1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 企業を調べる
  4. ホワイト企業
  5. ホワイト企業あるある。ホワイト企業とブラック企業の特徴・比較まとめ

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

ホワイト企業

ホワイト企業あるある。ホワイト企業とブラック企業の特徴・比較まとめ

あなたは共感できる?ホワイト企業あるある

ブラック企業に勤めたくない、できればホワイト企業に勤めたいと誰もが思いますよね。しかし、自分の勤めている会社が果たしてホワイト企業といえるのかどうか、わからないという方も多いでしょう。

そこで、ここではホワイト企業によくある特徴などについてご紹介したいと思います。また、ホワイト企業に就職するための方法についてもお伝えします。実際に勤めたい企業を選ぶ際に役立つ注意点やポイントも記載しているので、ぜひお役立て下さい。

合わせて読みたい

ホワイト企業の特徴は?ホワイト企業で見つけたあるある

給与体系が整っている

残業をした分だけ、残業代がきちんと支払われるのもホワイト企業の特徴です。また、明確な評価制度が設けられていて、頑張り次第で昇給が行われたり、ボーナスが増える可能性があったりします。

努力して働いても給与にほとんど影響がないのでは、自然と仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。仕事の成果を上げれば、独自の臨時ボーナスが支払われるような会社なら、ホワイト企業といえるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

有給消化率が高い

ホワイト企業であれば、社員の人生についても深く考えた対応をしてくれます。そのため、長期休暇を取りやすかったり、好きな時に有給休暇が取得できるのも特徴です。

ブラック企業では、なかなか有給を取得しにくい環境が作られていることがあります。もし、就職・転職したい企業があるなら、その会社の有給消化率は高いかどうかもチェックしておきましょう。優良企業であるほど、社員たちが自由に有給休暇を取っているはずです。

有給消化率の高さは、働く環境が良いかどうかの一つのバロメーターとなります。

合わせて読みたい

残業が少ない

ホワイト企業であれば、残業時間はほとんどないことが多いのです。日々、残業時間を作らないために、仕事を効率的にこなせるように促してくれます。また、ノー残業デーを作ったりする努力もしています。

また、社員全体が定時に帰る雰囲気を作り出しています。ブラック企業のように、サービス残業を当たり前のように繰り返させる姿勢は、ホワイト企業にはありません。

そのため、月の残業時間が10時間以下であることもあります。もちろん、残業した分の賃金はきちんと支払ってくれる体制も整えています。

上司と部下の関係など職場の雰囲気がよい

何か問題が起こっても、上司に信頼を寄せて相談しやすい環境があれば嬉しいですよね。ホワイト企業では上司と部下、先輩と後輩の人間関係がオープンで、信頼性が高い場合が多いようです。

反対に、パワハラやモラハラ、セクハラなどが多発しており、働きにくいのがブラック企業の環境です。なかには、上司の部下イジメや先輩社員の後輩イジメが常態化している職場もあります。

ホワイト企業なら、そのようなことがなく人間として尊敬できる上司や先輩に出会える確率も高いのです。

合わせて読みたい

社員の教育制度が整っている

ホワイト企業なら、新入社員や中途社員を長期的視野で育成する教育体制が整っています。一人ひとりの社員たちの持つスキルや能力を、無理なくアップさせるための仕組みがあるのです。

逆に、ブラック企業の場合は、そのような仕組みがまったくありません。そのため新しく入ってきた社員たちの教育は、すべて以前から働いている先輩社員たちに任せる体制となっていたりします。これでは、先輩社員たちも大変です。

そのような無理のある体制への苛立ちが、後輩イジメにつながってしまうこともあります。しかし、ホワイト企業なら、後輩社員は大切に育てるものという姿勢が会社の教育システムにあります。

子育てがしやすく女性が働きやすい環境

女性が働きやすい職場づくりを目指しているため、産休や育休を取得しやすい環境となっています。実際に、男性の育休取得例がある場合もあります。最近の若い男性たちの中には、自分の子供ができたら積極的に育児に参加したいと思っている方も増えています。しかし、実際問題として、男性が育休を取得すればその後仕事に復帰しても出世できなくなるなど、様々な問題があります。

ホワイト企業では、そのような問題を解決しようと頑張っています。また、幼い子供のいる女性社員のために、社内に託児所を設けているところもあります。

合わせて読みたい

福利厚生が充実している

ホワイト企業では、社員が楽しめる福利厚生にも力を入れています。たとえば、温泉などの保養施設を会社が運営していたり、ディズニーランドのようなテーマパークの割引チケットを発行してくれることもあります。

その他にも、社員の誕生日休暇など、独自の休暇制度を整えていることもあるでしょう。これは、社員たち一人ひとりの楽しみにもつながります。そのため、自然と会社に対して感謝する気持ちにもなり、仕事に対するモチベーションもアップしやすくなります。

あなたの会社はどっち?ホワイト企業・ブラック企業チェックリスト

有給休暇はとりやすい環境か?

ブラック企業によくあるのが、有給休暇を取りづらい環境です。有給休暇とは、会社を休んでも給料がもらえる休日のことで、本当は社員が自由に取れるように配慮されるべきです。ところが、ブラック企業では、何となく有給休暇を取りにくい環境を作っていて、社員たちがその空気を読むように促していたりします。

逆に、ホワイト企業であれば、上司が部下の有給休暇の取得を勧めたりして、社員たちが有給を取得しやすい環境作りをしていることが多いのです。

合わせて読みたい

月の残業時間は平均どれくらいか?

ホワイト企業では、社員になるべく残業をさせないような仕組みを作っています。ただし、職種によっても月の残業時間の平均は異なります。2018年6月にdodaが行った調査によれば、もっとも残業が少なかった業種は経理事務・財務アシスタントで、月に11.1時間でした。就労している方の多い一般事務でも、月に12.2時間と少なめでした。

また、もっとも残業の多い職種はゲーム(制作・開発)で、月に45.3時間となっています。ホワイト企業ならば、残業時間はこれらの数値よりも少ないでしょう。

参考:doda

合わせて読みたい

残業代はきちんと支払われているか?みなし残業はあるか?

ホワイト企業であれば、残業しなくても勤務時間内に仕事が終わるようにしてあります。そのため、ほとんど残業する必要がないのも特徴です。もし、何かトラブルが起こって残業時間が発生しても、1分単位で残業代が支払われることもあります。

また、最初から少しの残業時間が出ることを計算して賃金の中に組み込む「みなし残業」を取り入れているところもあります。ブラック企業のように、平気で多くのサービス残業を強いる態度とは対照的です。

合わせて読みたい

パワハラ・セクハラが起きる環境はなさそうか?

一般企業によくあるパワハラやセクハラがない、または少ないことも、ホワイト企業の特徴の一つといえるでしょう。上司からの理不尽な叱責や命令によるパワハラや、性的言動によって被害者の心を傷つけるセクハラは、社員たちの働きにくさに直結します。特に、大きな企業になるほど様々な人たちが働いているため、そうした問題も起きやすくなるのです。

そのため、社内にハラスメント問題があることをしっかり認め、すぐに上部に通報できるシステムを作って対処しておくのが、ホワイト企業のあるべき姿といえるでしょう。

合わせて読みたい

産休・育休制度などの福利厚生は整っているか?

実は、ブラック企業では福利厚生がほとんどないところもあります。たとえば、正社員として就職・転職しても雇用保険に加入できず、国民健康保険に加入しなければならないケースもあるようです。こうなると、相当悪質です。

また、産休や育休などの福利厚生は、優良企業を中心として次第に見直しが行われていますが、ブラック企業では、女性職員が妊娠した途端に左遷を行って、退職に追い込むようなケースも見られるので要注意です。

合わせて読みたい

体調を理由に休職・退職している人が多くないか?

ホワイト企業であれば、社員が働きやすい環境が整っているので離職率は低いはずです。もし、体調の悪化を理由とした休職者や退職者の多い職場に勤めているなら、注意が必要です。労働条件の劣悪さに耐えきれない社員たちが多い、ブラック企業の可能性があります。

特に、怖いのはうつ病などの精神的な病気です。一度患ってしまうと、なかなか治りません。ずっと気分が重くて憂鬱な気持ちが消えなかったり、何をしても楽しくなかったりするのは、要注意のサインです。過酷な職場環境のために、精神病を患って休職・退職する社員の多い職場からは早めに退散しましょう。

また、優秀な社員たちが次々と辞めていく企業も、いろいろと問題がある場合が多いようです。あなたの勤務する企業についても、離職率や休職人数を調べてみると、ホワイト企業かどうかが客観的に分かるはずです。

合わせて読みたい

社員が働きやすい環境づくりができているか?

特に、女性社員に親切なのがホワイト企業の特徴です。ほとんどの日本の企業は、労働者の人生について考える姿勢がありません。しかし、本物のホワイト企業であれば、労働者が働きながら幸せな人生を送れるシステムを作っていきます。女性の場合、出産や育児のための休暇を取りやすく、好きなときに仕事に復帰できる環境があれば最高です。

これからの時代は、利益ばかりを追い求めるのではなく、一人ひとりの社員が働きやすい環境づくりが求められています。

合わせて読みたい

ホワイト企業に就職するにはどうしたらいい?

ホワイト企業の見分け方を知ろう

中途採用の求人が少ない

ホワイト企業であれば、働きやすい社内環境があり、福利厚生もしっかりしているので、辞めていく社員が少ないです。そのため、中途採用の求人をほとんど出していません。

ブラック企業であれば、過酷な労働環境に耐えきれず辞めていく社員が多いので、常に中途採用の求人を出していたりします。ホワイト企業なら、新卒の社員を補充する以外には、求人広告をほとんど出していないことも多いのです。

合わせて読みたい

女性に親切な制度を導入している

女性社員に対して親切なのもホワイト企業に多い特徴です。たとえば、出産した後にキャリアアップできるような環境が整っている場合は、ホワイト企業であることが多いでしょう。

ブラック企業の場合は、出産すればそのまま退職に追い込まれることも少なくありません。

転職サイトを活用して探してみよう

実際のところ、転職したい企業がブラックかどうかを一人で見極めるのは難しいです。その点、転職サイトの職業カウンセラーに相談できる場合は、ブラック企業への転職を避けやすくなります。

実は、ホワイト企業でも中途採用を多く募集しているところもあり、素人の判断ではブラックかどうかの判断がつきにくいことも多いのです。しかし、転職のプロである転職サイトの職業カウンセラーなら、お目当ての企業がホワイト企業であるかどうかが明確に判断できます。

できれば、企業選びから面接対策に至るまでフォローが行き届いている転職サイトを選ぶのをおすすめします。

合わせて読みたい

企業を選ぶときの注意点やポイント

会社の知名度に惑わされない

有名な大手企業であるから、必ずしもブラックでないかどうかはわかりません。知名度が低い会社の中にも、ホワイト企業はあります。逆に、誰でも知っている有名企業なのに、入社してみるとひどいブラック企業であるところも少なくありません。

会社の知名度や大きさだけで、ホワイトな労働環境で働けると決めつけるのは危険です。入社した後に、こんなはずではなかったと後悔することのないように気を付けましょう。

転職サイトの転職カウンセラーに相談することができればその点は安心ですね。

合わせて読みたい

高収入でもみなし残業が多い企業もあるので注意が必要

求人広告に書かれている月収や年収が多くても、ホワイト企業の証とはなりません。なかには、みなし残業の多い会社もあるので注意が必要です。つまり、入社してみるとものすごく残業が多くて驚くようなこともあるのです。

そのため、収入額の数字が高いか低いかだけに注意を払っていてはいけません。実際に入社して働いてみなければ分からないことも多いので、転職サイトに掲載されている先輩社員たちの評価も参考にしていきましょう。

会社や企業の情報収集は細かくチェックする

あなたがホワイト企業への就職や転職を目指しているなら、お目当ての会社の情報はできるだけ多く集めて細かくチェックするようにしてください。よく注意して求人広告を選んでいく必要があります。

転職サイトの職業カウンセラーの力を借りれば、自分だけではチェックを洩らしやすい細かいポイントについても、プロの目でチェックしてもらえます。特に、本当に就職・転職を目指す企業がある場合は、細部までチェックを怠らないようにしましょう。

合わせて読みたい

ホワイト企業の判断基準を身につけよう

様々な項目をチェックしてみると、実は自分の勤める会社がブラック企業だった、という方も多いかもしれませんね。もし、耐えきれずにホワイト企業への転職を目指したいなら、ぜひ転職サイトを活用してみましょう。

職業カウンセラーがプロの目でブラック企業の求人広告を見極め、ホワイト企業への就職へと後押ししてくれます。もう二度と転職に失敗したくない、必ずホワイト企業へ就職して楽しい毎日を過ごしたいというあなたには、力になってくれる転職サイトがおすすめです。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧