「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職
  3. 派遣が辛いと感じる10の理由と派遣で働き続ける5つのコツ
転職

派遣が辛いと感じる10の理由と派遣で働き続ける5つのコツ

派遣が辛いのは仕方がないことなのか?

いろいろな職場で働くことができる派遣の仕事は、「一つの会社に縛られたくない」と考える人にとっては最適な働き方と言えます。しかしその一方で、収入面における不安定感がつきまとうという側面もあります。

派遣と言う仕事を前向きに捉え、メリットを最大限に生かして積極的に働ける人は問題ありませんが、そうではない場合は、正社員になることを検討する必要があります。

今回は、現在派遣社員として働いている20代、30代の女性向けに、派遣社員の現状についてご紹介します。

待っているだけで正社員就職のチャンスを増やすツール「ミイダス」

「派遣から正社員になりたいけれど自信がない」「選考で何度も落とされるのが怖い」と不安なら、待っているだけで転職のチャンスが舞い込んでくる便利な無料サービス「ミイダス」にぜひ登録しておきましょう。

ミイダスは、転職エージェント「doda」などでおなじみのパーソルキャリアが提供しています。プロフィールを入力していくと、あなたの市場価値診断(想定年収診断)ができて、そのあとはあなたの市場価値を認めてくれた企業からスカウトが届く仕組みになっています。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスなら診断後に待っているだけで企業からオファーが来るので、とても気が楽です。さらに、オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、「何度も落とされたらどうしよう……」というストレスも軽減されますよ。

派遣で働くのが辛いと感じる10の理由

派遣社員にはメリットもあるのですが、実際に現在派遣社員として働いている人の中には、さまざまな悩みを抱えている人が多いようです。

そこでまず、冷静に「自分はなぜ派遣社員としての働き方が辛いのか?」を考えてみましょう

その上で、今後も派遣社員として続けるのか、正社員を目指すのか、または違う働き方を探すのかなど、働き方について検討することが大切です。

ボーナスがなく年収が低い

派遣社員は正社員とは違い、ボーナス(賞与)がありません。ボーナスは、正社員の仕事に対するモチベーションを引き出したり、会社の売り上げに貢献したインセンティブとして支給されるものです。

派遣会社に所属する派遣社員は、派遣先の社員ではないため、ボーナスを支給されることはありません

また、正社員は勤続年数に応じて年収が上がっていきますが、やはり派遣会社に所属している派遣社員は年収が上がらず、何年勤務していても、無期雇用になっても年収が上がらないのが現実です。

合わせて読みたい

昇給や昇進ができない

通常の会社において正社員は、1年ごとの昇給が約束されています。または昇進をする機会があります。昇給は、同じ会社で長く働き続けるためのモチベーションにもつながります。

しかし、派遣社員はあくまでも派遣会社からの社員のため、派遣先企業での昇給や昇進はありません。たとえ、どんなに仕事のスキルが向上して会社の売り上げに貢献しても、昇給や昇進が望めないのです。

真面目に働いている派遣社員にとっては、少なからずモチベーションの低下につながってしまうことでしょう。

20代なら「JAIC」で成長できる企業に入り直そう

派遣では昇給や昇進がなく、短期間で派遣先も変わってしまうので、スキルも身につきにくい環境です。そんなとき、もしあなたが20代で「やっぱり正社員として頑張りたい」と思うのなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。若いうちに派遣から正社員を目指すなら、ぜひ相談してみましょう。

交通費が出ない

正社員の場合は基本給とは別に、交通費全額が支給されますが、派遣社員に交通費は支給されません。表面的なことだけ言えば、正社員の給与を時給換算すると派遣社員よりも低く設定されています。

ところが、これには裏があります。派遣社員の給料には交通費が含まれているからです。しかし交通費は必要経費であり、基本給ではありません。派遣社員の給料の明細は交通費としては支給されていないため、実質は交通費は出ないと言えます。

自宅が会社から近くて交通費の負担が少ない場合は手取りが多くなるため、それほど深刻には感じません。ところが、遠方から通勤している人の場合は賃金に占める交通費の割合が高く、大きな負担になってしまうのです。

福利厚生が不十分

正社員の場合は、社会保険に加入できるのはもちろん、会社で入会しているスポーツクラブや保養所、保育施設などの各種サービスを利用することができます。福利厚生は、会社で働く人の健康増進や働きやすい環境を作ることで会社の売り上げ増進を目的にしています。

しかし派遣会社に所属している派遣社員の場合は、正社員と同様の福利厚生を利用することができないケースが多いようです。社会保険への加入にも条件があります。

派遣先の会社によっては無制限の場合もあるようですが、大体の場合において派遣社員の福利厚生の利用は不十分というのが現実のようです。

合わせて読みたい

契約期間が終わったらどうなるかわからない

正社員は懲罰による退職勧告がない限り、ある意味で終身雇用が約束されていると言えます。

しかし派遣社員は契約期間が決まっており、正社員と同じような終身雇用ではありません。そのため派遣社員は契約期間の終了に伴い、次の仕事を探す必要があります。

経済的に余裕のある人であれば心配はないのかもしれませんが、多くの人は次の仕事が決まっていないと不安で、精神的に辛く感じてしまうことでしょう。

合わせて読みたい

スキルが磨けない

派遣社員の職種は、多くが事務員と言えます。特に20代~30代の女性であれば、事務員としての派遣募集がほとんどでしょう。事務仕事はそれほど難しくない、単純な作業と言えます。

また、派遣社員は正社員とは違って部署異動がないため、同じ事務の仕事を契約終了になるまで続けなければいけません。

そのため、仕事の幅を広げたりスキルを磨いたりすることができないと言えます。仕事に対するモチベーションが高い人はフラストレーションを抱えてしまうことでしょう。

正社員よりも社会的立場が弱い

派遣社員は派遣会社に雇用されており、派遣先業の社員ではありません。そのため、「〇〇(派遣先企業の名前)の正規の社員です」と名乗ることはできません。対外的に見て正規の社員ではないため、社会的立場が弱いと言えます。

このことは、社会的信用に直結しています。顕著な例が、クレジットカードやカードローンの登録と言えます。

正規の社員であれば審査を簡単にクリアできるのに、派遣社員であるために審査が通らないこともあるのです。

正社員に見下される

派遣社員派遣社員は派遣会社に所属しており、共に正社員と同じ職場で働いていても派遣先企業における位置づけは「よその会社の人」となります。そのため、派遣社員を見下す正社員もいます。

なかには正社員と派遣社員の区別なく平等に対応してくれる正社員もいますが、大概の場合は、露骨ではないにせよ「派遣社員のくせに生意気」といった態度を取る人もいることでしょう。

同じ仕事量をこなしていても、雇用形態が違うことによる区別、ときには差別があるのも現実なのです。

派遣元と派遣先で板挟みになる

派遣社員の所属は派遣会社になります。しかし毎日働く場所は派遣会社に紹介された企業です。そのため、派遣会社と派遣先企業との間で板挟みになることもあります。

派遣会社では残業をしなくてもいと言われているのに、派遣先企業から残業を頼まれると言ったケースなどです。

派遣会社が派遣先企業に許可を出してくれれば済むケースも多いのですが、労働規約面で許可を出せない場合もあります。派遣社員が自由にふるまうことは許されず、どちらの指示に従うと良いのか迷ってしまうことも多いのです。

派遣先で疎外感を感じる

派遣社員は派遣会社から派遣されているため、派遣先企業で疎外感を感じることもあります。派遣先企業の正社員が、派遣社員に対して区別や差別なく接してくれれば疎外感を感じることは少ないのかもしれません。

しかし、会社の規定などで派遣先企業のイベントや会議などに派遣社員が出席できないこともあります。連帯感の強い企業であればなおさらです。

もちろんこのような場合は誰が悪いわけでもないのですが、疎外感や寂しさを感じてしまうこともあるのです。

辛くとも派遣を選んでしまうのはなぜ?

派遣社員として働くのは、いろいろな面で辛く感じてしまうことが多いことがわかりました。しかし、辛くても派遣と言う働き方を選んでしまうのはなぜなのでしょうか?背景には、積極的に派遣を選んでいるわけではなく、仕方がなく選んでいる事情があるのです。

人によって理由は様々ですが、大まかな理由としては「賃金に関すること」「時間に関すること」「自分自身の性格に関すること」などが挙げられます。それでは、これらについて詳しくご紹介します。

正社員での就職は難しいと諦めているから

現在、正社員になるには狭き門と言えます。多くの会社が人件費を浮かすために派遣社員やアルバイトの雇用を導入しているからです。そのため正社員として一般企業で働くのは至難と言えます。

まして新卒ならまだしも、社会に出て数年以上経っている場合は尚厳しい状況です。

こういった背景から、正社員になることを諦めてしまう人が多いのです。もちろん、100%正社員になれる機会がないわけではありません。努力とタイミングによっては正社員になれるチャンスもあります。

アルバイトよりは時給がいいから

派遣社員の時給は、アルバイトよりは高く設定されています。その理由は、管理体制にあるのです。管理の有無は、経費の有無に関係しています。

派遣社員の場合は、派遣会社が募集から始まり雇用契約などの派遣スタッフの管理を行います。これらに掛かる経費は派遣先の企業ではなく、派遣社員が所属している派遣会社が負担をします。

一方のアルバイトは、企業が直接雇用して管理をするため、経費が発生します。そのためアルバイトに支払われる時給が安く設定されているのです。

大企業で働きたいから

派遣社員は、主に知名度のある大企業に派遣されます。派遣社員であってもその企業で働いていることに変わりはないため、「〇〇社が職場」と自慢できるのです。

また大企業であれば、人との色々な出会いが期待できます。従業員が多い会社は、華やかな職場である可能性も高いでしょう。

そして同性の友人ができるだけではなく、将来有望な、正社員勤務の素敵な異性にも巡り合える可能性もあります。

大企業での派遣の仕事はマイナビスタッフで探そう

マイナビスタッフは、転職大手マイナビが手掛けている派遣サービスです。派遣ではなく転職サービスから始まったことで、派遣メインの他企業とは一味違う仕事が見つかるのが特徴です。

さらに親会社が出版業を行っていることから、派遣の案件も出版・広告関係が多いのもポイントです。WEB関係にも強く、大企業、優良企業からのWEB関連職の求人が増えています

クリエイティブな業界や大企業での勤務に憧れがあるなら、ぜひ登録してみてください。

私生活と仕事を両立させたいから

派遣社員は正社員ほどの責任を企業に対して負うことはありません。正社員は残業や休日出勤をしなければいけないことが多くあります。

しかし派遣社員は、職種によりますが、事務員であれば残業はほとんどないと言われています。仕事だけではなく、私生活を充実させたいと考える人には派遣社員と言う働き方がふさわしいと言えます。

結婚・出産や留学などの理由があって長期間働けないから

男性に比べると多くの女性にとって結婚や出産は、人生の大事なイベントです。仕事量をセーブしなけれないけない局面が、男性よりも少なからずあるのです。出産であれば尚のことです。

しかし、「働きたいという希望」や「働かざるを得ない状況」もあります。そのような場合の選択肢として、長期間働く必要がなく、いつでも辞められる派遣社員のほうが都合が良いからです。

長続きしない性格だと自覚できているから

正社員は長期的に働くことが前提ですが、派遣社員は雇用期間が決まっています。雇用満了期間が来れば、違う企業に派遣されます。

そのため、一つの職場で働くことが飽きてしまう人は、派遣社員のほうが向いているのです。自分自身で長続きしない性格だと分かっている人は正社員ではなくて派遣社員のほうが性に合っているのです。

今後も派遣で働き続けたいならどうする?

派遣社員は辛く感じることも多いのですが、「時間が自由に使える」「色々な職場で働ける」などの面もあり、悪いことばかりではありません。

派遣社員と言う立場を利用して、人生を前向きに生きるのも素敵なことです。すべては自分の気持ち次第なのです。

正社員ではなくて派遣社員で上手に働き続けるためのコツについてご紹介します。

別の派遣先に変えてもらう

現在派遣されている企業に対して不満がある場合や他の仕事をしたい場合は、派遣会社に相談して派遣先の企業を変えてもらうのが良いでしょう。もちろん、派遣されてすぐに変えてもらうのは「単なるわがまま」として思われてしまうため得策ではありません。

しかし雇用期間満了後もに、「スキルアップしたい」などと伝えて他の派遣先に変えてもらうのは悪いことではありません。

不当な扱いをされているなら派遣会社に相談する

派遣先の企業から不当な扱いを受けている場合は、すぐに派遣会社に相談をしましょう。想定される案件は、パワハラやモラハラ、セクハラなどが挙げられます。これらの被害を受けたと感じた場合は一人で悩まずに、派遣会社の担当者に相談することが大切です。

表面化して状況が改善される可能性が高いからです。そのため、無理に派遣先企業を変える必要はありません。

派遣会社を変えてみる

パワハラやモラハラ、セクハラなどの相談を派遣会社に訴えても状況が改善されない場合は、残念ながら派遣会社を変えるしかありません。派遣会社は派遣先企業からの収入で成り立っているため、強く出られない場合もあるからです。

しかしそのような派遣会社自体がブラック企業と言えます。早く見切りをつけて、ホワイトな派遣会社を見つけたほうが得策です。

派遣会社のサービスはとことん利用する

派遣社員にとって、仕事のスキルを磨くことは必須です。そのため派遣会社によっては、資格取得支援や福利厚生などのサービスを実施しているところもあります。

このような派遣会社は派遣社員にとっても、派遣先の企業にっとっても良心的でホワイトな派遣会社と言えるでしょう。スキルアップをして仕事を充実させたい人は、できるだけいろいろなサービスを提供している派遣会社を選びましょう。

無期雇用派遣に挑戦してみる

派遣社員として同じ派遣会社で通算5年以上働いた場合は、派遣社員が希望すれば無期雇用に転換することができます。

期間の定めのある登録型派遣とは違い、期間の定めがないため、派遣先企業の契約が満了後でも次の派遣先を紹介してくれるのです。収入面での不安がないため、とても安心できます。

しかし、あくまでも派遣社員のため賞与や各種手当などの労働条件は正社員とは違うため、注意が必要です。

マイナビキャリレーションの無期雇用派遣に挑戦してみよう

マイナビキャリレーションは、マイナビグループが運営する無期雇用派遣サービスです。職種は事務職専門で、ワークライフバランスのとれた安定した環境で働くことができます。

マイナビグループならではの丁寧なコンサルティングで、ミスマッチのない職場を紹介してもらえるのも大きなメリット。不安があればなんでも相談できます。

無期雇用派遣は、通常の派遣よりも選考基準が厳しいため、自己アピールの計画をしっかり立てて挑戦してみましょう。

派遣から正社員になるのは難しくないって本当?

派遣社員の仕事をどういう風に捉えるかは自分次第です。じっくり考えた上で正社員を目指すのであれば、いろいろな方法があります。そのためには「こだわり」を捨てて「見極める」ことが必要です。

例えば、「大手企業にこだわらない」「人手不足の業界を探す」などです。それでは詳しくご紹介します。

大手有名企業にこだわらなければいくらでも就職できる

派遣社員は大手企業に派遣されることが多いため、華やかな職場を経験している人が多いことでしょう。

大手企業の正社員に憧れるのは当然です。しかし大手企業の正社員になるには狭き門です。ほとんどの場合は、新卒者や売り上げに貢献できる優秀な経験者を採用するからです。

ところが中小企業でも優良な会社はたくさんあります。安定した給料や地位を得たい場合は、堅実な中小企業を探しましょう

人手不足の業界は多い

AI化が加速して人余りが言われている現在ですが、意外に人手不足の業界も多いのです。やはりIT関連が筆頭に挙げられます。プログラマーやエンジニアが主な職種ですが、20代~30代女性でもスキル次第で正社員になれる可能性は多くあります。

飲食業界も女性の視点を活かせる業界です。食に対する人々の関心は高く、競争も激しい産業です。ますます多くの優秀な人材が必要とされています。初めは希望する業界ではなくても、働いていくうちにモチベーションが高まることも考えられます。

20代なら正社員雇用されやすい

正社員になるには、少しでも若いほうが得策です。30代よりも20代のほうが雇用されやすいのです。その理由は「長く働いてもらえる」「賃金が安くて済む」「上司の指示に素直に従ってくれる」などの理由からです。つまり「使いやすい」からです。

企業は長い目で売り上げを立てなければいけません。そのため、少しでもお金の面や会社の雰囲気などでマイナスになる人物は避けたいのが本音です。

紹介予定派遣という手もある

派遣社員からいきなり正社員になることは厳しい面もあります。その場合は自力で正社員になるのではなく、正社員なることを前提に派遣してくれる「紹介予定派遣」を選択するのも一つの手です。一種の試用期間と考えても良いでしょう。

しかしデメリットもあります。一定期間働いているうちに、派遣先企業から「不採用」と言われてしまうこともあるのです。理由は、スキル不足、社風に合わないなどが挙げられます。また反対に自分自身が嫌になってしまうこともあるため注意が必要です。

辛くない働き方を目指して自分から行動しよう

「派遣社員は辛い」というイメージがりますが、一概にそうとも言えません。自由な時間が使えますし、会社に追う責任も少ないからです。すべては「ライフスタイルによる」と考えたほうが良いでしょう。

「正社員で働いたほうが安心」と考える人は、それなりの努力が必要です。大企業にこだわらずに、堅実な中小企業を探すほうが現実的です。また、正社員になるには30代よりも20代のほうが可能性が高いため、検討している人はすぐに行動に移しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧