仕事が辛い人に読んで欲しい記事

仕事を辞める電話がなかなかできない。電話で退職する際の注意点

出勤せずに電話連絡のみで退職することは可能?

仕事で大きなミスをした、職場での人間関係が上手くいかないなどの理由で、仕事に行きたくないという気持ちになったことは、おそらく大半の人が経験したことがあると思います。

その中でも、辞めたいけど職場に行くのも嫌で、電話連絡のみで退職できないか、と考えている人に参考になる手順や方法をご紹介します。

電話連絡のみで退職は可能である

結果としては、電話連絡のみで退職は可能です。労働基準法などで電話連絡のみで退職してはならないという規則はありませんが、会社独自の規則で不可能にしている場合もあります。一度、入社時にもらった会社の資料などを見返しましょう。

しかし、本来は新しい人に引き継ぎを終えるまでは辞めるべきではありません。また、電話連絡のみで済ませられない退職書類のやりとりなどもあります。

電話連絡のみで全てが終わる、とあまり期待しないほうがいいでしょう。

退職のマナーとしては直接伝えるのが礼儀であることを忘れずに

電話連絡のみで退職は可能と言いましたが、マナーとしては職場へ行き、社長や上司に直接伝えるのが礼儀です。

すぐに辞める場合、上司や同僚に仕事が回ってしまい、迷惑がかかってしまいます。

また、すぐに辞められない場合、その辞められない期間はずっと社長や上司や同僚に“非常識な人間”と思われながら働かなくてはいけません。そんな環境がつらいと感じるのなら、勇気を出して直接伝えた方が円満に退職できます

その後の出勤を避けるため、先に私物を持ち帰っておくのもあり

電話連絡のみですぐに辞めることができた場合、私物を持ち帰るのに一度職場に行かなければなりません。

なるべくならもう職場の人に会いたくないという方は、電話連絡をする前に私物を持ち帰り、ある程度デスクを整理してからの方が、気まずい思いをすることがないでしょう。特に人間関係の問題で辞めたくなった方は、計画的と思われるかもしれませんが、事前に準備していた方が嫌な思いをしないで済みます。

急に辞めたくなり、私物を整理していなかった場合、職場の人たちが困り、連絡が来るかもしれません。今後必要のないものでしたら、退職するときの電話連絡の際に、処分してもよいと伝えた方がいいでしょう。

特に電話連絡が許される退職理由とは何か?

仕事を辞めたい理由が上司が嫌いだとか、仕事が向いてないなど、正直に言いづらい退職理由も多くあると思いますが、電話連絡のみで退職が許される理由も何点かあります。

なるべく嘘をつかず、上手に利用して上司に説明してみるのも、円満に退職できる近道かもしません。

自分の病気が理由の場合

自分が病気になった場合、やむを得ないので上司も理解してくれるはずです。長期的に治療が必要になった場合や早急に治療が必要になった場合は、特にスムーズに辞めることができます。

もちろん、職場の環境による精神的な不調も理由になります。ストレスを感じたまま働き続けるのは困難ですので、言いづらいかと思いますが、はっきり伝えた方が周囲が理解してくれます。

また、診断書を要求される場合があります。嘘をつくとバレてしまうこともあるのでご注意を。

親や家族の看病や介護が理由の場合

自分ではなく、親や家族の看病や介護が必要になった場合も退職が許されるでしょう。親が急に倒れて寝たきりになってしまって、日常生活に付き添いが必要になった場合、出社するのが難しいと理由を述べたらやむを得ないと理解してくれるはずです。

また、こちらも嘘をついた場合、親や家族が元気でいる姿を会社の人に目撃されたり、その後転職した先でバッタリ会ってしまったりすると、つじつまが合わなくてバレてしまうこともあります。

とにかく外出が困難な理由がある場合

上記以外でとにかく外出が困難な場合も退職ができます。

例えば、ブラック企業での労働や職場でのいじめにより、身も心もボロボロになってしまうこともあります。外に出られなくなるくらい精神的に追い詰められてしまうこともあります。そのような状態で無理に職場へ向かい、またストレスを溜めて悪化してしまうのは悪循環です。

身体が本当に壊れてしまう前に退職したいことを伝えましょう。働くことへのトラウマができてしまう前に、もっと良い環境の職場へ転職することがベストです。

いつどのタイミングでの電話がベストか?

もし、退職希望の電話をかけるならいつがいいか?

上司や職場のことも考えて、タイミングよく電話をかけることでスムーズに話が進むこともあります。逆に、タイミングが悪い時に電話をかけてしまうと、怒られたり渋られたり、お互い嫌な気持ちになることもあるので気をつけてください。

職場の忙しくない時間にかける

常識的には職場が忙しくない時間にかけるのが一番良いでしょう。

職場や業種によって忙しい時間帯はそれぞれかと思いますが、始業直後や就業間際などは業務が忙しい会社が多いです。お昼休み中は、ごはんを食べていたり外出していることが多いので避けましょう。比較的に落ち着いてるときを見計らって電話してみてください。

忙しい時に電話で退職したいと言われたら、ちょっとイラッとくる気持ちもわかりますよね。

退職の旨を伝える上司がいる時間帯にかける

勇気をふり絞って電話したところで、退職したいことを伝える上司がいないと意味がありません。しっかり上司のいる時間を把握して、電話してみましょう。

また、上司がいなかった場合、電話に出た人に「上司に伝えておいてください。」と言うのは基本的にNGです。非常識な人間だと思われますし、伝言が間違って伝わってしまい、退職ではなく、無断欠勤扱いになる可能性もあるかもしれません。いなかった場合はいる時間を聞いて、再度かけ直してみてください。

職場の状況に合わせられない場合は朝イチの電話でも良い

一刻も早く退職を伝えなければならない場合は、朝一番に電話してもいいでしょう。

その日出勤予定だったのに、就業時間を過ぎてもあなたが来ないとなると、職場の方たちが心配します。上司や同僚の仕事の段取りも変わってくるので、早めに伝えましょう。

ただ、朝一番というのはどこの会社も忙しいのでゆっくり話を聞いてもらえないことが多く、話を流されてその日は欠勤扱いで終わってしまったり、退職を認めてくれても、その後の手続きの話まで出来ないことがあります。

退職の電話をかける際に注意することは?

電話連絡のみで退職する時は、相手が快く思わない可能性があります。

上手く伝わらずトラブルになって、お互い嫌な気持ちで退職するのは後味が悪いので避けたいところです。なるべく円満に退職できるように注意しなければならないことをしっかり守りましょう。

誤解のないよう、退職の意思をはっきりした言い方で伝える

勇気を出して電話したものの、退職したい旨を言いづらくなり、言い方が曖昧になってしまうと、誤解されて退職できないこともあります。

あと1ヶ月働いてください、と言われても「病気なので無理です。」とはっきり伝えてください。曖昧にしていると病気なのに本当に1ヶ月働かなければいけないことになってしまいます。

また、「〇〇さんが苦手で…」と人間関係のことを話した際も「〇〇さんと離すように仕事を分けるから続けて」と解決策を言われることもあります。その解決策で大丈夫そうなら仕事を辞めずに続けられることありますが、それでも嫌な場合はしっかり伝えましょう

マナーとして、電話での連絡であることを詫びる

本来であるなら、退職希望は直接言うのがマナーです。電話連絡のみになってしまって申し訳ない、ということをしっかり謝りましょう。しっかりと気持ちを込めて謝れば相手も感情的にならずスムーズに話が進められます。

やむを得ない理由で退職するとしても、職場的には穴が空いてしまうので非常に困ります。やむを得ないから仕方がない、と一方的に退職の話を進めるのではなく、常に低姿勢で対応すると相手も理解してくれます。

必ずお詫びの一言は忘れずに言いましょう。

退職が決まったら、退職願の提出や引き継ぎなどの流れを確認する

上手く退職することが決まったら、そこで電話を切らないようにしてください。職場との手続きや引き継ぎが残っている場合、再度電話で話したり職場へ行かなければならなくなります。

まずは、退職届けや会社へ返却するものは郵送でいいか聞きましょう。郵送でいい場合は、退職届けは内容証明郵便で送り、万が一のトラブルを考慮しましょう。退職届けを送付したら、後日会社への返却物を送りましょう。レターパックゆうパック、ヤマト運輸などの追跡番号のある発送方法を利用してください。

退職する際に会社へ返却するものは下記のとおりです。

  • 健康保険証
  • 社員証、カードキー
  • 会社の制服
  • その他会社で借りたもの

また、余裕があれば引き継ぎについても話しましょう。電話で伝えられる場合は手短に、伝えきれない場合は資料を作り、一緒に発送するか、メールで送ったりしてください。

引き止められたり、嫌味を言われたりすることも想定しておく

前述の通り、電話連絡のみで退職は非常識だと感じる人もいますので、相手によっては引き止められたり、嫌味を言われることもあります。

電話だと顔が見えない分、相手も言い方が少しキツくなったり、こちらもそう聞こえたりすることがあります。ある程度なにか言われるだろうと心構えして、気を強く持ちましょう。嫌味を言われても言い返さず、冷静に受け流してください。また、引き止められてもしっかりお断りできる気持ちがないと、いつまでも辞められません。

退職の電話をかける勇気の出し方

退職する理由もあり、電話をかける時間も決め、だいたいの流れも理解し、いざ電話する、となってもなかなか電話がかけられない時があります。

電話番号を入力して、あとはコールボタンを押すだけを何度も繰り返し、結局言えずじまいになった方も多いかもしれません。そんな時に使える勇気の出し方を紹介します。

電話が終わった後の爽快な気持ちを想像する

今まで我慢していた気持ちを相手にしっかりと全て話してスッキリした気持ちになることを想像しましょう。ポジティブ思考で退職できることをイメージすると心も晴れやかになります。

また、電話する前に一度口に出して思いっきり愚痴ってみてもいいです。少しスッキリして、ドキドキしてる気持ちが落ち着いてきます。

「よし、言ってやるぞ」と意気込むのはいいですが、ストレートな言い方だとトラブルの元になってしまうので、相手に言う際は柔らかい表現で簡潔に説明しましょう。

もう二度と会うことのない人だと割り切る

職場の私物整理も済ませたら、何があっても職場へもう行くことがない、上司に会うこともない、と思うと気が楽になります。相手からも嫌味を言われるかもしれませんが、この電話で最後と思って軽く受け流してください。また、職場としても割り切ってはっきり言ってくれた方が、今後の改善点に繋がることもあります。

ただしもう二度会わないからどんな言い方をしても大丈夫というわけではありません。割り切りすぎて、言葉遣いが悪くならないようにご注意ください。

退職した場合の喜びだけを考える

今のつらい職場環境から抜け出せたらどんなに楽か、を想像してみてください。肉体的にも精神的にも解放され、ストレスフリーな毎日を送れます。このコールボタンを押したらその生活まであと一歩です。

仕事を辞めたら一度休みを取って〇〇したい△△に行きたいなど、ワクワクすることを考えてみましょう。また、自分の能力を生かせる環境を探してみたり、新たな職種に挑戦しようとしたり、次の転職先を考えてみるのも気持ちを高める方法の一つです。

まとめ

仕事を辞めたい旨を相手に直接言うのも電話で言うのも、とても勇気のいることですよね。

ですが、あなたが辞めることで困る人もいるでしょうし、電話だけで辞めるとトラブルになりやすいのも事実です。だからこそなかなか電話をかける勇気も出ないものです。

しかし今の環境がどうしても合わなかったり、つらかったりして身も心も壊れてしまいそうなら、その前に辞めた方があなたの身のためです。辞める電話をかければ新たな環境が待っています。