1. HOME
  2. 資格
  3. 中小企業診断士のテキストのおすすめは?選ぶポイントを徹底解説
資格

中小企業診断士のテキストのおすすめは?選ぶポイントを徹底解説

2019年最新の中小企業診断士テキスト選びとは?

この記事で伝えたいポイント

・中小企業診断士の勉強に役立つ市販テキストについて
・中小企業診断士の勉強に役立つ通信講座テキストについて
・中小企業診断士のテキストは中古でもいいのか

中小企業診断士とは、中小企業に様々な面から経営がうまくいくようにコンサルティングを行う業務を主としています。これに関連した仕事をしている人はこの資格取得を目指す人も多いです。

実際、資格取得に向けて勉強するには参考書が必要になりますが、どのテキストを選ぶかによって合格に近づけるかどうかが変わってきます。この記事では、中小企業診断士の資格試験を目指すのにおすすめのテキスト選びの方法をご紹介します。

中小企業診断士の勉強に役立つ市販テキスト

中小企業診断士の資格勉強をする上で、役立つ市販のテキストにはどのようなものがあるのか気になりますよね。どんなテキストがあるのかをきちんと把握して、その中で自分にあったテキストを選ぶことができれば、合格への道は近くなります。

ここでは、そんな「中小企業診断士の勉強に役立つ市販テキスト」についてご紹介します。ぜひ、自分にあったテキストを見つけて、合格に向けて頑張りましょう。

中小企業診断士の勉強に役立つ市販テキストについて
中小企業診断士資格の市販テキストにも様々な種類がありますが、その中から自分にあったテキストを選ぶことが大切です。人気があるからといっても、自分に合っているかどうかは別なので気を付けましょう。

みんなが欲しかった!中小企業診断士合格へのはじめの一歩2019年度

編集部おすすめ教材
題名 みんなが欲しかった! 中小企業診断士 合格へのはじめの一歩 2019年度
著者 TAC中小企業診断士講座/出版社名:TAC出版
評価 ★★★★★

中小企業診断士の資格に関する知識は、誰もが初めから持っているわけではありません。中小企業診断士の資格に挑戦してみたいけれど、何から始めていいのかわからないという人には、この「みんなが欲しかった!中小企業診断士合格へのはじめの一歩2019年度」がおすすめです。

この資格についての概要や、試験科目の特徴など初歩的なことや、資格試験に必要な知識を一から優しく覚えられるように工夫された内容となっています。

みんなが欲しかった!中小企業診断士の教科書(上)(下)2019年度

編集部おすすめ教材
題名 みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上)(下) 2019年度
著者 TAC中小企業診断士講座/出版社名:TAC出版
評価 ★★★★☆

いざ、中小企業診断士の試験勉強を本格的に始めようと考えているならば「みんなが欲しかった!中小企業診断士の教科書」というテキストがおすすめです。

この本は上下巻が発売されていて、中小企業診断士の試験に出題される範囲を細かくかつ要点をおさえて勉強ができます。また、フルカラーのため見やすくなっていて勉強の集中力も高まります。何を買えばいいか悩むというときに、おさえておきたいテキストとなっています。

みんなが欲しかった!中小企業診断士の問題集(上)(下)2019年度

編集部おすすめ教材
題名 みんなが欲しかった! 中小企業診断士の問題集 (上)(下) 2019年度
著者 TAC中小企業診断士講座/出版社名:TAC出版
評価 ★★★★★

中小企業診断士の試験範囲を様々な方法で勉強して知識を得たとしても、実際の試験問題を解くのに慣れなければ、せっかくの知識も無駄になってしまいます。そんなときには「みんなが欲しかった!中小企業診断士の問題集」がおすすめです。

このテキストには、近年出題された実際の中小企業診断士試験問題とその解説が書かれています。今まで出題された問題を見て試験問題の出題傾向をつかみ、より効率良く勉強をしましょう。

中小企業診断士最速合格のためのスピードテキスト2019年度

編集部おすすめ教材
題名 中小企業診断士最速合格のためのスピードテキスト2019年度
著者 TAC中小企業診断士講座/出版社名:TAC出版
評価 ★★★★☆

中小企業診断士の試験に向けて「科目ごとに」確実に知識をつけていきたいと考えているならば「中小企業診断士最速合格のためのスピードテキスト2019年度」がおすすめです。

このテキストは、全7種類発売されていて、それぞれ科目別にわけて書かれているテキストとなっています。そのため、内容が頭の中できちんと整理して覚えることができます。科目ごとにきちんと知識をつけていきたいという人にはおすすめのテキストです。

中小企業診断士最速合格のためのスピード問題集2019年度

編集部おすすめ教材
題名 中小企業診断士最速合格のためのスピード問題集2019年度
著者 TAC中小企業診断士講座/出版社名:TAC出版
評価 ★★★★☆

中小企業診断士の試験勉強時に、実際に問題を解いて実力を身に着けたいという人には「中小企業診断士最速合格のためのスピード問題集2019年度」というテキストがおすすめです。

このテキストは、過去の試験問題を分析して作られた完全オリジナルの問題が記載されています。また、全7冊あり、それぞれ科目別になっているため、科目ごとに確実に知識をつけていきたいという人にはぴったりのテキストとなっています。

中小企業診断士の勉強に役立つ通信講座テキスト

中小企業診断士の資格勉強をするとなったときに、独学で始めるにしても市販のテキストだけでは不安だという場合もありますよね。そういったときには、通信講座を利用して勉強するのもおすすめです。

通信講座は、わざわざ重いテキストを持ち運ばなくても、スマホひとつでどんな時にでも勉強ができます。ここでは、そんな「資格勉強に役立つ通信講座」についてご紹介していきます。自分にあった通信講座を選びましょう。

中小企業診断士の勉強に役立つ通信講座テキストについて
中小企業診断士の通信講座については、値段や他の人からの人気を見て選んでみましょう。講座を受ける人が多ければ、それだけその講座には実績と内容があるということになります。

診断士ゼミナール

編集部おすすめ教材
通信講座名:診断士ゼミナール
評価★★★★

中小企業診断士の勉強におすすめの通信講座として「診断士ゼミナール」があります。この通信講座のテキストは、イラストをたくさん用いてフルカラーとなっており、とても勉強意欲を高める内容になっています。

さらに、一人でもくもくとテキストを読むのが苦手という人でも、アニメーションを使った映像講義もあるため続けやすくなっているのが特徴です。また、解説付きの5年分の過去問題集もついてくるためとてもお得なのです。

>診断士ゼミナールをチェックする<

スタディング中小企業診断士講座

編集部おすすめ教材
通信講座名:スタディング中小企業診断士講座
評価★★★

仕事が忙しくて、中小企業診断士の試験勉強をする時間がないという人には「スタディング中小企業診断士講座」がおすすめです。この通信講座は、忙しくても少しの勉強時間で試験に合格できた人たちの勉強方法を研究・解析してテキストを作っているのが強みです。

そのため、長いこと時間をかけて勉強をしなくても、頭の中で理解できるように工夫されたテキストやビデオ講義となっているのでとても効率よく勉強ができます。

>スタディングをチェックする<

クレアール

編集部おすすめ教材
通信講座名:クレアール
評価★★★

中小企業診断士の通信講座は、きちんと合格に向けて勉強方法を分析しているところで受講したいと考えている人には「クレアール」の通信講座がおすすめです。

この通信講座は、ただテキストや映像講義を提供するのではなく「合格に必要な知識を少しの勉強時間で確実に習得させる」ために分析をしてテキストを制作・提供しています。そのため、合格に向けて確実に勉強したいと考えるならばおすすめの通信講座です。

TAC

編集部おすすめ教材
通信講座名:TAC
評価★★★

「TAC」は、国内でも有名な資格取得に力を入れた学校です。中小企業診断士の通信講座もやっていて、学校に通わなくても自宅などで教室で行われた講義が受講できます。

講義もきちんと知識を持った講師によって行われるため、安心して受講でき、大手ならではの合格までのサポート体制も万全です。他の通信講座に比べると、値段は多少高くなりますが、それだけレベルの高い講義を受講できるのです。

資格の大原

編集部おすすめ教材
通信講座名:資格の大原
評価★★★

中小企業診断士の試験勉強をするのに、大手の企業で安心して通信講座を受けたいという人には「資格の大原」がおすすめです。大原はなにより「資格取得」に関しては知名度と実績はダントツに国内トップです。

中小企業診断士の通信講座も、実際に教室で講義された内容の録画映像を見ることができるので、とても効率よく勉強ができます。また、通信専用に作られた講義映像もあるので、勉強もさらにしやすくなります。

>資格の大原をチェックする<

中小企業診断士のテキストは中古でもいい?

中小企業診断士のテキストを選ぶときは、もちろん内容が良いものを選びたいものですが、できれば出費は抑えたいですよね。中古の本であれば、最新の情報が書かれたものはないけれども、出費を抑えてある程度同じ内容が書かれた参考書を購入することができます。

ですが、試験内容は毎年変わるため、中古の本を参考にしてもいいのかどうか悩みますよね。中古でも大丈夫かどうかは、きちんと試験内容や本の中身を見て考えましょう。

中小企業診断士のテキストは中古でもいいのか
中小企業診断士のテキストは中古でも大丈夫かどうかについては、自分が持っている知識と本の内容にもよります。総まとめだけ必要という場合は中古でも十分ですし、一から勉強となると中古では補えません。

中古テキストを使える科目はある

中小企業診断士の試験勉強で、中古テキストを使えるかどうかは、どの科目をそのテキストに頼るかどうかにもよります。資格試験の内容はもちろん毎年違いますが、科目によっては、変えようのない事実を問う問題を出す科目もあります。

その科目を勉強したいと考えているならば、中古のテキストでも新品と内容があまり変わらないため中古をしようしても問題ありません。毎年変わる事柄については新しいテキストを参考にしましょう。

法律に関わる分野は中古NG

中小企業診断士の資格試験には、法律に関わる分野も出題されます。そのため、法律に関わる分野を勉強しようと考えているならば、中古のテキストは使用しないでおきましょう。理由としては、法律は次々と新しくなっていきます。

中古のテキストに書かれた法律の内容では、その年に出題される法律の問題とは異なった知識を覚えてしまう可能性があるのです。出費のことも大事ですが、まずは正しい知識を得ることが大切なのです。

出題傾向は毎年わずかに変わるので注意

中小企業診断士の資格試験の内容は、毎年そこまで大幅に変わるものではありません。ですが、全く変わらないというわけではなく、出題傾向は毎年わずかに変わることもあるため注意が必要です。

資格試験というのは、その資格を持つのにふさわしいだけの知識を持っているかどうかを見極めるために行います。そのため、毎年試験内容の見直しを行い、より良い資格になるように改変されていくのです。

難関資格だからこそテキストは気をつけて選ぼう

中小企業診断士は、例年合格率が10~30%ととても合格が難しい試験となっています。このような難関資格だからこそ、試験対策のためのテキスト選びは慎重に行わなければいけません。

きちんと自分に合ったテキストを選ぶことで、この難関資格に合格できる近道となります。多くの人が使っているテキストはそれだけ信頼性があり役立つことも多いですが、それがベストとは限りません。自分に合ったテキストを選ぶようにしましょう。

ランキング

記事一覧