1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 管理職の強み「知的財産」を生かして転職するベストタイミング

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

管理職の強み「知的財産」を生かして転職するベストタイミング

管理職の転職はどうすればいい?

今まさに「仕事を辞めたい」と漠然と悩んでいませんか。
管理職ともなると上からの圧力にメンタルが押し潰されそうになりますよね。さらに意思疎通が満足にできない部下達の育成や管理に追われ、自身の業務は後回しになり心が疲労してしまいます。

いざ退職を考えても「管理職の自分が辞めてしまったら、部下や今の案件はどうなるのだろうか」と脳裏をよぎり尻込みしてしまいます。
まずは管理職の転職がどのようなものか冷静に把握していきましょう。

管理職を辞めたくなる理由とは?

管理職をやめたくなる理由は人それぞれ違いますが、大きく分けて6パターンに分類されます。管理職とは常に孤独な生き物です。悩みを人に相談しても「大変なんだね」「中間管理職にはなりたくないな」と言われるだけで心労は軽減されません。

具体的に「トップに上り詰めたい」など上昇志向があれば昇級も夢ではありませんが、転職を考える人が少なくありません。一般的な管理職の人たちがどのような悩みを抱えているか具体的にみていきましょう。

責任が重く耐えられなくなってくる

管理職を辞めたくなる理由の第一位はズバリ「責任感から逃れたい」ではないでしょうか。今や「大企業が安泰」とは言えない時代になり、業務は激化しています。中小企業であれば尚更、時間と数字に追われる毎日です。

キャパシティが崩壊寸前というところに、上司から叱責されプツっと糸が切れてしまい「もう辞めてしまおうか」と考えてしまう人は少なくありません。

給料が安い上に、残業代が出ない

管理職になったのに、一般社員より手取りが少ないという現象があります。それは業務を監督する立場にある管理職には、企業は残業代を支払わなくて良いからです。ゆえに一時期話題になった「名ばかり管理職」が蔓延しているのです。

人一倍責任と業務を請け負っているのに、一般社員より手取りが少ないとなると辞めたくなるのも無理はありません。特に「技術者重視」という企業なら尚更、管理職に対する評価や給与は低くなる傾向にあります。

職場環境が良くない

職場環境が悪く心身ともに不調を訴え休職を余儀なくされたり、退職する人も少なくありません。
単純に日当たりや空調など物理的に劣悪化な環境で体調不良に陥る場合があります。

しかし、多くは脅迫めいた言葉で部下を無理やり働かせる、同僚の悪口が飛び交う、暴力が日常茶飯事に行われるような環境です。仕事が楽しくても人間関係が劣悪では転職したくなるのも無理はありません。

同僚や部下に嫌気がさす

危機感もなく自分の仕事だけして退勤していく、同年代や勤続年数の長い同僚達をみて「自分はこんなに周りを考えて仕事しているのに気楽でいいな」と感じたことはありませんか。

部下や同僚をフォローし上司の愚痴を聞かされる毎日に嫌気がさします。板挟みの毎日を過ごしていると、不意に毎日が馬鹿馬鹿しくなり「辞めたいなぁ」「もっと楽な会社に転職したいな」と考えてしまいます。孤独を抱えた管理職は少なくありません。

仕事よりプライベートを充実させたくなってくる

年収が高く、定時で帰宅でき、家族やパートナー、趣味の時間を確保でき人生を謳歌している管理職はごく一部です。ほとんどが連日終電で慌てて帰宅し、休日にトラブルで呼び出されるなど出勤を余儀なくされます。

家族や恋人との予定をキャンセルし関係が悪化してしまう人も少なくありません。同年代より多く給与があってもプライベートが充実していなければ働いている意味を見出せなくなってしまいます

独立起業した友人が輝いている

近年、独立企業のハードルは急激に下がり、男性女性・年代問わず社長になる人も珍しくなくなってきました。コンサルティングやエンジニアなど知識や技術があれば、煩わしい人間関係や会社のルールに縛られることなく自由に働くことができるような時代です。

そんな中で身近な友人が起業し成功しているのを見ると「自分もいっそ起業してしまおうか」と悩んでしまいます

管理職は転職が難しいと言われる理由

管理職は一般社員に比べ、経験や知識も豊富です。転職を考えていると家族や友人に相談したら「管理職なんだから、すぐに次の仕事は見つかるだろう」と安心されたことがありませんか。

管理職のあなたが転職を考えたのは、心のどこかで同じように考えているからかもしれません。しかし実は管理職の転職は簡単ではないのです。引く手数多だとタカをくくっていると失敗してしまいます。その理由を詳しくご紹介していきましょう。

管理職の求人が少ない

今現在の給与より下がる仕事に転職することはできません。同等、それ以上の給与を求めるならば大企業を視野に動かなければなりませんが、そもそも管理職の求人は多くありません。

転職ともなれば間違いなく同じ業種で求人を探し始める人がほとんどだと思います。しかし管理職としての求人がないことから転職を断念したり、他業種へ転職し失敗したと後悔する人がいるのも事実です。

条件が見合わない

管理職と言えば高給取りというイメージがありますが、転職すると全てが1からのスタートとなります。そのため今までコツコツと積み上げてきた経験は、新しい会社では無効となる場合がほとんどです。

まずは実績を出す必要があり向こう1〜2年は昇給が見込めず、転職前より手取りが低くなることが一般的です。さらに前職での高所得が原因で市県民税の支払いが多く、思っていたような手取りではなくなる可能性が高いのです。

年齢制限がある

人生で最初の転職を考えるのが20代後半ですが、この時点で適齢期と言われています。管理職ともなればある程度経験を積んだ30代以降の人ばかりです。転職するには35歳が限界だと考える人も少なくありません。

40代・50代の方が技術では補えない、長年の知識や経験があり即戦力として圧倒的に有利と思われます。しかし企業は自社に染まった若者の方が扱いやすく、社外からきた経験豊富な中高年を敬遠する傾向にあります

採用試験で実力を判断されにくい

実際に他社の採用試験を受けて驚くのが、管理職という経験は実力を評価されにくいということです。例えば技術者は職務経歴書に取得したスキルを明記すると判断材料として明瞭です。

しかし、管理職は取引先との打ち合わせや人材を管理するなど、技術的スキルよりコミュニケーション能力や人格の高さが必要とされます。面接や職務経歴書などの採用試験で、経験を明確にするのは難しいと言えます。

異動や単身赴任で生活環境が変わってしまう

大企業の管理職ともなると、出世のために地方の支店などで経験を積むことを目的に異動になるケースが少なくありません。一人旅が好きな人にとっては素晴らしい体験です。

しかし、ある程度の年齢に達した子供がいる場合、子供の友人関係や進学にも影響が出るため単身赴任を余儀無くされる人も多いのが実態です。海外駐在になると最低でも3年は思うように家族と会えなくなってしまいます。英語や中国語など新たに言語を覚える必要もあります。

管理職の転職にはどんなパターンがある?

管理職の転職が難しい理由をご紹介しました。条件や年齢、色々な壁が存在する事がわかりました。それでも転職したい気持ちは変わらないとお察しします。

では管理職の転職にはどんなパターンがあるのでしょうか。知識や経験があるので、行動範囲は大幅に広がります。一般社員にはできないような、さらなる高みを目指すことも可能なのです。その一部をご紹介してまいりましょう。

同業他社で管理職になる

一番ハードルが低いのは、やはり今までの経験や知識を生かして即戦力として働ける同業他社への転職となります。迎え入れる企業としては、他社の知識やノウハウを自社のものにできるのは願ってもないことです。

しかし、年収が下がったり待遇面では満足のいく結果にはならないかもしれません。採用条件をしっかりと見極め、事前にトラブルを回避する必要があります。

ヘッドハンティングされ、他社で役員になる

同じ業界であれば人間関係の再構築や会社のルールに染まる必要がありますが、スタートをきるには良い環境となります。しかしさらなる重大な責任を負うことになり精神面での負担は測りかねません。

さらに外部からの引き込みを良く思わない役員も当然一定数存在します。社内に敵を作らないに越したことはありません。うまく立ち回り部下をフォローすることも忘れないようしましょう。

一般職員になる

中間管理職という立場から一般職員になるという方法もあります。立ち位置は低くなりますが責任を負うこともなくなり、精神面・業務内容の負担も軽減されます。

しかし給与が圧倒的に低くなる可能性はあります。手取りは少なくなったのにも関わらず、市県民税の額は前年給与で計算されるために思った以上に給与が低くなることがあります。今の生活レベルを変えたくないという人には厳しい環境になると言えます。

全く違う業界へ挑戦する

管理職というより業界そのものに嫌気がさしていれば、他の業界へ挑戦するのも良いでしょう。業界は違えど積み上げてきた管理能力や経験はどこでも通用するものがあります。

例えば銀行員のお金を扱う能力は、どこの企業に行っても生かすことができます。
場合によっては新たに資格が必要があるかもしれまんせんが、違う業界へ入ってみると本当に自分に合った仕事に出会えるかもしれません。

独立起業する

管理職という立場でたくさんの経験を得たら、さらなるステージに上がりたいと感じる人も少なくありません。どこまで自分の力が社会に通用するか試したくもなります。

会社のルールや待遇に不満がある場合「自分が社長だったら、もっとこうするのに」と思うことは誰にでもあります。もっとお金を稼ぎたい、縛られずに自由に仕事をしたい、人間関係がわずらわしい、友人のように成功者になりたいと思ったら独立起業のタイミングだと言えます。

管理職として転職したほうがいい人の特徴

管理職の転職パターンとしてヘッドハンティング、独立起業、一般社員に降格するなど様々です。今さら管理職以外あり得ないと、高い志をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし実は管理職が向いてない人も中には存在します。「管理職としての適正があるのだろうか」と一瞬でも悩んだあなたは、以下の項目に該当するか確認してみてください。

現場作業より上流工程が好き

現場作業の魅力は単純作業、消費者と距離が近いため反応が分かりやすいなどが挙げられます。反対に管理職は自身の考えを主張できる機会が多く、一般職員より理想を叶えやすいと言えます。

意見を主張し実行するには相当の責任を負うことも覚悟しなければなりません。しかし達成したときの高揚感は例えようのないものです。より高みを目指したいという上昇思考をお持ちの方は管理職に向いていると言えます。

人材育成にやりがいを感じる

入社当時は新卒であれ、ある程度経験のある中途採用であれ会社に染まっていません。右も左も分からない新入社員を1から教育し成長していく様はとても見応えがあります

困っている人がいるとつい手を差し伸べてしまう、誰かの役に立つことで自分の存在意義を実感したい人はコンサルティングや人材育成の仕事がよいでしょう。指導過程では意思疎通が上手くいかないなどストレスもありますが独り立ちするのが楽しみです。

リーダーシップを発揮したい

縁の下の力持ちより「誰よりも先頭に立って仕事がしたい」という頼もしい人も管理職にとても向いています。草食系という言葉が飛び交う昨今では、技術や適正はあっても「出る杭は打たれる」と消極的になる人が多く目立ちます

リーダーシップは後からでも身につけることができます。これからは自己主張が強い人が生涯年収も増え、チャンスを得る機会に恵まれる社会になるでしょう。

管理職から管理職への転職に使える志望動機・自己PR例

ここからは他業界への転職を志す方に、職業別に管理職の転職に使える志望動機・自己PR例を紹介していきたいと思います。

理想の志望動機が作成できない場合は転職エージェントサイトを利用してみましょう。面接の質問でも志望動機を聞かれる場合がありますので、職務経歴書に書いたままを話すのではなく口頭では違った言い方が必要となります。

志望動機に必要な要点

  1. 過去の経歴を簡潔にまとめる
  2. なぜその業界を選んだのか
  3. なぜその企業を選んだのか

機械メーカーの技術営業へ転職する場合の志望動機

専門の知識、技術を必要とされているのが機械メーカーの技術営業です。知識や経験があり、安心して仕事を任せられる人材だと思わせることが重要です。

「生産技術やインフラ整備に関する通信知識や経験を生かしつつ、多くの若手を育成することで社会貢献したく志望いたしました。」といった内容にするのがおすすめです。

淡々と働くだけではなく、技術を提供したいという旨が添えられているのがポイントです。

IT企業へ転職する場合の志望動機

IT業界はコーディングなどの専門知識は必須とされており、管理者になるにはチームを統率するのに必要なコミュニケーション能力も求められます。プロジェクトのスケジュール管理ができず、納期が守れなければ大きな損失をだす可能性もあります。

「ランキングで1位を獲得したアプリは、計画より短い190時間で開発を終えました。納期を厳守したスケジュールや勤怠管理を得意としております。」など業務の正確性を表す内容が良いでしょう。

介護福祉企業へ転職する場合の志望動機

介護福祉は知識や体力はもちろんのこと、体が不自由な老人のお世話をするため、常に危険予測や判断能力も重要視されます。

「現役スタッフと現場に立つことでスタッフの課題を認知し素早い解決に導いてきました。一人の負担を減らし安全なグループホームになるように尽力したいです。」といった積極性を表現するのも良いでしょう。管理職は机上で判断しがちですが、現場に立つことがスタッフからの信頼を得る近道となります。

EC運営会社へ転職する場合の志望動機

1週間で状況が変わるEC業界は、論理的に数字を分析する能力と先読み力が求められます。志望動機では「毎月粗利益で1000万の売上を計上し、消費者の行動パターンを分析することが得意です。」など、面接では過去の売上実績を具体的に話すことがおすすめです。

もし貴方が製薬会社などで開発や研究をしていた経歴を持っており、健康食品系のEC企業に転職を考えているならば法律的知識を強みとしていることも説明しましょう。

保険業へ転職する場合の志望動機

保険販売員は昔から「保険を押し売りされる」という悪い印象があり敬遠されがちです。ダイレクトにお金や家計の話をする機会が多いため、消費者の信用を得なければいけません

「個人情報と財産を保護し、お客様に安心してもらえる販売員の育成を行うことで社会貢献を目指します。」という内容もおすすめです。常にお客様の利益を守ることを第一に考えた行動を表現するのがポイントです。

一般職員として転職したほうがいい人の特徴とは?

管理職として働いていると、一般職員に戻りたいと感じる人がいます。しかし、ストレスや責任から逃れたいというマイナスな理由だけではありません。

実は一般職として働いた方が能力を存分に発揮できる可能性を秘めた人材も隠れています。管理職として納得できていないという人は、これから挙げる特徴の中に該当するかもしれません。

プレッシャーに耐えられない

管理者に重くのしかかるプレッシャーは、一般社員には理解してもらえません。かといって上司は軽くあしらい、さらに無理難題を掲げてきます。管理者はとても孤独な存在です。

同じ立場の管理者がいるのならばお互いに相談もできますが、どの役職でもそれぞれ求められている課題やノルマが違うことから共感を得られることは期待できません。仕事に集中しすぎると24時間365日、朝目覚めた瞬間から仕事の心配をし、寝るまで頭から仕事が離れません。

現場仕事にやりがいを感じる

例えば建設業であれば「この建物の柱を建てたのは俺だ」と、作業結果が目に見える現場仕事に生きがいを持つ人は少なくありません。IT業であれば自身で開発したアプリが、多くのユーザーにダウンロードされ楽しまれることに快感を覚えるでしょう。

また単純に体を動かす事が好き、黙々と事務仕事をしたい、営業のように人と接することは避けたいという理由で現場作業を好むタイプもいます。

人の面倒を見るのが苦手

中には技術や知識が豊富があるのに、指導係に向いていない人もいます。人と話す事が苦手でうまく説明できない、面倒を見ることにストレスを感じるなど人それぞれです。

新入社員が複数名いた場合、やはり個々に性格や癖、仕事を飲み込む能力は違います。全員に同じ指示をしても通用しません。指導係こそ観察能力や臨機応変さが必要とされます。仕事である以上、面倒見がいいだけでは指導係は務まりません。

管理職から一般職員への転職に使える志望動機・自己PR例

「もう二度と管理職にはなりたくない」と一般職員への転職を検討している人も多いでしょう。今回は一般職員の採用試験に使える志望動機をご紹介したいと思います。

志望動機や自己PRに必要な要点は管理職も一般職員も同じです。一般職員への転職は安易だとタカをくくっていると失敗するケースもあるので注意が必要です。

志望動機に必要な要点

  1. 過去の経歴を簡潔にまとめる
  2. なぜその業界を選んだのか
  3. なぜその企業を選んだのか

総務事務へ転職する場合の志望動機

総務事務では、財務や会計などと違い数字だけを管理するだけではありません。取引先とのやりとりも多く、コミュニケーション能力も重要視されます。

例えばあなたがボランティア活動をしている場合は「休日はボランティア活動で各所被災地へ赴き、環境整備から支給品の管理や配布、作業員の割り振りも行なっています。」など統率力をアピールするのも良いでしょう。

システムエンジニアへ転職する場合の志望動機

IT企業ではプログラミングに関する言語のスキルは必須となります。さらに一般社員と言えど、管理職と一緒に取引先へ打合せに行くこともありコミュニケーション能力も求められます。

「プロジェクトリーダーを経験したからこそ、現場で起こる様々なトラブルを予見でき、柔軟に対応できます。」など技術と統率力、両面から能力を最大限アピールしましょう

保育士へ転職する場合の志望動機

意思疎通のできない子供が相手のため、忍耐力が強く求められるのが保育士です。常に予測不可能な行動に、危険が常について周り目が離せません。

もしあなた子育てを卒業した世代であれば「保護者様の悩みに寄り添い、貴園の若い保育士さんをサポートしたいと考え志望いたしました」といった内容にするのもおすすめです。新米ママや若手保育士に多くの知識を分け与えたいという意思を伝えると良いでしょう。

転職でなく独立起業したほうがいい人の特徴とは?

管理職から転職を考える理由として「自由になりたい」という考えがあると思います。自由になるには起業が一番の近道であるにもかかわらず、いざ行動する人はごくわずかです。

起業=ハイリスクという考えから尻込みしてしまうからです。あなたが管理職として培ってきた知識や経験は、実は市場価値が高いかもしれません。実は誰にでも成功するチャンスはあります。ではどのような人が独立起業に向いているのでしょうか。

専門知識や経験が豊富である

システムエンジニアやコンサルティングなど、知的財産を武器に一人でも活動できる人は独立起業も夢ではないでしょう。物品販売とは違い、商品の在庫やスペースも必要ないため初期投資もあまり必要がありません。

身軽なため、自宅や外出先など場所を選ばず仕事ができるため、リスクも少ないと言えます。しかしパソコンやインターネット回線などは最低限必要となります。さらに経費が少なく済むことから、利益が出やすい傾向にあります。

手に職があり場所を選ばない

例えば美容師や保育士など手に職がある人も独立起業に向いています。管理職としてプロの技術が備わっていれば企業に属さず、体一つで場所を選ばず自由に働く事ができます

近年、被災地や離島へ伺い、ご老人の髪の毛をカットする美容師がTVの特集で取り上げられています。行動力があり、社会貢献として素晴らしい活動ですね。訪問保育士が増えるとワンオペ育児による虐待される子供や、うつ病になる女性も減少するかもしれません。

社外に信用できる協力者が多い

管理職という立場上、取引先との打ち合わせで重役と接近するタイミングが多くあります。一般社員では話もできないような有名企業の社長や会長と食事をする機会に恵まれているのが管理職の特権とも言えます。

そういった接待や業務で信頼を得る事ができれば、独立起業のハードルもグッと下がります。資金援助を受けられたり、取引を優遇してもらえたり協力者となってもらえる可能性が高くなります。

諦められない夢がある

人は諦めて手放した物事ほど、忘れられなくなってしまいます。現状に満足していないと、ふと学生時代の夢がよぎり心がワクワクとする事がありませんか。

今の立場や生活を考えると「何を今更」と再び諦めてしまうかもしれません。しかし人生は一度きりです。覚悟があれば、どれだけ歳を重ねていても「遅すぎた」という事はありません

管理職から転職した人たちのエピソード

いざ転職を考えても、その先がどうなるのか皆目検討もつきませんよね。ヘッドハンティング、独立起業、同業他社、事業継承など様々な転職をし成功した人、失敗した人のエピソードを集めてみました。

一般的に成功と言われる分野でも実は失敗しているなど、まさに「事実は小説より奇なり」という言葉通りのケースもあります。

ヘッドハンティングで後悔した失敗例

管理職時代に知り合い、プライベートでも付き合いのある社長からヘッドハンティングされ転職するケースもよくあります。しかしヘッドハンティング=勝ち組というわけではありません

失敗したと感じる理由として、意外と多いのが人間関係のトラブルです。
実際に転職してみると社長の人格が社内・外で大幅に違い、社長の身勝手さに振り回されるというケースです。また既存社員が外部からの引き抜きを快く思わず、仕事に支障をきたす事もあるようです。

独立起業してストレスフリーの成功例

「楽しければ仕事ではない」と言われるほど、ストレスは管理職につきものです。できれば楽しく仕事したいですよね。そんな夢みたいなことを実現しようと起業する人が大多数存在します。

責任は自分で取るという覚悟があれば、ぜひ起業してみましょう。労働時間も自由に設定でき、趣味の時間や、家族との団欒も確保する事ができます。人・金・時間全てから解放され悠々自適に働いて稼げるならこんな素晴らしいことはありません。

国立病院から個人病院へ転職し給与が上がった成功例

国立病院で勤務とは、もはや勝ち組とも言えます。しかし、実際は言う事の聞かない大勢の患者に苦しめられる、結婚できても妊活ができないなど、給料と見合わないと言う意見も多く聞きます。

そんな中「給料が下がっても良いので仕事をセーブしたい」と個人病院に転職するケースが特に看護師に人気です。結果、自身や子どもの体調不良にも早退許可がもらえる上に、個人病院の方が年収が上がったなど転職に成功した事例が多くあります

同じ介護業界でも施設によって待遇に雲泥の差がある例

介護業界と言えば長時間労働で体力勝負、さらに安月給で若い人員が確保できていません。しかし法令を遵守するホワイトな老人福祉センターも存在します。

いつ辞めるか分からない人材の求人にお金をかけたくないと思う企業が多い中で、人材を「人財」と考え優遇する福祉施設もあります。求人を探す際には「人財を大切にする企業」か見極めることでその後の人生が大きく変わると言えるでしょう。

大手企業を早期退職、家業を継いで成功した例

大手企業で管理職を努めていたものの人員削減のため、退職金をもらい早期リタイアする人も多く存在します。割増された退職金で住宅ローンを完済し、残金は子供の教育資金にする家庭がよくある王道パターンと言えます。

そんな中、田舎で農業を営む家業を継ぐという話はよくあります。大企業の管理職として培った知識と経験で販売方法を見直し、新商品の開発、作業効率をアップし有名農家になることも夢ではありません。

友人と起業したが関係悪化した失敗例

気心の知れた友人と共同経営で楽しく起業するという人も多くいます。同じ夢を語り合い、同じ方向をみて順調に利益を出していたはずだったのに、ある日突然トラブルになり訴訟問題に発展するという場合が意外と多くあります。

しかし幼少期からの古い友人でも訴訟寸前になり、友情に亀裂が入り音信不通になることは失敗例としてよく見聞きします。友人との共同経営はしっかりとルールを作り、問題が起きた時はお互いに冷静になる必要があります。

友人と起業して成功した例

共同経営で失敗した例とは反対に、大成功した例ももちろん存在します。同じ意見で意気投合することよりも、むしろ意見の食い違いで対立しすることの方が多いでしょう。でなければお互いに成長することはできないでしょう。相手の意見を尊重し、気付きを得ることが成長の第一歩です。

会社が伸び悩み苦悩する中で、相方が発した一言で好転することは珍しくありません。意見の食い違いは千載一遇のチャンスと捉え、冷静に話し合いましょう。

培ったキャリアを生かして納得のいく転職をしよう

管理職は多くのストレスや責任を背負うだけあり、何にも代え難い「知的財産」が得られます。その知識や経験は1年そこらで簡単に得られるものではありません。一般職に比べ、考え方次第で転職の幅は大きく広がります。

人生は一度きりです。諦められない夢や、やりたい仕事なら責任を負う事も苦ではなくなります。「転職したい」と思った今がベストタイミングです。

ランキング

記事一覧