1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. ケースワーカーを辞めたいときは?辞めないほうが良い5つの理由

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

ケースワーカーを辞めたいときは?辞めないほうが良い5つの理由

ケースワーカーを辞めたいと思ったらどうすればいい?

福祉の仕事は全般的に大変ですが、日常生活で困難を抱える人の相談に乗るケースワーカーの仕事も、精神的な苦労が多くあると言われています。

この記事は、現在自治体の福祉事務所や民間の福祉施設でケースワーカーをしている人や、これからケースワーカーの仕事に就こうと考えている人のために、ケースワーカーが抱えている悩みなどについてご紹介していきます。

ケースワーカーを辞めたくなる理由とは?

主な勤務先は自治体の福祉事務所となります。大学や短大の社会福祉学系学部や厚生労働大臣指定の養成機関で勉強して社会福祉主事の任用資格を取得し、さらに地方公務員試験に合格するという苦労をしています。

簡単に就ける仕事ではありませんし、社会的地位も安定している仕事です。しかし、ケースワーカーの仕事を辞めたくなるのはなぜでしょうか?具体的な理由を見ていきましょう。

学ぶべきことが非常に多い

ケースワーカーの仕事は、福祉に関する法律や制度の知識が必要になります。具体的には、ケースワーカーには、代表的な生活保護法を始めとし、年金や介護保険制度、児童手当などの幅広い知識が求められます。

知識がないと務まらないため、激務をこなしながら覚えていくのは本当に大変なことです。

人間関係のストレスが多い

ケースワーカーが相談に乗る対象者は生活保護受給者など、日常生活にさまざまな問題や課題を抱えている人々です。特に精神的なケアが大変で、ケースワーカーは対象者に対する思いやりと高いコミュニケーション力がないと務まりません。

ときには対象者から心無いことを言われたり恨まれたりすることもあります。そのため人間関係のストレスが多くなるのは必然的なことなのです。

労働環境が過酷

ケースワーカーの仕事は「とにかく激務」の一言に尽きます。毎日電話を掛けてくる対象者もいます。また、関係施設からも退院時の迎えや家庭訪問を求められます。このように日中はさまざまな対応で追われてしまい、休憩を取ることもままなりません。

終業後にようやく報告書作成などの事務仕事に取り掛かることができるのです。そのため、日々残業になるのは当然のことなのです。

周囲のサポートが乏しい

ケースワーカーは一人で何人もの対象者を担当します。まさにさまざまなケースがあるのです。これらの人々に対してケースワーカーは、ほぼ自分自身で判断をして対処しなければなりません。

もちろん上司や同僚がいますが、それぞれが自己流で対応しているため、正攻法が確立されておらず、教えてくれる人もいないのです。

2019年の京都で起きた事件で明るみに出たように、サポート体制が整っていないと言えます。

頑張っても報われないと感じる

学ばなればいけないことも多いし、人間関係も大変、そして極端なことを言えば誰もサポートしてくれないのがケースワーカーの仕事と言えます。しかし「誰も認めてくれない」と感じることも多いのです。

頑張っても報われないことは非常にむなしいことです。ケースワーカーを続けるモチベーションが低下し、仕事を辞めたいと思うようになるのです。

ケースワーカーを辞めたほうがいい場合とは?

どんな仕事もそうですが、初めは希望を持って就いた仕事でも、携わっていくうちに希望が無くなってしまうこともあります。そうなると、だらだらと仕事を続けていても良いことはありません。

それでは、どんな場合にケースワーカーの仕事を辞めるべきかについて具体的に見ていきましょう。

他者に対する思いやりがない場合

ケースワーカーの仕事は、自分のことよりも他者を優先する利他精神がないと厳しい仕事だと言えます。平たく言うと、決して上から目線ではなく他人に対する「思いやり」が必要なのです。しかしこの感覚がなくなってくると、ケースワーカーの仕事を務めることが難しくなります。

困っている人のために尽くそうとする気持ちがない人は、すぐに辞めたほうが良いでしょう。

自分の能力に限界を感じた場合

ケースワーカーの仕事には、何らかの問題や課題を抱えている個々人に寄り添った対応が求められます。非常にデリケートで難しい仕事のため、能力的に限界を感じてしまうことがあります。

ケースワーカーの仕事に正解はないと言えますが、「自分には能力がないんだ」と思ったときは、肩の力を抜く意味でも部署替えを願い出るなどをして一旦ケースワーカーの仕事から離れるのも良いでしょう。

メンタルがおかしくなると感じた場合

能力に限界を感じた場合と似ていますが、さらに「メンタルがおかしくなる」と感じた場合は、すぐに異動願を出しましょう。ケースワーカーが相手にする人やケースはさまざまです。常識に当てはめることのできない事例が多々あるため、メンタルに支障をきたしやすいのです。

2019年春に京都で起きた事件にも見られるように、ケースワーカーが対象者に巻き込まれて自身がおかしくなることもあります。

身体に不調をきたす場合

「自分自身がおかしくなる」とまではいかなくても、残業続きで体調が良くない日が続く場合も、辞めることを決断したほうが良いでしょう。体調不良が続くということは、精神的な病気を引き起こしてしまう可能性が高いからです。

どんな仕事もそうですが身体に負担を掛ける状態が続く場合は、上司に相談して一旦休養を取るか部署替えをお願いしましょう。くれぐれも無理は禁物です。

他にやりたいことが見つかった場合

最後は前向きな理由で仕事を辞める場合です。他人に対する思いやりがなくなったわけでも身体に不調をきたしたわけでもなく、単純に「他に関心のある仕事が見つかった」場合は、思い切って仕事を辞めたほうが良いでしょう。

人生は一度限りなので、いつまでもぐずぐず悩んでいては時間が勿体ありません。また、対象者や同僚に対しても失礼です。自分の関心のある仕事に挑戦してみましょう。

ケースワーカーを辞めないほうがいい場合とは?

ケースワーカーを辞めるべきか辞めざるべきかといろいろ悩んだ場合は、一つ一つのメリットとデメリットを天秤にかけて考えていきましょう。

天秤にかけるものは、大きく分けて「社会的なこと」「経済的なこと」「精神的なこと」などが挙げられます。

ここではケースワーカーを辞めないほうが良い場合について具体的に見ていきましょう。

社会的地位が安定している

民間の福祉施設職員もケースワーカーと呼ばれることがありますが、一般的に言われるケースワーカーは自治体の福祉事務所で働く公務員のことになります。そのため社会的地位が安定しています。

社会的地位が安定しているということは、社会的信用があるという意味になります。つまり、銀行や信販会社からの融資だけではなく、世間一般の通りが良いのです。これは大きなメリットです。

経済的に安定している

社会的地位が安定していると関係していますが、もちろん公務員のため、給与・賞与の経済的側面でも安定しています。経済的に安定しているということは、人間らしい幸福な生活を送ることができるのです。

反対に言えばケースワーカーの仕事は大変なため、経済的に安定していないのであれば務めることができません。

時間が解決してくれる

ケースワーカーの仕事は非常に大変な仕事です。そのため新人が問題にぶつかって悩むのは当然です。いろいろな経験を積んでいくうちにパターンがわかってきて対処できることが多くなってきます。

初めは未経験なためにできないことも、時間が解決してくれるのです。もちろん、単なる慣れは良くありませんが、気持ちに余裕を持つことは大切なことです。

知識や経験を役立てられる

ケースワーカーには福祉分野の知識だけではなく、医療や年金、租税、教育、または民法や不動産に関する知識も必要です。覚えることが膨大なので大変ですが、これらの知識を会得しておけばあらゆる面で必ず役に立つことでしょう。

そのため仕事に人生のモチベーションを見出したい人は、「ケースワーカーの仕事は将来のためになる」と考えて仕事に邁進しましょう。

やりがいが感じられる

新人が抱える悩みも、経験の積み重ねによってやりがいに変化していくものです。もちろん感謝されることばかりではありませんが、対象者が幸せに暮らすことができる状態を目にするとやりがいが感じられることでしょう。

感謝を期待しているといつまで経ってもやりがいは感じられません。常に利他的な気持ちでいるとやりがいが感じられ、ケースワーカーの仕事を続けたいと思えるようになるのです。

ケースワーカーからの異動はできる?みんなの体験談

ケースワーカーは不人気な仕事のようですが、様々な知識が必要な専門性の高い仕事です。しかし、「やはり異動したい」と思う人が多いのも現実です。

ここではサイトを参考にし、「希望通りに異動申請が叶った場合」「異動はしたが他の地域のケースワーカーになった場合」「別の福祉職になった場合」などのケースワーカーからの異動について、皆さんの体験談をご紹介します。

異動したが他地域の福祉事務所に配属された

新人で福祉事務所に配属されて数年後に局外(地域外)への異動願を出したところ、確かに地域外には移動できたが、「また福祉事務所だった」という人がいます。

この人はまた数年後「同じ局の違う職場」で異動願を出したところ、福祉以外の部署に異動になったそうです。結論から言うと「同じ“局内”」のほうが意見が通りやすいと述べています。

希望通りに異動することができた

新人の内は希望通りの異動願が叶うことはありませんが、数年働くことで希望が叶うこともあります。

福祉事務所であらゆる知識を身に着けて、さまざまなケースに対処できるようになると「優秀な人材」と見なされて他部署へ異動することもあるようです。過酷な仕事だからこそ、真摯な働きぶりが認められた事例です。

別の福祉職になった

ケースワーカー以外の福祉職に異動になった人もいます。例えば、社会福祉施設や事業所での援助系の仕事です。福祉事務所や身体障がい者更生相談所、または児童相談所でのそれぞれの福祉司が挙げられます。

これらの仕事、特に児童相談所も昨今取り上げられている通りハードな現場ですが、ケースワーカーの知識が生かせる仕事として認められ、異動になることもあります。

公務員の仕事自体を辞めるのはあり?

一般的に言われているケースワーカーは、公務員として採用されて福祉事務所での勤務となります。そのため民間企業に比べて地位が安定しており、経済的不安もありません。

ケースワーカーが嫌になれば異動願を出して希望が叶うこともあります。そのため、せっかく就けた公務員自体の職を手放すのは良く考えてからにしましょう。

安定した地位が欲しいなら続けたほうが良い

公務員は身分が保証されている職業です。社会的地位が保証されているため住宅のローンも組みやすいなど、何かと有利に運ぶことが多くあります。公務員であることのメリットは「安定している」点に尽きます。

しかし配属される部署によってはつまらなく感じてしまうこともあるでしょう。ここで天秤にかけてほしいのが、「安定」と「一時感じるつまらなさ」です。冷静に判断をしましょう。

経済的に安定したいなら続けたほうが良い

安定した地位が欲しいのと似ていますが、身分が保証されている公務員は給与などの経済的面も安定しています。終身雇用と年功序列の制度が備わっており、犯罪者にでもならなければ、左遷されることはあってもリストラされる心配がないからです。

仕事につまらなさを感じてはいても経済的に安定したいならば、公務員は続けたほうが良いでしょう。

やりがいを感じるまで続けたほうが良い

どんな仕事もそうですが、一生懸命に打ち込むことでやりがいを感じられるようになってきます。その理由は、仕事に慣れて工夫することができ、仕事の面白さがわかってくるからです。

やりがいは簡単には得られません。だからこそ、やりがいを感じたときは大きな喜びになるのです。やりがいを感じてから公務員を辞めても遅くはありません。

関心のある部署に異動するのを待つ

何にやりがいを見出すのかは人それぞれです。全員が全員、福祉分野に関心を持てないのは仕方がありません。しかし公務員という社会的に安定した地位を手放すのは勿体ありません。ダメもとで異動願を出してみましょう。

もちろん希望通りの部署に異動できるとは限りませんが、公務員は多面的に仕事をすることで面白みを感じることのできる仕事です。いい機会だと考えて前向きに励みましょう。

やりがいがあるなら続けたほうが良い

やりがいはすぐには得られませんが、仕事をするうちにやりがいを感じられるようになったら、やはり公務員を辞めるのは得策ではありません。公務員は民間ではできない仕事を行っています。

改革するのは大変なことですが、反対にやりがいもある仕事です。小さな積み重ねを地道にしていくことで大きなうねりをつくることができるのです。少しでもやりがいが感じられるようになったら公務員を続けましょう。

公務員がつまらなく感じるなら辞めてもいい

楽しく感じるかつまらなく感じるかは、その人の考え方次第です。どんなこともそうですが、今目の前にあることにどう向き合うかでその人生が決まると言えます。

しかし「公務員がつまらない」と感じるのも仕方がありません。他人の権利を侵さない限り、どう考えようがそれは個人の自由なのですから。ちょっと頑張ってみてつまらないと思うのでしたら、辞めてしまうのも良いでしょう。

自分の心身とよく相談してこの先のことを考えよう

ケースワーカーは過酷な仕事ですが、それだけ心身ともとに優秀でなければ務まらない仕事です。敬遠されがちですが、困難を乗り越えることでやりがいが感じられるでしょう。

公務員としての社会的地位と経済的安心感があるのも魅力です。心身に異常を感じた場合はケースワーカーを辞めても良いでしょうが、公務員を辞めるのは得策であありません。じっくり考えて結論を出しましょう。

ランキング

記事一覧