1. HOME
  2. 資格
  3. マンション管理士は独学で合格できる?独学の勉強法を紹介

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

資格

マンション管理士は独学で合格できる?独学の勉強法を紹介

マンション管理士は独学で合格できる?

マンション管理士という資格を聞いたことはあるでしょうか。マンション管理士とは、分譲マンションの管理組合が抱える問題に対してアドバイスをする仕事です。

そこで、ここではマンション管理士の資格の概要や難易度、独学のメリットやデメリット、独学に向いている人、独学の勉強法、独学でマンション管理士を受験した人の意見についてご紹介します。

合わせて読みたい

マンション管理士の資格とは

マンション管理士の資格を独学で取得したいと思っている人は、まずはマンション管理士の資格について知ることが大切です。

そこで、ここではマンション管理士の試験概要や、合格率、独学の難易度、勉強に必要な費用についてご紹介します。

マンション管理士の試験を受けたいと思っている人は、試験日までに知識を完成できるように計画を立てましょう

マンション管理士資格の概要

マンション管理士の試験の実施要項は、毎年6月上旬に国土交通大臣名で官報にて発表されます。申込受付時期は9月頃で、試験日は11月下旬、合格発表は1月頃です。

受験資格は特になく、年齢や学歴に関係なく誰でも受験することができます。また、合格基準は34〜38点となっており、ボーダーラインは安定していません。

そのため、模擬試験などでは80%のラインを超えることを目標にすると良いでしょう。

資格概要
試験の開催時期 例年11月下旬
受験料 9,400円
申込受付時期 例年9月
年齢制限 無し
学歴制限 無し
その他制限事項 無し
合格基準 合格ラインは34〜38点
合格発表時期 例年1月

マンション管理士の試験の形式

マンション管理士の試験では、法令系、会計・管理実務、設備系、分譲マンションのルールを定めた法律の4つの分野から出題されます。

出題形式はすべて四肢択一式で、50問出題されます。マンション管理士は、年を重ねるごとに難しくなっている傾向があります。

そのため、独学でも合格は不可能ではありませんが、合格するには最新の試験の傾向や頻出問題を押さえる必要があるでしょう。

形式 内容
四肢択一式(50問) 法令系、会計・管理実務、設備系、分譲マンションのルールを定めた法律

マンション管理士の近年の合格率

マンション管理士資格の試験の合格率は、年度によって変わりますが平均して約1割です。マンション管理士は、比較的新しい資格ですが、最近は合格率が8〜9%台の難易度の高い国家資格の位置付けとして定着してきました。

また、他の国家資格のように何%以上がボーダーラインのように決まっているわけではないので、具体的に何点取ればいいか分からないところも難しい点でしょう。

年度 合格率
2018年 7.9%
2017年 9.0%
2016年 8.0%
2015年 8.2%
2014年 8.4%

マンション管理士の独学難易度

マンション管理士に独学で合格するには、最低でも800時間程度必要だと言われています。この時間を確保することは簡単ではありませんよね。

独学で合格することは難しいですが、実際に独学で合格している人もいます。期間にすると半年から1年くらいで合格している人が多いです。

マンション管理士の試験は例年11月下旬頃に実施されているので、逆算して年明けの1月にはスタートさせるのがベストでしょう。

独学難易度
必要な勉強時間 800時間
独学で合格できた人の割合 約1割
難易度判定 ★★★★★

マンション管理士の勉強に必要な費用比較

マンション管理士の勉強を始めようと思ったときに、どのくらい費用がかかるのか知っておきたいですよね。資格の勉強をする方法は、独学・スクール通学・通信講座受講などがあります。

独学は、テキストを購入する量によって変わりますが、だいたい2万円から5万円かかるでしょう。また、スクール通学の場合は7万円から10万円程度、通信講座の場合は3万円から10万円程度かかります。

勉強の仕方 費用
独学 約20,000〜50,000円
スクール通学 約70,000〜100,000円
通信講座受講 約30,000〜100,000円

マンション管理士を独学するメリット

マンション管理士の資格は、独学でも合格することは可能です。では、マンション管理士を独学で勉強することにメリットはあるのでしょうか。

そこで、ここではマンション管理士を独学で勉強をするメリットについてご紹介します。独学で勉強をすることで、費用を抑えることができるのが最大のメリットでしょう。

また、すでにある程度知識のある人にとっては、スムーズに勉強を進めることができます。

合わせて読みたい

学習するための費用を節約できる

マンション管理士を独学で勉強することの最大のメリットは、学習するための費用を節約できることでしょう。

独学による出費は、テキスト代と問題集費用、模擬試験料くらいなので、学校に通ったり、通信講座に通ったりすることに比べるとコスト負担は大きく軽減することができます。

人によって購入するテキストの量は違いますが、たくさん買うよりも同じテキストを何周もすることが大切です。

予備知識がある人はピンポイントで勉強できる

すでに不動産や民法に関する知識を持っている人は、マンション管理士を独学で勉強しても合格しやすいです。

マンション管理士試験受験者の多くは、宅建士や管理業務主任者の資格を取得している人が多いです。予備知識があり、問題に慣れている人は、マンション管理士の勉強をしたときに、自分に足りない知識をピンポイントで勉強することができるでしょう。

一人でコツコツ勉強ができる

マンション管理士を独学で勉強するときは、地道な作業の繰り返しになります。そのため、一人でコツコツと勉強したいという人にはメリットになるでしょう。

まずはテキストを読み込んで、過去問を解くという繰り返しです。同じテキストを何周もして、過去問集を完璧にすることで、独学でも合格に近づくことができるでしょう。

マンション管理士の仕事に興味がある人は続けやすい

マンション管理士の資格を取ろうと思っている人は、少なくともマンション管理士の仕事に興味があったからでしょう。

そこで、自分がマンション管理士として働いている姿を具体的にイメージすることが大切です。自分が資格をとって働いているイメージを持つことで、勉強の理解が早まるでしょう。

また、長時間勉強をしても苦にならず、勉強を続けることができます。

マンション管理士を独学するデメリット

マンション管理士は、独学で勉強をすることで費用を抑えることができたり、自分の好きな時間に勉強ができたりなどのメリットがありました。

では、逆に独学によるデメリットはあるのでしょうか。そこで、ここではマンション管理士を独学で勉強をするデメリットについてご紹介します。

一人で勉強をしているので、分からない部分があっても教えてくれる人がいないなどのデメリットがあるでしょう。

分からないことがあっても教えてくれる人がいない

独学で勉強をしていると、勉強を始めて分からない部分があっても教えてくれる人はいないというデメリットがあります。

分からないところをそのままにして勉強を進めても、不安が大きくなるばかりでしょう。周りに一緒にマンション管理士の合格を目指している人や、講師がいるわけではないので、分からない部分があっても簡単に解決できないことがあります。

テキスト選びからスケジュールまで一人でこなさなくてはいけない

独学で勉強を始めるためには、まずテキスト選びから始まり、学習スケジュールを組んで、学習の進み具合を確認するところまで、すべて自分一人でこなす必要があります。

一人で進めていかなくてはいけないので、正しいのか間違っているのかの判断もできないため、不安な気持ちのまま進めることもあるでしょう。

また、始めて勉強をする人にとっては、どのテキストを選べばいいのか悩む人が多いです。

スクールを利用するよりも時間がかかる

学校や予備校の場合は、合格するためカリキュラムとしてスケジュールを組んでいるので、無駄なく勉強をすることができるでしょう。

しかし、独学で勉強をする場合は、テキストを選んだり、勉強のスケジュールを組んだりする時間も必要になります。

そして、マンション管理士の合格のためには無駄な勉強に時間を費やしてしまうかもしれません。どうしても独学だと時間がかかってしまうのです。

出題範囲のポイントを絞ることができない

マンション管理士を始めて勉強する人にとっては、出題範囲のポイントを絞ることができません。始めて学習する人でも、学校に通ったり通信講座を受講すれば、学習ポイントを教えてくれるでしょう。

しかし、独学の場合は学習ポイントを理解できないところがデメリットです。マンション管理士の試験の出題範囲は広いので、ピンポイントで勉強をしなくては短期間で合格はできないでしょう。

試験傾向など自分で精査するのに時間がかかる

独学で勉強をすると、テキストのどの部分が重要で、どういった試験傾向があるのかを判断するのに時間がかかってしまいます

また、マンション管理士では法に関する問題も多いです。そこで、法改正などがあっても、独学では把握できないこともあるでしょう。

合格まで時間がある人でも、テキストは年度ごとに適切なものが変化していくので、自分で精査するのに時間がかかるのが独学のデメリットです。

マンション管理士の独学に向いている人とは?

マンション管理士の独学するのに向いている人は、どのような人なのでしょうか。マンション管理士の試験を独学で受験しようと思っている人は、自分が独学に向いているのか知りたいと思っている人も多いでしょう。

そこで、ここではマンション管理士の独学に向いている人についてご紹介します。マンション管理士を独学で勉強しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

不動産の資格を持っていたり知識のある人

すでに不動産に関する資格を持っていたり、知識のある人はマンション管理士の勉強を独学でする場合でも、スムーズに進めることができるでしょう。

マンション管理士の受講生は、7〜8割が宅建士や管理業務主任者の資格を持っているとされています。

不動産系の資格の知識は、マンション管理士の試験内容と関連する部分があるので、まったくの初心者の状態で勉強をするよりは、理解が早いでしょう。

大雑把な性格の人

独学で勉強をする上で、楽して勉強をしたい、適度に手を抜いて勉強をしたいと思っている、大雑把な性格の人の方が向いていると言えます。

マンション管理士の勉強期間は、半年から1年かけて勉強をする人が多いです。勉強を始めた頃は、やる気に満ち溢れていたとしても、時間が経つにつれてやる気がなくなることがあるでしょう。

そんなときに大雑把な人であれば、上手に割り切って勉強を続けることができます。

マイペースな人

独学と言えば、自分の好きな時に自分の好きなペースで勉強を進めることができるのが最大のメリットですよね。

誰かに教えてもらうよりも、自分で調べて理解する方が好きな人や、自分のペースで勉強を進めたいと思っている人は、独学に向いているでしょう。

独学は、良くも悪くも一人でやらなくてはいけないので、マイペースな人は、一人で進めるのに向いています。

現実的な目標を設定できる人

マンション管理士の資格を取った自分をイメージすることは大切ですが、理想や期待が高すぎる人は独学で勉強をすると、途中で挫折してしまうことがあります。

そのため、自分をあまり過信しすぎずに、現実的な目標を設定して実行できる人は、独学に向いているでしょう。

ハードルが高いほど飛び越えるのに時間がかかるので、謙虚な気持ちで勉強と向き合うことが大切です。

マンション管理士を独学で勉強する方法

マンション管理士を独学で勉強しようと思っていても、具体的にどう勉強を進めればいいのか分からない人も多いでしょう。

そこで、ここではマンション管理士を独学で勉強する方法についてご紹介します。独学で勉強をする場合は、まず教材選びから始まり、試験日に合わせてスケジュールを組むことまで一人で行わなくてはいけませんが、ポイントを掴むことで合格に近づくことができるでしょう。

合わせて読みたい

教材選びは何よりも大事

マンション管理士を独学で勉強するには、まずは教材選びから始まります。そして、教材選びは独学において何よりも大事です。

マンション管理士の試験では、難解な法律の出題がほとんどです。また、建築の構造などの知識も必要になりますが、これは広くて深い分野なので、必要な知識の範囲を見極めるのは大変でしょう。

自分がわかりやすく、見やすいと感じるテキストを選ぶと良いです。

勉強のスケジュールは試験日から逆算して立てる

テキストを選んだら、次に試験日から逆算して勉強のスケジュールを立てましょう。試験日にはやるべきことをすべてやりきった状態で挑めるようにすることが大切です。

自分の知識がピークの状態で試験日を迎えることで、自分の本領を発揮できるでしょう。

大まかには、まず、インプット期を作ります。そして、次にインプットしたことをアプトプットして問題集を解く期間にします。試験日の1週間前は総復習の期間にしましょう。

テキストを3周してインプットする

マンション管理士の勉強をする時は、まずテキストを読み込んで必要な知識をインプットします。インプットする方法は、テキストを3周するのがおすすめです。

まず、1周目では、スピードを重視して全体像を掴みましょう。これから自分が勉強をする範囲のボリューム感を掴みます。

2周目では理解しながらじっくりと読み込みます。3周目では、自分でマーキングした重要なポイントに絞って復習しましょう。

過去問集でアウトプットをする

テキストでインプットが完了したら、過去問集を使ってアウトプットをしましょう。マンション管理士の試験では、アウトプット学習がとても重要です。

問題を多く解くことにより、良く出るポイントも見えてくるでしょう。また、マンション管理士の試験では、出題の多くが過去問の焼き直しだと言われています。

そのため、過去問集を徹底的に解くことが大切です。

試験日1週間前は総復習をする

試験日1週間前は、総復習の期間にしましょう。テキストに書き込んだ重要な部分と、過去問で間違えた部分を徹底的に復習して、自分の弱点を潰していきます。

この期間には、むやみに手を広げて新しい知識をつけようとしないこともポイントです。そして、試験の前日は頭と体が万全の状態で迎えられるように、早め寝て備えることが大切です。

重要な出題ポイントを押さえる

マンション管理士試験では、区分所有法、標準管理規約、建築構造や設備に関する知識の分野が重要なポイントです。

例えば、区分所有法では、応用問題にも対応できるように、過去問を中心にして高いレベルまで学習しましょう。

また、標準管理規約は、優しめの出題が多いので、ここで点を落とすと他の受験者と差がついてしまうので全体的に押さえることが大切です。

独学でマンション管理士試験を受けた人の意見

独学でマンション管理士の試験を受けて合格できた人はいるのでしょうか。実際に独学で勉強をした人の意見も知りたいですよね。

そこで、ここでは独学でマンション管理士の試験を受けた人の意見をご紹介します。

実際に独学で勉強をしてマンション管理士の試験を受けた人の意見なので、これから独学でマンション管理士の試験を受けようと思っている人は、今後の予定を立てる際に役立つのではないでしょうか。

仕事をしながら勉強をするのは大変

会社員

仕事をしながら勉強をするのはかなり厳しい

★★★★★★★★★★4.1

仕事をしながら十分な勉強時間を確保することは簡単なことではありませんが、独学で合格することは不可能ではありません。

マンション管理士の試験は合格率が約1割以下と、かなり難易度の高い資格試験に分類されます。また、試験科目も多いです。

そのため、すべての試験範囲を網羅するためには、800〜1000時間必要と言われています。この学習時間を確保するのは、仕事をしながらだと簡単ではありません。

しかし、スキマ時間を使ったり、モチベーションを保ち続けることで、独学でも合格することができるでしょう。

資格を取得してキャリアアップに繋がった

OL

マンション管理士の資格を取得してキャリアップした

★★★★★★★★★★4.5

マンション管理士の資格を取得したことで、社内でキャリアアップすることができました。

マンション管理業界や不動産系で働いている人は、一度はマンション管理士の資格を取得しようか考えたことがあるのではないでしょうか。

また、マンション管理士の資格を取得する人は、入社後に勉強を始めて合格している人が多いです。資格を取得できれば、キャリアアップできるきっかけになるかもしれません。

また、転職をする際も有利になることがあります。

空き時間を利用して記憶を定着させた

会社員

長い時間を確保できないので空き時間を利用した

★★★★★★★★★★3.8

社会人だとまとまった時間を確保することが難しいですが、空き時間を利用して記憶を定着させました

マンション管理士の資格を取得するための暗記量は膨大です。そのため、うまく時間を見つけて暗記していくことが大切でしょう。

例えば、寝る直前の1時間や、朝起きた1時間、通勤中の電車などの時間を勉強の時間に充てるなど、自分にあったやり方を見つけると良いです。

数分の空き時間の積み重ねで、記憶を定着させることができるでしょう。

難関資格だからこそ現実的な計画が大事

ここでは、マンション管理士の資格の概要や難易度、独学のメリットやデメリット、独学に向いている人、独学の勉強法、独学でマンション管理士を受験した人の意見についてご紹介しました。

マンション管理士は、2001年にできた新しい国家資格です。難しい資格なので、独学で合格するためには適切な計画を立てて実行していく力が必要でしょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧