仕事でミスばかりしてしまうならその原因や対処法を考えよう

仕事でミスばかりしてしまうのはなぜ?

なぜか、仕事でミスばかりしてしまう、頑張っているのに直らない、そんなことはありませんか。実は、仕事のミスが多い人には、いくつかの特徴があるのです。ここでは、その主なものについてまとめてみました。

自分の記憶に頼って仕事をしている

人間の記憶というものは曖昧です。そのため、自分の記憶だけを頼りに仕事をしていると、ミスが多発してしまうことがあります。特に、仕事を覚えるときにメモを取らずに、頭の中だけで暗記しようとするタイプの人は要注意です。

実は、記憶というものは、何かの拍子に簡単に変化してしまいます。たとえば、暗記している最中に誰かに話しかけられると、それだけで曖昧な覚え方になってしまうこともあるのです。

そう考えると、ただ自分の頭の中の記憶だけを頼りに仕事をするのは危険です。

わからないことがあっても思い込みで仕事を進めている

思い込みが激しいタイプの人も、仕事でミスばかりしてしまう可能性があります。特に、分からない点があっても、それをきちんと確認せずに仕事を進めてしまう人はミスが多くなるのです。

たとえば、上司から仕事を依頼された時に、何か疑問点があるとします。その時に、「これは、このような意味ですか?」としっかり確認できる人はミスを連発することはないでしょう。

ところが、「これは、きっとこういう意味だろう」などと考えて、自分の憶測で仕事を進めてしまう人がいます。そういうタイプの人は、その思い込みが間違っているとミスにつながってしまうのです。

仕事の準備や下調べがおろそかになっている

あなたは、仕事の準備や下調べをきちんとすませてから仕事を始めていますか。これができていない場合も、ミスばかりしてしまう原因となることがあります。「大体、これで大丈夫だろう」というようないい加減な態度で仕事に臨んではいけません。

仕事を与えられたら、その準備や下調べはきっちりと行うようにしてください。そうしておけば、予想外のトラブルが起こった場合にも慌てずにすみます。仕事中には、どんな事態が起こるか予測できません。

きちんと事前に準備などをしておくことで、何かトラブルが起こった場合もしっかりと対処できるのです。

仕事に集中できていない

仕事に対して集中力がないのも、ミスを増やす原因となるでしょう。たとえば、取引先にメールを送る際に誤字脱字を使ってしまったり、注意力が散漫になって大変なミスを犯してしまったりします。

また、会議中に上司や同僚から意見を聞かれても、他のことを考えていてよく会話を聞いてなかったりするのも集中力の欠如です。場合によっては、ビジネスマンとしての信頼を失う原因にもなりかねないので注意が必要です。

集中力のない人は、日頃から一つのことに集中する癖を付ける必要があるでしょう。

ミスをしても原因や対策を考えない

あなたは、ミスをした後にきちんと反省していますか。反省とは、同じミスを繰り返さないためにその原因を調べ、対策を講じることをいいます。ただ、ため息をついて落ち込むだけでは、何の反省にもなっていないのです。

しかも、ミスをした原因を考えて自分の行動を分析できない人は、同じミスを何度も繰り返す傾向があります。そのため、ミスをした原因をチェックしてそれを回避する対策を考えることは、とても重要なことなのです。

仕事でミスばかりしてしまう人は、こうしたことを面倒くさがるタイプの人が多いようです。

仕事でミスばかりして辛いときに心得ておくこと

いつも仕事でミスばかりしてしまう、クビになったらどうしよう、そう思って落ち込んでいませんか。その辛さを乗り越えれば、一段と高いスキルが身に付くチャンスにもなります。ここでは、仕事でミスばかりする人が、辛い時に前向きになれる考え方についてまとめてみました。

仕事でミスをしてもクビになるわけではない

実際のところ、仕事でミスをしてもそれがクビにつながることはほとんどないのです。なぜなら現在の日本では、経営者が従業員を解雇する場合、法律に照らし合わせても合法となるような理由が必要だからです。

また、会社の就業規則に最初からきちんと「場合によっては解雇されることがある」ことを明記しておく必要があります。仕事のミスによる解雇には、普通解雇と懲戒解雇の2種類がありますが、その従業員が本当に仕事の能力を向上、または改善できる見込みはないのかなど、経営者側には厳しい追及がなされます。

あるいは、懲戒解雇の場合でも、その従業員が犯したミスが本当にクビにされるほど重大なものなのかを問われたりします。だから、たとえあなたがクビを心配するようなミスをしても、実際クビになることはまずないのです。

仕事でミスをしても自分の人格を否定しない

もし、あなたが仕事でミスばかりしていても、自分で自分の人格を否定しないようにしましょう。たとえ、上司や先輩社員からひどい暴言を吐かれたとしても、その言葉を自身の評価として受け入れてはいけません。

仕事でミスばかりすれば誰でも落ち込んでしまい、「自分はダメなのだ」と思ってしまいがちです。しかし、その欠点は、あなたという人間のほんの一部分を表しているのに過ぎません。

たとえ仕事ができなくても、あなたはかけがえのない一人の人間として尊重されるべきです。

仕事でミスをしても挽回できるチャンスはある

仕事でミスばかりするからといって、もうダメだとは考えないようにしましょう。それよりも、その失敗を成長のチャンスと捉えて前向きに努力することが大切です。

あなたがミスを犯したことは、今さら後悔しても何にもなりません。しかし、必ず成長のきっかけになるはずです。「ピンチはチャンス」という言葉を聞いたことはありませんか。

どのような失敗をしても、それをチャンスであると前向きに捉えれば、必ず挽回できる機会が巡ってくるでしょう。

仕事でミスばかりしてしまう人がとるべき対策

仕事でミスばかりしてしまう、そんな自分が本当に嫌だとふさぎ込んでいませんか。そんな自分を改善するためには、ミスを防ぐ対策方法を考えるのがおすすめです。ここでは、仕事でミスをしやすい自分を改善するための対策方法についてまとめてみました。

自分の記憶や思い込みに頼らない

仕事の説明をされる時に、きちんとメモを取る習慣をつけるのがおすすめです。そうすれば、自分の曖昧な記憶や思い込みによるミスを防ぐことができます。大体、仕事の段取りをすべて記憶しようとしても無理な場合が多いのです。

また、思わずメモに殴り書きしてしまい、後で何を書いたのかが分からなくなることもあります。それを防ぐためには、落ち着いて分かりやすくメモを取り、上司に対してもう一度メモの内容を口に出して確認するのもいいでしょう。

ミスの原因と防止策を考える

仕事でミスをしたら、必ずその原因と防止策を考えて同じ間違いをしないようにしましょう。なかには、ただ落ち込むだけで何も対策を練らない人がいます。そんな人は、また同じようなミスを繰り返してしまう可能性があります。

一度してしまった失敗を悔やむよりも、二度と同じミスをしないように気を付けることの方が大切です。仕事上で何度も同じミスを繰り返すと、「この人は何度同じことを言っても直らない」と思われることもあります。よく注意することが必要でしょう。

休憩を適度に挟んで集中力を落とさない

人間の集中力は、それほど長く続きません。集中力が低下してしまうと、うっかりミスも多くなる傾向があります。そのため、自分の集中力が下がってしまう時間帯を把握して、その時間にはあまり集中力が必要のない仕事をするようにしてみましょう。

また、同じ仕事を長時間続けると集中力は低下してきますよね。そんな場合は、1時間ほど仕事を続けたら10分程度休むようにするのもおすすめです。あるいは、他の仕事と交互に進めるのも飽きない点ではいいと思います。

下調べや準備を念入りに行う

仕事をスピーディーに正確にこなすコツとして、下調べや準備を念入りに行うことも重要です。これは、仕事を成功させるためには、不可欠なことともいわれます。

仕事ができる人は、特にこうしたことを重視しています。何の準備もしないで仕事に取りかかると、時間がかかるだけでなく良い仕事ができません。質の高い仕事をして成果を上げるためには、念入りな下調べや準備が欠かせないのです。

事前にするべきことができるようになれば、必ず仕事の成果も上がってくるでしょう。

自分の癖や苦手なことを理解して改善する

誰にでも、直らない癖や苦手なことはありますよね。仕事をする上で、そんな自分のマイナス面が悪く作用してしまうなら、思い切って改善する努力も必要でしょう。

たとえば、仕事を終えた後にきちんとチェックしない癖があるとします。そんな場合は、必ず念入りにチェックするように改善しなければなりません。もし、分からないことを上司に聞くのが苦手なら、それもなるべく改善していった方がいいですね。

このように、自分の弱点を把握して少しづつ改善していくことで、仕事ができる自分へとステップアップできます。

デスク周りやパソコン内部を整理整頓する

大事な書類をなくしたり、探し物がなかなか見つからなかったり、デスク周りが散らかっていると損をすることが多いですよね。できれば、休みの前日にはデスク周りを整理整頓するようにしましょう。15分程度片付けるだけでも、仕事の効率が上がってきます。

次の勤務日からは、キレイな環境で仕事を始められるため、気分的にもリフレッシュします。一流の書道家や画家は、使った筆をすぐに洗って次の仕事に備えるそうです。そうしなければ、良い作品を仕上げられないことを体験して知っているのです。

仕事をする場合も、同じように使う道具を整えておく必要があるでしょう。

仕事でミスばかりで辞めたい…そんなときは?

仕事でミスばかりする、もう嫌だ、本当にこの仕事を辞めたい、あなたはそう思っているかもしれませんね。実は、今の仕事を辞めて他の仕事に転職することも一つの解決策です。ここでは、仕事を辞めたいあなたに伝えたいいくつかのことについてまとめています。

モチベーションが上がらない理由を考える

仕事のモチベーションが上がらない理由として、仕事にやりがいが感じられない、お給料が低すぎる、などの不満がある場合もあります。職場の人間関係が悪すぎるのも、会社へ行くこと自体が嫌になってしまいますよね。

あなたの場合は、どんな理由が当てはまるのかよく考えてみましょう。その理由がはっきりと分かるなら、徐々にその対策方法を講じていくことでモチベーションを復活させられるはずです。

あまりにもミスが多くて困っているなら、その理由について一度よく考えてみることをおすすめします。

仕事が上手な人に相談する

あまりにもミスが多いなら、仕事がよくできる人に相談してみましょう。そうすれば、ミスを防ぐための対策方法について教えてくれると思います。きっと、仕事ができる人ならではのしっかりしたミス対策をしているはずです。

仕事が上手な人に改善点を教えてもらうことで、あなたもミスをしない優れた社員になれる可能性があるのです。そうなれたら、きっと仕事をするのが楽しくなってくるでしょう。

仕事が大好きになれば、その成果は一段と上がるようになります。

自分に合っていないと思ったら転職を考えてみる

どうしても今の仕事が自分に合っていない、毎朝憂鬱で辛いという場合は、思い切って仕事を辞めるという選択肢もあります。近年は、転職エージェントを使えば様々なサービスが使えたり、業界別のコンサルタントがついたりと便利なので、あなたの希望する職種に就ける可能性も高くなっています。

まず、あなたの仕事に対する向き・不向きや得意・不得意を紙に書き出しましょう。転職先を探す際には、そうした点を考慮して適性のある職種への転職を目指すのがおすすめです。

今度こそ、毎日が楽しくなるような職種に転職できるといいですね。

働き方を改めて見つめ直そう

仕事でミスばかりして本当に辛い、そんな場合には多くの対処方法があります。どう考えても職種が合っていないなら、他の職種に転職することも可能です。そのため、決して絶望しないようにしてください。

まず、自分に合った働き方についても、よく考えてみるのをおすすめします。どんな働き方が自分に合うのかは、あなたにしか分かりません。自分の心の奥底にある気持ちと対話することで、もっともあなたに合った解決策が見えてきますよ。