「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 新聞記者の転職はこうする。残業の少ない職場で余暇を持とう
転職する方法を探す

新聞記者の転職はこうする。残業の少ない職場で余暇を持とう

新聞記者から転職したいと思ったらどうすればいい?

全国紙、地方紙、スポーツ紙、各業界紙など、多くの種類がある新聞ですが、新聞社や通信社で働く新聞記者は残業が多く、ほとんど自分の時間が取れないことで知られています。

やりがいのある憧れの職業として就いたのはよいのですが、実際に一生続けていく職業としては難しいと考える人が多いようです。ここでは新聞記者の転職いついてご紹介しますので、自分と照らし合わせて考えてみましょう。

転職を考え始めた人にちょうどいい自己診断ツール「ミイダス」

「ミイダス」は、dodaなどで有名なパーソルキャリア社が提供するサービスです。転職サービスの一種ですが、他と違うのは、自分からはなにもしなくとも転職のチャンスがやってくるので、転職活動をする気力がなかったり、まだ転職に本気でない人にとっても使えるアプリだということです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスでできることは二段階で、まずは転職市場における自分の価値が診断できて、転職後の想定年収がわかります。さらに、登録しておくだけで、自分の市場価値を認めてくれる優良企業からスカウトメールが届くのです。

登録&診断にかかる時間は5分以内で、あとは待っているだけなので楽ですね。しかもスカウトがあった時点で書類選考は通過したことになるので、気になるオファー内容だったら面接から始めることができます。まずはぜひ診断を試してみてください。

新聞記者を辞めたくなる理由とは?

新聞記者を辞めたくなる一番大きな理由は忙しくて自分の時間がほとんど取れないことです。早朝から深夜まで働くのは当たり前で、有給休暇もとりづらい職場が多いのです。

休みの日も急に呼び出されることが多く、実質年中無休という働き方を余儀なくされているといえるでしょう。女性は結婚出産を境に自由時間の多い職業への転職を考慮する人も多いのです。

残業が多いから

残業の多さは新聞記者になる前から分かっていたことですが、早朝出勤も多いのは慢性的な寝不足につながり、体調不良へとつながる大きな問題になります。

朝5時に家を出て夜中の1時に帰宅することは普通で、睡眠時間がほとんどありません。他業種と比べてもかなり残業時間が多いことが分かり、生活すべてが仕事であるといっても過言ではないのです。

職種 平均残業時間
新聞記者 月200時間
金融・保険業 月144時間
製造業 月166時間

残業の多い職場を脱出。「転職力診断」を試してみよう

会社や業界の残業の多さは一種の体質なので、個人では改善しようと思ってもなかなかどうにもできません。しかし、いざ見切りをつけて転職先を見つけようと思っても、いまある環境を変えるとなるとハードルが高いですよね。そんなときは「転職力診断」で自分を客観的に見つめ、今後の計画を立ててみましょう。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断は、車内広告などでもよく見かける老舗転職サイト「type」が提供するサービスなので、長年の経験とノウハウに基づいています。出た結果は、転職時の自己PRなどにぜひ活用してください。

業界の先行きがよくないから

新聞自体を読まない若者世代が増えています。毎日のニュースはアプリでチェックして、自分に合ったよりきめの細かいニュースも自動的に配信してくれるシステムは、新聞にはない使いやすさが感じられる人が多いのです。

この傾向から新聞のニーズが減ってきており、インターネットや通信システムの普及から業界の先行きが不透明になっているのも転職を考える理由のひとつです。

職場環境が悪いから

ハードな仕事の新聞記者は、職場で仮眠を取ったり休憩を取ったり出来る環境が必要です。食事も社員食堂が充実しているのならよいのですがそうでない場合は、栄養を保つためにお弁当や外食をしなければなりません。

こういった福利厚生が充実しているところに転職するというのも新聞記者を長く続ける隠れたポイントです。体調管理やマッサージサービスなどがある会社は、健康面でも安心して働くことが可能です。

結婚出産をするから

結婚出産を境に新聞記者から転職するというという人も多くいます。子どもの成長がひと段落するまでは、残業や早朝出勤のない楽な仕事へ移りたいといった人も多いのです。

実際に就学前の子どもの世話をするには難しい仕事であり、周囲の協力を得たとしても子どもと会う時間自体がないというケースがほとんどです。パートや非常勤の仕事でこれを乗り切る方法もあります。

余暇を大事にしたいから

仕事中心の生活を余儀なくされる新聞記者の生活を変えて、自分中心の生活を送りたいという人もいます。結婚は関係なく、個人の時間を楽しむために転職を考える人も見られます。

仕事と私生活のバランスを考えて仕事をするには新聞記者は難しく、先々のことを考えると早めの転職がよい場合もあります。業界の先行き不安もあり、20代のうちに辞めることを決断するケースも見られます。

新聞記者を辞めるメリットとは?

一番のメリットは残業や早朝出勤が減るということです。これまで不規則な生活に悩んできた人は、体調面も合わせてリセットされることになるでしょう。

長期のライフスタイルを考えると、できるだけ規則的な仕事のほうが私生活も充実し、家族のある人ならなおさら実感できることになるでしょう。女性なら結婚を境に辞めると大きなメリットになり、自分の体をいたわることへもつながります。

残業が減り自分の時間が増える

残業や早朝出勤が減ることが大きな利点です。年に数回ならよいのですが、新聞記者は日常的に忙しい仕事です。やりがいはあるのですが、長期に続けるとなると難しいと感じる人も多いようです。

取材部門なら有事には休日中も呼び出され、プライベートどころではありません。これに耐えられないなら新聞記者を辞めることに大きなメリットを感じるはずでしょう。

規則的な生活ができる

これまでの生活が一転して規則的で健康的な生活へと変わります。新聞記者を続けていて、なんとなく体調不良を感じていた人は改善されることもあり辞めたことに満足感を得る人も多いでしょう。

やりがいがあり待遇がよくても、体を壊してしまっては問題があります。特に結婚して家庭を持った男女なら切実な問題であり、転職を決める大きなきっかけになります。

子育てが安心してできる

女性の人は新聞記者を辞めることで子育てが楽になります。子供を持つと自分ひとりだけの満足だけでは仕事を決められず、総合的な生活サイクルいついて考慮する必要が出てきます。

仕事はうまくいっても、子どもの状態が悪くなってしまっては心も晴れません。私生活と仕事のバランスが取れる仕事へ一時的に変わるだけで、公私共に充実することもあります。

新聞記者を辞めるデメリットとは?

新聞記者を辞めるデメリットもあります。大変な仕事ですがそれに見合った待遇もあり、満足感を得ている人も多いのです。

私生活とのバランスが難しい職業ですが、私生活を優先するあまり仕事を辞めて、やりがいを失っては目標がなくなってしまいます。メリットとデメリットの両方を考慮して、自分の希望や将来のビジョンも合わせて検討しましょう。

給料が減り厚いサポートが受けられなくなる

一番のデメリットは給料が減る場合が多いということです。また、福利厚生が充実している会社が多く、健康面や住宅のサポートが受けられるというのは長期に新聞記者を続けやすい環境が整っているといえるでしょう。

不規則だけど待遇がよい会社を辞めるのは考えるところで、社員の激務をサポートするだけのシステムが整っているところはよい職場ともいえます。

やりがいを失う

新聞記者があこがれの職業で、努力を重ねて就職した人は辞めてしまうことで目標ややりがいを失うことにもなります。

こういう人の退職理由は体調不良や余暇の充実であることが多いのですが、体はよくなっても精神的に満足感が得られなくなることも多いため、心と体のバランスをとることが大切になります。一時的な勢いで新聞記者を辞めることは辞めて、会社の医療サポートや上司に相談してみるのもおすすめです。

一度辞めると復帰が難しい

どの職業でもそうですが、いったん離職してしまうと復職が難しくなります。新聞記者のような日々の業務の積み重ねで能力が付く仕事は特にそうで、仕事を辞めてしまうと勘が鈍ることもあるでしょう。

これを取り戻すまでに時間もかかり、以前と同じレベルまで回復するのに苦労することもあります。特に出産が理由で辞めた女性は、パートなどで記者を続けるとブランクにならないためおすすめです。

新聞記者からの転職1:ネットニュースの記者

新聞記者の転職先として多いのがwebのニュース記者があります。これからも需要が増えると見込まれるネットニュースは、利用者も増えており、紙の新聞と対照的な位置のメディアです。

転職先の第一候補として考える人も多く、人手不足の業界でもあることから転職しやすくなっている状況です。転職を考えている人はまずチェックする職業です。

webニュースの記者なら取材が必要ない

ネットの記事は基本的に取材は必要ありません。web上のニュースを集約して記事にするため、インターネット上での情報収集力が大切になります。

これまでの新聞の仕事とは違いますが、記者の経験が活かされる仕事のため、転職もスムーズに出来るでしょう。取材が必要なこともありますが、新聞記者時代と比べて格段に減ることは間違いありません。残業や休日出勤も減り、規則的な生活が出来るでしょう。

給料は減るが仕事が楽

高待遇の新聞記者と比べてwebメディアの記者は給料が減ったり、待遇が変わることもあります。しかし、仕事自体が楽で早朝出勤や残業が大幅に減ることになるでしょう。

私生活とのバランスもとりやすく、年収は減っても満足感を得ている記者も多いのです。新聞記者の仕事に私生活とのバランスで限界を感じているのなら、ネットニュースの記者もおすすめです。

将来性がある

新聞は若い人の利用者が少なくなりつつあるため斜陽産業とも言われていますが、ネットニュースはこれからさらに需要が多くなる分野の仕事です。

スマホやインターネットがほぼ100%普及している現代では、将来性が高い分野です。新聞や雑誌分野から転職する人も多く、高待遇の仕事に就けることも多くなります。これまでのスキルも活かせる転職先の一つです。

新聞記者からの転職2:テレビ局など種類の違うメディア

同じマスコミであることから転職がしやすいのがテレビ局のニュース記者です。報道番組を始め、取材が必須のメディアであることも大きな共通点です。

これまでの経験も活かせて、転職もスムーズにできることもあり、転職先の一つとして可能性も高くなるでしょう。インターネット上の話題が取り入れられることもあり、新しい番組作りがされつつある状況です。

残業が少ないテレビ局もある

テレビ局も残業が多いといわれていますが、地方局などでは基本的に残業がないところもあります。夕方のニュース番組が終われば退社し、早朝出勤もありません。

キー局とは違い全国放送のニュースを扱わないことや、ニュース自体が少ないことから、転職して楽になるケースが多いです。新聞社と提携や協力関係を結んでいることも多く、転職しやすいメディアといえます。

番組制作なら未経験でも転職できる

記者と全く違う分野の番組制作を希望しているのなら、未経験でも転職できます。番組制作にはマニュアルがなく、アシスタントディレクターはディレクターの補助的な仕事になり、ここからスタートすることが必要になります。

残業もありますが、ディレクターやプロデューサーにランクアップすれば時間的な余裕も生まれるため、私生活の充実も望めます。

これから需要の増すweb業界

検索エンジンを手供しているgoogleなど、インターネットサービス企業へ転職するのもおすすめです。

オンライン広告、クラウドサービス、ネット通販、コンテンツ作成などインターネット関連の事業は拡大しつつあり、これからも大きく伸びていく産業のひとつです。新聞の需要が減る中、長期の仕事を見据えるならwebメディアは押さえておくべき転職先でしょう。

新聞記者からの転職3:社会経験を生かして独立

新聞記者の社会経験を活かして独立するのもひとつの方法です。大学の講師やフリーライターとしてマルチに活躍する人も多く、これまでの人脈が活かせることが多いのでフリーランスになっても成功する可能性も高くなります。

テレビなどのマスコミ分野とのつながりも深いため、新聞社で得た経験や人脈は独立後も大きな武器となるでしょう。

記者の経験を活かすならフリーライター

記者として独立するのなら、フリーライターとして企業と個人契約することになります。web上の記事でも新聞や雑誌など紙媒体の経験者は歓迎されるため、独立後も仕事を得やすいでしょう。

これまでの人脈や得意分野を活かして自由な立場でメディアへ記事を提供します。新聞記者時代でも個人で記事執筆する人も多く、フリーランス生活へ自然となじめるでしょう。

人脈や経験を活かして異分野へ転職

ひとつの職業で得られる人脈は狭いものですが、新聞記者は浅く広く多くの人とかかわるため、人脈豊富であるといえます。

これを活かして、記者とは関係ない全く新しい分野へ挑戦することも可能です。記者時代に担当していた業界なら知識もあり、独立するのに十分な情報も得られます

独立する際は何よりも人との信頼関係が大事で、これが豊富にある人はよい方向に向かっていくことが多く視られます。

教えることが好きなら講師やライティング教室

多くの新聞記者に人気のあるのが大学の講師です。これまでに得たマスコミの豊富な経験や知識を活かせて、ほかに好きなことも始められます。

非常勤講師なら週に数回の講義で終わることも多く、仕事をセーブしたい女性の方へもおすすめです。またライター志望の人へ向けたライティング教室も需要があり、webライターや記者志望の人へこれまでのスキルを教えることができるやりがいのある仕事です。

憧れの職業でも転職を決断すべき時はある

新聞記者の転職について紹介しました。激務に加えて、これから需要の減っていく新聞に早めに見切りをつけたい人も多いのではないでしょうか。

しかし、新聞社にいたなら記者としての腕や経歴があるため、転職先は豊富に見つかります。新聞社とつながりが深い業界へ転職することも出来るため、上司や周囲へ早めに相談してアドバイスを得ることも必要でしょう。

 

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧