「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 企業を調べる
  4. ホワイト企業
  5. 【2020年最新!】ホワイト企業ランキング 1位〜100位を一覧で大発表!
ホワイト企業

【2020年最新!】ホワイト企業ランキング 1位〜100位を一覧で大発表!

ホワイト企業ってなに?

就職活動や転職活動をしている時によく耳にする「ホワイト企業」。一般的にホワイト企業とは、「働きやすい制度が整っている、社員を大切にする企業」と言われています。

この記事では「ホワイト企業」についてよりよく理解するために、社会人が求めるホワイト企業の条件と、それを元に選定されたホワイト企業ランキングを説明していきます。

合わせて読みたい

待っているだけでホワイト企業からスカウトが来るかも?「ミイダス」をチェック

ホワイト企業に入社したいけれど、どうしたらいいかわからないし、自分の実力で入れるかもわからない……そう思う人に試してほしいのが、自分の市場価値を診断したついでに転職活動もできるツール「ミイダス」です。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスは通勤中などのスキマ時間に簡単に無料登録ができて、市場価値診断をして結果を見たあとは、待っているだけで企業からオファーが来る仕組みです。オファーが来た時点で第一次選考は通過しているので、書類だけで落とされるというストレスはありません。まずはぜひ診断を試してみてください。

編集部が解説!ホワイト企業の3大条件とは?

個人が持つホワイト企業の条件は様々ですが、重要な条件として「離職率が低い」「正当な評価を受けられる」「福利厚生が充実している」の3つが挙げられます。

これらの条件が揃っている会社は、働き方改革や社員教育に積極的に取り組み、社員を大切に育てる風土があるのが特徴です。

最近ではフレックスタイム制やテレワークなどのワークライフバランスを取りやすい働き方を奨励している会社もあります。

合わせて読みたい

離職率が低い

「過酷な労働環境で長時間労働を強いられる」「ハラスメントが常態化している」などの企業側の労働環境や法令遵守の体制に問題がある場合、離職率が高い傾向にあります。

一般的に新大卒の入社3年後離職率は平均で3割と言われており、3人に1人が何らかの理由で離職しています。

現在の転職市場は人手不足で売り手有利なため、「ここで働き続けなければ次はない」と思う若者は減っています。つまり、就職氷河期の頃に比べると気軽に転職する若者が多くなったわけです。しかしそんな中でも、入社3年後も新卒が辞めずに、定着率が90%以上となっているホワイト企業が多数存在します。

20代でホワイト企業を目指すならJAICがおすすめ!

ホワイト企業は離職率が低く、さまざまな制度がしっかりしているので、それだけ採用の競争率も高くなっています。しかし、「履歴書や職務経歴書に自信がないから、自分にはホワイト企業は無理そう…」と諦めてしまう必要はありません。

もしあなたが20代であれば、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いがあるはずです。そんな出会いを見つけるためにチェックしたいのが、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)です。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICは、職歴・経歴に自信のない人のための就職支援プログラムを行う一方で、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業との連携を進めています。

そのため、フリーターや既卒からでもホワイト企業に就職のチャンスがあるのです。ぜひチェックしてみてください。

公正な評価制度がある

評価制度が曖昧だと、自分の実力を正当に評価してもらえず、上司の一存で評価が決まってしまうことがあります

営業や研究職のような業務であれば、営業成績や特許取得数などの数字で明確に成果がわかりますが、保守管理や事務職などの数字で測れない業務だと、評価基準が不明瞭で正当な評価を受けにくい傾向があります。

数的評価と非数字的評価をバランスよく取り入れて、誰もが納得できるような評価制度を導入している会社であれば、上司の好き嫌いで評価が決まることがなく、公正に評価を受けることができます

ホワイト企業に転職したいならリクルートエージェントに相談してみよう

ホワイト企業に就きたいと思っていても、どの企業がホワイトなのか?自分が働けそうな環境が整っているのか?自力での調査だけではわからないことはたくさんありますよね。

そんなとき大手のリクルートエージェントであれば、信頼と実績もあり求人数・利用者数はもちろんのこと、キャリアアドバイザーの在籍人数やサポート拠点の数など、どれもトップクラスなので安心して相談ができます。

リクルートエージェントをおすすめする理由

  • 公開求人11万件以上、非公開求人16万件以上という圧倒的な求人数
  • 全体の約2割が未経験OKの案件
  • 全国16ヶ所の拠点で求職者をサポート

リクルートエージェントでは計27万件以上の求人があるため、ホワイト企業の基準を満たす企業にも出会いやすいはずです。就業規則や残業時間、有給の消化率など、働く上で気になる点をぜひコンサルタントにぜひ尋ねてみましょう。

福利厚生が充実している

ホワイト企業の条件として、福利厚生が充実していることも挙げられます。福利厚生が充実していると従業員満足度が高くなる傾向があり、社員がモチベーションを持って働けるので生産性も上がります。

資格取得などのスキルアップ補助、リフレッシュ休暇や家族の誕生日に休める制度などが導入されている企業では、社員の組織への信頼が高まり、働きやすさとやりがいを持ちながら働くことができます

また、育休や産休制度がきちんと機能していて、復職しやすい環境が整っている会社では、女性の離職率が低いことも特徴です。

合わせて読みたい

ホワイト企業ランキング一覧を発表!

ホワイト企業ランキングでは、上位に業界シェア率が高く安定している企業が多く見られます。

しかし、BtoB企業や中小企業のような一般的には知名度の低い企業も見られ、どの企業も働き方改革や社員教育、法令遵守に積極的に取り組んでおり社員を大切にしようという取り組みをしています

働き方が多様化し、企業も変わりつつある現代ですが、生涯働き続けられるホワイト企業はたくさん存在します

出典:ホワイト企業総合研究所

合わせて読みたい

求人数の多いパソナキャリアでホワイト企業を見つけよう

ホワイト企業に転職したい!と思ったら、利用する転職サービスは一つに絞らず、色々な転職サイトやエージェントを使って比較してみることをおすすめします。その選択肢にぜひ入れてみてほしいのが、求人数の多いパソナキャリアです。

パソナキャリアは求人数が5万件以上あるので、ホワイト企業も多く探しだすことができます。またアドバイザーが面談から入社までの間、手厚くサポートをしながらあなたの転職を応援してくれます。

会員登録はもちろん無料で、3分で終わるのでぜひ登録してみてください。

1位~25位

順位 企業名
(株式会社略)
ホワイト企業度
1位 三菱地所(不動産開発)
★★★★★★★★★★
2位 グーグル(インターネットサービス)
★★★★★★★★★★
3位 三井物産(総合商社)
★★★★★★★★★★
4位 三菱商事(総合商社)
★★★★★★★★★★
5位 味の素(食品、飲料)
★★★★★★★★★★
6位 昭和シェル石油(エネルギー)
★★★★★★★★★★
7位 伊藤忠商事(総合商社)
★★★★★★★★★★
8位 特許庁(官公庁)
★★★★★★★★★★
9位 住友商事(総合商社)
★★★★★★★★★★
10位 サントリーホールディングス(食品、飲料)
★★★★★★★★★★
11位 ヴイエムウェア(ソフトウェア、システム運用)
★★★★★★★★★★
12位 中国電力(電力)
★★★★★★★★★★
13位 三井不動産(不動産開発)
★★★★★★★★★★
14位 マスワークス(ソフトウェア、システム運用)
★★★★★★★★★★
15位 アステラス製薬(医薬品)
★★★★★★★★★★
16位 日本たばこ産業(タバコ)
★★★★★★★★★★
17位 第一三共(医薬品)
★★★★★★★★★★
18位 三越伊勢丹ホールディングス(小売)
★★★★★★★★★★
19位 アドバンテスト(半導体)
★★★★★★★★★★
20位 マンダム(日用品、化粧品)
★★★★★★★★★★
21位 リクルートマネジメントソリューションズ(研修サービス)
★★★★★★★★★★
22位 中外製薬(医薬品)
★★★★★★★★★★
23位 デンソー(自動車部品)
★★★★★★★★★★
24位 ヤマハ(楽器、自動車)
★★★★★★★★★★
25位 旭化成(食料品)
★★★★★★★★★★

ホワイト企業上位に名を連ねている企業は、企業研究中の就活生でなくとも名前を知っているような有名どころが多いですね。

この中でも特に三井・三菱などの旧財閥系は、ホワイト企業ランキングだけでなく、高年収の企業ランキングでもよく名が挙がります。さらに商社や不動産開発は、高年収の業界ランキングにも挙がるので、双方の条件を兼ね備えた三菱地所や三井物産が上位に入るのは当然ともいえます。

VMwareやマスワークスは、普通に暮らしているとお世話にはなりませんが、企業では欠かせないソフトウェアを提供しているので盤石です。

25位~50位

順位 企業名 ホワイト企業度
26位 日本新薬(医薬品、医療機器)
★★★★★★★★★★
27位 出光興産(エネルギー)
★★★★★★★★★★
28位 アークシステム(SIer、ソフト開発、システム運用)
★★★★★★★★★★
29位 セールスフォース・ドットコム(ソフトウェア)
★★★★★★★★★★
30位 Apple Japan(インターネット)
★★★★★★★★★★
31位 ANAセールス(旅行)
★★★★★★★★★★
32位 クリエイトラボ(SIer、業務請負)
★★★★★★★★★★
33位 高島屋(小売)
★★★★★★★★★★
34位 アシスト(ソフトウェア)
★★★★★★★★★★
35位 九州電力(電力)
★★★★★★★★★★
36位 トヨタ自動車(自動車)
★★★★★★★★★★
37位 四国電力(電力)
★★★★★★★★★★
38位 ライオン(日用品)
★★★★★★★★★★
39位 キヤノンマーケティングジャパン(総合電機)
★★★★★★★★★★
40位 丸紅(総合商社)
★★★★★★★★★★
41位 オートデスク(ソフトウェア)
★★★★★★★★★★
42位 フューチャーブレーン(美容、コンサルティング)
★★★★★★★★★★
43位 太平洋セメント(化学)
★★★★★★★★★★
44位 エミレーツ航空(航空)
★★★★★★★★★★
45位 NTTドコモ(通信)
★★★★★★★★★★
46位 パナソニック(電気機器)
★★★★★★★★★★
47位 帝人(化学)
★★★★★★★★★★
48位 北國銀行(銀行)
★★★★★★★★★★
49位 日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング(SIer)
★★★★★★★★★★
50位 プリモ・ジャパン(ブライダル、アパレル)
★★★★★★★★★★

26位以降になると、全国的な有名企業の中に、地方企業がちらほらと見受けられるようになってきます。これらの地方企業は社員の勤続年数が長くなる傾向にあり、場合によっては親子二代でその企業に勤めるようなことも。その結果、企業への帰属意識が高まり、社員満足度が上がるのでしょう。

このランキング内に名がなくとも、就職の際には、地方で長年続いている企業を研究してみてもいいかもしれませんね。

51位~75位

順位 企業名 ホワイト企業度
51位 リクルート住まいカンパニー(不動産関連)
★★★★★★★★★★
52位 ISAO(インターネット)
★★★★★★★★★★
53位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(日用品、化粧品)
★★★★★★★★★★
54位 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(クレジット)
★★★★★★★★★★
55位 マースジャパンリミテッド(食品、飲料)
★★★★★★★★★★
56位 アマゾン・ウェブ・サービス・ジャパン(システム運用)
★★★★★★★★★★
57位 双日(総合商社)
★★★★★★★★★★
58位 学研ホールディングス(教育サービス)
★★★★★★★★★★
59位 ブッキングドットコムジャパン(旅行、インターネット)
★★★★★★★★★★
60位 三井不動産レジデンシャル(不動産関連)
★★★★★★★★★★
61位 シスコシステムズ(通信)
★★★★★★★★★★
62位 ギャプライズ(Webマーケティング)
★★★★★★★★★★
63位 カゴメ(食品、飲料)
★★★★★★★★★★
64位 塩野義製薬(医薬品)
★★★★★★★★★★
65位 三菱ガス化学(化学)
★★★★★★★★★★
66位 grooves(人材、インターネット)
★★★★★★★★★★
67位 兼松(総合商社)
★★★★★★★★★★
68位 丸井グループ(小売)
★★★★★★★★★★
69位 日本航空(航空)
★★★★★★★★★★
70位 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ(コンサルティング)
★★★★★★★★★★
71位 スターバックスコーヒージャパン(飲食)
★★★★★★★★★★
72位 カタール航空(航空)
★★★★★★★★★★
73位 関西電力(電力)
★★★★★★★★★★
74位 中部電力(電力)
★★★★★★★★★★
75位 浜松ホトニクス(電子機器、精密機器)
★★★★★★★★★★

51位以降は、同じく地方企業のほか、外資企業も目立ちます。外資系というと年収も高く働きやすそうなイメージですが、実は1〜25位にはそれほどランクインしていませんでした。日本人にとっての「働きやすさ」の指標で評価すると、外資系であることはホワイト企業の第一条件にはならないのかもしれませんね。

企業研究の際には、先入観にとらわれず、働きやすさの実態を調べてみることが大切です。

口コミサイト「キャリコネ」で企業の実態を調べてみよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、実際に勤務しているorしていたことのある社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイトです。残業時間から有給消化率、それに給与明細の中身まで、リアルな社内情報が細かく口コミされています。

さらに、社風や人間関係、仕事の内容が大変かどうかも、職種ごとに実際の体験談が投稿されています。働いてみないとわからないことは、調べるのを諦めるのではなく、ぜひキャリコネでよく調べてみてください。

76位~100位

順位 企業名 ホワイト企業度
76位 アンリツ(精密機器)
★★★★★★★★★★
77位 リクルート(人材サービス、インターネット)
★★★★★★★★★★
78位 freee(ソフトウェア)
★★★★★★★★★★
79位 丸井(小売)
★★★★★★★★★★
80位 ナウプロダクション(ゲーム開発)
★★★★★★★★★★
81位 VOYAGE GROUP(インターネット)
★★★★★★★★★★
82位 横河電機(制御機器)
★★★★★★★★★★
83位 東京海上日動火災保険(損害保険)
★★★★★★★★★★
84位 岩谷産業(エネルギー)
★★★★★★★★★★
85位 キリンホールディングス(食品、飲料)
★★★★★★★★★★
86位 アサヒビール(食品、飲料)
★★★★★★★★★★
87位 日本郵船(運輸)
★★★★★★★★★★
88位 東武鉄道(運輸)
★★★★★★★★★★
89位 DIC(化学)
★★★★★★★★★★
90位 日清紡ホールディングス(自動車部品、繊維、電子機器)
★★★★★★★★★★
91位 小田急電鉄(鉄道)
★★★★★★★★★★
92位 プルデンシャル生命保険(生命保険)
★★★★★★★★★★
93位 オリエンタルランド(レジャー)
★★★★★★★★★★
94位 リクルートカーセンサー(情報サービス)
★★★★★★★★★★
95位 日本ユニシス(SIer)
★★★★★★★★★★
96位 リクルートスタッフィング(人材サービス)
★★★★★★★★★★
97位 ダイナム(パチンコ)
★★★★★★★★★★
98位 東亞合成(化学)
★★★★★★★★★★
99位 田辺三菱製薬(医薬品)
★★★★★★★★★★
100位 ブレーンバンク(教育サービス)
★★★★★★★★★★

鉄道・運輸業がランクインしてきました。日本の高度経済成長を支えた産業分野の企業が、安定して今も存在しているということです。歴史のある企業はノウハウや安定した経営基盤を持っており、法人としての戦い方を上手く身につけているようです。

形のないソフトウェア・サービス系もランクインしています。78位のfreeeは、おもに個人事業主といった小規模な事業者に向けて、月0円から使える確定申告ソフトウェアなどを提供していますが、顧客が小規模であってもfreee自体は順調に成長し、500人超の企業になっています。

設立年が新しい企業は堅実でない=ホワイトでないように思えてしまいますが、決してそんなことはないのです。

迷ったら見てほしい!ホワイト企業が多い業界

ホワイト企業が多い業種に「輸送機器メーカー」「インフラ業界」「化学系の製造業界」の3つが挙げられます。

ホワイト企業の会社には、競合が少ない生活になくてはならないものを扱う独自性があるなどの特徴があり、これが当てはまることが多い業界が上記の3つです。

現段階で働きたい会社を選べていない方は、ホワイト企業が多い業界に絞って就活・転活をするといいかもしれません。

合わせて読みたい

輸送用機器業界

輸送用機器メーカーはホワイト企業が多いのですが、具体的にどのようにホワイト企業であるのかを見ていきましょう。

輸送用機器メーカーに務める会社員の平均年収は700万円程度、定着率90%以上、有給取得率50%以上で、大手メーカーや知名度が低くてもトップシェアを誇るようなメーカーでは有給取得率80%から100%に達するところもあります

輸送機器メーカーの中でも自動車メーカーは競合他社が生まれにくく少ないため、安定した経営ができるのが特徴です。近年では国内市場は衰退していますが、日本車の人気が根強い海外市場ではまだまだ安定した成長が見込めます。

今後も次世代燃料車やAI搭載の自動運転車の開発次第ではさらに成長する可能性があり、安心して働けます。

自動車企業や工業会社を探すなら工場求人ナビを活用してみる

上位にランクインすることが多い「自動車企業」や「工場や工業企業」はやはり大手の企業メーカーのランクイン率が多くあります。
ホワイト企業に勤めたいと思ったら、まず大手企業の募集率が大きい、工場求人ナビを使って転職活動をしてみましょう。

工場に?と思うかもしれませんが、ホワイト企業もそろっている大手企業の募集求人なので憧れの大手でホワイト企業に勤められるチャンスかもしれません。
工場ナビをチェックしてみる

合わせて読みたい

インフラ業界

水道・ガス・電気や、鉄道・交通・航空などのインフラ業界もホワイト企業が多いことで知られています。

インフラ業界は生活になくてはならないものであり、競合が少なく安定した経営体制が特徴です。また、経営が悪化しても生活に必要なものなので、政府による支援が・指導が入るので倒産しにくいのも特徴です。

営業はBtoBがほとんどで、競合が少なく、生活になくてはならないものなので無理をして営業する必要がありません。

組織が大規模になるので、福利厚生や各種制度が整っており、ワークライフバランスが取れた働き方が可能です。

合わせて読みたい

化学メーカーなどの製造業界

優良企業が多いとされるメーカーの中でも実は化学メーカーは特にホワイト企業が多いことをご存知でしょうか。

業界平均年収は約600万円、定着率は約90%、有給取得率は約50%と高水準を達成しており、働きやすい環境が整っています。

化学メーカーは独自性がある商品が多く、顧客に一定のニーズがあるため、商品を安定して売りやすいのが特徴です。営業は基本的にはBtoBが多く、取引先が限定されるので取引先とのトラブルが最小限で済みます。

また、取り扱いも自社商品のみになるので、営業のスタイルがある程度確立されており、余計な業務をする必要がありません。

「化学メーカー」と聞くと理系のイメージが強いですが、文系の人が活躍する場もたくさんあります。理系の人はもちろん文系の人も化学メーカーを就職先の候補に加えてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

ホワイト企業は職種問わず存在する

様々な業界でホワイト企業と呼ばれる会社が存在しており、文系理系問わず活躍できる場はあります。

実は新入社員の離職理由で最も多いのが「仕事の内容が合わなかった」であり、業務内容とのミスマッチが一番の原因です。入社前の企業研究が足りないと、こんなはずじゃなかったと後悔することになってしまいます。

自分の志望する企業をしっかりとリサーチしてホワイト企業に就職することで今後の自分の仕事の在り方やプライベートの充実にも確実にかかわってきます。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧