは職に就いていないため、無職ということになりますのでカードやローンの申し込みが退職前に比べて非常に難しいと感じられるため、カードやローンの申し込みは退職前に行うか、転職後に行うかの二択になります。

退職することでのメリットやデメリットは主にこうしたものになります。
メリットやデメリットを実際に見て把握することで、自分が退職した後の生活などについても考えることもできます。
預金や手続きを確認しながら退職をすることで自分にとってメリットがどれほどあるのか、デメリットがどれほどになるのかについて考えてみましょう。

トラブル回避のためにも就業規則をチェック

仕事を辞める時には、実はその辞める時期や辞め方によってはトラブルが引き起こされやすい状態になってしまうのです。
辞める前にトラブルを回避するためにも確認しておきたいのが「就業規則」です。

就業規則というのは、各会社や企業ごとに定められており、有給休暇の付与や退職する際の決まり事など、退職するのであれば守るべき規則が記載されています。
退職する旨を上司に伝える時などを迷った時、ネットなどで調べて大体1か月から3か月の間を目安に伝える人もいますが、就業規則によっていつまでに伝えるべきか、というのは基本的に定まっていることが多いです。

いきなり「○○までにやめさせてほしい」と伝えると就業規則を知っている上司からはかなり驚かれ、退職日に関してトラブルが発生してしまうでしょう。
有給休暇の消費に関しても認めてもらえないこともありますので、就業規則に関してはきちんと確認しておくことが重要になります。
円満に退職するためにも、トラブル回避のためにも自分の勤めている会社や企業の就業規則に関して、一度詳しく確認しておきましょう。

仕事を辞めるときはどうする? 退職までの手順

では、自分が退職することに何ら不満や後悔もなく決めたというのであれば、退職する前の手順についても確認しておくようにしましょう。
退職するためにはある程度のステップを踏みながら、退職日まで過ごすことが最もおすすめされます。
トラブルなどを回避しつつ、自分にとっても会社にとっても円満な退職にしていきましょう。

1. まずは働きながら転職活動をする

退職しよう、と決めたのであればまずは働きながら転職サイトに登録するなどして、転職活動を始めておくようにします。
転職活動というのは退職してからでも始められますが、退職後というのは保険や年金を始め、失業保険などの手続きに数日を要することがほとんどです。

手続きだけでなく履歴書などを書くにしても時間がかかるので、先に完成させておくと郵送までの手間も省けます。
また、ある程度早めに次の職場を決めておくというのは、退職後に転職活動を始めるよりもずっと余裕を持って転職後の出社日までを過ごすことも可能になります。

転職サイトだけではなく、近場にハローワークなどがあるのであれば有給休暇または昼休みなどを利用して希望する職はどのような企業が求人募集しているのかを確認するのもおすすめです。
自分の希望する企業や会社との面接が決まったのであれば、有給休暇を取るか、休暇の日に予定を合わせて臨みましょう。

2. 仕事を辞める意思を上司に伝える

転職活動を始めながら、ある程度の企業の目星が付いている状態、または面接に合格したのであれば、仕事を辞めるという意思を就業規則に則った期間で上司に伝えましょう。
伝える時には、「少しお話があるのですが」と言って誰かに聞かれないような場所で仕事を辞めるという意思を上司に伝えます。

この時、誰かに聞かれてしまうと会社内や部署内で噂になってしまい、大変なことになる可能性もありますので、最初は上司のみの耳に入るように伝える場所を少し選んで話しましょう。

3. 退職日などの交渉を行う

退職する意思を上司に伝え、それが承諾されたのであれば次に行うのが退職日の交渉です。
いつ退職したい、という日にちが具体的に決まっている人もいるでしょうが、会社や企業側としては「この日までは出社してほしい」という希望もあります。

中にはあなたの退職したい日を退職日としてくれる企業もあるでしょうが、企業や会社側と話をして、双方の妥協できる日を探りながら退職日を決めて行くのが角の立たない一番良い退職日の決め方ともいえます。

4. 退職願・退職届を書いて提出する

退職日が会社や企業側と妥協できる日で決められたのであれば、退職願や退職届を書いて提出します。
退職願や退職届というのは人事ではなく、直属の上司に提出するのが一般的なマナーではありますが、就業規則などによっては人事部にそのまま提出するという場合もあります。

また、上司に提出したものの、人事部が受け取ることで初めて会社や企業側に正式に受理されるという場合もありますので、提出する際には就業規則の退職届に関してもしっかり読み込んでおき、提出後の必要期間なども逆算して提出する必要がある可能性も考えておきましょう。

5. 退職日までに仕事の引継ぎを行う

退職届も出し、後は退職日まで出社するだけとなったのであれば行うべきことは仕事の引継ぎです。
あなたが退職した後にその仕事に関して請け負ってくれる同僚や後輩といった自分とは別の社員にあなたのしていた仕事に関して教え自分がいなくなった後に請け負ってもらうようにします。

この仕事の引継ぎに必要な期間は請け負っている仕事の量によって大きく変わります
それほど大量の仕事を抱え込んでいるわけではないのであれば、必要な期間は最低限に留めることも可能ですが、かなり仕事を任されている場合はその全てを引き継ぐだけでかなりの時間を必要とする場合もあります。

仕事に関して先に会社側や前任者がマニュアルなどを作っているのであれば、それを参考に引き継ぎなどを行うとスムーズに進むことも考えられますので、マニュアルの有無を確認し、無ければ上司に確認して作っておくのも良いでしょう。

仕事を辞めるときのタイミングはいつくらい?

仕事を辞める時には、それぞれベストなタイミングというものがありますが、自分にとって仕事を辞めるときにベストなタイミングは一体どういった時なのでしょうか?
一般的におすすめされているベストタイミングをそれぞれ見て行きます。

賞与・ボーナスをもらった後

お金に関して退職後少し心配があり、なるべくお金に関しての心配を減らしたいというのであれば賞与やボーナスをもらった後、8月から9月、または1月から2月というのがおすすめです。
最低でも1か月ほど期間が空いてしまいますが、賞与やボーナスをもらった後に引き継ぎなどの期間を含めて退職するのであれば、このくらいの期間で退職することになります。

賞与やボーナスをもらう前に退職を伝えることもできますが、そうなると会社や企業側からのあなたへの印象が悪くなり、査定に響いてしまう可能性もありますので、賞与やボーナスを減額されることなくもらうためには、もらった後に伝えることがおすすめされます。

新たな有給休暇が付与された後

自分の転職活動などを優先させたいのであれば、有給休暇が新しく付与された後というのもおすすめです。
これまで溜め込んでいた有給も含めて退職日までの必要期間を定めてから上司に伝えてみると、有給を取ることも含めて退職までどれくらいいてほしいのか、というのをあちらも考えてくれます。

先に有給を取りたい日をあらかじめ伝えておくと、より会社側も出社日などを決めやすいので、新しく付与された有給休暇も十分に使って転職活動を活発に行っていきたい人は新しく有給が付与された後に伝えてみてください。

転職先が決まっている場合は入社日の前日まで

すでに転職活動を終わらせていて、転職先を決めているのであれば出社するのは入社日の前日までになりますので、転職先の入社日を伝えて前日に退職するというタイミングになります。
その分、引き継ぎに必要な期間を考えて、内定通知が出てからすぐに退職の旨を上司に伝える必要がります。

また、転職先にも退職までにどれくらいの期間が必要になるか、というのを伝えて入社日を調整する必要がありますので、密に連絡を取りながら慎重に退職日を決めていくことが重要です。

仕事を辞める正しい理由の伝え方と注意点

仕事を辞める、という時にかなり悩んでしまうものの一つが辞める理由の伝え方です。
下手なことを言うと会社側を不愉快にさせてしまいますし、伝え方だけでなくタイミングなどもかなり注意しておかなければなりません。
では、そんな辞める時の正しい理由の伝え方とその注意点についてまとめてみました。

仕事を辞めるときは退職予定日の1ヶ月~2ヶ月前に伝える

就業規則などに辞職の旨を伝えるためのタイミングについて記載されているのであればそれを守るのが一番ですが、就業規則などを確認してもそうした項目が記載されていない場合は、退職予定日の1か月から2か月前に伝えるのがベストです。

それ以上短いと仕事の引継ぎなどをきちんと行うことができず、会社側にとってデメリットしかない退職になってしまいます。
円満に退職するためにも辞職に関してはなるべく早めに、そして規則や引継ぎなどのことを考えた期間に余裕を持って伝えることが重要です。

仕事を辞めるときはまず直属の上司に伝える

仕事を辞める、ということを決めた時にやりがちなのが人事部や同僚などに伝えてしまうということですが、辞める時には退職についてまず直属の上司に伝えるということがマナーです。
直属の上司に伝えなければ、辞める社員の仕事を誰に振り分けるかという判断人員の補充の要請更に上の人間への報告などができなくなります。

上司に伝えて、自分が辞めた後のことに関して考えてもらうこともとても大切なことですので、辞めるということを決めたのであればまずは直属の上司に伝えてから、その後のことを一緒に決めていくようにしましょう。

仕事を辞めるときはポジティブな理由を伝える

仕事を辞めるとなった時、多いのが「仕事が辛い」「職場環境がひどい」などのネガティブな理由ですが、仕事を辞める時には職場などにも配慮してなるべくポジティブな理由を伝えるということが大切です。
辞めるとなれば会社側はそれだけの理由があると考え、その理由についての改善も考えるでしょうが、それ以上に伝えられた上司などは「こういう人間だったのか」という悪い印象を持ってしまいかねません。

そうした上司などの印象や会社側などにも配慮して円満に退職するために、自分のスキルアップのため自分のやってみたいことに挑戦するためというようなポジティブな退職理由を伝えると良いでしょう。
また、ポジティブな退職理由というのは希望している企業などの面接においても志望理由や退職理由を聞かれた時にそのまま伝えることができますので、ネガティブな理由をポジティブなものに変換して伝えてみるのもおすすめです。

仕事を辞めるときはやむを得ない事情を理由にするのもアリ

仕事を辞めるというのは理由付けなどにも非常に困るものですが、ポジティブなものがどうしても思いつかない、という時にはやむを得ない事情を理由として伝えておくのも良いでしょう。
例えば結婚配偶者の転勤の他、家族の介護家業を継ぐことになるなどの、実家の都合や家族の都合などを理由にするというものです。

こうした家庭の事情というのは会社側からもどうしようもできないことですので、上司としても納得してくれやすく、スムーズに退職の手続きに入ってくれるでしょう。

退職理由として会社への不平不満を伝えるのはNG

退職理由というのはそのほとんどが会社に対しての不平不満であることが多いですが、退職を伝える際に理由として会社や企業に対しての不平不満をそのまま伝えるのは非常に駄目な行為です。
一生懸命働いている他の社員の上司にそのまま伝えるということは、上司を怒らせてしまい、最悪の場合は喧嘩別れになる可能性も十分に考えられます。

また、給与などが不満であるという場合は会社側でも十分改善可能な範囲であると考えられます。下手をすると「じゃあ給料を上げるから残ってくれ」と言われてしまい、退職しにくくなることもあるでしょう。
円満に退職するためにも、不平不満は心のうちに留めて建前でも別の退職理由を伝えることをおすすめします。

退職の意思はハッキリといつ辞めるかを明確に伝える

退職の意思を伝えるとき、ありがちなのが明確な日にちを決めずに先に退職の意思を上司に伝えてしまうことです。
この退職の日にちというのは、自分と会社側とでどのくらいの期間は出社するのかという妥協点を探るためにも非常に重要なものです。

明確にこの日に辞めさせてもらいたい、という日が決まっていない場合は会社側から長い期間引継ぎなどで必要だから、と拘束されてしまう可能性もあり、なし崩しに退職できる日がどんどん伸びて行ってしまうでしょう。
退職の意思を伝えるのであれば、先に何日に退職させてほしいのか、辞めたいのかというのを決めてから明確に伝えるようにしましょう。

繁忙期に退職の意思を伝えるのは避ける

退職について伝えるときに最悪のタイミングというのが、その職場においての繁忙期です。
繁忙期というのは上司を始め、誰もが忙しく時間を取ることができませんし、退職の意思を告げたとなると「この忙しいときに」と非常に不愉快な感想を抱いてしまう可能性もあります。

また、忙しい時期に退職の意思を告げるのは他の社員たちにとっても気持ちよく送り出そうという気持ちにはなれませんし、最悪の場合これまでのような付き合い方をしてもらうことはできなくなるでしょう。
繁忙期に告げるのはやめて、なるべく上司の時間が取りやすい時期を見計らいながら告げるタイミングを見つけて話し合ってください。

仕事を辞めるときの挨拶で良い退職をしよう

仕事をいよいよ辞める、という時には職場で挨拶を行うこともあります。
朝礼などの際に上司に辞めるということで、最後に一言お願いされた時にはどのような挨拶をすれば双方にとって良い、円満な退職をすることができるのでしょうか?

スピーチは長すぎても短すぎてもダメ 1~2分がベスト

最後の挨拶や一言というのは基本的にスピーチになりやすいものです。
ですが、こうしたスピーチは長すぎても短すぎても駄目で、長すぎると「まだ話すの?」短すぎると「たったそれだけ?」と聞いている人に思われてしまいます。

丁度良いのは1分から2分、朝礼の時間などで取ってもらった時間を取りすぎることなく、程よく纏められる時間になります。
スピーチにはこれから仕事を始める人たちの時間を無駄に浪費させないためにも、内容をある程度簡潔にまとめつつ、感謝を伝えられるように調整してください。

退職理由はポジティブなものを伝える

退職理由は上司に伝えた時と同じように、なるべくポジティブなものを選んで伝えることが重要です。
この時にあまりにネガティブな理由を選んでしまうと、同じような不満を持っている人たちの不満をさらに増長させてしまう可能性もありますし、人間関係などのことを含めて上手くやってきた人たちの中には非常にショックを受ける人もいるでしょう。

ここでもなるべく本音と建て前というのを上手く使って、たとえ本当の理由があまりにネガティブなものであったとしてもポジティブな理由を伝えるようにすることに勤めましょう。

これまでの感謝と職場へのエールを伝える

スピーチの中に必ず必要となるのが、これまでの職場や良くしてくれた人たちに対する感謝と、これからの職場に対してのエールです。
これまで大変お世話になった先輩や上司、そして一緒に頑張ってきた同僚たちに対する感謝はもちろんのこと、これから頑張っていくことになる後輩たちへのエールというのは職場の皆さんにとって非常に嬉しいものになります。

この2つを入れずにスピーチを終わらせると、これまでお世話になった人たちからすると「あれだけ世話してやったのに」という気持ちになってしまうでしょう。
これまで長年お世話になった職場であるのならなおさら、こうした感謝とエールを忘れずに内容に組み込んで伝えておくようにしてください。

話すスピードはゆっくりと声は大きくハキハキと丁寧に

こうしたスピーチというのは恥ずかしさなどからどうしても声が小さく、そして早く話しがちですが、最後の挨拶ということできちんと聞いておきたいという人は多いです。
また、文体も焦りからかなり雑になってしまうこともありますので、そうした点に注意しながらゆっくりとハキハキと喋りつつ、文体は丁寧なものを心掛けてください。

これまでの感謝やエールを伝えようという時に声が小さかったり、早口だったりすると非常に嫌な気持ちになりますし、それ以上に喋る文章が雑だと何を言っているか伝わらないことも多いです。
恥ずかしくてもこの点に注意しながらあいさつを終えてください。

メールで社内の人に退職の挨拶をする場合は最終出社日に送る

部署内ではスピーチなどで退職の挨拶をする場合も多いですが、それ以外の部署に所属しているお世話になっている人や業務の関係で接していた人にはメールで挨拶を送ります。
この時、社内の人であれば退職が社内に広報または告知された日ではなく最終出社日に送りますが、送るタイミングは定時1時間前から退社時間の間がベストです。

それよりも前の時間というのはメールで他の企業や部署と重要な取引の確認や、訪問する際の時間を話し合いながらまとめている可能性も高いです。

中にはプロジェクトのチームでメールで指示を出し、報告をしている可能性もあるでしょう。
そうした他の人たちが重要なやり取りをしている時間を避けるためにも、定時1時間前から退社時間の間メールの送受信が落ち着いている時に送るようにしましょう。

社外の人への挨拶は退職日の2~3週間前に電話かメールで行う

次に社外の人への挨拶についてです。
社内の人と違い、会うことやメールなどにおいての挨拶が社外の人にとっては非常に重要なことになります。
取引のために会っていた担当者が変わることにも繋がりますので、退職前にある程度余裕をもってそれを知っておきたいという人がほとんどです。

ベストなタイミングとしては退職日の2週間から3週間前がおすすめです。
この期間であれば引継ぎ予定の後任者が引き継ぎやすく、取引先にも後任者が変わることが迅速に伝わりますので、次に会った時に名刺の交換や挨拶を始めとした引継ぎの方に行うべきことを纏められます。

もちろん、実際に会う機会がある人であるのなら直接挨拶をした方が良いですが、そうした機会が無いのであれば電話、またはメールで一斉送信してこれまでの感謝を含めてしっかりと伝えましょう。

仕事を辞めるときの菓子折りは用意するべき?

仕事を辞めるという時には色々と悩むことは多いですが、実は悩んでしまうというのが辞めるときに菓子折りなどの用意をするべきか否かということです。
菓子折りなどを用意すべきかどうか悩んでいる人は、ここで解決しておきましょう。

大勢の職場の場合は仕事を辞めるときに菓子折りを渡すといい

職場によってはかなり大勢の人数が所属しているところもあるため、少人数だからこそのそれぞれに渡すという方法が使えないことも多いです。
そうした大勢の職場であるのなら、辞めるときに全員に行き渡る数の入った菓子折りなどを渡すことがおすすめです。

お菓子であれば余程の外れがなければ誰もが貰って嬉しいものですし、美味しくいただけますので、職場の人数が大勢である場合は菓子折りを渡してみましょう。

個人的にお世話になった人には手紙やちょっとしたプレゼントを用意

大勢の人に配るものはお菓子でも大丈夫ですが、個人的に非常にお世話になったという人などには、それに加えて手紙やちょっとしたプレゼントを用意すると良いでしょう。
自分を指導してくれた先輩や、支えてくれた仲の良い同僚、本当に良くミスのカバーや指示をしてくれた上司などにはお菓子だけではちょっと、という時にはプラスαで役に立つ便利グッズや相手の好きなもの、または手紙を添えてこれまでのことにお礼を言ってあげましょう。

お互い気持ちの良い退職をしよう

退職というのは自分にとっても、会社側にとってもある意味重大な事でもあります。
伝えることはもちろんですが、その時のタイミングや伝え方を間違えただけでお互い非常に気まずい退職になってしまうことでしょう。
互いに円満に退職を迎えるために、相手への配慮や自分の意思を明確に伝えること、退職日の過ごし方などに気を付けて退職に関して進めて行きましょう。

ランキング

記事一覧