「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 資格
  3. ビジネス実務法務検定のおすすめテキストは?選び方について
資格

ビジネス実務法務検定のおすすめテキストは?選び方について

ビジネス実務法務検定のテキストを選ぼう

ビジネス実務法務検定は、社会人として知っておきたいコンプライアンス・法令遵守について学べる、比較的難易度の低い資格です。持っておくと就職・転職時の強みになるほどではありませんが、どんな職種でも使える汎用的な知識がついて、ビジネスのうえで間違いをしなくて済みます。

そのため、ビジネス実務法務検定は独学向けといえます。しかし、テキストや問題集はたくさんの種類があるので、なんの前情報もなく選ぶことは大変でしょう。

ここではビジネス実務法務検定のテキストで学ぶ内容、テキストを選ぶポイント、おすすめのテキストをご紹介します。

ビジネス実務法務検定の勉強を独学で始めようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

資格で知識をつけてこれから正社員を目指すならJAIC

JAIC(ジェイック)は、「既卒・第二新卒・フリーター」専門の転職エージェントです。就職してもすぐ辞めてしまっていたり、非正規雇用しか経験したことがないなど、社会人としての経歴に自信がない人を専門的にサポートしてもらえます。

JAICを使うメリット
  • フリーター・既卒・未経験からの就職成功率がなんと80.3%
  • 転職先や就職先の満足度は94.3%と安定してる
  • 面接対策や履歴書の書き方など最初から最後まで手厚いサポートをしてくれる
  • JAIC経由であれば入社前でも企業の特徴や雰囲気などをしっかり教えてくれるので就職後のギャップが少ない

しかも就職・転職した後の定着率が94.3%というので驚きですよね。自分で納得して満足する企業に勤められるのが最大の魅力です。悩んでいる人は是非一度登録をしてみてください。

ビジネス実務法務検定テキストで学ぶ内容

ビジネス実務法務検定では、どのような内容を学ぶのでしょうか。独学で勉強を始める前に、これから自分が学ぶ内容を知っておきたいですよね。

そこで、ここではビジネス実務法務検定で学ぶ科目についてご紹介します。ビジネス実務法務検定は、3級・2級・1級があり、それぞれ学習する内容に違いがあるので、事前に知っておきましょう。

ビジネス実務法務検定3級の科目

ビジネス実務法務検定3級の試験では、ビジネス上で使用する法律の基礎を学ぶことができます。ビジネス実務法務検定の3級は、テキストと問題集の2冊を準備することで十分に合格を目指せるでしょう。

3級のレベルは、ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき法律知識なので、社会人として最低限の法律の知識というレベルでしょう。

そのため、初学者が挑戦する場合は、3級から始めてみることがおすすめです。

科目 内容
ビジネス実務法務の法体系 ビジネスを取り巻くリスクと法律の関わり、企業活動の根底にある法理念、法律の基礎知識
企業取引の法務 契約とは、契約の成立、契約成立後の法律関係、売買以外の契約形態、ビジネス文書の保存・管理、契約によらない債権・債務の発生
再建の管理と回収 通常の再建の管理、取引の決済、債権の担保、緊急時の債権の回収
企業財産の管理と法律 企業の財産取得に関わる法律、企業財産の管理と法律、知的財産権
企業活動に関する法規制 取引に関する各種の規制、ビジネスと犯罪
企業と会社のしくみ 法人と企業、会社のしくみ
企業と従業員の関係 従業員の雇用と労働関係、職場内の男女雇用に関わる問題、派遣労働における労働形態
ビジネスに関連する家族法 取引と家族関係、相続

ビジネス実務法務検定2級の科目

ビジネス実務法務検定2級は、債権の管理と回収など、民法の知識の出題範囲が多いです。そして、最低限のコンプライアンスや法律を体系的に学ぶことができるので、仕事での昇進や転職の時に役に立ちます。

また、ビジネス実務法務検定1級は、比較的難しい試験で、試験対策のための勉強時間も多く必要になるので、2級の資格の取得を目指す人が多いでしょう。

科目 内容
企業取引の法務 ビジネスに関する法律関係、損害賠償に関する法律関係
債権の管理と回収 債権の担保、緊急時の債権回収、債務者の倒産に対応するための処理手続き
企業財産の管理・活用と法務 流動資産の運用・管理の法的側面、固定資産の管理と法律、知的財産権の管理と活用
企業活動に関する法規制 経済関連法規、消費者保護関連の規制、情報化社会にかかわる法律、事業関連規制、企業活動と地域社会・行政等とのかかわり、企業活動にかかわる犯罪
株式会社の組織と運営 株式会社のしくみ、株式会社の運営
企業と従業員の関係 労働組合と使用者との関係、労働者災害補償保険法
紛争の解決方法 紛争の予防方法、民事訴訟手続き、その他の紛争の解決方法
国際法務 国際取引に関する法的諸問題と対応のポイント、国際取引に関する個別の法的諸問題

ビジネス実務法務検定1級の科目

ビジネス実務法務検定1級では、業務上必要な法務知識を持ち、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断や対応ができる能力が問われます。

実務的対応能力が求められ、合格率も3級や2級に比べるとかなり低くなります。ある程度まとまった勉強時間も必要となるでしょう。

人によっては、ビジネス実務法務検定1級はオーバースペックであり、2級で十分という人もいるので、自分が何級を目指すのか決めておくと良いです。

科目 内容
共通問題 民法及び商法を中心に法律実務問題を出題
選択問題 取引上のトラブルを処理、取引関係に立たない第三者とのトラブルを処理、法務関係の専門家に法的トラブルの報告、予防法務的観点からトラブルになりそうな問題に対応

ビジネス実務法務検定のテキストを選ぶポイント

ビジネス実務法務検定を独学で勉強をする場合は、自分に合ったテキストを選ぶことが重要です。しかし、どの教材を選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで、ここではビジネス実務法務検定のテキストを選ぶポイントについてご紹介します。ビジネス実務法務検定は、公式のテキストと問題集だけでも足りるでしょう。

また、薄いテキストを選ぶことで通読する時もあまり時間がかからず、持ち運びにも便利です。

テキストは公式のものだけでも足りる

ビジネス実務法務検定のテキストは、公式のものが最も優秀と言われています。ビジネス実務法務検定は、東京商工会議所が運営しており、この東京商工会議所が発売しているテキストなのでおすすめです。

また、テキストは試験範囲を抜け漏れなく記載されていることが重要です。問題集を解いてわからないところがあり、テキストを見ても解説が載っていないことがないようにしましょう。

テキストはできるだけ薄いものを選ぶ

テキストは、できるだけページ数が少なく、薄いものを選ぶと良いでしょう。今回は、法律を深く勉強することが目的ではなく、ビジネス実務法務検定の試験に合格することが目的です。

また、短期間で合格を目指している人が多いでしょう。そのため、試験に直結するポイントに絞って記述されているものを選ぶと良いです。

また、テキストが分厚いとモチベーションを保つことが大変になってしまいます。

問題集は勉強に割ける時間で選ぶ

問題集を選ぶ時は、テキストを選ぶ時とは少しポイントが違います。公式の問題集はボリュームも多く、過去問も収録されています。

しかし、ボリュームの多い問題集を何回か解くことになると、それだけ時間がかかってしまいます。

もし勉強時間にあまり余裕がないのであれば、ボリュームの少なめな問題集を選ぶと良いでしょう。問題集を何回も解くことが大切です。

問題集は一問一答形式を選ぶ

問題集を選ぶ時は、一問一答形式の問題集を持っていると便利です。また、問題集は本試験の出題形式に対応しているものや、過去問が載っているもの、過去に出題されたことのない問題にも対応できるような問題集を選ぶと良いでしょう。

ビジネス実務法務検定では、一問一答形式で出題される問題もあるので、実際の試験に対応できるようになるはずです。

ビジネス実務法務検定のおすすめテキスト

ビジネス実務法務検定のテキストや問題集を選ぶ時は、自分に合ったテキストを選びたいですよね。しかし、テキストや問題集の種類は豊富なので、どれを選んでいいか迷ってしまうでしょう。

そこで、ここではビジネス実務法務検定のおすすめのテキストをご紹介します。ビジネス実務法務検定を独学で勉強しようと思っている人や、テキストや問題集を購入しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

法務教科書 ビジネス実務法務検定試験2級 完全合格テキスト

編集部おすすめ教材
題名 法務教科書 ビジネス実務法務検定試験2級 完全合格テキスト
著者 塩島武徳/翔泳社
評価 ★★★★☆

こちらのテキストは、ビジネス実務法務検定試験の2級に対応しているテキストで、検定合格のための情報のみまとめられています

公式テキストに比べると、すべての情報が網羅されているわけではないので、少し心細い部分があるでしょう。

そのため、辞書代わりとして使うには少し心もとない部分があるので、2冊目のテキストとして利用するのがいいかもしれません。

ごうかく!ビジネス実務法務検定攻略テキスト2級

編集部おすすめ教材
題名 ごうかく!ビジネス実務法務検定攻略テキスト2級
著者 ビジネス実務法務検定試験研究会/早稲田経営出版
評価 ★★★★☆

こちらのテキストは、ビジネス実務法務検定2級に対応しているテキストで、合格ラインの70%まで達することができることが売りです。

こちらのテキスト1冊で合格点まで達することができるでしょう。しかし、こちらのテキストは会社法や商標権の分野の解説が薄いという面もあります。

そのため、公式のテキストと一緒に使うと良いでしょう。

法務教科書 ビジネス実務法務検定試験2級 精選問題集

編集部おすすめ教材
題名 法務教科書 ビジネス実務法務検定試験2級 精選問題集
著者 菅谷 貴子、厚井 久弥/翔泳社
評価 ★★★☆☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験2級に対応している問題集です。こちらのテキストは、現役弁護士による丁寧な解説がされているので、こちらのテキスト1冊でも十分に合格ラインを目指すことができるでしょう。

また、他の問題集では過去問が掲載されていないものも多いですが、こちらは2回分の過去問が掲載されています

少なめのボリュームなので、確保できる時間が短めの人はこちらの問題集を選ぶと良いかもしれません。

ごうかく!ビジネス実務法務検定試験2級 攻略問題集

編集部おすすめ教材
題名 ごうかく!ビジネス実務法務検定試験2級 攻略問題集
著者 ビジネス実務法務検定試験研究会/早稲田経営出版
評価 ★★☆☆☆

こちらは、ビジネス実務法務検定2級の問題集です。合格点の70点を取れるようになると謳っている問題集で、こちらの問題集を繰り返し解いて活用することで、確実に2級の合格に近づくことができるでしょう。

しかし、こちらの問題集には過去問が掲載されていません。そのため、別で過去問集を購入したり、公式の問題集などを購入することで、十分な対策が取れるでしょう。

ビジネス実務法務検定試験 一問一答エクスプレス2級

編集部おすすめ教材
題名 ビジネス実務法務検定試験 一問一答エクスプレス2級
著者 TACビジネス実務法務検定講座/TAC出版
評価 ★★★★☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験2級の問題集です。一問一答式となっている問題集なので、持っておくことがおすすめの1冊です。

また、過去に2回以上出題された問題や、過去に1回しか出題されていなくても重要な問題に限定して掲載されているので、こちらの問題集を完璧にすることで、合格にかなり近づくことができるでしょう。

解説も簡潔で、重要な部分については図解されているので、わかりやすくなっています。

法務教科書 ビジネス実務法務検定試験3級 テキストいらずの問題集

編集部おすすめ教材
題名 法務教科書 ビジネス実務法務検定試験3級 テキストいらずの問題集
著者 菅谷 貴子、厚井 久弥/翔泳社
評価 ★★★☆☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験3級に対応している問題集です。こちらの問題集は、分野別に章立ててあるので、自分が勉強したい分野をピンポイントで勉強することができます

また、過去問も1回分掲載されているので、活用できるでしょう。そして、こちらの問題集は正誤問題・空欄補充問題・四肢択一問題がバランス良く載っています。

VISUAL完全図解 ビジネス実務法務検定試験3級問題集

VISUAL完全図解ビジネス実務法務検定試験3級問題集
編集部おすすめ教材
題名 VISUAL完全図解 ビジネス実務法務検定試験3級問題集
著者 星村 史彦/三和書籍
評価 ★★★☆☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験3級に対応している問題集です。こちらの問題集は、先ほど紹介した問題集とは違って、章立てて分かれているのではなく、正誤問題・空欄補充問題・四肢択一問題ごとに分かれています

分野ごとに分かれている方が使いやすいか、問題形式ごとに分かれている方が使いやすいかは個人差があるので、自分が使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

ごうかく!ビジネス実務法務検定試験3級 攻略問題集

編集部おすすめ教材
題名 ごうかく!ビジネス実務法務検定試験3級 攻略問題集
著者 ビジネス実務法務検定試験研究会/早稲田経営出版
評価 ★★☆☆☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験3級のための問題集です。こちらの問題集は、分野ごとに分かれています。

また、それぞれの章に正誤問題・空欄補充問題・四肢択一問題が載っているので、バランスよく問題を解いていくことができるでしょう。

しかし、問題が左ページにあって解答が右ページにあって使いにくい部分や、空欄補充問題が章の最後にまとめてある場合があり、使いにくいと感じる人もいるかもしれません。

ビジネス実務法務検定試験 一問一答エクスプレス 3級

編集部おすすめ教材
題名 ビジネス実務法務検定試験 一問一答エクスプレス 3級
著者 ビジネス実務法務検定試験R講座/TAC株式会社
評価 ★★★★☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験3級に対応している一問一答形式の問題集です。ビジネス実務法務試験では一問一答形式の問題が出題されます。

そのため、こちらの問題集を繰り返し解くことで、十分に対応できるようになるでしょう。また、実際の試験の正誤問題で出題されるポイントを掴むのに適している問題集と言えます。

これ一冊で最短合格 ビジネス実務法務検定試験3級 テキスト&問題集

編集部おすすめ教材
題名 これ一冊で最短合格 ビジネス実務法務検定試験3級 テキスト&問題集
著者 飯田 善明/秀和システム
評価 ★★★★☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験3級に対応できるテキストと問題集が1冊になっています。テキストと問題集がまとまっているので、これ1冊だけでも合格を目指すことができるでしょう。

また、掲載されているテキストや問題は公式のテキストや問題集に準じているので安心です。また、要点ポイントや、出題者の目線なども交えながら、試験に出やすい箇所の解説がされています。

ビジネス実務法務検定試験3級テキスト&問題集

編集部おすすめ教材
題名 ビジネス実務法務検定試験3級テキスト&問題集
著者 コンデックス情報研究所/成美堂出版
評価 ★★★☆☆

こちらは、ビジネス実務法務検定試験3級のためのテキストと問題集が1冊になっています。イラストや図解が多いので、初めて勉強をする人にとってはわかりやすいでしょう。

しかし、各章ごとに過去問が一門ずつ載っているタイプなので、本番を想定して過去問に取り組むことができません。

時間配分や理解度を確認するためには、過去問がまとまっている問題集を持っておくことがおすすめです。

テキストを有効活用して一発合格

ここでは、ビジネス実務法務検定のテキストで学ぶ内容、テキストを選ぶポイント、おすすめのテキストをご紹介しました。

ビジネス実務法務検定は、3級や2級であれば、しっかりと勉強をすることで合格することができるでしょう。公式のテキストと問題集だけでも、十分に試験範囲を網羅することができます

自分に合ったテキストや問題集を活用して、一発合格を目指してみてはいかがでしょうか。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧