「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 警備員を辞めたくなる理由は?次の転職先や志望動機について!
仕事辞めたい

警備員を辞めたくなる理由は?次の転職先や志望動機について!

警備員を辞めたいと思ったらどうすればいい?

警備員は、工事現場で勤務する交通警備員や、ビルなどの施設で勤務する施設警備員などさまざまな職種があります。

一日中外で勤務したり、立ちっぱなしだったりすることも多いので、辛いと感じることも多いでしょう。では、警備員を辞めたいと思ったらどうすればいいのでしょうか。

そこで、ここでは警備員を辞めたくなる理由や、次の転職先についてご紹介します。

警備員以外の可能性もあるかも。自分の市場価値をチェックしてみよう


仕事を辞めたい、他の仕事をしてみたいと思ったなら、まずは「doda」などでおなじみパーソルキャリア社の提供する「ミイダス」を試してみましょう。ミイダスでは、簡単な質問に答えていくだけで、自分の市場価値=想定年収がわかります。しかし、それだけではありません。ミイダスに診断結果を登録しておくと、あとは待っているだけで転職活動ができるのです。

チェックポイント

  • 登録すると、待っているだけで企業からスカウトオファーが届く
  • オファーが届いたら書類選考は免除なので、すぐに面接に進める
  • 転職大手パーソルキャリア社のグループのサービスなので、安心して使える

「転職活動の仕方がわからない」「どんな仕事が向いているのかわからない」という人も、企業側からアプローチしてくれるので心配いりません。ぜひチェックしてみてください。

警備員を辞めたくなる理由とは?

警備員の仕事は、夏は猛暑に耐えながら仕事をして、冬は寒さに耐えながらの仕事となります。また、職場の人間関係がうまくいかない場合にも辞めたいと思うきっかけになることがあるでしょう。

では、他には警備員を辞めたいと思う理由には何があるのでしょうか。そこで、ここでは警備員を辞めたくなる理由についてご紹介します。

シフトが天候に左右される

工事の際の交通整備をする交通警備員の仕事は、例えば台風が接近して工事が休止になった場合は警備の仕事も休みになります。

天候によってシフトが左右されるため、あらかじめ予定していたシフト通りに働けないことがあるでしょう。

そのため、収入も予定より少なくなってしまうことがあるため、警備員の仕事を辞めて安定した収入を得たいと思う人がいます。

夏は炎天下の中で仕事をする

工事現場が屋内の場合はあまりなく、交通警備員が勤務する場所は基本的に炎天下に晒された場所で働くことになります

夏は地面からの照り返しも強く受けることになるので日焼けを防ぐことは難しいでしょう。また、熱中症にもなりやすい環境で働くことになります。

意識してこまめに水分や塩分を補給したり、休憩をとったりする必要があるでしょう。

冬は厳しい寒さの中で仕事をする

夏は炎天下の中で働く一方で、冬は雪や吹雪に耐えながら仕事をしたり、厳しい寒さの中で働いたりすることになります

警備員は基本的には動き回ることはなく立ちっぱなしなので、冬に凍えながら勤務をすることは、夏の炎天下での勤務と同じく過酷なものとなるでしょう。

また、雨の日に勤務をする時は、夏は湿気でジメジメとし、冬は一層寒さを感じる環境で働かなくてはいけません。

現場の人間関係がうまくいかない

警備員は基本的には自分の持ち場を与えられて、その場所で警備業務をすることが主な仕事です。主に一人で仕事を行うことになりますが、かといって他の警備員と関わる機会がないというわけではありません。

また、警備員は20代から定年後に働く人まで様々な年齢の人が働き、前職の経験も多岐に渡っているという特徴があるので、コミュニケーションをとるのが難しいという面もあります。

人が嫌がることをしなくてはいけない

施設の警備をしている人は、例えば敷地内でたむろしている不良たちを追い出したり、禁煙スペースでタバコを吸っている人がいれば注意したりする必要があります。

しかし、警備員にはほぼ何も権限がないので、相手に対してお願いをする形で注意をすることになるでしょう。警備員として相手に注意をしても、相手が言うことを聞いてもらえずに辛い経験をすることは多いです。

労働時間以上に拘束時間が長い

警備員の仕事は、夜勤や24時間働くこともあります。しかし、拘束時間は大抵の場合、労働時間と同じではありません。

そのため、夜勤で24時間働く場合は休憩時間や仮眠時間を労働時間から引いて計算されることが多いでしょう。

例えば、月の拘束時間は360時間でも、実労働時間は250時間程度のこともあります。拘束時間が長く、まとまった睡眠を取りにくい仕事でもあるので、常に寝不足の状態になってしまうことがあるでしょう。

肉体的な負担が大きい

警備の仕事は一日中立ちっぱなしになることが多いです。周りから見ると立ちっぱなしの状態は楽に見えるかもしれませんが、ずっと立っているのは非常に大変です。

また、巡回の仕事では一日で3万歩以上歩くこともあり、階段の上り下りもあったりします。体が資本となる仕事なので、ずっと警備員の仕事を60歳や65歳まで続けることは難しいと感じる人も多いでしょう。

身の危険を感じることが多い

例えば繁華街にあるビルの警備をする場合は、中に怪しい飲食店が入っていたり、反社会的勢力が出入りしている場合もあるでしょう。

何かあれば真っ先に駆けつけなくてはいけないのは警備員なので、身の危険を感じることがあります。また、飲食店の中で酔って暴れる人を相手にしなくてはいけないこともあるでしょう。

泥酔した相手に暴力を振るわれる恐れもあり、自分がいつ、どんな状況になるかわからない恐怖があります

給料の水準が低い

警備業界の給与水準は低いと言われています。例えば、正社員として働いていても、月収12万円程度のことがあります。

ここから手当や税金など引かれることになるので、残業をしないと生活をすることができず、長時間労働を強いられることもあるでしょう。

給料が低いとモチベーションも下がってしまうことがあり、辛い仕事がより辛く感じることもあります

アルバイトが多いため士気が低い

警備員として働く人は、若いアルバイトから定年後働いている人まで様々な人がいます。また、アルバイトとして働く人は、やる気のある人が少ない傾向があるでしょう。

また、警備員は新しく入った人をしっかりと教育するところも少ないので、新入りがミスをすることもあります。

そして、ミスをカバーするのは先輩だったり正社員だったりするため、現場が混乱してしまうことが多いです。

立ちっぱなしの現場では膝や腰を痛める

施設の警備員として働く人は、一日中立っていることになります。人間の脚は歩くためにできており、立ちっぱなしの状態が続くと膝や腰を痛めやすいです。

もし施設で緊急事態が起きれば忙しくなりますが、基本的には立っているだけなので肉体的にきついと感じることが多いでしょう。

また、体を壊してしまっては、警備員の仕事を続けることは難しくなってしまうので、転職した方が良いかもしれないと感じる人が多いです。

警備員を辞めたほうがいい場合とは?

警備員として働いていて警備員を辞めたいと思っても、本当に辞めるべきなのか、辞めてもいいのか迷っている人も多いでしょう。

では、どのような場合に警備員を辞めた方がいいのでしょうか。そこで、ここでは警備員を辞めた方がいい場合についてご紹介します。

警備員を辞めた方がいいのか、続けるべきなのか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

ずっと続ける自信がない場合

警備員の仕事は給料が安いと言われています。また、普通の会社では働いた期間が長くなるほど給料が上がるところが多いですが、警備員の給料は基本的には上がりません。

また、肉体的に辛い仕事なので、若いうちは耐えることができても、60歳や65歳まで続けることができないこともあります。

警備員の仕事をずっと続ける自信のない人は、早いうちに警備員を辞めて転職することを検討すると良いでしょう。

他の会社でもやっていける自信がある場合

警備員の仕事と、他の仕事を掛け持ちしている人や、他の会社でもやっていけるという自信のある人は辞めて転職すると良いでしょう。

警備員の仕事は、社内で昇格できても昇給余地は限られているので、思ったように給料が上がらないこともあります。

今よりも良い待遇が欲しいと思う人は、新しい転職先を探して昇格を目指すと良いでしょう。

やりがいを感じられず肉体的にもきつい場合

警備員の仕事は一度現場に出ると立ちっぱなしで休憩時間にもちゃんとした休憩が取れないことも多いです。

また、警備員の仕事は不規則で、天候によってシフトが左右されやすいです。そのため、「今日のシフトはどうなるかな」と頭を悩ませることもあるでしょう。

もし、警備員の仕事にやりがいを感じられず、肉体的にきついと感じる場合は辞めた方が良いかもしれません。

警備員を辞めてよかった人のエピソード

警備員の仕事に不満や悩みがあり、辞めた後に後悔しないか不安に思っている人も多いでしょう。実際に警備員の仕事を辞めた人の声を知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは警備員を辞めてよかった人のエピソードについてご紹介します。警備員の職場環境に不満があったり、給料が安かったりなどの不満を持っている人は、警備員を辞めてよかったと思っている人が多いです。

職場環境に不満があり辞めた

会社員

ルールを職場全体で徹底できない環境に嫌気がさした

★★★★★★★★★★3.8

施設の警備員として働いていましたが、常連さんに対して禁止されていることを許している職場環境に嫌気がさして辞めました

施設で警備員として働いている場合は、お客さんがルール違反をしている場合は注意しなくてはいけません。

しかし、お金を使っている常連さんに対して注意すると、施設に来なくなってしまい利益を損なうと考えて見て見ぬ振りをすることがまかり通っていたそうです。

ルールを全体に伝えて、全体で徹底できていない環境が嫌になり仕事を辞めることを決めました。

給料が安く人の扱い方が雑なので辞めた

OL

人の扱いが雑だったので辞めた

★★★★★★★★★★4.4

初日にいきなり制服を渡されて着替えるといきなり赤色灯を渡されて振っておいてくれと言われました。事務所に戻ると清潔感のない人たちが多く、人の扱いも雑だったので辞めました。

警備員の仕事はアルバイトも募集していることが多く、日払いにも対応していることがあるので、短期で働く人も多いです。

また、定年後も採用されやすいので、警備員として働く人は様々な人がいます。そのため、中には新しく入った人に雑な対応をする人や、清潔感のない人たちがいることもあるでしょう。

もし警備員として働いてみて、不満や悩みがある場合は早めに転職を考えてみると良いです。

休日出勤を強いられるようになったので辞めた

会社員

働くうちに休日出勤を強いられるようになったので辞めた

★★★★★★★★★★3.5

収入が安定しているところが魅力でしたが、次第に休日出勤を強いられるようになり、体力的に限界を感じるようになったので辞めました。

工事現場で警備員として働いていても、時には土木作業などの無関係な仕事を強いられることもあるでしょう。

また、警備員として働く人の中には言葉の通じない外国人も多いため、コミュニケーションをとることが難しい場合もあります。

警備員の職場環境は炎天下や極寒の中で働くことが多いので、体調を崩してしまうことがあり、体力的に厳しい場合は辞めることを考慮した方が良いでしょう。

研修なしでいきなり働かされたので辞めた

OL

研修なしでいきなり働かされたので辞めた

★★★★★★★★★★4.0

アルバイトで警備員として働いていましたが、入社してすぐに研修や練習なしで車の前に立って駐車場で誘導していました。このまま働き続けて上のポジションにいく前に、見切りをつけて退職しました。

アルバイトで警備員として働きましたが、研修らしいものはなく、練習をすることもなくいきなり実践投入させられました。

例えば、豪雨の中でもいきなり研修なしの状態で実践に挑むのは無理があったと思います。同じ警備員でも、職場を変えれば研修がしっかりしている場合もあるので、早めに見切りをつけて辞めることを考えることも大切でしょう。

身体的にきつくなったので辞めた

会社員

長時間立ちっぱなしなので身体的にきつくなり辞めた

★★★★★★★★★★4.1

商業施設内の巡回をしていましたが、立ちっぱなしなので足裏やふくらはぎの痛みが辛くなり、続けることが難しいので辞めました。

警備員の仕事は、動き回ることは少なく立ちっぱなしになることが多いので、足腰が辛くなることが多いです。若いうちなら続けることができるかもしれませんが、年齢を重ねるうちに厳しいと感じることもあるでしょう。

また、しっかりとした休憩場所を確保されていないこともあり、階段に座り込んで休憩することもあります。

身体的な疲労や休憩の取得に不満を抱く人が多く、辞めたいと感じることがあるでしょう。

女性ということを理由に差別されたので辞めた

OL

警備員の仕事に憧れて働いたが差別されたので辞めた

★★★★★★★★★★3.9

警備員の職場は女性が少なく仕事は見て覚えろという男社会のようなところでした。一部の人から怒鳴られ続けたり批判され続けたため、辞めることを決めました。

警備員の人を見かけると、圧倒的に男性が多いですよね。もちろん、女性の警備員もいますが、職場環境が悪いことも多く、女性という立場で働きにくいと感じることも多いでしょう。

女性ということを理由にして差別されたり、嫌味を言われたりすることがあったり、仕事を丁寧に教えてもらえないこともあります

職場環境が悪い場合は、早めに職場を変えることを検討したり転職したりすることを検討すると良いでしょう。

警備員を辞めないほうがいい場合とは?

警備員の仕事を辞めたいと思っていても、辞めない方がいい場合もあるのでしょうか。そこで、ここでは警備員を辞めない方がいい場合についてご紹介します。

警備員の仕事にやりがいを感じている場合や、効率的に稼げている場合は辞めてしまうと後悔するかもしれません。

また、警備員の仕事を肉体的・精神的に続ける余裕がある場合は、続けることでスキルアップすることもできます

警備員の仕事にやりがいを感じる場合

警備員の仕事は、淡々と業務をこなしているように見えますが、その過程でやりがいを感じる瞬間は多くあります。

例えば、通行人や通行者を誘導する際に、「ありがとう」と声をかけてもらえることがあります。また、小さな子供から元気な挨拶をしてもらうこともあるでしょう。

自分が必要とされていると感じることができる瞬間でもあるので、警備員の仕事にやりがいを持って働けている場合は、辞めずに続けた方が良いかもしれません。

効率的に稼げている場合

仕事に求めていることは人それぞれですが、稼ぎを目的の一つとしていることは共通しているでしょう。警備員という仕事は、効率的に稼ぐことのできる仕事なので、ここに魅力を感じて仕事をしている人も多いです。

警備員は一日に決まった額の給料が支払われる日当制であることが多いです。そのため、例えば工事が予定よりも早く終了した場合は、時給換算にするとその分割増になります。

他の業種では仕事が決まりにくい場合

警備員以外の職種で働こうとしたけれど他の仕事では務まりそうになく、仕方なく警備員になった人は辞めない方がいいでしょう。

警備員の仕事内容は、肉体的にも精神的にも辛いことが多いですが、難易度的には簡単な仕事の部類になります。

そのため、警備員以外の仕事を辞めてもすぐに行き詰まってしまうことがあり、また警備員の仕事に戻ってくる人も少なくありません。

警備員を辞めずに続けてよかった人のエピソード

警備員の仕事を辞めたいと思っていても、辞めずに続けてよかったという人もいるでしょう。警備員を辞めるか続けるか迷っている方は、辞めずに続けた人の声も知りたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは警備員を辞めずに続けてよかった人のエピソードについてご紹介します。警備員は自由な時間を作りやすかったり、定年後も働きやすい環境だったりすることがあるので、続けてよかったと感じる人もいるでしょう。

独身で自由なので充分暮らせている

会社員

低賃金だかそれ以上に居心地がいいので続けている

★★★★★★★★★★4.2

シフト制で働くことに慣れているので、週5日朝から夜まで働く仕事ができないと思っています。また、独身なので低賃金でも一人で生活することはできるので満足しています。

警備員の仕事は、基本的にシフト制で働くので、24時間勤務の次の日に休み、また24時間勤務の次の日に休みといったシフトで働く人もいるでしょう。

このようなシフトに慣れている人は、週5日朝から夜まで働くというリズムで働けないと思っている人も多いです。

また、警備員は給料が少ないと言われていますが、独身で家族のいない人の場合は十分に生活できるため、このまま警備員の仕事を続けたいと思っている人も多いでしょう。

定年後も続けられる仕事だから満足

会社員

警備員は定年後も働くことができるので続けた

★★★★★★★★★★3.9

警備員の仕事は体力が必要になる一方で、定年退職した後でも働きやすい環境であることが多いです。警備員の需要も増えているので続けることにしました。

警備員は、肉体的に厳しい仕事なので長く続けることは難しいと感じる人が多いかもしれません。しかし、肉体的に自信のある人は定年退職した後でも働きやすい環境なので、ずっと続けたいと思う人もいるでしょう。

また、警備員の仕事は外国人観光客の増加により、人気の観光地などに警備員の設置を求められているように、警備員の需要は高まっています

現場からより専門性の高い仕事に異動できた

会社員

最初は現場で仕事をして後にキャリアアップした

★★★★★★★★★★4.0

警備員の仕事は、最初は現場での仕事が中心となりますが、現場仕事を何年も経験して資格を取得することでキャリアアップできました。

警備員の仕事は、主に現場での仕事が中心となります。しかし、経験を積んで資格を取得することで、より専門性の高い業務を行うことができるでしょう。

特別な技能を持っていないと担当できないような警備業務に就くことができ、警備員としてキャリアアップできる可能性もあります

キャリアアップしながら一生の仕事とすることもできるので、警備員の仕事を続けることにしました。

警備員を辞めるなら次の転職先は?

警備員を辞めることを検討している人は、辞めた後に何の仕事をすればいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

警備員を辞める場合は、すぐに新しい仕事を見つけたいですが、焦って決めて後悔はしたくないですよね。

そこで、警備員を辞めた後の転職先についてご紹介します。警備員を辞めた後に働いて、後悔しない転職先を選びましょう。

年齢が若い人は警察官の採用のチャンスがある

警備員と警察官は勤務内容は大きく違いますが、保安業務という同じカテゴリに分類されます。警備員として不規則な勤務をしていたり、イレギュラーなことに対応したりした経験が生かせるでしょう。

警察官の仕事は、非常に厳しくて大変な仕事です。しかし、警備員に比べるともらえる給料の水準が全く違うので、警備員に比べるとやりがいを感じやすいでしょう。

運送業なら年齢がネックでも採用されやすい

警備員から運送業に転職する人は多いです。運送業では慢性的な人手不足と高年齢化とされていて、40代でも若手と言われます。

警備員を辞めたいと思っていても、年齢がネックになっていた人でも運送業であれば転職活動しやすいでしょう。

また、ドライバーだけではなく運行管理や倉庫管理などの職種でも採用されることがあるので、車の運転が苦手な人でも転職できる可能性があります。

ビルメンテナンスは警備員の経歴が評価される

ビルメンテナンス業界の仕事は、警備業界と非常に関連の深い仕事です。そのため、警備員として働いた経験のある人は、ビルメンテナンスの仕事をする際にアピールできるポイントが多いでしょう。

また、ビルメンテナンス業界は、未経験の場合は給与水準が低いですが、経験を積んで資格を取得することで給料は上がっていきます

ビルメンテナンス業界も、年齢に関わらず採用されやすい業界なので転職活動しやすいです。

管制業務は現場仕事よりも肉体的に楽

管制業務は警備員の配置を任される仕事です。警備員の仕事をしていて、肉体的な辛さを感じている人は、現場仕事に比べると体力的に楽になるでしょう。

また、給料も比較的高いところが多く、未経験でも月給30万円からスタートという求人もあります。警備員として働いた経験のある人は、未経験の人に比べると転職しやすいでしょう。

営業職は自分の頑張り次第で給料が上がる

警備員の給料の水準は低いと言われており、警備員の仕事を続けても給料が上がりにくいと言われています。

そのため、給料を理由に辞めたいと思っている人も多いでしょう。そこで、警備員から転職するのに営業職もおすすめです。

営業職は自分の頑張り次第で給料を上げることができるので、頑張っても給料が上がらないという悩みから解放されるでしょう。

製造業は定時で帰れて休みも取れる

警備員の仕事は不規則で低賃金であることが多いでしょう。給料が上がることがあまりないので、将来性がないと感じている人も多いはずです。

そこで、警備員から製造業に転職することも良いでしょう。製造業は定時で帰ることができるところが多く、休みも決まって週に2回あるところが多いです。

また、給料もだんだんと上がっていくので、40歳くらいになると年収500万円以上になる人もいます。

警備員からの転職に使える志望動機・自己PR例

警備員から転職する際は、警備員の仕事で培った能力をアピールして有利になりたいですよね。では、警備員からの転職に使える自己アピールにはどのようなものがあるのでしょうか。

そこで、ここでは警備員から転職をする際に使える志望動機・自己PR例についてご紹介します。警備員から転職をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

体力に自信があることをアピールする

警備員の仕事は、一年中外で作業をすることになるので体力を使う仕事と言えるでしょう。夏の暑い時期に作業したり、冬の寒さが厳しい時期に作業をしたりすることは、体力がきちんとないと務まらないでしょう。

そのため、警備員として働いた経験があるので体力に自信があることをアピールすると良いです。また、警備員は昼夜問わず働くので、不規則な生活でも体調を崩さずに働くことができることを伝えても良いでしょう。

コミュニケーション能力をアピールする

警備員の仕事は一人で作業していることが多いので、一見コミュニケーション能力は必要ないと思われがちですが、実際は他の警備員と連絡を取ったり、お客さんに対して適切な対応をとる必要があります。

そのため、警備員として働いてきた人はコミュニケーション能力も培っているはずです。コミュニケーション能力は、どんな仕事でも必要になるのでアピールできるポイントとなるでしょう。

人の役に立ちたい気持ちをアピールする

警備員として働いている人は、誰かの役に立ちたいという気持ちから警備員の仕事を始めた人も多いのではないでしょうか。

警備員の仕事は、一般市民の安全を守るという社会貢献活動という側面があります。警備員として「誰かの役に立ちたい」というやりがいを持って働いていたことをアピールすると良いでしょう。

転職先でも「社会や人の役に立つ仕事をしたいと思ったのでこの仕事を選んだ」ということを伝えることもおすすめです。

警備員から転職するなら早いほうがいい

ここでは、警備員を辞めたくなる理由、警備員を辞めた方がいい場合、警備員を辞めない方がいい場合、警備員を辞めた次の転職先についてご紹介しました。

警備員は、肉体的にも精神的にも大変な仕事なので、辛いと感じることも多いでしょう。転職は年齢が若いほど有利になることがあるので、辞めたいと思ったら早いうちに転職を検討することがおすすめです。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧