1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 企業を調べる
  4. ホワイト企業
  5. みんなの憧れるホワイト企業の特徴と見つけ方

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

ホワイト企業

みんなの憧れるホワイト企業の特徴と見つけ方

ホワイト企業とは一体なんのことか?

ブラック企業の反対に「ホワイト企業」なるものが存在します。これは「社員を大切にしている会社」の意味で、特徴は大きく2点あります。

1点目は、法律に則った労働時間や残業代の支給はもちろん、会社独自の手厚い福利厚生や充実した研修・教育制度が整っていることです。
2点目は、女性が産前産後休暇や育児休暇が取得しやすく、復帰後に時短勤務となってもやりがいを持って仕事ができることです。

では必ずホワイト企業がいいのかというと、答えは×です。いくらそうであったとしても、ルーチンワークや人間関係に疲れて辞めてしまう人もいます。もし就活をされる際に、「ブラック企業」かどうかばかりに目を奪われないよう、企業研究や業界研究をしっかりと行い、自分のやりたいことや目指すキャリアと一致しているかどうかを見極めながら、自分に合ったホワイト企業を見つけましょう。

合わせて読みたい

ホワイト企業の特徴とは?

ホワイト企業というものがどのような会社を指すのかご存知でしょうか。

簡単に言うと、働く環境が整っていて社員を第一に考える企業のことです。ホワイト企業の特徴としてまず若手社員や女子社員など全ての従業員の満足度が高く離職率が低いことがあげられます。なぜならば、入社後の福利厚生が手厚いことや給料が良いなどの労働条件の良さかがあるからです。それによって従業員達の満足度が高い状態が維持され、離職率が極端に低くなるのです。

合わせて読みたい

社員の平均勤続年数が長い

ホワイト企業では通常の企業とくらべて通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬である福利厚生がしっかりしている場合が非常に多いとされているので、長年その企業に勤め続ける人がとても多く、働きやすい環境が整っている傾向にあります。給与が良い事も重要ですが、それ以外の福利厚生は会社により全く違うので、差が出るポイントです。

非正規雇用の者が企業や官公庁などに正規雇用されるための活動、就職活動を行う場合においては、他の方が勤め上げた年数をチェックしておくと、自身のニーズにあった好みのホワイト企業を見つけ出すことができることでしょう。それとは逆に勤続年数の短いケースが多く見られる企業は福利厚生の環境が整っていなかったり、場合によっては詐称していたりなどのブラック企業にあたってしまう可能性があるので、注意が必要です。しっかりと募集の要項をチェックすることをおすすめします。

お金まわりがきっちりしている

ホワイト企業であれば非常に細かい所まで管理体制が整っています。例えばハローワークなど求人票の給料の項目は高校卒業と大学卒業の場合で1円単位で明記されています。

また、前年度の会社の実績などの情報やセミナーなどのイベント、ボーナスの金額の記載もあります。そして会社の組合もあり、風通しの良い職場環境が約束されています。そういった情報公開をしっかりと行っています。何よりも社内制度が充実しています。

さらに、社内にあるタイムカードを押す機械をデスク近くと玄関の2箇所に置いてある場合もあります。出勤・退社の時間の前後を把握することによりサービス残業や社員のサボりなど可視化できます。そういった勤怠管理システムを完璧にすることで不正が行われないようにしています。こういった会社は職員がサービス残業などで体調を壊したり無理しないように気に掛けているのでホワイト企業と言えます。職員を働きやすい環境にすることで不満が少なくなり離職率も減ります。

女性への配慮が行き届いている

ホワイト企業とは、従業員が気持ちよく働きやすい環境が整っていて、尚且つ、女性に優しい会社であることだと思います。今の日本では、出産後に独身の頃と同じような条件やポジションのまま働き続けることができる女性は、まだ少なく、殆んどの人が就業条件が合わず会社を辞めたり非正規として働くことが多くなります。そんな女性の事情を理解し、長く働ける環境を提供してくれる会社「女性に優しい会社」もホワイト企業の条件として挙げられます。

女性に優しいホワイト企業の見分け方

  • 残業が殆ど発生していないこと
  • 仕事にやりがいがもてること
  • 転勤がないこと
  • 出産後の職場復帰やキャリアアップが可能なこと

以上のように、女性に優しく安心して働ける環境であるかどうか以外にも、女性も含め全従業員を対象に働き方を考え、仕事の負担が片寄らない会社でなければいけません。全従業員が効率よく仕事ができて生産性向上に繋がっている、そして全従業員が働きやすい会社がホワイト企業と言えるでしょう。

合わせて読みたい

安定して年収が高い

給与が良く、仕事量が少ないので残業もほとんどないのでプライベートな時間がしっかり保証されている。そんな夢のような条件が揃っているのがホワイト企業です。このような条件が揃っている企業で働くことができていれば人生も楽しいのではないでしょうか。入社してみて、自分の思い描いていた環境とは程遠かった、ということは避けたいものです。

ホワイト企業は、大企業であることが多いですが、中には大企業ではなくとも、業界内では誰でも知っている企業や、世界No.1のシェアを誇る企業なども数多く存在し、大企業と何ら変わらない特徴を持つ企業もたくさん存在しています。

合わせて読みたい

残業代がきちんと支払われる

ホワイト企業では、1分でも残業をすれば残業代が支給されます。

きっちりと残業代を支給してくれるホワイト企業と、当たり前のように残業を要求されるブラック企業、それぞれの特徴を見極めて、できれば入社前や早い時点で気が付きたいものです。入社後にブラック企業だと気が付いたら、それでも今の会社で働きたいのか、しっかり今後のことを考えてみましょう。

合わせて読みたい

福利厚生が充実している

その会社からの福利厚生はしっかり受けれていますか?どれだけ高給取りでも、やはり福利厚生がしっかりしている会社でないとホワイト企業とは言いません。福利厚生とは簡単に言うと、給料以外の報酬が支給されるという事です。

ホワイト企業では、この福利厚生が他の企業と比べて圧倒的に充実しています。法律で定められている法定福利の他に、お祝い金や社員旅行・社員優待など独自の法定外福利が充実しており、労働者がより働きやすい環境づくりができています。

社員を大切にしている

社員が働きやすいよう環境をつくり、整えることに力を入れている企業は、残業代や諸手当などの賃金に関わる制度や、休暇についての福利厚生に関する制度がしっかり整っている企業だと言えます。社員を大事にしている会社はホワイト企業と呼ばれている会社のポイントで、経営資源の有形財産である『人』『物』『金』の中で、最も『人』を大事に考えているからだと言えます。この場合の『人』とは人材・社員のことで、『物』は設備や建物などの物的資源、『金』は現金などの資金を示していますが、一般的には汎用性の高いのは『金』と考える企業が多いようです。

しかし、ホワイト企業では、社員の意識やスキルの向上など、人が持つ能力の可能性や人によるプラスアルファの要素も含めて、人を財産と考えて大切にし、一番大事にしています。企業が社員にとって働きやすい環境を作り整えることで、社員は会社『わが社』と呼び、『この会社に貢献したい』と考えるのかもしれません。

研修や教育の体制がしっかりしている

ホワイト企業である特徴の1つとして、人材の育成に力を注いでいるという事が挙げられます。実際、教育環境はよく整備されており、さまざまな教育を受ける機会が提供されています。例えば、新卒で入社した人のための研修があります。初めて社会に出て働く人にとって、社会人としての自覚や自信を持つことは必要なことですが、そうした点を強化するのに役立つ教育だと言えるでしょう。ビジネスマナー研修などがこれに当たります。

また、そう言った新入時の研修だけではなく、その後のスキルアップを目指したい人のための制度も充実していると言えます。ただ漫然と働いていては仕事の成果にもつながりませんが、スキルアップ制度によって勤労意欲や向上心を高めることが可能になるでしょう。また、資格取得を目指す人のための資格支援制度も設けられています。このような教育の機会を十分提供し、社員1人1人が意欲的に、またやりがいを持って働いていけるような環境を作り出すことに重きを置いている企業がホワイト企業と言えるでしょう。

不正などがなくコンプライアンスに準拠している

ホワイト企業の特徴は、入社3年目の離職率が低いこと、社員が給与以外に与えられる万が一に備えた援助やサービスがあることです。ホワイト企業かどうかの見分け方としては、その企業が、自らの会社の発展だけではなく、社会に対して責任を持ち、消費者や取引を行う相手からの欲求に対応しているのかどうかがポイントです。

つまりは、社会に企業自らが参加し、社会に貢献したり、社会を発展させていく存在なのかどうかに焦点をあてホワイト企業かどうかを見分けることも重要だということです。

法律で定められた労働時間を守る

労働時間が短く、定時には帰宅でき残業といっても月に45時間以内であれば素晴らしい企業です。

労働時間が短いということはプライベートな時間もたくさんあるということです。プライベートの時間が充実していたらより一層仕事にも力が出て励むことが出来ます。

それに比べ、ブラック企業に勤めている方々は睡眠時間を削ってまで仕事をして、せっかくの休日は睡眠で潰す人も多いでしょう。その企業に勤めている方の家庭も左右されかわります。たかが時間されど時間です。過去には戻れません。労働時間を守るだけで、企業の人も雰囲気も成績もかわっていきます。

合わせて読みたい

社内制度が整っている

ホワイト企業と呼ばれる企業は労働者が働きやすい制度を充実させています。その1つとして、フレックスタイム制度があります。これは簡単にいうと、1か月以内の合計労働時間をあらかじめ決めておき、労働者はその時間の中で各日の始業と終業の時刻を自ら決定できる制度です。

この制度を採用することで、ワーク・ライフ・バランスを意識しながら効率的に働けるため、労働時間を短縮することができます。女性にも優しい住宅勤務制度など、労働条件を良くしていく取り組みが採用されています。

休日や休暇をとれる

ホワイト企業かブラック企業かを見分ける方法の1つに休暇の取得率があります。つまり、労働基準法で定められている週休などの休日や有給休暇や育児休暇などの休暇が取得しやすいかどうかがその企業の良し悪しの判断基準になっているということです。

また、ホワイト企業と呼ぶにふさわしい条件として、120日以上の年間休日があることや、休暇が取りやすく高い有給休暇取得率を誇っていることです。

休みの日にはしっかり休んで自分や家族のために過ごし、長期の休暇が必要な場合も、その職場の同僚にしわ寄せがいかないように企業側が何らかの対策をしてくれるなら、休む人も気兼ねなく休暇取得の権利を主張できます。このような体制の整った企業は間違いなくホワイト企業といえるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

ホワイト企業で働いた事のある人5つの口コミ

ここでは、ホワイト企業で実際に勤務したことのある方の話をご紹介します。現在、劣悪な環境での労働を強いる企業と言われるブラック企業で働いている方は閲覧に注意して下さい。ホワイト企業での話が自分が今置かれている環境とあまりに違うために、驚きを通り越して働く意欲が薄れてしまうかもしれません。ホワイト企業とブラック企業の差に愕然として、今つとめているブラック企業で働くことが嫌になってしまう可能性もあります。

そんな懸念があるほどに、ホワイト企業とブラック企業の間には想像を超えた違いがあるのです。ホワイト企業とブラック企業では、労働環境や待遇面、企業文化、福利厚生面そのほか諸々の点において、様々な違いがあるのです。

知人の紹介でホワイト企業に入社

ブラック企業に勤めていたYさん。高校時代の恩師に紹介してもらった職場でブラック企業から抜け出せたようです。

社会人歴6年の会社員

ブラック企業からホワイト企業についに転職

★★★★★★★★★★5.0

私が以前勤めていた会社は残業が多く、そのくせ残業代もまともに出ないためほぼサービス残業、その上休みを申請すると同僚や上司に冷たい視線を受け、結局休みを取ることが面倒になってしまい出勤せざるをえない、いわゆるブラック企業でした。さすがにこのままでは体を壊してしまうと思い、高校時代の恩師にお話ししたところ、紹介していただいたのが現在の職場です。

ありがたいことに面接を受けて採用していただけました。今はその会社で商品を管理する業務をしております。なんといっても素晴らしいのが、基本的に暦通りの休みは約束されており、1週間に2日は必ず休みを取れます。また残業手当もしっかり出るので(残業自体がそもそも少ないです)働いていてとても充実しています。前に勤めていた会社がブラック企業ならば、現在の会社はホワイト企業であると確信しております。この会社を紹介してくださった高校時代の恩師には感謝してもし尽くせません。

休日出勤なし!医療器具販売の企業

社会人歴5年の男性Tさんが勤める企業はハローワークで見つけたホワイト企業でした。

社会人歴5年の会社員

給料も高く安定したホワイト企業に勤めている

★★★★★★★★★★5.0

今は、ブラック企業の問題点について、ニュースや新聞などでもよく取り上げられていますが、この私の体験談は、ホワイト企業に勤めて、良かったと感じた話です。私が在籍していた会社の話ですが、ホワイト企業だと感じる点がいくつかありました。まず一点は、休日出勤が一度もないことです。サービス残業や、休日手当てがないというブラック企業とは、異なる点です。

次に、ブラック企業は、低賃金という過酷な労働を求められるようですが、私の在籍していた企業は給料が高いという点も挙げられます。さらに、毎年の売り上げが好調であることも、安定した会社だといえるでしょう。そして、見通しも良く、余裕が感じられます。私がこの会社に入社したのは、ハローワークに求人が出ていたからでした。ダメもとで応募したのですが、採用となり良かったです。業種は、医療機器の製造販売でした。ブラック企業に入社するのを避けるには、安定した企業かどうかを確認する事も大切です。

温かい人間関係

社会人歴3年のOさんは転職してホワイト企業とブラック企業の違いが実感したようです。

社会人歴3年の会社員

ホワイト企業とブラック企業の違いが転職してわかった

★★★★★★★★★★5.0

ホワイト企業とブラック企業と呼べれるものの違いが転職してわかった気がします。転職を考えていた私は、転職サイトを使いブラックとは真逆のホワイトと思えるメーカーに、営業職として転職することができました。心の温かい人が多い職場であり、部下が上司を人間として慕っていることはもちろんのこと、上司が部下に対しても気遣いを欠くことがないという素晴らしい人間関係に満ちたところでした。お互いに気遣うことができるということは、それだけ心に余裕がある状態の人が多いということで、安心して仕事ができる環境が調っているということです。上司が部下を仕事上の命令を聞く道具としてしか見ていなかったり、残業が異常に多かったり、労働基準法を守らなかったり、ひどい扱いを受けてしまう社員のいる会社は明らかにブラック企業ですが、そのブラックの根本にあるのは、人に対して温かくない企業体質であると思います。ブラックとホワイトの違いの根本は、同じ仕事をする仲間に対する考え方、それに尽きると思います。

合わせて読みたい

公官庁の臨時職員

社会人歴3年のAさんは女性が感じるホワイト企業の観点が実感できる企業に就職できたようです。

社会人歴3年の会社員

女性が実感できるホワイト企業の魅力を感じることができた

★★★★★★★★★★5.0

世の中のホワイト企業に勤めている方は、ホワイト企業の魅力として、休暇が取りやすい点・子供が急に体調を崩しても早退しやすい点などに魅力を感じているようです。どちらも長く勤めを続けるには重要な点ですね。女性にとってこのような労働環境は、安心して結婚ができる・安心して子育てができる環境です。今私が働いている環境は、結婚、出産、育児にとても寛容で、安心してどれも乗り越えられました。

また、公務員も育児休業が最大3年取れるなど、民間の企業にはない魅力があります。公務員は責任が重いですが、役職が守られ、給与は必ず支給され賞与も必ず支給されるなどの点も、公務員の方達には魅力のようです。民間ではホワイト企業・ブラック企業とよく言われていますが、こう考えると安定している分、公務員もホワイト企業と言えるかもしれませんね。家庭や子供を持つと、安定や休暇の取り易さなどが重要になってきます。ホワイト企業に勤めている方達はそのような面に魅力を感じているようです。

合わせて読みたい

サービス業界では珍しいホワイト企業

社会人歴2年のRさんは飲食店のホワイト企業に勤めており、実感できるホワイト企業の特徴を感じているようです。

社会人歴3年の会社員

飲食店でもホワイト企業は存在する

★★★★★★★★★★5.0

私が勤めているのは飲食店です。飲食店ですが、とても珍しい勤務体制のようです。一日の労働時間の平均は8時間、それは飲食店ではありえないと言っても過言ではないかもしれません。特に今の社会から見れば、ブラックブラックと叫ばれているこの業界ではそんなことありえないと思われていると思います。

けれども実際、私の勤めている飲食店は、一日の労働時間の平均が8時間です。この飲食店で働いている人たちはこの業界自体未経験者である方もいますし、経験者ももちろんいます。これは採用の際に、どんな業界にいたか、経験者であってもどのくらいどれくらいの技量があるか、等に偏見を持つことなく、未経験者から経験者まで幅広く、分け隔てなく行っているからです。最初は誰だって未経験者です。けれど何か通じる部分はあるのではないでしょうか。給与体系ですが、賞与が年に2回あります。また、昇給は年1回です。そして、福利厚生も充実しており、とても素晴らしい会社です。

定時帰りが当たり前

社会人歴5年の男性Uさんは以前のブラック企業との違いを感じれるエピソードがあったようです。

社会人歴5年の会社員

残業がないホワイト企業に就職していた

★★★★★★★★★★5.0

私は医療系の某社に入社した時に、社員の皆さんが定時になると当たり前のように堂々と帰って行かれるのを見て『ここは、ホワイト企業だ。』と思いました。前に勤務していた会社は俗にいうブラック企業でしたので、定時に帰る人はほとんどいませんでしたし、いたとしてもなんだか悪いことでもしているようにコソコソと帰ってました。『終業時間はあってないようなもの』『残業はあたりまえ』まさにそんな感じでした。そして、連日のように残業をしていたにもかかわらず、残業手当が支払われることはなく、慣わしのようにサービス残業を強要されていました。

このように、定時に帰ることができず、働いただけの賃金が支払われることのないブラック企業に比べれば、定時に堂々と帰ることのできる今の会社は、ものすごくありがたく思います。それは、たとえ給料が前のブラック企業よりも安かったとしても、精神的にも肉体的にも今の会社に入社できて良かったと思いました。

ホワイト企業の見つけ方

現在日本にはホワイト企業とブラック企業が様々な業種や業界に存在します。ここでみなさんはどのようにして自分に合ったホワイト企業を探しているのか考えてみましょう。ここでは働いている人なら誰もが気になる「ホワイト企業の見つけ方」について紹介していきたいと思います。

合わせて読みたい

先輩や友人、知人から聞いて見つける

仕事を探すとき、気をつけたいのがその会社がブラック企業ではないかということです。噂では「この業界は全部ブラックだ」「あの会社は福利厚生が整っていてホワイトだ」なんて聞きますが、実際がどうかは、働いている社員にしかわかりません。そのため重要になるのは、実際にその会社で働いている人に、詳しく会社の情報を教えてもらうことです。

また、先に社会に出ている先輩などは、友人同士でどんな会社で働いているか、お給料はどうか、福利厚生はどうか、残業や休みの情報など、会社の話をしていることが多いので、先輩の友人が働いている会社の情報も持っています。そんなに詳しくなくても、友達同士で遊びに行くとき、ある友人だけ休みがとれないので遊べない。旅行に誘ったけど、長期の連休がとれない会社という情報は持っているかもしれません。先輩に会社のことを聞く際には、先輩が働いている会社だけではなく、友人が働いている会社の情報まで尋ねてみましょう。

大学の就活支援センターで探す

ある企業がブラック企業なのかホワイト企業なのか、私たちはどうやって見極めたらいいのでしょうか。求人情報をどんなにながめても、面接であれこれ質問しても、企業にとって公表したくないこと、は知ることができません。では、結局は入社してみなければ、わからないと諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、実は、ホワイト企業は、大学の就職支援センターで探せるのです。就職支援センターには、膨大な就職情報や企業情報だけでなく、先輩方の実績から見えた、「隠れホワイト企業」の情報、がある、可能性があるのです。また、人材紹介会社や就職情報サイトなど、企業との利害関係がある場合と異なり、就職支援センターは、企業にとっては公表したくないような情報でも、隠す必要がありません。気になるあの企業の、ホントのところ、知りたくなったら、一度、就職支援センターを覗いてみませんか。

企業の公式サイトや四季報を参考に探す

四季報や公式サイトなら「社員の定着率」「平均年収」「福利厚生」「有給取得率」、この4つを軸に志望する業界や企業を探すことができます。四季報では業界・職種を問わずにこの4つを軸にした情報を見られるので、まだどんな業界や企業に入りたいのか定まっていなくてもそこからやりたいことや入りたい業界・企業がみつかるかもしれません。

自分が気になっている業界・企業がホワイト企業なのか、また、どんなところがホワイト企業なのか、四季報や公式サイトで4つの軸をチェックしてみましょう。

業界別の注目のホワイト企業

平均年収や定着率、年間休日が多い企業や福利厚生、休暇取得率を総合的に判断して、おすすめの業界とホワイト企業をご紹介します。ホワイト企業が多いとされる業種は、主に土日が休みになるメーカー企業です。その中でも、特にホワイトなメーカー企業は「輸送用機器・化学・石油・石炭製品・ガラス製品」のメーカー企業となっております。これらの業種は定着率・有給取得率とも他の業種に比べて高くなっています。メーカー企業とは異なる、企業規模の小さなノンメーカーの中では、「電気・ガス・情報・通信」などインフラ系の企業は離職率が低く、有給取得率の高い企業が多く揃っています。そして、「電気・ガス・情報・通信」は、Uターン就職者にも人気のある業界です。

逆に「小売・金融(特に証券)・サービス」はブラック企業であることが多いです。また、「不動産・建設」は年収こそ高いものの、定着率、有給取得率ともに低めです。仕事の内容的に休みがとりにくい業界は、「ブラック」のイメージが浸透していると言えるでしょう。しかし、一概に言えない例外もあることも事実です。そこで、OBやOGを訪問したり、大学の就職センターに問い合わせるなどして、詳しい情報を入手することが大切でしょう。

合わせて読みたい

メーカーのホワイト企業・業界

化学メーカーは収入・定着率・有給取得率すべてにおいて高水準です。化学メーカーはインフラに近い状態のため、今後の不安定になることはまずないでしょう。人工物には化学繊維や化学製品が必ず含まれており、何かをつくる時には必須なためです。輸送用機器メーカーについても有給取得率が非常に高いです。物流はビジネスでは欠かせません。その物流を支えている輸送用機器メーカーもまた安定していると言えるでしょう。石油・石炭製品メーカーもまた年収・定着率・有給取得率ともに高いです。ガラスメーカーは有給取得率が高いのが特徴です。

業界 平均年収 定着率 有給取得率
石油・石炭製品業界 771万円 96% 74%
ガラス・土木製品業界 548万円 89% 68%
ゴム製品業界 554万円 89% 51%

石油・石炭製品業界は、年収・定着率・有給取得率すべてがトップクラスです。海外での活躍も期待でき、非常に魅力的な業界です。ガラス・土木製品業界は、有給取得率が他に比べ高くなっています。ゴム製品業界は全体的に低めの数字となっています。

◆昭和シェル石油
業外第5位の大手石油メーカーです。定着率100%、有給取得率は7割を超えています。石油事業のほか、太陽電池等の電力事業も展開しており文系・理系の区別なく、全学部・全学科を幅広く募集しております。
40歳平均年収:870万円
定着率:100%
年間休日不明(完全週休2日制)
有給取得率:72%

◆ブリジストン
タイヤで有名な大手ゴムメーカーで、よく耳にする名前だと思います。世界トップのシェアを誇っています。有給取得率は50%台と低めですが、定着率はかなり高くなっております。また育児支援も充実しており、時短勤務制度を子供が小学校6年生になるまで利用できます。文系・理系ともに応募可能となっております。
40歳平均年収:635万円
定着率:94%
年間休日:120日
有給取得率:58%

◆旭硝子
業界最大手のガラスメーカーです。ビル・自動車などのガラス事業以外にも、電子部品や化学品事業も幅広く展開しております。年収、有給取得率ともに高く、年収は業界平均を大きく上回る800万円台で、有給取得率は90%を超えています。文系・理系ともに応募可能となっております。
40歳平均年収:810万円
定着率:95%
年間休日:123日
有給取得率:91%

求人情報を探してみる

ノンメーカーのホワイト企業・業界

電気・ガスー定着率・有給取得率がトップクラス。とくに電気会社のほうが水準は高いです。
情報・通信ー年収が高く、定着率・有給取得率も高水準。とくに大手は採用人数も多くおすすめで、物流(海運・陸運)ー大手の海運は定着率が非常に高く陸運は有給取得率が高くなります。

空運は定着率が非公開のため注意が必要です。

業界 平均年収 定着率 有給取得率
海運業界 793万円 98% 41%
陸運業界 553万円 88% 59%
空運業界 652万円 73%
倉庫・運輸業界 600万円 84% 33%

物流業界では、定着率が非常に高い陸運業界がおすすめ。ただし、海上職は休日や休暇が不安定。陸運業界は、定着率こそ低めだが、有給取得率は高め。空運業界は定着率が未回答で、離職率が高い可能性があるため、大手の航空会社でも、OG・OBなどからの調査が必要です。

◆京王電鉄
京王グループの中核企業で、大手私鉄の一つ。鉄道事業、流通やレジャー・サービス業などを展開。 定着率は80%で低めだが、有給取得率は80%を超。文系・理系ともに応募可能。
40歳平均年収:744万円
定着率:95%
年間休日:不明(完全週休2日制)
有給取得率:81%

◆日本郵船
3大海運会社のひとつ。有給取得率は低めだが、定着率は100%。また、育児休暇取得率も100%で、ダイバーシティを推進。 陸上事務職、陸上技術職、海上職を募集中。入社後に海技士ライセンスを取得する海上職の自社養成コースには、一般大学でも応募可能。
40歳平均年収:1,069万円
定着率:100%
年間休日:職種により異なる
有給取得率:52%

求人情報を探してみる

ホワイト企業の基準はズバリ「人」を大事にするかが重要

ホワイト企業とは、社員の定着率が高く、社員の勤続年数が長い人が多く在籍する特徴をもつ企業のことでした。ホワイト企業の見分け方は、やはり「人」を大切にする会社かどうか、ということになります。では、人を大切にする会社とはどういう企業でしょうか。多くの給料が支払われることも1つですが、社内制度が充実していることや、コンプライアンス遵守されていること、違法性のある残業がなく残業代が明確にきちんと支払われているか、きちんと休日が取れている企業だと、自ずと勤務年数の長い社員が多く在籍しています。

ポイントは企業が社員に長く勤めてもらう為にどういった事をしているのかです。利益を生み出すのは他でもない社員です。ホワイト企業に入社するには、こういった点も考慮し、きちんとした見分け方を知ることも必要なことです。ホワイト企業の基準を知り、候補に挙げている企業が基準をクリアしている企業なのかをしっかりと見極めて就職活動することが大事です。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧