1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 将来なくならない仕事をしっかり見極めて仕事探しを

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

やりたい仕事を探す

将来なくならない仕事をしっかり見極めて仕事探しを

先を見据えて将来なくならない仕事に就きたい

人口知能が人間の仕事をこなしていく時代です。現在ある仕事が未来もずっと続くわけではありませんね。せっかく努力してその仕事についても、技術の進歩で仕事自体がなくなる可能性もあります。時代によって仕事の内容も変わっていく世の中ですが、どんな仕事が今後残っていくのでしょうか。

就職や転職はできるだけ将来を見据えて、なくならない仕事に突きたいですよね。現在ある仕事の将来性についてご紹介しますのでご覧ください。

これからの仕事はどうなっていく?

将来なくならない仕事とはどんな仕事なのでしょうか。現在の状況からある程度は予測できますので、それを元に自分に合った仕事を見つけ出したいですね。一度仕事に就いたら、その業界と一生縁が深くなる場合もあります。就職後の転職も見据えて、長期に渡って携われる仕事を探し出しましょう。

また、働く形態は大切なポイントの一つです。独立するか、組織に属するかもしっかり考えたいところですよね。ここでは長く仕事をしていくには、どうすればよいかご紹介しています。

人の一生に関わる仕事はなくならない

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭は、いつの時代も必要とされる分野の仕事です。時代によって派手に行ったり、地味に済ませたりと内容に変化はありますね。景気にも左右されますが、何らかの形で儀式をする人が多いようです。冠婚葬祭は縮小されていく方向にはありますが、形としては残ってきやすい仕事です。

生老病死に携わる職業はなくなる可能性が最も低い分野になります。冠婚葬祭は省略しても、医療や介護は誰もが必ず必要となる大切な分野なのです。

医師や看護師などの医療職は今後も需要が高い

生活する上で欠かせない施設となる病院は、将来もなくなることはないですね。そこで働く医師や看護師などのスタッフは、いつの時代も必要とされます。

薬剤師の仕事を人口知能が取って代わるといわれていますが、ロボットがこなせる仕事と人間がおこなう仕事とに分かれていくのかもしれません。薬の配合だけなら自動化されることも考えられますが、服薬指導など人にしかできない業務もあります。高齢化社会に突入する現代に、薬のスペシャリストはなくてはならない医療職の大切な仕事ですね。

資格は持っていて損はない

働くにあたり、スペシャリストとなる資格は就職を有利にすることがあります。高齢化社会で、今後数が増えると予想されるのが介護施設ですね。介護士、作業療法士などの直接高齢者とかかわる仕事は、ますます需要が増えるといわれています。

医療職同様、人に直接かかわる仕事はほかに変えられません。ほかにも、保育士や教師などの子育て分野も資格が必要です。病気の患者さんや高齢者への栄養指導をおこなう管理栄養士もこれから需要が増えていくとされて入る職業です。人への指導は人口知能がこなすことの難しい仕事ですね。

公務員は一度就けば辞めない限り安泰

公務員は一生安泰の職業といわれています。公立学校の教師や、官公庁や地方自治体の役所勤務は、その機関がなくならない限り解雇されることはありません。一時的に減給となることもありますが、普通に勤めていれば懲戒免職となることはないでしょう。このため、不景気な社会では大変人気の高い職業の一つです。

しかし、転職をしにくい仕事でもあるため、一度公務員になったら一生続けていく覚悟が必要となります。特に専門的な知識の必要となる職業ではないため、民間への転職は難しいこともあります。

「将来なくならない仕事」より「将来なくならない会社」

資格を持つ、持たないにかかわらず将来性のある会社に就職することは大切です。多くの人材が所属する企業は、時代によってその人々を活かせるプロジェクトを考案しなくてはなりませんね。このため、時代に合わせて柔軟な発想のできる会社は生き残っていくといえます。

インターネットの登場で不必要となる職業もある一方、新しい仕事分野が生まれようとしています。この時代のニーズに合わせて臨機応変に対応するのも、生き残るために必要となることですね。

将来が不安なら会社に守られているほうが安心

独立するか、組織に属するか迷う人は多いでしょう。もし、自分の将来に不安を感じる人は、ストレス軽減のため会社に属することをおすすめします。組織にいても、長い一生の中では何があるか分かりませんが、会社員でいることのメリットのほうが多いと考える人が多くいます。

福利厚生や退職金制度など、長く勤務するほど大きな恩恵が受けられるものもあります。職業を一生の長いタームで考えるのなら、会社員で入ることの利点は多いですね。ほとんどの人が考慮する働き方で、今後も多くの人が何らかの形で会社とかかわっていくでしょう。

いざというときには手に職があれば強い

手に職があると、失業してしまったときに困ることはありません。会社に属するより独立開業して、自営業を営みたいという人も多くいますね。美容師は絶対なくなることのない仕事で、独立しやすい職業の一つです。ほかにも調理師免許があれば個人で飲食店を開業することもでき、自分のお店を持てますね。

ほかの人が短期間で就くには難しい技があれば、いざというときも安心で心強いですね。現在は会社員だけど、将来の独立開業のため、手に職を身に着けるという方法もあります。

将来仕事がなくなる原因

多くの仕事が生まれる一方、なくなっていく仕事が多くあります。その原因は様々ありますが、内容を見ると必然的と思えることが多くありますね。人口知能の発展や、少子高齢化はよく知られるポイントです。人の仕事をロボットがこなすということ以外にも、様々な要因がみられますよ。

原因を考えることは問題解決の大きなポイントです。変化する社会の状況を把握して、これから残っていく職業を考えてみましょう。仕事がなくなる原因について説明するのでご覧ください。

AI・ロボット技術の発展

人の仕事をロボットがこなすようになって、30年以上経ちますね。工業分野も入れると、100年以上といえるでしょう。オフィスのOA機器や、人口知能を取り入れたロボットの開発は目覚しい発展を遂げていますね。これにより、人間の手作業でおこなう仕事は必要なくなるといわれています。

特に重たいものを運ぶ動作や、長時間に渡り集中して正確にやり続ける動作は、ロボットが適していますね。職人的な手仕事も機械がこなす時代で、ヴィンテージ家具の製造や伝統工芸品の手仕事も、機械がすでにおこなっているのです。これからさらにロボットが活躍していく時代となるでしょう。

高齢化や人口減少

少子高齢化による深刻な人口減少は、既存の職業の幅を減らします。子供のいない地域の学校は統廃合されたり、過疎化によって自治体が合併されることも増えるでしょう。

これによって、教師の数や役所勤務の仕事の数は大幅に減っていくことが予想されます。加えてマイナンバーなどによる、証明書の自動サービスが普及すると事務仕事の人数も縮小されるでしょう。

また高齢者率が高くなるにつれて、若者を対象としたサービスも減っていきますね。代わって高齢者のためのサービスが今後増えていくことになるでしょう。

流行の変化

その時代の流行にかかわる仕事は、流行が終わるとなくなってしまいます。流行の変化が早いファッション業界ですが、その流れを常に新しく取り入れるファストファッションが今の主流の一つですね。

高価な洋服を長年着続けるより、最新のファッションを安価に安く購入したいという傾向が若者の間で定着していますね。これにより、従来のブランドも業務形態を考えなおす方向がみられます。

ファッション、旅行、お金、食品など、その時代によって流行の商品が新しく生まれる一方、なくなるものもありますね。それに携わる人も、転職を考える要因の一つとなります。

やるべきことの完了

地震や災害などで新しく生まれる職業もあります。東日本大震災の影響により、福島の原発事故が起こったことはまだ記憶に新しいという人も多いでしょう。このことにより原子力発電所の事後処理のため多くの原発労働者が必要とされました。

しかし、原発が元通りになってしまえば必要はありません。すべての事後処理が収束すれば仕事がなくなるでしょう。災害地に必要となるボランティアも一時期だけで、街が復旧してしまえば人員はいりませんね。原発の作業員は資格がいる仕事ではなく、派遣会社から派遣され日給でおこなう仕事となる場合が多くみられます。

景気の悪化

社会の景気よって消費スタイルは大きく変わります。生活必需品ではない贅沢品にかかわる仕事だと、景気によって仕事がなくなることもありますね。生活していくのに困らない贅沢品は、不景気になると買い控える傾向にあるため、購入者は一部の富裕層となってしまいます。

高価な宝石、貴金属類や骨董品などは趣味を充実させるものなので、普通の人は必要ありませんね。好景気になると高価な贅沢品に目を向ける人が増えますが、不景気が続くとどうしても生活に必要な衣食住が最優先されるのです。これにより、嗜好品にかかわる仕事は景気に左右されやすい職業といえます。

将来なくならない仕事ランキング

将来残っていく仕事は具体的にどんな仕事なのでしょうか。自分が就きたい仕事を決める際に大変参考にしたいことですね。将来性のある仕事は、これから人気の出る競争率の高い仕事ともいえます。学生の人などはしっかりチェックしておきたいですね。

人口知能ではおこなえない仕事は、以外にもたくさんあるのですよ。コミュニケーションが必要な仕事や、管理の仕事など曖昧な思考をする分野がこれにあたります。将来なくならない仕事をランキングでご紹介しますのでご覧ください。

1位:臨機応変なコミュニケーションが必要な仕事

ロボットのこなすことのできない仕事の第一位は、人とのコミュニケーションが必要となる仕事です。需要のある医療職でも、医療機器のオペレーターは将来性が低く、レントゲン撮影などは現在でも医師が兼任している個人医院も多くみられます。また、将来的に病院スタッフがおこなえる方向にもなっています。

処方箋に従って薬を配合する調剤師も、将来的に自動化される方向にあるといわれています。しかし、服薬指導や病院とのやり取りなど医療上のコミュニケーションが必要となる仕事は人が必要となるため、薬のスペシャリスト薬剤師がなくなることは可能性として低くなります。

2位:AI・ロボット技術で代替できない仕事

人口知能やロボット技術に替えられない仕事は残っていくでしょう。一つはまだ技術が追いついていない分野の仕事です。コミュニケーションなどの曖昧な思考を必要とすることは、まだまだロボットには難しいですね。

駅の改札やレジは自動化しやすい分野ですが、人に何かを聞かれて答えたり、案内したりするといった仕事は人とのやり取りの中で進めていくことが必要です。現在は技術的に追いついていない分野ですが、日夜研究が進められるため、大きく進歩していく可能性はあります。

3位:AI・ロボット技術を管理する側の仕事

ロボットが活躍する社会はそこまで来ていますが、所詮機械なので管理やメンテナンスが必要となります。ロボット技術をしっかり管理していく仕事が求められ、この分野の仕事は将来性があるといえます。

駅の自動改札の管理や、自動レジのメンテナンス、医療機器の点検など、現在でも生活に欠かすことのできないテクノロジーは技術者の機器管理があるからこそなりたっているといえますね。近い将来は、ロボットやAIを管理していくことが重要な仕事となります。

少しの故障も大事故を起こす原因となるため、大変責任のある仕事といえますよ。

4位:芸術や娯楽にかかわる仕事

ロボットにできない仕事の一つに、絵を描いたり音楽を奏でたりする芸術分野の仕事があります。ほかにも、映画や芝居などのエンターテイメント分野はロボットが判断することは難しいですよね。

アーティストはもちろん、創造物の良し悪しを判断して、ビジネスにしていくといった仕事は、機械的にこなせるものではありません。ロボットが一番苦手な分野の一つとなる娯楽分野は、まだまだ人の手によってでしか作り上げることができないのです。

5位:人間の頭脳や肉体が試される仕事

ロボット技術を発展させるために必要な理系の研究職は、将来性が高い分野となります。少子化による人手不足を補うために、今後ますますロボットの労働力が必要となる社会になっていくでしょう。きつい肉体労働は機械やロボットがこなし、人はさらに頭脳を使う仕事へとシフトしていきつつあるのです。

また、記録を残すことに意義があるスポーツ選手も注目される仕事ですね。人の運動能力を極限まで鍛えることで、やっと万分の一の記録が更新できる過酷なスポーツの世界です。ロボットではなく、人間のみが挑戦していける夢のある仕事ですよ。

将来なくなりそうな仕事は別の分野へとシフトしていく

将来残っていく仕事もある一方、消えていく仕事もあります。しかし、なくなりつつある仕事も内容を新しく変化させることで、新しい社会に対応していくことができるのです。現在就いている仕事内容を見直してみると、これから残っていく仕事へとつながることもあります。

その時代の仕事は、前世代の仕事と大きくかかわっていることが大半ですよね。ここに着目して、今の仕事に関係している分野にも注目してみましょう。仕事の接点は数多くあるのです。それをたどって、仕事をシフトしてみるのも将来性のある仕事へ就く方法のひとつですよ。

AI・ロボット技術がまだ追いついていない分野へ

人口知能がまだ成しえない分野の仕事は多くあります。研究や開発を始め、エンターテイメント分野や教育など、ロボットでは難しい分野に仕事内容を変えていくことで新しい仕事を得ることができます。これから需要が高まる介護分野も一つの選択肢ですね。

医療同様、ロボットが高齢者の様子を把握したり、状態を見極めることは難しいですよね。どうしても、人の経験やコミュニケーションが必要になるため、機械は人の補助的な仕事になります。このため、医療、介護分野はまだまだ人中心の業務形態となることでしょう。

高齢化に対応した分野へ

これからの高齢化社会に応じたサービスは拡大し続けています。たとえば健康、スポーツ分野もこれまでは子供から若者、若年層に向けていたサービスでしたね。しかし、高齢者向けにシフトされることで残っていくことが考えられます。

たとえば、スポーツジムは高齢者向けのプログラムを増やすことで、これからの高齢化社会に対応した内容のサービスに変えることができますね。ほかにも旅行分野も高齢者が参加しやすいツアー企画を増やすことで、少子化が進んでも旅行人口を減らすことが防げます。

このようにサービスの中心は高齢者にシフトしていく傾向なので、地域性も合わせて仕事の内容を変化していく必要があるといえます。

流行に影響されない分野へ

流行に左右される仕事は、世間の風向き一つで収入が大きく変化する不安定な仕事です。このため流行と関係ない仕事へと変わることも、生き残る方法の一つです。流行にかかわるファッションの仕事なら、衣類の原料の繊維関係の仕事も選択肢の一つですね。

現在の業界をたどっていけば、どこかに源流となる仕事が存在しています。それをみつけだすのも安定した仕事を探すポイントですね。なくなりそうな仕事ではあるけれど、実は臨機応変に変化していける場合がほとんどなのです。

今あるものをメンテナンスする分野へ

現代の通信の要となる、光回線やアナログ電話回線、携帯電話の基地局は、設備のメンテナンスがこれからの大きな仕事となります。新しいシステムの導入には時代の流れや社会のニーズもあり、数十年単位の期間を置くこともありますね。このため、一度敷いたシステムのメンテナンスが主な仕事内容となるのです。

電話のなかった中世から便利な電話通信が生まれ、現代はインターネットの時代へと変化しています。すべて通信設備のメンテナンスがしっかりされているからこそ、その恩恵を受けることができるといえるでしょう。電気やガスなどの生活インフラも、すべてしっかりとしたメンテナンスが必要となる仕事ですね。

景気に左右されない分野へ

贅沢品ではなく、生活必需品は景気に左右されにくい分野の一つです。高価なブランド物の衣類より、制服などの学校や仕事に必要不可欠な製品のほうが、景気に左右されることなく必要とされますね。食品も嗜好品となるお酒やお菓子類より、肉や魚、野菜などの生鮮食料品は絶対必要なものです。不況が続く中、つながりのある業種へと仕事内容をシフトしていくことも必要かもしれませんね。

ほかにも、税金から補助が出るような事業へ変わるという手もあります。農業や漁業などは安定しているとはいえませんが、国の補助があるため長く続けていくためには考慮できる職業の一つです。

将来なくならない仕事に就くポイント

これからなくなる仕事に就いても、仕事を覚えた頃には転職活動が必要となるかもしれませんね。仕事は一度就いたら、長く続けていくのが楽な方法です。できるだけ将来を見据えて、残っていく仕事を得る努力をしましょう。

また、将来なくならない仕事に就くことで、大きな安心を得られます。入職後の不安をなくすためにも、息の長い仕事を探したいですね。仕事の安心は、ストレスの軽減にもつながります。将来なくならない仕事に就くためのポイントをいくつかご紹介しますので、仕事探しの参考にしてください。

取れる資格は取っておく

いつの時代でも、資格は転職の大きな助けとなります。就職に直接必要なくても、取れるものはとっておきましょう。運転免許や英語の資格だけではなく、自分の興味のあることについて、時間の余裕のあるときに労を惜しまずチャレンジすることをおすすめします。

たとえば、食に興味があるのなら、栄養士や調理師免許、フードアナリストやきき酒師、ソムリエ、カフェプランナーやデザートクリエーターなどの資格を考慮するのもおすすめです。ただの趣味にとどまらず、一歩踏み込んで資格を取ることで、将来の職業につながる可能性も大いに出てくるのです。

つぶれない会社を見極める

会社員として長く働くつもりなら、すぐにはつぶれない会社を選ぶことが大切ですね。長期不況にも臨機応変に対応していける能力のある、優れた会社を探すのは難しいことです。また見つけたとしても競争率がやたら高かったり、中途採用をおこなっていなかったりということもありますね。

目立たないけれど、優秀な会社は多くあります。地味な仕事内容でも、長期に渡り安定しているといった分野に携わる会社は、簡単につぶれることはありません。そういう穴場の会社を探していきましょう。

転職エージェントと一緒に考える

もし、自分でよい会社を見つけることが難しかったり、持っている資格を活かすことが難しいと感じている人は、転職エージェントを利用してみるのもよい方法です。

自分ひとりで得られる情報には限りがあり、人脈も組織に比べ少なくなってしまいますね。このため、多くの企業とのパイプがあるエージェントに相談してみるのも転職活動を楽にします。

転職アドバイザーに相談して、自分の適性に合った将来性のある仕事を見つけてもらいましょう。転職情報や業界の動向もリサーチするつもりで、セミナーに参加してみるのもよいですよ。

自分自身の努力も大切

将来なくならない仕事についてご紹介しました。人口知能の発達などによって、なくなりつつある仕事もある一方、新しい仕事も生まれていますね。仕事自体の量はどんどん増えつつあるため、適した仕事を見つけだすことが転職活動の大きなポイントとなります。資格を取ることや、情報集めに労を惜しまず、積極的に行動するよう努力してみましょう。

転職サイトをうまく利用して、時短で最適の仕事を探すこともおすすめです。忙しい日々を過ごしている人にとっては、仕事に関するすべてを相談できるよきアドバイザーとなりますよ。

業界全体の動向を把握するのは、個人では難しい面もあります。エージェントの組織力を活かしてよい情報をみつけたいですね。

ランキング

記事一覧