仕事ができない自分に辛いと感じている人必見!理由と解決方法

仕事ができなく辛いのはなぜ?

仕事ができないと思うことで辛い気持ちになってしまう人は、何故そんなに辛くなってしまうのでしょうか。「仕事ができないから」「責任を持ってやらなければならないから」「仕事が終わらないから」など、人によって様々な理由があると思います。しかしながら、その辛い理由を掘り下げてみると意外な理由に思い至ることがあります。それは、「自分には価値がない」と自分自身のことを捉えているということです。

自分の実力以上に頑張りすぎてしまったり、周りから頼まれた仕事を断れなかったり、キャパシティを超えた仕事を抱えてしまったりするのは、「自分には価値がない」とそう思い込んでしまっているからなのです。つまり、仕事が辛いという状況を変えるためには「自分には価値があるのだ」と今までの認識から改め、そして価値がある前提で行動することによって、精神的に自分を追い込むこともなく、自分の実力を存分に発揮して働くことが出来るようになるのです。

転職サイトに登録して自分の価値を確認する

毎日忙しく、自分はこの仕事に本当に向いているのか?自分の価値ってあるのか?と仕事をしていると思うこともありますよね。同じ会社にいると自分の価値や本当に必要とされているのか、不安になること、「もしかしたら自分にもっと合っている仕事はあるかも?」と思ったこともありませんか?
会社にいると中々気づきづらい部分もあります。そんな時、転職する気がなくても自分の価値が分かるきっかけが、転職サイトや転職エージェントに登録することです。

エージェントの人に自分の条件や今やっている仕事の内容を話してみると意外にも、自分に合った仕事が見つかることは少なくありません。今よりも楽しく、年収もアップして自分の時間を有意義に使えることもできるかもしれません。

type転職エージェントであれば、非公開の求人はもちろんのこと、条件や希望年収などもしっかり聞いてくれて書類や面接対策もしてくれるんです。初めての転職でも不安なくできるのがメリットです。また自分では難しい年収の交渉までtype転職エージェントがやってくれるので、最初から最後まで手厚くサポートしてくれます。

まだ転職サイトなどに登録したことがない人も、一度試すだけで自分の見えていなかった景色が見えてきて自分に合ったお仕事が見つかるかもしれません。

type転職エージェントに登録してみる

仕事ができない人の特徴

仕事でなにをしてもうまくいかずに悩んでいるあなた。上司から指示されたことさえもできずに落ち込んでいるあなた。もういやだな・・・疲れたな・・・なんて思っていませんか?でもまだ諦めないでください。諦めなければ希望は残っています。あなたにはまだ立ち直れるチャンスがあります。

悩んでいる人の多くは自分をきちんと理解できていない人が多く、またそれが原因だと気づいている人は少ないようです。まずは落ち着いて自分自身を見つめ直してみましょう。「どうして、自分は仕事ができない人間なのか」ということを考えてみてください。自分を理解するということはとても大事なことです。あなたがあなたをきちんと理解することでみえてくるものがあります。理解せずには仕事はうまくいきません。諦める前に一度試してみてはいかがでしょうか?ここでは仕事ができない人に多い11個の例を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の失敗から学びを得ようとしない

失敗から学べない人は仕事ができない人と見られてしまいます。失敗してもそのなぜ失敗したのか、なにが原因だったのかを考えようとせずにまた同じことを繰り返してしまうのです。これは失敗を単に失敗としか捉えていないことが原因です。そんなことでは次の仕事へつなげることができません。その失敗から今後のために学べることはたくさんあるはずです。そのままにしているといつまでも「仕事ができない人」という位置からは抜け出すことができません。失敗は学びのチャンスです。

「仕事のできる人」はただ単に失敗で終わらせるのではなくそこから何かしらを学ぼうとします。それが経験値や知識として身に付き、あの人は「仕事のできる人」だという周りからの評価につながるのです。もし失敗したのならしっかりと原因を追究し自分自身の知識として蓄積しましょう。失敗は成功の元です。そしてその知識を次から活かしましょう。そうすればあなたも「仕事のできる人」になることができるはずです。

自分で努力していると思い込んでいる

本当に頑張っている人や、努力をしている人は、そのことを自ら口にはしませんし、努力していると自分で自分を評価しません。一方で、頑張っている、努力している、と自分を評価する人もいます。しかし、彼らの周囲の人は、彼らを努力している人だ、とは思っていないことの方が多く、彼等自身も本当に努力をしているかというと、そうでないことの方が多くあるといいます。つまり、彼等が自分は頑張っている、努力している、と思っているのは勘違いであり、本当に努力をしている人たちは、自分で自分のことを評価したりはしないのです。

本当に頑張っている人や、努力をしている人は、目の前のことに懸命に取り組んでおり、そうすることで、周囲の人から、「あの人は頑張っているね」「あの人はとても努力をしている」と評価をされるのです。自分で自分を頑張っている、努力している、と言っても本当に努力しているとは言えず、周囲の人に評価されることではじめて「努力をしている」と言えるようになります。

自分独自のやり方で仕事をしている

仕事ができる人と仕事ができない人の違いは何でしょうか。それは基本を意識的に身につけ、実践しているかどうかです。仕事のできる人は、基本を大切に仕事をすすめます。しかし、仕事のできない人は、基本を身につけることを避け、自分のやりやすい方法を優先します。

世の中のどんな些細な仕事にも基本があり、その基本の工程にはもちろん理由があるのです。その大切な基本を無視し、自分の楽な「我流の仕事」を押し通すことから失敗が生まれます。基本には、その仕事の本質が含まれていることが多いからです。もし、今仕事に行き詰まりを感じているのであれば、一度立ち止まり、自分の仕事を振り返ってみてください。基本を忘れ、我流のやり方が多くなっていませんか。仕事の本質を見失っていませんか。基本を大切にし、仕事の本質を改めて理解することで、我流から生まれる失敗も減り、自然と仕事が軌道に乗っていくことでしょう。

本質的な事を理解していない

皆さんは、仕事で何をすればよいのか分からず、失敗してしまったという経験はないでしょうか。きっと誰しも経験があることかもしれませんが、もう二度としたくはない経験だといえるでしょう。では、どのようにすれば、この人は仕事ができる人だと、周りから認めてもらうことができるでしょうか。

それは、何をすればよいのか、まず理解することから始まります。例えば、社訓や企業のスローガンなどを普段から意識しているなら、行動指針や求められている成果が明確になります。その事を念頭に置いて行動していくなら、失敗して上司から叱られるなどということを減らせます。つまり、仕事ができない人は、その仕事の本質を理解していないため、失敗するのです。まず、その仕事で求められている事が理解できるように努めましょう。理解したならば、行動に移しましょう。そうすれば、いつの間にか、周りから一目置かれる存在に成長しているかもしれません。

上司に怒られるのを極端に嫌がっている

仕事ができない人は、上司から怒られることを極端に恐れ、嫌がる傾向があるようです。叱られることを恐れるあまり、叱られないように萎縮ばかりしてしまい、がんじがらめになって本当の自分の力を出せなくなってしまいます。その結果、ミスをしてしまって上司に叱られる、というパターンに陥りがちになってしまいます。仕事ができない人は、これを繰り返してしまいます。

人間、ミスや間違いをしない人なんていません。ミスは誰でもしてしまします。もちろんミスをすれば叱られますが、それは当たり前です。どんなに完璧な人であっても、ミスをしない人間なんているはずがありません。大切なのはミスをしてしまった後、反省し2度と同じ過ちを侵さない事です。なぜそのミスをしてしまったのか、今後どうすれば同じミスを繰り返さないのか考えて行動に移す事ができれば、徐々にミスは減ります。また上司から怒られるのを極端に恐れる事もなくなるでしょう。

まわりの目を異常に気にする

自己承認欲求の強い人は、周りの人に自分をより良く評価してほしい人で、周りの良い評価で自分に自信をつけたいと思っている人のようですが、仕事に関していうと、仕事ができない人ほどその傾向があるようで周囲の目や評価を気にする人が多いようです。そして、自分を良く評価してもらいたいために、仕事のスキルが足りない人がスキル以上のことをしようとして、がむしゃらになったために空回りし失敗してしまうことがあります。

そうなった場合、良い評価が欲しいがためにしたことが、結果悪い評価につながったりすると、その人は自己嫌悪に陥ってしまい自己承認欲求の強い人ほどなかなか立ち直ることができないようです。しかし、仕事のできない人は失敗して自己嫌悪に陥った後、再び『次こそは必ず成功して良い評価を得る』と気持ちを立て直して奮闘し、また失敗してしまうということを繰り返すようですが、どこかのタイミングで成功し大きな評価を得られれば、この悪い連鎖を断ち切ることができるのではないかと思います。

完璧主義者で仕事が遅い

完璧主義であることは利益を生み出す会社にとって必要なことですが、完璧すぎる、ということはあまり良いこととも言えません。会社に入ったばかりの事は仕事に対して慎重で、完璧主義であったもかまわないでしょう。しかしベテラン社員ともなると、仕事に完璧さを求めすぎることは決して会社にとってプラスとは言えないのです。

会社は利益重視であり、利益を上げるためには慎重さの他にスピードが重要です。慎重なりすぎてスピードを落としてしまったら利益は上げられません。仕事ができない人の特徴として、仕事に対する慎重さや正確さは十分あるのにスピード感がない人があげられます。ベテラン社員ならばなおさら会社の利益を念頭におくべきです。仕事が遅いと利益をもたらせません。仕事に完璧さばかり求めていては、必死で働いている割には「仕事ができない人」と周囲の人間に思われてしまいます。完璧さばかり求めてスピード感のない人は、新人と同様の仕事しか任されず、スキルアップできる環境がなくなり、会社から見放されてしまうかもしれません。

仕事のできる人のフリをしている

仕事ができない人がやってしまいがちなことに、仕事をしているように見せかけたり、仕事ができる人のように振る舞うということがあります。周りをごまかして結局仕事をしていないので、結果いつまで経っても仕事のスキルは上がりません。仕事のできる人のフリなんかしていても、一向に本当に仕事ができる人にはなれないのです。

しかし、周りからは『できる人』と評価されているため、昇進したり、部署の責任者にさせられたり、大事な仕事を任されたりすることがあります。その場合、見せかけの仕事のできる人は、何か問題が起きたときなどにスキルや経験がないので結局対処することができず、必ずと言っていいほど失敗をしてしまうでしょう。

そのような事態を招かないためには、まず『仕事をしているフリ』や『仕事のできる人のフリ』をやめて真面目に仕事に取り組むことが大切です。いつまでも、フリばかりをして周りの人を騙していると、いつかはその事がバレてしまいます。そんなピンチな時でも、結局どうにもすることができず、結果会社を辞めなければならない状況に陥ってしまうことになるからです。

切り替えが上手くできずミスを引きずる

仕事においてミスはつきものです。ミスをしたことは仕方がないですが、その事をしばらく引きずってしまう人もいます。しかし、ミスをしたことを引きずったまま仕事をしていると、仕事の成果が上がらず会社の利益にもつながりません。営業職や接客業などの多くの人と接する職業の人は、特にミスをした後に気持ちの切り替えをすることが重要です。「ミスすることはあたり前」「ミスをした後の対処が大事」と自分に心の中で言い聞かせましょう。

うまく切り替えができないと新たななミスを招いてしまい仕事に支障をきたしてしまいます。ミスを引きずりうまく気持ちの切り替えができないのは、男性よりも女性の方が多い傾向にあります。女性がこのような心理状態で仕事を続けると、体にも精神的にも良くなく最悪の場合はうつ病などの心の病になってしまうこともあります。そうならないためには、予防策や発症した時の対策を知っておく必要があります。また、自分のためにも心の病を長引かせないように、一亥も早い改善を心がけましょう。

自信過剰である

仕事のできない人。そういう人にはいくつか共通点があります。一つ目としては実際に仕事をしているわけでもなく口ばかり達者な人がいます。まともな事をスラスラ話し、いかにも私は仕事が出来るような口調で同僚や部下に諭すのはいいですが、肝心な仕事はそんな言うほどの事は出来ていない。簡単に言えば説得力に欠けるという人物です。このような人物は頭ではわかってはいるが、初動が遅く、レスポンスの遅い人間によくあるパターンです。

ですが頭ではわかっている為、自信に満ち溢れているため仲間から見ると口ばっかりで何にも出来ない偉そうな人物になるのです。そのような人はまず、自分を見つめ直すことが大事です。まずは謙虚に接することを常に考え行動することで、仕事に対する姿勢が変わりレスポンスはもちろん仲間にも違う目線で見られ、上司からの信頼や、部下から一目置かれる、そのようなデキる人間に変わっていくでしょう。自分を動かし、人を動かす。そこから口を動かせばまた、周囲の見方も変わってきます。

仕事が遅くだらだらと残業している

仕事ができない人の特徴としてスピードを意識しない事があげられます。どんなに人柄が良くても他の人に比べて仕事のペースが遅いだけで悪い評価を受けてしまいます。このスピード感のなさはビジネスマンへ仕事ができない人の特徴を答えてもらうインタビューで3割の人が一番最初に回答するほど代表的なものとなっています。

さらに、大きなデメリットも存在します。それは少しでも気を抜いていしまうとそれが習慣となって毎日時間に追われてしまうという悪い流れを生み出してしまうことです。来る日も来る日も残業をしてしまう人はこの流れに完全にのみ込まれています。そんな中、残業していても仕事ができると評価される人がいます。仕事ができるひととできない人との決定的な違いは、仕事に対して抑揚があるかです。仕事ができる人は目標や目的など目指す場所をしっかり定めています。そこに向かう際にオンとオフをしっかりと設定することで確実に近づくことができるのです。しかし、仕事ができない人は目指す場所もなく残業をしてしまうので周りからの評価がマイナスなイメージになってしまうのです。

仕事ができないと自分を責めてはだめ

最近の社会人に多い傾向ではありますが、「私は仕事ができません」と断言するということは、自分自身の可能性を他ならぬ自分自身が否定しているということになります。実際に仕事ができないと感じる根拠に仕事に対する苦手意識、実際に仕事が順調に行かないことへの苛立ち、もっとうまく仕事を回せたらという焦りなど、色々なものがあると思います。しかし、それは本当に自分のせいなのでしょうか。もしかしたら組まれているスケジュールに問題があるのかもしれませんし、チームワークがうまく回っていないだけかもしれません。すべて自分の事として捉える必要はありません。

まずは「私は仕事ができません」と断言することをやめませんか。そこで自分自身の可能性を狭めてしまうと、自分はとても楽になります。楽になるからその場はうまくやり過ごせます。ですが、そこで自分の成長は止まってしまいます。それではいつまで経っても仕事はできないままで、自分をずっと責め続けることになってしまい、前に進めなくなってしまうのです。

仕事ができないから悔しいと感じるのは当たり前

仕事ができる人になりたいと思う方は多いですよね。そんな時はまず仕事ができない原因を考えてみましょう。一般的に多い原因として、そもそも今の仕事が合っていないことがあります。自分に合っていないと気付いたまだ新卒1年目や2年目の方は早めの転職をおすすめします。合わない仕事を我慢して続けるより、さっさと転職した方が楽しく効率的に仕事ができ、スキルもぐんぐん伸びて周りに差をつける事が出来るでしょう。好きこそものの上手なれです。

他にも、仕事の内容に自分が適応出来なくなってきていることがあります。進んでいく時代の流れについていけず、以前と同じ感覚で仕事をして失敗してしまう方は多くいます。特に40代から50代の方に多く、今のままでいいという努力不足が大きな原因と言えるでしょう。この場合は諦めて受け入れるか今から新たに努力するしかないでしょう。このように、まずは仕事ができない原因を理解する事で、自分に合った対策方法を見つけることができます。原因を探っていけば一気に仕事ができる人になれるかもしれません。