1. HOME
  2. 資格
  3. ファイナンシャルプランナーの勉強は大変?試験の概要を紹介

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

資格

ファイナンシャルプランナーの勉強は大変?試験の概要を紹介

ファイナンシャルプランナーの勉強について知ろう

ファイナンシャルプランナーの仕事に興味があり、資格の取得を検討している人は、ファイナンシャルプランナーの勉強が大変なのか知りたいですよね。

そこで、ここではファイナンシャルプランナーの勉強は大変なのか、ファイナンシャルプランナーの勉強方法、ファイナンシャルプランナー3級の試験概要、ファイナンシャルプランナー2級の試験概要についてご紹介します。

合わせて読みたい

ファイナンシャルプランナーの勉強は大変?

ファイナンシャルプランナーの勉強を始めようと思っている人は、どのくらい大変なのか気になりますよね。また、ファイナンシャルプランナーの勉強をする上で気をつける点があれば知りたいでしょう。

そこで、ここではファイナンシャルプランナーの勉強をする際の注意点などをご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの試験勉強をこれから始めたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

教科書はなるべく最新のものを使うべき

会社員

教科書は最新のものを選ぶ

★★★★★★★★★★3.8

ファイナンシャルプランナーの試験は法改正により出題内容が変更になることがあるので、教科書は最新のものを選ぶと良いです。

ファイナンシャルプランナーの勉強を独学で始める場合は、テキスト選びも自分で行わなくてはいけないので、費用を抑えることができるというメリットがありますよね。

そこで、より費用を抑えようと中古の教科書を選んでしまうと、法改正に対応していない可能性もあるので、最新の教科書を選ぶことがおすすめです。

間違った内容で暗記してしまうと後から大変になるので、昔の教科書を使うことはやめた方が良いでしょう。

合わせて読みたい

スキマ時間はアプリで勉強をすると良い

OL

スキマ時間を利用して勉強をした

★★★★★★★★★★4.2

仕事をしながら勉強をするのは大変なので、スキマ時間を有効活用できるようにアプリで勉強をしました。

仕事と勉強を両立させることは大変です。また、まとまった時間を確保するのは難しいでしょう。

そこで、スキマ時間を活用することがおすすめです。ファイナンシャルプランナーの試験対策用のアプリはたくさんあります。

無料のアプリもあるので、電車の中や、ちょっとした空き時間を利用して勉強の時間に充てると良いでしょう。

満点を目指そうとすると大変

会社員

満点を目指そうとせずに得意分野を伸ばす

★★★★★★★★★★4.0

ファイナンシャルプランナーの試験科目は多いので、自信のない科目は捨てて、得意分野を伸ばすことに集中しました。

ファイナンシャルプランナーの試験科目は6科目あります。そのため、試験範囲の学習を完璧に終わらせて、試験では満点を目指そうとすると時間がかかってしまいます。

また、ファイナンシャルプランナーの合格率は6割なので、自信のない科目や苦手な科目の克服にばかり時間をかけるのではなく、自分の得意分野で9〜10割取れるようにした方が良いでしょう。

実技試験の問題は隅から隅まで読まないことがポイント

OL

実技試験の問題をじっくり読んでいると時間が足りなくなる

★★★★★★★★★★4.5

実技試験は時間との戦いなので、問題文はパッと見て詳細まで読まずに問題を解き進めました。

ファイナンシャルプランナーの試験には、実技試験もあります。実技試験の問題文は長いので、すべての問題文をじっくり読んでいると時間が足りなくなってしまいます。

そのため、問題文をパッと見て過去問で解いたことのある問題であれば、詳細までじっくり読まずに、解き始めると良いでしょう。

試験問題は、ある程度パターン化しているので、そこまで読み込まなくても解ける問題も多いです。

ファイナンシャルプランナーの勉強方法

ファイナンシャルプランナーの勉強を始めようと思っていても、具体的にどうやって勉強を進めればいいのか分からない人もいるでしょう。

また、効率的に勉強をする方法があれば知りたいですよね。そこで、ここではファイナンシャルプランナーの勉強方法についてご紹介します。

これからファイナンシャルプランナーの勉強を始めようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

目標と目的を明確にする

まず、ファイナンシャルプランナーの勉強を始める前に目標と目的を明確にしましょう。ファイナンシャルプランナーの資格を取得して何をしたいのか、ファイナンシャルプランナーの試験をいつまでに合格するのかなど、具体的に決めると良いです。

ファイナンシャルプランナーの仕事に興味はあるけれど、なんとなくの気持ちで勉強を始めても、時間が経つにつれてモチベーションが下がってしまうことがあります。

勉強計画を立てて時間を有効活用する

自分の目標と目的を明確にしたら、次に大雑把に計画を立てましょう。どの勉強をいつまでに終わらせるのかを決めます。

細かく計画を立ててしまうと、計画通りにいかなくなった時に修正するのが大変になってしまいます。そのため、大雑把に計画を立てることがおすすめです。

そして、通勤中の電車の中や、昼食後の空き時間など、スキマ時間を有効活用して勉強をしましょう。

とりあえずテキストを一通り読み込む

ファイナンシャルプランナーの勉強をするためには、まずはテキストを選びます。そして、自分で選んだテキストを一通り読みましょう。

最初にテキストを読む時は、一度ですべて理解しようとせずに、とりあえず読み進めることが大切です。

読んだところは振り返らずに、テキストにどんなことが書いてあるのかを把握するようにしましょう。

問題集をひたすら繰り返す

テキストを一通り読み終わったら、問題集に取り組みます。問題をたくさん解いて、間違った問題があればテキストに戻って、なぜその答えになるのかを探しましょう

これを繰り返して、解けない問題を減らしていきましょう。ファイナンシャルプランナーの試験には、学科と実技があるので、問題集にも学科と実技の問題が掲載されているものが多いです。

学科と実技の問題を両方解いて、わからない問題をなくしていきましょう。

余裕があれば過去問や予想問題に取り組む

問題集で一通り問題が解けるようになったら、過去問や予想問題にも取り組むと良いでしょう。ファイナンシャルプランナー3級の試験は、割と簡単に合格できるので過去問や予想問題まで取り組まなくても良いでしょう。

しかし、ファイナンシャルプランナー2級の受験を考えている人は、過去問や予想問題にも取り組んでおく方が安心です。

楽しみながら勉強をして分からないとこはすぐに解決する

ファイナンシャルプランナーの勉強は、私たちの生活に密接に関わることばかりです。そのため、勉強をする時は、自分自身に置き換えて勉強を進めることで楽しみながら勉強ができるでしょう。

そして、テキストを読み進めていてわからない部分があれば、すぐに解決することが重要です。自分でインターネットで調べてみたり、質問対応サービスを活用すると良いでしょう。

合わせて読みたい

ファイナンシャルプランナー3級の試験

ファイナンシャルプランナー3級の試験を受けようと思っている人は、まずは試験の概要を知るところから始めましょう。

また、ファイナンシャルプランナー3級の合格率や独学の難易度も知りたいですよね。そこで、ここではファイナンシャルプランナー3級の資格の概要についてご紹介します。

ファイナンシャルプランナー3級の試験を受験しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ファイナンシャルプランナー3級の資格の概要

ファイナンシャルプランナー3級の試験は年に3回開催されています。また、ファイナンシャルプランナー3級の受験資格は、ファイナンシャルプランナー業務に従事している人や、しようをしている人なので、年齢や学歴に関係なく受験することができます。

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、比較的易しいので、短い勉強時間で合格する人も多いです。

資格概要
試験の開催時期 例年5月頃、9月頃、1月頃
受験料 学科と実技:6,000円、学科:3,000円、実技:3,000円
申込受付時期 例年3月から4月頃、7月頃、11月から12月頃
年齢制限 無し
学歴制限 無し
その他制限事項 ファイナンシャルプランナー業務に従事している者、または従事しようとしている者
合格基準 学科試験:60満点中36点で合格、実技試験:きんざいは50点満点中30点で合格・FP協会は100点満点中60点で合格
合格発表時期 7月頃、10月頃、3月頃

ファイナンシャルプランナー3級の試験の形式

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、学科試験と実技試験で行われます。ファイナンシャルプランナー3級は学科試験が「基礎問題」、実技試験が「応用問題」という内容になっています。

そして、試験は午前に学科試験、午後に実技試験が行われています。

ファイナンシャルプランナーの試験の主催団体は「きんざい」と「FP協会」の2つがあり、学科試験は共通の問題ですが、実技試験では別々の問題が出題されます。

試験形式 問題の種類 内容
学科試験 選択問題 ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承
実技試験 選択問題・記述問題 資産設計提案業務

ファイナンシャルプランナー3級の近年の合格率

ファイナンシャルプランナー3級の資格の試験の合格率は、年度によって変わりますが平均して約7割です。比較的簡単な試験だといえます。

ファイナンシャルプランナーの試験は、「きんざい」と「FP協会」の2つの団体で実施されており、実技試験では出題される問題に違いがあるので、それぞれで合格率に差はありますが、だいたい7割くらいの人が合格しています。

年度 合格率
2018年 78.6%
2017年 70%
2016年 69.2%
2015年 76.6%
2014年 68.6%

ファインシャルプランナー 3級の独学難易度

ファイナンシャルプランナー3級の試験の勉強時間は、だいたい80〜150時間ほどが目安です。仕事をしながら勉強をする人は、例えば1日2時間勉強する場合だと、2ヶ月から3ヶ月くらい必要になるでしょう。

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、易しい部類の試験です。また、出題パターンが決まっており、正答率が6割で合格なので、独学で勉強している人も多いでしょう。

独学難易度
必要な勉強時間 80時間
独学で合格できた人の割合 約8割
難易度判定 ★★☆☆☆

ファイナンシャルプランナー2級の試験

ファイナンシャルプランナー2級の試験を受けようと思っている人は、試験がどのくらい難しいのか知りたいという人も多いでしょう。

ファイナンシャルプランナー3級の資格を取得してから、2級の資格も受験しようと思っている人も多いです。

そこで、ここではファイナンシャルプランナー2級の試験概要や合格率、独学の難易度についてご紹介します。

ファイナンシャルプランナー2級の資格の概要

ファイナンシャルプランナー2級の試験は、年に3回開催されています。ファイナンシャルプランナー3級の試験は、特に受験資格はありませんが、ファイナンシャルプランナー2級の試験には受験資格があります。

認定された講座を受講修了していたり、ファイナンシャルプランナー3級の資格を持っていたりすれば受講することができるので、受験資格は比較的簡単にクリアすることができるでしょう。

資格概要
試験の開催時期 例年5月頃、9月頃、1月頃
受験料 学科と実技:8,700円、学科:4,200円、実技:4,500円
申込受付時期 例年3月から4月頃、7月頃、11月から12月頃
年齢制限 特に無し
学歴制限 特に無し
その他制限事項 3級技能検定の合格者・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者・構成労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者のいずれかに該当する人
合格基準 学科試験:60満点中36点で合格、実技試験:きんざいは50満点中30点で合格・FP協会は60満点中36点で合格
合格発表時期 7月頃、10月頃、3月頃

ファイナンシャルプランナー2級の試験の形式

ファイナンシャルプランナー2級の試験は、学科試験と実技試験に分けられています。学科試験はきんざいとFP協会でも合格基準は共通しています。

実技試験では、きんざいとFP協会で科目に違いがあり、合格基準の点数が変わります。ファイナンシャルプランナーの試験は、2級も3級も、学科試験も実技試験も、きんざい実施でもFP協会実施でも、合格基準は全体の60%ということになるでしょう。

試験形式 問題の種類 内容
学科試験 選択問題 ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承
実技試験 選択問題・記述問題 資産設計提案業務

ファイナンシャルプランナー2級の近年の合格率

ファイナンシャルプランナー2級の資格の試験の合格率は、年度によって変わりますが平均して約4割です。比較的合格を目指しやすい試験だと言えるでしょう。

FP協会ときんざいが主催のファイナンシャルプランナー2級の試験は、学科・実技試験ともに高いときの合格率は40%を超えることもあります。

他の国家資格では、10%に届かないことも多いので、初学者の方でも突破しやすい試験でしょう。

年度 合格率
2018年 40.3%
2017年 36.6%
2016年 39.5%
2015年 42.1%
2014年 44.0%

ファイナンシャルプランナー2級の独学難易度

ファイナンシャルプランナー2級の試験は、ファイナンシャルプランナー3級の試験に比べると試験範囲が広くなります。

そのため、覚えることは多くなるので、勉強時間は150〜300時間程度が目安です。例えば、1日2時間勉強する場合は、3ヶ月から5ヶ月の期間が必要になります。

実技試験には、簡単な計算問題や資料読取り問題も出題されるので、過去問などで対策をすると良いでしょう。

独学難易度
必要な勉強時間 150時間
独学で合格できた人の割合 約3割
難易度判定 ★★★★☆

目指すものに応じて勉強方法を決めることが大切

ここでは、ファイナンシャルプランナーの勉強は大変なのか、ファイナンシャルプランナーの勉強方法、ファイナンシャルプランナー3級の試験概要、ファイナンシャルプランナー2級の試験概要についてご紹介しました。

ファイナンシャルプランナーの資格は、3級・2級・1級とあり、難易度の差も大きいです。そのため、自分が目指しているものや目標に合った資格を取得すると良いでしょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧