1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事ができなくて辛いと感じている人へ。転職経験者が教える3つのタイプと解決方法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

仕事ができなくて辛いと感じている人へ。転職経験者が教える3つのタイプと解決方法

仕事ができなくて辛いときはどうすればいい?

仕事ができなくて辛いと、会社での自分の存在意義に疑問を持ってしまい、仕事に行きたくなくなり、負のスパイラルにはまってなかなか抜けられません。そうして悩んだ末に心身を病んでしまっては、復帰に時間がかかりますし、仕事がトラウマになってしまいます。

まずはこの状態から抜け出すために、自分の現状としっかり向き合ってみましょう

レイコ
仕事ができなくて辛いと思うことってみんなありますよね。
片桐社長
自分が仕事ができないと思うといろんなことにマイナスになってやる気も出なくってしまうことってあるよね。
ミカ
私だったら仕事が辞めたくなるくらい落ち込んじゃうかも・・・。
片桐社長
突発的に辞めてしまうのは絶対にだめ。なぜ仕事ができないのか自分の自己分析をした上で今後どう働きたいかをみんなに考えてもらいたいな。
レイコ
そうですね!自己分析をすること・自分の価値をまず知ることが大切ですよね!

ミイダスであなたの価値を測ってみよう!

仕事ができないと思ってる人はミイダスを使って自分の価値を知ってみることをおすすめします!
ミイダスをチェックしてみる!

なぜミイダスがおすすめなの?

ミイダスをここまでおすすめするのには訳があります。

ミイダスをおすすめする理由
  • 仕事ができないと思っていて辛い時、もしかしたら違う企業や職種であれば成功するかもしれない!
  • ミイダスではそんなあなたの市場価値を5分の無料登録で知ることができる
  • アドバイザーとの面談も不要なので仕事に行きながらスマホ・PCだけで転職活動ができる
  • 最も効率的に転職活動ができる!

一番の魅力はエージェントやアドバイザーと面談せずにスマホだけであなたの市場価値・あなたに興味を持ってくれている企業が分かることです!

書類選考合格率はなんと100%!

オファーが来た企業はなんと書類選考済み(面接確約)なんです。ユーザーの60%は企業からのオファーをもらっており、多い人では100通ものオファーが来ることだってあります。
仕事ができなくて辛いな・・・と思っているときに企業からオファーがどんどんきたら嬉しくなりますよね?
自分は企業によっては価値ある存在なんだと実感することもできます。
ミイダスで自分の市場価値をチェックしてみる!

徹底分析。あなたの「仕事ができない自覚」はどのタイプ?

自分は仕事ができない、と思ったきっかけはなんでしょうか。人に言われたのか、自分で気づいたのか、なんとなくそんな気がするのか…きっと何かの理由があったはずです。

実はこれを分析すると、「仕事のできない自分」から脱却する方法が見えてくるのです。チェックポイントに従って、自分がどのタイプに近いか調べてみましょう。

合わせて読みたい

仕事ができなくて辛い時はマイナビエージェントに登録してみる

仕事ができなくて辛いと思っているあなた。仕事をしている時間は1年の2/3になる計算になります。人生仕事をしている時間がとっても長いんです。
仕事ができなくて辛いと思っている時間が1年の半分以上・・・そう考えると気分が落ちますよね。人生一度きりで辛い思いをずっとしているのであれば一度立ち止まって今後の働き方を見直すべきです。

そんなときマイナビエージェントに登録することを編集部はおすすめします。
普通の転職サイトでしょ・・・と思ったあなたも編集部がお勧めするポイントを下記でお伝えします!
>マイナビエージェントをチェックしてみる!<

なぜマイナビエージェントがおすすめなの?

編集部がマイナビエージェントをおすすめする理由は3つです!

マイナビエージェントをおすすめする理由

  • コンサルタントがいるので職種や業界が決まっていない状態でも最適な提案をしてくれる
  • 他社に比べて20代向け・エンジニア向け・IT向けなど幅広い業種を扱っているのでマイナビ自体の転職のノウハウがたまっている
  • 職種や業界が決まればコンサルタントが業界選任制なので深いアドバイスをもらえる
  • あなたに合った仕事やあなたがやりたい仕事をしっかり見極めることができる

どんな職種や業界がいいか決まってない人でも、これから転職をしようか迷っている人マイナビに相談すれば何か新しい希望が見えてくるはずです!

>マイナビエージェントをチェックしてみよう!<

よく人に怒られてしまう「怒られ型」

上司や先輩に、「仕事ができない」「仕事が遅い」「何度言ったらわかるんだ」などと直接言われたことのある人は、この「怒られ型」です。たとえ面と向かって言われなくとも、自分の失敗のせいで迷惑そうな顔をされたりする場合も含まれます。

チェックポイント

  • 作業が遅いと言われる
  • 同じ失敗をしてしまう
  • 言われたことを覚えられない
  • 仕事以外の生活面でも

要するに、自他ともに認める能力不足で仕事ができないのがこのタイプです。

合わせて読みたい

怒られはしないが自己嫌悪してしまう「自己嫌悪型」

上司に厳しく怒られたことはないけれど、自分は仕事ができないのだなあと思う瞬間がよくある人は、「自己嫌悪型」です。

チェックポイント

  • 一度ミスをするとしばらくひきずる
  • 怒られるのが怖い
  • ミスを報告せず隠してしまったことがある
  • 成果らしい成果をあげたことがない

人に迷惑をかけるほどの失敗はせず、自分で気づいて反省できるので、怒られるよりもむしろ「次は頑張ろうね」と励まされることが多いです。しかしそんな励ましにも落ち込んでしまいます。真面目すぎるのかもしれません。

合わせて読みたい

自分ではできているつもりなのに評価されない「自覚なし型」

仕事はできているつもり、同僚より学歴も資格もある、けれどなぜか評価されず昇進もしないという人がいます。特にライバルだとも思っていなかった同僚たちに先を越されて、はじめて「自分は仕事ができないのでは?」と思ったのなら、それは「自覚なし型」です。

チェックポイント

  • 完璧主義
  • 仕事のやり方に自分なりのポリシーがある
  • 学歴や経歴、資格に自信がある
  • 周りの人の仕事のできなさにイライラすることが多い

自分にとっての「仕事ができる」の基準が、周りと違うのかもしれません。

合わせて読みたい

「怒られ型」はコツコツと改善していくことが大切

怒られるのは辛いし、人を怒らせるほど仕事ができないと思うとさらに辛く、ストレスがたまるものです。

しかし、「怒られ型」は考え方を変えれば、怒られるほどの欠点が他人に見えているということを意味します。仕事のできなさとしては一番分かりやすく、実は改善の余地も大きいです。まだ諦めなくても大丈夫です。

合わせて読みたい

なぜその仕事をするのか本質を理解する

目の前にある仕事を言われたとおりにこなすだけではなく、その仕事が最終的にどんな形で完成するのか、会社にとってどんな存在になるのか、根本的なことを考えてみましょう。自分でわからなければ人に聞いてみてもいいのです。

最終目標という本質が理解できれば、部分部分でどんな作業をするとよいのか、なにを優先すべきなのかが見えてきます。

合わせて読みたい

なぜ上司に怒られるのかを頭を整理して考える

上司に怒られた場合、萎縮してしまうのは仕方がないことです。しかし「怒られた」というストレスで自分の殻に閉じこもってしまうだけでは、また同じ怒られ方をしてしまいます。

怖気づかずに冷静になって、上司が怒ったのはどんなタイミングだったのか、どんな点に怒ったのか、なぜ怒るほどだったのか、一歩引いて考えてみましょう。

合わせて読みたい

怒られる理由がわからなかったら必ず周りに相談する

中には怒るのが下手な上司もいます。問題が収束した後になって思い出し怒りをしたり、ただ突発的にキレているだけ中身がないこともあります。そんな場合は上司以外の人に、自分がなぜ怒られたのか尋ねてみましょう。

怒る人を傍観している周りの人というのは、とても冷静です。上司よりも役立つアドバイスをしてくれるかもしれません。

合わせて読みたい

ミスをした理由を突き止めて再発防止する

「怒られたから次は頑張ろう」と漠然とした気持ちでいるのではなく、ミスが起こった原因をつぶさなければいけません

仕事の手順を間違えていたなら、手順を再確認すべきです。人に相談すべきところを自己判断してしまったなら、次は相談を怠らないようにすべきです。寝不足で手が滑ってしまったのなら、自分の生活を見直しましょう。

合わせて読みたい

人に質問して努力の姿勢を見せる

仕事のできなさを改善しようとしている人には、周りが味方してくれます。少しでもわからなければ積極的に質問し、多少呆れられてもめげずに前に進みましょう。素直な姿勢と感謝の笑顔が大切です。

もし、質問しても答えてくれないなどの嫌がらせをされるのなら、それは社内いじめなのでまた別の問題です。しかるべきところに相談しましょう。

合わせて読みたい

仕事の内容・頼まれたことをすべてメモに残しておく

自分の頭で覚えられなければメモをとるのは当然です。「そんな余裕がない」「メモを取り出せる雰囲気ではない」というのは、このさい言い訳です。あなたを叱る人は、日頃から「この人はなんでメモをしないんだろう」と思っているかもしれません。

今からでもメモの習慣をつければ、忘れることが減ると同時に、メモを取るその姿勢自体が評価されるでしょう。

合わせて読みたい

時間やコストを意識する

仕事で失敗をすると、まず何らかの損失があります。物理的に材料費が無駄になるかもしれませんし、それまで仕事に携わってきた人たちの時間と人件費が無駄になることもあります。その失敗の責任をとる上司は、あなたよりも高い時給で働いています。叱る時間だってタダではないのです。

そう考えると、日々の仕事に緊張感が生まれてくるでしょう。

合わせて読みたい

「自己嫌悪型」は考え方を変えることが大切

怒られるほどでもないけれど、成果をあげて褒められたこともなく、ときどき小さなミスをして反省する…。それで「きっと自分は仕事ができるほうではないのだろうな」と落ち込んでしまう場合は、自分の考え方を変えていきましょう

あなたは「できない人」ではなく、もしかしたら「意外と期待されている人」かもしれません。

合わせて読みたい

小さいことから目標を作って実践する

日頃の仕事で、「できていないこと」ばかりが目についてしまっていませんか。周りに目覚ましい活躍をする同僚がいると、いっそう自分のできなさが気になるかもしれません。

そういうときこそ、「できること」「できたこと」のほうに目を向けましょう。「定時までに仕事を全部終わらせる」でも「会話中に上司を笑顔にさせる」でもかまいません。

一つ一つ成功体験を作る

小さな目標を自分で立てて、自分で達成して満足するという流れができてきたら、大きな目標を目指していきましょう。大きな目標とはチームで取り組み、達成されると会社の利益になるものです。

一度でも達成した感覚を誰かと共有できたり、それによって誰かに感謝されたりすると、自分の考え方は大きく変わります。

失敗してもずるずる引きずらず無理やり切り替える

失敗を気にしているのは、実はあなただけかもしれません。上司から少し叱られても、上司にとってはよくある凡ミスであって、「この人は仕事ができない」と決めつけるほどではないこともあります。

それなら、自分ひとりがいつまでも気にしているのは損です。帰って好きなことをしてよく寝て忘れてしまいましょう。

周りの目ばかり気にせず自分のペースを最初は貫く

失敗を引きずるだけでなく、ふだんから周りの目を気にして仕事をしていませんか。実際、周りはそこまで他人を気にしていません

仕事の仕方をひととおり覚えたのなら、開き直って自分のペースを貫いてみましょう。マイペースではうまくいかない仕事に当たったとしても、そのときは誰かに相談すればきっと答えてもらえます。

合わせて読みたい

効率が良い先輩や同期の動きを観察してみる

自分で自分の至らなさに気づける自己嫌悪型の人は、自主的に成長していくことができます

周りに仕事のできる人がいれば観察して、仕事術をどんどん盗んでいきましょう。ときには、仕事のできる人のいるチームに自分から参加してみることも大事です。仕事ぶりが観察できるだけではなく、協力して良い仕事ができるかもしれません。

合わせて読みたい

これが一番大切?気分転換の方法を用意する

あまり仕事のことだけ考えていると、ただただ落ち込んでいってしまいます。仕事の失敗をあまり気にしないタイプの人は、仕事よりも熱中できる趣味があったり、叱られている間にも別の考え事をしているのでへこたれないことがあります。

急にそこまでタフな人になるのは難しいですが、気分転換になる趣味をひとつでも持っておくのは有効です。

「自覚なし型」は他人に目を向けることが大切

見くびっていた同僚たちに追い越されて始めて、自分が仕事のできないことに気づいたという人は、いままで周りが見えていなかったのかもしれません。

自分が一番正しくて、周りはみんな自分より仕事のできない人ばかりだ、と思い込んでいませんでしたか。間違ったプライドの高さを矯正していくのが、「自覚なし型」が成長するポイントです。

合わせて読みたい

人の仕事のやり方と自分の仕事のやり方を比べてみる

自分より他人の仕事ぶりのほうが、会社にとっては高い評価を受けている可能性があります。

たとえば、「雑だなあ」という仕事ぶりの人がいても、実はスピード重視の仕事で、後工程でちゃんとミスをチェックする人がいるのなら、少しくらい雑でも許されます。逆に完璧主義でゆっくり丁寧に仕事をされると、会社にとっては困るのです。

人からの評価を素直に受け止める

自分では仕事ができているつもりなのに評価されないということは、何か理由があるはずです。思い切って、評価してくれる上司に理由を聞いてみるのも一つの方法です。

耳の痛いことを言われるかもしれませんが、今まで思いもしなかったような欠点に気づけることもあります。他人に見えている自分の姿を、素直に受け止めてみましょう。

演技をしたりその場しのぎの嘘をつくのはやめる

「自分は仕事ができているはずだ」という気持ちが、いつしか「仕事のできない自分なんてありえない」という思い込みに変わると厄介です。

まだできていない仕事をできていると言ってみたり、断られた営業案件を売上見込みに入れてしまったりと、演技や嘘が無意識の習慣になってきてしまいます。信用を失わないうちにやめましょう。

合わせて読みたい

謝る・お礼を言うなど素直に周りを受け入れる

同僚や社外の友達と仕事の話になったときに、人を見下した悪口ばかり言ってはいませんか。たとえ仕事の能力があっても、「こういう性格の人には部下を持たせられない」という理由で昇進させてもらえない人もいます。

まずは他人を肯定し、なにかしてもらったらお礼を言う、自分が悪いと思ったら謝る、などを心がけましょう。

「仕事ができる人」になれた3つのエピソード

「仕事ができない」という悩みがいつしか消えていた人に、なぜ悩みを解消できたのかきっかけを聞いてみると、意外と小さなことからスタートしています。

ここでは、ちょっとしたことで自分が変わり、周りが変わったというエピソードを紹介します。それぞれ違う立場、違うパターンの話なので、自分の状況に近いものを参考にしてみてください。

合わせて読みたい

悩みを打ち明けたらみんなが味方をしてくれた

仕事ができなくてよく怒られる人が、みんなに嫌われているとは限りません。本当に周りに迷惑ばかりかけて反省の色が見えなければ、嫌われて味方がいなくなるかもしれませんが、そこは本人の態度次第です。

怒られてばかりでも飲み会には誘われる人や、怒られてばかりでも社内に友達の多い人というのはいるものです。

会社員

意外と親身になってもらえた

★★★★★★★★★★5.0

怒ってばかりの上司。もちろん自分が期日までに仕事を終えられなかったり、目標を達成できないのが悪いし、もしかして発達障害かと悩んでもいた。ある日怒られてついに泣きながら「自分でもどうしたらいいかわからないんです」と訴えた。すると上司が同情してくれて、どこから改善していけばよいのかを部署全体で一緒に考えてくれた。

仕事ができないのは、怠慢ではなくて本人にもどうしようもない原因なのだと訴えて、その素直な姿勢が上司の心を打った例です。

上司にとって部下は、成長させてあげたいものです。怒られているから嫌われていると思い込まずに、怖い上司に対して素直に心情を告白してみると、なにかが変わる可能性はあります。

チェックポイント

  • 自分を変えたいと正直に言う
  • 素直な姿勢を見せる
  • 日頃から謙虚さを忘れない
  • 頑張っている姿をみんなの印象に残す

仕事ができる人のそばにいたら考え方が変わった

特に興味のない業種・職種に就いて、大した成果も挙げられず、「興味のない仕事だから仕方ない」「でもこんな会社(部署)にしか入れなかった自分が悪い」と悩んで、仕事がまったく楽しくなくなってしまうこともあります。

しかし、そんな人もたった一度の成功体験で、急に仕事が楽しくなってくるかもしれません。

会社員

仕事が生きがいに変わった

★★★★★★★★★★5.0

なんの役職にもつかないまま、気づけば独身のままでいい年に。暇そうだからと新しいプロジェクトに入れられて、最初は罰ゲームかと思ったけれど、リーダーが人間としてとても尊敬できる人で、チームの雰囲気もよく、プロジェクトの定例会が楽しみになった。リーダーを喜ばせようと思っていたらいつのまにか、目標以上の売り上げが立っていた。

仕事を回しているのはやっぱり人間の力です。この人についていきたいと思える上司がいるだけで、考え方も仕事のやり方も変わっていくものです。そういう良い空気が、結果的に会社の利益につながります。

仕事のできる憧れの人や、成功しそうなプロジェクトには、たとえ他部署のことであっても自主的に近づいていってみるのも一つの手です。

チェックポイント

  • できる人の周りには良い空気が漂っている
  • 盗める仕事術は盗む
  • 一度でも成功体験があるとその後が変わる
  • 成功の予感がする場所には自分から積極的に寄っていく

自分に合った仕事を始めたら毎日が楽しくなった

長年ひとつの職種で頑張ってきた人は、仕事ができなくて悩んでもずっとその職種を続けてしまいがちです。培ってきた経験を捨てるのは勇気が要りますし、急にまったく違う職種に就くのも怖いと思ってしまうでしょう。

しかし、ずっと続けていたからといって、それが自分に合う仕事だとは限りません。劇的な転職をしてみるのも方法の一つです。

工場勤務

もっと早く仕事を変えればよかった

★★★★★★★★★★5.0

学生時代のアルバイトからなんとなく接客業に入って数年。どこの店でもうまくいかず、気まずくなって転職を7回もして、年齢とともにどんどん悪条件の人材になってしまった。就職のしやすさだけで急に工場勤めをしてみたら、人を相手にしなくていいのが楽すぎて驚いた。仕事のことで悩まなくてよくなり、新しい趣味を見つける余裕ができた。

仕事ができないのは、単に資質に合っていなかったからという場合もあります。

こういうのは自分よりも、他人に分析してもらうとよいでしょう。まったく知らない仕事を薦められると「自分には合っていないだろう」「キツそう」などと先入観を持ってしまうかもしれませんが、この例のようにうまくいくことだってあります。

チェックポイント

  • 接客から物相手へ
  • デスクワークから現場仕事へ
  • 頭脳労働から単純作業へ

仕事ができる自分を目指して前向きに進もう

仕事ができるようになるためのステップは、自己分析とちょっとした心がけから始まります。また、必ずしも自分ひとりで悩む問題でもありません。最終的には、「この職場(職種・業種)だから仕事ができないんだ」と見切りをつけて、転職してもよいのです。

心身ともにすこやかに仕事をして生きていくために、最良の方法を選びましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧