どうしたら防げる? 仕事のミスを連発してしまう原因とおすすめの対処法

「仕事で何度もミスを繰り返してしまう」「仕事でミスを連発する自分が情けない」「仕事のミスを連発することで気持ちが滅入ってしまっている」そんな方もいるでしょう。

仕事でミスを連発してしまうのには、必ず何らかの原因があります。ミスを防ぐためには、その原因を突き止めて改善していくことが必要です。

そこでこの記事では、仕事のミスを連発してしまう原因とその対処法・連続する仕事のミスを防ぐ方法をご紹介していきます。

「仕事のミスを減らしたい」「仕事でミスを繰り返す日々から抜け出したい」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。自分が仕事でミスを連発する理由がわかれば、きっと改善していけるはずですよ。

仕事のミスを連発してしまうのはなぜ?

誰しも仕事でミスをすることはあるものです。特に初めての仕事や慣れていない仕事などを行う場合には、ミスをしてしまうことも珍しくありません。

しかし中には同じ仕事をしているにも関わらずケアレスミスを繰り返してしまったり、何度も同じミスを連発してしまったりする人もいるでしょう。

仕事のミスを連発してしまうのには必ず原因がありますから、まずはその原因を突き止めることが大切です。
自分が仕事のミスを連発してしまう原因は何なのか、以下の項目に該当するものがないか確認してみましょう。

仕事のタスクをうっかり忘れてしまう

一般的に、仕事にはその日のうちにやらなければならないことや、いつまでにやらなければいけないと締め切りが設定されているものが存在します。

通常は仕事をする上で都度、「この仕事はいつまでにやっておかなければいけない仕事か」を判断し着手することになりますが、仕事のミスを連発してしまう人の中には仕事のタスク管理ができていない人が多いです。

自分がやらなければいけない仕事そのものを忘れていたり、やらなければいけない仕事があることは意識していても、その仕事をいつまでに終わらせなければいけないのかという締め切りを忘れていたり、締め切りの覚え違いをしてしまっていたりすることがあります。

自分は仕事ができていると過信している

仕事でミスを連発してしまう人の中には、自分の能力を過信してしまっている人もいます。「自分は仕事ができるから人に聞かなくても大丈夫」と思い込み、初めて行う仕事でもその詳細についてほとんど聞かずに作業してしまったり、仕事で迷う点があっても自分の考えで勝手に進めてしまったりするのです。

「聞かなくても大丈夫」「きっとこれはこうだろう」「過去の経験からしてこうしておけば問題ない」などと勝手な判断で仕事を進めてしまえば、ミスをするのも当たり前ですよね。

このタイプの人は、「自分は仕事ができる」と勘違いしているため、なかなかその間違いに気付くことができません。人からミスを指摘されても、「自分は間違っていない」と開き直ってしまうことも…。そのため素直に失敗を認めたりアドバイスを聞き入れたりすることができず、同じミスを繰り返してしまうのです。

普段から整理整頓ができない

机の上など身の回りがいつも散らかっている、パソコンの内部データが整理されていないという人も、仕事のミスを連発しやすいです。

普段から整理整頓ができていないと、必要なものが必要なときに見つからなくなってしまう危険性があります。必要な資料が見つからない、必要なデータが見つからないという状況では、ミスをしてしまうのも納得です。

大事な資料やデータを紛失して怒られる、参考となる資料やデータがないまま仕事を進めて間違いを指摘されるなどの経験が多い人は、身の回りの整理整頓ができていない可能性が高いと言えます。

予定外の出来事に対処できず焦ってしまう

仕事のミスを連発してしまう人は、予定外の出来事に対処することが苦手である場合も多いです。

仕事をしていれば予定外の業務が発生することや、突発的に対処しなければならない問題が起きることもあるでしょう。そんなときは臨機応変な対応が求められますが、中には予定外の出来事に対して戸惑い、焦ってしまう人もいます。

いきなり入ってきた仕事に困惑し、パニックになることで冷静な対処ができなくなり、焦って取り組むのでどうしてもミスしやすくなってしまうのです。

他人任せにしてしまいがち

普段から「この仕事はめんどうそう」「この仕事は私のやるべきことじゃない」などと仕事を選り好みして他人任せにしている人は、一向に仕事を覚えることができません。仕事を覚えていないと、勘違いやミスも起こしやすくなってしまいます。

また一見バラバラに見えるような一つひとつの仕事も、全体像を見てみると実はつながっているものです。そのため特定の仕事を避けていると、なかなか仕事の全体像が把握できず、ミスにつながってしまうこともあります。

ミスすることを気にし過ぎて萎縮してしまう

仕事のミスを連発していると、「またミスしたらどうしよう」「もう二度とミスはできない」「絶対にミスしないようにしなくちゃ」などと考えてしまうようになり、大きなプレッシャーがかかります。

あまりにも「ミスしないようにしなきゃ」と気にし過ぎて萎縮してしまうと必要以上に時間がかかってしまい、結果的に仕事の締め切りに追われることになり、最後のほうは慌てて作業する…ということにもなりかねません。焦って作業すればそれだけミスする可能性も高くなるものです。

またある特定の部分のミスを意識しすぎることで、その他の部分への意識が散漫になり、新たなミスをしてしまう危険性もあります。

普段の自分を自己分析してみてわかること

常に仕事を完璧にこなすというのはなかなか難しいことかもしれませんが、あまりにも仕事でミスを連発してしまうというのは、自分自身に何か問題があると言わざるを得ません。

仕事のミスを連発してしまう人には、いくつかの共通点があります。普段、自分では特に意識していないことかもしれませんが、客観的に見てみることでその問題点に気付くこともあるでしょう。

普段の自分を客観的に見つめて自己分析してみると、仕事のミスが多い原因につながる要因が見えてきます。

次に挙げる項目の中から自分の性格や行動で該当するものがないか、チェックしてみましょう。

普段から思い込みが激しい

「これはこうであるに違いない」「これはきっとこういうことだ」など、普段から物事に対する決めつけや思い込みが激しい人は、仕事をする上でもその癖が出てしまうものです。

自分の考えが正しいと思っているので、周りの意見や言葉がなかなか耳に入らないのも特徴。そのため間違った覚え方や解釈をしたまま仕事を進めてしまい、結果的にミスを連発するということになります。

「いい人」と思われたい欲がある

周りから自分がどう見られるかということを気にする人は多いと思いますが、気にし過ぎるのも考えものです。周りから「いい人」と思われたいがために、何でも仕事を引き受けてしまうイエスマンは要注意。

何でもかんでも仕事を引き受けてしまったり人の仕事を手伝ってしまったりすることで、肝心な自分の仕事がおろそかになってしまう、時間に追われてしまうということからミスを連発しかねません。

物を捨てられない・物を溜めこみがち

周りから見たら、「それって必要ないものなんじゃない?」「それはゴミでしょう?」というような物でも、なかなか捨てられない人というのはいるものです。

物が多くなれば、必然的に身の回りが雑然としていきます。必要な物と不要な物を判別して不要な物を捨てて行かない限り、どんどん物は増え続けてしまうのです。

物が増え続けた結果どうなるかと言えば、机の上や引き出しの中などに物があふれ、どこに何があるかわからない状態になってしまいます。すると大切な資料やデータを紛失してしまうリスクもあるのです。

また作業スペースも狭くなってしまいますから、仕事に集中できずミスをしてしまうという状態にもなりかねません。

何事にも時間にルーズ

普段から時間が守れないという人は、仕事の場においてもその悪い癖が出てしまうものです。多くの仕事には締め切りや期限が存在しますから、その期限に間に合うよう逆算して仕事を進めていく必要があります。

しかし普段から時間をあまり気にしていないような人は、期限に間に合わせるという感覚がそもそも欠如しているため、スケジュール管理ができていません

その結果、仕事が毎回遅い、提出期限ギリギリで慌てて作業するためミスが多いということになってしまうのです。

周囲に相談できる人がいないと感じている

周りの人とコミュニケーションをとることが苦手な人は、仕事においても孤立してしまいがち。普段からあまり周りと会話をしていないため、仕事で困ったことがあったりわからないことがあったりしたときにも、誰かに相談するということができません。

周りに聞いたり相談したりすることで解決できるような問題でも、自分一人で何とかしようと思ってしまうので、結果的にミスにつながりやすいのです。

睡眠時間を十分に確保できていない

睡眠は脳や体を休めるために必要不可欠なものです。睡眠が十分にとれていないと、脳も体もしっかり休むことができずに疲れやストレスがどんどん蓄積されていってしまいます。

睡眠時間が十分にとれずボンヤリした状態のまま仕事をすれば、脳も十分に働きませんからミスを起こしやすくなるのは当然です。

体のだるさや不調も集中力の低下を招きます。ミスを連発する人は集中力の欠如が大きな原因になっていることも多いのです。

連続してしまう仕事のミスを防ぐ方法は?

仕事でミスを連発していると自分自身が困るだけでなく、一緒に働く仲間や会社にも迷惑をかけてしまいます。また周りからの評価は下がり、信用を失ってしまうことにもなりかねません。だからこそ、仕事でミスを連発してしまう人は一日でも早くその状態から抜け出すことが必要です。

連続する仕事のミスを断ち切るためには、今までの自分の仕事に対する進め方や向き合い方を見直し、ミスをしない環境・仕組み作りをしていかなければなりません。

そこでおすすめなのが次に挙げる対策。これらを実践することで、仕事のミスを防ぐことが可能になります。

自分のタスクや重要なことは必ずメモして進捗管理をする

自分がその日に何をしなければならないのかを把握するためにも、まず朝出勤したら、その日の仕事のタスクや重要なことを付箋などにメモして、目立つ場所に貼っておきましょう

タスクと合わせて何時から何時までに作業をしなければならないのか、時間も書いておくようにします。そして一つのタスクが終わるたびに線を引いて消していくようにしましょう。

そうすれば自分がやらなければならないタスクや重要なことが一目瞭然。メモした紙を常にチェックすることで、仕事のモレを防ぐことが可能になります。

仕事の内容の優先度を整理する

一度に複数の仕事を並行して行うというのは、非常にミスが起こりやすい状況です。同時にいくつかの仕事を抱えているときには、まず冷静に一つひとつの仕事の期限と分量を確認し、期限に間に合うように進めるためには何から手をつければいいのかを判断しましょう。

仕事内容ごとに作業する順番をつけ、優先度の高いものから順に取り組んでいくようにすれば慌てることなく仕事を進めることができますから、ミスも防げます。

作業する前に頭の中で整理をして信頼できる人にも確認してもらう

初めて行う仕事や慣れていない仕事を行う場合は、作業に入る前に作業手順を頭の中で整理し、先輩や上司などに「このような順番でこのような作業を行っていくという認識で合っていますか?」と確認しましょう。

自分の思い込みで仕事を進めてしまうと、ミスをする原因になります。不明点やあやふやな点がないようにしてから作業をするようにしましょう。

自分を疑ってダブルチェックを習慣づける

「自分は仕事ができる」という思い込みは、ミスを引き起こす原因になります。あまり自分を過信しすぎることなく、「もしかしたら間違っているかもしれない」と考え、作業が終わったら必ずダブルチェックを行うことを習慣にしましょう。

一度確認しただけでは問題が見つからない場合でも、二度確認することで見つかる問題もあるものです。「自分の間違いを見つけてやる」という感覚でチェックしてみると、厳しい目で見ることができるので、ミスを大幅に防ぐことができます。

もし可能な場合は、同じ作業をしている人とお互いの作業したものについて交換してダブルチェックをし合うというのもおすすめです。自分では見つけられなかったミスが、他の人の目を通すことで見つかる可能性も高くなります。

指摘されたことはメモを取るクセをつける

人から指摘されたことやアドバイスを受けたことに関しては、聞き流さないようにしましょう。その場でメモを取り、後で読み返すことが大切です。

文字に起こすことで頭に入りやすくなりますし、実際の作業をする際にメモを見返すことで注意喚起ができ、ミスを防ぐことに役立ちます。

資料作成・プレゼンなどがある場合は事前のイメージトレーニングを十分にしておく

仕事を見切り発車で始めてしまうと、ミスもしやすくなってしまうもの。大事な資料作成やプレゼンなどがある場合は、いきなり作業に入るのではなく、イメージトレーニングをしてから取りかかるようにしましょう。

特に人前で話をするようなプレゼンの場合、緊張からうまく話せなくなることも多いです。緊張から思わぬミスをしてしまう可能性もあります。緊張をほぐすためにも、事前のイメージトレーニングは大切です。

イメージトレーニングがしっかりできていると、本番でも緊張せずに落ち着いてプレゼンに臨むことができます。

仕事に対して一つずつ責任感をしっかりもつ

仕事に対する姿勢が適当だと、当然ながらミスをしやすくなります。資料作成にしても、「大して重要な資料じゃないから」という気持ちで作業をすれば、数字を間違えたり誤字脱字が多くなって読みにくい資料になったりしてしまうものです。

どんな仕事であれ、自分の仕事には必ず責任感を持って取り組む意識を持ちましょう。仕事に対する責任感を持つことで仕事に取り組む姿勢が変わり、ミスが防げるだけでなくやりがいや面白さも発見できるようになるものです。

仕事のミスを改善できるように心がけよう

一つひとつのミスが小さくても、積み重なることで大きなミスになる可能性もありますし、発注ミスや納品間違い、重要データの紛失などが会社に損失を与えてしまうケースも考えられます。

仕事でミスを連発するということは、気分が滅入るだけでなく、周りからの自分に対する評価も落としてしまったり、会社自体の信用を下げてしまったりすることにもなりかねないのです。

誰しも完璧ではありませんから、時にはミスをしてしまうこともあるでしょう。しかし自分の仕事に対する意識や環境を変えることによって、多くのミスを防ぐことは可能になります。

あなたが仕事でミスを連発してしまうことに悩んでいるのであれば、まずは自分がなぜミスを連発してしまうのか、その原因を突き止めると共に自分自身の性格や仕事への姿勢を見直すことから始めてみましょう。

ミスをしやすい原因がわかれば、それを防ぐための対策もおのずと見えてくるものです。