仕事で失敗するのが怖い…失敗談と乗り越える方法

仕事に失敗して落ち込んでしまう。仕事でよくある失敗談は?

仕事をしていると、どうしても失敗やミスというのは付き物です。深く落ち込んでしまうほどの失敗というのも、時には経験するものです。
仕事で大失敗をして落ち込んだ事のある人の失敗談は一体どんなものなのか見ていきましょう。

仕事で使う大事な書類を紛失した

良くある失敗談として挙げられるものの一つとして、仕事で使う大事な書類を紛失してしまったというのがあります。仕事の日程や重要事項の記載されている書類から始まり、中には契約書を紛失してしまい、上司に大目玉を食らって怒られる人もいます。

こうした書類は他の人からコピーをしてもらって難を逃れる場合もありますが、基本的に大事な書類であればあるほどコピーが厳しく禁止されています。特に契約書は実印やサインがされているため、コピーは出来ない書類です。

紛失してしまったのなら、良く探してから上司に謝罪と共に素直に伝えてしまうのが一番です。

取引先に迷惑をかけてクレームにつながった

仕事で外回りが多いと、取引先と会う機会も多いものですが、そうした取引先に迷惑をかけてしまい、会社にクレームが入ってしまったという失敗談も良くあるものの一つです。取引先と会う日時を間違えて非常に待たせてしまった、取引先に失礼な言葉遣いや態度をしてしまい不愉快な思いをさせてしまったという場合もあります。

取引先からのクレームというのは、会社にとっても損失につながりかねない一大事でもあります。その後上司と一緒に頭を下げに行って、ようやく契約や付き合いを続行させてもらったというような例もあります。

会社で使う機械や商品を壊してしまった

会社で仕事をしていると、コピー機やパソコンだけでなく色々な機械や商品を取り扱う場合もあります。そうした機械や商品は、人が取り扱うものですからどうしても壊してしまうトラブルも多いのです。

特に多いのがコピー機やパソコンといった、日常的に使用するものを壊してしまうというトラブルです。コピー機の場合は、紙詰まりを故障と勘違いしてしまう場合も多いようですが、パソコンの場合はデスクでコーヒーやお茶をこぼしてショートさせてしまううっかりミスもあります。

こうした機械は最悪の場合、弁償しなければならないという場合もあり得ますし、商品の場合は壊してしまったものを弁償して補填するようにするという事態も考えられるでしょう。

お金に関するミスをして大きな損失を出してしまった

契約書を始め、発注や会計を取り扱っているとお金に関連する仕事を行う機会が多くなります。こうしたお金に関した仕事で多いのが、数字の桁を間違えてしまい過剰な発注やお金の請求をしてしまうというミスです。

中には一つ数万の商品を桁を間違えて発注したことで請求された金額が非常に高額になってしまったというものも存在しており、数百万単位のミスになる場合もあります。どうしてもお金の桁は間違えやすく、パソコン入力で請求書や発注を行っているほど起こりやすいミスになります。

注意点やマニュアル内容を忘れてミスを繰り返してしまった

仕事というのはマニュアルが作成されていることがあるほか、仕事を行う前に「こういうことには気を付けて」という注意がされる場合もあります。特に以前大きなミスをしてしまい、注意をされている人の場合はミスを繰り返さないように上司や先輩から注意されるでしょう。

しかし、そうした注意やマニュアルを忘れてしまい、同じミスを繰り返してしまったというトラブルも良くある話です。何度も同じミスを繰り返してしてしまうと、非常に怒られますし、そうした自分に嫌気が差します。

わからない作業で自己判断してミスをしてしまった

仕事をしている場合、たまに教えてもらっていない作業を任されてしまうという時もありますが、こうした自分には分からない作業をしていると、どうすればいいのか分からないのに、自分で判断をしなければならないこともあります。

こうした時には上司や仕事を回した先輩に相談するのが一番なのですが、上司や先輩が忙しそうだと相談できず、自己判断をしてしまってミスをしてしまうのが非常に多いです。自己判断はしない方が良い、とは言われていますが、どうしても自己判断してしまう人は絶えません。

いつも慣れている作業でうっかりミスをしてしまった

仕事に慣れてくると、流れ作業のように作業をこなしていくようにもなります。そこで慣れてくるとありがちなのが、慣れた作業でうっかりミスをしてしまう事態です。

慣れてしまった作業というのは油断してしまうところが多く、チェック自体もおざなりになってしまうことも良くあります。そのためうっかりミスをして、最終チェックなどを行っていた上司や、仕事を回された部署からミスを指摘されてしまい、怒られることになります。

慣れているからこそ、ミスを繰り返しやすいため「仕事に集中して取り組めと怒られる、注意される」という失敗談は友人や知人からも聞く機会が多いものの一つでしょう。

仕事での失敗を引きずっているときにありがちな8つの行動

仕事の失敗というのは、怒られてしまうとどうしてもショックでモチベーションが下がってしまいます。そうした失敗を引きずっているときに起こりやすいのが下記の8つの行動です。
どういった行動をしてしまいやすいのか、見ていきましょう。

一回の失敗をいつまでも気にしてしまう

一回仕事でミスをすると、そのミスが気になって仕方なくなってしまいます。そのミスを引きずってしまい、ミスをした仕事では緊張していつもよりも時間がかかってしまう他の仕事でも集中できなくなるなど、仕事に対しての悪影響が出てしまうようにもなるでしょう。

周りにはたった一回の失敗だから大丈夫だと言われても、その一回のミスがとても大きなものだと感じてしまうようになるのです。

次の日会社に行くのが憂鬱になる

ミスをして怒られると、帰ってからも気分は非常に憂鬱で、次の日に怒られた上司や先輩に会いたくない、と考えてしまうことは多いです。かなり強く怒られると会うのに苦手意識ができてしまい、また何か言われるのではないかと身構えます。

ミスをしたのを周りの社員も知っているわけですし、失敗したらどうしようという恐怖もあって、会社自体を休んでしまいたいと思ってしまいます。それでも会社に行かなくてはならないわけですから、朝の出社の足が重たく感じることもあるでしょう。

今の職場を辞めたい・転職したいと思ってしまう

失敗して上司に強く怒られると、その職場自体が嫌になることも良くあります。そのため、一気に嫌になってしまったせいで、今の職場を辞めていっそのこと転職してしまおうかと考えてしまうことも少なくはありません。転職すること自体に不安はあっても、今の職場よりはまだ他のところが良いのではないか、という考えが頭をよぎってしまうのです。

たった一度のミスではあっても、強く怒られるのは非常にストレスですから、辞めてしまいたいと思ってしまうのは誰にでもあることです。

仕事をクビになる夢を見る

失敗して自分は駄目な人間だと思い込んでしまうと、家に帰って寝て、仕事をクビになってしまう夢を見るのも良くあることです。厳しい注意や叱責をしてきた上司と向き合って、クビを宣告されるというパターンです。

こうした自分の駄目なところを更に突いてくるような夢を見てしまい、ゆっくりと寝て休めるように早く就寝したはずが、最悪の目覚めになったり、そのまま眠れなくなり睡眠不足になるのです。

休みの日でも仕事のことが頭から離れず眠れない

仕事の失敗が休みの前日だと、休みの日でも仕事について考えてしまい、頭から離れなくなるのも、失敗を引きずった経験のある人には良くあることです。

仕事で失敗をすると、次の出勤日には仕事を失敗なくきちんと行えるだろうか、怒られたりしないだろうかと非常に不安になってしまいます。その結果、なかなか眠ることができずに睡眠不足になる場合も多いです。

失敗を引きずることで失敗を繰り返し負の連鎖が続く

失敗をするとその仕事に対して非常に嫌な思い出ができてしまうため、無駄に緊張するだけでなく仕事をすること自体が嫌になってしまいます。怒られてしまい仕事自体が嫌なものになっている中で、失敗してはいけないという自分に対しての強迫観念も生まれてしまいます。

自分に対しての強迫観念がある状態や、仕事自体が嫌になっている状態というのは、ミスを繰り返してしまいやすい心境でもあります。その結果、また失敗してしまい、負の連鎖ができてしまうというのもよくあります。

仕事の失敗がストレスとなって体調不良になる

仕事の失敗というのは実は精神的にも非常に大きく影響するものでもあります。特に大きな失敗になると、上司や先輩などからの叱責もかなり厳しいものになり、怒鳴り声を聞いているだけでもストレスがどんどん溜まっていきます

自分が悪いというのを自覚しているだけに、本当に嫌な思いばかりをしてしまうので、ストレスが積もりに積もって体調不良を引き起こすようになるでしょう。ひどい場合はうつ病といった精神的な疾患として診断書を出されることもあるほどです。

自分が経験した失敗と同じような場面に出くわすと不安になる

失敗した時の嫌な思い出というのは、そうそう無くなってはくれないものです。そのため、ただでさえよく思い出してしまうのに、失敗した時と同じような場面に出くわすとさらに不安に駆られてしまいます

今度はきちんと仕事をすることが出来るかまた失敗したらどうしようか、ということばかりを考えてしまうのもよくあります。

仕事での失敗を挽回したい。失敗を繰り返さないための対処法

仕事で失敗をすると非常に嫌な思いをしてしまいますが、怒られて注意された分、失敗を挽回して繰り返さないように対処する行動が大切です。
では、どのように仕事の失敗を繰り返さないようにすれば良いのか、改善方法をまとめてみました。

自分のできること、できないことを明確にする

仕事をしている時、自分の能力外のことがあっても、それに気づかなければ再び仕事で失敗してしまいます。自分が今仕事に対して何ができるのか何ができないのかというのをまずは明確にして把握する必要があります。

特に前に失敗してしまったところは「できない」として判断し、できるようにするためにはどうすればいいのかを考えましょう。失敗を避けるためにできないものをどのようにすればいいのか、上司や同じ仕事を経験した先輩にアドバイスを求める方法もおすすめです。

報告・連絡・相談の3つは忘れずに行う

失敗してしまう人に良くあるのが、報告・連絡・相談という「報連相」ができないという特徴です。

自分勝手な判断で仕事を行って失敗してしまうため、仕事の区切りなどで一度上司に報連相を行って今の現状の報告どのように進めるのかの連絡気になる所の相談をすると非常にスムーズに仕事が進むようになります。

上司もあまり頻繁に報連相をされると困りますが、一区切りついたくらいで今どんな状態なのかというのは知っておきたい、一区切りついてなにか困ったところがないかも把握しておきたいところです。上司がいないため報連相ができない場合はメモなどで伝言を残すアポを取って報告・連絡・相談ができるようにしておきましょう。

人の話は最後まで聞いて不明点は必ず質問する

上司から仕事の説明が行われる場合、まずは上司の話をすべて通して聞いてから、自分が話の中で分からなかった部分を聞く、というのが大事です。

上司に質問する、というのは怖くてできないという人もいるかもしれませんが、不明点が分からなければ仕事で失敗してしまいますので、「なんで分からなかったのにさっき分かったと言ったんだ」と怒られてしまいます。そうした失敗を避けておくためにも、きちんと質問をして不明点を解消してから仕事に臨むようにするのが重要です。

質問をするときには、上司の話がすべて終わった後がベストです。中には「ここまで大丈夫?」と聞いてくれる上司もいるでしょうが、基本的に上司の話を遮ることはマナーの面でも良くないですし、話を遮られること自体が嫌な人が多いです。

話がすべて終わった後に「すみません、少し分からなかった部分があるので質問よろしいですか?」と聞いてみるようにしましょう。また、話を聞くときには必ずメモと筆記用具を用意して話の要点を纏めつつ、自分の不明点の答えについても書き留めておくと失敗を避けられます。

上司と失敗の原因を振り返り、失敗しないための対策を考える

仕事で失敗してしまうと、職業の中には始末書の中に失敗しないための改善策を記載するものもありますが、そういった始末書を書かない場合には、上司にどのように対策をするのかを一緒に考えてもらうのも一つの方法です。

上司も昔は同じような仕事をしていた人も多いので、どういった内容でどのように処理をするのかというのを分かっています。そこにどういった失敗をしてしまったのかを合わせて考えてみれば繰り返し失敗をしないための方法や手順を考えられるでしょう。

そして考えた対策は自分の仕事のためのノートやメモ帳にきちんと記載して、失敗しないためにも仕事中に必ず見ながらチェックシート代わりに使ってみるのがおすすめです。

後で見返せるように要点は必ずメモをする

仕事の説明だけでなく、注意するポイントや報告を行う箇所は後できちんと見返せるようにメモをすることが大事です。メモを取らないと、仕事の手順が分からなくなったり、報告する時に何を説明すればいいのか分からなくなって、困ることもあります。

メモを取るのが苦手なのであれば、説明されたことや注意点をまずメモ以外の裏紙などに走り書きして、その後仕事前に少し時間を取ってメモとして清書するというように、自分なりにメモが出来るよう工夫してみるのもおすすめです。

嘘や言い訳・責任転嫁をしない

仕事で失敗してしまった時には、嘘や言い訳はもちろん、責任転嫁はもってのほかです。特に上司に怒られている時に嘘や言い訳、責任転嫁をしてしまうと、上司から責任感のない誠実でない人間だと思われてしまいます。

怒られている時にはまずはっきりと「すみませんでした」と謝ってしまうことが一番です。謝ってしまえばそれ以上上司は怒ることもできませんから、そこからどのようにリカバリーするか自分なりの考えを伝えて、どうしていくかを相談していきましょう。

小さなミスでも隠さず、必ず報告する

仕事で失敗をしてしまうと、どうしても大きなミスばかりに注目してしまいますが、実は小さなミスが重なっている場合もあります。中には特に注意しておかなければ取り返しのつかない失敗になる小さなミスというのも存在しています。

上司としてはそうした小さなミスもすべて隠さずに報告してもらい、相談してくれたら何とかリカバリーの指示も出せるのに、と考えていますから隠すことなく万遍なく報告するのはとても大切です。

小さなミスのリカバリーや改善が大きな失敗の回避につながっている箇所はたくさんありますので、怒られるのではないかと恐がることなく失敗を避けるためにも報告しましょう。

仕事での失敗から次にむけて立ち直る方法は?

仕事の失敗を挽回する、繰り返さないように対処する方法が分かっても、すでに失敗して気分が落ち込んでいる時には最初に立ち直ることが必要です。
失敗してしまった時にはどのように立ち直ればいいのか、立ち直る方法について見ていきましょう。

家族や友人、恋人などに話を聞いてもらう

仕事を失敗して気分が落ち込んでしまった時には、一番身近にいて自分の思いに共感してくれるような友人や恋人、そして家族に話を聞いてもらうことが良いでしょう。友人や恋人になると、普段の自分のしやすい行動などを含めて共感してもらうこともできますし、一緒に仕事に対しての愚痴を吐き出してすっきりできます。

家族であれば、恋人や友人同様の強い共感と自分の性格や行動も含めた良いアドバイスを受けられるでしょう。話を聞いてもらうというだけでもストレスは軽減していきます。アドバイスをもらうにしても、共感してもらうにしてもまずは相談しやすい誰かに話してみるのがおすすめです。

失敗の原因について上司と話し合いアドバイスをもらう

仕事の失敗で落ち込んだ時には、あえて上司に相談してアドバイスをもらうというのもおすすめの方法の一つです。仕事のことで知り合いの誰かに相談するのは憚られる、という時には仕事に関して良く知っている上司の方が話しやすい場合もありますので、上司にアポを取ってから相談してみましょう。

上司はただ厳しいだけではなく、仕事で失敗を繰り返さないようにするための相談には真摯に受け入れてくれます。中には仕事の後気分転換に飲みにつれて行ってくれる人もいるでしょう。身近で同じような職に就いている人がおらず相談しにくいという時には、上司に時間を取ってもらい相談してみると、きっと励ましてもらえます。

休日や仕事後は仕事のことを忘れて気持ちを切り替えリフレッシュする

仕事で失敗すると、休日や退勤後にも引き摺ってしまい暗い気分で帰宅する日もあります。そうした暗い気分だと、休日であっても仕事のことが気になり、出勤日が嫌になってしまうこともあるでしょう。

暗い気分を上昇させるためにも、退勤後や休日になったのであれば、開き直って仕事関係のことを全て忘れてしまうというのも良い方法です。気持ちを切り替えてリフレッシュし、心機一転再び仕事を頑張ろうと思えるような状態を作っていきましょう

リラックスできるように温泉に行っても良いですし、気分を上昇させるために映画やドライブに行くのもおすすめです。

失敗は成長のチャンスだとポジティブにとらえる

仕事において失敗というのは誰しもが通る道です。
今は指示を出して失敗に対して厳しく注意してくる上司も、昔は同じような失敗をしてあなたと同様に怒られてきています。まだ失敗していない人も、これから失敗してしまう可能性は大いにあるわけですから、今失敗できてよかったとポジティブに考えていきましょう。

特に新人の場合は、失敗しても「まだ新人だから」ということで、厳しく注意はされてもきちんと見守ってもらえている時期です。失敗したところを改善できれば、自分がより仕事を確実にこなすことができるようになれるチャンスととらえられます。

上司に成長した自分を見せるためにも、失敗こそがチャンスだと考えて取り組んでいくと良いでしょう。

家族や友人・彼氏彼女が仕事の失敗で落ち込んでいるときの慰め方は?

自分が失敗した時にはどうすればいいのかということを紹介してきましたが、自分が慰める側になった時にはどうすればいいのでしょうか。
家族や友人、恋人が落ち込んだ時の慰め方について見ていきましょう。

前向きになれるように電話やメールで励ます

仕事で失敗しちゃった、と電話やメールで相談された時には相手が前向きになれるような励ましのメッセ―ジを送ります。自分も同じような失敗をした、どのように改善したか、という話題も含めて話してあげると役立つこともあるでしょう。

中には電話口ですでに泣いている場合もあり、一気に自分の話をしてしまいたい心理状態の人もいます。そんな時には思う存分泣いた後や向こうの話に相槌を打って落ち着いてからこちらの話を始めてあげてください

電話やメールで一気に話し始めた時には、自分の話をとにかく聞いてもらって嫌な思いでいっぱいの極限状態を脱出したいと思っていますので、まずはとにかく話を聞いてから励ましのメッセージやアドバイスを送っていきましょう。

実際に会って話を聞いてあげる

電話やメールでしか相談できない距離ではない場合、実際に会って話を聞くというのも非常に有効です。どちらかの家や外のお店でご飯を食べたり、お酒を飲んだりしながらゆっくりと話を聞いてあげましょう。

実際に会う場合、難しいのがどのようにアドバイスなどを盛り込んでいけばいいのかです。向こうは話を聞いて共感してもらいたい、という思いが非常に強い状態でもありますので、求められていないアドバイスをすると仕事の嫌な記憶を思い出して逆に落ち込んでしまうことも考えられます。

まずは話をゆっくりと聞いて、これからどのようにしていきたいのかというところを聞きだしてから、必要なアドバイスを厳選していきます。

元気が出て気分転換できるようなことに誘う

こうした慰めを行う場合、意外とあるのが仕事のアドバイスを求められない職が違うためアドバイスができないという状態です。自分は相手がどういう職業なのか簡単にしか把握していない、というのも珍しくはありませんので、アドバイスできずにただ話を聞いてあげるしかできない時には、相手が元気になれるような誘いをしてみましょう。

例えば買い物や映画などに誘って外出して一日気分転換に付き合う、ご飯を一緒に食べに行くといった、その人の趣味や好きなことに誘ってあげて、一緒に気分転換してみるのもおすすめです。

失敗は恥ずかしいことではなく誰にでもあるのだと伝える

電話やメールの他、実際に会った時などでも一番伝えてあげたいのが、失敗は誰にでもあるという言葉です。ネット上の失敗談や体験談を見てみると分かりますが、意外と自分より洒落にならない失敗を経験している人もいます

上司や先輩も失敗してそれをどうにかリカバリーしようと奮闘する姿を、相手も見かける機会は必ずあるはずです。自分が失敗談、上司や先輩の見かけたことのある失敗談はないかも含めて失敗は恥ずかしいことではなく、誰だってあることなのだと伝えましょう。

仕事後や休日は仕事のことを気にしないのも大切だと伝える

失敗を引きずらないコツとして、退勤後や休日には仕事に関係するものを開き直って全く考えず、オフとして満喫できるような切り替えを行うことが挙げられます。

失敗してしまった仕事が気になるのは当然ですが、やってしまったなら仕方がないとして仕事時間にそれをすべて丸投げしてしまいましょう。休日や退勤後は仕事で疲れてしまった自分を休めるための大事な時間です。気にせず休んで、出勤に備えるようにするのも重要だと言い含めましょう。

失敗をチャンスに変えて切り替えよう

失敗というのは誰にでも起こりうることで、あなただけが失敗しているわけではありません。特に初めて任された仕事においては失敗は付きものだと考えてしまう方が気持ちも楽になるでしょう。

しかし、そうした失敗をしないように対策や改善方法を考え実行すれば、あなたの仕事上での評価を上げるだけでなく、誠意や真剣に取り組む姿勢などを周りの人は評価してくれるようにもなります。

失敗こそチャンスである場合も多いので、失敗を上手くリカバリーしてチャンスに変えてしまえるように、暗い気分を切り替えて仕事に励んでいきましょう。