1. HOME
  2. 転職
  3. 男性におすすめの楽な仕事ランキングベスト10と特徴を解説

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職

男性におすすめの楽な仕事ランキングベスト10と特徴を解説

男性にとって楽な仕事とは?

世の中には様々な仕事があります。今の仕事が大変で辛いと、楽な仕事に就きたいと思うこともあるでしょう。楽な仕事の中にも、精神的に気楽なものや肉体的に楽なものなど、様々な職業があります。

この記事では、たくさんある仕事の中から男性におすすめの楽な仕事をランキング形式でご紹介します。その中から自分の適正にぴったりの仕事を見つけることで、長く働くことができるでしょう。

男性ならではの楽な仕事の条件とは?

楽な仕事の種類は様々ですが、中には男性ならではの楽な仕事も存在します。そのような仕事は事情があって女性が採用されにくく、男性を頼っていると言えます。そのため、競争率が低くなります。

この章のポイント

力仕事や治安が悪い場所の仕事は、男性が優遇されます。そのような条件でも気にしないのであれば、楽な仕事が見つかりやすくなるでしょう。逆に、事務などの仕事は女性が優遇されることもあります。

肉体労働など体力が必要になる

工事現場での作業や工場での製造業は、体力と筋力が必要になる仕事が多いです。単純作業が多いため、自分で仕事を企画したり考えたりする必要はありません。オフィスワークが苦手で体を動かすことが好きな人にとっては、楽な仕事になります。

肉体労働は男性ならではの楽な仕事と言えます。女性の中にも体力に自信がある人もいますが、男性には勝てません。また、女性は妊娠などで肉体労働が制限されるので男性向きの仕事です。

治安の悪い場所や夜間の仕事

治安の悪い場所の警備は、昼夜問わず男性ならではの仕事といえます。なぜなら、女性では何かトラブルが起きたときに太刀打ちできない可能性があるからです。男性であれば筋力に長けているので、トラブルが起きても抵抗できます。

トラブルは人目に付かない夜間に起こります。そのため、夜間の仕事も男性ならではの仕事です。警備の仕事はトラブルが起きない限り見回りや点検に徹するので、楽な仕事でしょう。

拘束時間が長い

長距離トラックの運転手などは拘束時間が長いですが、運転中は音楽を聴いてリラックスしながら仕事をすることができます。そのため、運転が苦にならない人にとっては楽な仕事になります。

拘束時間が長い仕事を選びたがらない女性はいます。なぜなら、体力がなかったりメイクが崩れても直せなかったりするからです。そのため、トラックの運転手やタクシードライバーなどの仕事は男性ならではの仕事です。

実力主義やノルマがある仕事

実力によって賃金が決まったりノルマを課せられたりする仕事は、一見大変そうに思えるでしょう。しかし、優秀な人や要領が良い人にとっては簡単にノルマをクリアできるので、楽なのに高い賃金をもらえる仕事になります。

このような仕事は精神的にきつくなりがちです。そのため、男ばかりの体育会系の環境で育ってきて打たれ強いという人には、向いている仕事です。

機械やパソコンの知識が必要

大学の工学部や工業高校は、まだ女性比率が少なめです。そのため、専門的に機械やパソコンを学んできた人には、男性の方が多いです。

システムエンジニアの中には、社内のシステムの構築や運用などを担当している人もいます。ユーザーが社員ですし、新しくシステムを構築する機会が少ないため、男性ならではの楽な仕事と言えます。

難関資格が必要

医師や弁護士、税理士などになるには、資格が必要です。資格を取得するまで大変時間がかかりますし、見習い期間中も苦労をすることが多いです。

しかし、それを乗り切ることができれば独立することができますし、仕事量をおさえることも可能になります。

ベテランになるまでは気力と体力が必要になり、女性はベテランになる前に出産や育児で仕事を離れることになります。そのため、男性ならではの仕事と言えます。

男性が選ぶ楽な仕事ランキング

楽な仕事の定義は人それぞれです。体力に自信のある人は専門知識を必要としない肉体労働が楽だと感じます。しかし、パソコンなどの得意分野がある人にとっては、それを活用できる仕事が楽だと感じます。

この章のポイント

楽な仕事の種類は様々です。その中から自分の性格や適性に合ったものを選ぶことが大切です。自分に合う仕事は長続きしてストレスがたまらず、のびのびと働くことができます。

第1位:警備員

男性ならではの仕事の中で、最も楽だと言えるのは警備員です。トラブルや異変があったときは冷静に対処しなければなりませんが、治安の良い日本ではあまりトラブルは起きません。そのため、見回りをするのみになります。

一人で任されるような場所であれば、気楽に仕事をすることができます。人間関係で悩むことはありませんし、一人でリラックスして働けます。専門知識は必要ありませんが、体力と冷静に対処できる能力が必要です。

第2位:事務

事務と聞くと、女性が多い仕事だと思うでしょう。しかし、女性だけではなく男性を必要とする職場も多くあります。それは、法律事務所や運送会社など事務職でも気力と体力が必要になる会社です。

基本的にはデスクワークで楽ですが、事務でも重い荷物を運ばなければならなかったり現場で作業しなければならなかったりします。精神的に負担になるような仕事もあるため、男性を必要としています。

第3位:工場での製造

工場での仕事は力と体力が必要になるため、男性ならではの仕事です。単純作業やマニュアルに沿っての仕事が多いため、難しい作業が無くて楽だと言えます。オフィスワークが苦手な人に最適でしょう。

機械や車などの製造工場は、男性ばかりの職場です。なぜなら、工業高校や工学部出身の人を採用するため、自然と男性が多くなるのです。大手の工場であれば福利厚生もしっかりしていて男性に人気の仕事です。

第4位:社内システムエンジニア

システムエンジニアの中でも、社内のみで仕事を行うのであれば楽な仕事と言えます。

なぜなら、不具合が起きたりメンテナンスが必要になったりしても、社内での作業で済むからです。普通のシステムエンジニアは客先との連携が必要になるので、その点では楽なのです。

システムエンジニアになるには、パソコンの専門知識が必要です。パソコンやプログラミングのことを専門的に学んできた男性には、おすすめの仕事です。

第5位:ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事は楽で安定しています。電気や空調設備などの管理が必要になるので、男性ならではの仕事になります。泊まり込みの宿直があるという点も男性向きの仕事と言える理由の一つです。

宿直は大変そうに思うかもしれませんが、仮眠をとることができるので体力を回復させて働きます。待機する時間が長く、決まった仕事をこなすことになるので、楽な仕事が多くなります。

第6位:長距離トラックの運転手

体力があって長時間の運転が苦にならない人にとっては、長距離トラックの運転手が楽な仕事だと感じるでしょう。運転中は一人になるため、気楽に仕事を進めることができます。モチベーションを上げるために好きな音楽を聴いてもOKです。

好きなタイミングで休憩や仮眠をとることができるので、無理をすることがありません。運転や車が好きな男性に向いています。ただし、事故を起こさないように体調管理を徹底する必要があります。

第7位:アフィリエイト

アフィリエイトは、完全に一人で仕事をすることができます。そのため、人と接するのが極端に苦手な人にとっては楽な仕事だと感じます。パソコンがあればどこでも作業できるので、飽きっぽい人にもおすすめです。

稼ぐためには、集客などを勉強して工夫する必要があります。上手くいけば、短い作業時間で大きく稼ぐことが可能になります。稼げるようになるまで収入が安定しないので、その間ダブルワークをして乗り切れる体力のある男性には向いている仕事です。

第8位:薬剤師

薬剤師になるには専門の知識と資格が必要です。勉強は大変ですが、医療系の職業なので需要がありますし、医師や看護師ほど激務ではありません。資格があるので、長く働くことができます。

薬剤師は給料が高いので、男性におすすめの仕事です。結婚して子どもを持ったとしても、経済的に苦労する可能性は低いです。残業や休日出勤が極めて少ないため、楽な仕事と言えます。

第9位:清掃

ビルやホテルなどの清掃は単純作業でマニュアル化されていることが多いため、楽な仕事になります。力が必要なこともあるので、女性よりは男性に向いているでしょう。忙しい場所では体力も必要になります。

清掃は、会社の就業時間後に行われることが多いです。夜から深夜にかけての仕事になるので、男性向きの仕事と言えます。清掃の仕事は高収入につながるので、モチベーションを保つことが可能です。

第10位:ルート営業

営業の中でも、担当している顧客を回る仕事であれば仕事は楽になります。なぜなら、新規顧客を獲得する必要が無いので精神的な負担が軽くなるからです。ノルマもそこまできつくならないのが特徴です。

顧客と仲良くなることができれば、さらに仕事をしやすくなります。社交的な性格だと、顧客と打ち解けやすくなって売上げ成績が良くなります。外回りが中心の仕事になるので、体力のある男性に向いています。

徹底分析!警備員は男性にとって楽な仕事?

警備員の仕事は、場所や時間帯によって大変さが異なってきます。一番楽なのは、治安が良くて人通りの少ない場所の警備です。治安が悪い場所や混雑する場所はトラブルが起こりやすいので、絶対に楽だとは言い切れません。

この章のポイント

警備の仕事は、ただ見回りをしたり監視していたりするだけではありません。異常をすぐに察知し、トラブルが起きたら冷静に対処する必要があります。

一人で仕事を任されると気が楽

警備員は一人ずつ配置につくこともあります。特に、治安が良い場所や人通りが少ない場所は警備員が一人だけのことが多いです。完全に一人になれるので、気楽に仕事をすることができます。ただし、一人でリラックスできるからと言って気を抜いてはいけません。

一人での仕事はその分責任も大きくなります。なぜなら、何かがあったときに一人で対処しなければならないからです。責任感が強い人に向いている仕事と言えます。

治安が良いから基本的には何も起こらない

日本は治安が良い国なので、外国ほどトラブルが起こることはありません。また、警備員がいるからこそ悪いことをしようと考える人はいなくなるのです。そのため、トラブルが起こって対処する機会はほとんど無いでしょう。

トラブルが起こる可能性は低いですが、ゼロではありません。そのため、トラブルが起きたときにどう対処すべきかを学んでおく必要があります。実践する機会は少ないので、イメージトレーニングで備えましょう。

体力と冷静な対応力が必要

警備の仕事はずっと立っていることになります。緊急事態が起これば、走ったり力を使ったりすることもあります。そのため、体力が必要な仕事になります。日々鍛えておくことが大切です。

トラブルが起きたときは焦らずに冷静に対処しなければなりません。何かあっても冷静に考え、行動できる人でないと警備の仕事は務まりません。また、びくびくしていると頼りないので、堂々としている人に向いています。

休日出勤や残業は滅多にない

警備の仕事は他の仕事のように、残業や休日出勤をする必要はありません。定時が来たら交代して、すぐに帰宅することができます。そのため、プライベートを充実させることができておすすめです。

忙しいときや同僚がやむを得ず休んだときなどは、代わりに勤務することになることが考えられます。強制ではありませんが、同じ職場の人のことをカバーし合うことは大切です。自分が誰かの力になれば、困ったときに助けてもらえます。

生活が不規則になることもある

24時間の警備が必要な場合は、夜勤もすることになります。そのため、夜勤と日勤で生活が不規則になる恐れがあります。慣れるまでは起きられなかったり体がだるかったり、辛いこともあるでしょう。

生活が不規則になると、体調を崩しやすくなります。体調を崩して仕事を休むと他の人に迷惑をかけることになります。そのため、他の仕事よりも体調管理に注意する必要があります。

徹底分析!事務は男性にとって楽な仕事?

事務は女性ばかりの仕事というイメージがありますが、決して女性だけの仕事ではありません。会社や仕事内容によっては男性の事務員の方が相応しいこともあります。それは、体力や気力が必要になる会社です。

この章のポイント

基本的にオフィスでの仕事になるので、体力的には楽になります。時々力仕事もありますが、肉体労働よりは軽いものが大半です。普通の筋力で充分でしょう。

男性事務員を必要とする会社は数多くある

事務職は女性のものと思われていることもありますが、男性の方が適していることもあります。それは、気力や体力が必要になる職場です。他にも、パソコンなどの機器に詳しい男性事務員を欲しがる会社もあります。

女性は周囲との調和を大切にするので、叱ったりきつく指示を出したりするのが苦手です。そのため、男性を入れてその役割を任せることで、業務をスムーズに回すことができます。

オフィスでの仕事

基本的にはずっと室内にいるので、それほど体力は必要になりません。エアコン完備なので、夏も冬も快適な環境の中で仕事をすることができます。病気やけがなどであまり動けない人も安心して仕事をすることができます。

ただし、体を動かすのが好きな人やデスクワークが苦手な人にとっては苦痛になる恐れがあります。事務仕事は、体を動かすのは好きではないけれど集中力があってこつこつと頑張れる人に向いています。

営業職や専門職のサポート業務

事務の仕事は、営業職や専門職の人のサポートを行います。そのため、相手が何を求めているのかをきちんと理解する必要があります。日頃から一緒に仕事をする人とコミュニケーションを取ることで、業務を円滑に進めることができます。

時には専門知識が必要になることもあるので、勉強をおろそかにしてはいけません。また、事務は手際の良さや丁寧さが求められる仕事です。素早く仕事をこなしながらも正確であることが大切です。

力仕事もある

事務はデスクワークが多いですが、中には力仕事もあります。棚卸しや荷物の整理などがそれに当たります。女性では重くて運びにくいものを男性が運ぶことになるので、頼られる存在になることができます。

運送会社の場合、顧客が営業所に荷物を持って来たり取りに来たりすることがあります。その荷物が重い場合は男性が対応することになります。女性が無理をして運んでけがをしたり荷物を傷つけたりすることを避けるためです。

知識を身につけてステップアップを狙える

法律事務所や税理士事務所の事務の場合、他の業界の事務職よりも専門的な知識が必要になります。本などで学ぶ必要がありますし、実際にその知識を活用する機会が多いです。

そのため、専門知識や実務を身につけることができます。そこから資格取得を目指すことが可能になるので、大幅なステップアップをすることができます。仕事の幅が広がってやりがいを感じやすくなりますし、賃金も高くなります。

人見知りでも大丈夫

事務の仕事はあまり社外の人と接する機会はありません。社内のみの人間関係で済みます。来客対応で社外の人と接することもありますが、会議室に案内したり取り次いだりするだけなので、大きな負担にはならないでしょう。

営業のように社外の人と頻繁に接することはないので、人見知りの人でもストレスを感じることなく仕事をすることができます。人と接するのが苦手な人にとっては、事務は気楽にできる仕事と言えます。

徹底分析!工場での製造は男性にとって楽な仕事?

自動車や機械を製造する工場で働くには、体力と筋力が必須になります。食品の製造工場の場合、力仕事はそれほどありませんが、立ったままでの作業になるため体力と忍耐力が必要になります。

この章のポイント

力仕事が多い工場は、男性しか採用されないこともあります。力仕事が無い工場では、男性も女性も平等に採用されるでしょう。筋力があるなら、力仕事をした方が賃金も高くなるのでおすすめです。

単純作業が多い

工場でのものづくりの仕事は単純作業が多いです。マニュアル化されている作業がほとんどなので、難しく考える必要はありません。特に、食品工場の場合は同じ作業をひたすら続けることになります。

難しいことを考える必要が無くて楽ですが、単純作業が苦になることもあります。なぜなら、やりがいを感じにくいからです。日々の業務にやりがいや自分の成長を見出すことが大切です。

力仕事がメインで体力が必要なこともある

機械や自動車など大きくて重い製品を製造する工場の場合、力が必要な作業が多くあります。そのため、体力や筋力に自信がなかったり慣れていなかったりすると、きついと感じることもあります。

体力や筋力に自信がある人は、力仕事でもあまり苦に思わないでしょう。日頃から体を鍛えたりスポーツをしたりするのが好きな人にとって、工場での仕事は楽な仕事になります。

ワークライフバランスを大切にする

工場の稼働時間が決まっている会社は多いです。特に、大手メーカーの工場は福利厚生がしっかりしていて休みを取りやすい環境にあります。繁忙期以外は残業があまりないので、ワークライフバランスを大切にしていると言えます。

定時に帰ることができ、休日出勤も滅多にないのでプライベートを充実させることができます。仕事以外は趣味などの没頭することができるので、楽な仕事になります。

楽な仕事はどうやって探す?

性格や適性によって楽だと感じる仕事は人それぞれ違います。自分が楽だと思う軸と同じものを選ぶことが大切です。その軸がどのようなものかによって適した探し方も異なってきます。

この章のポイント

一番スタンダードで簡単な方法は、求人サイトで探すことです。あらかじめ就きたい仕事が決まっている場合は、資格を取ったり勉強したりすることが大切です。

求人サイトで探す

求人サイトで検索をする方法であれば、スマートフォンやパソコンから簡単に探すことができます。様々な業界・職種を探すことができるので、自分に合う仕事が見つかりやすいです。

また、求人数が多いためどんな仕事でも見つかる可能性が高まります。一つの求人サイトだけではなく複数の求人サイトで検索するのがおすすめです。リクナビNEXTマイナビ転職などは求人が豊富です。

家族や友達に紹介してもらう

自分でなかなか見つけられない場合は身近な人に頼る方法がおすすめです。親しい人であれば性格などを分かってくれているため、自分に合いそうな仕事を紹介してくれるでしょう。

普通の求人では見つけられないような仕事を紹介してもらえることもあります。ただし、紹介で就職した場合は簡単に辞めることができません。なぜなら、紹介してくれた人の顔に泥を塗ることになるからです。

必要な資格を取る

あらかじめなりたい職業が決まっている場合、なるために必要な資格や有利になる資格を取っておくのがおすすめです。

例えば、薬剤師は薬学部に行って資格を取得する必要がありますし、システムエンジニアはIT関連の資格を取っておいた方が有利になります。

資格ではなくても、その職業に就くための知識を身につけることも大切です。

自分にとっての「楽」を見極めて納得のいく仕事に就こう

楽な仕事と言っても、様々な職業があります。体育会系で体力に自信がある人は肉体労働が楽だと感じる一方で、体を動かすのが嫌いな人はオフィスワークが楽だと感じます。

楽な仕事を探すときに大切なのは、自分にとって何が楽なのかという軸をきちんと決めておくことです。その軸からずれないような仕事を選ぶことで、天職が見つかるでしょう。

ランキング

記事一覧