1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. CRAを辞めたい人へ。転職に必要なことやおすすめの転職先

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

CRAを辞めたい人へ。転職に必要なことやおすすめの転職先

CRAを辞めたいと思ったらどうすればいい?

CRAはメディカル系の専門職で、臨床開発モニターの略称です。主に、新薬を製品化するために行われる治験が、適切に行われているかチェックする仕事です。他にも、データの収集や医師へのヒアリングなどを行う、医療現場では重要な存在です。

とてもやりがいのある仕事のようですが、実は辞めたいと嘆いている人が多い仕事でもあります。では、辞めたいと思うのはなぜか、辞めるなら転職先はどうするかについて見てみましょう。

合わせて読みたい

辞める前に自分の市場価値を再確認してみよう

仕事を辞めたくて仕方がないときは、冷静な判断力が欠けていることがあります。本当に辞めていいのか、辞めるなら次は何を目指すのか……生活や今後のキャリアのためにはいろいろなことを考えなければいけません。そこで、まずは気分転換に「ミイダス」を試してみましょう。

ミイダスは、簡単な質問に答えていくだけで、自分のいまの市場価値=想定年収がわかる診断ツールです。しかし、それだけがメリットではありません。

チェックポイント

  • 回答を登録しておくと、待っているだけで企業からスカウトオファーが届く
  • オファーが届いた時点で書類選考は通過済みなので、すぐに面接に進める
  • 「doda」などを運営するパーソルキャリア社のサービスなので、安心して使える

つまり、診断したついでに、リスクも手間もなく転職活動を始められるのです。ぜひチェックしてみてください。

CRAを辞めたくなる理由とは?

CRAは将来性のある仕事ですが、辞めたいと思った人たちや実際に辞めた人たちには、どんな理由があったのでしょうか。あなたが感じていることを、他の人たちも感じているかもしれません。

自分の気持ちと向き合うためにも、まずはCRAを辞めたいと思った人たちの理由を見てみましょう。今後の決断をする上で、大切なヒントになるはずです。

合わせて読みたい

残業が多いから

配属されたプロジェクト次第では、業務量がとに多く残業は必然的に多くなります。また、治験の立ち上げ時には極度に残業が増え、安定したら減るという特徴もあるので、生活スタイルが安定しにくいと感じる人もいます。

また、出張や遠方への外出があると、その分移動などに使う時間が残業になります。こうした働き方は、合う人と合わない人がいるので、ストレスを感じる人は仕事を辞めたいと感じ始めます。

合わせて読みたい

職場環境が変わりやすいから

仕事がなくなると、他の会社やグループ企業に活かされることが多々あります。モニターの仕事ができないこともあるので、キャリアを積むことや将来性を考えると、長く続けていくことに不安を感じ始めます。

会社や環境が変わることもストレスですが、社内の体制がコロコロ変わることも、自由な一方で精神的に安定できない状況が続きます。職場環境が安定しないのは大きなストレスになり、CRAを辞めたくなる原因になります。

人間関係の苦労が多いから

外資企業なら、上下関係もフランクで人間関係の悩みはなさそうに感じる人も多いでしょう。しかし、管理職や職場環境が変わりやすいことで、人間関係を築くのが難しいと感じる人がいます。日本企業に比べて上下関係はフランクなのですが、その雰囲気が逆に合わない人もいます。

また、会社が買収されたり合併したりした場合は、特に人間関係が悪くなり居心地の悪い職場になりがちです。他人を変えることはできないので、人間関係で辞めたいと思う人はたくさんいます。

合わせて読みたい

給料が安いから

モニターの仕事は、特殊な仕事なだけに未経験の研修制度はしっかりしている一方で、給料が安いという特徴があります。また昇給が期待できないという理由で、退職を決める人も多いです。

CRAの仕事は、会社やプロジェクトによって、待遇や給料、仕事量などに大きな差があります。仕事量は多いのに、それに見合った給料ではない場合は、仕事を辞めたいと思うのは当然です。

合わせて読みたい

長年働くとマンネリ感が出る

会社によっては、仕事のマンネリ感に堪え切れず退職を考える人もいます。向上心を持って仕事に取り組みたい人業とっては、スキルアップが難しい業界の特徴も嫌気がさす原因になります。

また、業界自体も効率の悪い仕事を続けているところもあるので、やりきれない気持ちになる人も少なくありません。私生活や子育てを重視しながらワークバランスを保ちたい人にとっては、働きやすい環境でもあります。

家庭との両立ができないから

プロジェクトが開始すると、慢性的に忙しくなり子育てや私生活の面がおろそかになってしまうのがCRAです。産休などの制度は整っている会社が多い一方で、仕事量が増えると子育てを理由に早く帰るのは難しくなります。

理解者や協力者がいてくれるならいいのですが、子育てなどに悪影響が出てくると仕事を辞めたいと感じる人はたくさんいます。やりがいのある仕事であればあるほど、家庭との両立が難しくなってしまうのは大きなストレスです。

合わせて読みたい

CRAを辞めたほうがいい場合とは?

CRAは、能力や性格が合えばやりがいのある快適な仕事ですが、向き不向きがあるので働き続けるのがストレスになる人もいます。

ここでは、モニターの仕事を辞めた方がいいケースをご紹介します。このまま働き続けても、ストレスだけが溜まり時間を無駄にしてしまいます。仕事を辞めたいと思っていて、次のケースに当てはまる人は転職を検討してみてください。

合わせて読みたい

仕事自体に興味が持てない場合

他の仕事でも同様ですが、仕事自体に興味がないのなら、何年続けていてもやりがいを感じたり、面白さが出てきたりすることはありません

但し、入社して2~3年程度では、仕事の面白さは分からないことも多いので、あなたが入社してすぐなら早まらないでください。まずは、あなたの上司や先輩が数年後の自分だと想像して、今のままでも悪くないと思うか、絶対に嫌だと思うか考えてください。

合わせて読みたい

人間関係の悪化を限界だと感じた場合

全ての職業でいえることですが、退職する理由でもっとも多いのが人間関係の悪化です。他人を変えることは不可能なので、気が合わない人や苦痛を感じる人がいると、我慢し続けるか立ち去る以外に方法がありません。

ただ、軽度なトラブルであれば、自分の考え方や接し方を変えることで、多少改善する場合もあります。しかし、仕事に支障が出るほどのストレスがかかるのであれば、職場を変えるしかありません。

合わせて読みたい

将来性がないと判断した場合

会社によっては、昇給率が低く将来的に面白さを感じられないところもあります。キャリアアップをしたい人や、向上心を持って仕事に向き合いたい人にとって、将来性のなさは大きなストレスになります。

モニターの中には「有能な人ほど辞めていく」という意見が多いように、仕事に意欲的に向き合いたい人にとっては、仕事内容や業界の体制に納得できない人も多いようです。仕事への面白みを感じられない人は、早めに見切りをつけた方がいいでしょう。

合わせて読みたい

他にやりたいことがある場合

他にしたい仕事や興味のあることができると、今の仕事に集中できなくなりますし、仕事の時間が無駄なものに思えてきます。このような状態で仕事を続けても、ヤル気が出ず毎日が憂うつになってしまいます。

転職は、時期が遅くなると選択肢が狭まることがあるので、転職のことしか考えられなくなったら早めに行動を起こす方がいいでしょう。その際は、チャレンジしたい業界のことをしっかり調べておくと失敗がありません。

合わせて読みたい

CRAを辞めないほうがいい場合とは?

仕事を辞めて後悔する人が、どんな業界でも一定数います。どんな人が後悔したり失敗したりするのか知っておくと、あなたが仕事を辞めるときに役立ちます。

ここでは、CRAを辞めると後悔するケースをいくつかご紹介します。仕事を辞めたいと思っているのに、次のケースに当てはまっていたら、行動に移すのは少し待ってください。

合わせて読みたい

仕事自体は好きな場合

モニターの仕事自体は好きな場合は、職場環境が改善すれば仕事を辞める必要はありません。職場環境が悪い、人間関係が悪いなどの悩みがあって、解決しそうになければ同業他社の情報収集を始めてみましょう。

意外と、どこも同じような環境だと分かれば、今の状況がそれほどストレスに感じなくなるケースもあります。あなたの会社が特殊な場合は、転職先をしっかり見極めてから同業の会社への転職を考えましょう。

職場環境に満足している場合

外資系の職場は、産休や福利厚生が充実しているところが多いので、職場環境自体には満足しているという人はたくさんいます。仕事に関して、どうしても辛い理由があるなら別ですが、意識や考え方を変えれば続けられそうなら、仕事を辞めるのは慎重になりましょう。

職場環境が自分に合っている会社というのは、あまり多くありません。今抱えている悩みが、3年後や5年後も同じように感じるのか考えて、長い目で見て転職を考えましょう。

自分で環境が変えられる場合

残業や仕事量が多くてストレスフルになっている場合は、会社を辞める前に思い切って上司に相談してみましょう。また、自分が請けるべきではない仕事を振られたら、断ってみるのもひとつの方法です。

案外、あなたが何でも受け入れてくれるころに周囲が甘えているだけで、断れば必要以上の仕事はしなくても良くなる可能性があります。どう対処しても改善しない場合には退職を考え、まずは今の会社でできることをやってみてください。

CRAを辞めた後の転職はどうする?

どうしても、今の会社では働き続けるのが困難だと判断したら、転職はどんな場所にするといいのでしょうか?あなたの専門性を欲しがっている業種は多いですし、できるだけあなたの得意分野を活かした仕事にする方が、転職後もスムーズに仕事が始められます。

そこで、いくつかCRAを辞めた後の転職先などをいくつかご紹介します。あなたが興味のある転職先を探してみましょう。

合わせて読みたい

仕事内容の近いCRCになる

CRCは、患者さんに新薬の説明をしたり、薬についての不安や悩みを解消するために相談に乗ったりする仕事です。CRAは、製薬会社と病院の橋渡しのような役割になりますが、CRCは直に薬を使う人と接することができるので、人と接するのが好きな人はCRAとは違ったやりがいが見い出せます。

CRCは、SMOに所属し医療機関に派遣されるか、病院に薬剤師などとして勤務しながら、CRC業務を行うという働き方になります。

合わせて読みたい

薬剤師として病院に勤務する

医師や看護師と連携しながら、病院内に勤務する病院薬剤師もCRAを辞める人にはおすすめの職場です。薬局とは違い患者さんとの距離が近いのも、病院薬剤師の特徴なので、人と接するのが苦にならなければやりがいのある仕事ができます。

病院によっては、夜勤などの業務形態になることがあるので、働き方に支障がないかチェックして転職に挑みましょう。

マイナビ薬剤師をチェックしてみる

薬剤師として調剤薬局に務める

CRAを辞めて、病院に併設されている調剤薬局に転職する人もたくさんいます。調剤薬局は多様化しているので、転職先の特徴をしっかり把握し、自分に合った場所を選ばなくてはいけません。

例えば、単に病院からの指示で薬を渡すところもあれば、地域に密着したかかりつけ薬局のようなところもあります。また、病院薬剤師とは違い土日が休みのところや残業のないところも少なくないので、ワークバランスを考えて仕事をしたい人にもおすすめです。

ファル・メイトをチェックしてみる

MRになる

民間の製薬会社に就職し、その製薬会社の営業や広報のような働きをするのがMRです。薬に関する知識に自信があり人と接するのが好きであれば、年収が高いという特徴もあるので挑戦してみましょう。

但し、会社によっては歩合給のところもあるので、安定して収入を求める人や結果に追われて仕事をしたくない人は、転職先の条件を十分確認してください。向き不向きがある職種なので、経験者などの話しを直接聞いて検討することをおすすめします。

合わせて読みたい

全く違う職種に挑戦してみる

専門職に就くと、異業種に転職するのは勇気が必要です。しかし、あなたがどうしてもやってみたい仕事が見つかったのなら、その仕事に挑戦してみる方がいいでしょう。特に、あなたが独身であれば家庭を持つ前に、様々な挑戦をしてみるのはおすすめです。

モニターの仕事が求人をする際、経験者を優遇して採用する企業が多いので、もし他の職業に挑戦した後にモニターに戻りたくなったら、出戻りすることも不可能ではありません。

合わせて読みたい

CRAを辞める際に気をつけるべきこととは?

CRAを辞めることを決意し、転職したい方向性も決まってきたら、実際辞めるときに気を付けることを把握しておきましょう。会社を辞めるときは、案外視野が狭くなってしまい、冷静な判断ができなくなっていることがあります。

転職を成功させるのは、如何に冷静に自分の能力や将来設計などを考えられるかが重要です。行動を起こす前に、一度目を通しておきましょう。

合わせて読みたい

適切な退職時期を決める

転職する際は、適切な時期を決めて退職を進めなくては、周囲に迷惑を掛けたりトラブルになったりすることがあります。特に、転職後もメディカル業界で継続して働きたい人は、できるだけスムーズに退職するようにしたいものです。

会社の流れを把握し、繁忙期を避け人員が移動するタイミングに合わせると、職場に迷惑をかけることが少なくなります。タイミングが決まったら、早めに上司に相談して引継ぎ業務などを終わらせましょう。

合わせて読みたい

次の職に求めることを整理する

転職する際は、次の職に求めることを明確にしておかなくては失敗します。希望の勤務時間、勤務地、仕事上での人との関わり方など、あなたが理想としていることを整理し、自分の気持ちを再チェックした上で転職先を探してください。

この作業と一緒に、妥協できる点も明確にしておくと更に希望に近い仕事が見つかりやすくなります。今の職場で嫌なことがあり、それから逃げることだけ考えて転職せず、真っ新な気持ちで希望の仕事に対する思いを棚卸ししておきましょう。

合わせて読みたい

転職先の情報を収集しておく

転職したい業界についての情報収集は、退職届を出す前に行っておきましょう。求人の内容などを確認したら、実際働いている人に話しを聞ければ一番です。SNSなどでも、情報収集できることがあるので、転職したい業界について積極的に情報を集めましょう。

この作業を怠ると、転職した後に「こんなはずじゃなかった」という事態に陥ることがあります。情報は武器です。仕事をしながらでもできることなので、興味がある分野の情報はマメに収集しましょう。

合わせて読みたい

退職するまでのスケジューリングを行う

退職するタイミングを決めたら、逆算して上司に伝えるタイミングや、有休を消化する時期、転職活動を開始する時期などの予定を綿密に立てましょう。

スケジューリングできていないと、有休が消化できない、人間関係が悪くなって気まずくなる、転職活動がままならないという問題が出てきます。できるだけあなたが損をせず、尚且つ周囲に迷惑の掛からない予定を立てるようにしましょう。

合わせて読みたい

最後の日まで全力で仕事をする

辞めることが決まると、現在の仕事に集中できなくなってしまいますが、ヤル気がない姿勢が伝わると周囲の人を不快にさせてしまいます。退職が近付いてくると、プロジェクトもなくなり何をすればいいのか分からなくなるかもしれませんが、周囲のフォローなど気が付いたことは全力で行ってください。

同じ業界内で働く場合はもちろんですが、まったく違う業界に挑戦する場合でも、どこであなたの評判が今後どう影響するか分かりません。

合わせて読みたい

CRAからの転職に使える志望動機・自己PR例

これから転職をするにあたり、CRAのあなたが有利に転職を進められる志望動機や自己PRの例をご紹介します。履歴書に書くことや面接で伝えることなど、事前にしっかりチェックして、スムーズに転職できるように準備しておきましょう。

せっかく持っているCRA経験者という武器を有効に使い、採用担当者に魅力ある人物であることをしっかり伝えましょう。

合わせて読みたい

CRAで実現できなかったことを志望動機にする

転職先への志望動機は、今の仕事で実現できなかったことを絡めると説得力が増します。例えば「自分の持っている知識を活かして、もっと人と接する仕事をしたいと思った」「転職先の社風が自分の力を発揮できる環境だと感じた」などです。

転職する業界によっても志望動機は変わってきますが、現在の仕事で感じている不満を解消できるという言い方はNGです。必ず、前向きな言葉を使って、転職先に良い印象を与えましょう。

アピールできる経験を伝える

CRAとして働いていたとき、「治験でチームリーダーとして全体管理をしていた」「特殊な治験に関わった」といった経験を、しっかり相手に伝えましょう。何を希望するかではなく、あなたがこれまでどんな経験を積み、仕事とどう向き合ってきたかを伝えることが大切です。

その為には、事前にこれまでの経験を整理し、アピールできる経験がないか棚卸してください。些細なものでもアピールしなければ無いと等しいので、少しでも思いついたものがあれば自己PRに使いましょう。

業務内容も欠かさず記入する

CRAは様々な治験などの業務をこなしているので、関わったプロジェクトはできるだけ漏れなく記入しましょう。また、試験の件数や種類、英語で作成したレポートなども記載しておくと説得力がアップします。

プロジェクトに関しては、期間や人数、担当した施設の規模なども具体的に記載すると、さらに相手へのPRになります。但し、具体的な病院やクリニック名は書かない方がいいでしょう。

実績は数字で具体的に書き出す

自己PRの欄には、あなたがこれまで行った実績を、できるだけ数字で具体的に書き出しましょう。「30症例」「チーム人数6人」など、採用担当者が具体的に想像できるようにPRします。

漠然とした実績ではなく、こうした具体的な数字を見せることは、仕事への向き合い方を問われることでもあります。ひとつひとつの仕事を大切にしているという印象を与えることもできるので、転職前に、今の会社に居ながら実績を整理しておくといいでしょう。

将来性のある医薬業界でも自分に合うとは限らない

医薬業界は、日本ではまだまだ改善すべき点が多い一方で、将来性がある業界でもあります。しかし、どんなに素晴らしい仕事でも、あなたに合っているとは限りません。

自分に合わない仕事や職場で、苦痛に耐えながら時間を浪費するより、一度冷静になって自分と向き合ってみましょう。転職する際は、何度も自分の気持ちをを確認し、できる限り情報収集した上で、納得して転職すると後悔がありません。あなたに合った仕事が見つかるよう、冷静に判断してくださいね。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧