「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 電話で仕事を辞めることはできる?スムーズに退職するための注意点
仕事辞めたい

電話で仕事を辞めることはできる?スムーズに退職するための注意点

出勤せずに電話連絡のみで退職は可能?

仕事で大きなミスをした、職場での人間関係が上手くいかないなど、職場に行きたくなくなることは誰にでもあります。

ふつうはそれでもなんとか出社を続けるものですが、あまりに心身に負担がかかってバランスが崩れてしまうと、本当に職場に行けなくなることもありえます。

そんなときはまず休職なり退職をして、ちゃんと働ける状態に心身を回復させなければいけません。しかし退職にもエネルギーが要るものです。どうにかして、職場に行かず電話連絡のみで退職はできないものでしょうか。

本記事はそんな人に向けたアドバイスをお伝えしていきます。

仕事をきっぱり辞める勇気が湧いてくる。自己診断ツール「ミイダス」

「あなたの市場価値を見いだす転職アプリ」というキャッチフレーズの「ミイダス」は、dodaなどで有名なパーソルキャリア社が提供するサービスです。

ミイダスでできることは二段階で、まずは転職市場における自分の価値が診断できて、転職後の想定年収がわかります。さらに、登録しておくだけで、自分の市場価値を認めてくれる優良企業からスカウトメールが届くのです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

登録&診断にかかる時間は5分以内。あとは待っているだけでスカウトメールが届きます

スカウトがあった時点で書類選考は通過したことになるので、良さそうな仕事だなと思ったら面接から始めることができます。まずはぜひ診断を試してみてください。

合わせて読みたい

電話で退職連絡をする前に知っておくべきこと

いざ退職のために職場に連絡をしたい。その前に、知っておいたほうがいいこと、心構えしておいたほうがいいことがいくつかあります。後で困らないためにも、注意点を頭に入れておきましょう。

電話での退職連絡は法的に問題ない

まず結論として、「電話連絡のみで退職してはならない」という法律はないので、電話連絡のみで退職は可能です。

ただし、会社独自の規則で電話での退職連絡を禁じている場合もあります。入社時に契約書をもらっていたり、家からでも会社サーバにアクセスして社内規定が確認できるようなら、あらかじめ調べておきましょう。

迷惑をかけるのが嫌なら電話で済ませるべきではない

法的に問題ないとはいえ、やはり電話での退職はマナー違反だと認識しておくべきです。

電話で済ませるということは、お世話になった方々への挨拶もせず、引き継ぎのための業務整理もせずに逃げるということです。

本当に自宅から出られない事情があって理解してもらえていたり、リモート作業の環境が整っていて自宅でも引き継ぎ書類が作れるというのなら、その後の遺恨はほとんどないでしょう。

しかし、それでも会社にまったく迷惑にならないわけではなく、周りの人たちは「本来は出社して義理を果たすべき」と思っているのも事実です。

また、電話のみで済ませられない書類のやりとりなどもあります。電話一本で全てが終わる、とは期待しないほうがいいでしょう。

次の行き先は決まっている?20代なら「JAIC」でやり直そう

出社せずに退職したくなるほど追い詰められている状態では、「まず退職」が先決になってしまって、満足の行く転職活動をする余裕がないかもしれません。それでも、次こそ良い会社で働けるように、転職活動はおろそかにしないようにしましょう。

もしあなたが20代で「やっぱり正社員として頑張りたい」と思うのなら、JAIC(ジェイック)に相談するとうまくいくかもしれません。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。ぜひ相談してみましょう。

退職後も会社と関わる可能性はゼロではない

電話のみで退職という、ある種非常識な辞め方をしてしまうと、後々に気まずさが残ります。

上司や同僚は、この先もいつかどこかで出会うかもしれません。後ろ足で砂をかけた相手に出会うのがいやでビクビクしながら生きるよりは、円満な退職をしたほうがましではないでしょうか。

また、会社を辞めても、まず社会保険などの書類のやりとり、失業保険を受け取るための離職票の請求、そして年末の忘れたころには所得証明に関わる書類が必要になってきます。

こちらからなにもせずとも書類を送ってきてくれる会社ばかりではありません。たいていは必要に応じて、辞めた会社に自分から連絡を取ることになります。

その気まずさに耐えられないのなら、やはり円満な方法で辞めておくべきです。

いま出社できているなら計画的に動いておく

辞めたいけれど、上司に面と向かって辞めると告げるのがストレスになる……そう思いながらまだ出社できている場合は、今後電話のみで退職連絡がスムーズに運ぶように、計画的に準備をしておくことをおすすめします。

いつ退職してもいいように、あらかじめできるのは以下のようなことです。

チェックポイント

  • 誰に引き継がれてもわかるように、自分のふだんしている仕事のリストと手順書を作っておく
  • 私物を持ち帰り、荷物を最低限にしておく

特に私物については、あとで職場の人たちが扱いに困り、連絡が来るかもしれません。そうならないよう、必要なものは持ち帰ったうえで、退職するときの電話連絡の際に「処分してもよい」と先に伝えておいた方がいいでしょう。

特に電話連絡が許される退職理由とは?

電話での退職連絡は基本的にマナー違反です。電話で済ませてしまうと後々が気まずく、後で会社の人と顔を合わせにくくなるものですが、「それなら仕方ない」と許されやすい理由もあります。

なるべく嘘をつかず、上手に利用して上司に説明してみるのも、円満に退職できる近道です。

合わせて読みたい

精神面以外での病気になった

自分が病気になった場合、やむを得ないので上司も理解してくれるはずです。物理的に身動きが取れず、長期的に、または早急に治療が必要になった場合は、特にスムーズに辞めることができます。

病気の内容によっては、心から同情してもらえたり、逆に笑い話にしてもらえるかもしれません。どちらにしろ、やむをえないことなので、気まずくなることは避けられます。

しかし、職場の環境による精神的な不調が理由の場合には、会社側も腫れ物を扱う感じになってしまうので、まったく円満に辞めるというのは難しいです。しかし、辞めるためには理由をはっきり言うべきです。

また、診断書を要求される場合があります。嘘をつくとバレてしまうこともあるのでご注意を。

合わせて読みたい

親や家族の看病・介護をすることになった

自分ではなく、親や家族の看病や介護が必要になった場合も退職が許されるでしょう。親が急に倒れて寝たきりになってしまって、日常生活に付き添いが必要になった場合、出社するのが難しいと理由を述べたらやむを得ないと理解してくれるはずです。

特に、親が遠方に住んでいて、まずは親元に向かわないといけないという事情があった場合は、「退職手続きは後日改めて」と言って、出社をうやむやにして手続きを郵送で済ませてもらうこともできます。

また、こちらも嘘をついた場合、親や家族が元気でいる姿を会社の人に目撃されたり、その後転職した先でバッタリ会ってしまったりすると、つじつまが合わなくてバレてしまうこともあります。

合わせて読みたい

ハラスメントがあったことを周囲が理解している

パワハラやセクハラを受けている人がいて、それを周りも知っていた場合は、ある日被害者が電話で退職をしてきても「そうなるだろうな」と納得するものです。急に辞めたことで職場に多少の迷惑がかかったとしても、迷惑というより同情してもらえるでしょう。

そういう環境を作っておくためには、ハラスメントを受けている事実を周りに相談しておくことが寛容です。場合によってはあなたが辞めずに済むかもしれません。

周りの目に明らかなくらい心身に限界が来ていた

ブラック企業での過酷な労働などで、「あの人はもう無理なんじゃないか?」と周囲に思われていた場合も、電話退職が仕方ないと思ってもらえるでしょう。

あなたに過酷な仕事を強いていた直属の上司は怒るかもしれませんが、退職手続きをする人事総務の担当者や、心ある周囲の社員は、同情してくれるはずです。

この手段を使うなら、少し仮病のようで気が引けますが、疲れたときは疲れをあらわにして、周りに限界を訴えておくといいでしょう。「いつ会社に来なくなってもおかしくない人」だと思わせておけば、電話退職も許される雰囲気になります。

合わせて読みたい

電話で仕事を辞める具体的な方法とは?

退職のために電話をかけるなら、いつ?誰に?どのように?……具体的にどうすればいいのかというと、意外にわからないかもしれません。

タイミングや内容によっては、思っていたよりもスムーズに退職の話が進むこともあります。逆に、ここで失敗すると気まずい思いを残すことにもなりえます。ポイントをおさえて、効果的な電話の掛け方をしましょう。

電話は直属の上司宛てにする

電話に限らず、退職を伝えるべき相手はまず直属の上司です。

場合によっては、直属の上司から明らかなハラスメントを受けていて、その人と離すだけでも心身に苦痛を感じることがあるかもしれません。その場合は、上司のさらに一段階上の上司に宛てて連絡をしましょう。

もし上司の上司が事情を把握していないようであれば、「このような事情で直属の上司に話せないので、やむをえず○○さんにお電話しました」としっかり告げて理解してもらいましょう。

いくら話しやすいからといって、同僚などに言伝を頼むのはルール違反です。

あらかじめ会社や上司の予定を把握しておく

電話をかけるのは一度で済ませたいものです。そのためにも、会社の行事が入っている日や、上司が外出している時間、出社直後や帰り際などのばたばたしている時間帯は避けましょう

職場によっては全員分のシフトが配られていたり、グループウェアで上司の予定が把握できるようになっているでしょう。そういった情報を活用して、上司が電話に出られる可能性が高く、話しやすい時間を狙って電話をかけるべきです。

かといって、昼休みを狙うのもNGです。休みは休みとして、勤務時間中に時間をとってもらいましょう。

上司がいなかった場合は後でまたかける

勇気をふり絞って電話したところで、退職したいことを伝える上司がいないと意味がありません。その場合、電話に出た人に伝言を頼むのはNGです。非常識だと思われますし、話がうまく伝わらず退職ではなく無断欠勤扱いになる可能性もあります。

上司がいなかった場合はいる時間を聞いて、「後でまた掛け直します」と、後ほど再チャレンジしてみてください。

「折り返してもらうように伝えてください」はNGです。もし上司のほうから厚意で折り返してくれた場合は、しっかり礼を言ったうえで本題に入りましょう。

予定の把握が難しい場合は朝イチを狙う

一刻も早く退職を伝えなければならない場合は、朝に電話してもいいでしょう。その日出勤予定だったのに、就業時間を過ぎてもあなたが来ないとなると、職場の方たちが心配します。上司や同僚の仕事の段取りも変わってくるので、早めに伝えましょう。

ただ、朝一番というのは朝礼中だったり、忙しくてゆっくり話を聞いてもらえないことも多いです。話を流されてその日は欠勤扱いで終わってしまったり、退職を認めてくれても、その後の手続きの話まで出来ないことがあります。

職場によっては朝一番でない時間のほうがいい場合もあるので、状況に合わせましょう。

退職を伝える電話で話すべき内容とは?

電話連絡のみで退職する時は、相手が快く思わない可能性があります。上手く伝わらずトラブルになって、お互い嫌な気持ちで退職するのは後味が悪いので避けたいところです。なるべく円満に退職できるように注意しなければならないことをしっかり守りましょう。

そのために、何をどう伝えるべきかをアドバイスいたします。

合わせて読みたい

しっかり挨拶をして電話での連絡であることを詫びる

本来であるなら、退職希望は直接言うのがマナーです。電話連絡のみになってしまって申し訳ない、ということを初めにしっかり謝りましょう。気持ちを込めて謝れば相手も感情的にならずスムーズに話が進められます。

やむを得ない理由で退職するとしても、職場的には穴が空いてしまうので非常に困ります。やむを得ないから仕方がない、と一方的に退職の話を進めるのではなく、常に低姿勢で対応すると相手も理解してくれます。

必ずお詫びの一言は忘れずに言いましょう。

そのまま使えるフレーズ

お疲れさまです、○○です。お忙しいところお時間頂戴します。電話での連絡になってしまって申し訳ございませんが、実は一身上の都合で退職させていただきたいと考えています。

誤解のないようはっきりと退職の意思を伝える

勇気を出して電話したものの、退職したい旨を言いづらくなり、言い方が曖昧になってしまうと、誤解されて退職できないこともあります。

あと1ヶ月働いてください、と言われても「病気なので無理です」とはっきり伝えてください。曖昧にしていると病気なのに本当に1ヶ月働かなければいけないことになってしまいます。

また、「〇〇さんが苦手で…」と人間関係のことを話した際も「〇〇さんと離すように仕事を分けるから続けて」と解決策を言われることもあります。その解決策で大丈夫そうなら仕事を辞めずに続けられることありますが、それでも嫌な場合はしっかり伝えましょう

そのまま使えるフレーズ

・休職や部署異動のご相談をさせていただくことも考えたのですが、自分の体調とも相談した結果、やはり退職しかありませんでした。○月○日付けでの退職を希望します。
・お引き止めいただけたところ心苦しいのですが、退職の意思は変わりません。

必要書類や引き継ぎについては自分から提案する

退職について了承を得られても、そこで電話を切らないようにしてください。職場との手続きや引き継ぎが残っている場合、再度電話で話したり職場へ行かなければならなくなります。

まずは、退職届けや会社へ返却するものは郵送でいいか聞きましょう。郵送でいい場合は、退職届けは内容証明郵便で送り、万が一のトラブルを考慮しましょう。

退職届けを送付したら、後日会社への返却物を送りましょう。レターパックゆうパック、ヤマト運輸などの追跡番号のある発送方法を利用してください。

退職する際に会社へ返却するものは下記のとおりです。

チェックポイント

  • 健康保険証
  • 社員証、カードキー
  • 会社の制服
  • その他会社で借りたもの

また、引き継ぎについても話しましょう。電話で伝えられる場合は手短に、伝えきれない場合は資料を作り、一緒に発送するか、メールで送ったりしてください。

そのまま使えるフレーズ

・最後に恐れ入りますが、退職手続きについて確認させていただきたいので、人事部におつなぎいただけますでしょうか。
・お借りしているものを郵送で返却したいのですが、○○、○○、○○の3点をお送りすればよろしいでしょうか。

会社からの書類も郵送で受け取れるよう依頼しておく

せっかく電話一本で退職の了承が取れても、そのあとで会社から必要書類を受け取るのにわざわざ出向かなければいかなかったり、こちらから催促の連絡を入れなければならないとなると、余計なストレスが生じます。

そこで、以下のような書類は郵送してもらえるようお願いしておきましょう。

チェックポイント

  • 健康保険資格喪失証明書
  • 雇用保険被保険者証
  • 離職証明書
  • 源泉徴収票

源泉徴収票は年末に送られてくるかと思いますが、それ以外は極力早く送ってもらったほうがよいものです。ハローワークで失業給付金の手続きをする際に必要になりますので、催促しなくとも確実に送ってもらえるよう依頼しましょう。

もし、退職後に再就職などにともなって引っ越しをする場合は、郵便局に転送届を出しておくのを忘れないようにしましょう。

引き止められることも想定しておく

場合によっては引き止められたり、嫌味を言われることもあります。電話だと顔が見えない分、相手も言い方が少しキツくなったり、こちらもそう聞こえたりすることがあります。ある程度なにか言われるだろうと心構えして、気を強く持ちましょう。

嫌味を言われても言い返さず、冷静に受け流してください。また、引き止められてもしっかりお断りできる気持ちがないと、いつまでも辞められません。

退職交渉がこじれたら代行サービスという手もある

引き止めがあまりにしつこくて、退職交渉そのものがストレス源になってしたなら、冷静に対処できる第三者に任せてしまうのもひとつの方法です。そんな「退職代行」をしてくれるサービスのひとつがこのEXITです。

EXITのメリット
  • 会社に行くだけで辛い場合は、会社に行かなくても退職できる
  • 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能
  • 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力
  • EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。次の仕事をそのまま探せる

退職のために「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のが代行サービスの魅力です。

仕事が辛くて一刻も早く辞めたいと思っているなら、ぜひEXITで退職代行をしてもらって次のステップに進みましょう。
EXITに退職代行を頼む

合わせて読みたい

退職の電話をかける勇気の出し方

退職する理由もあり、電話をかける時間も決め、だいたいの流れも理解し、いざ電話する、となってもなかなか電話がかけられない時があります。

電話番号を入力して、あとはコールボタンを押すだけを何度も繰り返し、結局言えずじまいになった方も多いかもしれません。そんな時に使える勇気の出し方を紹介します。

電話が終わった後の爽快な気持ちを想像する

今まで我慢していた気持ちを相手にしっかりと全て話してスッキリした気持ちになることを想像しましょう。ポジティブ思考で退職できることをイメージすると心も晴れやかになります。

また、電話する前に一度口に出して思いっきり愚痴ってみてもいいです。少しスッキリして、ドキドキしてる気持ちが落ち着いてきます。

「よし、言ってやるぞ」と意気込むのはいいですが、ストレートな言い方だとトラブルの元になってしまうので、相手に言う際は柔らかい表現で簡潔に説明しましょう。

合わせて読みたい

もう二度と会うことのない人だと割り切る

職場の私物整理も済ませたら、何があっても職場へもう行くことがない、上司に会うこともない、と思うと気が楽になります。相手からも嫌味を言われるかもしれませんが、この電話で最後と思って軽く受け流してください。また、職場としても割り切ってはっきり言ってくれた方が、今後の改善点に繋がることもあります。

ただし割り切りすぎて、言葉遣いが悪くならないようにご注意ください。

また、本当に二度と会わないとも限らないことを忘れないでおきましょう。特に、同じ業界で転職する場合は、またどこかで関わる可能性もゼロではありません。

退職した場合の喜びだけを考える

今のつらい職場環境から抜け出せたらどんなに楽か、を想像してみてください。肉体的にも精神的にも解放され、ストレスフリーな毎日を送れます。このコールボタンを押したらその生活まであと一歩です。

仕事を辞めたら一度休みを取って〇〇したい△△に行きたいなど、ワクワクすることを考えてみましょう。また、自分の能力を生かせる環境を探してみたり、新たな職種に挑戦しようとしたり、次の転職先を考えてみるのも気持ちを高める方法の一つです。

合わせて読みたい

電話だけでもスムーズに仕事を辞める方法はある

仕事を辞めたい旨を相手に直接言うのも電話で言うのも、とても勇気のいることですよね。

ですが、あなたが辞めることで困る人もいるでしょうし、電話だけで辞めるとトラブルになりやすいのも事実です。だからこそなかなか電話をかける勇気も出ないものです。

しかし今の環境がどうしても合わなかったり、つらかったりして身も心も壊れてしまいそうなら、その前に辞めた方があなたの身のためです。辞める電話をかければ新たな環境が待っています。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧