「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職
  3. 派遣が楽な仕事と言われる6つの理由と仕事を見つける6つのポイント
転職

派遣が楽な仕事と言われる6つの理由と仕事を見つける6つのポイント

派遣でできる楽な仕事にはどんなものがある?

仕事は、どんな内容であれ簡単なものはありません。多少なりの苦労は付き物です。とは言え、人によっては楽にこなせる仕事もあるのです。

一般的に派遣社員に任せられる仕事は、楽な仕事が多いと言えます。もちろん職種によりますが、デスクワークなどの作業は肉体的に楽と言えます。しかし人によっては、「一日中机に縛り付けられるのは苦痛以外の何物でもない」という考えもあるでしょう。人によって何を楽と感じるかは千差万別なのです。

そこで今回は、一般的に楽に感じられている仕事についてご紹介していきます。

待っているだけで楽な仕事が舞い込む!? ミイダスでスカウトを待ってみよう

派遣で楽な仕事がしたいけれど、そううまく楽な仕事を紹介してもらえるかわからない…。そんなときに使える「ミイダス」は、待っているだけで転職のチャンスがある無料サービスです。

プロフィールを入力していくと、あなたの市場価値診断(想定年収診断)ができて、そのあとはあなたの市場価値を認めてくれた企業からスカウトが届く仕組みになっています。スカウトは主に正社員ですが、派遣の求人情報もあります。

チェックポイント

  • 自分から積極的に転職活動をしなくとも、待っているだけで企業からのスカウトが届く
  • スカウトが来たら面接確約。書類選考は免除されるのでストレスが少ない
  • CMでも有名な転職エージェント「doda」の系列サービスなので、安心して使える

自分からはなにもしなくとも、転職のチャンスがむこうからやって来るのを待つことができます。ぜひチェックしてみてください。

そもそも派遣の仕事は楽だと言われる6つの理由

一般的に派遣の仕事は楽だと言われていますが、その理由として主に次の6つが挙げられます。

仕事の量や内容に関すること、就業期間トラブル発生時の派遣会社によるフォローがあることなどです。責任の重さについても、正社員と比べると断然軽いと言えます。それでは詳しくご紹介していきます。

合わせて読みたい

責任が軽い

まず挙げられるのは「責任の軽さ」です。派遣社員は、派遣先企業の社員ではありません。あくまでも派遣会社に所属しているスタッフとして、お手伝いで企業に派遣されているのです。疎外感を感じる部分でもありますが、責任を負う必要がないため大きなメリットになるのです。

正社員であれば会社の売り上げに貢献することが求められ、プラスアルファの仕事を求められます。しかし派遣社員は、与えられた業務を約束通りにこなすだけで良いのです。万が一何かあった場合は、派遣先企業の上司や先輩がカバーをしてくれる仕組みになっています。この点において、責任が軽いという理由が挙げられます。

残業が少ない

派遣社員で働くことのメリットでもありますが、残業が少ないという点も楽だと言われる理由に挙げられます。もちろん業種によりますが、一般的に事務員の場合は残業はほとんどないと言えます。事務的な仕事は、繁忙期は別として緊急の仕事が入ってこない限り、定時で退勤することができるのです。

派遣会社と取り交わされる雇用契約書には、残業の有無についても明記されています。残業が有ることが明記されていれば、残業が発生した場合は賃金を支払ってもらえます。

作業内容が簡単

次に挙げられる理由は、作業内容が簡単であるということです。事務員であれば、ExcelやWordなどのパソコンの基本的な操作やファイリング作業、そして外部からの電話応対などが挙げられます。これらは、一般常識としてのパソコンのスキルやコミュニケーション能力があれば、多くの人が簡単にこなすことができるでしょう。特別に難しい仕事ではありません。

また、事務員以外の作業を挙げれば、製造工場のライン作業やマニュアル通りに応えればよいコールセンターの電話応対なども、それほど難しい仕事ではありません。

3〜6ヶ月で環境を変えられる

仕事の大変さには、人間関係の悩みも含まれているのです。職場の全員が仲良く、和気あいあいとしていれば摩擦は少ないかもしれません。仕事もスムーズに進めることができるでしょう。しかし、そのような職場は皆無と考えたほうが良いでしょう。

正社員として人間関係の悪い職場で働き続けることは、非常に精神的に厳しいものがあります。ところが派遣社員でしたら、雇用の契約期間は3ヶ月から半年ほどで済むため、精神的なストレスを長期間引きずる必要はないのです。職場を変えることで気持ちを切り替えられます。

派遣社員が楽だと感じるのは、煩わしい人間関係を避けられることもあるのです。

短期で職場が変わるのは不安なら「JAIC」でリスタートしよう

派遣にはメリットも数多くありますが、一方で昇給や昇進がなく、短期間で派遣先も変わってしまうので、スキルも身につきにくい環境です。そんなとき、もしあなたが20代で「やっぱり正社員として頑張りたい」と思うのなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。若いうちに派遣から正社員を目指すなら、ぜひ相談してみましょう。

派遣先企業がもし潰れても次の職場がある

派遣社員のメリットは、派遣先の企業の業績が悪化しても別の派遣先を紹介してもらえるという点にあります。あくまでも派遣会社のスタッフのため、派遣先企業に縛られる必要はないのです。

正社員は身分が安定していますが、業績が悪化するとボーナスや給与に影響が出ます。しかし派遣社員は、派遣先企業の緊急時でも不安が少なくて済むのが強みです。正社員とは違って再就職先を探さなくて良いため、精神的負担が軽く、楽だと言えます。

何かあれば派遣会社に相談できる

派遣先企業で何かのトラブルがあった場合は、すぐに派遣会社に相談をして対策を打ってもらうことができます。

派遣先企業に対して言いにくいこと、例えばパワハラやモラハラ、セクハラなどがあれば、所属している派遣会社にすぐに言いましょう。派遣会社があなたと派遣先企業の間に入って対処してくれます。

このように悩みがあれば、派遣会社に遠慮なく相談することができます。派遣会社は、派遣社員が契約通りに働いてくれることで利益を得ているのです。

派遣で楽な仕事を選ぶためのポイントとは?

一般的に「派遣の仕事は楽」であるということがわかりましたが、では、楽な仕事を選ぶためのポイントは何でしょうか?

それは、「信頼できる大手派遣会社に登録する」「自分にとっての“楽”の基準を明確にしておく」「口コミで他人の評価もチェックしておく」などが挙げられます。それでは詳しく見ていきましょう。

信頼できる大手の派遣会社に登録する

やはり真っ先に挙げられるのは、「大手の信頼できる派遣会社に登録する」ということです。派遣会社によってはブラック企業を紹介してくるケースもあります。ブラック企業は、「残業が多い」「契約以外の業務を押し付けてくる」などの複数の問題点が挙げられます。

しかし長年の実績がある大手の派遣会社は優良なホワイト企業を紹介してくれるため、「こんなはずではなかった……」ということを避けることができるのです。

サポートの丁寧な派遣会社ならマイナビスタッフ

マイナビスタッフは、信頼と実績あるマイナビグループの人材派遣サービスです。マイナビグループの人材サービスはどれも「コンサルティングが丁寧」「サポート担当者が親身になってくれた」といった評価が高いので、安心して利用できます。

いまの派遣会社でサポートに不満があるなら、この機に移籍してみるのもおすすめです。

また、マイナビグループは自社で出版事業を手掛けているため、派遣求人にも出版・広告やWEB関連などの、クリエイティブ系の職種が目立ちます。コールセンターや事務の仕事にも力を入れています。これらの職種に興味があればぜひチェックしてみてください。

どんな仕事がしたいかを登録面談で告げておく

人によって何を楽と捉えるかはそれぞれです。一般的に事務員の仕事は楽に感じられます。しかし一日中机に座っているデスクワークよりも、ある程度身体を動かせる仕事のほうが楽と考える人もいるのです。

そのため、派遣会社に登録する際には希望する仕事内容を面談の段階で告げておきましょう。信頼できる大手の派遣会社であれば、希望する最適な仕事を紹介してくれるはずです。

紹介された仕事は自分でも口コミなどをチェックする

派遣会社から紹介された仕事があれば、派遣会社からの情報だけではなく、インターネットなどで派遣先企業の口コミ情報もチェックしておきましょう。派遣会社の担当者は“それは楽な仕事”と思っていても、実際には楽ではない場合もあるからです。

口コミにはリアルな声が反映されているので、もしかすると不安な点が出てくるかもしれません。その場合は必ず、就業前に派遣会社の担当者に確認をしておきましょう。早めに不安を解消するのは大切なことです。

口コミサイト「キャリコネ」で勤務前の不安を解消しよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイトです。残業時間から有給消化率、社風や人間関係、それに給与明細の中身まで、リアルな社内情報が細かく口コミされています。

もちろん、仕事の内容が大変かどうかも、職種ごとに実際の体験談が投稿されています。正社員の投稿が多いですが、派遣でも参考になることはきっとあるでしょう。

働いてみないとわからないことは、諦めるのではなくぜひキャリコネでよく調べてみてください。

残業や休日出勤の有無を確認する

一般的に派遣会社、特に事務員の仕事であれば、残業や休日出勤はないと言われています。しかし契約書とは異なった勤務形態を要求してくる場合もあります。

就業前に必ず残業や休日出勤がないことを、口頭と契約書面でも確認をしておきましょう。ブラック企業の場合は、契約通りに履行せずに、残業を強要してくる場合もあります。楽なように見せかけているだけなのです。

「時給が安いから楽」という思い込みはやめる

勘違いしやすいのが、「時給が安い=仕事が楽」ということです。時給が安くても大変な仕事はたくさんあるのです。

例えば、精神的な負荷が掛かる仕事、肉体的な重労働などです。仕事が楽かどうかについては、人それぞれの考え方によります。

反対に、時給が高くても割合楽に感じる仕事もあるのです。まず自分の仕事に対する基準を明確にし、自分にとっての楽とは何か?を考えておきましょう。

自分にとって楽な仕事の条件をイメージしておく

仕事は主に、「精神的な負荷が掛かるもの」「肉体的な負荷が掛かるもの」「人間関係に関するもの」などに分けられます。

コミュニケーションが苦手な人は、接客業は楽ではないでしょう。データ入力や肉体労働が合っているかもしれません。しかし体力のない人は肉体労働は苦手に感じることでしょう。反対に、黙々とこなす作業は精神的にきつく感じられ、コミュニケーション能力が生かせる接客業は楽に感じるという人もいるでしょう。

このように人によって感じ方が異なるのです。まずは自分の基準を明確にしておきましょう。

自分に当てはまるのはどれ?楽な仕事に求めるものをチェック

人によって「楽」に感じる基準は違います。自分の基準を明確にしておくことで、楽な仕事を見つけやすくなります。一般的に、楽だと感じるポイントについてまとめました。

果たして、自分に当てはまる楽な仕事はどれでしょうか。どれか一つを選ぶのではなく、優先順位を付けて考えるのもおすすめです。

合わせて読みたい

勤務時間が短い仕事が楽

圧倒的に楽だと感じるのは、勤務時間の短さではないでしょうか。残業がなく定時で帰れて、休日出勤がないのは心身的に楽に感じられます。

また、通常は一日8時間労働ですが、8時間以内に終了できる仕事があります。もちろん収入が少なくなってしまいますが、高単価な仕事であれば勤務時間が短いのは非常に楽だと言えます。

やることが少ない仕事が楽

業務内容が単純で、なおかつ少ないのは非常に楽な仕事と言えます。仕事は複雑であるほどに苦痛を伴います。仕事は、単調な繰り返しの作業であればミスも少なくて済むのです。それほど覚えることもないため、気楽です。

もちろん人によっては、仕事が少なすぎて苦痛に感じる人もいることでしょう。しかし仕事を早くこなせる人は、仕事が少なければ楽に感じることができるのです。

責任やノルマがない仕事が楽

派遣の仕事は責任がない点が大きなメリットです。もちろん、与えられた仕事をきちんとこなさなければいけないという責任はあります。しかし、あくまでも限定的な責任です。何か不測の事態が生じれば、上司が責任を取ってくれます

事務職であれ製造職であれ、営業職ではないためノルマも発生しません。ノルマがないということは、精神的にも非常に気楽ということです。

新しく努力せず今のスキルでできる仕事が楽

社会人経験のある人ならば、ある程度の簡単な仕事は一通りこなせることでしょう。例えば事務職であれば、パソコン操作は当然のスキルです。接客業でも、通常のコミュニケーション能力があれば問題ありません

つまり、訓練したり憶えたりなどの努力せずにできる仕事が楽なのです。先行投資をする必要がないため、元手も掛かりません。ありのままで出来る仕事は非常に楽と言えます。

マニュアル通り・機械的にこなせる仕事が楽

データ入力や工場でのライン作業も楽な仕事です。マニュアル通り、また機械的にこなせばよいため、自分で考えたり工夫したりなどの頭を使う必要がないからです。慣れてくると手が勝手に動いてくれ、気が付くと退勤時間が来ていたということもあります。

必要以上のコミュニケーションを取る必要がないため、精神的にも楽に感じる人が多いようです。

あまり動かず座りっぱなしの仕事が楽

デスクワークが主な事務職も楽な仕事です。事務職以外でも、データ入力やコールセンターなどでのオペレーターは手や口を動かしているだけで良く、ほとんど1日中座りっぱなしで済みます。

全く身体を動かす必要がないため、肉体的な作業が苦手な人にとっては非常に楽に感じることでしょう。

派遣でみつかる楽な仕事ランキングベスト8

それではここから具体的に、派遣でも見つかる楽な仕事をご紹介していきます。主に、肉体的負担や精神的負担が少ないという点から5つ挙げられます。

合わせて読みたい

1位:試験監督

試験監督は、中学校や高校、大学などでの試験監督です。試験監督の主な仕事は、テスト用紙の配布と回収、そしてカンニング防止のための見回りとなります。

他にも、試験会場の受付、会場準備、試験会場までの誘導なども行う場合もあります。注意点は、静かすぎるため居眠りをしてしまうことがあり点です。

しかし、どちらかと言えば派遣社員の仕事というよりも、単発的なアルバイトの仕事として募集していることが多いようです。

2位:受付

受付の仕事は、企業の他に病院やデパートなどで来客の応対をします。最近は企業よりも病院のほうが需要が高いようです。忙しい病院であれば、診察券やカルテの作成、入館証の作成などに追われることが多いでしょう。デパートであれば、売り場を聞かれることが多いようです。

いずれも複雑な仕事ではないため、また、来客の少ない施設であれば、ただ座っているだけで良いため、非常に楽に感じられます。

3位:一般事務

20代~30代の女性がする派遣の仕事で最も人気なのが、でデスクワークの一般事務です。パソコンの基本スキルが身に着いていれば、簡単な文書作成や表計算をするだけのため、非常に単純にこなせる楽な仕事です。電話対応や来客時の応対もありますが、担当者に取り次げば済むので特段難しい仕事内容ではありません。

残業や休日出勤もほとんどないため自分のペースで仕事ができ、私生活も充実させることができます。

4位:データ入力

データ入力も、一般事務の仕事と同じようにでデスクワークのため非常に楽な仕事です。一般事務よりも業務内容は限定的なため、さらに楽と言えます。

データは、アンケート情報や顧客情報、売上データ、会議の議事録などの情報をひたすらパソコンに入力するだけです。企業によっては、事務仕事と併用ということもあります。未経験者でも可能なため楽な仕事ではありますが、当然のことながら正確性とスピードが求められます。

5位:工場軽作業

工場での軽作業も楽な仕事に入れられます。内容はピッキング作業となり、物流倉庫での商品ピックアップ、梱包、仕分けなどです。コミュニケーション能力も必要なく、マニュアル通りにこなせばよいため、非常に楽な仕事です。

大手企業が参入しているため、残業がなく定時で帰れます。時給も高く、割の良い仕事です。

第6位:図書館司書

図書館司書は、公共の図書館や大学などの図書館で働く資格職です。資格職のため誰でも就業できるわけではありませんが、資格保持者で本が好きな人にはおすすめです。

しかし、楽かどうかは図書館の規模によって異なります。小規模な地方自治体の図書館で、図書館司書が2、3人程度であれば業務量は多くはないでしょう。一人で働く場合は自分の裁量でできるため、さらに楽と言えます。

第7位:大学職員や秘書

大学職員の主な仕事は事務作業ですが、学生の進路相談や高校生向けの説明会などが挙げられます。のんびりした、上品な雰囲気で仕事をすることができ、また残業もないため非常に楽と言えます。

秘書は、教授のアシスタント業務を行います。講義のテキスト作成や論文の資料集めなどがあります。

しかしほとんどの場合は、その大学の卒業者が職員として就職することが多いようです。派遣職員の募集があれば良いチャンスです。積極的に応募してみましょう。

第8位:非営利団体職員

非営利団体はNPO法人とも呼ばれており、名称の通り、利益を出すことができない組織です。福祉分野や環境分野などの、自治体組織では手の届かない部分の仕事をします。運営費は、税金のほかに自分の組織で作成した商材の販売費やイベント参加費などで賄っています。

社会問題の解決を目指しており、そのため残業もありません。目的意識の高い人たちが多く、勉強にもなります。楽というだけで仕事をしていると、ちょっと申し訳なく感じるかもしれません。

派遣で働いた楽な仕事の体験談を紹介

派遣の仕事は楽だということをご紹介してきましたが、人によってとらえ方はさまざまです。単純に作業内容が楽だと感じるのか、それとも人間関係が必要最低限で済むから楽だと感じるのか、その人の個性によるのです。

そこで、具体的な体験談について6つご紹介します。自分に近い感覚を持っている人は意外に多いものです。ご参考にしてください。

PCスキルを磨いて事務職に転職できた

派遣社員

事務職への転職はPCスキルを磨けば簡単

★★★★★★★★★★4.1

歯科衛生士から派遣の事務職に転職するに当たり、パソコンスキルを身に着けるために派遣会社主催の講座に参加しました。初めての事ばかりでしたが、就業後はデータ入力はもとより簡単な文書作成も任されるように。パソコンスキルは必須だと実感しました。

歯科衛生士を始め販売職などの事務職経験者以外は、パソコンスキルを持っていないケースが多いようです。この体験者も、派遣会社が行った勉強会に参加してスキルを身に着けたことで、無事に事務職に転職ができたようです。

派遣会社によりけりですが、実績があり、信頼できる大手の派遣会社は、事前研修などの手厚いサポートを施してくれます。職種転換やスキルアップを目指す場合は、派遣会社の研修会や勉強会を積極的に活用しましょう。

営業職から事務職になり負担が軽減された

派遣社員

残業無しの派遣になりストレスも無くなりました

★★★★★★★★★★4.1

旅行会社で営業職を担当していたのですが、激務過ぎて体調を崩してしまいました。旅行は好きだったのですが、「このままでは死んでしまう」と考えて派遣の事務職に転職を。残業も休日出勤も無くなり、旅行はプライベートでこそ楽しむものだと実感しました。

営業職は、会社の売り上げに即貢献できるやりがいのある職種です。多くの人との出会いがあるのも魅力です。しかし営業職は、その分激務である点が悩みなのです。

体験者は、思い切って事務職に職種転換したことで、私生活を充実させることでできたようです。「旅行は趣味」と割り切って楽しんでいます。仕事も大事ですが、身体はもっと大事なのです。

医療系の資格を取得し高時給を実現した

派遣社員

子育て後に医療事務の派遣に

★★★★★★★★★★4.1

結婚後の子育ても一段落し、個人経営のクリニックに派遣されました。派遣会社の登録時に担当者からアドバイスをいただき、メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)の試験勉強を。資格取得後は医療事務のお仕事を紹介していただきました。資格のお陰で仕事が途切れることなく、高時給のためやりがいがあります。

派遣の仕事は事務職ばかりではありません。高時給を狙うならば、医療系がおすすめです。仕事に対するモチベーションが高い体験者は、最初は事務職を考えていたそうですが、派遣会社のすすめでメディカルクラークの資格を取得しました。

メディカルクラークの資格を持っていれば、他の医院でも働くことができます。もちろん、その人の希望次第ですが正社員として働ける可能性もあります。高度なスキルや資格は、断然有利に運ぶのです。

煩わしい人間関係から解放された

派遣社員

営業事務で煩わしい人間関係から解放された

★★★★★★★★★★4.1

大学卒業後は正社員でメーカーに勤務していましたが、人間関係でうまくいかなくなり体調を崩して退職しました。いつまでも親の世話になるわけにはいかないので派遣会社に登録。以前は、派遣会社は大変と言うイメージがありましたが、煩わしい人間関係から解放されたのが何よりのメリットです。福利厚生のしっかりしている派遣会社に登録しているので、大企業並みのサービスが受けられます。

人間関係は、どんな職場でも付き物の悩みです。仕事の内容自体よりも、人間関係が下人で退職を余儀なくされる人のほうが多いかもしれません。

体験者も仕事面では順調だったようですが、同僚とのトラブルで会社勤めができなくなったそうです。精神的なダメージを引き起こしていた可能性が高いことがうかがえます。

しかし、しがらみのない派遣社員として働くことで体調が回復したようです。派遣社員は疎外感を感じる人もいますが、反対に、割り切った人間関係のほうが性に合っている人もいるのです。

金融関係の派遣社員は重宝される

派遣社員

金融事務の知識を活かせる

★★★★★★★★★★4.1

以前は銀行で正社員として勤務していました。ところがお局様とささいなことでもモメてしまい、嫌になって退職を。金融事務の知識を生かすべく、都市銀行や大企業との取引の多そうな派遣会社に絞って登録をしました。狙い通り、銀行で働いていたことから金融事務の仕事に圧倒的に強く、他の人よりも有利に働くことができています。専門的技量があれば、派遣でも年齢を重ねても仕事があることを実感しました。

こちらの体験者も人間関係の悩みのため、正社員として勤務していた銀行を辞めたとのことです。

もったいない気がしますが、金融に関する高度な知識を持っていることが功を奏しました。派遣会社の登録者の中で、金融の知識を持っている人は多くはないため、派遣会社から好条件の派遣先企業を紹介されています。

この体験者はもともと高度なスキルを持っていたため、「ありのまま」で働くことに成功したのです。

紹介予定派遣から正社員になれた

派遣社員

紹介予定派遣から正社員に

★★★★★★★★★★4.1

大卒後に進学塾の事務員として3年半勤務していましたが、特殊な業態のため、どうしても帰宅が21時過ぎになってしまいました。友達や彼との時間も大切にするため、9時~17時という一般的な働き方を希望するように。そこで、製薬メーカーの事務に派遣社員として転職。契約満了後はやはり「安定したい」と思い、紹介予定派遣に登録。現在は、製造業の営業事務として正社員として働くことができています。

業種によっては、事務職でも夕方に帰ることができないケースもあります。

体験者は学習塾での事務員だったため、どうしても帰宅が普通の会社員に比べると遅くなってしまいます。つまり、ライフスタイルが多くの人とはズレてしまっていたのです。友達と時間を合わせるのも大変だったようです。そして紹介予定派遣を経て正社員になることができたそうです。

派遣社員の働き方は、メリットもデメリットもあります。しかし、まず派遣社員として働くことで、自分にとっての仕事の価値を見つけることができるのです。

自分にとっての楽な仕事を見つけよう

一般的に派遣社員の仕事は楽だと認識されているようですが、その理由は、責任の有無や作業内容に関すること、残業がない、人間関係の有無などが挙げられます。

しかし、人によって感じ方はさまざまです。コミュニケーションが得意な人であれば接客業のほうが楽に感じるでしょうし、反対の場合は黙々と作業をこなす仕事のほうが楽に感じるでしょう。

大切なことは「自分にとってストレスのない働き方は何か?」をじっくり考えることです。

勘違いしてはいけないことは、簡単で楽そうで、そして責任を負わなくても良さそうに見える仕事でも、与えられた仕事はきちんとこなすということです。決して手を抜いてはいけません。

この点を肝に銘じた上で、自分にとっての楽な仕事を探しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧