ホワイト企業ランキング一覧 [1位〜100位]

ホワイト企業一体なに?

皆さんは、「ホワイト企業(優良企業)」と「ブラック企業」を正しく把握していますか?安心して働きたい、ホワイト企業に就職したいというのであれば、正しい認識をしていなければなりません。実際に、ホワイト企業だと言われて入社したものの、想像していたものと違い結果苦しい思いをする。という事態になりかねません。まずは、ホワイト企業の定義をしっかりと理解しましょう。

「ホワイト企業」は具体的に、社員への待遇や働く環境が整っており、福利厚生などが充実している「働きやすさにおいて優れた企業」のことです。

特徴は、劣悪な環境で無理な労働を強いるブラック企業とは対照的に、ホワイト企業には就職や転職での入社希望者が後を絶たないということ。そして圧倒的に新卒社員の離職率が低く、定着率が高いということです。入社する前に、自分でその会社の事業内容や福利厚生についての情報収集をし、精査し判断するということが大切ですね。

ホワイト企業ランキング一覧

ホワイト企業の中でも特に優れた企業をここでは「超ホワイト企業」若しくは「優良企業」と呼んで、ご案内することにします。
就活生または転職者の皆さんの企業選びの際の参考にして頂ければと思います。

以下に掲示するのは、2014年版「CSR企業総覧」が発表した優良企業の格付けになりますが、この数字は2010年4月に入社した新卒者のうち3年後の2013年4月1日まで離職せずに同じ企業で勤務していた人数について調査したものです。尚、3名以上の新卒者を採用した企業が調査対象となっていることをお断りしておきます。

このリストの掲載順は2010年4月での入社した人数の多い順から記載されています。ランクインされた企業の中には一流企業と呼ばれる企業でない会社も含まれていますが、そこに名前が挙げられた全部の企業において、新入社員全員が3年間後まで全在籍していたという結果が出ています。つまり定着率が100%で離職率がゼロという企業ばかりなのです。

type転職エージェントで転職活動してみる

ホワイト企業を探すのであれば。大手のtype転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか?
type転職エージェントに寄せられている求人の約80%が非公開求人ととっても多く存在します。無料で登録するだけで非公開求人を見ることができ、自分にあった企業が見つかるかもしれません。

またホワイト企業で重視したいのが年収ですよね。type転職エージェントでは、これまでの経歴やキャリアを考慮して自分に代わって企業と年収の交渉をしてくれるんです。自分では交渉しずらい年収を実力を評価してもらいながら年収UPも間違いありません。ぜひ登録して転職活動を進めてみてください。
type転職エージェントをチェックしてみる

1〜25位

1位:東ソー(化学)
2位:東邦ガス(電気・ガス業)
3位:愛知製鋼(鉄鋼)
4位:国際石油開発帝石(鉱業)
5位:アズビル(電気機器)
6位:栗田工業(機械)
7位:日産自動車(輸送用機器)
8位:商船三井(海運業)
9位:田辺三菱製薬(医薬品)
10位:高知銀行(銀行業)
11位:信越化学工業(化学)
12位:日本郵船(海運業)
13位:不二製油(食料品)
14位:三菱地所(不動産業)
15位:ADEKA(化学)
16位:ツムラ(医薬品)
17位:王子ホールディングス(パルプ・紙)
18位:住友精化(化学)
19位:新東工業(機械)
20位:ティラド(輸送用機器)
21位:三井不動産(不動産業)
22位:カルピス(食料品)
23位:三菱倉庫(倉庫・運輸関連業)
24位:DIC(化学)
25位:J-オイルミルズ(食料品)

優良企業のランキングの中で、1位から25位までが載っています。いわゆるホワイト企業と呼ばれる福利厚生が厚く、社員の離職率が低い会社です。ここに載っている会社の社員の方々は辞めずに長く働く人ばかりだそうです。ホワイト企業なのですから当たり前ですが、世の中には人が辞めたくない、居心地が良いという会社が存在するんです。
通信・道路・ガス・電気・水道などの産業基盤関係や自動車や食品業界に携わる大手の会社が多くランクインしているのが特徴です。

26〜50位

26位:荒川化学工業(化学)
27位:タクマ(機械)
28位:日本精機(輸送用機器)
29位:川崎汽船(海運業)
30位:八洲電機(卸売業)
31位:ダイニチ工業(金属製品)
32位:アイル(情報・通信業)
33位:日本特殊陶業(ガラス・土石製品)
34位:アドバンテスト(電気機器)
35位:ヤマナカ(小売業)
36位:蝶理(卸売業)
37位:日本曹達(化学)
38位:HIOKI(電気機器)
39位:兼松エレクトロニクス(情報・通信業)
40位:エヌ・デーソフトウェア(情報・通信業)
41位:片倉チッカリン(化学)
42位:第一実業(卸売業)
43位:東陽テクニカ(卸売業)
44位:井筒屋(小売業)
45位:東宝(情報・通信業)
46位:北海道コカ・コーラボトリング(食料品)
47位:東亞合成(化学)
48位:日阪製作所(機械)
49位:澤藤電機(電気機器)
50位:三信電気(卸売業)

26位~50位までにランクインした企業はIT系、電気メーカー、化学系が多いです。ホワイト企業の特徴として安定した収益が上げられますが、これらの企業も歴史があり、経営が安定しているのが特徴です。やはり会社が健全な経営を行っていることが社員の働きやすさにつながっているようです。

ホワイト企業を探すなら大手のリクルートエージェントを活用してみる

ホワイト企業は大手のリクルート会社で検討することをおすすめします。
転職成功実績No.1の大手企業のリクルートエージェントであれば、業界トップクラスの求人数で自分に合った企業を見つけることができます。また、大手のリクルートエージェントであれば、ブラック企業をおすすめすることはしません。自分とってホワイト企業か、条件に合った職種や企業をアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。
リクルートエージェントでしか知れない転職の情報も提供されているので、情報取集として登録してみてもいいかもしれません。
リクルートエージェントをチェックしてみる

51〜75位

51位:ニッカトー(ガラス・土石製品)
52位:リョービ(非鉄金属)
53位:日本ピストンリング(機械)
54位:チノー(電気機器)
55位:ショーワ(輸送用機器)
56位:理研計器(精密機器)
57位:ピジョン(その他製品)
58位:千趣会(小売業)
59位:ホソカワミクロン(機械)
60位:巴工業(機械)
61位:サンデー(小売業)
62位:松竹(情報・通信業)
63位:北陸電話工事(建設業)
64位:日清製粉グループ本社(食料品)
65位:第一工業製薬(化学)
66位:古河機械金属(非鉄金属)
67位:IDEC(電気機器)
68位:フジオーゼックス(輸送用機器)
69位:ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(精密機器)
70位:NECフィールディング(サービス業)
71位:エス・ディー・エス バイオテック(化学)
72位:オプテックス(電気機器)
73位:ニチハ(ガラス・土石製品)
74位:オエノンホールディングス(食料品)
75位:TOKAIホールディングス(卸売業)

上記は51位〜75位です。電子機器、食料品、通信業、機械、小売など、様々な業界の企業がランクインしています。1位〜50位と比べてみると業界にばらつきがあるように感じられます。

76〜100位

76位:東京応化工業(化学)
77位:野村マイクロ・サイエンス(機械)
78位:協栄産業(卸売業)
79位:桜井製作所(輸送用機器)
80位:タツミ(輸送用機器)
81位:横浜魚類(卸売業)
82位:マクニカ(卸売業)
83位:信越ポリマー(化学)
84位:飯野海運(海運業)
85位:ラサ商事(卸売業)
86位:鬼怒川ゴム工業(輸送用機器)
87位:テクノスマート(機械)
88位:アネスト岩田(機械)
89位:竹内製作所(機械)
90位:ニチダイ(機械)
91位:アルプス電気(電気機器)
92位:日本アンテナ(電気機器)
93位:日本タングステン(電気機器)
94位:マルカキカイ(卸売業)
95位:ジーエスサイエンス(精密機器)
96位:東京ソワール(繊維製品)
97位:新光商事(卸売業)
98位:オリックス(その他金融業)
99位:大京(不動産業)
100位:ながの東急百貨店(小売業)

76〜100位については、卸売業と機械が目立ちます。日本の高度経済成長を支えた産業の企業が安定してホワイト企業として、今も存在すると言ったイメージでしょうか。歴史のある企業はノウハウや安定した基盤など、法人としての戦い方を上手く身につけているといった印象です。

自動車企業や工業会社を探すなら工場求人ナビを活用してみる

上位にランクインすることが多い「自動車企業」や「工場や工業企業」はやはり大手の企業メーカーのランクイン率が多くあります。
ホワイト企業に勤めたいと思ったら、まず大手企業の募集率が大きい、工場求人ナビを使って転職活動をしてみましょう。

工場に?と思うかもしれませんが、ホワイト企業もそろっている大手企業の募集求人なので憧れの大手でホワイト企業に勤められるチャンスかもしれません。
工場ナビをチェックしてみる

ホワイト企業が多い業界

ホワイト企業を定着率、年収の高さ、福利厚生の充実さなどの様々な観点から判断し、総合評価した上でご紹介します。上記のランキングを見ても分かるように、業界によってその業界に占めるホワイト企業の割合は大きく異なり、多く存在する業界とほとんどない業界とに大きく分かれます。このような特徴をもつため、ホワイト企業を見つけるにはある程度のコツが必要です。

ホワイト企業を探す時のポイントは、まず自分が希望する業界をリストアップし、ある程度自分が向かうであろう希望職種の方向性を固めたうえで、自分が本当にやりたい仕事ができそうな企業、年収や労働環境など、自分が求める条件を満たしている企業を探すとより効率的に自分に合った企業を見つけることができるでしょう。やみくもにいろいろな業界を探していくよりも、先に業界全体を俯瞰して把握したうえで、そこから細かい条件を詰めていくと効率的かもしれません。

輸送用機器

輸送用機器メーカーはホワイト企業が多いのですが、具体的にどのようにホワイト企業であるのかを詳しい数字も交えて見ていきましょう。まず輸送用機器メーカーで務める会社員の平均年収は580万円、定着率89%と高いですが、中でも驚きなのは有給取得率は69%で、大手メーカーや、知名度が低いがトップシェアを誇るようなメーカーに関しては80%からなんと100%に達するメーカーもあるようです。具体的なメーカーを2社ご紹介したいと思います。

まずはトヨタ自動車です。誰もが知る日本が誇る大手自動車メーカーですが、圧倒的な社員数を抱えながらも高い95%という定着率を誇り、有給取得率はなんと90%を超えています。40歳の平均年収は765万円で年間休日が121日あるというのも驚きです。

次にデンソー を見て見ましょう。日本の自動車部品のサプライヤーでありながら、世界30カ国で自動車部品や自動車システムを開発・販売しているメーカーです。40歳の平均年収は75万円で定着率も97%と高い水準をクリアしているのがわかります。有給取得率はトヨタには劣りますが83%と十分に高い数字であると思います。

以上のことからホワイト企業であるというのがよくわかりましたが、この二つのメーカーは事務系職や技術系職のほかに、業務職にも応募可能です。

食料品メーカー

ホワイト企業が特に多いのが食料品メーカーです。味の素・JT・キッコーマンどのこれらの企業は完全に消費者の心を掴んでいるといえるでしょう。大手食料品メーカー,世界第3位を誇るたばこメーカー,しょうゆのトップブランド日本人なら誰もが知っている企業です。年間休日は125日以上,40歳平均年収は757万円以上,定着率も95%以上とホワイト企業中のホワイトです。文系・理系ともに応募可能となっています。有名企業で,休日も給料も良いとなるともちろん入社の倍率が高いです。

「味の素」は大手の食品メーカーです。昔からグローバル展開もしていて、世界中から需要があります。40歳での平均年収は920万円、有給取得率は76%と年収がとても高い企業です。有休取得率についても半分を超えていて、取りやすい事が伺えます。注目すべきは定着率98%です。ほとんど人が新卒で入社して退職する事はないですね。

「JT」は世界第3位を誇るたばこメーカーです。たばこ以外は飲料、医薬や加工食品にも取り組んでいます。キャッチコピーが「人のときをおもう」とたばこを中心とした商品を開発しています。食品メーカーの中ではトップの有給取得率を誇ります。有給取得率は78%です。40歳平均年収:834万円、定着率は96%と日本の数多ある企業と比較すると圧倒的な数値である事がわかります。

「キッコーマン」は醤油のトップブランドです。日本人なら間違いなく一度は使った事があるでしょう。酒類、飲料、健康食品などの事業にも取り組んでいます。グループ会社採用のため、定着率・有給取得率ともに高水準を維持しています。40歳平均年収は758万円、定着率は96%、有給取得率は77%とかなり高い数値です。上記2つの企業と比較すると劣りますが、ホワイト企業と言えるでしょう。年間休日は125日と休日と祭日の他のお盆休みや年末年始休暇が長い事が伺えます。

化学メーカー

ホワイト企業が多いとされるメーカーの中でも実は化学メーカーは特に優良企業が多いをご存知でしょうか。業界平均年収は614万円、定着率は94%、有給取得率は59%と高水準を達成しており、働きやすい環境が整っています。

身近な製品から最先端技術を駆使した製品まで幅広い展開が魅力の東ソーは、40歳平均年収が660万円、定着率は99%、有給取得率は80%で、定着率と有給取得率の高さは全業界でトップレベルでしょう。年収はやや劣りますが、有休取得率の高さと定着率からわかるように働きやすい環境であると言えるでしょう。

また、世界トップシェアの製品を多く開発しているJSRは40歳平均年収が754万円、定着率は98%、有給取得率はなんと98%。有給がなかなか取りづらいというサラリーマンが多い中でこの取得率は驚きの高さです。

「化学メーカー」と聞くと理系のイメージが強いですが、実は文系の人が活躍する場もたくさんあります。理系の人はもちろん文系の人も化学メーカーを就職先の候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ホワイト企業の探し方

就職したことがある人なら分かるかと思いますが、大企業や有名企業だからホワイト企業だということは決してありません。逆に小さな規模の会社だからブラック企業であるということもありません。「かっこいいCMや広告を大々的に打っているのに、社内は実はひどい」なんてこともよくあります。どの企業も社会に向けた顔とは別の内部社員に向けた別の顔が存在するものです。

ホワイト企業に明確な基準はありません。勤務しやすく休みが取りやすい。そして給料が良い企業、そんなイメージがホワイト企業にはあると思います。もちろん理想論で、多数の人は多少仕事が大変でも譲歩している点もあると思います。例えば、休日をしっかり取れる事、有給休暇をきちんと消化できるポイントをホワイト企業と考える人もいれば、残業は多いがきっちり残業代を支払ってくれるポイントをホワイト企業と考える人もいます。

仕事の向き不向きも大きく関係します。例えば、自分の興味のあることであれば多少苦痛が伴っても成し遂げたときには大きな達成感や充実感に変わります。しかしまったく興味のないことだと、たとえそれをクリアしても疲労感しか残りません。そのため、自分にとって働く上での許容範囲どこからどこまでなのか、しっかりとボーダーラインを考える必要があります。

自分の大切にする条件を洗い出す

企業選びをする際に、最低限のボーダーラインを定めて候補を探す事となると思います。次のような点で考えてみましょう。転職活動の際によく聞かれる「軸」というものです。

・研修内容や実施期間、その期間の給料
・希望の年収や福利厚生の有無
・残業の有無、残業代の支給が時間と見合っているか
・有休は自由にとれるか
・仕事内容、スキルアップをはかれるような仕事であるか

これらが自分の希望や条件とあっているか充分検討し候補に選んでいき、就職への準備を進めていくこととなるでしょう。しかし、実際にそれらの事が詳細に載っている求人案内は多くはありません。基本的には充分検討しうるだけの材料が少ない事の方が多いでしょう。

「サービス残業をさせている」
「休日出勤が常態化している」
「有休消化は暗黙の了解で禁止」
「仕事とは名ばかりの単純作業」
「社内ニート」

など社内のマイナスイメージになる実態をわざわざ求人欄に載せる企業はないでしょう。その時にどうして判断したらいいか。そこで役に立つのが口コミサイトです。口コミサイトには実際にその会社で働いていいた社員や現役の社員が書き込みをしているので、参考にしましょう。

転職サイトで探す時に「平均勤続年数」を注意してみる

就職先を選ぶポイントの一つとして、あまり目にしたことは無いかもしれませんが「平均勤続年数」を参考にするという方法があります。平均勤続年数が長いという情報は、多くの社員にとって働きやすく無理なく不満なく長く勤められる、という、貴重な情報の一つでもあります。職場環境が良好なホワイト企業であるという見当がつきますね。

現状でこの「平均勤続年数」を載せている転職サイトはあまりありませんが、「ピタジョブ」という転職サイトの一部に、この平均勤続年数の情報が載っています。詳細情報まで載っていると、ホワイト企業も探しやすくなりますね。求人を出している企業はだいたいの場合、いろいろな求人サイトに募集を載せています。この「ピタジョブ」を転職先を選ぶメインとして使わなくても、他サイトを使いながら情報検索ツールとして、サブで使うのもいいのではないでしょうか。ホワイト企業に長く勤められるよう、是非平均勤続年数も参考にしてみてください。

企業の口コミサイトを活用する

口コミサイトは、商品や食事、サービスなどの評判や噂を扱うネット上のサイトで、代表的なサイトといえばAmazonや楽天などが挙げられます。また、それ以外にも転職活動を行っている人々を助けるための口コミサイトも存在します。

転職活動のための口コミサイトでは、当該会社に勤めている社員や元社員が実際に投稿しているもので、職場の雰囲気、給料、仕事のやりがい、この企業の良い点・悪い点などの情報を確認することができます。これまで口コミサイトが登場するまでは、上辺だけの情報しか確認できずに実はブラック企業に就職してしまったということがあるが、近年これらの口コミサイトを利用することによって、ブラック&ホワイト企業かをある程度見極めることができるようになったため、転職活動を成功する人が増えてきているのではないかと思われます。

ブラック企業の求人の特徴を把握する

応募条件で次のような場合は注意が必要です。「未経験者歓迎」「学歴不問」など、幅広い条件ではないですか。それだけ広くしないと応募者がいない可能性があり要注意です。

幅をもたせた年収例ではないですか(例;年収〜800万)
精神論を大きく掲げていいる求人ではないですか(お客様の笑顔が生きがい、働く喜びなど)
社員数に対し、募集人数が多くないですか。割合が高い場合は警戒が必要です。(会社概要で社員数を確認しましょう。)

また、面接は企業がこちらを判断する場ですが、同時にこちらも企業を見ることができる貴重な時間です。面接時にこちらも相手をしっかり確認しましょう。面接官の態度はどうですか。入社した場合、自分の上司になる人です。明らかに高圧的だったり、身なりがだらしなかったりすると人間性が気になります。社内の雰囲気はどうですか。ピリピリして笑い声が全く聞こえないなどの状況ではありませんか。電話対応はしっかりしてますか。社内の掲示物を確認してください。精神論を訴えるような張りがみはないですか。すぐにでも内定や契約に進めようをしていませんか。(ただし、本当にあなたが必要で急いでいたりする可能性もありますので、しっかり見極めましょう)

まとめ

このホワイト企業、優良企業一覧のリストに掲載されている企業は、やはり社内の居心地や従業員の待遇が充実し、働く人のやりがいなど皆様にとって魅力が多々あるのでしょう。業界の職種としては、化学・電気・機械・不動産・IT・食品など様々ありまして、ホワイト企業(優良企業)は一流企業として、世間に名前が通っている会社だけでなく、それ以外にも、これだけ多くのホワイト企業があるのです。

これから就職や転職を考えている皆様には、このようなホワイト企業ランキング・優良企業ランキング一覧リストを参考にし、低離職率、定着率100%の企業について優先的に検討されるのも一つだと思います。ぜひ、この機会にホワイト企業ランキング、優良企業ランキングの一覧リストを見ていただき、就職や転職など有効に活用してみてください。