「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 資格
  3. 宅建士を独学で勉強する方法とは?おすすめの学習法を徹底解説
資格

宅建士を独学で勉強する方法とは?おすすめの学習法を徹底解説

宅建士は独学で合格できる?

この記事で伝えたいポイント

・宅建士の資格とはどんなものか
・宅建士を独学で目指す場合の流れについて
・宅建士を独学で勉強する方法とは
・宅建士の独学に向いている人とはどんな人か
・宅建士を独学しないほうがいい理由とは
・独学で宅建士試験を受けた人の意見について

宅建士の正式名称は「宅地建物取引士」といい、就職や転職にも有利となる国家資格で、受験者数も多いとても人気の資格となっています。この資格を目指すにあたって、宅建士ははたして独学で合格できるのかどうか気になりますよね。

この記事では、そんな「宅地建物取引士についてと独学で合格を目指せるかどうか」についてご紹介します。

宅建士の資格とは

宅地建物取引士の資格は国家資格であり、毎回受験者数がとても多い人気資格です。就職にも転職にも有利になるため、目指してみようと思う人が多いのです。

ですが、実際に宅地建物取引士と言われてもどんな資格なのかはぴんときませんよね。ここでは、そんな「宅地建物取引士はどんな資格なのか」について見ていきましょう。

宅建士の資格とはどんなものか
宅地建物取引士の資格は、個人に対して不動産を売買したり賃貸物件の取引に関して自分の専門知識を用いて説明するスペシャリストです。とても人気の国家資格となっています。

宅地建物取引士資格の概要

宅建士の資格試験は、正式名称は「宅地建物取引士資格試験」といい、国が実施していて国家資格となります。年に一回試験が実施され、毎年約20万人が受験するとても人気の資格です。

合格基準は毎年変動し、一定の合格率になるように合格基準が設定されています。受験にあたっては、とくに年齢制限や受験資格などは必要ありません。

資格概要
試験の開催時期 例年10月の第3日曜日
受験料 7000円
申込受付時期 例年7月中
年齢制限 なし
学歴制限 なし
その他制限事項 なし
合格基準 その年で変わる。合格率が約15%~17%になるように合格者を出す。
合格発表時期 試験の45日後

宅地建物取引士の試験の形式

宅地建物取引士の資格試験は、1次試験のみで四肢択一のマークシート方式で50問出題されます。試験時間は120分設けられており、試験中の途中退室に関しては禁止されています。

問題が記載されている冊子については、持ち帰ることが可能なため、試験後に見直したいところがあればすぐに振り返りをすることができるようになっています。

形式 内容
試験 マークシート方式 宅地建物取引士の業務知識について

宅地建物取引士の近年の合格率

宅地建物取引士資格の試験の近年の合格率は、年度によって変わりますが平均して15%~17%になっています。合格基準は毎年変わり、大体合格率が16%前後になるように調節されているのです。

そのため、試験内容が難しい年は合格基準が下げられ、逆に簡単な年は合格基準が引き上げられます。合格率は低いため、難易度は高めだと言えます。

年度 合格率
2018年 15.6%
2017年 15.6%
2016年 15.4%
2015年 15.4%
2014年 17.5%

宅地建物取引士の独学難易度

宅地建物取引士資格は、合格率こそ低いけれど、とても人気のある国家資格のため独学する人向けのテキストが多数発売されています。そのため、自分にあったテキストを選んで勉強すれば、独学で合格を目指すことも十分に可能な試験となっています。

試験の難易度がどうかよりも、自分が独学に向いているかどうかを考えてみましょう。

独学難易度
必要な勉強時間 100時間
独学で合格できた人の割合 約6割
難易度判定 ★★★

宅地建物取引士の勉強に必要な費用比較

宅地建物取引士資格を独学するのに、勉強に必要な費用は、テキストなどを購入するのみであれば7000~10000円程度の出費で済みます。ですが、通信講座や通学して講座を受講するとなると、数万円~十数万円かかる場合もあります。

自分の向いている勉強法と費用について合わせて考えて、自分に合った勉強方法を選択しましょう。

勉強の仕方
独学 約7000~10000円
スクール通学 約100000~150000円
通信講座受講 約20000~50000円

宅建士を独学で目指す場合の流れ

いざ宅地建物取引士を独学で目指すとなると、どういった流れで勉強を進めていけばいいのかわかりませんよね。きちんとした手順で独学を進めていくことで、確実に合格への道が近くなります。

ここでは、そんな「宅地建物取引士を独学で目指す場合の流れ」について見ていきましょう。きちんと把握することで、勉強しやすくなります。

宅建士を独学で目指す場合の流れについて
宅地建物取引士を独学で目指すには、きちんと計画をたてて勉強していくことが大切です。まずは基礎を固めて、その上で応用問題や実際の試験問題を学習しましょう。
時期 やるべきこと
5月/試験130日前 宅建士の概要について理解する
5月/試験120日前 基礎を固める
6月/試験100日前 全体的に学習する
8月/試験50日前 問題集を解く
10月/試験20日前 不明点などの見直しをする

宅建士の概要について理解する

試験130日前の5月には、まずは宅地建物取引士の概要について理解しましょう。試験の詳しい概要を知らなければ、何をどれだけ勉強すればいいのかや、勉強するコツについてつかむことができません。

そのため、まずは勉強を始める前に、宅地建物取引士の試験とはどのようなものか、概要をしっかりと理解していどみましょう。

基礎を固める

試験120日前の5月には勉強をスタートさせて、まずは宅地建物取引士についての基礎を固めましょう。基礎をしっかりと固めておかないと、その後の応用問題や考える問題のときに、全くわからないという状況になりかねません。

基礎をしっかりと作っておけば、その後の知識もきちんと理解した上で覚えることができるのです。

全体的に学習する

試験100日前の6月には、基礎を学習し終えて宅地建物取引士について全体的に学習するようにしましょう。試験問題はいろいろなところから出題されます。そのため、科目別にきちんと知識をつけて、全体を把握できるようにしておくことが大切です。

全体的に知識をつけることができれば、あとは苦手なところの復習などに時間を使えます。

問題集を解く

試験50日前の8月には、宅地建物取引士資格試験に向けて、過去に出題された問題やオリジナル問題を解いて力をつけましょう。ただ知識だけ増やしても、実際の問題に慣れておかなければ、本番でつまづいてしまう可能性もあります。

そのため、ある程度の知識をつけたら、どんどん試験問題を解いて問題を解くことに慣れましょう。

不明点などの見直しをする

試験20日前の10月には、苦手なところや不明点などの見直しをして、宅地建物取引士試験に向けての対策を万全にしましょう。得意なところやもうすでに知識が完璧なところは、いざ試験になれば覚えているものです。

そのため、過去問を解いて間違えたところやどうしても理解できないところをもう一度見直して、合格に向けて勉強しましょう。

宅建士を独学で勉強する方法

宅地建物取引士を独学で勉強する方法には、どのような方法があるのか気になりますよね。独学で勉強する方法がきちんとわかれば、独学でも十分に合格できる可能性があがります。

逆に、しっかりと理解しておかなければいつまでたっても合格できないということになりかねません。ここでは、そんな「宅建士を独学で勉強する方法」について見ていきましょう。

宅建士を独学で勉強する方法とは
宅建士を独学で合格するには、自分に適したテキストと勉強時間の確保が必要です。テキストを熟読して知識をつければ、確実に合格へ近づきます。

テキストを用いる

宅地建物取引士を独学で勉強するには、まずは自分に合ったテキストを用いましょう。どれだけ値段が高くても、有名なテキストだったとしても、自分がすぐに手に取って「読みたい」と思わなければ、勉強意欲がなくなります。

ふとした時に手に取ってぱらぱらとながめられるようなテキストがおすすめです。ぜひ、じっくり選んでみましょう。

通信講座を利用する

宅地建物取引士の通信講座を利用するのも、独学で勉強するのにおすすめの方法です。通信講座は、学校に通わなくても自分のスマホひとつで「テキストも見られる」「プロの講師の講義を受講」できます。

そのため、もちろん普通にテキストを買うよりかは値段が高くつきますが、合格への道は確実に近くなるので、とてもおすすめです。

直接講座を受講しに行く

宅地建物取引士の試験に向けて開かれている講座を、直接受講しに行くのもひとつの手です。直接受講しにいくメリットとしては、疑問点や不明点があったときにすぐにその場で質問することができるということです。

わからないところをすぐに解決できるというのはとても大事なことで、知識の定着に非常に大きく関わってきます。

周りの合格者に相談する

宅地建物取引士の試験について、周りの合格者に相談するのも合格への近道となります。実際に宅地建物取引士の試験に合格した人は、それだけの知識を持っていて、かつ試験のポイントなどもわかっているのです。

一人であれこれ悩むよりも、知っている人に聞いて悩みを解決しましょう。良いアドバイスがもらえる可能性もあります。

問題集で実際に問題に慣れる

宅地建物取引士の試験を独学で目指すのにとても大切なことが、問題集で実際に問題に慣れるということです。いくらテキストで知識をつけたとしても、実際に問題が解けなければ意味がありません。

知識があれば問題が確実に解けるわけではなく、ある程度問題の意味や応用をきかせることも大事なのです。テキストだけでなく過去問にも挑戦しましょう。

宅建士の独学に向いている人とは?

宅地建物取引士を独学で目指すのに向いている人とは、どのような人か気になりますよね。自分が、独学で合格を目指すのに向いているのかいないのかがわかれば、この先どういうふうに勉強をしていけばいいのかが見えてきます。

ここでは、そんな「宅地建物取引士を、独学で目指すのに向いている人」について見ていきましょう。

宅建士の独学に向いている人とはどんな人か
宅地建物取引士を独学で目指すのに向いている人とは、自分できちんと計画をたてて行動できる人です。また、勉強時間が確保できるという人も向いています。

いま不動産業界にいる人

いま不動産業界で働いている人は、宅地建物取引士を独学で目指すのに向いています。不動産業界で働いていれば、知識の面では一からのスタートではないため、合格を目指すのに非常に有利な立場にあります。

そのため、独学で勉強しても、一定の知識がもともとあるため、そこまでつまづかずに合格へと勉強を進められるのです。

法学部出身で条文に慣れている人

法学部出身で条文に慣れている人は、宅地建物取引士を独学で目指すのに向いています。宅地建物取引士の試験には、条文もかなり幅広く出題されます。

そのため、法学部出身で条文に慣れていれば、それだけで全く知識がない人よりも、合格に近づけるのです。この場合も一からのスタートではないため、独学に向いているのです。

質問できる先輩のいる人

まわりに宅地建物取引士の試験について質問できる先輩のいる人は、宅地建物取引士を独学で合格できる可能性が高くなります。独学のデメリットは「一人で勉強していてわからないところがあっても、誰にも相談できずに解決できない」という点です。

まわりに知識を持っている人がいれば、十分に独学で合格できる可能性があるのです。

宅建士を独学しないほうがいい理由もある

宅地建物取引士の試験を受けるときに、独学しないほうがいい理由もあります。もちろん独学で合格できる可能性は十分にありますが、時と場合によっては独学よりも通学や通信で講義を受講したほうがいいときもあるのです。

ここでは、そんな「宅建士を独学しないほうがいい理由」について見ていきましょう。自分が独学すべきかどうか見極めましょう。

宅建士を独学しないほうがいい理由とは
宅地建物取引士を独学しないほうがいい理由としては、その合格率の低さにあります。毎年15~17%の合格率という難しい資格のため、独学では効率がわるい場合もあります。

合格率が低い

宅地建物取引士の試験を独学しないほうがいい理由としては、やはり合格率が低いということがあります。毎年15~17%という合格率の低さで、自分で一から勉強をしようと始めて、そんなに簡単に合格できる試験ではありません。

独学では試験の重要ポイントやあまり必要ない部分などが全くわからないので効率が悪いのです。

暗記が役に立たない

宅地建物取引士の試験は、実に様々な分野から問題が出題されます。とても範囲が広いため、覚える知識の量もたくさんあります。

独学では、試験にでやすいポイントや、あまり覚えなくてもいい箇所などがわからないため、一生懸命に暗記をしてもその暗記が役に立たない場合も十分にあるのです。これは、独学ならではの落とし穴です。

テキスト選びが難しい

宅地建物取引士の試験は、毎回20万人前後が受験するとても大規模な国家試験となります。そのため、テキストや問題集は実に数多く発売されています。

そう考えると、テキストを選び放題でメリットだと思いがちですが、数が多すぎるのもテキスト選びが難しいものです。自分に合ったテキストがわからないというのも、独学ならではの悩みです。

独学で宅建士試験を受けた人の意見

独学で宅地建物取引士の試験を目指すのは、とても不安ですよね。周りに独学での合格者がいれば心強いですが、そうでなければ誰にも相談できずに不安になるものです。

ここでは、実際に独学で宅地建物取引士の試験を受けた人の意見をご紹介します。いろいろな人の意見を聞いて、自分が独学に向いているのかどうかを見極めましょう。

独学で宅建士試験を受けた人の意見について
独学で宅地建物取引士の試験に合格できるかどうかは、一人で悩んでいても解決しません。実際に受けた人の意見を聞いて、それをふまえて考えることが大切です。

仕事と勉強の両立が大変

30代男性

仕事と勉強の両立が大変

★★★★★★★★★★4.1

仕事と勉強の両立が難しく、勉強時間の確保ができない。

独学で宅地建物取引士の試験を受けた人の中で、とても意見が多いのが「仕事と勉強の両立が大変」ということです。実際に仕事をしていると、なかなか勉強時間の確保ができないことが多くあります。

そのため、いざ勉強しようと思っても仕事疲れでできないということもありえるのです。両立は、きちんと計画をたてて行動できる人に向いています。

一回では合格しなかった

40代男性

一回では合格しなかった

★★★★★★★★★★4.2

全て自分で対策していたので、一回では合格できなかった。

独学で宅地建物取引士の勉強をしていると、一回では合格しなかったという人も多くいます。宅地建物取引士の試験は、毎年合格率がとても低い試験となっています。

そのため、中途半端な勉強方法では知識も定着せずに合格できないという人も多くいるのです。独学では、試験の重要ポイントなどがわかりづらいため、一発合格は狙いにくいのです。

自分のペースで勉強できた

30代女性

自分のペースで勉強できた

★★★★★★★★★★4.5

自分のペースで勉強できるので、集中できた。

独学で勉強することの最大の魅力は、やはり自分のペースで勉強できるという点です。通学して講義を受講するのは、自分がわかりきった内容なら無意味ですし、全く理解していない内容なら講義を進められても内容がわからずに勉強意欲をなくす可能性もあります。

それに比べて独学で勉強することは、自分の好きなところを好きなだけ勉強できるので効率がいいのです。

計画を立てて難関試験を突破しよう

宅地建物取引士の試験は、毎年合格率が低い試験となっています。この試験に合格するためには、初期からきちんと計画をたてて勉強していくことが大切です。宅建士を目指すための勉強時間をきちんと確保しましょう。

勉強時間を自分で決めて、一つずつ確実に覚えていくことで、合格への道は一気に近くなります。計画的に頑張りましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧