「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 「仕事辞めたい」は甘え?辞めてもいい場合とそうでない場合の判断とは
仕事辞めたい

「仕事辞めたい」は甘え?辞めてもいい場合とそうでない場合の判断とは

「仕事辞めたい」が甘えの場合と甘えではない場合がある

仕事を辞めたいと思った時、「でも、いま辞めるのはただの甘えなのでは?」と自問できたなら良い機会です。ちょっと立ち止まって、「なぜ辞めたいのか?」「辞めるとしたら、どんな辞め方が今後の自分のためになるのか?」を考えてみましょう。

この記事では、立ち止まって考えるためのヒントをお伝えします。

仕事を辞めたくて無気力な日には、自己診断ツール「ミイダス」で気分転換

仕事をやめたい気持ちを「甘え」だと思ってしまう人は、きっと自分に厳しいのでしょう。しかしあまりに自分に厳しいと、自己評価を不当に低くしてしまい、本来持っている自分の可能性を押さえつけてしまうこともあります。

dodaなどで有名なパーソルキャリア社が提供する「ミイダス」は、転職市場における自分の価値を診断できる無料のサービスです。客観的にみて、今の自分ならどれくらいの価値=想定年収で転職ができるのか?気分転換にぜひ調べてみましょう。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

しかもミイダスで市場価値診断をすると、何もしなくとも転職のチャンスがめぐってきます。ただ待っているだけで、自分の市場価値を認めてくれる優良企業から、スカウトメールが届くのです。

スカウトが届いたら、その企業の第一次の書類選考は通過したことになるので、転職成功に一歩近づきますよ。

合わせて読みたい

「仕事辞めたい」が「甘え」の場合とは

仕事を続けるも辞めるも個人の自由です。しかし、今の仕事を辞めて別の仕事に就こうと思ったら、なぜ前職を辞めたのか尋ねられるはずです。あなたはその回答によって値踏みされることになるでしょう。

「この人が前職を辞めた理由はただの甘えだな」と思われては、その後の自分にとってためになりません。いま自分が抱えている「辞めたい理由」が、客観的にみてどう思われるか、落ち着いて考えてみてください。

合わせて読みたい

特に理由がなく辞めたいと思っている場合

「なんとなくだるい」「あの人が辞めたから私も辞めようかな」くらいの思いで退職を考えているのなら、今は待ったほうがよいでしょう。

もし高校生のアルバイトであれば、その程度の理由で辞めても仕方ないと周りに思ってもらえるかもしれませんが、そうでなければ「甘え」と思われることは確実です。

また、「大した理由はないけれど辞めたい」という気持ちを態度に表してしまっている場合は、やりがいをもって働いている人や、生活のために我慢して働いている人から、反感を買う可能性があります。

たとえ仕事を辞めても、人間関係はどこでつながっているかわからないので、反感は買わないに越したことはありません。

出勤時間に起きるのが面倒なだけの場合

昨今はさまざまな不調に病名がつくようになったので、「起きるのがだるい」というのも、突き詰めればなにかの疾患扱いにできるかもしれません。しかし、本当にそうやって逃げていてよいのでしょうか。

令和に生きる社会人は、昔のように生活を犠牲にするのはやめて、ワークライフバランスのとれた働き方をする権利があるといえます。ですがそれは、何も我慢せずに自由に働けば給料がもらえるということではありません

出勤時間に合わせて起きて身支度をするのが苦痛なら、「前日は早く寝る」「できる支度はあらかじめしておく」など、多少の努力はしなければいけません。それができない場合は甘えだと思われてしまいます。

合わせて読みたい

働いた経験が半年未満の場合

社会に出ると、「世の中は厳しい」と思えるようなことがいくらでもあります。綺麗事ばかりではありません。

しかし、人生経験が浅く、挫折したり人に叱られたりということが今までなかった場合は、ちょっと嫌なことがあっただけでも「自分の尊厳が踏みにじられている」「会社が全面的に悪い」と思い込んでしまいます

もし、働いた経験がまだ半年にも満たないようであれば、いったん様子を見てみましょう。学生時代にアルバイト経験がないまま新卒で社会人になった人もです。

いま衝動で辞めてしまうと、あとで「なんであのとき、あの程度の理由で辞めてしまったんだろう」と後悔したり、自分を恥じたりするはめになります。

合わせて読みたい

ミスなど叱られそうな問題を抱えている場合

「ミスをしたのに報告せず帰ってきてしまった」「今日出勤したら叱られそう」など、自分が悪いせいで会社に行きたくない気分になっている場合、そこで辞めたいと思うのは単なる逃げです。

責任感がなくて、嫌なことから逃げてばかりだと、いま辞めたとしてもまた次の会社で同じことの繰り返しになるでしょう。

社会人をやっていれば、叱られる日のひとつやふたつはあります。しかし、上司や先輩は意外と気にしていないものです。あなたを叱った後も、少なくとも「辞めてほしい」ではなく、「今後は責任を持って頑張ってほしい」と思っているはずです。

それなら、叱られそうだからといって仕事を辞めたいと悩むのは、無駄なことではないでしょうか。

合わせて読みたい

自由な学生時代が忘れられない場合

学生生活と社会人生活はまったく違います。社会人になれば、自主休講と称して単位ぎりぎりまでサボることもできませんし、2ヶ月間の夏休みなんてありません。

しかしそのことを、「社会人は不幸」「うちの会社は休めないからブラック」と思ってしまうのは不適切です。学生時代が自由すぎたのです

学生基準で社会人生活を考えているなら、これは甘えだと思われて当然です。社会に貢献してお金を稼ぐ立場であることを自覚し、もしどうしても我慢できないのなら、会社に勤めるという以外の方法を考えましょう。

合わせて読みたい

「仕事辞めたい」が「甘え」ではない場合とは

世の中には、ブラック企業など、誰が見ても「辞めたほうがいい」と判断されるような会社があります。また、会社に悪いところはなくとも、将来の自分のために、早めに環境を変えたほうがいい場合もあります。

もしかしたら、年配の人など社会人経験の長い人に相談すると、下記のような理由も「甘え」と断じられてしまうかもしれません。しかし自分の中にきちんとした理由と目的があるなら、甘えでも逃げでもないので、自信を持ちましょう。

合わせて読みたい

悩み始めてから一年以上経っている

「仕事を辞めたいけれど、いま辞めたら甘えなのでは?」と自問自答できる時点で、あなたは一定以上の責任感を持っている立派な社会人だといえます。まして、その悩みを抱えたまま一年以上耐えたのなら、周囲から見ても「甘え」とは見なされないはずです。

また、一年以上同じことで悩んでいるのなら、この先もその環境は変わらない可能性が大きいです。ときには、見切りをつけて新しい環境に移ることも大切です。

体調が悪化してきている

「辞めたい」と思っているだけならまだしも、その気持ちが心身に悪影響を及ぼしてしまっているのは危険です。「この体調不良はストレス由来かもしれない」と自覚できているなら、これ以上ひどくならないうちに環境を変えましょう

また、自覚症状がない場合もあります。仕事で忙しい中では難しいかもしれませんが、元気なときの自分を知る友達などに定期的に会っておくことが大切です。そうすれば何かがおかしいときに気づいてもらえるので、大事に至らずに済みます。

辞めたい原因に解決の見込みがない

仕事を辞めたくなる理由にはさまざまなものがありますが、時間が経てば解決するものと、そうでないものに分類できます。

たとえば人間関係ひとつとっても、「嫌いな人がいるけれど、来年には転勤でいなくなる」のと、「家族経営の会社で、役員と険悪になってしまった」のとでは、全く違います。

もし、時間が経っても解決しないような問題に悩んでいるのであれば、自分がストレスでつぶれてしまわないうちに、退職や転職の道を選びましょう。

企業体質がブラック

明らかに労働基準法に違反した業務を強いている、セクハラやパワハラが横行している、など、ブラック企業に入社してしまった場合は、早めに辞めましょう。新卒で入ったばかりなのに……という状態でも、このさい仕方がありません。

本当にブラック企業かどうか自分で判断できない場合は、社外の信頼できる人に会社の現状を話してみましょう。

ただし、このさき転職の時に退職理由を聞かれて「ブラック企業だったので」と正直に答えるのは好まれません。会社への恨みつらみではなく、「これから新天地で自分が何を成したいか」をポジティブに答えましょう。

20代のうちなら「JAIC」という選択がある

せっかく就職活動をして入ったのがブラック企業だったり、どうしても合わない仕事だったりして、早くも退職を考えてしまっている場合、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。

JAICでは社会人経験の少ない若者にビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」など、ホワイトな条件を満たす企業です。新卒でブラック企業に当たってしまった悩みも理解してもらえるので、ぜひ相談してみましょう。

いざ仕事を辞める場合の3つのアクション

今の仕事を続けることで悩み続けてしまうのであれば、いずれ精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼしてきますし、そもそも仕事自体にも身が入るはずもなく、良い成果を残すことは出来ません。

思い切って転職し、新しい職場環境で自分本来の良さを生かした方が今よりはずっとマシかもしれないと考えるべきです。ここではそんな人のために、辞めたいと感じたら起こすアクションを3つご紹介します。

合わせて読みたい

次の仕事に何を求めるかを考える

仕事を辞めるのであれば、次の仕事に求めることをまずまとめておきましょう。自分が何にストレスを感じるかを基準にして、優先順位をつけてみることをおすすめします。

たとえば以下のような形で、自分の希望を言葉にしましょう。

チェックポイント

  • 給与にはさほどこだわらないから、責任を負わなくていい仕事をしたい
  • 給与が低いのがとにかく不安だから、年収を重視したい
  • 女性ばかりの職場で人間関係に失敗したから、男女同数くらいの会社がいい

また、一度悩んだおかげで、「この職種は自分には向いていない」「こういう環境だと自分は溶け込めなさそう」など、嫌な予感がする会社の観点がわかってきているはずです。

合わせて読みたい

信頼できる相手に相談する

辞めると決めたなら、次はよりよい環境に移れるように具体的な行動を始めましょう。

もしあなたに人脈があって、仕事を世話してくれそうな人がいるのなら、そういう相手に相談してみてもよいでしょう。逆に、もし転職に際して孤立無援なら、プロである転職エージェントに相談するのが一番です。転職エージェントは基本的に無料で使えます。

転職エージェントは、「今こういう悩みがあって転職を考えていて、次はこういうところに勤めたい」と相談すると、ぴったりの職場を紹介してくれます。

エージェントによっては、提出書類の添削をしてくれたり、面接練習や、面接への同行までしてくれることもあります。

自分に合いそうな転職エージェントを選んで、まずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

マイナビエージェントに相談してみよう

マイナビエージェントは、利用者満足度が圧倒的に高いエージェントです。コンサルタントの人柄がよく、サポートが手厚いと評判なので、転職に不安がある人はまず登録してみて損はないと言えるでしょう。

マイナビエージェントのコンサルタントは、求職者が本当に選択すべき道を一緒になって考えてくれます。無理やり求人を押し付けることはないので、次こそ自分が希望する道に進むことができるでしょう。

合わせて読みたい

円満退職の準備をする

いくら現職が嫌で早く辞めたいからといっても、後ろ足で砂をかけるような真似はやめておきましょう。会社にとって迷惑にならないタイミングで、まずは直属の上司に辞意を伝え、引き継ぎ業務をし、責任を果たしてから辞めるのが正当なやり方です。

人はどこでつながっているかわかりません。狭い業界内や、人口の少ない地域で転職するのであれば、なおさらです。後ろめたくない形で円満退職できるようにしましょう。

もし、しつこく引き止められて辞めさせてもらえないなどの悩みがある場合は、転職エージェントに相談してみてかまいません。たいていの転職エージェントは、内定が出た後でも、悩みがあれば相談に乗ってくれます。

退職代行サービスを使うという手もある

引き止めがあまりにしつこくて、退職交渉そのものがストレス源になってしまっているなら、自分はもう会社に姿を表さず、第三者に任せてしまうのもひとつの方法です。そんな「退職代行」をしてくれるサービスのひとつがこのEXITです。

EXITのメリット
  • 会社に行くだけで辛い場合は、会社に行かなくても退職できる
  • 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能
  • 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力
  • EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。次の仕事をそのまま探せる

退職代行サービスは最終手段ではありますが、退職のために「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のは大きな魅力です。

仕事が辛くて一刻も早く辞めたいと思っているなら、ぜひEXITで退職代行をしてもらって次のステップに進みましょう。
EXITに退職代行を頼む

合わせて読みたい

辞めたい理由と向き合おう

いまあなたが「仕事を辞めるのは甘えかもしれない」と気付けたことは、それだけで今後の人生にとってのチャンスです。少なくとも、何も考えずに衝動で転職を繰り返して、キャリアもないのに年だけとっていくという自体は免れたわけです。

これを機に、自分の「辞めたい理由」を見つめ直し、それが甘えなのかそうでないのか判断しましょう。やっぱり辞めたほうがいいと思えたなら、転職エージェントなど使えるサービスはしっかり活用して、今後の自分のために全力を尽くしましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧