仕事を辞めるタイミングがわからない…適切に退職する方法とは?

退職は、自分や家族が理由のこともあれば、会社が原因ということもあります。しかしどんな場合にしろ、どのようなタイミングで辞めるべきか、いつ上司に伝えるとよいかなど迷いますよね。仕事を辞める際のポイントを知っておくと、今すぐはもちろん将来にも役立つので、「いいな」と思う点が見つかったら、トライしてみてください。

仕事を辞めると決意するべきタイミングは?

「仕事を辞めたい」と思っても無計画にすべきではありません。どのようなタイミングで退職をはっきり決意すれば良いでしょうか?

仕事が嫌で明るい将来が見えないとき

仕事が嫌いな時、続けるのは難しいですね。将来のビジョンがなく同じ職場で働いてもメリットがないなら、「辞める」という決断をしたくなりますよね。

仕事が楽しく、新しいスキルを身に付けられたり、新しいことにチャレンジできたりする職場なら引き続き頑張ろうと思うものです。しかし、現在も仕事が単調で、続けても給料が上がらないなど、転職に役立つものが身に付かないといった状況の場合、仕事を辞める時と言えます。

精神的に追い詰められているとき

体と心はつながっています。精神的に「もう何もできない」といった状況なのに仕事を続けると、もっと深刻な問題になります。会社からの仕事量が多すぎたり、上司や同僚からのいじめがあったりすると、精神的な病気になります

「いつも憂鬱」といった状況で、薬を処方されても、よくなる可能性が少ないでしょう。精神的に「少しきついな」「もうこの仕事を続けていけない」と思った際には、会社を離れるべきです。

退職タイミングを逃すと一生後遺症を背負うことになる可能性があります。精神的に病む前に、会社を辞めるべきです。

会社の将来性がないと明確になったとき

時代に合わせて変化する会社は、将来性があると言えます。しかしすべての会社が将来のビジョンを持っていることはありません。社長や上司がほとんど働いていなかったり、ただ時間を過ごすためだけに出社していたりする場合、「会社が潰れる可能性が高いのでは」と思ってしまいます。

また赤字が続き、リストラもたくさん出ていれば、会社の存続も困難ですし、いつか自分もクビになる可能性もあるので、仕事を辞めるタイミングと言えます。

上司と人間性が合わず異動や転勤も望めないと判断したとき

「上司とうまくやっていけない」という毎日は、苦痛になります。人はそれぞれ考え方や背景が異なるので、違いがあって当たり前ですが、上司が明らかに話を聞かなかったり、部下たちをいじめてくる場合、同じ部署で働くのは困難です。そんな時は働く場所を変えてもらうか、パワハラやセクハラをやめてもらうため、人事部などに相談ができます。

相談しても状況が変化しない場合、その時は仕事を辞めるべきと言えます。どうしても上司と合わない、移動や転勤が不可能という場合は、退職が選択肢となります。

どうしてもやりたいこと・挑戦したいことが明確になったとき

今の職場が心地よく、ストレスがないなら、仕事を辞める理由もありません。しかしそのような場合でも、今の職場で自分が将来やりたい夢が叶わないのなら、退職に向けて行動すべきと思うでしょう。

今の仕事が将来にしたいことと全く異なるなら、退職も視野に入れてみましょう。公務員の方が、仕事に違和感を持ち、退職してフリーランスになった例もあります。子供の頃から持っていた漫画家になる夢を現実にするためです。

現在の仕事が目標の達成を阻んでいるなら、大胆に仕事を辞めるのもふさわしいです。特に若いうちは、「あれがしたい・これがしたい」といった願いのために行動すべき時もあります。その目標に最短で到達するため、他の職種を探すといったことも必要となります。

仕事を辞めると決めたら…退職日はいつのタイミングに設定する?

退職を決意したなら、どのように行動をしていけば良いでしょうか?ふさわしい時はこちらのとおりです。

転職先が決まっている場合は転職先の入社日前日までに退職する

はっきりと「いつ仕事を辞めるか」決まっている場合、現職の会社も退職を早めに知っている必要があります。現職と転職先、どちらにも迷惑をかけるべきではありません。どちらにも籍を置くことはできません。

残っている有給休暇から逆算して最終出勤日を決めるなど、余裕を持った退職をしましょう。そうでないと、どちらにも失礼です。転職先を優先すると、現職の他のスタッフに大変迷惑をかけます。無断欠勤にもなります。

会社にとっても自分自身の為にも、余裕を持った退職をしましょう。転職先が現職の職場に近いとしても、早めに行動するのが適切です。

賞与・ボーナスをもらったタイミング

会社側には、ボーナスをもらい逃げしたように思われるかもしれませんが、ここは自分の利益を優先し、思い切ってこのタイミングで辞めてしまいましょう。「なぜこのタイミングで辞めるのか。もっと働いてもらおうと思ったのに」という会社や上司の気持ちも考えますが、勢いよく退職するのです。

賞与やボーナスをもらってすぐに辞めることはできない、と思う人がいますが、退職できます。民法第627条第一項によると「2週間前に退職を申し出れば会社を辞められる」とあるので、退職届を受け取ってもらえなくても大丈夫です。

もし、賞与やボーナスをもらう直前に退職の話をすると、もらえるはずだったお金を受けとれないかもしれません。もしくは、減額されるかもしれません。会社を辞めた後に行う転職活動が予想以上に長引くことがあります。そのことも考えると賞与やボーナスは満額もらって、お金の余裕を持つべきです。

参考:電子政府の総合窓口e-Gov

業務や担当プロジェクトに区切りがついたタイミング

通常、仕事は一人ではなく他の社員と一緒にしています。一日で終わる仕事もあれば、一週間や一ヶ月もしくはそれ以上かかるプロジェクトもあります。業務の途中で仕事を辞められると、残される人たちが迷惑を被ります。自分への悪い評判だけが残ってしまいます。

「仕事を辞める」と決定している場合でも、特定の業務やプロジェクトが終わるまで、会社にとどまるのが好ましいです。業務に区切りがつけば、達成感はありますし、会社側に退職の話をしやすいものです

有給休暇が付与されたタイミング

会社によっては、有給休暇の存在を知っていても取れないと感じたり、会社に迷惑がかかると思ったりする人もいます。しかし有給休暇を取るのは、労働者すべてに認められた権利です。使わないのは損です。

有給休暇を付与された時に、「退職しようとしている」と伝えると、スムーズに転職先へ移れます。なぜなら有給休暇の間に、転職の準備ができます。「会社を辞めた後の給料がない」といった心配もありません。次の職場がどんな業務をするのか、といった下準備ができるので、有給休暇が付与された時に仕事を辞めるのは良いタイミングです。

仕事の区切りがいい年度末のタイミング

何事も「途中で辞める・投げ出す」のは、良くありません。仕事を辞めるタイミングも同じです。年度末というのも良い時と言えます。新しい年度になる4月は、会社側も入社する側も活気があります。気持ちを切り替えて新たな仕事に挑戦できます

2月の時点で「退職させていただきます」と伝えれば、区切りをつけられますし、3月末まで頑張り通せます。実際に会社を辞めるまでのいくらかの期間、次の人に自分の業務の説明をしたりトレーニングをしたりできますね。

転職が有利に。求人数の多いタイミングに合わせるのもアリ

ライバルも多くなりますが、求人数が増加する月に合わせて仕事を辞めるのも賢いと言えます。2月から3月、8月から9月といった時期は求人数が増加します。このタイミングで仕事を辞めるなら、転職が有利になりますし、比較的早めに次の仕事へ移れます。

2月から3月に求人数が増える理由は、4月に向けてその年度の社内整備をするためです。また8月から9月がおすすめな理由は、事業年度の半分がスタートする10月があるからです。この時には他の月には出ないような特別な求人情報も、公開される可能性があります。退職も転職もぴったりの時期と言えます。

いつ言うべき?上司に仕事を辞めることを報告するタイミング

上司に「仕事を辞める」のを伝えるのは、たいてい緊張します。いつ、どのように報告するのがふさわしいのでしょうか?

退職希望日の1ヶ月~3ヶ月前

「明日から会社に行きません」と言われたら、上司は困ります。やめた人の穴を埋めることができません。退職者にヒアリングする時間がとれないのでは、会社として、今後同じ理由での退職を防ぐための対策もできません。しかし、1ヵ月から3ヶ月前であれば、その期間中に次の人へ仕事を引き継げます。また転職先探しも可能です。

余裕を持った期間設定をするのは、会社にとっても、退職する人にとってもメリットがあります。もちろん半年や1年前といったかなり前から転職を希望すると、「本当に会社を辞めるのだろうか」といった疑念が会社側に起きるので、退職希望日から遠すぎず近すぎない時に退職の話をするのがふさわしいです。

繁忙期ではない閑散期の時期

仕事が忙しい時期に、会社を辞めるとなると、みんなの怒りを買いますね。誰もが経験のあることですが、繁忙期には1人でも多くのスタッフが必要です。また上司にも「どうしてこの時期に辞めるのだ」といった疑問が生じます。

逆に、あまり仕事が忙しくない「閑散期」は退職する良い時です。仕事があまりないのに社員がたくさん働いていると、お金だけが会社から出ていきます。上司たちからすると「社員が減らないかなぁ」と考えている場合もあります。仕事を辞めると決定している人にとっては、閑散期がぴったりです。おそらく喜んで退職を受け入れてくれます。

女性ならではの仕事を辞めるタイミング

女性ならではの退職のタイミングがあります。どのような時でしょうか?いつ辞めるとしても、軽薄な理由で辞めないようするのが賢いです。

結婚が決まったタイミング

女性なら立場を生かして、仕事を辞めるため「結婚」の時を利用できます。このような大きなイベントがある時は、多くの人がストップをかけないでしょう。結婚が近くなってきて仕事を辞めると、会社側は祝ってくれますし、「それなら仕方がないな」といった具合に退職を認めてくれます

「何としても仕事が続けられない」と思うのであれば、結婚は退職のための良いタイミングです。

とはいえ、小さな理由ゆえに会社を辞めたいと思っている場合、結婚の時に辞めるべきではありません。小さな理由とは、「人間関係に嫌気がさした・職場が遠い・給料が安い」があります。何年も同じ会社で働いてきた場合、経験も技術も学んでいるわけですから、さらっと辞めてしまうのはデメリットとなることもあります。

夫の転勤などで引っ越すことが決まったタイミング

引っ越しも、おすすめの時です。近場に引っ越すのであれば、仕事を辞める理由として認められないことがあります。しかし、夫の転勤という大きな移動の時は、「仕方がない」と会社は感じます

本人のせいで引っ越しするわけではなく、夫を優先するゆえに転勤するからです。これは、仕事を辞める大きな理由とできます。独身なら何でも会社に留まるよう説得されることが多いですが、夫婦や家族を持っている場合、転勤は誰にも止められませんね。

会社側から「辞めないでほしい」と言われても、「夫の仕事が優先なので」と説明できます。

妊娠がハッキリしたタイミング

女性の体の変化は、仕事に大きな影響を及ぼします。仕事を辞めたいなと思っている時、妊娠は誰もが「めでたい気持ちになる」ため、「辞めてもいいよ」と言ってくれます。「自分と家族のために、申し訳ありませんが仕事を辞めさせていただきます」とはっきりと伝えられます。

しかし妊娠しても働ける職場の場合、大した理由がないのなら、職を離れるのはもったいないです。将来的には女性たちの為、子供を育てていく人のためのサービスが各社に設けると思われます。

それも考えて会社を辞めたことを後悔しないため、どうしても仕事を辞めたいと思っているときにのみ妊娠時の退職に踏み切りましょう。

後悔しないために…仕事を辞める際の注意点とポイント

退職した後に「辞めずに働き続ければ良かった」と後悔しないためにはどうしたら良いでしょうか?退職を決定したにも関わらず、会社側から「辞めないでほしい」と言われる時、どのように対応したら良いか、ご紹介します。

引き留められた場合は感謝を表しつつもキッパリ断る

中途半端な気持ちで仕事を辞めると、会社側も辞める本人も後味が悪いです。辞める人がこれまでも会社に大きな貢献をしてきた場合、「やめないでほしい」と言われます。「これまであなたに多くのお金を使って研修してきた。それでも辞めるのか」という会社も存在します。

しかし会社を辞めると決めている場合、きっぱりと断りましょう。どうしようか迷っているといった印象を与えると、辞めるタイミングを逃してしまいます。きっぱりと断るとはいえ、感謝を表しましょう。

「引き続き働いてほしい」と言われたことに対して感謝を伝えつつ、どうして会社を辞めるのか伝えられる場合は、親切な形で説明しましょう。もし中途半端な断り方の場合、「まだ説得すれば留まってくれる」と会社側にメッセージを伝えることになります

転職先が決まっている場合にも社名は伝えない

次の働く場所がどこなのか、どんな仕事につくのか、というのは伝えないのが賢いです。とりわけ、社名を伝えないのが適切です。もし、同業者の場合、ライバル会社のこともあり「転職したのに以前の会社の人と会う」という可能性もあります

自社と他社を比べるようになり、「そこより自社のほうが良い。社員への待遇は自社の方が勝っている」と退職する会社から説明を受ける場合があります。このような話を聞くと、「退職せず留まろうかな」と迷ってしまいます。

現職と転職先を比較しないためにも、社名を伝えないといった手段を講じるのはふさわしいです。

会社が退職を許さない場合でも、原則1ヶ月前に伝えれば辞められる

会社によっては「退職は認めない」といった断固とした行動を取ることがあります。強気で説明されると「辞めてはいけないのだろうか」と思ってしまいます。精神的に疲れている場合、「会社を辞めさせない」と言われてしまうと臆病になってしまいます。

しかし、一ヶ月前に「会社を辞めます」と伝えれば、原則辞められます。一ヵ月といった期間があれば、会社側は今まで辞める人が当たっていた業務を、他の人に委ねることができます。

一ヵ月前に退職を伝えれば辞められるということを覚えておけば、安心して会社を離れられます

退職日までにすべきことを計画立てて遂行する

スムーズに会社を辞めて転職先ですぐに活躍するために、準備が欠かせません。退職をする際に後悔しないため、退職までにすべきことを決めておきましょう

例えば、自分のデスクやロッカーがある場合、整理できます。また、自分がこれまで担当していた業務を他の人に教える、ということも必要です。これまでお世話になってきた人に、感謝を伝えるのも忘れないようにしましょう。

やるべきことをリストにしておけば、退職した後に「あれをやっておけばよかった」といった後悔をせずに済みます。計画を立てたなら、忘れずに実行しましょう。早め早めにやるべきことを書いておけば、すっきりと退職できます。

仕事を辞める理由として不平不満は口にしない

なぜ消極的なこと、不平不満を言うべきではないのでしょうか?小さなことに対して不平や不満を言う人は、転職先でも同じようにしてしまうものです

もちろん会社に関する不満が理由で、退職する人はいます。それでも上司に辞める理由を話すとき、「このような点が嫌いでした」と言うと、円満な退職はできません。会社側としては「もっと早めに言って欲しかった。そうしたら調整できたのに」と言うこともあります。

退職するのを躊躇したり、後悔したりする理由ともなりがちなので、会社への不平不満は口にしないのが、自分と会社にとっても正当です。どうして退職するのかの理由は、積極的な話題を口にしましょう

精神的に限界が来ている場合は会社の都合を考慮しなくてもいい

「お前が必要だ。やめないでほしい」と言われることがあるかもしれません。

しかし辞める本人は、精神的に限界が来ています。心が病んでしまっている時、判断を誤ることがあります。自分よりも会社を優先させてしまい、自分が辞めると迷惑になるのではないか、と感じてしまいます。それゆえに会社を離れることができなくなります。

しかしそのままの場合、全く仕事のできない体になる可能性もあります。精神的に限界だと思う時、自分と家族のためを考え、退職しましょう。この場合は、会社の都合を考慮してはいけません。

自分で伝えるのが難しい場合は、友人や家族の助けを得ながら、退職しましょう。仕事を辞めるタイミングを待つ必要はありません。すぐに辞められないなら有給休暇をもらうなど、単純に仕事を休むこともふさわしいです。

精神的に安定してくれば、冷静に「その会社にとどまるか・退職するのか」といった決定ができるでしょう。

仕事を辞めるタイミングをしっかり見極めよう

昔と違い、同じ会社に定年まで働くというのは少なくなりました。いつかは仕事を辞めて、違うことをするようになります。その時は、自分にとっても会社にとっても良いタイミングで、仕事を辞めたいものです

人それぞれ、辞めるタイミングは異なります。とりわけ精神的に追い詰められ、身動きが取れない時は、会社の都合を考えずに退職するのが適切です。うつ病になると何ヶ月、何年も後遺症を背負って生きていかなければならないこともあります。現職にとどまる必要はありません。

仕事を適切なタイミングで辞めれば、よりよい未来が待っています。この記事で役に立ちそうだと思った「仕事を辞めるタイミング」をぜひ実践してみてくださいね。