1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. アルバイトを辞めるタイミングとは。ストレスなく辞めるポイント

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

アルバイトを辞めるタイミングとは。ストレスなく辞めるポイント

いつ辞める?どう伝える?タイミング次第でその後が変わる

アルバイトを辞める時は、いつ、どのように上司に伝えようかと迷ってしまいますね。退職の意思は誰にとっても言い出しにくいものです。それは正社員であってもアルバイトであっても同じですね。アルバイトを辞める時にはタイミングや伝え方がキーになります。

この記事では、アルバイトを辞める時のタイミングや上司への上手な伝え方の他にも、アルバイトを円満に辞めるためのアドバイス、そして今すぐにでもアルバイトを辞めたい人への気持ちの切り替えかたをご紹介します。

合わせて読みたい

辞める意思を切り出すタイミング

アルバイトを辞めたいと思っても、なかなかその意思を伝えるのは難しいですね。アルバイト先のことも考慮して、なるべく時間に余裕を持ってあなたの気持ちを伝えるのが理想です。伝えるタイミングが遅いと嫌な顔をされてしまうことだってあるかもしれません。

合わせて読みたい

法律上は2週間だが理想は1ヶ月以上前

自分が辞めたいからといって、同じアルバイト先で働いてきたアルバイト仲間や上司に迷惑をかけるのはいかがなものでしょうか。学業など何らかの事情でアルバイトを辞めることになったら、早めにアルバイト先の上司にその意思を伝えましょう。

法律上はアルバイトを辞める2週間前に伝えればいいのですが、あなたの代わりの人を探す時間も考慮して1ヶ月以上前に伝えるのが理想です。1ヶ月以上あれば、上司もあなたが辞める前に代わりの人を見つけ、その人の研修期間を設けることができるでしょう。

職場の人間関係がよく、上司との良い関係を築けているのならなお更です。お世話になった上司を助けるつもりでできる限り早めに退職の意思をつたえましょう。

シフトの融通がきくコンビニや居酒屋でも1ヶ月前には伝える

アルバイトを辞めたい意思を伝えるのは、どのようなアルバイトであってもなるべく1ヶ月以上前が理想です。例えばシフト制度で働くコンビニや居酒屋、カフェなどの飲食系のアルバイトでも時間に余裕を持って辞める意思を伝えましょう。

代わりの人を探して採用する時間や、新しい人の研修期間を考えて一人として数えてシフトに入れるまでには、1ヶ月くらいかかることが多いです。シフト制度の仕事は、一人ひとりの役割があり一人でも欠けると大変です。あなたが辞めた後のことも考慮し、できるだけ早くに上司に話すようにしましょう。

長期計画で動いている職場ならもっと前に伝えてもいい

長期で働くという形で雇われた場合は、1ヶ月前と言わずにさらに時間に余裕を持って辞めることを伝えたほうがいいです。例えば、小学生~高校生を個人で担当する塾講師は、学期の途中で担当が変わるのは好まれません。また、教えている生徒に影響が出る場合もあります。

教えている生徒があなたの教え方に慣れていて、成績が伸びている場合は生徒もあなたとそのまま続けたいと思いますが、親御さんもできればあなたに続けて欲しいと思うでしょう。

塾の講師を辞める場合は、せめて学期末まで待つようにしましょう。学期末に辞めることを数か月前に担当者に伝えれば、一区切りとなり生徒や親御さんも納得してくれることが多いはずです。

契約書があるなら違反していないか確認しておく

アルバイトを辞める時は、アルバイトを始めた時に雇用契約書を交わしたかどうかも重要になります。雇用契約書を交わした場合は、契約書に「採用後3ヶ月は辞めてはいけない」などの条件が書いてあるかもしれません。

契約書は会社側もその期間はあなたのことを解雇できないように、あなたも辞めることはできません。契約期間が満了する前に辞めることは契約違反になりますが、家族の介護などやむを得ない事情がある場合は、契約を解除することができます

しかし、あなたの辞めたい理由によっては、契約違反として訴えられてしまう可能性もあります。どうしてもアルバイトを辞めたい場合も、契約書を交わしたのならトラブルを避けるためにも契約満了後に辞めるようにしましょう。

辞める意思の伝え方

アルバイトを辞める場合、退職願や辞表の必要はありません。しかし、どのように辞めていいのかわからない場合もあります。こちらでは、誰にどのようにアルバイトを辞める意思を伝えるのかをご紹介します。

合わせて読みたい

退職願や辞表などの書面は必要なし

あなたが学生なら、初めてのアルバイトで辞める時はどうすればいいのかわからないこともありますね。また、以前正社員として働いていた人は、正社員なら退職願や辞表を提出するので、アルバイトでもそれらの書類が必要なのかと思ってしまうことがあります。

しかし、アルバイト勤務の場合は退職届や辞表の提出は必要ではありません。アルバイトを辞める時は、まずは上司にその意思を伝えましょう。その後で上司が必要な手続きや流れを教えてくれるはずです。

正社員として退職する時よりは簡潔ですが、上司に退職理由を言い、最終日の調整をきちんと確認する必要があります。

直属の上司である社員に伝える

アルバイト先によっては、アルバイトリーダーがいる場合がありますね。アルバイトリーダーがいる場合、退職願をアルバイトリーダーにすればいいと思ってしまいがちです。しかし、正式な退職願はアルバイト先の直属の正社員の上司にします。

アルバイトリーダーは、年齢的にもあなたと近く同じアルバイトということで話しやすいこともあるでしょう。しかし、アルバイトリーダーには退職の相談などはできますが、正式な退職の報告は正社員にすべきです。

例えば、レストランでアルバイトをしていたら、直属の上司である正社員のマネージャーにその意思を伝えましょう。

直接会って話をする

アルバイトの職種や職場の環境にもよりますが、一般的に退職の意思をLINEやメールで伝えるのは望ましい伝え方ではありません。確かに辞めることを伝えるのは、とても言いにくいですが、退職願はメッセージやメールで伝えることではありません

また、電話で伝えるのも理想的ではありません。電話は顔が直接見られないので、言いにくいことを言うのは簡単かもしれませんが、あなたの気持ちや誠意は伝わらないからです。電話で話をするための日程調整をするのはいいでしょう。

また言いにくいからといって、アルバイトリーダーに伝えてもらうなど、他人に伝えてもらうのも理想的ではありません。やはり退職の意思は上司に直接伝えるのがマナーです。

どんな事情があっても最後には自分で伝える

アルバイトを辞める時には、様々な事情や状況が考えられます。風邪をひいてしまったけれど、早めの報告のほうがいいと思いメッセージで伝えてしまった。または、どうしても家庭の都合でアルバイト先に行き伝えることができず辞めることになってしまったなどです。

何らかの事情で急にアルバイトを辞めなければならないこともあるかもしれません。しかし、どのような事情があっても最終的には自分でアルバイト先に出向き、上司に詫びることが大切です。

これは、一人の大人として社会で働く上で守りたいマナーですので、事情により最後に上司と話せなかった場合は、落ち着いたらアルバイト先に一言お詫びに行きましょう。

合わせて読みたい

辞める理由の伝え方

アルバイトを辞める理由は様々ですが、せっかく今まで働いてきた職場なので、問題なく辞めたいものです。しかし、辞める理由を上手に伝えないと気持ちよく辞められないこともあります。こちらでは、辞める理由を伝える時のポイントをご紹介します。

合わせて読みたい

ポジティブな理由を考えておく

仕事を辞めるきっかけは、不満からくるものが多いものです。しかし、そのようなマイナスな理由ばかりを上司に伝えてしまうと、辞めるまでの勤務を気持ちよくこなせないこともあります。上司もあなたも居心地が悪くなってしまうような状況は、なるべく作らないほうがいいでしょう。

実際に不満は沢山あったとしても、ありきたりの理由を伝えればお互いに嫌な気持ちになりません。退職の意思を伝えてから辞めるまでの勤務日に、上司もあなたもお互いに気持ちよく働けるように、退職理由は不満がメインにならないように気をつけましょう。

合わせて読みたい

人手不足の職場では引き止められないような理由にする

人手不足の職場で、あなたが辞めたいと伝えても明らかに引き止められそうなアルバイトなら、上手な理由を伝えて引き止められないようにしたほうがいいです。

例えば、次のアルバイトがまだ決まっていなくても「もうすでに新しいアルバイトの開始日が決まっている」などとあなたに頼るのは無理な状況を作れば、上司もあなたを引き止めたくても引き止められません。

また学生なら、「今後は学業が忙しくなりアルバイトをしていられない」「就活が始まった」など学業や就活を理由にしてもいいでしょう。

合わせて読みたい

不満を伝えるなら言い方に注意する

辞める時は、あなたが働いていた時に不満に思ったことをどうしても伝えたい時もあるでしょう。上司に不満は伝えてもいいのですが、伝える時は感情的にならずに冷静に論理的に伝えられるようにしましょう。

不満を伝える時は、働いていた時の嫌なことを思い出して感情的になりがちです。しかし、感情的に不満を述べてしまうと、どうせ社会経験の乏しい学生だから仕方ない、などと簡単にあしらわれてしまうことも考えられます。

そのため、どうしても働いていた職場の不満を伝えたいのであれば、あくまでも職場の改善のために問題を伝えていると上司にわかるように、感情を抑えて伝えましょう。

合わせて読みたい

円満に辞めるために必要なこと

アルバイトであっても、辞める時は円満に辞めたいものです。今まで仕事を通して関わってきた職場の人達とも、あなたが辞めることがわかって嫌な雰囲気にならないように、あなたが辞める最後の日まで、職場の皆が気持ちよく働けるポイントをご紹介します。

合わせて読みたい

態度を変えずに最後まで仕事の責任を果たす

アルバイトを辞めると決まると、何となくもうアルバイトに行くのが嫌になったり、仕事がどうでもよく思えたりすることがあります。しかし、あなたがそこで働いている限り、決して投げやりにならず最後の日まで、今までと同じ様に任を持って働かないとなりません。

それは、もちろんアルバイト先の上司や同僚への配慮もありますが、あなた自身のためにも最後までしっかりと仕事に取り組むべきです。気持ちがすでに新しいアルバイト先にある、もうアルバイトが嫌で嫌で仕方がないという場合も辞めるまでのあと数週間がんばってみましょう。

最後の日まで態度を変えずに働けばあなたも気持ちよく辞められるでしょう。

合わせて読みたい

責任ある立場にいたのなら引き継ぎはしっかり行う

アルバイトを辞める時は、不満があって辞める時もありますが、辞めたくなくても就職活動や学業に専念する理由から辞める場合もあるでしょう。同じアルバイトを何年も続けて、アルバイトのリーダーとして責任のある仕事をしていた人は、辞める時も後で職場に迷惑がかからないようにしないとなりません。

アルバイトである程度責任のある立場にいたのなら、辞める時はきちんと引き継ぎをしてから辞めることが大切です。また、引き継ぎ期間も考えて、退職の意思を伝えるのは1ヶ月以上前がいいでしょう。

お世話になった人には挨拶をする

アルバイトを辞める時に、職場でお世話になった人にきちんと挨拶をするのもマナーです。あなたがアルバイトを始めた時に、指導してくれた先輩や、いつも助けてくれた上司がいませんか?一緒には働いていなかったけれど、いつも笑顔であいさつを返してくれた目上の人などがいることもあるでしょう。

正社員でもアルバイトでも同じ様に、お世話になった人には、感謝の気持ちを一言伝えるほうがいいでしょう。職場で良い人間関係を築いてきたならなお更です。せっかく職場で出会って一緒に働いてきた人たちなのだから、気持ちよくお別れをしましょう。

今すぐ辞めたくて仕方がない人に知ってほしいこと

アルバイト先の人間関係で悩んでいる、仕事がきついなど何等かの理由で、今すぐにでも仕事を辞めたいと思っている人もいるでしょう。しかし、心を落ち着かせて冷静になってもう一度どうすべきかを考えてみましょう。

合わせて読みたい

急に辞めたら誰かに迷惑がかかることを理解すべき

例えば、あなたがもう今すぐにでもアルバイトを辞めたいので、明日からアルバイトに行かなくなるとします。シフト制の職場では、一人一人の役割があり、一人でも欠けてしまうととても大変です。

あなたがもし急に仕事を辞めてしまったら、今まで一緒に働いていたアルバイト仲間や上司に迷惑がかかることを忘れてはいけません。仕事が辛い、行きたくないと思うことは時には誰にでもあることです。

ですが、そのたびに仕事を辞めていてはどの職も長続きはしません。今すぐにでも辞めたい気持ちをぐっと抑えて、まずは上司にあなたの気持ちを話すことから始めてみましょう。

すぐ辞める友達が周りにいても真似してはいけない

アルバイトで働いている学生の多い職場では、アルバイトの入れ替わりが激しいこともあります。あなたの仲のよいアルバイト先の友人達も、簡単にアルバイトを辞めて行ったこともあるでしょう。中には、何の連絡をせずに突然辞めてしまった友人もいたかもしれません。

周りがしていると、自分もしていいような気がすることもあります。しかし、あなたは突然辞めていった友人と同じ様に、無責任にアルバイトを辞めるべきではありません。突然辞めるのは、とても無責任でアルバイト先に大きな迷惑がかかることを忘れてはいけません。

あなたは、もし辞めたいという気持ちがあっても、まずその気持ちを上司に伝えてしっかりと最後の日まで責任を持って働くべきです。

またいつどこでアルバイト先の人に出会うか分からない

アルバイトが嫌で何も告げずに突然辞めてしまう。そのような行動はするべきではありませんが、あなたのアルバイト先にもそのように突然アルバイトに来なくなった人がいるかもしれません。

人間関係は意外なところでつながっていることがあります。職場の人とあなたの次のアルバイト先の上司が知り合いだった、あなたの近所に職場の人の親戚が住んでいて、顔を合わせてしまったなど気まずい状況になったり、あなたに不利益になることも出てくる場合があります。

町でいつ誰にあっても逃げるようにその場を去るような状況にご自分をおかないように、退職する時は、きちんと手順を踏んでから辞めましょう。このような常識は、学生のうちから身に着けていくべきです。

すぐ辞められるアルバイト先はかえって危険

普通はアルバイトでも、アルバイトを始める時に何らかの書類手続きや説明があるはずです。何を告げずにアルバイトを辞めて、意外と簡単に辞められたなどと喜んでいてはいけません。すぐに辞められるアルバイトは危険な場合もあるからです。

例えば、辞めた月の給料が振り込まれていないなど、急に辞められたことを理由に辞めた月の給料の支払いを拒む会社も存在します。そのため、自分を不利な立場に追い込まないようにしましょう。

つまり、アルバイトを辞めたい時は上司に相談してから、最終日を確認して、最後の日まできちんと責任を持って働くということです。

いずれ就活で辞める大学生に知ってほしいこと

大学生は、アルバイトをとても簡単に考えがちです。多くのアルバイトは簡単に採用してもらえるということがあるからでしょう。しかし、できればアルバイトは長期で続けて、居心地のよい職場にすべきです。こちらでは、いずれ就職活動が来る大学生にアルバイトで働く時のヒントをご紹介します。

自分が何年生なのかを社員にしっかり伝えておく

アルバイトを始める時に、あなが大学何年生なのかをきちんと伝えておくと、就職活動が近づいた時にあなたの状況をアルバイト先の上司に理解してもらいやすくなります。

例えば卒論の時期に忙しくなるため、アルバイトには今まで通りに出られなくなる時も、上司があなたが何年生かを把握しているとあなたの状況を理解して動いてもらえることもあります。

アルバイトの休憩中など、上司の時間のある時に自分の状況を積極的に伝えておくと、就職活動が近づいた時にも理解をしてもらいやすくなります。日ごろからの上司とのコミュニケーションを大切にしておきましょう。

就活が始まる時点で予告をしておく

就職活動が始まる時に、あなたも忙しくなりアルバイトに行けなくなるでしょう。その時は、上司に就活の時期になったために、もうすぐアルバイトを辞めないとならない、という形で伝えてみてはいかがでしょうか。

あなたとしても、「アルバイトを辞めます」といきなり切り出すよりも、「就活の時期になりました」という切り口でアルバイトを辞めることを話すほうが言いやすいと思います。

あなたが就活のためにアルバイトを辞めたい時期がはっきりと分かっているなら、時間に余裕を持って早めに上司に相談してみましょう。

またどこかでお世話になるかもしれない可能性を忘れずに

学生時代のアルバイトは、誰もが気軽に始めて気軽に辞める、とても簡単なイメージがあります。実際に、幾度もアルバイト先を変えて来た人もいるでしょう。人間関係の上手くいかなかったアルバイト、仕事がきつかったアルバイトなど様々なアルバイトを経験して、今までは理想的な辞め方をしなかったかもしれません。

しかし、今までのアルバイト先で出会った職場の人に、またどこかでお世話になるかもしれないということを忘れないでください。たとえアルバイトでも、あなたがたとえ学生でも、人に迷惑をかける辞め方はしないほうがいいです

人との出会いを大切にし、一度始めたアルバイトは責任を持って仕事に取組み、辞める時は必ず上司に相談して気持ちよく一つのアルバイトを終わらせるようにしましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧